世界から猫が消えたなら(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『世界から猫が消えたなら』とは日本で作成されたドキュメンタリー要素のあるファンタジー作品である。2012年に発行された原作の『世界から猫が消えたなら』は、翌年の2013年に本屋大賞にノミネートされた。そして2016年3月に単行本と文庫本を含めた累計発行部数が101万5000部になり、同年の5月に映画が公開された。自分の身の周りから物が消え、それに関連した人間関係も同時に消えていく体験をするストーリーでは、主人公とともに人生において大切なものに気付くことができる映画となっている。

『世界から猫が消えたなら』の概要

『世界から猫が消えたなら』とは日本で作成されたドキュメンタリー要素のあるファンタジー作品である。2012年に発行された原作の『世界から猫が消えたなら』は、翌年の2013年に本屋大賞にノミネートされた。そして2016年3月に単行本と文庫本を含めた累計発行部数が101万5000部になり、同年の5月に映画が公開された。監督は永井聡で原作者の川村元気がオファーした。公開初日2日間で観客動員14万1691人を突破。興行収入は1億8470万9900円に及んだ。主人公の僕と悪魔は佐藤健によって1人2役で演じられた。自分の身の周りから物が消え、それに関連した人間関係も同時に消えていく体験をするストーリーでは、主人公とともに人生において大切なものに気付くことができる映画となっている。
主人公の名前は出てこないため、僕と表現されている。僕は30歳で郵便局に勤めていて、独身だが猫を飼っている。猫の名前はキャベツ。捨て猫として拾ってきた際に入っていたキャベツの段ボール箱から名付けられた。数年前に母が他界し、それから父とは疎遠になっている。交友関係は狭く、映画好きの親友が1人だけ。その親友から勧められた映画を見て感想を伝えるというやりとりを何年も続けている。あと数年前に恋人がいたが、こちらは分かれてから連絡を取っていなかった。そんな僕はある日、脳腫瘍が見つかり余命宣告をされる。突然のことに動揺しながらも帰宅するとそこには自分と同じ見た目の悪魔がいた。悪魔は僕に契約を持ちかける。「世界から何かひとつ、ものを消すことで、1日の命をあげよう。」この言葉に同意した僕は次々と悪魔の言うとおりに身の回りのものを存在ごと消していく。しかし僕は何かを存在ごと消すということがそれに関連した思い出や人間関係も消してしまうということだということを知らなかった。それでも僕は次々と周囲のものを消すことを選んだ。電話、映画、時計、最後に消す対象として選ばれたのは猫であった。これは余命宣告された青年が、身の回りにあるものとそれに関係した人間関係を無くすことで、大切なものの存在に気づく感動の物語である。

『世界から猫が消えたなら』のあらすじ・ストーリー

悪魔との出会い

主人公である僕は郵便局に努めている配達員である。ある日、いつも通り出勤し、いつも通り働き、いつも通り帰宅していた。しかし、いつもと違ったのは突然の激しい頭痛が僕を襲い、自転車ごと倒れこんでしまったことだった。病院で診察を受けた僕に言い渡されたのは脳腫瘍の診断だった。かなり進行しており手術も不可能な状態で余命もわずかばかり、急に死んでもおかしくないと医者から言われた。突然のことながらも動揺はせずむしろ落ち着いていた。食事をして帰宅すると、そこには自分と同じ見た目をした人物がいて驚いた。彼は自分自身を悪魔だと言う。続けて僕の寿命が明日までであると言った。何も言い返せない僕に悪魔は「世界から何かひとつ、ものを消すことで、1日の命をあげよう」と寿命を伸ばす契約を持ち掛けた。ただし、消すものを選ぶのは僕ではなく悪魔だ。そして、僕はそれを僕は受け入れてしまった。これが僕の体験した奇妙な物語の始まりだった。

