HERO(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『HERO』とは、第1期が2001年に、第2期が2014年にフジテレビ系で放送された、検察をテーマにした日本のテレビドラマシリーズ。木村拓哉が主演を務め、自身の正義と価値観で捜査を行う型破りな検事・久利生公平と彼を支える検察事務官、同僚検事たちの活躍を描いている。その他、2006年にドラマ特別編が、2007年には劇場版がそれぞれ制作され、2015年には劇場版第2作が制作された。第28回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞を受賞した。

『HERO』の概要

『HERO』とは、2001年1月8日から3月19日にかけてフジテレビ系の月9枠で放送された、検察をテーマとしたテレビドラマである。2001年に制作された第1期放送の13年後にあたる2014年7月14日から9月22日にかけて続編である第2期が同じくフジテレビ系の月9枠にて放送され、2006年には特別編が制作された。また、2014年8月には第2期のスピンオフドラマとして、警備員・小杉啓太を主人公にした全4回のショートドラマ『HORE』が放送されている。
第1期はダウンジャケットとジーンズというラフな格好で、最終学歴は中学卒業という型破りで正義感の強い検察官久利生公平(くりうこうへい)を木村拓哉が演じた。また、松たか子演じる生真面目だがどこか抜けたところのある検察事務官が久利生とコンビを組み、捜査活動にあたる。さらに、個性豊かな同僚検事たちとの協力がテーマとなっている。平均視聴率は34.3%と、月9枠としては平成中期の最大のヒット作となった。2014年7月14日から9月22日にかけては続編として、13年半ぶりに第2期の連続ドラマが放送された。久利生の事務官が麻木千佳に交代となったほか、城西支部の検事がすべて入れ替わっている。また、城西支部の部長検事だった牛丸豊が東京地検の次席検事に出世したほか、事務官の末次、遠藤、警備員の井戸、Barのマスターなどは前作からの続投となっている。さらに第1期のレギュラーも数人がゲスト出演している。平均視聴率は21.3%を記録し、2014年の民放連続ドラマで1位を記録した。
テレビドラマ以外にも2007年には劇場版がそれぞれ制作され、2015年には劇場版第2作が制作された。数々の賞を受賞した人気作で、第1期は第38回ギャラクシー賞選奨、第26回エランドール賞の作品部門、プロデューサー部門、TV LIFEドラマ大賞、第28回ザテレビジョンドラマアカデミー賞最優秀作品賞、主演男優賞(木村拓哉)、主題歌賞(宇多田ヒカル)、ベストドレッサー賞(木村拓哉)、監督賞(鈴木雅之、平野眞、澤田鎌作、加門幾生)、劇中音楽賞(服部隆之)、キャスティング賞、第4回日刊スポーツドラマグランプリ、主演男優賞(木村拓哉)、第11回TV LIFE 年間ドラマ大賞、主演男優賞(木村拓哉)、第2期は第82回ザテレビジョンドラマアカデミー賞最優秀作品賞、主演男優賞(木村拓哉)、監督賞、東京ドラマアウォード2015助演女優賞(吉田羊)を受賞している。

『HERO』のあらすじ・ストーリー

第1期

久利生公平の登場

城西支部に赴任して来た久利生公平。

東京地検は岬代議士の収賄事件の強制捜査を開始する。しかし、事件を担当する東京地検城西支部のメンバーは、事件よりも赴任してくる新任検事のことを気にしていた。
赴任してきた久利生公平(くりう こうへい)は、ラフな格好でGジャンの襟に検事バッジを着けるなど、おおよそ検事には見えない格好をしていた。事務官の雨宮舞子(あまみや まいこ)は担当事務官に立候補していたが、久利生の様子に呆れて担当を外してほしいと頼み込む。
検事部長の牛丸(うしまる)がなんとかなだめて、結局雨宮が久利生を担当することになる。

岬代議士のアリバイが崩せず捜査が難航する中、海岸近くの食堂で食事をとり、ヨットハーバーに向かう久利生。クルーザーの上に立った久利生は、強風にも関わらず、岬代議士を含めた家族写真がきちんと撮れていることを不審に思う。
三脚を使うと綺麗に撮れないため、第三者が写真を撮影していると証明される。
誰もいなかったと主張していた岬代議士の供述は翻され、起訴されることになる。

