アイネクライネナハトムジーク(小説・漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『アイネクライネナハトムジーク』とは、2014年に発刊された伊坂幸太郎の連作短編集を原作とした、2019年に公開された日本映画である。監督は今泉力哉。会社員の佐藤(さとう)は、恋愛したいと思いつつも「出会いがないから」と理由をつけて恋愛に積極的になれずにいた。それを友人の織田一真(おだかずま)や妻の由美(ゆみ)らが見守る中、佐藤と本間紗季(ほんまさき)は劇的な出会いを果たす。この作品は、佐藤と紗季やその周りを取り巻く人々が10年にわたって織りなす物語を穏やかに描き出す作品である。

『アイネクライネナハトムジーク』の概要

『アイネクライネナハトムジーク』とは、2014年に幻冬舎から発刊された伊坂幸太郎原作の連作短編小説を元にした作品で、2019年9月20日公開の日本映画である。監督は今泉力哉で、主演は三浦春馬と多部未華子。その脇を矢本悠馬や森絵梨佳、恒松祐里らが固める。原作小説には6編の短編が収録されており、タイトルはモーツァルトの同名楽曲からとられている。「アイネクライネナハトムジーク」とは「ある小さな夜の曲」という意味である。もともと小説『アイネクライネナハトムジーク』は伊坂と交流のあったシンガーソングライター斉藤和義からの提案で書かれたものであり、そのため映画の主題歌も斉藤が提供している。人気漫画家のいくえみ綾により漫画化されており、2019年にコミカライズされている。興行収入は約2億円。
マーケティング会社に勤める佐藤は、恋愛したいと思いつつも「出会いがない」ことを理由に恋愛に積極的になれずにいた。そんな佐藤を大学時代の友人である一真や由美が見守る。そして佐藤は仕事の街頭インタビューで、就活中の紗季と偶然出会う。それからまわりの人物それぞれの物語を織り交ぜながら佐藤と紗季は交際をはじめ、10年が経過する。「交際から10年経ったから」プロポーズする佐藤と、それに呆れてしまう紗季。一時的に紗季と同棲を解消した佐藤は、大切な人との出会いの意味を再び見つけて走り出す。この作品は、人生や恋愛に悩む人々が10年の時を経て考え成長する様子を穏やかに紡ぐ物語である。

『アイネクライネナハトムジーク』のあらすじ・ストーリー

交差する出会い

美容師の美奈子(みなこ)は客の香澄(かすみ)に「彼氏できた?私の弟はどう?電話だけでいいから相手してやってよ」と持ちかけられる。

美奈子の友人の織田由美の家に、佐藤という1人の青年が訪ねてきた。由美の娘である美緒(みお)や由美の夫の一真が佐藤を出迎える。佐藤と一真、由美は大学時代からの友人であり、佐藤は共通の友人の結婚式で二次会の幹事を頼まれていた。由美が「佐藤君て今彼女いたんだっけ」と聞くと、佐藤は「なかなかね、出会いがなくて」と苦い顔をする。それを聞いた一真は「俺は出会いがないって理由が一番嫌いなんだよ!」と文句を言う。一真に「街ですれ違った女がたまたまハンカチ落として、それをたまたまお前が拾って……ってべたべたなやつ(を待ってるん)だろ」と指摘された佐藤は、何も言い返せないでいるのだった。

美奈子の携帯電話に、香澄の弟である学(まなぶ)から着信が入る。始めはぎこちない様子の2人だったが、次第にうちとけて頻繁に連絡を取るようになる。そうして3か月が経とうとした頃、学は「あのさ、実はしばらく電話できそうにないんだ。必死になって仕事やらなきゃいけなくなって」と切り出す。それを聞いた美奈子は、ただ「そうなんだ」と返すしかできなかった。香澄は美奈子に「なんかごめんね、一方的な弟で。仕事柄しょうがないんだろうけど、まぁ学なりに考えてみるみたいだし。明日(ボクシングの)ヘビー級の世界戦があるじゃない?その試合の結果挑戦者が勝ったら、あなたに告白しようって(思ってるみたい)」とフォローする。しかし美奈子は「なんですかそれ。他力本願じゃないですか。私、そういうの嫌いです」と言い、その場を立ち去ってしまう。

佐藤は職場の先輩である藤間(ふじま)が妻に逃げられたショックで壊したパソコンの穴埋めをするため、上司に街頭アンケートを命じられていた。藤間の妻と小学生の娘は、東京の妻の実家に身を寄せているという。

劇的な出会い

仙台駅の街頭ビジョンでは、ボクシングヘビー級の世界戦が映し出されていた。佐藤はストリートミュージシャンの近くでアンケートを取っている。そこにミュージシャンの歌を聞きにきた本間紗季がやってくる。佐藤は「あの、お忙しい中すいません。アンケートにご協力いただけませんか」と紗季に声をかける。アンケートに答える紗季の手の甲には「シャンプー」と書かれている。それを見た佐藤が「シャンプー……」とつぶやくと、紗季は「今日安いんですよ。忘れないように」とはにかむのだった。

