プラチナデータ(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『プラチナデータ』とは、東野圭吾によるミステリー小説をもとに、2013年に日本で公開された映画作品である。最新のDNA捜査によって検挙率100%、冤罪率0%を目指す近未来の日本を舞台とした作品だ。当初犯人を追う立場だった警察庁特殊捜査機関の天才科学者が突如犯人として追われる立場となり、それをベテラン刑事が追うストーリーとなっている。派手な逃走アクションでは日本映画にはあまり見ない迫力あるシーンも満載だ。ミステリアスな人物達の本当の姿が暴かれていくところも魅力のひとつである。

『プラチナデータ』の概要

『プラチナデータ』とは、東野圭吾によるミステリー小説をもとに、2013年に日本で公開された映画作品である。日本では、遺伝子によって犯人を特定し事件を解決するシステムが推進され、プラチナデータと呼ばれる国民全員のDNAデータを国が管理することで冤罪ゼロの世の中を目指していた。そのシステムの開発者が神楽龍平(かぐら りゅうへい)だった。しかし、ベテラン刑事である浅間玲司(あさま れいじ)はそのシステムについて釈然としない思いを抱えていた。
そんな頃ある殺人事件が起こり、その容疑者として神楽の名前が上がった。さらにシステムによるDNA解析でも神楽が犯人だと特定されたのだ。そしてここから神楽の逃亡劇が始まる。
この映画は東野圭吾原作の小説『プラチナデータ』を元とした近未来ミステリー映画だ。主演は二宮和也が務め、豊川悦司との共演作となった。監督は大友啓史、脚本は浜田秀哉が務め、2013年3月16日に映画が公開された。初日2日間で興収4億49万6,000円、動員30万5,743人を記録し、映画観客動員ランキングで初登場第2位となった。
さらに2013年5月2日から香港で、2013年5月3日からは台湾で、その後シンガポールでも上映され話題となった作品でもある。

『プラチナデータ』のあらすじ・ストーリー

遺伝子解析で神楽が犯人だと解析される

舞台は近未来の日本。遺伝子によって犯人を特定し事件を解決するDNA捜査システムが完成していた。このシステムを開発したのが神楽龍平(かぐら りゅうへい)だった。神楽は警察庁の特殊解析研究所でDNA捜査システムを使った犯人逮捕に力を注いでいた。しかし、ベテラン刑事である浅間玲司(あさま れいじ)はこのシステムについて釈然としない思いを抱えていた。

実際にこのシステムを使い真犯人を検挙することができた。しかし解析するために用いた国民の遺伝子情報は違法に入手したものだと浅間は神楽に指摘する。この指摘に対し神楽は、もうすぐ全ての国民の遺伝子情報を国が管理することになると言う。さらに近々国民のDNAを国が管理するための法案が通ると言うのだ。この神楽の言葉に浅間は驚き何も言えなかった。

そのころ、新世紀大学病院でプログラマーの蓼科早樹(たてしな さき)とその兄の蓼科耕作(たてしな こうさく)が何者かに殺害されるという事件が起きた。蓼科兄妹は精神的な病気を持ちながらも天才的なプログラミング能力を持っており、DNA捜査システムもこの兄妹がプログラミングしたものだった。神楽は蓼科兄妹と協力をしてDNA捜査システムを開発した。そしてその打ち合わせのために週に何度か兄妹に会っていたのだ。

警察が監視カメラを確認したことで、蓼科兄妹が殺害される前にも神楽はこの兄妹に会っていたことがわかった。そのことで神楽は浅間に問い詰められ、神楽は蓼科耕作に呼び出されて会いに行ったと話す。しかし監視カメラによる捜査の結果、蓼科兄妹に最後に会った人物は神楽だと判明した。そして蓼科兄妹殺害の重要参考人として神楽の名前が上がったのだ。

浅間は神楽に事情を聞くが、神楽は兄妹の爪に残っていた皮膚片から遺伝子解析で犯人がわかるだろうと自信満々に浅間に言った。

そして神楽が遺伝子解析をしてみると、犯人として自分自身が特定されてしまう。驚いた神楽はその場から逃走した。

モーグルを見つけ出す

警察の政治的責任者である志賀孝志(しが たかし)は監視システムを駆使し神楽の追跡をはじめた。そして神楽は警察に追い詰められる。その一方で神楽の同僚である白鳥里沙(しらとり りさ)が神楽の逃亡を手助けし、間一髪で神楽は警察から逃れることができた。