江上の失態

江上達夫(えがみ たつお)はストーカー殺人の容疑者小山田の逮捕を見送る。すると、入院先の病院から小山田が逃げたという報告が入る。逮捕をしなかった江上のミスとなるが、小山田の写真を見た久利生は、ビンテージものの高価な服を着て殺人を行わないという。真犯人を探すべく、城西支部のメンバーが捜査を始める。

後日久利生のもとに、無銭飲食の容疑で漆山(うるしやま)が送検されてくる。漆山は無銭飲食をするつもりはなく、店のトイレが使用中のため仕方なく公園のトイレに行こうとしたという。証言確認のため、漆山が無銭飲食した焼肉店を訪れる久利生。店員は他に客がいなかったので、トイレは使用中であるわけがないという。

ストーカー殺人の捜査は難航するが、事件現場のベランダ前に止まったトラックから犯人の逃走経路を見つける。そして、逃走経路の目の前にあった漆山が無銭飲食をした店から、凶器が見つかり真犯人である店の従業員を捕まえた。

不倫相手の決心

久利生は、妻と不倫相手との話し合い中に妻を包丁で怪我を負わせた、矢口徹(やぐち とおる)を取り調べている。
矢口は容疑を否認しているが、不倫相手の川原朝美(かわはら あさみ)も矢口が怪我を負わせたと証言していた。

久利生は雨宮を連れ、朝美の実家の旅館を訪れる。朝美は調書同様のことを証言するが、雨宮が自身の恋愛観を話したことで気持ちが変わる。
包丁を振り回したのは矢口ではなく妻だったと、証言を変更する。朝美は、矢口に忘れられたくなかった。自分を刑務所に入れた女のことは一生忘れないだろうと思い、嘘をついていた。

久利生の過去を知る女

久利生は医療過誤の被疑者の取り調べをしている。被疑者の本間(ほんま)は、調書の供述を一転させ、医療過誤を否定する。
担当弁護士の巽江里子(たつみ えりこ)は、久利生の昔の知り合いでやり手であった。病院だけでなく、立証の手がかりとみられる准看護婦にも手を回していた。

久利生と雨宮は、退職した准看護婦の真山淳子(まやま じゅんこ)に会いに行く。淳子は江里子の口利きで大病院に就職し、母親の喫茶店の援助を受けていた。
久利生の熱い言葉に心を打たれるが、公判では真実は話さず自分と母の身を守る。しかし、別の患者の処置の嘘がバレたことで、淳子は真実を話す決意をする。

矢口との戦い

久利生は、キャスター榎本由起(えのもと ゆき)への暴行傷害で送検されてきた古田(ふるた)の取り調べをしていた。
久利生は古田が無罪を主張し、証拠不十分でもあったため不起訴とする。その判断を不服とした由起は、検察審査会に審査を申し出た。

後日、由起のもとに脅迫状が届く。由起はそれをテレビで公開し、さらに久利生のことも中傷する。再び暴漢に襲われた由起。警察の捜査の結果、脅迫状の指紋が古田のものではないとわかる。

警察の矢口(やぐち)のリークにより、久利生の逮捕歴が明らかになる。審査会の議決によって、再捜査は江上が担当することとなる。古田から久利生に電話が入る。古田は二度目の事件の日、函館にいてチケットの半券も持ってると言い、電話が切れる。

その後、古田が自殺したという報告が入る。古田の所持品の中に、チケットの半券はなかった。
由起は古田の自殺に衝撃を受け、本当のことを話したかった。しかし、警察の矢口に脅迫まがいの説得をされ、話せないでいた。

城西支部に現れた矢口に、久利生は古田のアリバイを話して矢口を問い詰めていく。そこに由起が現れ、すべてを証言する。久利生は「俺達みたいな仕事は、ちょっと気をゆるめただけで、人の命を奪ってしまう。自分達はそれを忘れてはいけないのではないか」と矢口に訴えた。そして改めて、古田を不起訴とした。

最後の事件

東京地検次席の鍋島(なべしま)と牛丸の懸命の交渉にも関わらず、久利生の転属処分が決定された。検察上層部は週刊誌に掲載された久利生の記事を無視できなかった。久利生は石垣支部への転属が決まる。