美奈子は、自宅のテレビでボクシングヘビー級世界戦の様子を見守っている。結果は挑戦者であるウィンストン小野(おの)の勝利だった。放心している美奈子の携帯電話が着信を告げる。電話は香澄からで、ウィンストン小野が実は学であるということを聞く。テレビの中では学がインタビューを受けており、「(これからは王座を守る立場だが)僕にはまだ、挑戦しなきゃならないことがあります。次の挑戦は、ある女性(美奈子のこと)に会うことです」と笑顔で言うのだった。

後日、交際を始めた美奈子と学が織田家を訪ねていた。佐藤が学のサインを欲しいということで集まることになっていたのだが、佐藤はまだ織田家に着いていない。その頃佐藤は織田家近くの公園で、中学生が同級生をいじめている場面に遭遇する。佐藤はいじめられていた少年に「大丈夫?」と声をかけるが、少年は何も言わず立ち去ろうとする。実はこの少年は耳が聞こえないのだった。佐藤から連絡を受けた一真と学が駆けつけ、少年の姉である女子高生も合流する。「どうせ俺、聞こえないし」と塞ぎこむ少年に、学は「聞こえなくてもできることがある。ボクサーにでもなれば」と声をかける。それを聞いた少年は、実は学のことを知っており「次の試合、頑張って下さい」と学に期待を寄せるのだった。

佐藤が学に書いてもらったサインは、藤間のもとに渡っていた。家を出た妻と連絡が取れた藤間は、娘がウィンストン小野のファンになったことを聞いたのだ。藤間は「これ(サイン)渡したらきっと喜ぶよ、ありがとう」と顔をほころばせる。佐藤が藤間に妻とのなれそめを聞くと、「笑うよ、絶対。街でさ、歩いてたら横断歩道歩いてきたのがかみさん。かみさんが財布を落として、俺が拾ってあげたのが出会い」と言うのだった。

積み重ね

藤間は「今度の(ボクシングの)防衛戦、娘と見に行くことになった」と嬉しそうに佐藤に話す。しかし妻は来ない。妻が家を出た理由として、藤間は「積み重ねだよ。悪い積み重ねが彼女(妻)の中で風船のようにふくらんで、ある日突然はじけた」と語る。佐藤が「横断歩道で出会ったのが奥さんでよかったなぁって思います?」と聞くと「そうだな、彼女で良かったよ。(妻は)どうかな、知りたくないよ」と返すのだった。

佐藤と一真は、車で友人の結婚式に向かう。しかし道は道路工事で渋滞しており、式に遅れそうだ。佐藤がふと工事現場の警備員を見ると、以前歩道橋でアンケートに協力してくれた紗季が交通整備をしていた。一度はその場を通り過ぎる佐藤だったが、少し過ぎたところで突然車を降りて紗季のもとに走る。佐藤が紗季に話しかけると、紗季も佐藤に気づく。2人は少し恥ずかしそうに顔を見合わせるのだった。

学の防衛戦は多くの観客が勝利へ期待を寄せていたが、結局負けてしまった。会場で観戦していた藤間とその娘も落胆している。試合後の学の元には、いじめにあっていた少年の姉から「あなたが負けたから、弟が落ち込んでいます。期待させないでください」という手紙が届いていた。

10年後

学の防衛戦の10年後、あるファミレスに会社員の久留米邦彦(くるめくにひこ)、妻のマリ子、息子で高校生の和人(かずひと)の3人家族の姿があった。父の邦彦の元には、注文と違う商品が届くが本人は気にすることなく食べ進める。また、邦彦は会社からかかってきた電話にぺこぺこと頭を下げながら応対する。その様子をみた息子の和人は「俺は父さんのようにはならない。波風たてないようにへらへらぺこぺこして」と父を軽蔑した様子で言う。それに対し母のマリ子は「歯車をなめんなって話よね。どんな人だって、基本的には歯車なんだから」と和人を諫めるのだった。

ある高校の教室で、高校生に成長した織田美緒がクラスメイトの和人に「相談があるの」と持ちかけていた。2人が向かった先は駅の駐輪場で、美緒はこの前日駐輪料金をきちんと支払いステッカーを購入した(駐輪料金を支払った証で、駐輪中は自転車に貼る)にもかかわらず、誰かにステッカーをはがされてしまっていたのだ。美緒はその犯人を捕まえるため、学校で正義感ある様子が見られた和人を誘ったのだ。2人は駐輪場を見張った結果ある中年男性を捕まえたが、本人は犯行を否定し美緒につかみかかる。和人はそれを止めようとするが失敗し、そこに偶然邦彦が通りかかる。邦彦は和人に他人の振りをするよう伝え、中年男性に「あの、そちらのお嬢さんがどなたのお嬢さんかご存じかと思いまして……もし知っててそんな風に怒ってらっしゃるなら、命知らずだなぁと思いまして。あ、お嬢さま。私のことはくれぐれもお父様にはご内密にお願いいたします」と言って去っていった。それを聞いた中年男性は見事にだまされ、美緒に謝罪し駐輪料金を支払っていったのだった。

