マイファミリー(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『マイファミリー』とは2022年にTBSの日曜劇場で放送されたドラマである。二宮和也と多部未華子が演じる夫婦の子どもが誘拐されるところから物語は始まる。誘拐の方法が過去に隠蔽された誘拐事件と似ていたことから、当時かかわっていた警察関係者も動き出す。家族、警察、犯人の思いが交錯したストーリーから目が離せないと、最終回まで話題となったノンストップファミリーエンターテイメントである。

『マイファミリー』の概要

『マイファミリー』とはTBS系列の日曜劇場枠のドラマである。2022年4月から6月の間、全10話が放送された。
ノンストップファミリーエンターテイメントと銘打ち、キャスト発表も小出しにしながらその登場人物の豪華さと人間関係の表裏を浮き彫りにし視聴者を惹きつけた。
主演の二宮が演じるのは、ハルカナというゲーム会社の社長・鳴沢温人(なるさわ はると)で、多部未華子演じる妻、鳴沢未知留(なるさわみちる)と小学校に通う娘鳴沢友果(なるさわともか)の父親だ。表面上は申し分ない幸せな家族に突然の出来事がおこる。娘が誘拐されたと連絡が入ったのだ。順風満帆に見えた温人の人生が、娘という1番大切なものを誘拐されたことで数々の試練に直面する。そして浮き彫りになっていく様々な人間模様。「警察に知らせたら殺す」と犯人に要求されたため、温人たちは警察には一切関わらせず、自分たちで娘を救おうと決意する。その裏で動く警察の中には、過去の類似した誘拐事件を追う葛城圭史(かつらぎけいし)がいる。そして温人に協力する友人たちには、過去に娘を誘拐された人物がいた。娘の友果が救出された後も続く誘拐の謎。犯人と疑われる登場人物が次々と浮かぶ。ラストにはどんでん返しが待っている。

『マイファミリー』のあらすじ・ストーリー

始まりの誘拐事件

鳴沢温人(なるさわはると)は「ハルカナ・オンライン・ゲームズ」の若手CEOだ。豪華な家に住み、妻の未知留(みちる)、小学生の娘の友果(ともか)と幸せな日々を送っていた。ある日、仕事終わりの温人のもとに、「友果さんを誘拐した。5億円用意しろ。警察に知らせたら殺す」と無機質な合成音声の電話がかかってくる。
通報した温人の家に、神奈川県警に設置された捜査班の人々がやってくる。指揮を執る捜査一課長・吉乃栄太郎(よしのえいたろう)、葛城圭史(かつがぎけいし)らだ。この誘拐事件は5年前におきた心春(こはる)という少女が誘拐され、身代金の受け渡しに失敗し、救出できないまま母が失踪した事件の手法と似ていることに気づく葛城。
ハルカナはメインバンクから融資を停止される事態になり、会社には5億円という金を用意する力はない。取引のタイムリミットが迫るなか、現金を調達するため、未知留はすがる思いで大学時代の友人である三輪碧(みわあおい)と東堂樹生(とうどういつき)連絡する。未知留は理由を言わずに「お金を貸してほしい」と頼むが、温人は2人を帰してしまう。温人はNEXホールディングスの阿久津晃(あくつあきら)と独自に交渉し自前と合わせ5億用意したのだ。犯人の指示のもと現場へ5億を運ぶが、覚えていない「友果の遠足の場所」を未知留から無線で聞き出して答えたため、警察の関与を疑われ取引は中断されてしまう。

温人たちは、娘の誘拐事件を独断でネットニュースで公表し、「警察の手を借りず自分たちで解決したい」と世間への協力を求める。
翌朝、犯人から警察の完全排除を取引の条件に提示される。それでも過去の「心春ちゃん事件」との関連を疑い、捜査を続行しようとする葛城。
一方ネット会見で事情を知った大学時代の友人である元警察官の東堂と弁護士・三輪はそれぞれの立場から協力するか悩んでいた。
また、温人の母・鳴沢麻由美(なるさわまゆみ)と未知留の父・牧村正文(まきむらまさふみ)は、心配して温人の家にやってくる。
葛城は温人たちから、家から出ていくように言われたが、近所の家を借りて張り込みを続行したのだ。東堂は元警察官の知識を生かし、温人の家に、葛城が盗聴器を仕掛けていないか調べるのだった。
一方、温人たちのオンライン会見をセッティングした阿久津は、温人のビジネスパートナーで「ハルカナ・オンライン・ゲームズ」のCOO・立脇香菜子(たてわきかなこ)に、ゲームを通して温人を応援する仕組みを提案する。温人はオンライン上で世間の応援を受ける。また三輪も弁護士の知識を駆使して警察に「誘拐を通報しなくてはならないという法律はない」と告げ、家主からの退去要請書を突き付け、警察を排除することに成功したのだ。

温人たちはより警察に追われず確実に身代金を受け渡す為に、母の麻由美と義父の正文が身代金の受け渡しをすること、さらに犯人との交渉は温人の開発したゲームアプリ内で行うことを伝える。
だが、麻由美と正文は葛城に協力していたのだ。警察をまくために温人と麻由美たちは別行動をし、犯人の指示通り麻由美たちは5億円の受け渡しの神社へ向かう。通信機器を賽銭箱に入れさせられ、麻由美たちは犯人から次々出される指示場所へ移動した。 犯人の指示のもと、聞き出した住所に警察が乗り込んだがもぬけの殻。しかし、別行動の温人は犯人にたどり着く。5億円を指定場所で渡し、友果と無事再会。葛城は「犯人を野放しにしたことを後悔しますよ」と言い残すのだった。

