Uru / ウル

Uru / ウル

Uru(ウル)とは、日本の女性シンガーソングライターである。
2013年、YouTubeチャンネルを開設し、数多くの名曲カバー動画を投稿した。歌唱だけではなく、演奏やアレンジ、プログラミング、撮影、編集など全てを1人で行った。デビューするまでに100本もの動画を公開。
2016年には、「星の中の君」でメジャーデビュー。氏名や生年月日、出身地などの情報は公開せず、「謎だらけのシンガー」として注目を集めた。
その後に発表した楽曲はドラマやCM、アニメなどの主題歌として次々と起用された。5枚目のシングル『奇蹟』は、ドラマ『コウノドリ』のために歌詞を書き下ろした。デビューした時から大切に温めていた曲とのこと。
2018年には公式ファンクラブを開設。そして2020年には、初のデジタルシングルとなる『あなたがいることで』を配信した。同年、TBS系音楽番組『CDTVライブ!ライブ!』に出演。これがTV初出演となった。さらに、『第62回 輝く!日本レコード大賞』では特別賞を受賞。2022年には、全国ホールツアーを開催している。

Uru / ウルの関連記事

コウノドリ(漫画・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

コウノドリ(漫画・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『コウノドリ』とは、2012年より鈴ノ木ユウが「モーニング」(講談社)で連載を開始した産科医療漫画である。産婦人科医でありながら、正体を明かしていないピアニストでもある、主人公鴻鳥サクラ。サクラが勤務する聖ペルソナ総合医療センターで、妊婦とその家族を中心に物語が繰り広げられる。7年間の掲載を経て、2020年10月23日最終巻が発売され完結している。コミックの累計発行部は800万部を超えている大人気コミックである。

Read Article

罪の声(小説・漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

罪の声(小説・漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『罪の声(映画)』とは塩田武士の同名小説を2020年に土井裕泰監督、小栗旬主演で映画化されたサスペンス映画である。1984年に実際に起こった「グリコ森永事件」を題材にした、フィクションでありながらも限りなく事実に近い作品としてサスペンスフルに仕上がっている。実際の事件でも犯人が使用した「子供の声」を中心に、自分の声が使われていたことを知ってしまった人物と過去の大事件の犯人を追うジャーナリストの2人の視点から犯人を追い詰めていく物語である。

Read Article

風間公親−教場0−(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

風間公親−教場0−(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『風間公親−教場0−』とは長岡弘樹の小説『教場シリーズ』を原作としたサスペンスドラマであり、本作の放送以前にはスペシャルドラマとして『教場』『教場II』が放送されている。 本作の主人公である風間公親(かざまきみちか)が様々な事件を通して犯人と指導していく新人刑事たちの本質を見抜いていくものであり、風間が新人刑事たちとどう向き合うかが注目となっている。 適性のない人間を容赦なく切り捨てる最恐の教官はなぜ誕生したのか、風間公親の刑事時代と過去が描かれる。

Read Article

推しの王子様(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

推しの王子様(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『推しの王子様』とは2021年夏にフジテレビ系木曜ドラマ枠で放送されていたテレビドラマ。主演は比嘉愛未である。主人公は乙女ゲームを作ったベンチャー企業の社長である日高泉美。自分の理想を詰め込んだ王子・ケント様と恋をするゲームを作ると、それが大ヒット。一躍時の人になる。そんな時、中身は全く違うものの見た目はケント様そっくりな五十嵐航に出会う。しかし中身はケント様とはまるで違いすぎて落胆。航を理想の王子様に近づくように育てていく泉美。お互いに刺激を受け生活するうちに、二人の間には恋が芽生えてゆく。

Read Article

マイファミリー(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

マイファミリー(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『マイファミリー』とは2022年にTBSの日曜劇場で放送されたドラマである。二宮和也と多部未華子が演じる夫婦の子どもが誘拐されるところから物語は始まる。誘拐の方法が過去に隠蔽された誘拐事件と似ていたことから、当時かかわっていた警察関係者も動き出す。家族、警察、犯人の思いが交錯したストーリーから目が離せないと、最終回まで話題となったノンストップファミリーエンターテイメントである。