白鳥は神楽の同僚であったが、実はアメリカがDNA捜査システムの技術を手に入れるために派遣されたのだった。白鳥は神楽に対し、蓼科兄妹が秘密裏に開発していた真のプラチナデータを持つ「モーグル」というプログラムを見つけ出してほしいと言う。神楽は真実を突き止めるため逃亡しながらモーグルを探すことを決めた。

神楽は防犯カメラを気にしながら逃亡を続けるが、浅間と多くの警察官が監視システムを使って神楽の居場所を突き止める。そして浅間に追い詰められるが、このときも「今は捕まるわけにはいかない」と間一髪のところで逃れることができた。

浅間は他の警察官とは別に単独で捜査を開始した。神楽がもし犯人であれば犯人のDNAを解析するはずがないと考え、神楽が犯人ではないと思っていたのだ。

浅間は神楽の主治医である新世紀大学病院の水上利江子(みずかみ りえこ)教授の元を訪れた。そして水上から神楽にはもう一つの人格があることを知らされる。

神楽の父親は陶芸家で、神楽が少年時代に自殺したという。当時、神楽も父親のことを尊敬していたが、父親が作ったものではない陶芸作品に対し神楽が「今までので一番いい」と言ってしまう。そして陶芸家として行き詰まった父親は、自宅の工房で首吊り自殺をしたのだ。このときの第一発見者が神楽だった。この自殺が原因で、神楽にはリュウというもう一つの人格が現れたというのだ。

浅間はさらに独自捜査を行い、リュウが蓼科早樹に恋をしていたことを知る。

その頃、白鳥は遺伝子情報が不明と解析された犯人の検体を研究所から持ち出していた。しかしその帰りに何者かに殺害されてしまう。白鳥の殺害現場から、浅間はこの検体の遺伝子情報を持つ人物が犯人だと確信する。

浅間は真相を明らかにするため神楽と協力することを決めた。そして浅間は神楽に会い、神楽に協力を求める。神楽は浅間に協力することを決め、ふたりは協力してモーグルを探し始めた。

モーグルは蓼科早樹が隠したと考えられたが、そこで浅間はリュウのアトリエが隠し場所だと考える。そしてリュウのアトリエにあった蓼科早樹の肖像画をみて、隠し場所は肖像画だと疑った。神楽の話しでは蓼科早樹の肖像画にはアザがあったと言うが、そのアザが消されていた。浅間は肖像画のアザの部分を念入りに探すと、絵の裏にモーグルが隠されていたのだ。

そして、ふたりの協力によりモーグルを見つけ出すことに成功したのだった。

モーグルは犯人を識別し除外するシステム

浅間が見つけ出したモーグルは、神楽によればDND捜査システムで解析しなければ中身がわからないという。DNA操作システムがある研究室に逃亡中の神楽は立ち入ることができないため、浅間が研究室に向かった。浅間は研究室のDNA操作システムにたどり着くと、そこにいた研究員に拳銃を向け、モーグルをDNA捜査システムにかけるよう指示した。そしてモーグルをDNA捜査システムで解析することに成功する。

この解析により、真のプラチナデータとは官僚、政治家、警察上層部たち本人とその家族の遺伝子情報であることが判明する。もしこの特権階級の者が何らかの事件の犯人だった場合「NOT FOUND」として解析されるように設定されているのだ。モーグルとは特権階級の者が犯罪者となっても特定されないシステムだったのだ。

この事実を知り、神楽は大きなショックを受ける。これまで自分は国民のためだと考えシステム開発にすべてを注いできたが、実は国民のためのシステムではなかったことが判明したからだ。

さらに神楽と浅間はモーグルを使い、蓼科兄妹殺害の真犯人のDNA解析を行った。そしてその解析結果、犯人は水上教授だと出たのだ。

浅間が止める中、神楽は水上教授の元へと向かった。浅間も水上教授の元へと急ぐが、浅間が到着したときには神楽は水上教授を殺害したあとだった。水上教授は大学の自室で血を流して死んでいた。そして神楽は呆然とした表情で部屋から出ていき、その場で警察に逮捕される。