新たな誘拐

三輪(向かって左)と娘優月(中央)と妻沙月(右)

夫婦で娘を救出し、「犯人が誰であるかなんて関係ない、友果が無事に戻ってきてくれた、それだけでいい」と思っていた温人。それから1年たった。
友果は横浜清風女子大学付属中学校に入学し、阿久津の娘・実咲(みさき)も同じ中学で親しくなりお互いの家を行き来するようになる。
三輪は、事件を解決したカリスマ弁護士として有名になる。東堂は「東堂リサーチサービス」を設立する。そんな時友果の誘拐事件について暴露本が出版されるが、執筆者はわからない。温人は弁護士事務所をクビになっていた三輪が書いたのではと疑う。
温人は新作ゲームを発表、未知留は妊娠し、鳴沢家は友果の心の傷に寄り添いながらも進もうとしていた。
ある日、温人の携帯に非通知設定で着信があり、あの犯人と同じ合成音声で、「三輪の娘・優月(ゆづき)を誘拐した」と告げられた。
犯人は、交渉人は温人のみで再び5億円用意しろと指示。三輪は3年前に妻の三輪沙月(みわさつき)と離婚しており、暴露本は自分が書いたと認めたため立腹した温人は、「交渉はしない、金だけ出す」と突き放す。その後、お金を受け取りに来た東堂が暴露本は自分が書いたと告白。5年前東堂の娘・心春(こはる)が誘拐され、当時捜査一課にいた東堂は、葛城とともに事件を捜査していたのだ。しかし東堂は犯人からの「心春さんが小学1年の時に行った遠足の場所は?」という問を答えられず、その後の足取りはつかめていないという。そのため東堂は暴露本を出し、犯人からの連絡を待っていたのである。
三輪は犯人と交渉をはじめるが犯人は温人を出せと言う。その時温人が三輪の元にやってきて、自分が交渉すると犯人に伝えるのだった。犯人は「頼りにしています、鳴沢温人さん」と言い残す。
温人は自分の家族には今回の件を伝えず、警察にも言わず、三輪と東堂、沙月の4人で救出することにしたのである。
犯人からの連絡で温人たちは5億円を渡そうと試みるが、次々と違う場所を要求され、結局取引は明日に延期になる。その頃葛城は、怪しいと感じていた阿久津に近づくため、娘・実咲に名刺を渡すがそれが問題となり、吉乃とともに謝罪のため阿久津家へ向かう。吉乃の顔を見て美咲の顔色が一瞬変わった。美咲は過去に心春と同じ小学校に通っている。そして実咲のタブレットには、「心春ちゃん」というフォルダがあるのだ。葛城はタブレットのことは知らないが、一連の騒動心春、美咲、友果が接点を持つ阿久津が事件のキーであると考えていた。
誘拐された優月のぜんそくが悪化し予断を許さない状態になり、交渉は急展開を迎える。交渉はなんとか成立し、優月は救出され、東堂は犯人を追うが見失う。未知留もこの一件には気づいており、「これからは家族なのだから、すべて言ってほしい」と伝え、温人は謝り、承諾するのだった。

