LIAR GAME(ライアーゲーム)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『LIAR GAME』とは2005年より甲斐谷忍が『週刊ヤングジャンプ』で連載していたサスペンス漫画、およびそれを原作としたテレビドラマ作品。「バカ正直のナオ」と呼ばれる女子大生・神崎直(かんざきなお)が、巨額の金を賭けた騙し合いのゲーム「LIAR GAME(ライアーゲーム)」に巻き込まれ、天才詐欺師・秋山深一(あきやましんいち)とともにライアーゲームを戦い抜く姿を描いている。2007年4月にフジテレビ系列でドラマ化され、2009年11月にシーズン2が放送された。

『LIAR GAME』の概要

『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』上映情報/東宝

出典: www.toho.co.jp

『LIAR GAME』とは2005年より甲斐谷忍が『週刊ヤングジャンプ』で連載していたサスペンス漫画、およびそれを原作としたテレビドラマ作品である。
2007年4月に初のテレビドラマとしてフジテレビで放映された。2年後の2009年11月からは同局にてテレビドラマのシーズン2が開始した。また、テレビドラマシーズン2(全9話)では語られなかった"幻の第10話"『ライアーゲームX』や主人公・神崎直と天才詐欺師・秋山深一の過去を描くスピンオフドラマ『ライアーゲーム エピソードゼロ』も公開されている。さらに、『LIAR GAME』は映画化もされており2010年3月に『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』、2012年3月に『ライアーゲーム 再生』が上映された。
正直者の女子大生・神崎直(かんざきなお)が、巨額の金を賭けた騙し合いのゲーム『LIAR GAME(ライアーゲーム)』に巻き込まれ、天才詐欺師・秋山深一(あきやましんいち)とともにライアーゲームを戦い抜く姿を描いた物語である。巨額の金を賭けたゲームでは、金に目が眩んだ多くのプレイヤーが騙し合いや駆け引きを繰り広げる。そのなかで、お互いに信頼し合うことが大切だと説く主人公・神崎直の誠実さが生み出すストーリーは国内外問わず、幅広い支持を集めている。

『LIAR GAME』のあらすじ・ストーリー

トーナメント1回戦「1億円争奪ゲーム」

正直者の女子大生、カンザキナオのもとにライアーゲーム事務局から現金1億円が届いた。トーナメント1回戦ではこの1億円を対戦相手と奪い合う。

ナオの対戦相手は中学の担任、藤沢先生だったが、先生のことを信用しているナオはまんまと1億円を奪われてしまう。
しばらくの間、1億円を奪われたことに気づかなかったナオだったが、先生のふとした会話から自分が騙されていることを知り、1億円を返してもらうよう懇願する。
しかし、藤沢先生はナオからの必死の頼みに応じず、ナオは為す術がなくなり釈放された天才詐欺師・アキヤマに助けを求る。最初は相手にしなかったアキヤマだったが、バカ正直なナオを放っておけずライアーゲームに協力する。

アキヤマはナオと交代で24時間見張り続けることで藤沢にプレッシャーを与えるが、藤沢は頑丈な金庫を見せつけてこの中から1億円は奪う事はできないと言う。絶望するナオだが、アキヤマは絶対に1億円を奪うと宣言しその場を立ち去った。

いよいよゲーム終了となる17時になり、藤沢のもとにライアーゲーム事務局が回収に現れた。ライアーゲーム事務局から来た男はナオの1億円を合わせた合計2億円の照合を開始した。

勝利を確信した藤沢が2億円の使い道を考えていると、本物のライアーゲームの事務局を名乗る男が1億円の回収に現れた。パニックになった藤沢だったが、先に来た回収員はアキヤマの変装だった。

アキヤマはゲームの終了時刻を1時間早く偽った手紙を藤沢宅のポストに投函することで藤沢に誤った終了時刻を認識させたのである。

藤沢から1億円を奪うことに成功したナオだが、人間不信に陥った藤沢を救うために、藤沢に1億円を返還した。

トーナメント2回戦「少数決」

2回戦の挑戦者は全部で22名。
二者択一の問題にYESまたはNOで回答し、少数派になる回答をした人が勝ちというゲームである。

最後まで残ることができなければ1億円の負債を抱えるというルールに戸惑いを隠せないナオだったが、早速アキヤマは必勝法と呼べる作戦を立てた。
アキヤマは、8人でチームを組めば確実に誰か1人は賞金を手にすることができ、手にした賞金をチームで分配すればチームの全員が4千万円の賞金を手にすることができると言った。