佐藤と紗季は、オシャレなレストランで食事をしている。2人は10年前から交際をはじめ、同棲していた。佐藤は食事中何か言いたげな表情をしていたが、結局何も言わず2人は帰路につく。帰り道でやっと佐藤は「ほんとはさっきの店で言おうと思ってたんだけど。俺たち出会ってから今年で10年になるじゃない。だから、そろそろかなぁって……」と切り出す。「そろそろって?」「つまり、僕と結婚。どうかな」「どうしてさっき言わなかったの」「いや、やっぱああいうところじゃ迷惑かなって……」と言う佐藤に、紗季は「迷惑?」と呆れた表情をする。そして紗季は「突然だったから、ちょっと考えさせてほしい」と言う。「突然って。俺たちもう10年も付き合ってるんだよ?」「10年たったら結婚するもの?……なんかちょっとわかんなくなってきちゃった。私たちってなんで一緒にいるんだっけ」とこぼすのだった。

学は10年越しにヘビー級世界大会に挑戦することになった。「この10年で引退を考えたことは?」というインタビューに対し、学は「(自分が引退したら)みんな怒ると思うんです。俺が倒してきた選手たちや、応援してきてくれた人たち、みんな」と答えるのだった。また、美奈子とは10年前の防衛戦での敗戦後に結婚し、子供もさずかっていた。

美緒は「絶対行かない!お父さんと一緒はいや!」と、美奈子が取ってくれた学の試合のチケットを前にして由美に言う。由美が「お父さんすっごい楽しみにしてるんだから、行ってあげなさいよ」と諭すも、美緒は「お母さんなんであんな男の肩持つの?怒られる理由がわからない」とだらしない一真を毛嫌いして取り合わない。美緒はそのまま家を飛び出して近くのドラッグストアに向かう。そこで偶然会った佐藤に「(お母さんは)お父さんのどこがいいんだろう」とこぼす。佐藤は「俺も初めて聞いたときはショックだったな。あの皆のあこがれの由美さんが、よりによってあの織田と付き合うとは。でもそのあとすぐ、織田で良かったって思った。あいつね、由美さんのお腹の中に美緒がいるってわかった時、全く迷わなかったんだよ。スパッて大学やめて居酒屋で働きだしてさ。俺それ見た時、すごいやつだなって思った。なんか、色々かなわないなって……昔あいつに言われたんだ。自分の幸運にあとで感謝できる出会いが一番なんだって」と言う。それを聞いた美緒は、何かを考えながら佐藤に「出会った人が紗季さんでよかった?」と聞く。佐藤はただだまって考え込むのだった。

紗季は佐藤と暮らしていた家を出て、実家に戻っていた。一方佐藤は紗季と話そうと、紗季の実家方面に行くバス停に向かう。街頭ビジョンで放送されていたボクシングの世界戦に佐藤が気を取られていると、紗季は佐藤に気づかずバスに乗って行ってしまう。佐藤は「待って紗季ちゃん!」と走ってバスを追いかける。

試合中の学は、チャンピオンの猛攻に押されていた。第5ラウンドが終了し、セコンド2人が学を囲む。その様子を、会場に来ていた一真や美緒、美緒の親友で藤間の娘である亜美子(あみこ)が固唾をのんで見守る。学がかすむ目で観客席を見ると、10年前いじめられていた少年が成長した姿で観戦しているのと目が合う。その青年の強い目に励まされ、学は再び立ち上がる。

紗季は追ってきている佐藤に気づき、バスを降りる。佐藤は「しばらく離れて暮らしてみて、はっきりわかった。あの時(10年前の街頭アンケートで)出会ったのが紗季ちゃんでよかったって心から思ってる。あれから10年経って、好きになった人が紗季ちゃんで良かったって、今はっきりそう思う。それだけ、今夜どうしても伝えたくて」と紗季に話す。そして「佐藤君、あの時(プロポーズ)の返事なんだけど、」と切り出す紗季の言葉を「ゆっくり考えて」と遮り、帰っていくのだった。

学の試合は終盤を迎え、最後に学が相手のダウンを奪う。しかしそのダウンは試合終了直後のものと判定され、結果的に負けてしまった。一真たち観客は「悔しい」と言いつつも、興奮した様子で会場をあとにする。

和人が食事をしにファミレスに入ると、そこは偶然美緒がバイトをする店だった。美緒は客にオーダー間違いを指摘されて怒られている。その様子を見た和人はゆっくり美緒たちに近づき、かつて邦彦がやったように「この方がどなたの娘さんでいらっしゃるか、ご存じでいらっしゃるんでしょうか。もし知らずに怒ってらっしゃるなら、命知らずだなぁって。あ、お嬢様、私のことはくれぐれもお父様にはご内密に」と場をなだめる。そして立ち去る間際、「それから、あの……これはお嬢様にずっと言いたかったことなんですけど、好きです。じゃ、失礼します!」と言って走り去るのだった。

佐藤が仕事を終えて家に帰ると、家の中には明かりがともっていた。中にいた紗季と佐藤は、互いに「ただいま」「おかえり」と笑顔で言い合う。そして紗季は「いいですよ……結婚」と言う。それを聞いた佐藤は、うれしそうに再度「僕と結婚してください」とプロポーズをする。

仙台駅の歩道橋の上では、ストリートミュージシャンが歌を歌っている。それを和人が聞いていると、バイト終わりの美緒がやってきて隣に立つ。2人は顔を見合わせ、また歌を聞き続ける。