第三の誘拐で犯人にされた温人

逮捕される温人

ところが後日、温人のスマホに「勝手口にお届け物です」と犯人からメッセージが届く。
家の勝手口には段ボール入り現金が置いてあり、犯人は「我々は営利誘拐を成功させました。身代金の20%、1億円はあなたの取り分です」「新たな誘拐をしました。阿久津実咲さんです」と告げるのだ。「阿久津さんにお金を用意させておいてください、私たちは完全誘拐を実現するファミリーですから」とさらに犯人が畳みかけた。阿久津夫妻以外には口外するなという指示があったが、温人は前回の約束通り未知留に打ち明ける。温人は、阿久津と妻の絵里(えり)に犯人からの連絡の内容を伝え、阿久津はすぐにお金を用意する。その頃香菜子は、会社のパソコンを使い、海外のサイトに個人的に接続していた件で、社員の鈴間亜矢(すずまあや)を呼び出し退職するよう促す。
阿久津が2億円を用意し犯人に伝えると、犯人は毎日1億ずつ10日間かけて渡すよう要求。まず3人で1億を犯人の指示する軽ワゴンのトランクに入れる。すると、犯人は翌日からは温人1人で運ぶよう指示。絵里はこのまま温人を信じていいのか疑う。葛城は、突然温人の前に現れ、困ったことがあれば警察に助けを求めるよう話す。実は温人の周りを探っており、優月が誘拐されていたこともわかっていたのだ。一方優月が犯人は女の人だと証言。未知留も尾行していた時に大きい人ではなかったという。
未知留は温人を心配するが、温人は警察には言わず、絶対に実咲を救うと答える。
翌日温人は犯人の指示通り1億を届け、未知留は夫を信じてほしいと阿久津と絵里に伝える。すると絵里は、温人を疑ってスーツケースにGPSをつけたと告白。温人はそのGPSを元に犯人を追う。
温人がGPSの示す場所に向かうと、コンテナが立ち並ぶ場所で、スーツケースの中身を見ている人影を発見する。温人がのぞき込むと、それはハルカナの社員・鈴間であった。直後に温人は、背後から誰かにスタンガンを当てられ倒れる。倒れた温人が気が付くと、阿久津と未知留がいて、温人はすぐ鈴間を調べることにする。
しかし鈴間の住所には別人が住んでいて、温人と阿久津は会社の鈴間のロッカーを確認。中身は空っぽで、防犯カメラを調べるとなんと香菜子がロッカーの中身を取りだす姿が映っている。そのため香菜子に疑いの目が向けられ、阿久津は香菜子にGPSを仕掛けて監視する。
温人は三輪と東堂を家に呼び、実咲の誘拐事件を告白。一方、誘拐に気づいている葛城も、新たな誘拐が起こっていないかと、温人を監視するのだった。
その後犯人からの電話で、温人たちは実咲の無事を確認し、温人は身代金を運び続けることになった。
身代金の受け渡し時間、未知留はハルカナでの打ち合わせで香菜子の行動を監視することに。未知留は香菜子のパソコンを確認しようとするが、見ることができなかった。そして身代金をトランクに入れた温人の前には、なんと鈴間が現れたのだ。その後、 東堂が真相を告白し、「俺が誘拐した」と罪を認め、これまでのことを温人、未知留、三輪に話す。東堂は5年前に東堂心春(とうどうこはる)を誘拐され、模倣犯になり、同一犯と疑われる誘拐事件が起きれば警察の捜査が再び進むと考えたのだ。
計画の一端として友果を誘拐することにし、東堂の妻・東堂亜紀(とうどうあき)の妹である鈴間に協力を要請。鈴間にハルカナに入社してもらい、東堂本人は盗聴器がないか調べるふりをして盗聴器まで温人の家に仕掛けていたのだ。
昨年、友果を誘拐し無事に温人が救出したところで、なんと心春を誘拐した真犯人と思しき人からの連絡があったという。真犯人は、心春は生きているから返してほしければ優月を誘拐しろと東堂に指示したのだ。新たに5億円を回収したら、合計10億円と心春を交換すると言われ、東堂と鈴間はやむを得ず優月を誘拐。
しかし優月の喘息が悪化し仕方なく取引を早め、5億円を手に入れたところ、真犯人は「鳴沢家の勝手口に1億円を置け」と指示し、この時に実咲が誘拐されていることを知ったという。東堂たちは真犯人の受け子状態で、毎日1億ずつ合計10億。全額が揃ったら心春と実咲を返す取引だった。「心春ちゃんが生きていると思うのか?」と詰め寄る三輪。しかし東堂はわかっているが信じたかったと涙ながらに言う。すると真犯人から連絡が来て、「警察が動いています。取引は中止です」と告げる。東堂は「俺との取引は生きているはずだ!」と反論するも、「返すのは心春さんか実咲さん。どちらか1人だけです」と返され、涙ながらに今生きている美咲を選ぶのだった。
指定された場所に向かうと美咲がおらず、脱出に失敗したのか部屋から落ちて血を流し倒れていた。「なんでこうなるんだよ!」と叫ぶ温人。そこに警察がやってきて温人は誘拐犯として逮捕されてしまうのだった。
東堂は鈴間に「俺に脅されてやったと証言しろ」と連絡し姿を消す。しかし鈴間は「私の意思でやりました」と供述し、警察は捜査を開始。実咲は一命を取り留めたものの、意識は戻らない状態であった。
友果と優月を誘拐したのは東堂と鈴間、心春と実咲を誘拐したのは実行犯という線で葛城は考えているが、神奈川県警捜査一課管理官・警視の日下部七彦(くさかべななひこ)は心春の事件は東堂亜希による狂言誘拐だと疑う。
温人は留置場に拘留され、三輪が弁護士としてなんとか拘留却下へと動き出す。一方、温人が犯人だと疑う阿久津は、ハルカナとの業務提携を解消すると告知し、ハルカナは危機に直面。香菜子は温人の解任を決断する。
その頃東堂は葛城に電話をし、「5年前の同級生を当たってください。心春ちゃんと実咲ちゃんとの接点を探ってください」と連絡。しかし葛城は「犯罪者の指図は受けない」と答える。しかし葛城は、実咲の部屋から実咲のノートパソコンとタブレットが消えたことに注目し、犯人が盗んだ可能性を疑う。葛城の依頼で温人は友果に心春の小学校時代の聞き取りを頼み、心春と実咲は親友だった事実がわかった。当時、心春の悩みを実咲が聞いており、学校で禁止されているスマホを持ってきてやりとりをしていたと聞きつけたのだ。
さらに実咲のタブレットを友果が預かっていることが分かり、温人は自宅にいる未知留に連絡。さらに機械音声を操る東堂も未知留に電話し、「タブレットを誰にも渡すな。もし誰か取りに来たらそいつが犯人だ」と言う。すぐ新人刑事・梅木司(うめきつかさ)が来たため、未知留は勝手口から出て歩き出し、友果から聞き出したパスワードを入力し「心春ちゃん」のフォルダを開いた瞬間、背後から布で口を塞がれてしまう。