電話を消す

悪魔が最初に消すことを選んだ対象は電話であった。僕は戸惑いを感じつつ「例えば電話が消えたらどうなるのか」と質問しようとした。しかし、悪魔は「例えばじゃなくて消すんだよ」と語気を強めたため、僕は委縮して言い返せなかった。僕と見た目は同じなのに、悪魔の性格は全く僕に似ていない。明日には消えてしまう電話で最後に話す相手に僕は悩んだ。母は数年前に他界。父にはそれから疎遠になってしまい連絡しづらかった。そのため僕が電話を使って最後に会話する相手として選んだのは数年前に分かれた元彼女だった。突然のことだったが、電話口の元彼女と直接会って話をする予定を立てた。久しぶりに会った彼女は、付き合っていた時に住み込みで働いていた映画館に未だに勤めていた。元彼女の勤める映画館の前で待ち合わせをした。会ってみて顔を合わせるとなかなか話が始められない僕に対して、元彼女は「なぜ電話してきたの」と問いかけた。僕は「例えば世界中から電話が消えるとして最後に誰にかけるか、ということでかけた」と正直に話した。しかし、元彼女は笑いながら「たとえ話をしないと話ができないところが変わってない」と答え本当に電話が消えるとは考えていない様子だった。喫茶店へ移動して話の続きをした。元彼女と知り合ったきっかけは、僕が家で映画鑑賞しているところにかかってきた間違い電話だった。僕は人と顔を合わせて話をすることが苦手だ。彼女との交際中もデートでは話がはずまなかった。なのでデートから帰ると電話をして沢山の話をした。その思い出が蘇る。元彼女は嬉しそうに思い出話をしていた。別れ際に元彼女が「さっきのたとえ話だけど、電話がなくなるのは嫌だな」と僕に伝えた。僕は彼女に病気のこと、余命のことを伝え家に帰った。元彼女は帰ると1通の手紙を取り出し、それをポストへ投函した。僕は家に帰るために路面電車に乗っていて、そこへ悪魔が現れた。悪魔は有無を言わさず、電話を消してしまう。僕の手元から携帯電話が溶け出すように消えていく。携帯電話会社の店舗も次々と姿を変え文房具屋に変わってしまう。しかし、その不可解な出来事を前に周囲の人々は何事もなかったかのような様子であった。電話がなくなったことに気が付いていないようである。僕は慌てて先ほど別れた元彼女の住む映画館へ向かった。映画館へ到着し元彼女の手を取ると、元彼女は僕に対して初めて会う人のような態度とった。ここで僕は知った。世界から電話を消すということは、電話に関係した思い出なども全て消えてしまうということ。僕と元彼女の出会いのきっかけは間違い電話であったため、今この時点で僕と元彼女は出会ってすらいない関係性になってしまった。

映画を消す

電話が消えたことによる影響に対し落ち込むことしかできない僕のそばにまた悪魔が現れた。時計が消えたことで得られる命は1日分。また次の日を生きるために僕は繰り返し世界から何かを消さなければならないのだ。悪魔が次に消すことを選んだのは映画であった。電話が消えた世界を経験した僕は気が付いた。映画は元彼女との関係だけでなく、唯一の親友「ツタヤ」との関係において重要な影響を与えたものである。ツタヤは大学の休み時間に1人で熱心に「キネマ旬報」を読んでいる変なやつだ。しかし、そんなツタヤが気になって僕の方から声をかけたところから僕達の交友関係が始まった。ツタヤは映画の話となると熱がこもって少しめんどくさい感じになる。ツタヤは僕が見るべき映画を選んで感想を求めた。その貸してくれる様子がレンタルビデオ店のツタヤを連想させて、本名はタツヤだがツタヤと呼ぶことにした。そして、毎日のように違うDVDを僕に貸して感想を求めた。ツタヤは「映画は無限にある。だからこの関係も永遠に続く」と僕に言った。そんなやりとりが社会人になって30歳になる今でも続いていた。ツタヤはレンタルビデオショップで働いている。僕はツタヤに会いに行った。そこで僕は「最後に何を観ればいい」とツタヤに問いかけた。ツタヤは「この関係はこれからも続いていくから最後なんてない」と言った。曖昧な言い回しでは伝わらない。僕は僕の命の最後のことをツタヤに伝えた。話を聞いたツタヤは僕が帰った後に店内のDVDラックを引っ搔き回し、僕が最後に見るべき1本の映画を探していた。帰り道に僕のもとに悪魔が現れた。僕は悪魔に映画以外のものではダメかと交渉した。しかし、映画が消えても誰も困らないという悪魔の主張に反論しきれないまま、消されてしまう。悪魔は約束通りに映画を消した。ツタヤの勤めるレンタルビデオショップは本屋に、元彼女が住み込みで働いている映画館は更地になってしまった。元彼女はどこにいるか分からない。僕はツタヤのもとへ急いだ。しかし元彼女の時と同様に、ツタヤは僕のことを知らない人になっていた。