結末

浅間が神楽を事情聴取する。その結果、水上教授を殺したのはリュウであることが分かった。
そして水島教授の診察記録から、実はリュウが元の人格であり、父親自殺のショックで出現した人格が神楽であることもわかった。

浅間はリュウに、水上教授とどんなやりとりがあったのかを聞いた。

リュウは蓼科兄妹を殺した水上教授を問い詰めたという。水上教授は究極の遺伝子情報主義者で、不完全な遺伝子情報を持つ人間を抹殺するという思想に至り殺人を犯したというのだ。リュウは、水上教授の危険な思想を止めようとした。しかし水上教授は自分の考えを変えることがなく、水上教授を止めるために銃で撃ち殺したのだった。

リュウは蓼科早樹と過ごしたときを思い出していた。蓼科早樹にとってリュウは唯一心を許すことができる相手だったのだ。

リュウが神楽の人格に戻ると、浅間はすべてを神楽に話した。神楽は、実はリュウが元の人格で、自分があとに現れた人格なのだと知った。遺伝子がその人の全てだと考えていた神楽だったが、人の気持ちは遺伝子情報では分からないということが分かったと浅間に言い残す。

神楽はリュウに手紙を書き浅間に渡した。そしてその手紙を浅間がリュウに渡し、リュウが手紙を読んでこの映画の結末となる。

『プラチナデータ』の登場人物・キャラクター

主人公

神楽龍平/リュウ(かぐらりゅうへい/りゅう/演:二宮和也)

映画の主人公である。
警視庁特殊解析研究所の主任解析員で、蓼科兄妹とともにDNA捜査システムを開発した人物だ。
DNA捜査システムを活用し事件の犯人逮捕に力を注ぐが、蓼科兄妹殺害事件の重要参考人として名前が上がり警察から逃亡することとなる。

少年時代に陶芸家だった父親が自殺し、その父親の死をきっかけに二重人格「リュウ」が出現するようになった。催眠療法により「リュウ」と人格反転することができる。
蓼科兄妹殺害事件の真犯人が自分の主治医でもある新世紀大学病院の水上教授だとわかり、水上教授の恐ろしい思想を止めるため水上教授を殺害する。その後、水上教授殺害の犯人として逮捕される。

映画の終盤では実は元の人格がリュウであり、神楽は二重人格で現れた人格だということがわかる。

警視庁捜査一課

浅間玲司(あさま れいじ/演:豊川悦司)

警視庁捜査一課の警部補である。
正義感あふれるベテラン刑事であり、はじめからDNA検索システムに対し疑問を持っていた。
神楽が蓼科兄妹殺害の犯人として警察に追われ、最初は犯人といて神楽を追っていたが、独自の捜査により神楽が犯人ではないと確信する。
そこから単独で捜査を行い、神楽と協力しモーグルを探し出す。モーグルを探し出すことに成功し、真のプラチナデータの真相を明らかにしたが、最後は神楽が水上教授を殺害するのを止めることができなかった。

戸倉(とくら/演:遠藤要)

浅間の後輩刑事である。浅間のことを信頼し、浅間とともに捜査に当たることが多い。
浅間が神楽と協力したことで警察に連行されたときには浅間を助ける場面もみられた。

那須(なす/演:中村育二)

警察庁捜査一課の課長である。
浅間の上司だが、浅間が神楽と協力し単独捜査を行ったときには浅間を連行するよう部下に命令した。

shiori1219g6
shiori1219g6
@shiori1219g6

Related Articles関連記事

20世紀少年(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

20世紀少年(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

あなたの番です(あな番)のネタバレ解説・考察まとめ

あなたの番です(あな番)のネタバレ解説・考察まとめ

『あなたの番です』とは、日本テレビ系にて2019年4月から9月まで放送された全20話のミステリードラマである。キウンクエ蔵前というマンションに引っ越してきた新婚夫婦が「交換殺人ゲーム」に巻き込まれる姿を描いたミステリードラマで、企画・原案は秋元康。第1章、第2章で構成された2クール半年間に渡って放送され、テレビ放送と連動して、『扉の向こう』というスピンオフがHuluにて独占配信されている。