Read Article

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(鉄オル)のモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(鉄オル)のモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』は『ガンダムシリーズ』のロボットアニメの1つで、第1期が2015年に、第2期が2017年に放送された。『機動戦士ガンダム』などの宇宙世紀作品とは別の世界観を舞台としており、少年兵の三日月・オーガスの活躍を描いている。 本作にも『ガンダムシリーズ』おなじみの兵器モビルスーツやモビルアーマー、大規模な戦いには欠かせない艦船や兵器が登場する。

Read Article

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(鉄オル)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(鉄オル)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』とは、第一期、第二期と25話ずつに分けて全50話が放送されたガンダムのテレビアニメシリーズ。 本編と同時に小説や漫画などで展開された公式外伝「月鋼(げっこう)」や、第一期と第二期の間の時期の金星を舞台にした物語という設定のスピンオフ作品で、アプリゲームとして発表された「ウルズハント」なども後年制作されている。 本編では主人公の三日月・オーガスとオルガ・イツカらの結成した「鉄華団」の壮絶な戦いが描かれている中で、数々の名セリフが物語を味わい深くしている。

Read Article

ガンダム・バルバトス(鉄オル)とは【徹底解説・考察まとめ】

ガンダム・バルバトス(鉄オル)とは【徹底解説・考察まとめ】

ガンダム・バルバトスとは、アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場する機動兵器「モビルスーツ」の一体にして、同作の主役機である。物語開始の300年前に起こった「厄祭戦」時に建造された72機のガンダムタイプのうちの一機で、「バルバトス」の名はソロモン72柱序列8位の悪魔の名に由来する。

Read Article

アニメ「ガンダム」シリーズにおける顔パロディ

アニメ「ガンダム」シリーズにおける顔パロディ

アニメ「ガンダム」シリーズでは、過度な感情表現から、普段はまともなキャラクターたちの顔がとんでもないことになるシーンが多々あります。あの味方からあの敵キャラだけでなく、油断しているところで思わず変顔になっている場面など、見ているだけでとにかく笑えます。今回はそんないろんな「パロディ顔」を集めてみました。

Read Article

すーぱーふみな+フミタン=すーぱーふみたん!?u-tarouさんによる製作過程まとめ!

すーぱーふみな+フミタン=すーぱーふみたん!?u-tarouさんによる製作過程まとめ!

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」で見た目と名前のギャップからコアなファンに人気のフミタン・アドモス。そんなファンの中でも、ガンプラでフミタンを作ってしまったのはu-tarouさんくらいではないでしょうか?今回、まとめ記事への掲載を許可して頂いたので、u-tarouさん製作の「すーぱーふみたん」が完成するまでの様子をご紹介したいと思います☆

Read Article

【鉄血のオルフェンズ】ガンダムタイプの機体まとめ

【鉄血のオルフェンズ】ガンダムタイプの機体まとめ

ここではガンダムシリーズのテレビアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場するモビルスーツを紹介する。『鉄血のオルフェンズ』独自の設定として登場する「阿頼耶識(あらやしき)システム」の解説も掲載している。主人公、三日月・オーガスが乗り込むガンダム・バルバトスの各形態や、作中に登場するガンダムをまとめている。

Read Article

【鉄血のオルフェンズ】三日月・オーガスの名言・名セリフまとめ

【鉄血のオルフェンズ】三日月・オーガスの名言・名セリフまとめ

ここではガンダムシリーズのテレビアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の主人公、三日月・オーガスの名言・名セリフをまとめている。おおらかで仲間を大切にする少年だが、幼くして戦争以外の生き方を知らないのがオーガスだ。敵に一切の情け容赦をしない一方で、言動からは戦う以外の生き方を知らない悲哀が感じられる。

Read Article

これで君も鉄華団だ!バンダイファッションネットの鉄華団アパレルに注目!

これで君も鉄華団だ!バンダイファッションネットの鉄華団アパレルに注目!