時計を消す

物語は一変して僕の大学時代の話になる。その日、僕は元彼女とブエノスアイレスへ旅行に来ていた。旅行中に僕たちはトムさんという日本人バックパッカーと知り合いになった。一緒に観光し、食事をして話をすることで僕たちは親睦を深めていった。僕たちはトムさんの「時間から逃げている」という価値観に惹かれていた。またいつか出会えると信じ次の土地へ旅立つトムさんを見送った。しかし、そのすぐ後にトムさんは僕達からでもわかるくらいに近い距離で車にはねられて死んでしまう。僕たちは世界からトムさんが消えても何も変化がないことに衝撃を受けた。元彼女はその事実に嘆き、悩み、葛藤の中で滝に向かって「生きてやる」と叫んだ。僕はその後ろで何も言えず佇んでいた。旅行帰りの道中も僕たちは思い出話に花を咲かせることもできずに沈黙したままであった。世界から時計の存在自体も、時計にまつわるトムさんとの過去の思い出も一緒に消えてしまった。また、父の経営する実家の時計店も一緒に消えてしまった。

猫を消す

家に帰ると悪魔が飼い猫の「キャベツ」を撫でながら「次に消すのは猫だ」と決めた。この奇妙な日々が始まって以来、僕はよく昔のことを思い出した。元彼女と会った時に思い出したのは、小さいときに僕が捨て猫を発見し拾って家へ持ち帰った思い出だ。母親は猫アレルギーであったが飼うことを許してくれた。猫の名前はレタス。入っていた段ボール箱から名前が決まった。猫を消すことになり、さらに記憶が蘇る。寿命のためかレタスが弱ってきた時のことだ。同時に母も病気を患ったことを僕に伝えた。レタスはご飯もろくに食べられなくなり、亡くなってしまう。その後、母も病床に伏してしまう。そんな時にやってきたのがキャベツだった。家の庭から猫の鳴き声がして母が見に行くと、そこには段ボールに入った捨て猫がいた。母が嬉しそうに抱きかかえているところに僕が居合わす。父親が横を通り段ボールに書かれたキャベツの文字を一瞥して「今度はキャベツか」と言って名前が決まった。そのまま旅行の思い出が蘇る。父と母とキャベツと旅行に来た僕達だが予約していた宿が何かの手違いで満室になってしまっていた。医者に無理を言って母と旅行に来ていたため何とかして宿を探そうと父と走り回った。やっとの思いで見つけた宿で母が僕に何か手紙を渡そうとするが遺書のように思える手紙を受け取ることができなかった。
ふと目を覚ます。寝ていたようだ。周りを見渡すとキャベツがいない。僕は慌てた。大雨の中でもなりふりかまわずキャベツを探し回った。途方にくれて家に帰ると玄関にキャベツがいた。抱きかかえて家の中に入ろうとするとポストに1通の手紙があった。それは亡き母からの手紙であった。そこには遺言などではなく、僕の良いところを書き連ねた愛の言葉が書かれていた。僕の中で冬の海辺の思い出が蘇る。僕は母に伝えきれなかった感謝の気持ちなどの後悔を吐露した。そんな僕に対して母は「しっかりしなさい」と言って、キャベツを僕に託した。手紙を読んで思い出が蘇った僕は玄関で1人泣いていた。部屋に入ると、あの海辺での僕と母の写真を見返す。全く焦点の合っていないブレブレの写真だ。悪魔が現れる。僕は悪魔に猫は消さないことを伝えた。そして、僕は悪魔に感謝した。僕は人生においてかけがえのないもに気が付けた。自分の最後が幸福なものであることにも気が付くことができた。そして「あなたは僕なんですよね」と悪魔に言う。悪魔は「ありがとうで終わる最後も悪くない」と言った。あの焦点の合ってない写真。あれは母の死に耐え切れずに手が震えたまま父が撮影した写真であった。