事件の幕引き

誘拐される未知留

タブレットを持った未知留が誘拐された。犯人は温人に「未知留と東堂の交換」を要求してくる。
温人は葛城に連絡し、必ず犯人を捕まえてほしいと伝え、東堂とゲームアプリで連絡を取る。待ち合わせ場所に東堂が現れ、「俺を犯人に渡してくれ」と自ら望む。
一方葛城は吉乃から「寝てないだろ、少し休め」と言われ捜査から外される。温人たちは犯人の指示で、取引場所で東堂を縛り黒いゴミ袋を被せた。犯人は茅ヶ崎の廃墟に未知留がいると言い、警察も温人のスマホの位置情報から温人を追う。しかし廃墟に未知留の姿はなく、そこには「探さないで下さい」と書かれた紙があった。犯人は変換音声で「私は東堂亜希」と自らを名乗り、東堂と未知留が浮気をしていたことが原因で家庭が壊れたこと、心春は今自分と暮らしていていることを話し出す。
しかしこの犯人の証言は全て嘘であった。東堂と未知留が監禁されていたのは別の場所。そこには真犯人の捜査一課長の吉乃がおり、「さっきの話を信じた温人さんの供述により、全て2人の責任ということで事件は幕引きです」と東堂と未知留に伝える。その時、警察、温人が踏み込み未知留たちを助ける。茅ケ崎に行ったのは温人のスマホを持った三輪だった。
あの日、吉乃は心春に浮気現場の写真データをスマホで見せられ、「お父さんとお母さんが仲良くなるために狂言誘拐をしてほしい」と持ち掛けられる。データを取り上げようとしてもみ合った際に心春が階段から転落。その後心春の計画を元に誘拐事件に見せかけたのだった。逮捕される吉乃と東堂。その後、留置所にいる東堂に亜希が会いに来る。「心春には会えたのか?」と聞く東堂。うなずく亜希の足元のスニーカーは汚れていた。心春は土の中にいると思わせるラストシーンだった。
一方、温人と未知留には新しい命が生まれる。対比的な東堂と温人のファミリーだが、子供を愛していることには変わりがない。

『マイファミリー』の登場人物・キャラクター

鳴沢家

鳴沢温人(なるさわはると/演:二宮和也)

ハルカナゲームズを香奈子と立ち上げたCEO。時代の寵児といわれている。湘南・鎌倉に家を構え、大学の同期の妻、未知留と娘友果との3人暮らし。仕事人間で家庭は二の次の生活をしていたが、ある日突然娘を誘拐される。娘を助けるため犯人の要求に従い、警察を排除し、妻と大学時代の友人と共に誘拐事件の解決に挑む。結果、身代金5億円と引き換えに友果の救出に成功するが、犯人の正体は不明のまま、1年後に身の回りの人が次々誘拐され、事件に巻き込まれていく。美咲誘拐事件では犯人の疑いで逮捕されてしまう。最終話では妻未知留が誘拐されるが、真犯人を追い詰め救出する。

鳴沢未知留(なるさわみちる/演:多部未華子)

温人の妻。温人とは大学時代のアパートが一緒だった縁で結婚した。娘の誘拐に対し最初は警察を頼ろうとしたが、その後は自力で助ける道を選ぶ。インスタは人気でフォロワー数も多く、犯人との取引にも使われた。秘密の多い温人を疑うこともあったが、心の底では信じており、続く誘拐事件に対しても家族なのだから、自分にも打ち明けてほしいと伝える。最終話では真犯人の吉乃に誘拐され、危うく命を落としかけるが、温人たちによって救出される。その後第二子を無事出産する。

鳴沢友果(なるさわともか/演:大島美優)

3uGerqwurobos
3uGerqwurobos
@3uGerqwurobos

Related Articles関連記事

VIVANT(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

VIVANT(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『VIVANT』とは、は2023年7月から同年9月までにTBS系「日曜劇場」枠で放送されたアドベンチャードラマ作品。サラリーマンの乃木憂助は、自身にかけられた誤送金の疑いを晴らすためバルカ共和国に向かう。バルカの地で乃木を巻き込んだ自爆テロ事件は、やがて暗躍する国際テロ組織、そして乃木の正体へと繋がっていく。国内外から集結した豪華俳優陣やモンゴルで撮影された大スケールの映像、そして、予想を超える展開が連続するストーリーが見どころとなっている。

Read Article

TOKYO MER(走る緊急救命室)のネタバレ解説・考察まとめ

TOKYO MER(走る緊急救命室)のネタバレ解説・考察まとめ

『TOKYO MER(走る緊急救命室)』とは、2021年7月から9月まで放送された本格救命医療ドラマ。都知事の号令で東京海浜病院内に設置された、試験運用中の救命救急プロフェッショナルチームTOKYO MER。最新の医療機器とオペ室を搭載したERカーで、危険な重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、負傷者に救命処置を施すチームの活躍を描く。一人も死者を出さないことが、彼らに課されたミッションである。コロナ禍で新型コロナウイルスとの闘いを続ける医療従事者に感謝の意を込めたドラマとして放送された。

Read Article

アイネクライネナハトムジーク(小説・漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

アイネクライネナハトムジーク(小説・漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アイネクライネナハトムジーク』とは、2014年に発刊された伊坂幸太郎の連作短編集を原作とした、2019年に公開された日本映画である。監督は今泉力哉。会社員の佐藤(さとう)は、恋愛したいと思いつつも「出会いがないから」と理由をつけて恋愛に積極的になれずにいた。それを友人の織田一真(おだかずま)や妻の由美(ゆみ)らが見守る中、佐藤と本間紗季(ほんまさき)は劇的な出会いを果たす。この作品は、佐藤と紗季やその周りを取り巻く人々が10年にわたって織りなす物語を穏やかに描き出す作品である。