作戦は順調に進んだが、アキヤマは違和感を覚えていた。
ナオもアキヤマの作戦通りゲームから脱落し、残っているのはアキヤマを含めた4人となった。

作戦通り順調に進んできたと思われた「少数決」だったが、最終決戦となる投票でアキヤマが抱いていた違和感の正体であるXが姿を表した。Xは女性に変装したフクナガで、8人チームを3つ作り全てに所属することで確実に勝利することができるというシナリオを描いていた。

しかし、Xの失言を分析することで早い段階からXの正体を見破っていたアキヤマは参加者の1人の石田と手を組むことでフクナガを騙し、見事勝利を収めることに成功した。

敗者復活戦 「リストラゲーム」

トーナメント2回戦で勝利を収めたナオだったが、ライアーゲーム事務局員のタニムラにまんまと乗せられてしまい1人で敗者復活戦に挑みことになった。

今回の敗者復活戦は投票数が少ない1名が脱落するルールであり、参加者はトーナメント2回戦「少数決」の敗者が集まったため、2回戦で参加者を騙し一人勝ちしようとしていたフクナガを敗者にしようと全員が一致団結していた。

しかし、フクナガの策略にはまり、参加者の中でナオだけが負債を抱えていないことを知られてしまう。参加者からの反感を買い最下位となったナオだったが、アキヤマの登場により形成は逆転した。

ナオは参加者たちと秘密裏に交渉を行い、10票を高値で買い取る。
これにより票はナオのもとに流れ、今まで安全圏にいた参加者たちは横並びで脱落ラインに立たされることになった。参加者たちは最下位から抜け出すために、ナオ(アキヤマ)の言い値で票を買わざるを得なくなった。

参加者たちによる票の売買が終了。ナオはミウラを最下位に選んだ。

ナオは仲間外れにされていたゲームの序盤で唯一優しく接してくれたミウラの借金を肩代わりし、ミウラをゲームから抜けさせる選択を取ったのである。

このゲームを通してナオは「みんなが正直でいさえすれば全員が救われる」という考えが芽生えた。

トーナメント3回戦 「密輸ゲーム」

3回戦の密輸ゲームは、2つの陣営に分かれて敵陣営にある自陣営の財産を自陣営に運び合うゲームである。
ただし、財産を運ぶ際には敵陣営の検査官のチェックが入るので、財産を運んでいることが敵陣営にばれないようあざむく必要がある。

今回の密輸ゲームでアキヤマとナオは、これまでナオたちを苦しめてきたフクナガと共闘することとなった。
頭脳だけでなく腕っぷしにも自信のあるフクナガをはじめ、そのフクナガを上回る頭脳を持つアキヤマを擁する南の国陣営の勝利は堅いと思われた。
しかし、ライアーゲーム事務局はアキヤマ、ナオやフクナガに加えて、北の国陣営の「ヨコヤ」と言う男にも注目していた。

ゲーム序盤、ナオたちの属する南の国陣営は、身内に内通者がいることに気付かず北の国陣営にリードを許してしまう。
ヨコヤの戦略を見破ることができず差が開いてしまう南の国陣営だったが、アキヤマが逆転の糸口を掴んだ。

アキヤマは南の国陣営の裏切りを逆手に取り、北の国のメンバーであるアカギたち3人にチームを裏切るよう提案をした。
アキヤマの提案を承諾してチームを裏切ったアカギたちだったが、ヨコヤに裏切りを見破られてしまう。
そして彼らはなす術なく、結果発表を迎えることになりました。

今回の密輸ゲームは、ゲームで使用される金を大量に保有したままゲーム自体には負けることで、借金を抱えることなくライアーゲームから抜けることが可能となる。
ヨコヤはこの作戦を実行しましたが、アキヤマ率いる南の国陣営がヨコヤの立てた作戦の実行に成功するという結果になった。