Read Article

流星の絆(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

流星の絆(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『流星の絆』とは、東野圭吾の同名小説『流星の絆』が原作となったミステリードラマである。子どものころに両親を殺された三兄妹が復讐を誓い、真犯人にたどり着くまでを描く。2008年10月から12月に、TBS系22時からの金曜ドラマ枠で放送された。脚本は宮藤官九郎が手掛け、基本のストーリーは守りつつも青春ドラマ的な要素やコメディー的な要素が加わったことで、原作とは大きく異なる世界観となっている。主役の三兄妹を二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香が演じる。

Read Article

真夏の方程式(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

真夏の方程式(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『真夏の方程式』とは、2010年から連載されていた東野圭吾の『ガリレオ』シリーズが原作の、2013年公開の日本映画である。監督は西谷弘。夏休みを玻璃ヶ浦の川畑(かわはた)家で過ごすことになった柄崎恭平(つかさききょうへい)は、仕事で来ていた湯川学(ゆかわまなぶ)と出会う。しかし同じ時期に玻璃ヶ浦に来ていた元警視庁の刑事が遺体で見つかったことにより、川畑家が抱える秘密が次第に明るみになっていく。この物語は海を臨む美しい町で湯川が少年とともに事件解決に進む様子と、血を超えた家族の愛が描かれている。

Read Article

のぼうの城(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

のぼうの城(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『のぼうの城』とは、和田竜の日本の歴史小説を元にして2012年に公開された映画である。犬童一心と樋口真嗣の共同監督で制作された。主人公の長親(ながちか)は忍城(おしじょう)城代の息子である。関白秀吉の家臣である三成によって、忍城は開城を迫られていた。しかし長親は世の理不尽に真っ向から対抗するため、三成に相対する。長親は周りの力を借り、ついには三成軍を退けることになった。この作品は時にはしんみりしつつも、長親という「でくのぼう」の奇策によって観た人を気分爽快にさせる歴史映画となっている。

Read Article

花咲舞が黙ってない(ドラマ・漫画・小説)のネタバレ解説・考察まとめ

花咲舞が黙ってない(ドラマ・漫画・小説)のネタバレ解説・考察まとめ

『花咲舞が黙ってない』とは、池井戸潤の小説『不祥事』、『銀行総務特命』を原作とするドラマ作品である。臨店先へ出向き、業務改善・指導する臨店班に所属する花咲舞と相馬健が、全国の支店で起こる数々の問題の解決に奮闘する痛快ストーリー。2014年にテレビドラマ第1シリーズの放送と講談社『Kiss』での漫画版が掲載。2015年に第2シリーズが放送された。銀行を舞台とし、女性銀行員が次々と行内の不正を暴いていくというストーリーであることから、女版『半沢直樹』と注目された。

Read Article

ナミヤ雑貨店の奇蹟(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ナミヤ雑貨店の奇蹟(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』とは東野圭吾の長編小説および、それを基に2017年に制作された日本映画。監督は廣木隆一、脚本を斉藤ひろしが手がけ、主演は山田涼介と名優・西田敏行が務めた。なんとなく悩み相談窓口を始めたナミヤ雑貨店の主・浪矢雄治は手紙のやり取りを通じ、様々な悩みを持つ人たちの人生を変えていく。雑貨店は過去と現在が繋がる不思議な場所となり、現実から逃げ続けてきた青年・矢口敦也を感化させていく。雄治と敦也の奇蹟の一夜の交流を描いた、心温まるファンタジー・ドラマである。

Read Article

検察側の罪人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

検察側の罪人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『検察側の罪人』とは、雫井脩介によって書かれた日本の小説が基になっている日本のサスペンス映画である。木村拓哉と嵐のメンバーである二宮和也がダブル主演で魅せるサスペンスストーリー。老夫婦殺人事件と時効を迎えた事件がきっかけとなり自分の正義に固執する最上と事件の真相に対する正義を追い求める沖野の対立が描かれた本作。脇には吉高由里子、大倉孝二、八嶋智人などが固める。映画のキャッチコピーは「一線を超える」。

Read Article

ごめんね青春!(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ごめんね青春!(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ごめんね青春!』とは2014年10月から放送されたTBS系列のドラマであり、宮藤官九郎が脚本し主演は錦戸亮が務めた。 静岡県三島市の高校が舞台で、仏教系男子校とキリスト系女子校の合併に伴う恋愛模様などを描いたドラマ。 主演の錦戸亮は仏教系男子校の先生役であり合併には賛成派。しかし周囲は反対派が多く、合併に向けて奮闘していくストーリー。合併に向けて奮闘していく中、生徒や先生間の恋愛・家族との問題について「ごめんね」と謝り向き合っていく。