エピローグ

朝起きると僕はキャベツに餌をあげた。キャベツにあげる最後の朝ごはんだ。元彼女に会いに行った。母からの手紙は元彼女が送ったものだった。母は僕が本当に困ったときに、手紙が僕のもとに渡るように元彼女に預かってもらっていたのだった。
ツタヤに会いに行った。親友を与えてくれた映画への感謝の気持ちをツタヤに向けて伝えた。ツタヤは柄にもなくボロボロ泣いていた。そして、最後に父の時計店へ向かった。

『世界から猫が消えたなら』の登場人物・キャラクター

主人公

僕(演:佐藤健)

tkhrhs297
tkhrhs297
@tkhrhs297

Related Articles関連記事

マスカレード・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

マスカレード・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『マスカレード・ホテル』とは、東野圭吾が書いた人気小説『マスカレード・ホテル』を原作とした大ヒット映画である。木村拓哉主演の映画で、長澤まさみや小日向文世、渡部篤郎など豪華キャストがそろっている。物語は予告連続殺人事件の捜査のために、警視庁の刑事たちがホテル・コルテシア東京に潜入捜査をする。エリート刑事の新田はフロントクラークとして同じホテルの仕事をする山岸と共に、次々とホテルに来る怪しい宿泊客の対応をしていく。誰が殺人事件を起こそうとしている犯人なのかを突き止めていくミステリー映画。

Read Article

宇宙兄弟(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

宇宙兄弟(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『宇宙兄弟』とは2007年に講談社『モーニング』にて連載がスタートした、小山宙哉による漫画及び、原作を基にしたアニメ作品。大人気を博し、のちにアニメ及び実写で映画化されている。「兄弟二人で宇宙飛行士になる」という幼いころの約束。弟は夢をかなえて宇宙飛行士になっていた。いつしか夢をあきらめて別の道に進んだ兄六太(ムッタ)のもとへ、もう一度宇宙へのチャンスがやってくる。宇宙飛行士になるまでの過程や施設、訓練、ミッションの様子など、宇宙の魅力がふんだんに詰め込まれた作品である。

Read Article

バクマン。(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

バクマン。(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『バクマン。』とは、大場つぐみと小畑健による漫画を原作とするアニメ作品。 2010年よりNHK教育テレビにて第1シリーズ~第3シリーズ、全75話が放送された。 高い画力を持つ『真城最高』と文才と発想に長けた秀才の『高木秋人』を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のりを描いた作品である。 多くの漫画関係の固有名詞が実名で使用されるなど、リアル志向な作品。

Read Article

HERO(2007年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(2007年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2007年9月8日に公開された日本の映画作品。2001年にフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の映画版。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2007年の日本映画興行収入第1位 (81.5億円)を記録した。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が傷害致死事件を通して大物代議士の疑惑に関わることになる。