現在放送中の大人気アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」!様々な関連グッズが発売されていますが、今回は鉄華団になりきれるアパレル商品をご紹介!CGSデザインの物もあるのでお好みで選びましょう☆ジャケットやワークキャップなど、これを身につけたら気分はもうオルガや三日月ですよ☆

Read Article

【鉄血のオルフェンズ】脚本・岡田麿里がNHKおはよう日本出演で視聴者大荒れ

【鉄血のオルフェンズ】脚本・岡田麿里がNHKおはよう日本出演で視聴者大荒れ

ガンダムシリーズのテレビアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』が最終回を迎えた後、脚本を務めた岡田麿里がNHKの「おはよう日本」で特集され、鉄血の結末に納得できなかった視聴者が大荒れとなった。『鉄血のオルフェンズ』は主人公を含めた主要人物の多くが死亡したことでファンの間で賛否が分かれたため、脚本家を恨むファンもいるようだ。

Read Article

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」最終回記念!HGガンプラまとめ(敵勢力編)

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」最終回記念!HGガンプラまとめ(敵勢力編)

最終回を迎えた「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」ですが、2016年の秋には第2期の放送が決定してまだまだ熱が冷めそうにありません。今回は「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場した敵勢力側のモビルスーツのHGシリーズのガンプラをご紹介します!アナタのお気に入りのモビルスーツはあるでしょうか?

Read Article

Uru / ウルのレビュー・評価・感想

New Review
Uru / ウル
10

癒しの透明感ボイス

「Uru」というアーティストを知るきっかけは、「街なかのどこかの店で流れていた」以外思い出せません。

「力強く歌い上げる」と言うよりは「優しく諭してくれる」タイプの歌声で、強い主張がなく、下手すれば聞き流してしまっただろうと思います。
それでも耳に残っていたのは、一昔前の名作ドラマの主題歌のような、どこか懐かしい雰囲気と新しさを併せ持つ音源だったこと。そしてそれに乗った孤独や幸せ、悲しみ、後悔、切なさ、愛や夢など、人間の待つ感情をわりとストレートに表現した、正統派とも言えるその歌詞に深い共感と魅力を感じたからです。

人間なら心の内に本来誰しも持っているのであろう「恋人への依存」やいわゆる「重たい愛」を歌った曲。小さな幸せについて歌われた曲。後悔や辛さを乗り超え、前に進むための道標のような曲。幸せをつかんだ喜びを表現した曲。
透明感のあるあの癒しボイスに乗せてしまえば、妙に重さや嫌悪感、押し付けがましさがなく、「そうだよね、わかる」と納得してホッと癒されてしまう、そんな自分がいます。

1日の終わりに通勤電車の中で聴きたくなるような、そんな優しさや愛の溢れる名曲がたくさんリリースされています。疲れた夜、誰かに深く感謝した日、幸せを感じた日、泣いた日、笑った日、ぜひ皆さんにも聴いていただきたいです。

Uru / ウル
8

Uruの歌声の魅力

皆さんは、Uruさんの歌を聴いたことはありますか?
ドラマの主題歌に使われることも多いので、Uruさんの歌を知っている方も多いのではないでしょうか。
彼女の歌声は、落ち着いていて優しい歌声です。どんな暗闇でも包み込んでくれるような感じがします。

Uruさんの歌ったドラマの主題歌をいくつか紹介します。
1曲目は、ドラマ「中学聖日記」の主題歌「プロローグ」です。少し切ない気持ちになりますが、美しい曲となっています。
2曲目は、ドラマ「コウノドリ」の主題歌「奇蹟」です。曲の初めに「青く小さな心 隠した手のひらの隙間に 光が射すようにそっと 優しく伝わる温もり」というフレーズがあるのですが、Uruさんの優しく包み込むような歌声にとてもよくあっている歌詞だと感じます。
3曲目は、ドラマ「テセウスの船」の主題歌「あなたがいることで」です。個人的には、Uruさんの歌の中でもかなり好きな歌です。この歌を聴いていると、自然と大切な人のことが浮かんできます。歌い出しの少し静かな感じも素敵です。
4曲目は、ドラマ「マイファミリー」の主題歌「それを愛と呼ぶなら」です。歌の中に「空が青いとか 花が咲くとか 君が笑うとか 抱きしめるとか」というフレーズがあります。このフレーズを聞くと、なにげなく過ごしている毎日の中に、小さくてもかけがえのない幸せが溢れていることに気づかせてくれます。

他にも素敵な曲がたくさんあるので、あまり聞いた事がない方はぜひUruさんの歌を聴いてみてください!

子タグ