Read Article

娚の一生(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

娚の一生(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『娚の一生』とは、西炯子による日本の漫画作品。小学館「月刊フラワーズ」にて連載された。 「このマンガを読め!2010」で第5位になった。単行本は全4巻。累計発行部数150万部を記録する。2015年、豊川悦司・榮倉奈々のダブル主演で映画化された。 大手企業に勤める30代女性・つぐみと50代の大学教授・海江田とのビタースゥイートでもどかしい関係を描いた漫画作品。

Read Article

あのこは貴族(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

あのこは貴族(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『あのこは貴族』とは、山内マリコの小説『あのこは貴族』を原作としたヒューマンドラマ映画である。2021年2月に公開され、「富裕層」と「庶民」の鮮やかな対比が観客からの高い支持を得る。お嬢さん育ちの華子は婚活の末に理想の男性と結婚するが、嫁ぎ先からの重圧に悩む。大学進学を機に上京したが学費が続かず中退後、就職した美紀。「他力」を享受する特権階級と「自力」が前提の一般人を隔てる見えない壁。交わらないはずの「階層」を飛び超えた2人に見えてきた新しい自分。監督は、「グッド・ストライプス」の岨手由貴子。

Read Article

コンフィデンスマンJP -ロマンス編-(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

コンフィデンスマンJP -ロマンス編-(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』とは2019年に公開された、詐欺師をテーマにした映画作品。東京ドラマアウォードなどの賞を受賞した、総合視聴率15.1%の人気テレビドラマを映画化した1作目。大ヒットした痛快エンターテインメント映画で、ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人のコンフィデンスマン(信用詐欺師)が、悪い奴から詐欺で大金を巻き上げるストーリー。今回のおさかな(ターゲット)はラン・リウ。恋愛詐欺師のジェシーと日本のゴットファザーの赤星も加わり、香港を舞台にコンゲームを繰り広げる。

Read Article

雲のむこう、約束の場所(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

雲のむこう、約束の場所(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『雲のむこう、約束の場所』とは、「ほしのこえ」につづく、新海誠による長編アニメーション映画である。公開は2004年で、制作会社はコミックス・ウエーブ・フィルムだ。この作品は、戦争により北海道と本州以下が南北に分断された日本を描くSF作品で、舞台は青森県である。中学生である主人公の「ヒロキ」は、親友の「タクヤ」と共に、今は異国の地である「エゾ」にそびえる塔に行くための飛行機を制作していた。それは彼らだけの「秘密の計画」であった。

Read Article

名前をなくした女神(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

名前をなくした女神(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『名前をなくした女神』とは、2011年4月から6月までフジテレビ系列で放送された、杏主演のママ友たちのドロドロした関係をテーマにしたテレビドラマ。キャッチコピーは「ようこそ、ママ友地獄へ。」。新たに引っ越して来た秋山一家の主婦侑子と息子の健太は、幼稚園のママ友との確執や事件に巻き込まれていく。お受験を控えたママ友たちの間で繰り広げられる嫉妬、見栄、嘘、裏切りなど、複雑な人間関係を描いている社会派ドラマである。本作は杏の連続ドラマ初主演であり、EXILEのKEIJIのドラマ初出演作でもある。

Read Article

仮面ライダージオウ(Zi-O)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダージオウ(Zi-O)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダージオウは、平成仮面ライダーシリーズ最後の作品である。2018年9月2日から2019年8月25日、毎週日曜日朝9時から9時30分のニチアサとして、テレビ朝日系列で放送された特撮作品だ。制作は東映、全49話放送。過去の平成仮面ライダーシリーズにおいて、仮面ライダーの変身者やヒロインなどのメインキャストがゲスト出演し、大きな話題となった。高校生である常磐ソウゴは仮面ライダージオウに変身し、未来を切り開く。

Read Article

マスカレード・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

マスカレード・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『マスカレード・ホテル』とは、東野圭吾が書いた人気小説『マスカレード・ホテル』を原作とした大ヒット映画である。木村拓哉主演の映画で、長澤まさみや小日向文世、渡部篤郎など豪華キャストがそろっている。物語は予告連続殺人事件の捜査のために、警視庁の刑事たちがホテル・コルテシア東京に潜入捜査をする。エリート刑事の新田はフロントクラークとして同じホテルの仕事をする山岸と共に、次々とホテルに来る怪しい宿泊客の対応をしていく。誰が殺人事件を起こそうとしている犯人なのかを突き止めていくミステリー映画。