『アイネクライネナハトムジーク』の登場人物・キャラクター

主人公とその周辺の人物

佐藤(さとう/演:三浦 春馬)

織田夫妻の大学同級生で、マーケティングを行う会社に勤めている。恋愛をしたいと思ってはいるが、毎日仕事に行くだけの毎日のため出会いがないと考えている。そんな態度を、一真には「俺は出会いがないって理由が一番嫌いなんだよ!」と非難される。紗季のことは、仙台駅の街頭アンケートで出会った時からずっと気になっていた。紗季にプロポーズした当初は「付き合って10年たったから」というあいまいな理由からだったが、まわりの人々との関わりの中で「紗季と出会って良かった、結婚するなら紗季が良い」と強く思うようになる。

本間 紗季(ほんま さき/演:多部 未華子)

佐藤の交際相手。塾の事務員として働いている。紗季の勤める塾には、藤間の娘である亜美子が通っている。佐藤と出会った当初は就職活動をしており、佐藤と2度目に会ったときは工事現場の交通整備員として働いていた。その後佐藤と10年間交際しプロポーズを受けたが、「10年付き合ったからなんとなく」という雰囲気でのプロポーズでは結婚を承諾することができなかった。佐藤と同棲していた家から一度実家に帰り距離を置いたことで、佐藤と互いの気持ちを確かめ合って結婚に踏み切ることになる。

織田家の人物

織田 一真(おだ かずま/演:矢本 悠馬)

佐藤の大学の同級生。娘の美緒いわく「まわりに頼りきり、なんとか助けてもらって生きているような男」。何事に対しても一真独自の自論を持っており、まわりにもたびたびその自論を強要する。しかしその自論には一理あり、佐藤や妻の由美も言いくるめられてしまったりはっとさせられることが多い。大学在学中に由美と交際し始めて由美が妊娠、そのまま一真はスパッと大学を辞めて由美たちを養うために居酒屋で働き始めた。その行動に、佐藤は「色々かなわないなって」という感想をこぼしている。一見ちゃらんぽらんで面倒くさい性格のようだが、家族や友人に対しての愛情は深い。

織田 由美(おだ ゆみ/演:森 絵梨佳)

megimegil6
megimegil6
@megimegil6

Related Articles関連記事

斉藤和義(せっちゃん)とは【徹底解説まとめ】

斉藤和義(せっちゃん)とは【徹底解説まとめ】

斉藤和義(さいとうかずよし)とは、1966年6月22日生まれの日本を代表するシンガーソングライター。181cmの高身長や飄々とした佇まいから滲み出る色気が、彼の生き方やロックンロールなサウンドをさらに惹き立てている。2017年でデビュー24周年。原発ソングを歌った事でさらにスポットを浴びた時期もあった。

Read Article

ゴールデンスランバー(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ゴールデンスランバー(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ゴールデンスランバー』とは、堺雅人主演のミステリー・ハードボイルド映画である。2010年1月に公開された映画で、日本の小説家の伊坂幸太郎の小説『ゴールデンスランバー』を映画化した作品。仙台運送で働く青柳雅春(あおやぎまさはる)が総理大臣を殺害した事件の犯人に仕立て上げられていくストーリー。映画のロケは全て仙台で行われた。映画のキャストは堺雅人の他に、竹内結子、浜田岳、香川照之、吉岡秀隆などが出演している。2018年2月にはカン・ドンウォン主演の韓国映画版『ゴールデンスランバー』が公開された。

Read Article

夜のピクニック(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

夜のピクニック(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『夜のピクニック』とは、恩田陸の青春長編小説『夜のピクニック』を原作としたヒューマンドラマである。「みんなで夜歩く。ただそれだけなのに、どうしてこんなに特別なんだろう」をキャッチコピーにして、2006年9月30日に公開された。主人公の甲田貴子は、北高に通う高校3年生である。北高には、一昼夜かけて80㎞を歩く「歩行祭」という伝統行事があった。貴子は、高校生活最後の歩行祭で「同じクラスの西脇融と話をする」という1人だけの秘密の賭けをしていた。青春時代の輝きや、友人の大切さなどを感じる青春映画である。

Read Article

祈りのカルテ(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

祈りのカルテ(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『祈りのカルテ』とは、 2018年に刊行された知念実希人の医療ミステリ小説原作で、2022年に放送されたドラマ作品である。研修医の諏訪野良太(すわのりょうた)は医者としてはひよっこだが、顔色を伺うことが抜群にうまい。問題を抱えた患者達に向き合い、心の謎を解き明かしていく。医者として成長していく姿や、カルテを見て患者の問題を暴いていくミステリー要素、コミカルな演技などがみどころの一つとなっている。

Read Article

御手洗家、炎上する(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

御手洗家、炎上する(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『御手洗家、炎上する』とは、Netflixで配信されているサスペンスドラマで、原作は藤沢もやしによる漫画作品。主演は永野芽郁。その他、鈴木京香、中川大志などが出演している。 村田杏子は代々病院を経営する御手洗家の長女だったが、火事で家が全焼するという事件が起こり、両親が離婚してしまう。だが、杏子は後妻の御手洗真希子が火事を起こしたのではないかと疑っていた。そのため、杏子は御手洗家に家政婦として潜入し、火事の真相を暴く決意をする。杏子が家庭を壊した真希子に復讐する、復讐劇が繰り広げられる。