Read Article

フリーター、家を買う。(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

フリーター、家を買う。(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『フリーター、家を買う。』とは、2010年10月よりフジテレビ系で放映されたホームドラマおよび小説家・有川浩による同名の原作小説。フリーターとして自堕落な生活を送っていた主人公が、うつ病になった母を救うためマイホームを購入するまでの過程を描く。「家を買う」という目標のために奮闘し成長する主人公の姿と、バラバラだったその家族が再生していく様子が見どころである。

Read Article

ゴールデンカムイ(実写映画版金カム)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴールデンカムイ(実写映画版金カム)のネタバレ解説・考察まとめ

実写版『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルの同名漫画を原作とする2024年公開の映画作品。山﨑賢人、山田杏奈、玉木宏、舘ひろしといった豪華俳優陣が出演し、監督は久保茂昭が務めた。キャッチコピーは「猛き者達よ、奪い合え」、「果たすべき、使命はあるか」。 明治末期の北海道。戦争帰りの兵士杉元佐一は、「アイヌがどこかに隠した莫大な金塊」の噂を耳にする。金塊を巡る陰謀の中で父を失ったアイヌの少女アシリパと出会った杉元は、彼女と組んで金塊探しに挑み、その情報を持つ脱獄囚たちや陸軍との争奪戦を繰り広げる。

Read Article

LIAR GAME(ライアーゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

LIAR GAME(ライアーゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『LIAR GAME』とは2005年より甲斐谷忍が『週刊ヤングジャンプ』で連載していたサスペンス漫画、およびそれを原作としたテレビドラマ作品。「バカ正直のナオ」と呼ばれる女子大生・神崎直(かんざきなお)が、巨額の金を賭けた騙し合いのゲーム「LIAR GAME(ライアーゲーム)」に巻き込まれ、天才詐欺師・秋山深一(あきやましんいち)とともにライアーゲームを戦い抜く姿を描いている。2007年4月にフジテレビ系列でドラマ化され、2009年11月にシーズン2が放送された。

Read Article

カルテット(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

カルテット(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『カルテット』とは松たか子主演のラブストーリー、コメディー、サスペンスの要素が入った連続テレビドラマ。2017年1月17日から3月21日まで毎週火曜22時から22時54分に放送されていた。ある日、偶然出会った演奏者である男女4人が、弦楽四重奏のカルテットを組み軽井沢で不思議な共同生活を始める。夢叶わず30代に入り、それぞれが人生のピークを迎えず緩やかな下り坂で立ち止まっていたが、4人の出会いは偶然ではなかった。ほろ苦くて甘い、ビターチョコレートのような大人のラブサスペンスである。

Read Article

検察側の罪人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

検察側の罪人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『検察側の罪人』とは、雫井脩介によって書かれた日本の小説が基になっている日本のサスペンス映画である。木村拓哉と嵐のメンバーである二宮和也がダブル主演で魅せるサスペンスストーリー。老夫婦殺人事件と時効を迎えた事件がきっかけとなり自分の正義に固執する最上と事件の真相に対する正義を追い求める沖野の対立が描かれた本作。脇には吉高由里子、大倉孝二、八嶋智人などが固める。映画のキャッチコピーは「一線を超える」。

Read Article

流星の絆(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

流星の絆(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『流星の絆』とは、東野圭吾の同名小説『流星の絆』が原作となったミステリードラマである。子どものころに両親を殺された三兄妹が復讐を誓い、真犯人にたどり着くまでを描く。2008年10月から12月に、TBS系22時からの金曜ドラマ枠で放送された。脚本は宮藤官九郎が手掛け、基本のストーリーは守りつつも青春ドラマ的な要素やコメディー的な要素が加わったことで、原作とは大きく異なる世界観となっている。主役の三兄妹を二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香が演じる。

Read Article

マスカレード・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

マスカレード・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『マスカレード・ホテル』とは、東野圭吾が書いた人気小説『マスカレード・ホテル』を原作とした大ヒット映画である。木村拓哉主演の映画で、長澤まさみや小日向文世、渡部篤郎など豪華キャストがそろっている。物語は予告連続殺人事件の捜査のために、警視庁の刑事たちがホテル・コルテシア東京に潜入捜査をする。エリート刑事の新田はフロントクラークとして同じホテルの仕事をする山岸と共に、次々とホテルに来る怪しい宿泊客の対応をしていく。誰が殺人事件を起こそうとしている犯人なのかを突き止めていくミステリー映画。

Read Article

大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)のネタバレ解説・考察まとめ

大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)のネタバレ解説・考察まとめ

『大豆田とわ子と三人の元夫』とは、2021年にフジテレビ系火曜21時枠で放送された松たか子主演のドラマである。第76回文化庁芸術祭で優秀賞を受賞。大豆田とわ子は三度の離婚歴がある女性。周囲からは「バツ三なんだって」「人間的に問題があるのかね」という好奇の目で見られている。離婚した三人の元夫達にも振り回される日々。それでも「幸せになることを諦めていない」大豆田とわ子と元夫たちの奮闘を描く。本当の幸せを掴めるのか。これからの元夫達との関係は。新感覚のロマンティックコメディーである。