久利生と雨宮は、サッカー場の警備員向坂(こうさか)が殺された事件を調べている。被疑者の桐山(きりやま)は、完全黙秘を続けていた。すると、桐山の取り調べをするため、特捜部の検事が城西支部にやってくる。
調べていくと、向坂の葬式に500万の香典が届いたことがわかる。そして同僚の検事芝山(しばやま)が、特捜が追っているのは民自党の幹部議員三枝(さえぐさ)であるとつきとめる。

翌日、事件があったスタジアムで聞き込みを行うと、三枝ではなく若手議員の諸星敬介(もろぼし けいすけ)が事件当日に目撃されていた。
久利生と雨宮は、諸星の事務所で諸星に話を聞く。向坂は諸星を守って死んだが、裁判では証言できないという。この国の将来のために、三枝を引き下ろすのは今ではないという諸星。久利生は、父親を亡くした子供に頭を下げることもできないのに、国の将来を語るなと、熱く説く。

諸星は三枝の汚職の告発に踏み切り、記者会見を行った。それを見た特捜の取調べ中の桐山は、黙秘をやめ、罪状を認める証言を始める。

翌日、城西支部のメンバーが出勤すると、久利生の部屋はすでに空だった。久利生を追い外に飛び出す雨宮。公園で向かい合う二人。城西支部のメンバーも送りに来ていた。

ある夏の日。石垣の海岸で干しイカ泥棒の捜査をしている久利生。すると向こうから歩いてくる雨宮に気づくのだった。

特別編

虹が浦支部で集まる検事たち。

久利生の次なる転勤先は、山口県虹が浦支部だった。
のどかな海辺の町で11年ぶりに殺人事件が起きた。容疑者は地元企業・鴨居産業の専務の滝田昭彦(たきた あきひこ)。虹が浦の発展に大きく貢献し、町人からの信頼も厚い人物だった。

滝田は被害者の三ノ宮隆(さんのみや たかし)と口論の末に揉み合いになり、三ノ宮が取り出したナイフが誤って刺さってしまったと供述する。久利生は凶器のナイフが通販限定販売であることに気づく。人望の厚い滝田をさらに捜査する久利生と支部に、町民の風当たりは強い。

三ノ宮の遺留品にあった名刺をもとに上京した久利生は、名刺に書かれていた出版社を突き止める。三ノ宮が緑川裕司というペンネームでフリーのライターをしていて、鴨居産業の社長の不倫を追っていたことがわかった。
虹が浦に戻り捜査する久利生は、滝田が三ノ宮の荷物をあさり、写真を持ち帰ったという証言を得る。

証拠が揃い観念した滝田は、真実を明かした。三ノ宮から社長の不倫について連絡があった滝田は、会社に傷がつくことを恐れて写真の買収に応じた。際限なく値を吊り上げる三ノ宮と話の折り合いはつかず、たばこを海に投げ捨てた三ノ宮にカッとなり刺してしまったと語る滝田。その背景には、虹が浦と亡くなった妻に対する深い愛情があった。
妻の遺骨をまいた虹が浦の海は妻の墓でもあり、自分を拾ってくれた先代の社長と鴨居産業が守り続けてきたものであった。その海にタバコを投げ捨てられたことが、滝田の理性を失わせた。

事件は終わったように見えたが、そうではなかった。この事件の裏には花岡代議士が絡んでいると久利生は考えていた。虹が浦の町を思い通りにしたい花岡が、鴨居産業の存在が邪魔に思い裏で糸を引いていたと考える久利生。
そんな久利生に東京の城西支部から呼び出しがかかり、虹が浦支部を後にする。

第2期

宝石強盗事件

居酒屋で食事中の久利生は、店員が突き飛ばされ階上から落下するのを目撃する。突き飛ばした客を追い、取り押さえた久利生。この男が城西支部に着任した久利生の、最初の被疑者となる。

東京地検城西支部では、新しく着任する検事の話題で持ちきりだった。コンビを組むことになる事務官の麻木千佳(あさぎ ちか)は、検事室で腹筋をする久利生と初対面する。

最初の被疑者大西祐二(おおにし ゆうじ)の取り調べを始める久利生。だが、大西の指紋が、15年前の宝石強盗事件犯人のものと一致し、時効成立が3日後に迫っていることがわかる。大西は、宝石事件への関与を否定する。