Read Article

マイファミリー(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

マイファミリー(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『マイファミリー』とは2022年にTBSの日曜劇場で放送されたドラマである。二宮和也と多部未華子が演じる夫婦の子どもが誘拐されるところから物語は始まる。誘拐の方法が過去に隠蔽された誘拐事件と似ていたことから、当時かかわっていた警察関係者も動き出す。家族、警察、犯人の思いが交錯したストーリーから目が離せないと、最終回まで話題となったノンストップファミリーエンターテイメントである。

Read Article

リバーサルオーケストラ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

リバーサルオーケストラ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『リバーサルオーケストラ』とは、2023年1月期の日本テレビ系「水曜ドラマ」枠で放送されたテレビドラマである。主演は門脇麦、他主要人物として田中圭、生瀬勝久らが出演。元天才バイオリニストの谷岡初音は表舞台から去り、今は市の職員としてひっそりと暮らしていた。ある日、マエストロとして活躍中の市長の息子・常葉朝陽によって、地元のポンコツ楽団・児玉交響楽団のメンバーにさせられる。楽団を立て直すため奔走する初音と朝陽、また2人を取り巻く個性豊かな楽団メンバーが織りなす音楽エンターテインメントである。

Read Article

賭ケグルイ(Kakegurui)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

賭ケグルイ(Kakegurui)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『賭ケグルイ』とは2014年に原作河本ほむら、作画尚村透によって出版社スクエアエニックス『月刊ガンガンJOKER』で連載が開始されたギャンブル漫画である。名門、私立百花王学園に転校してきた蛇喰夢子(じゃばみ ゆめこ)は大きなリスクを負うことに興奮を感じる通称『賭ケグルイ』だった。 人間の心の闇、執着、醜さと言ったリアルで生々しい表現は、日本国内のみならず世界中から評価されている。2017年7月にアニメ1期『賭ケグルイ』の公開。2019年1月にはアニメ2期『賭ケグルイxx』が公開された。

Read Article

ブラッディ・マンデイ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ブラッディ・マンデイ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ブラッディ・マンデイ』とは龍門諒の漫画作品を原作とした三浦春馬主演の連続テレビドラマ。2008年に放送され、2010年にはシーズン2も始まり大きな話題となった。2020年に発表された「三浦春馬が最強にかっこよかった作品ランキング」では1位を取得するほどの人気作品である。 天才ハッカー高木藤丸(たかぎふじまる)が家族や友達、日本をウイルステロから救うために持ち前のハッキング技術を活かしてテロ組織に立ち向かう。豪華俳優陣が描くヒューマン・ビジネスサスペンスである。

Read Article

わたしを離さないで(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

わたしを離さないで(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『わたしを離さないで』とは、日系イギリス人のカズオ・イシグロが2005年に発表した長編小説で、日本ではTBS系列で放送された脚本・森下佳子によるテレビドラマである。「臓器提供」を目的としてこの世に誕生した「クローン人間」の子供時代から始まり、成長とともに人生を受け入れ、全うしていく姿がドラマの中で主人公の恭子、友彦、美和の姿を映しながら描いていく。見どころは、作品の中では、現実の人物に近いキャラの恭子が自分の人生を振り返りながらすべてを受け入れ「生きる」ことに前向きになるという作品になっている。

Read Article

カルテット(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

カルテット(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『カルテット』とは松たか子主演のラブストーリー、コメディー、サスペンスの要素が入った連続テレビドラマ。2017年1月17日から3月21日まで毎週火曜22時から22時54分に放送されていた。ある日、偶然出会った演奏者である男女4人が、弦楽四重奏のカルテットを組み軽井沢で不思議な共同生活を始める。夢叶わず30代に入り、それぞれが人生のピークを迎えず緩やかな下り坂で立ち止まっていたが、4人の出会いは偶然ではなかった。ほろ苦くて甘い、ビターチョコレートのような大人のラブサスペンスである。

Read Article

SUNNY 強い気持ち・強い愛(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

SUNNY 強い気持ち・強い愛(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『SUNNY 強い気持ち・強い愛』とは、韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』を原作とした2018年公開の青春音楽映画。90年代、社会の中心にいた“コギャル”たち。コギャルとして青春を共に過ごした“SUNNY”の6人は、ある事件の後バラバラになってしまう。20年以上の時を経て、あるきっかけから一人、またひとりと再会していく。光と影、理想と現実をそれぞれ抱えて生きてきた6人の複雑な思いが、懐かしい90年代ヒットソングに乗せて、90年代と2018年の場面が交差しながら展開される愛と青春の音楽ストーリー。

Read Article

愛がなんだ(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

愛がなんだ(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『愛がなんだ』とは、角田光代による恋愛小説、およびそれを原作とした今泉力哉監督による実写映画作品。 映画作品では、岸井ゆきのが主役のアラサーOL・テルコを、成田凌がテルコの片思い相手であるマモルを演じ、独立系の低予算作品としてはあまり例を見ないロングランヒットを記録した。テルコはマモルに一目惚れをしてからマモル一筋の毎日を送るが、マモルはテルコのことを都合のいい女と思っている。テルコとマモルのどうしても埋まらない距離感がリアルに描かれている。