Read Article

仮面ライダー電王(Den-O)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダー電王(Den-O)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダー電王(Den-O)』とは、石ノ森章太郎原作の東映製作特撮テレビドラマシリーズの一つで「電車」がモチーフである仮面ライダーである。2007年1月28日~2008年1月20日までテレビ朝日系列で放送された。平成仮面ライダーの8作品目で、未来の人間の精神体である「イマジン」と呼ばれる怪人が過去の世界を支配して自分たちの良いように歴史を変えようとするが、仮面ライダー電王が「時の列車デンライナー」で現在と過去を行き来して悪のイマジンから現在の世界を守るために戦う時間SFストーリーである。

Read Article

宇宙兄弟の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

宇宙兄弟の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『宇宙兄弟』とは小山宙哉によって執筆された、夢を諦めた兄が宇宙飛行士の弟と「兄弟で月に立つ」という夢をもう一度実現するべく宇宙飛行士目指して奮闘する、宇宙を題材にした漫画作品である。夢を叶えた弟に劣等感を抱く兄六太(ムッタ)や、ともに宇宙を目指す仲間達、弟の日々人(ヒビト)などが発した名言・名セリフの数々は「もう一度立ち上がろう」という小さなきっかけをくれる原動力を、多くの人々に与えている。『宇宙兄弟』の心にしみる名言・名セリフ、印象深いシーンなどをご紹介する。

Read Article

HERO(2015)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(2015)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2015年7月18日に公開された日本の映画作品。2001年に第1期、2014年に第2期としてフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の劇場版2作目。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2015年の日本映画興行収入第3位 (実写映画では第1位) を記録 (46.7億円)。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が不審な交通事故を通して大使館の疑惑に関わることになる。

Read Article

HERO(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『HERO』とは、第1期が2001年に、第2期が2014年にフジテレビ系で放送された、検察をテーマにした日本のテレビドラマシリーズ。木村拓哉が主演を務め、自身の正義と価値観で捜査を行う型破りな検事・久利生公平と彼を支える検察事務官、同僚検事たちの活躍を描いている。その他、2006年にドラマ特別編が、2007年には劇場版がそれぞれ制作され、2015年には劇場版第2作が制作された。第28回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞を受賞した。

Read Article

透明なゆりかご 産婦人科医院 看護師見習い日記(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

透明なゆりかご 産婦人科医院 看護師見習い日記(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『透明なゆりかご 産婦人科医院 看護師見習い日記』は、作者:沖田×華のアルバイト先での実体験に基づく、1997年頃の産婦人科医院を舞台とした医療漫画作品。漫画家として活躍している作者が、看護師を目指していた時から考えている“命とは何か”という永遠の課題に真剣に向き合い、様々な命の物語を描く。“輝く命”だけではなく“透明な命”もある。時には、“輝く命”として産まれても“透明な命”になることもある。どんな命でも同じ重さがあり、意味があるという“命の尊さ”を考えさせられる作品である。

Read Article

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』のコンビ、原作・大場つぐみ、作画・小畑健によって、2008年から2012年まで「週刊少年ジャンプ」に連載された大ヒットコミックの実写映画化作品。監督は大根仁、音楽はサカナクションが担当。漫画家を志す二人の高校生、作画担当の最高(佐藤健)と原作担当の秋人(神木隆之介)がコンビを結成し、週刊少年ジャンプ連載の頂点を目指して悪戦苦闘する日々を描く。2015年10月東宝系公開。

Read Article

アヒルと鴨のコインロッカー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

アヒルと鴨のコインロッカー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アヒルと鴨のコインロッカー』とは、吉川英治文学新人賞に輝いた伊坂幸太郎の同名小説を基にした2007年公開の日本のミステリー映画。主人公の椎名は引っ越し先で隣人の河崎という男から、隣の隣に住むブータン人のために「本屋を襲撃して広辞苑を奪いたい」と誘われる。奇妙な誘いに戸惑う椎名だったが、本屋襲撃の手伝いをすることになる。やがて明らかになる2年前の出来事。過去の物語と現在の物語が交錯する中で椎名が見た真実とは。映像化が困難とされている作品を原作の複雑な伏線やトリックを巧みな描写でまとめた。