裏切りを見破られたアカギたちは、南の国陣営の戦略を北の国陣営に洗いざらい話したと思われたが、作戦の核心部分を隠しており裏で共闘していた。
アキヤマとナオは密輸ゲームで得た賞金を、このゲームで協力してくれたアカギたち3人の借金の返済に充てると宣言した。

ヨコヤは密輸ゲームで唯一個人で10億円以上の賞金を得ることに成功したが、主張がぶつかったナオを倒すため、ドロップアウトせずライアーゲームを続けることにした。また、ヨコヤへのリベンジに燃えるフクナガとナオたちの行動に心を打たれたアカギもライアーゲームに残ることに決めたのである。

敗者復活戦(2回目)

ライアーゲーム3回戦密輸ゲームを終えて、強敵「ヨコヤ」と戦い抜いたナオたちは、仲間たちをゲームから抜けさせることに成功した。
しかし、その代償としてナオとアキヤマは2人で8億の負債を背負い敗者復活戦に進むことになった。

敗者復活戦は3対3のチーム戦で、3種類のゲームのうち先に2勝したチームの勝利となる。

ナオはアキヤマ、フクナガと同じチームになった。

敗者復活戦1「24連装ロシアンルーレット」

初戦を任されたフクナガは、敵チームのニシダと戦う。

フクナガは敵チームのニシダを翻弄し、圧倒的に差をつけた状態でゲームは進行した。
フクナガはそのまま大差をつけてゲームを終えようとしたが、このゲームが引き分けになることでより儲ける策を見つけたため残りのゲームをわざと負けて欲しいとナオから頼まれた。

フクナガはニシダと引き分けることに成功し、引き分けにさせた理由をナオに聞いた。
ナオはこのゲームでプレイヤーが勝つことは、ライアーゲーム事務局を儲けさせることに繋がってしまうため、嘘をついてフクナガを騙したことを明かしたのである。

敗者復活戦2「17ポーカー」

2回戦に参加したアキヤマはキクチと戦う。
「17ポーカー」はカードを17枚使用するという点のみが通常のポーカーと異なるルールである。

アキヤマはこれまでのゲームにおいて卓越した頭脳を活かし圧勝してきたが、「17ポーカー」ではキクチ相手に苦戦を強いられた。

元ボクサーで動体視力の良いキクチは、ディーラーのシャッフルする癖からジョーカーの位置を特定し、自分の手札にジョーカーが入るようにカードを切らせることができた。
ジョーカーの位置を自在に操れるキクチ相手になす術もなく敗戦を重ねるアキヤマだったが、ゲームの途中に逆転の糸口を発見した。
アキヤマはキクチに引き分けを提案するも、キクチは聞く耳を持たない。

「17ポーカー」は最終ラウンドに突入し、お互いの手札が開示。
結果はアキヤマの大勝となったのである。

アキヤマは使用されるカードが毎回新品であることからカードの並び順を完璧に把握し、ディーラーにシャッフルの回数を指定することで配られる手札を完全にコントロールすることでキクチに勝利したのである。

アキヤマはリードを奪ったまま、ナオに3回戦を託した。

敗者復活戦3「回らないルーレット」

1勝1敗で迎えた大将戦は、ナオとコサカの戦いとなった。
ナオは敵チームのメンバーを救いたいと訴えたが、2回戦のキクチ同様、コサカも聞く耳を持たなかった。

コサカを説得することは難しいと思われたためナオはゲームを進めたが、ナオの戦略はコサカに筒抜けになっていた。
フクナガはコサカと秘密裏に同盟を結んでおり、「ナオは嘘をつくとき瞬きをする癖がある」という情報を流していたのである。

ナオはコサカとフクナガが繋がっていることに気づかないままゲームは最終ターンを迎えた。
コサカはナオの癖を確認し、勝利を確信。そして、全てのチップを一箇所にベットしたのである。

ここで当てられてしまえばナオたちは巨額の負債を背負うことが確定する。

勝利を確信したコサカだったが、一点に集中して賭けた場所は外れていた。
状況を飲み込めないコサカに対して、フクナガはナオが瞬きをする癖は嘘であることを告げたのである。