Read Article

シン・ウルトラマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

シン・ウルトラマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シン・ウルトラマン』とは、脚本・庵野秀明、監督・樋口真嗣による、人類のために戦う異星人ウルトラマンと、その周囲の人々の活躍を描いた映画作品。日本を代表するクリエイターによる伝説的な特撮作品のリブートということで、公開前から大きな話題となった。 突如日本に出現し始めた巨大生物、禍威獣。その脅威に対抗するため結成された禍特隊の前に、銀色の巨人が現れる。ウルトラマンと名付けられたその巨人は禍威獣から人々を守るように振る舞い、禍特隊がその謎を追う一方、地球にはかつてない危機が迫っていた。

Read Article

MIU404(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

MIU404(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『MIU404』とは、性格が全く違う二人の刑事が日本の社会問題に立ち向かいながら事件解決を目指す、警視庁機動捜査隊を舞台としたテレビドラマである。臨時部隊として新設された第4機捜に召集された刑事が志摩一未と伊吹藍だ。二人は相反する性格ながら、様々な事件に相棒として立ち向かうことになる。斬新なストーリーと共に、二人の刑事がバディとして絆を深めていく姿も目が離せない作品だ。

Read Article

ラーゲリより愛を込めて(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ラーゲリより愛を込めて(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラーゲリより愛を込めて』とは2022年12月9日に公開された日本の映画。主演は二宮和也。原作は辺見じゅんのノンフィクション小説『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』。 第二次世界大戦後のシベリアの強制収容所(ラーゲリ)で、日本人捕虜の1人である山本幡男(やまもと はたお)が過酷な環境の中でも生きる希望を捨てず、家族の元へ帰れると信じ、仲間らを励まし続ける姿を描く。 希望を捨てない幡男の姿、捕虜仲間が幡男の遺書を家族に届けるため必死になる姿は見所だ。

Read Article

南極料理人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

南極料理人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『南極料理人』とは、西村淳の著書『面白南極料理人』『面白南極料理人 笑う食卓』を原作とした、2009年の日本映画である。海上保安庁に勤務する「西村」は、同僚スズキの代理で、南極観測隊として派遣されることになった。そこでは、様々な個性やクセを持った7人の隊員と共同生活を送らなければならない。初めは打ち解けずトラブルもある隊員たちだったが、次第に南極での生活を楽しみ始めることとなる。この映画は人との関わりを考えさせつつも、くすっと笑えるポイントが随所にちりばめられた、ヒューマンコメディ作品である。

Read Article

新選組!(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

新選組!(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『新選組!』とは2004年1月から12月まで放送されたNHKの大河ドラマである。幕末を舞台に若者たちが命を懸けて己を貫く姿を中心に、青春群像劇として高い評価を得た。多摩の百姓であった近藤勇が真の侍になるため京に上り、仲間たちと新選組を結成し誠の忠義を貫くために戦い、生きていく姿が描かれている。香取慎吾をはじめ若手俳優たちが生き生きと演じたこと、また人気脚本家三谷幸喜の脚本も見どころの一つとされている。

Read Article

クローズZERO II(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

クローズZERO II(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『クローズZERO II』とは、漫画家の高橋ヒロシの作品『クローズ』を原作とした映画。前作『クローズZERO』で鈴蘭高校の覇権争いを制した滝谷源治たちと、ライバル校・鳳仙学園との間で抗争が発生。鈴蘭をまとめるために苦心する源治、彼に敗れて以降沈黙を貫く芹沢、2年前の仇を討つため虎視眈々と鈴蘭を狙う鳳仙の頭・鳴海の3人を軸にストーリーが展開される。葛藤を抱えながら喧嘩に臨む高校生達を描く。小栗旬や山田孝之、桐谷健太など人気俳優が多数出演したことでも話題となった。監督は三池嵩史。