突き飛ばされた被害者に訴える意志がなく、起訴を見送るのが妥当と見られたが、なにか違和感を感じて捜査を始める久利生。
強盗事件の犯人は、大西と特徴が一致していた。しかし、犯人は大型バイクで逃走しており、大西は大型二輪の免許を持っていなかった。

その頃久利生は、店員と大西の口論の原因を探っていた。すると、店員が大型二輪の免許を持っていることが分かり、店員のバイクの燃料タンクから宝石が出てきた。大西と店員は、強盗事件の犯人だった。
時効直前に店員が独り占めしようとしたために、口論となったようだ。時効成立3分前の起訴となった。

桜井弁護士との対決

go-1079127912234184911421
go-1079127912234184911421
@go-1079127912234184911421

Related Articles関連記事

HERO(2007年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(2007年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2007年9月8日に公開された日本の映画作品。2001年にフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の映画版。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2007年の日本映画興行収入第1位 (81.5億円)を記録した。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が傷害致死事件を通して大物代議士の疑惑に関わることになる。

Read Article

HERO(2015)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(2015)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2015年7月18日に公開された日本の映画作品。2001年に第1期、2014年に第2期としてフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の劇場版2作目。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2015年の日本映画興行収入第3位 (実写映画では第1位) を記録 (46.7億円)。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が不審な交通事故を通して大使館の疑惑に関わることになる。

Read Article

マスカレード・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

マスカレード・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『マスカレード・ホテル』とは、東野圭吾が書いた人気小説『マスカレード・ホテル』を原作とした大ヒット映画である。木村拓哉主演の映画で、長澤まさみや小日向文世、渡部篤郎など豪華キャストがそろっている。物語は予告連続殺人事件の捜査のために、警視庁の刑事たちがホテル・コルテシア東京に潜入捜査をする。エリート刑事の新田はフロントクラークとして同じホテルの仕事をする山岸と共に、次々とホテルに来る怪しい宿泊客の対応をしていく。誰が殺人事件を起こそうとしている犯人なのかを突き止めていくミステリー映画。

Read Article

重版出来!(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

重版出来!(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『重版出来!』とは2012年から松田奈緒子が小学館『月刊!スピリッツ』に連載中の青年漫画。週刊コミック誌『バイブス』の編集部を舞台に、主人公の漫画編集者・黒沢心が一癖も二癖もある漫画家たちや出版業界に関わる様々な業種の人々と一冊の本を生み出すため奮闘するお仕事漫画。2016年には黒木華主演でTBS系列にてドラマも放映。脚本は映画『図書館戦争』シリーズなどで知られる野木亜紀子。後に『逃げるは恥だが役に立つ』、『アンナチュラル』などのヒット作も手掛ける。

Read Article

アンナチュラル(Unnatural)のネタバレ解説・考察まとめ

アンナチュラル(Unnatural)のネタバレ解説・考察まとめ

『アンナチュラル(Unnatural)』は女優の石原さとみ主演の、野木亜紀子の脚本によるオリジナルドラマである。主人公の三澄ミコトはUDIラボで働く法医解剖医。UDIラボメンバーの中堂、東海林、六郎たちと一緒に、日本全国から送られてくる不自然死した遺体を解剖する仕事をしている。1話ごとに事件解決する法医学ミステリーで、ドラマのキャッチコピーは「不自然な死は許さない」。スピード感や爽快感のある明るくスリリングな物語で、UDIラボメンバーの人間ドラマをメインに「死」の謎や事件を解明していく。

Read Article

ホタルノヒカリ(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ホタルノヒカリ(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホタルノヒカリ』とは、ひうらさとるによって2004年から2009年まで『Kiss』に掲載された漫画作品。2007年に綾瀬はるか主演にてテレビドラマ化され、2010年に『ホタルノヒカリ2』、2012年には『映画 ホタルノヒカリ』と続いた。恋愛するより家で寝ていたいと思っている27歳の干物女雨宮蛍が、枯れ果て忘れていた恋心を取り戻す物語。