Read Article

ゴールデンスランバー(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴールデンスランバー(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴールデンスランバー』とは、堺雅人主演のミステリー・ハードボイルド映画である。2010年1月に公開された映画で、日本の小説家の伊坂幸太郎の小説『ゴールデンスランバー』を映画化した作品。仙台運送で働く青柳雅春(あおやぎまさはる)が総理大臣を殺害した事件の犯人に仕立て上げられていくストーリー。映画のロケは全て仙台で行われた。映画のキャストは堺雅人の他に、竹内結子、浜田岳、香川照之、吉岡秀隆などが出演している。2018年2月にはカン・ドンウォン主演の韓国映画版『ゴールデンスランバー』が公開された。

Read Article

ブラッディ・マンデイ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ブラッディ・マンデイ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブラッディ・マンデイ』とは龍門諒の漫画作品を原作とした三浦春馬主演の連続テレビドラマ。2008年に放送され、2010年にはシーズン2も始まり大きな話題となった。2020年に発表された「三浦春馬が最強にかっこよかった作品ランキング」では1位を取得するほどの人気作品である。 天才ハッカー高木藤丸(たかぎふじまる)が家族や友達、日本をウイルステロから救うために持ち前のハッキング技術を活かしてテロ組織に立ち向かう。豪華俳優陣が描くヒューマン・ビジネスサスペンスである。

Read Article

引っ越し大名!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

引っ越し大名!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『引っ越し大名!』とは、土橋章宏原作小説の『引っ越し大名三千里』をもとにした、2019年に公開された時代劇映画である。監督は犬童一心。姫路藩の書庫番・片桐春之介は、藩の国替えに伴い「引っ越し奉行」に任命されてしまう。しかし春之介には国替えの経験が全く、幼馴染の鷹村源右衛門や前引っ越し奉行の娘・於蘭の力を借りて引っ越しの成功へ向けて奔走する。この作品は、引っ込み思案な春之介が国替えという一大事に直面し、成長していく姿がコメディ調に描かれている。

Read Article

こんな夜更けにバナナかよ(筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち/愛しき実話)のネタバレ解説・考察まとめ

こんな夜更けにバナナかよ(筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち/愛しき実話)のネタバレ解説・考察まとめ

『こんな夜更けにバナナかよ(筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち/愛しき実話)』は渡辺一史のノンフィクション小説。第35回大宅壮一ノンフィクション賞、第25回講談社ノンフィクション賞を受賞している。2018年に大泉洋の主演で映画化された。進行性筋ジストロフィーという難病を抱えた鹿野靖明がおくる、ボランティアたちとの交流が物語を進める。不自由な体だがとことん自由奔放な鹿野の言動がユーモアたっぷりに描かれ、障害と介助の枠を越えた自立生活が垣間見える。

Read Article

億男(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

億男(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『億男』とは、映画プロデューサーで小説家の川村元気による長編小説・およびそれを基にした映画作品である。主人公の大倉一男(おおくらかずお)は借金返済のために昼夜問わず働いて必死にお金を稼いでいた。そんなある日、偶然手に入れた宝くじに当選し3億円を手にする。大金を所持したことに不安を抱え旧友である古河九十九(こがつくも)に相談するが、彼は3億円と共に失踪してしまう。九十九を探す過程で一男が様々な大金持ちたちと出会い、お金の価値を学んでいく物語である。

Read Article

【濱田岳】どんな大人になった?3年B組金八先生第7シリーズの生徒役まとめ【寺島咲】

【濱田岳】どんな大人になった?3年B組金八先生第7シリーズの生徒役まとめ【寺島咲】

学園ドラマの大御所としてシリーズ化されてきた『3年B組金八先生』。かつて生徒役として出演した役者たちも現在では立派に成人し、それぞれの道を歩んでいます。この記事では、第7シリーズで生徒役を演じた演者たちについてまとめました。今やドラマに映画に引っ張りだこの人も。ぜひこれからも頑張っていってほしいですね。