Read Article

容疑者Xの献身(ようぎしゃエックスのけんしん、The Devotion of Suspect X)のネタバレ解説・考察まとめ

容疑者Xの献身(ようぎしゃエックスのけんしん、The Devotion of Suspect X)のネタバレ解説・考察まとめ

ある日川で発見された、顔をつぶされた死体。刑事たちに協力を求められた大学准教授の湯川学は、その犯人を追い求める中で、ある人物にたどり着く。それは、湯川が天才だと認めていた大学時代の同級生、石神哲哉だった。 東野圭吾のガリレオシリーズをテレビドラマ化したキャストとスタッフが再集結し、劇場版として公開されたミステリー映画。

Read Article

キングダム 運命の炎(キングダム3)のネタバレ解説・考察まとめ

キングダム 運命の炎(キングダム3)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングダム 運命の炎』とは、原泰久の漫画『キングダム』を原作とする2023年公開の実写映画作品。同シリーズでは3作目にあたるため『キングダム3』とも呼ばれる。キャッチコピーは「大いなる夢を、新しい時代を、その手で掴め―」。監督は佐藤信介が務め、主役の山﨑賢人や吉沢亮など主要人物の役者は全員が前々作から続投している。 趙の大軍に攻められた秦は、六大将軍の王騎を総大将にしてこれを迎撃する。将軍を志す剣士にして秦の若き王嬴政の友でもある信も従軍し、師である王騎から重要な作戦を託される。

Read Article

牙狼<GARO> ハガネを継ぐ者(牙狼ハガネ)のネタバレ解説・考察まとめ

牙狼<GARO> ハガネを継ぐ者(牙狼ハガネ)のネタバレ解説・考察まとめ

『牙狼<GARO> ハガネを継ぐ者』(ガロ はがねをつぐもの)とは、雨宮慶太が監督を務める特撮作品。『牙狼〈GARO〉』シリーズの作品の1つで、キャッチコピーは「未来に、継げ」。 魔界の住人ホラーから人々を守って戦い続ける魔戒騎士の道外流牙は、ある時魔戒法師のコヨリから「クレアシティに来てほしい」との依頼を受ける。クレアシティでは最近ホラーの出現が多発し、大きな事件が起きることが予想されていた。しかしクレアシティを担当する魔戒騎士白羽創磨は流牙の介入を快く思わず、彼に敵愾心を剥き出しにする。

Read Article

ガリレオ(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ガリレオ(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ガリレオ』とは、ガリレオと称される物理学者・湯川学を主人公とした東野圭吾の連作推理小説。小説を原作にフジテレビ系の月9シリーズにて連続ドラマとして映像化された。主演は福山雅治。 湯川の大学の同級生である警視庁の刑事草薙から、湯川が事件の相談を受けるところから物語は始まる。事件捜査には興味がない湯川だが、人の頭部だけ燃える、見えるはずのないものが見えたなど、一見すると超常現象とも取れる不可解な事件に対し科学者として興味を持った時にこれらの謎の解明に挑む。

Read Article

ブラックペアン(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ブラックペアン(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブラックペアン』とは、2018年TBS系『日曜劇場』にて、嵐の二宮和也主演で放送されたテレビドラマ。原作は海堂尊の長編小説『ブラックペアン1988』。渡海征司郎は手術成功率100%を誇る天才外科医である。一方、傲慢な言動が災いし、周囲との歪を生んでいる。そんな渡海が最新医療器具が持ち込まれた事をきっかけに、大学病院という巨大組織に立ち向かっていく医療エンターテイメントドラマだ。

Read Article

キングダム2 遥かなる大地へ(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

キングダム2 遥かなる大地へ(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングダム2 遥かなる大地へ』とは、古代中国で“天下の大将軍”となることを目指す少年の活躍を描いた、原泰久の同盟漫画作品の実写映画シリーズ第2弾である。公開翌年となる2023年には、同シリーズ第3弾となる『キングダム3』の公開が決定している。 500年もの間戦乱の中にある古代中国。魏国の軍勢の侵攻を受けた秦国は、これを迎撃するための軍を編成する。ひょんなことから秦国王宮内の人々と知り合った奴隷の少年信は、天下の大将軍になるという夢を叶えるためここに参戦。本物の戦場の中で剣を振るう。