Read Article

孤独のグルメ(テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

孤独のグルメ(テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

『孤独のグルメ』とは、原作・久住昌之、作画・谷口ジローによる漫画(扶桑社刊)、およびそれを原案としたテレビドラマ作品である。自営業の中年男性、“井之頭五郎(いのがしら ごろう)”が営業中に立ち寄った飲食店でただひたすら淡々と食事し続けるだけで、予測不能な展開やドラマティックな展開も皆無という内容でありながら、『飯テロ』『夜食テロ』という流行語を生み出し、一躍テレ東の看板作品の一つになった人気作品。

Read Article

映画刀剣乱舞(継承)のネタバレ解説・考察まとめ

映画刀剣乱舞(継承)のネタバレ解説・考察まとめ

『映画刀剣乱舞(継承)』とは日本刀ブームを巻き起こした大人気刀剣育成ゲーム『刀剣乱舞ONLINE』を原作に、監督に耶雲哉治、脚本に小林靖子を迎えた作品。歴代名刀を擬人化させた「刀剣男士」と歴史改変を目論む「時間遡行軍」との熱い殺陣が楽しめる。舞台は本能寺、織田信長を守り歴史を変えようとする敵を無事撃破。歴史通りと思われた矢先、信長の生存を知る。果たして彼らは正しい歴史を守れるのか、敵の真の狙いとは。キャストは若手舞台俳優を、主題歌には西川貴教と布袋寅泰がタッグを組んだ豪華な布陣となっている。

Read Article

LIFE!〜人生に捧げるコント〜(テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

LIFE!〜人生に捧げるコント〜(テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

LIFE!~人生に捧げるコント~とは、NHKが制作しているコントを中心としたバラエティ番組。『人生』をテーマにしており、ウッチャンナンチャンの内村光良が中心となっている。内村にとってはNHKでの初のレギュラー番組。一度見たら忘れられない個性的すぎるキャラクターたちや、多分野に渡る豪華ゲストが特徴。

Read Article

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2006年に公開されたジャスティン・リン監督によりオリジナル・フィルムが制作した、カーアクション映画である。大人気ワイスピシリーズの3作目となるが、今までのシリーズとは異なりアメリカではなく東京が舞台となっており主演がルーカス・ブラックになっている。日本の有名人も登場していることで話題になった作品である。本作は東京に引越してきたきたアメリカ人学生が日本が発祥であるドリフトに魅了されていくストーリーである。

Read Article

50回目のファースト・キス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

50回目のファースト・キス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『50回目のファースト・キス(映画)』とは、本国アメリカのみならず世界中で大ヒットとなったロマンチック・ラブコメディである。記憶障害という難病をテーマに切なく涙かせるシーンもありながら、集結したコメディ俳優たちがハワイを舞台にナンセンスながらクセのあるギャグで始終笑わせてくれる。 二人が揃ってメディアに登場すると今だに大きな話題となるアダム・サンドラー×ドリュー・バリモアの最強コンビの抜群の信頼関係が、最高の映画製作に影響を与えヒット作へと導いている、今もなお根強いファンが多い傑作である。

Read Article

宇宙兄弟(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

宇宙兄弟(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『宇宙兄弟』とは2007年に講談社『モーニング』にて連載がスタートした、小山宙哉による漫画及び、原作を基にしたアニメ作品。大人気を博し、のちにアニメ及び実写で映画化されている。「兄弟二人で宇宙飛行士になる」という幼いころの約束。弟は夢をかなえて宇宙飛行士になっていた。いつしか夢をあきらめて別の道に進んだ兄六太(ムッタ)のもとへ、もう一度宇宙へのチャンスがやってくる。宇宙飛行士になるまでの過程や施設、訓練、ミッションの様子など、宇宙の魅力がふんだんに詰め込まれた作品である。

Read Article

検察側の罪人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

検察側の罪人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『検察側の罪人』とは、雫井脩介によって書かれた日本の小説が基になっている日本のサスペンス映画である。木村拓哉と嵐のメンバーである二宮和也がダブル主演で魅せるサスペンスストーリー。老夫婦殺人事件と時効を迎えた事件がきっかけとなり自分の正義に固執する最上と事件の真相に対する正義を追い求める沖野の対立が描かれた本作。脇には吉高由里子、大倉孝二、八嶋智人などが固める。映画のキャッチコピーは「一線を超える」。