Read Article

コンフィデンスマンJP -ロマンス編-(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

コンフィデンスマンJP -ロマンス編-(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』とは2019年に公開された、詐欺師をテーマにした映画作品。東京ドラマアウォードなどの賞を受賞した、総合視聴率15.1%の人気テレビドラマを映画化した1作目。大ヒットした痛快エンターテインメント映画で、ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人のコンフィデンスマン(信用詐欺師)が、悪い奴から詐欺で大金を巻き上げるストーリー。今回のおさかな(ターゲット)はラン・リウ。恋愛詐欺師のジェシーと日本のゴットファザーの赤星も加わり、香港を舞台にコンゲームを繰り広げる。

Read Article

銀魂(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

銀魂(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「銀魂」(実写版)は、2017年7月に公開された福田雄一監督による日本映画。空知英秋作画の漫画「銀魂」の実写化作品で、原作の長編「紅桜編」がベースです。「紅桜編」は、妖刀紅桜を利用して国の転覆を目論む鬼兵隊と、それを阻止しようとする主人公坂田銀時と仲間たちの戦いを描いたもの。原作はSF時代劇コメディです。実写版はそれを忠実に再現し、ギャグ満載、時にほろりとさせる内容になっています。

Read Article

NEW
スウィングガールズ(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

スウィングガールズ(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『スウィングガールズ』とは、2004年に公開された「ジャズやるべ!」をキャッチフレーズに掲げた青春コメディ映画である。監督・脚本は『ウォーターボーイズ』で一躍有名になった矢口史靖が手掛け、主演には上野樹里を迎えた。山形の田舎を舞台に、ジャズや音楽とは無縁だった田舎の女子高生達は、ひょんな事からビッグバンドを組みある日突然ジャズの世界へ。落ちこぼれ高校生達が、ビッグバンドをきっかけに次第にジャズに魅了されていく様が描かれている。

Read Article

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「銀魂2 掟は破るためにこそある」とは、2018年8月に公開された、空知英秋原作の漫画「銀魂」を実写化した日本映画です。2017年公開「銀魂」の続編で、前作に続き監督は福田雄一、主演は小栗旬が務めています。前作とほぼ同じメインキャストで臨んだ本作は、原作で人気の長編「真選組動乱編」と、ギャグ色の強い「将軍接待編」をドッキングさせた内容。「真選組動乱篇」は真選組の参謀伊東鴨太郎の謀反を中心にした物語、「将軍接待編」は、万事屋がバイトするキャバクラに徳川茂茂がやってきて起きる騒動を描いたものです。

Read Article

恋空(小説・漫画・映画・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

恋空(小説・漫画・映画・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『恋空』とは、美嘉のケータイ小説を映画化した恋愛映画である。女子高生の田原美嘉(たはらみか)が同じ学校に通う男子高生弘樹と出会い付き合うところからはじまるが、ある日美嘉はヒロに突然別れを告げられる。ヒロは末期ガンを患い別れを決意したのだが、それを知り美嘉は看病を続けるのだ。しかしふたりに別れがやってくる。この映画は痛いほど切ないのに、どこか温かいラブストーリーとなっている。映画は2007年11月3日に公開され、監督は今井夏木、主演は新垣結衣と三浦春馬が務めた。

Read Article

アンフェア(ドラマ・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

アンフェア(ドラマ・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『アンフェア』とは、2006年にフジテレビ系列で放送が開始された、女性が主人公のハードボイルド系の刑事ドラマ。硬派なストーリー展開が特徴である。主人公の女性刑事・雪平夏見(ゆきひらなつみ)が、刑事だった父が殺害された事件の真相を追いつつ、数々の難事件を解決していく姿を描いた。テレビドラマ放送終了後も幅広い層から高い人気を集め、スピンオフも含めてスペシャルドラマ4作品と映画3作品が公開された。原作は奏建日子の『推理小説』。主人公の雪平夏見役を篠原涼子が演じた。

Read Article

NEW
極主夫道(漫画・ドラマ・アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

極主夫道(漫画・ドラマ・アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『極主夫道』(ごくしゅふどう)とは、おおのこうすけによる日本の漫画。実写ドラマ化とアニメ化もされている。「不死身の龍」と呼ばれた元・最凶ヤクザの、主夫業の日常を描いたハートウォーミングコメディ。強面のヤクザが全力で主夫業に邁進するギャップ、および高い画力とシュールな展開が特徴。大筋は主人公の龍がその強面から繰り出す熟練の家事スキルギャップが軸になるが、登場人物たち半数近くがその筋の関係者で彼らも彼らでどこかしらズレており、そのズレの連鎖から笑いの渦を生んでくるパターンも多い。