Read Article

流出!?芸能人・著名人のプリクラ画像まとめ【二宮和也、宮崎あおいほか】

流出!?芸能人・著名人のプリクラ画像まとめ【二宮和也、宮崎あおいほか】

誰でも気軽に自分の顔をシールにすることができるとして大流行した「プリクラ」。ネットニュースなどでは芸能人・著名人たちのプリクラ画像が紹介されることも少なくない。可愛いポーズや落書きの参考になるようなものもあれば、どこからか流出したと思われる意外なカップル同士のプリクラも存在する。本記事では芸能人・著名人たちのプリクラ画像をまとめて紹介する。

Read Article

【反町隆史】気になる有名人たちの家賃を徹底調査!もはや別世界…【佐藤健】

【反町隆史】気になる有名人たちの家賃を徹底調査!もはや別世界…【佐藤健】

様々な業界で活躍する有名人たち。彼ら/彼女らが住んでいる物件が一体どのくらいの家賃なのか、気になったことはないでしょうか。我々より遥かに稼いでいる人たちだから、やっぱり住んでいる場所も一味違うんだろうなと思ってこの記事でまとめてみました。月額ウン十万円、ウン百万円もするような家に普通に住んでるって、もうほんとに別世界ですよね。

Read Article

【濱田岳】親戚同士!?お笑い芸人と子役時代から活躍する俳優との関係性が微笑ましい!【浜田雅功】

【濱田岳】親戚同士!?お笑い芸人と子役時代から活躍する俳優との関係性が微笑ましい!【浜田雅功】

今をときめく人気俳優の中には、子役時代から活躍している人がいます。彼らがまだ小さかった頃からその成長を見守ってきた人物の中には、芸能界の大御所に混じってお笑い芸人もいるみたいですね。まるで親戚同士のような親密な関係を築いていたりもして、ファンからするとちょっと羨ましくなってしまうのではないでしょうか。

Read Article

【成宮寛貴】SLAM DUNKの実写化妄想まとめ!ドロップやるろうに剣心に出てたイケメンが合う!?【佐藤健】

【成宮寛貴】SLAM DUNKの実写化妄想まとめ!ドロップやるろうに剣心に出てたイケメンが合う!?【佐藤健】

バスケ漫画の不朽の名作『SLAM DUNK』。2022年12月にはアニメ映画が公開される予定ですが、実写版については何の話もないので、どうなるかまったくわかりません。でも、ファンとしてはいつか実写化してほしいですよね!そこで、この記事で勝手に『SLAM DUNK』の実写版キャストを妄想してみました。過去の出演作などから考えると、桜木花道は成宮寛貴がピッタリなのでは!?もう芸能界いないけど…。

Read Article

バクマン。の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

バクマン。の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『バクマン。(Bakuman.)』は週刊少年ジャンプで2008年から2012年まで連載していた漫画作品である。ジャンプで連載マンガ家を目指す中学3年生の真城最高と高木秋人は、ヒロインの亜豆美保と真城の「描いたマンガがアニメになり亜豆がそのヒロインの声優をやる」との約束をお互いの夢として努力を続ける。夢・友情・青春に関する数多くの名言が連載終了後も作品の魅力として語られ続けている。

Read Article

シチュエーション別!ぐっとくる漫画の名言【前向きになりたい時】

シチュエーション別!ぐっとくる漫画の名言【前向きになりたい時】

大人から子どもまで、みんな大好きな漫画。漫画を読むことでいろんなものを吸収したり、人生に影響を受けた人も多いのではないでしょうか?今回は、「前向きになりたい時に背中を押してくれる名台詞」を集めてみました。ここにあなたの背中を押してくれる、素敵なことばがあるかもしれません!