Read Article

宇宙兄弟の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

宇宙兄弟の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『宇宙兄弟』とは小山宙哉によって執筆された、夢を諦めた兄が宇宙飛行士の弟と「兄弟で月に立つ」という夢をもう一度実現するべく宇宙飛行士目指して奮闘する、宇宙を題材にした漫画作品である。夢を叶えた弟に劣等感を抱く兄六太(ムッタ)や、ともに宇宙を目指す仲間達、弟の日々人(ヒビト)などが発した名言・名セリフの数々は「もう一度立ち上がろう」という小さなきっかけをくれる原動力を、多くの人々に与えている。『宇宙兄弟』の心にしみる名言・名セリフ、印象深いシーンなどをご紹介する。

Read Article

家売るオンナ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

家売るオンナ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『家売るオンナ(ドラマ)』とは、は、2016年7月から9月にかけて放送された、スーパー営業マンの不動産販売をテーマとしたドラマである。主演は北川景子で、天才的不動産屋・三軒家万智が、顧客の悩みや問題点を解決しつつ、家を売りまくるというストーリー。数々の賞を受賞し、海外でも方された人気ドラマで、2017年5月にはスペシャルドラマ『帰ってきた家売るオンナ』、2019年1月から3月まで、続編として『家売るオンナの逆襲』が放送された。

Read Article

20世紀少年(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

20世紀少年(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

ロングバケーション(ロンバケ)のネタバレ解説・考察まとめ

ロングバケーション(ロンバケ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロングバケーション』とは、1996年4月から6月まで毎週月曜日21:00から、フジテレビ系の「月9」枠で放送された日本の恋愛ドラマ。主演は木村拓哉と山口智子で、その他松たか子や竹野内豊など、人気俳優が脇を固める。ピアニストを目指す瀬名秀俊と、モデル崩れの葉山南がひょんな事から一つ屋根の下に住むことになり、互いに惹かれていくストーリー。脚本は人気脚本家の北川悦吏子。略称は「ロンバケ」。最高視聴率36.7%を記録し、第34回ギャラクシー賞選奨にも選出された。

Read Article

JIN(仁)のネタバレ解説・考察まとめ

JIN(仁)のネタバレ解説・考察まとめ

『JIN(仁)』とは、TBS系列にて2009年10月〜12月まで放送されたTVドラマ及び、『スーパージャンプ』で連載されていた村上もとかによる漫画作品。「現代の医師が、もし幕末へタイムスリップしたらどうなるか?」を描いたSF要素の強い医療時代劇漫画をドラマ化したものである。第五話で視聴率20%超えを達成し、最終話では平均視聴率25.3%、瞬間最高視聴率29.8%を記録した。この記録は、2009年に放送された民放の連続ドラマ視聴率の中で最高記録となり、大きな反響を呼んだ、国民的人気ドラマである。

Read Article

結婚できない男(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

結婚できない男(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『結婚できない男』とは、2006年7月から9月まで放送された、独身中年を題材としたテレビドラマ。仕事もできて収入もあるが、皮肉屋で結婚したくない独身男性が、徐々に女性に心を開いていく過程を描くストーリー。主人公の桑野信介を演じるのは主演の阿部寛。また、本作の放送13年後の2019年10月から12月にかけて、続編『まだ結婚できない男』が放送された。53歳となった主人公がまだ結婚んできていない姿を描いた本作は、高視聴率を記録し、メディアでアラフォー独身男性の特集が組まれるなど社会現象となった。

Read Article

ステキな金縛り(三谷幸喜)のネタバレ解説・考察まとめ

ステキな金縛り(三谷幸喜)のネタバレ解説・考察まとめ

『ステキな金縛り』とは三谷幸喜が監督したコメディ映画。三谷幸喜が生誕50周年に作られたエンターテイメント作品である。ストーリーはドジっ子弁護士の宝生エミが殺人事件を担当。被告人のアリバイを証明できるのは落ち武者の幽霊だけ。弁護士と落ち武者の幽霊が協力して、被告人の無罪を証明するために奮闘する映画になっている。主人公の宝生エミ役を演じた深津絵里は、第35回日本アカデミー賞で主演女優賞にノミネートされ、その他の豪華キャストに落ち武者の幽霊・更科六兵衛役を西田敏行、速水弁護士役を阿部寛が演じている。