Read Article

僕のヤバイ妻(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

僕のヤバイ妻(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『僕のヤバイ妻』とは、2016年にフジテレビで放送されていた、脚本・黒岩勉、主演・伊藤英明のサスペンスドラマだ。その他、木村佳乃や相武紗季などが出演している。カフェを経営する望月幸平は、妻の望月真理亜との結婚生活に嫌気がさしていたが、別れられない事情があった。そんなある日、幸平は愛人の北里杏南に妻の殺害を持ち掛けられる。そこで幸平は真理亜の飲むワインに毒を仕込んで殺そうとするが、突然彼女が誘拐されてしまった。しかしその誘拐事件には、真理亜の思惑が潜んでいた。

Read Article

グランメゾン東京(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

グランメゾン東京(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『グランメゾン東京』とは、2019年に放送された、天才シェフが東京で三ツ星レストランを目指すテレビドラマ。尾花夏樹は経営するパリの店で事件を起こして全てを失ってしまう。そんな中、女性シェフ早見倫子に出会い、共に「グランメゾン東京」を開店させ、三つ星獲得を目指すストーリー。『グラグラメゾン♥東京 〜平古祥平の揺れる思い〜』というスピンオフドラマも放送された。

Read Article

ゴールデンスランバー(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴールデンスランバー(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴールデンスランバー』とは、堺雅人主演のミステリー・ハードボイルド映画である。2010年1月に公開された映画で、日本の小説家の伊坂幸太郎の小説『ゴールデンスランバー』を映画化した作品。仙台運送で働く青柳雅春(あおやぎまさはる)が総理大臣を殺害した事件の犯人に仕立て上げられていくストーリー。映画のロケは全て仙台で行われた。映画のキャストは堺雅人の他に、竹内結子、浜田岳、香川照之、吉岡秀隆などが出演している。2018年2月にはカン・ドンウォン主演の韓国映画版『ゴールデンスランバー』が公開された。

Read Article

HERO(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『HERO』とは、第1期が2001年に、第2期が2014年にフジテレビ系で放送された、検察をテーマにした日本のテレビドラマシリーズ。木村拓哉が主演を務め、自身の正義と価値観で捜査を行う型破りな検事・久利生公平と彼を支える検察事務官、同僚検事たちの活躍を描いている。その他、2006年にドラマ特別編が、2007年には劇場版がそれぞれ制作され、2015年には劇場版第2作が制作された。第28回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞を受賞した。

Read Article

世界から猫が消えたなら(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

世界から猫が消えたなら(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『世界から猫が消えたなら』とは日本で作成されたドキュメンタリー要素のあるファンタジー作品である。2012年に発行された原作の『世界から猫が消えたなら』は、翌年の2013年に本屋大賞にノミネートされた。そして2016年3月に単行本と文庫本を含めた累計発行部数が101万5000部になり、同年の5月に映画が公開された。自分の身の周りから物が消え、それに関連した人間関係も同時に消えていく体験をするストーリーでは、主人公とともに人生において大切なものに気付くことができる映画となっている。

Read Article

HERO(2015年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(2015年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2015年7月18日に公開された日本の映画作品。2001年に第1期、2014年に第2期としてフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の劇場版2作目。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2015年の日本映画興行収入第3位 (実写映画では第1位) を記録 (46.7億円)。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が不審な交通事故を通して大使館の疑惑に関わることになる。

Read Article

極主夫道(漫画・ドラマ・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

極主夫道(漫画・ドラマ・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『極主夫道』(ごくしゅふどう)とは、おおのこうすけによる日本の漫画。実写ドラマ化とアニメ化もされている。「不死身の龍」と呼ばれた元・最凶ヤクザの、主夫業の日常を描いたハートウォーミングコメディ。強面のヤクザが全力で主夫業に邁進するギャップ、および高い画力とシュールな展開が特徴。大筋は主人公の龍がその強面から繰り出す熟練の家事スキルギャップが軸になるが、登場人物たち半数近くがその筋の関係者で彼らも彼らでどこかしらズレており、そのズレの連鎖から笑いの渦を生んでくるパターンも多い。

Read Article

ラーゲリより愛を込めて(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ラーゲリより愛を込めて(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラーゲリより愛を込めて』とは2022年12月9日に公開された日本の映画。主演は二宮和也。原作は辺見じゅんのノンフィクション小説『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』。 第二次世界大戦後のシベリアの強制収容所(ラーゲリ)で、日本人捕虜の1人である山本幡男(やまもと はたお)が過酷な環境の中でも生きる希望を捨てず、家族の元へ帰れると信じ、仲間らを励まし続ける姿を描く。 希望を捨てない幡男の姿、捕虜仲間が幡男の遺書を家族に届けるため必死になる姿は見所だ。

Read Article

ちょっと思い出しただけ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ちょっと思い出しただけ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ちょっと思い出しただけ』とは、2022年2月に公開された松居大悟による監督・脚本の実写映画作品で、自身初の完全オリジナルラブストーリーである。池松壮亮演じる怪我で夢を諦めた元ダンサーの男と、伊藤沙莉演じるタクシードライバーの女の6年間に及ぶ恋愛模様を、7月26日の1日を通して描いている。クリープハイプの尾崎世界観が作曲した「ナイトオンザプラネット」に松居が触発され、脚本を執筆した。また、クリープハイプは主題歌を担当し、劇中バンドとしても出演している。第34回東京国際映画祭で観客賞を受賞した。