大きな勝利を手にしたナオたちだったが、ニシダ、キクチ、コサカの借金を肩代わりし4回戦に進むことで、敗者復活戦で戦った敵チームを救済したのである。

トーナメント4回戦予選 「感染(パンデミック)ゲーム」

4回戦予選は12人ずつに分かれて別会場で行われた。
今回はフクナガは別会場で予選を行うことになり、ナオ、アキヤマ、アカギはヨコヤと同じ会場でゲームを行った。

ゲームが開始すると、ナオは全員で協力すれば全員が決勝戦に進出できるという案を提案。
参加者たちはナオの提案通り協力して「パンデミックゲーム」を進めたが、ヨコヤはわざとウイルスを拡散し妨害を行なった。
誰がウイルスを拡散させたか不明な状況になり、プレイヤーたちは他人を信じて協力することができず膠着した状況が続いた。
アキヤマは硬直した状況を変えるために動いたが、またもヨコヤがプレイヤーの不信感を煽ったため、策は上手くいかなかった。

ゲームは終盤に向かいヨコヤたちの勝利は確定したと思われた。
しかし、ナオたちは「パンデミックゲーム」の肝となる検査室を占拠し、状況は逆転。
勝ち目がなくなったヨコヤはナオの条件に従い、全員が脱落しないよう手を回したのである。

4回戦予選では、ヨコヤvsナオ、アキヤマの戦いに決着はつかず、戦いの結果は本戦に持ち越されることになった。

「パンデミックゲーム」から脱落者を出さずにゲームを終えたナオは、ディーラーに別会場で予選を行ったフクナガの状況を確認した。
するとディーラーの口からは、ナオの予想に反して「フクナガは予選で敗退した」という言葉が返ってきた。

トーナメント4回戦本戦 「椅子取りゲーム」

bync94
bync94
@bync94

Related Articles関連記事

SPEC・SICK'Sのスペックホルダー・能力まとめ

SPEC・SICK'Sのスペックホルダー・能力まとめ

『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』とは、捜査一課が手に負えない超能力SPEC(スペック)を使った特殊な事件を捜査する、公安部の組織「未詳」の刑事らの活躍を描いたテレビドラマ。続編に配信限定ドラマ『SICK'S〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜』がある。 「スペックホルダー」とは、常人が普段使用していない脳の90%の力を発揮してSPECに目覚めた人物のこと。その能力は様々であり、劇中では犯行を完遂させた能力がどのような力であるかを推察・謎解きして解決に臨む。

Read Article

ブラッディ・マンデイ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ブラッディ・マンデイ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ブラッディ・マンデイ』とは龍門諒の漫画作品を原作とした三浦春馬主演の連続テレビドラマ。2008年に放送され、2010年にはシーズン2も始まり大きな話題となった。2020年に発表された「三浦春馬が最強にかっこよかった作品ランキング」では1位を取得するほどの人気作品である。 天才ハッカー高木藤丸(たかぎふじまる)が家族や友達、日本をウイルステロから救うために持ち前のハッキング技術を活かしてテロ組織に立ち向かう。豪華俳優陣が描くヒューマン・ビジネスサスペンスである。

Read Article

リバース(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

リバース(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『リバース』とは、2017年4月から6月まで放送された湊かなえのミステリー小説が原作のテレビドラマである。主人公の深瀬和久は、10年前に大学時代の友人たちと卒業旅行に行った際、親友・広沢由樹が失踪し、遺体となって発見された。10年前の事件について深瀬たちに何者かが告発文を送りつけられ、その犯人を突き止めていくミステリー。現在と過去を交互に描いていくストーリーが、人気を博した。

Read Article

流星の絆(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

流星の絆(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『流星の絆』とは、東野圭吾の同名小説『流星の絆』が原作となったミステリードラマである。子どものころに両親を殺された三兄妹が復讐を誓い、真犯人にたどり着くまでを描く。2008年10月から12月に、TBS系22時からの金曜ドラマ枠で放送された。脚本は宮藤官九郎が手掛け、基本のストーリーは守りつつも青春ドラマ的な要素やコメディー的な要素が加わったことで、原作とは大きく異なる世界観となっている。主役の三兄妹を二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香が演じる。