Read Article

真夏の方程式(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

真夏の方程式(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『真夏の方程式』とは、2010年から連載されていた東野圭吾の『ガリレオ』シリーズが原作の、2013年公開の日本映画である。監督は西谷弘。夏休みを玻璃ヶ浦の川畑(かわはた)家で過ごすことになった柄崎恭平(つかさききょうへい)は、仕事で来ていた湯川学(ゆかわまなぶ)と出会う。しかし同じ時期に玻璃ヶ浦に来ていた元警視庁の刑事が遺体で見つかったことにより、川畑家が抱える秘密が次第に明るみになっていく。この物語は海を臨む美しい町で湯川が少年とともに事件解決に進む様子と、血を超えた家族の愛が描かれている。

Read Article

おっさんずラブ(ドラマ・映画・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

おっさんずラブ(ドラマ・映画・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『おっさんずラブ』とは、2018年にシーズン1、2019年にシーズン2が放送された、男同士の恋愛を描いたテレビドラマシリーズである。ダメ男である春田創一に、上司で既婚者である黒澤武蔵をはじめとする男性たちが想いを寄せていくというピュアなラブストーリーとなっている。敬遠されがちな男性同士の恋愛というテーマであるが、2018年の「新語・流行語大賞」ベスト10選出をはじめ大きな反響を起こし、ボーイズラブ作品がメジャー化してゆくきっかけとなった。

Read Article

引っ越し大名!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

引っ越し大名!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『引っ越し大名!』とは、土橋章宏原作小説の『引っ越し大名三千里』をもとにした、2019年に公開された時代劇映画である。監督は犬童一心。姫路藩の書庫番・片桐春之介は、藩の国替えに伴い「引っ越し奉行」に任命されてしまう。しかし春之介には国替えの経験が全く、幼馴染の鷹村源右衛門や前引っ越し奉行の娘・於蘭の力を借りて引っ越しの成功へ向けて奔走する。この作品は、引っ込み思案な春之介が国替えという一大事に直面し、成長していく姿がコメディ調に描かれている。

Read Article

僕の生きる道(僕生き)のネタバレ解説・考察まとめ

僕の生きる道(僕生き)のネタバレ解説・考察まとめ

『僕の生きる道』とは、2003年にフジテレビ系列で放送されていたドラマ。僕シリーズ3部作の1作目で、死をテーマにした作品。僕生きの愛称で親しまれている。余命宣告された高校教師・中村秀雄の1年間の生き様が描かれている。主人公は草彅剛。その他、矢田亜希子や大杉連などが出演している。脚本は数々のヒットドラマを生み出した橋部敦子が手掛ける。主題歌である『世界に一つだけの花』がドラマの人気と共に大ヒット曲となった。

Read Article

NEW
新選組!(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

新選組!(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『新選組!』とは2004年1月から12月まで放送されたNHKの大河ドラマである。幕末を舞台に若者たちが命を懸けて己を貫く姿を中心に、青春群像劇として高い評価を得た。多摩の百姓であった近藤勇が真の侍になるため京に上り、仲間たちと新選組を結成し誠の忠義を貫くために戦い、生きていく姿が描かれている。香取慎吾をはじめ若手俳優たちが生き生きと演じたこと、また人気脚本家三谷幸喜の脚本も見どころの一つとされている。

Read Article

あなたの番です(あな番)のネタバレ解説・考察まとめ

あなたの番です(あな番)のネタバレ解説・考察まとめ

『あなたの番です』とは、日本テレビ系にて2019年4月から9月まで放送された全20話のミステリードラマである。キウンクエ蔵前というマンションに引っ越してきた新婚夫婦が「交換殺人ゲーム」に巻き込まれる姿を描いたミステリードラマで、企画・原案は秋元康。第1章、第2章で構成された2クール半年間に渡って放送され、テレビ放送と連動して、『扉の向こう』というスピンオフがHuluにて独占配信されている。

Read Article

わたしを離さないで(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

わたしを離さないで(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『わたしを離さないで』とは、日系イギリス人のカズオ・イシグロが2005年に発表した長編小説で、日本ではTBS系列で放送された脚本・森下佳子によるテレビドラマである。「臓器提供」を目的としてこの世に誕生した「クローン人間」の子供時代から始まり、成長とともに人生を受け入れ、全うしていく姿がドラマの中で主人公の恭子、友彦、美和の姿を映しながら描いていく。見どころは、作品の中では、現実の人物に近いキャラの恭子が自分の人生を振り返りながらすべてを受け入れ「生きる」ことに前向きになるという作品になっている。