Read Article

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―(3A)のネタバレ解説・考察まとめ

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―(3A)のネタバレ解説・考察まとめ

『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー』とは、日本テレビ系で2019年に放送された日本のテレビドラマ。半年前に起きた女子生徒・景山澪奈の自殺の真相を明らかにするため、美術教師の柊一颯が生徒たちを人質に取った立てこもり事件を起こす、異色の学園ドラマである。主演は菅田将暉。生徒役には永野芽郁や今田美桜、森七菜などが出演している。『電車男』や『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』などのヒットドラマを生み出した武藤将吾が脚本を手掛ける。

Read Article

アヒルと鴨のコインロッカー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

アヒルと鴨のコインロッカー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アヒルと鴨のコインロッカー』とは、吉川英治文学新人賞に輝いた伊坂幸太郎の同名小説を基にした2007年公開の日本のミステリー映画。主人公の椎名は引っ越し先で隣人の河崎という男から、隣の隣に住むブータン人のために「本屋を襲撃して広辞苑を奪いたい」と誘われる。奇妙な誘いに戸惑う椎名だったが、本屋襲撃の手伝いをすることになる。やがて明らかになる2年前の出来事。過去の物語と現在の物語が交錯する中で椎名が見た真実とは。映像化が困難とされている作品を原作の複雑な伏線やトリックを巧みな描写でまとめた。

Read Article

プラチナデータ(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

プラチナデータ(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『プラチナデータ』とは、東野圭吾によるミステリー小説をもとに、2013年に日本で公開された映画作品である。最新のDNA捜査によって検挙率100%、冤罪率0%を目指す近未来の日本を舞台とした作品だ。当初犯人を追う立場だった警察庁特殊捜査機関の天才科学者が突如犯人として追われる立場となり、それをベテラン刑事が追うストーリーとなっている。派手な逃走アクションでは日本映画にはあまり見ない迫力あるシーンも満載だ。ミステリアスな人物達の本当の姿が暴かれていくところも魅力のひとつである。

Read Article

夜のピクニック(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

夜のピクニック(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『夜のピクニック』とは、恩田陸の青春長編小説『夜のピクニック』を原作としたヒューマンドラマである。「みんなで夜歩く。ただそれだけなのに、どうしてこんなに特別なんだろう」をキャッチコピーにして、2006年9月30日に公開された。主人公の甲田貴子は、北高に通う高校3年生である。北高には、一昼夜かけて80㎞を歩く「歩行祭」という伝統行事があった。貴子は、高校生活最後の歩行祭で「同じクラスの西脇融と話をする」という1人だけの秘密の賭けをしていた。青春時代の輝きや、友人の大切さなどを感じる青春映画である。

Read Article

謎解きはディナーのあとで(謎ディ)のネタバレ解説・考察まとめ

謎解きはディナーのあとで(謎ディ)のネタバレ解説・考察まとめ

『謎解きはディナーのあとで』とは、東川篤哉による同名小説を原作とした、フジテレビ系列の連続推理テレビドラマである。2011年10月から火曜21時枠で放送され、最高視聴率18.1%を記録した。世界有数の大企業の令嬢・宝生麗子は、お嬢様であることを隠し国立署の新人刑事として日々奮闘していた。麗子の新たな執事となった影山は毒舌を吐きながら、麗子から聞く捜査内容だけで事件を推理し解決に導いてゆく。毒舌執事を嵐の櫻井翔が、お嬢様刑事を北川景子が演じ話題となった。

Read Article

鎌倉殿の13人(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

鎌倉殿の13人(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『鎌倉殿の13人』とは2022年にNHKで放送された、平安時代〜鎌倉時代初期を舞台とした大河ドラマである。主演は小栗旬が務めた。 伊豆の地方豪族の次男坊であった北条義時(ほうじょうよしとき)は源頼朝(みなもとのよりとも)に仕え、源平の戦乱の中に巻き込まれていく。そして鎌倉幕府成立後は有力御家人たちとの権力闘争を勝ち抜き、次第に非情な権力者になっていく姿が描かれている。 脚本は今作が大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛けた。 同作品は2023年のエランドール賞特別賞を受賞している。

Read Article

キングダム 運命の炎(キングダム3)のネタバレ解説・考察まとめ

キングダム 運命の炎(キングダム3)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングダム 運命の炎』とは、原泰久の漫画『キングダム』を原作とする2023年公開の実写映画作品。同シリーズでは3作目にあたるため『キングダム3』とも呼ばれる。キャッチコピーは「大いなる夢を、新しい時代を、その手で掴め―」。監督は佐藤信介が務め、主役の山﨑賢人や吉沢亮など主要人物の役者は全員が前々作から続投している。 趙の大軍に攻められた秦は、六大将軍の王騎を総大将にしてこれを迎撃する。将軍を志す剣士にして秦の若き王嬴政の友でもある信も従軍し、師である王騎から重要な作戦を託される。

Read Article

あさが来た(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

あさが来た(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『あさが来た』とは、幕末から明治にかけて活躍した実業家・教育者の広岡浅子をモデルとしたNHKの連続テレビ小説。2015年9月から2016年4月にかけて放送された。平均視聴率は23.5%で、朝ドラとしては2016年当時の最高記録となって話題に上った。 女性の社会進出が難しかった幕末から大正の時代に、女性起業家のパイオニアとして奔走した主人公・白岡あさの物語。銀行、生命保険会社、女子大学の設立という一大事業に邁進するあさと、彼女を支える家族、変化していく社会が描かれる。