Read Article

君と世界が終わる日に(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

君と世界が終わる日に(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『君と世界が終わる日に』とは、2021年1月から3月まで日本テレビでドラマ放送された、竹内涼真主演のゾンビサバイバルドラマである。物語は主人公の間宮響が恋人の小笠原来美を探しながら、生存者たちと一緒にウイルスに感染した人間のゴーレムと戦い、ゴーレムのいない安全な場所を目指して旅するストーリーである。人間を襲うゴーレムを倒しながら、生存者たちの仲間の絆が深まっていき、みんなで助かろうと一生懸命に生きる姿を見られるドラマ。主人公の間宮響の諦めの悪い性格や襲ってくるゴーレムとの闘いも見どころのひとつ。

Read Article

魔王 JUVENILE REMIX(漫画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

魔王 JUVENILE REMIX(漫画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『魔王 JUVENILE REMIX』とは、2007年から2009年にかけて『週刊少年サンデー』で連載されていた大須賀めぐみによるサスペンスアクション漫画。原作は伊坂幸太郎の『魔王』。都市開発が進み、治安悪化が進む猫田市。その街のヒーローである犬養舜二の裏の顔を知ってしまった安藤は、犬養の思惑を阻止すべくたった一人立ち向かう。 少年漫画では珍しい「腹話術」という地味な能力を使った躍動感のある戦いや、個性的なキャラクター達が織りなすスリリングな展開が魅力。

Read Article

大奥(2023年のドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

大奥(2023年のドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『大奥』とはNHK総合の「ドラマ10」枠で放送された、よしながふみ原作のテレビドラマで、男女逆転した大奥を描く物語である。2023年1月10日から3月14日まで放送。2023年3月度のギャラクシー賞月間賞を受賞している。原作はよしながふみによる漫画『大奥』で、2004年から2021年まで白泉社『Melody』にて連載されていた。舞台は謎の疫病により男の数が激減した江戸時代の日本。世の権力が男から女へと移っていく様、女将軍と支える大奥の男たちの物語を描いている。

Read Article

アヒルと鴨のコインロッカー(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

アヒルと鴨のコインロッカー(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『アヒルと鴨のコインロッカー』とは、吉川英治文学新人賞に輝いた伊坂幸太郎の同名小説を基にした2007年公開の日本のミステリー映画。主人公の椎名は引っ越し先で隣人の河崎という男から、隣の隣に住むブータン人のために「本屋を襲撃して広辞苑を奪いたい」と誘われる。奇妙な誘いに戸惑う椎名だったが、本屋襲撃の手伝いをすることになる。やがて明らかになる2年前の出来事。過去の物語と現在の物語が交錯する中で椎名が見た真実とは。映像化が困難とされている作品を原作の複雑な伏線やトリックを巧みな描写でまとめた。

Read Article

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―(3A)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―(3A)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー』とは、日本テレビ系で2019年に放送された日本のテレビドラマ。半年前に起きた女子生徒・景山澪奈の自殺の真相を明らかにするため、美術教師の柊一颯が生徒たちを人質に取った立てこもり事件を起こす、異色の学園ドラマである。主演は菅田将暉。生徒役には永野芽郁や今田美桜、森七菜などが出演している。『電車男』や『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』などのヒットドラマを生み出した武藤将吾が脚本を手掛ける。

Read Article

クローズZERO II(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

クローズZERO II(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『クローズZERO II』とは、漫画家の高橋ヒロシの作品『クローズ』を原作とした映画。前作『クローズZERO』で鈴蘭高校の覇権争いを制した滝谷源治たちと、ライバル校・鳳仙学園との間で抗争が発生。鈴蘭をまとめるために苦心する源治、彼に敗れて以降沈黙を貫く芹沢、2年前の仇を討つため虎視眈々と鈴蘭を狙う鳳仙の頭・鳴海の3人を軸にストーリーが展開される。葛藤を抱えながら喧嘩に臨む高校生達を描く。小栗旬や山田孝之、桐谷健太など人気俳優が多数出演したことでも話題となった。監督は三池嵩史。

Read Article

おっさんずラブ(ドラマ・映画・漫画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

おっさんずラブ(ドラマ・映画・漫画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『おっさんずラブ』とは、2018年にシーズン1、2019年にシーズン2が放送された、男同士の恋愛を描いたテレビドラマシリーズである。ダメ男である春田創一に、上司で既婚者である黒澤武蔵をはじめとする男性たちが想いを寄せていくというピュアなラブストーリーとなっている。敬遠されがちな男性同士の恋愛というテーマであるが、2018年の「新語・流行語大賞」ベスト10選出をはじめ大きな反響を起こし、ボーイズラブ作品がメジャー化してゆくきっかけとなった。

Read Article

大恋愛〜僕を忘れる君と(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

大恋愛〜僕を忘れる君と(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『大恋愛〜僕を忘れる君と(ドラマ)』とは、TBS「金曜ドラマ」で2018年10月から12月までの間で毎週金曜夜10時から放送されたテレビドラマである。若年性アルツハイマーにおかされた女医と自分を忘れていく恋人を明るくけなげに支えていく元・小説家の10年にわたる愛の軌跡を描いた王道ラブストーリー。圧巻の演技力を誇る国民的大女優の戸田恵梨香が主人公を演じ、さらにドラマや舞台などで大活躍中の個性派俳優ムロツヨシが恋人役として出演している。実力を兼ね備えた二人の演技が話題となった作品である。