Read Article

LOST JUDGMENT 裁かれざる記憶(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

LOST JUDGMENT 裁かれざる記憶(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』は、2021年にセガから発売されたリーガルサスペンスアクションゲーム。『龍が如く』シリーズの派生作品で、2018年に発売された『JUDGE EYES:死神の遺言』の続編となっており、主演は引き続き木村拓哉が務める。 前作から3年。「神室町」の探偵である八神隆之は、「横浜・伊勢崎異人町」に潜む「闇」に直面する。「法とは何か」「正義とは何か」時代を問わず、どこにでもあり得る「イジメ問題」をテーマにサスペンスフルなストーリが繰り広げられていく。

Read Article

LIAR GAME(ライアーゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

LIAR GAME(ライアーゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『LIAR GAME』とは2005年より甲斐谷忍が『週刊ヤングジャンプ』で連載していたサスペンス漫画、およびそれを原作としたテレビドラマ作品。「バカ正直のナオ」と呼ばれる女子大生・神崎直(かんざきなお)が、巨額の金を賭けた騙し合いのゲーム「LIAR GAME(ライアーゲーム)」に巻き込まれ、天才詐欺師・秋山深一(あきやましんいち)とともにライアーゲームを戦い抜く姿を描いている。2007年4月にフジテレビ系列でドラマ化され、2009年11月にシーズン2が放送された。

Read Article

JUDGE EYES:死神の遺言(ジャッジアイズ)のネタバレ解説・考察まとめ

JUDGE EYES:死神の遺言(ジャッジアイズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『JUDGE EYES:死神の遺言』とは、2018年に発売されたリーガルサスペンス巨編のコンシューマーゲームである。本ゲームは、極道モノのアクションアドベンチャーゲームとして地位を築いている『龍が如く』シリーズ初の派生作品でもある。 主役は木村拓哉が務める。舞台は『龍が如く』でお馴染みの「神室町」で、関東一帯を束ねるヤクザ「東城会」の人間も登場する。猟奇殺人や、現代の日本の課題である「認知症」がテーマとなり、ストーリーを展開していく。

Read Article

カルテット(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

カルテット(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『カルテット』とは松たか子主演のラブストーリー、コメディー、サスペンスの要素が入った連続テレビドラマ。2017年1月17日から3月21日まで毎週火曜22時から22時54分に放送されていた。ある日、偶然出会った演奏者である男女4人が、弦楽四重奏のカルテットを組み軽井沢で不思議な共同生活を始める。夢叶わず30代に入り、それぞれが人生のピークを迎えず緩やかな下り坂で立ち止まっていたが、4人の出会いは偶然ではなかった。ほろ苦くて甘い、ビターチョコレートのような大人のラブサスペンスである。

Read Article

銀魂(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

銀魂(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「銀魂」(実写版)は、2017年7月に公開された福田雄一監督による日本映画。空知英秋作画の漫画「銀魂」の実写化作品で、原作の長編「紅桜編」がベースです。「紅桜編」は、妖刀紅桜を利用して国の転覆を目論む鬼兵隊と、それを阻止しようとする主人公坂田銀時と仲間たちの戦いを描いたもの。原作はSF時代劇コメディです。実写版はそれを忠実に再現し、ギャグ満載、時にほろりとさせる内容になっています。

Read Article

今夜、ロマンス劇場で(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

今夜、ロマンス劇場で(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『今夜、ロマンス劇場で』とは2018年に公開された、主演綾瀬はるかと坂口健太郎によるラブストーリー映画である。映画監督を目指す健司が通い詰めていた「ロマンス劇場」で、モノクロ映画に出演している映画のヒロインである美雪に出会う。ある日、美雪が現実世界に現れ、健司は美雪に色のある現実世界を案内していくうちに、健司と美雪は惹かれ合っていく。しかし、美雪にはある秘密があった。切なくもあり、昭和中期を舞台とした切なくもあり温かい気持ちになるラブストーリー映画となっている。

Read Article

目次 - Contents