Read Article

アニメ「宇宙兄弟」を彩った名曲が勢揃い!オープニング全8曲の公式動画まとめ

アニメ「宇宙兄弟」を彩った名曲が勢揃い!オープニング全8曲の公式動画まとめ

2012年から2年間放送されたアニメ「宇宙兄弟」。コミカルなシーンを織り交ぜながらも本格的な宇宙開発関係の描写や人間味のある物語で我々を楽しませてくれました。今回はそんな「宇宙兄弟」のアニメを盛り上げてくれたオープニングの全8曲をYouTube公式動画でご紹介したいと思います。これを聞いたら久しぶりに「宇宙兄弟」を観たくなるかも!

Read Article

【人気漫画】2007年~2018年の週刊少年ジャンプ打ち切り・終了マンガまとめ!

【人気漫画】2007年~2018年の週刊少年ジャンプ打ち切り・終了マンガまとめ!

週刊少年ジャンプ連載作品で、2007年1号以降に終了した作品をすべて順に紹介します。『週刊少年ジャンプ』は、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』『WJ』 。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊し、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名した。

Read Article

心揺さぶられる!漫画に登場する名言・名セリフまとめ

心揺さぶられる!漫画に登場する名言・名セリフまとめ

日常的に何気なく読んでいるマンガのセリフに、ふと心を揺さぶられて思わず涙を流したことがあるという人は多いのではないだろうか。スポーツ・医療・ファンタジーなどマンガには様々なジャンルがあるが、その中には著者の想いが込められた「アツい」名言・名セリフがちりばめられている。本記事では漫画に登場する「名言・名セリフ」を、五十音順にまとめて紹介する。

Read Article

【偽物語】号泣するほど感動する漫画やアニメの名言まとめ!有名作品ばかり!【ヒカルの碁 など】

【偽物語】号泣するほど感動する漫画やアニメの名言まとめ!有名作品ばかり!【ヒカルの碁 など】

メジャーどころから新作・旧作まで、古今東西マンガ・アニメの名言を更新していきます!キャラクターたちの名言に心を震わせてください。読んだことある作品もない作品も、数々の名言だらけです!偽物語やヒカルの碁など有名作品ばかりなのでぜひ最後までご覧ください!

Read Article

【HERO】歴代最高&最低視聴率はどれだ!?月9ドラマまとめ【やまとなでしこ】

【HERO】歴代最高&最低視聴率はどれだ!?月9ドラマまとめ【やまとなでしこ】

通称「月9(ゲツク)」として知られる月曜夜9時枠のドラマ。その長い歴史の中で、数々のヒット作が生み出されてきました。この記事では、そんな懐かしい月9ドラマを歴代最高視聴率が高い順に紹介しています。どれも有名なものばかりだから、実際に観たことはなくても名前くらいは知っている方も多いのではないでしょうか。

Read Article

TVドラマ『HERO』第2期に阿部寛や松たか子は出演しなかった理由まとめ

TVドラマ『HERO』第2期に阿部寛や松たか子は出演しなかった理由まとめ

2001年冬に大ヒットした木村拓哉/キムタク主演のTVドラマ『HERO』が、10年以上の時を経て2014年続編である第2期が放映された。第1話から高視聴率を叩き出し、世間の注目を集めた『HERO』第2期は、第1期からキャストが刷新されており、第1期に出演していた阿部寛や松たか子などは登場しなかった。放映前から話題を集め、『HERO』第2期はヒットすることが約束されていたようなものだったのに、何故2人は出演しなかったのか。その理由をまとめた。

Read Article

木村拓哉はどうやって人気を復活させたのか

木村拓哉はどうやって人気を復活させたのか

熱狂的なファンを持ち、同性からも憧れの的だった木村拓哉。しかし「どの役を演じてもワンパターン」という評価が目立つようになり、一時は人気が落ちたことも。そんな彼もドラマ「HERO」での演技をきっかけに、人気復活の兆しをが現れました。ここでは木村拓哉の人気復活の様子を、ファンの声を交えながら紹介していきます。

Read Article

目次 - Contents