Read Article

ガリレオ(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ガリレオ(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ガリレオ』とは、ガリレオと称される物理学者・湯川学を主人公とした東野圭吾の連作推理小説。小説を原作にフジテレビ系の月9シリーズにて連続ドラマとして映像化された。主演は福山雅治。 湯川の大学の同級生である警視庁の刑事草薙から、湯川が事件の相談を受けるところから物語は始まる。事件捜査には興味がない湯川だが、人の頭部だけ燃える、見えるはずのないものが見えたなど、一見すると超常現象とも取れる不可解な事件に対し科学者として興味を持った時にこれらの謎の解明に挑む。

Read Article

ラスト・シンデレラ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ラスト・シンデレラ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ラスト・シンデレラ』とは2013年4月に22時からフジテレビで放送されたドラマ。脚本を中谷まゆみ、主演を篠原涼子が務めている。彼氏いない歴10年の39歳独身・遠山桜は自分のことに無頓着なおやじ女子だった。そんな彼女の人生は、佐伯広斗との出会いをきっかけに変化し、恋に落ちていく。不器用な桜と肉食系男子の広斗の恋愛や、彼女を取り巻く人々の人間関係を明るく描いており、気軽にみられる大人なラブコメディーである。

Read Article

呪怨(ビデオ版)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

呪怨(ビデオ版)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『呪怨』(ビデオ版)とは、2000年に発売されたホラービデオ作品である。監督・脚本は清水崇。後に日本を代表するホラー映画となる『呪怨』シリーズの原点とも言える作品である。『呪怨』シリーズの全ての発端である佐伯家の殺人事件を中心に、複数の登場人物の視点を通して語られるオムニバス方式となっている。伽椰子は何故夫の剛雄に殺されたのか、伽椰子と俊雄の霊が多くの人達を呪い殺していく様が恐ろしい心霊現象として映像化されている。その呪いは事故物件に入居した人間にとどまらず、その関係者にまで次々と伝播していく。

Read Article

カムカムエヴリバディ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

カムカムエヴリバディ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『カムカムエヴリバディ』とは、NHK連続テレビ小説の第105作目となるテレビドラマ。2021年11月1日から2022年4月8日まで放送された。 連続テレビ小説史上初となる3人のヒロイン、安子(やすこ)、娘のるい、孫のひなたの親子3世代にわたる家族の物語である。安子の生まれた1925年(大正14年)から物語はスタートし、ひなたがアメリカでキャスティングディレクターとして活躍する2025年までの100年を描いている。

Read Article

SUPER RICH(スーパーリッチ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

SUPER RICH(スーパーリッチ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『SUPER RICH』とは2021年秋にフジテレビ系の木曜ドラマ枠で放送されていたテレビドラマ。主演は江口のりこである。主人公はベンチャー企業の破天荒な女性社長である氷河衛(ひょうがまもる)。お金には困ったことがないが家族の愛情をうけてこなかった衛。反対に愛情であふれた家庭で育ったがお金がない春野優(はるのゆう)とともに会社を経営していくなかで、山あり谷ありの経験をしていく。孤独だったキャリアウーマンが信頼している社員たちと共に、いばらの道を次々に乗り越えていく人生を描いた作品である。

Read Article

青天を衝け(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

青天を衝け(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『青天を衝け』とは2021年にNHKで放送された大河ドラマ。幕末〜昭和初期を舞台に、実業家として日本の礎を築いた渋沢栄一を主人公としている。主演は吉沢亮が務めた。武蔵国の農民であった渋沢栄一は後に将軍となる一橋慶喜に仕えることで、幕末の動乱に巻き込まれていく。明治に入った後は官僚として新政府を支え、下野した後は実業界に入り数々の企業の経営に携わった。ドラマでは常に前を向き未来を切り開いていく栄一の姿が描かれている。第110回ザテレビジョンドラマアカデミー賞を受賞している。

Read Article

14才の母(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

14才の母(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『14歳の母』とは、2006年10月に日本テレビで放送されたドラマで、脚本は井上由美子が手掛ける。主演は志田未来。その他、三浦春馬や田中美佐子などが出演する。中学2年生の一ノ瀬未希は、14歳にして子供を身ごもってしまう。両親や兄妹、友達など周りの人々から猛反対を受けるが、未希は産む決心をする。しかし、そんな彼女を様々な困難が待ち受けていた。どんなに苦しくても産むことを諦めない少女が、苦難を乗り越えて成長していく姿を描く。本作の視聴率は20%を超え、数々の賞を受賞した。

Read Article

六本木クラス(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

六本木クラス(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『六本木クラス』とは2022年に日韓共同プロジェクトによって製作された日本のドラマ。2020年に韓国で放送された『梨泰院クラス』のリメイク作品で、主演を竹内涼真が務めた。主人公の宮部新は交通事故によって父親を亡くす。しかし事故は大手外食チェーンの長屋ホールディングスの息子・長屋龍河が起こしたもので、その不祥事が明るみに出ないよう、父・長屋茂によって真実は隠蔽された。新は復讐を誓い、長屋ホールディングスを潰してのし上がる計画を立てる。数年後、飲食店の経営者となった新は下剋上に挑む。

Read Article

目次 - Contents