Read Article

大恋愛〜僕を忘れる君と(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

大恋愛〜僕を忘れる君と(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『大恋愛〜僕を忘れる君と(ドラマ)』とは、TBS「金曜ドラマ」で2018年10月から12月までの間で毎週金曜夜10時から放送されたテレビドラマである。若年性アルツハイマーにおかされた女医と自分を忘れていく恋人を明るくけなげに支えていく元・小説家の10年にわたる愛の軌跡を描いた王道ラブストーリー。圧巻の演技力を誇る国民的大女優の戸田恵梨香が主人公を演じ、さらにドラマや舞台などで大活躍中の個性派俳優ムロツヨシが恋人役として出演している。実力を兼ね備えた二人の演技が話題となった作品である。

Read Article

カムカムエヴリバディ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

カムカムエヴリバディ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『カムカムエヴリバディ』とは、NHK連続テレビ小説の第105作目となるテレビドラマ。2021年11月1日から2022年4月8日まで放送された。 連続テレビ小説史上初となる3人のヒロイン、安子(やすこ)、娘のるい、孫のひなたの親子3世代にわたる家族の物語である。安子の生まれた1925年(大正14年)から物語はスタートし、ひなたがアメリカでキャスティングディレクターとして活躍する2025年までの100年を描いている。

Read Article

ブラックペアン(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ブラックペアン(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブラックペアン』とは、2018年TBS系『日曜劇場』にて、嵐の二宮和也主演で放送されたテレビドラマ。原作は海堂尊の長編小説『ブラックペアン1988』。渡海征司郎は手術成功率100%を誇る天才外科医である。一方、傲慢な言動が災いし、周囲との歪を生んでいる。そんな渡海が最新医療器具が持ち込まれた事をきっかけに、大学病院という巨大組織に立ち向かっていく医療エンターテイメントドラマだ。

Read Article

引っ越し大名!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

引っ越し大名!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『引っ越し大名!』とは、土橋章宏原作小説の『引っ越し大名三千里』をもとにした、2019年に公開された時代劇映画である。監督は犬童一心。姫路藩の書庫番・片桐春之介は、藩の国替えに伴い「引っ越し奉行」に任命されてしまう。しかし春之介には国替えの経験が全く、幼馴染の鷹村源右衛門や前引っ越し奉行の娘・於蘭の力を借りて引っ越しの成功へ向けて奔走する。この作品は、引っ込み思案な春之介が国替えという一大事に直面し、成長していく姿がコメディ調に描かれている。

Read Article

キングダム2 遥かなる大地へ(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

キングダム2 遥かなる大地へ(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングダム2 遥かなる大地へ』とは、古代中国で“天下の大将軍”となることを目指す少年の活躍を描いた、原泰久の同盟漫画作品の実写映画シリーズ第2弾である。公開翌年となる2023年には、同シリーズ第3弾となる『キングダム3』の公開が決定している。 500年もの間戦乱の中にある古代中国。魏国の軍勢の侵攻を受けた秦国は、これを迎撃するための軍を編成する。ひょんなことから秦国王宮内の人々と知り合った奴隷の少年信は、天下の大将軍になるという夢を叶えるためここに参戦。本物の戦場の中で剣を振るう。

Read Article

青天を衝け(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

青天を衝け(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『青天を衝け』とは2021年にNHKで放送された大河ドラマ。幕末〜昭和初期を舞台に、実業家として日本の礎を築いた渋沢栄一を主人公としている。主演は吉沢亮が務めた。武蔵国の農民であった渋沢栄一は後に将軍となる一橋慶喜に仕えることで、幕末の動乱に巻き込まれていく。明治に入った後は官僚として新政府を支え、下野した後は実業界に入り数々の企業の経営に携わった。ドラマでは常に前を向き未来を切り開いていく栄一の姿が描かれている。第110回ザテレビジョンドラマアカデミー賞を受賞している。

Read Article

100万回 言えばよかった(100よか)のネタバレ解説・考察まとめ

100万回 言えばよかった(100よか)のネタバレ解説・考察まとめ

『100万回言えばよかった』とは、で2023年1月からTBS系で放送されたテレビドラマ。平均視聴率は7.7%だった。運命の相手・鳥野直木を突然失ったことを受け入れられない主人公の相馬悠依と、現世に思い残しがあり幽霊となった直木が最後のお別れを言うために奇跡を起こそうとするファンタジーラブストーリー。伝えたい想いは今伝えるべきで、失ってからでは伝える事が出来ないというメッセージにもなっている。主人公を演じるのは女優の井上真央、相手役は俳優の佐藤健である。

Read Article

AI崩壊(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

AI崩壊(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『AI崩壊』とは、2020年1月31日に全国公開された日本のSF・災害映画である。監督・脚本は入江悠、主演は大沢たかおが務めた。映画は主人公である桐生浩介(きりゅう こうすけ)が医療人工知能 AI「のぞみ」の開発に成功したところからはじまる。2030年には全国民の個人情報などを「のぞみ」が管理するようになったが、突然「のぞみ」が暴走し日本中がパニックとなる。その暴走を阻止しようと奔走する姿を描いた映画である。AIが発展する現代で、これからの世界のありかたについて考えさせられる映画だ。

Read Article

目次 - Contents