Read Article

トリック(TRICK)のネタバレ解説・考察まとめ

トリック(TRICK)のネタバレ解説・考察まとめ

『TRICK』とは、テレビ朝日系列で放送されたミステリードラマ。2000年にシーズン1、2002年にシーズン2、2003年にシーズン3が制作・放送された。シーズン1と2は深夜帯の放送にも関わらず人気は絶大で、テレビドラマの放送が終わった後もスペシャルドラマや劇場版が制作され、実に14年も続いた。マジシャンと物理学者の男女バディが、インチキ霊能力者のトリックを暴き、事件を解決に導くストーリー。ゆるくコミカルな場面とシリアスな展開のギャップが魅力的なドラマである。

Read Article

14才の母(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

14才の母(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『14歳の母』とは、2006年10月に日本テレビで放送されたドラマで、脚本は井上由美子が手掛ける。主演は志田未来。その他、三浦春馬や田中美佐子などが出演する。中学2年生の一ノ瀬未希は、14歳にして子供を身ごもってしまう。両親や兄妹、友達など周りの人々から猛反対を受けるが、未希は産む決心をする。しかし、そんな彼女を様々な困難が待ち受けていた。どんなに苦しくても産むことを諦めない少女が、苦難を乗り越えて成長していく姿を描く。本作の視聴率は20%を超え、数々の賞を受賞した。

Read Article

VIVANT(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

VIVANT(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『VIVANT』とは、は2023年7月から同年9月までにTBS系「日曜劇場」枠で放送されたアドベンチャードラマ作品。サラリーマンの乃木憂助は、自身にかけられた誤送金の疑いを晴らすためバルカ共和国に向かう。バルカの地で乃木を巻き込んだ自爆テロ事件は、やがて暗躍する国際テロ組織、そして乃木の正体へと繋がっていく。国内外から集結した豪華俳優陣やモンゴルで撮影された大スケールの映像、そして、予想を超える展開が連続するストーリーが見どころとなっている。

Read Article

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(Zi-O)のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(Zi-O)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(Zi-O)』とは、2019年に公開された特撮ヒーロー映画である。特撮テレビドラマ『仮面ライダージオウ』の単独映画作品。興行収入11.7億円、観客動員数78.0万人を記録した。ソウゴは仮面ライダージオウとして平成ライダーの力であるライドウォッチを集めていた。全てのライドウォッチを集めた時、平成をやり直そうとする集団クォーツァーが現れた。平成に築いた人々の暮らしを守るため、ソウゴと仲間達がクォーツァーに立ち向かう。

Read Article

平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER(平ジェネFOREVER)のネタバレ解説・考察まとめ

平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER(平ジェネFOREVER)のネタバレ解説・考察まとめ

『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』とは、2018年に東映系で公開された平成最後の仮面ライダーコラボ映画である。『仮面ライダージオウ』と『仮面ライダービルド』のクロスオーバー作品となっている。仮面ライダージオウまでの歴代の平成ライダーが集結するファンも多い。常盤ソウゴと桐生戦兎の仲間の記憶がなくなっていく事件が発生していた。二人の前に現れたティードという男と彼に狙われる少年・久永シンゴを追いながら真実を解明していく特撮ヒーロードラマである。

Read Article

るろうに剣心 伝説の最期編(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

るろうに剣心 伝説の最期編(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『るろうに剣心 伝説の最期編』(るろうにけんしん でんせつのさいごへん)とは、和月伸宏の人気漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を原作とする実写映画。国家転覆を目論む武装組織との戦いを描いた「京都編」の後半を、オリジナルの展開を交えて映画化したもの。前作と合わせて100億近い興行収入を達成する大ヒットとなった。 明治政府打倒を目論む志々雄真実を倒すため、奥義を修得する緋村剣心。その志々雄は明治政府を脅し、剣心を処刑させることを画策。剣心は否応なく人斬りとして犯してきた罪との対峙を迫られる。

Read Article

億男(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

億男(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『億男』とは、映画プロデューサーで小説家の川村元気による長編小説・およびそれを基にした映画作品である。主人公の大倉一男は借金返済のために昼夜問わず働いて必死にお金を稼いでいた。そんなある日、偶然手に入れた宝くじが当選し、一男は3億円を手にする。突然大金を所持したことに不安を抱え、旧友である古河九十九に相談。しかし彼は3億円と共に失踪してしまう。一男は九十九を探す過程で様々な大金持ちと出会い、お金の価値を学んでいく。

Read Article

目次 - Contents