Read Article

コンフィデンスマンJP -ロマンス編-(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

コンフィデンスマンJP -ロマンス編-(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』とは2019年に公開された、詐欺師をテーマにした映画作品。東京ドラマアウォードなどの賞を受賞した、総合視聴率15.1%の人気テレビドラマを映画化した1作目。大ヒットした痛快エンターテインメント映画で、ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人のコンフィデンスマン(信用詐欺師)が、悪い奴から詐欺で大金を巻き上げるストーリー。今回のおさかな(ターゲット)はラン・リウ。恋愛詐欺師のジェシーと日本のゴットファザーの赤星も加わり、香港を舞台にコンゲームを繰り広げる。

Read Article

SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜(ドラマ・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜(ドラマ・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』とは、超能力などを使った特殊な事件を捜査するために設立された、未詳事件特別対策係を舞台にした刑事ドラマ及び原作をもとにした映画である。IQ201の天才刑事と警視庁特殊部隊 (SIT) 出身の捜査官が特殊能力(SPEC)を持つ犯人と対決する姿が描かれている。ドラマ初期にはミステリーなストーリーが繰り広げられ、後半になるとSPECに関わる陰謀劇が中心となっている。2人の刑事の個性的なキャラクターも見どころのひとつだ。

Read Article

グランメゾン東京(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

グランメゾン東京(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『グランメゾン東京』とは、2019年に放送された、天才シェフが東京で三ツ星レストランを目指すテレビドラマ。尾花夏樹は経営するパリの店で事件を起こして全てを失ってしまう。そんな中、女性シェフ早見倫子に出会い、共に「グランメゾン東京」を開店させ、三つ星獲得を目指すストーリー。『グラグラメゾン♥東京 〜平古祥平の揺れる思い〜』というスピンオフドラマも放送された。

Read Article

僕のヤバイ妻(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

僕のヤバイ妻(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『僕のヤバイ妻』とは、2016年にフジテレビで放送されていた、脚本・黒岩勉、主演・伊藤英明のサスペンスドラマだ。その他、木村佳乃や相武紗季などが出演している。カフェを経営する望月幸平は、妻の望月真理亜との結婚生活に嫌気がさしていたが、別れられない事情があった。そんなある日、幸平は愛人の北里杏南に妻の殺害を持ち掛けられる。そこで幸平は真理亜の飲むワインに毒を仕込んで殺そうとするが、突然彼女が誘拐されてしまった。しかしその誘拐事件には、真理亜の思惑が潜んでいた。

Read Article

シグナル 長期未解決事件捜査班(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

シグナル 長期未解決事件捜査班(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『シグナル 長期未解決事件捜査班』とは、過去と現在が無線機による通信で繋がり、その無線機を使ってそれぞれの時代の刑事が事件を解決していくという刑事ドラマである。2018年にフジテレビ系で放送された連続ドラマで、韓国で数々の賞を受賞したドラマ『シグナル』の日本版リメイクとなっている。過去と現在が同時進行で描かれ、未解決事件を解決する現在の長期未解決事件捜査班と、その事件が実際に起こっている過去が繋がり、事件解決だけでなく謎や秘密が明らかになっていく。

Read Article

HERO(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

HERO(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『HERO』とは、第1期が2001年に、第2期が2014年にフジテレビ系で放送された、検察をテーマにした日本のテレビドラマシリーズ。木村拓哉が主演を務め、自身の正義と価値観で捜査を行う型破りな検事・久利生公平と彼を支える検察事務官、同僚検事たちの活躍を描いている。その他、2006年にドラマ特別編が、2007年には劇場版がそれぞれ制作され、2015年には劇場版第2作が制作された。第28回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞を受賞した。

Read Article

昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』とは、2014年にフジテレビの木曜22時枠で放送されたドラマ。脚本は井上由美子が手掛ける。主演は上戸彩。その他、吉瀬美智子や斎藤工、北村一輝などが出演している。2017年に公開された映画版では、ドラマの3年後が描かれている。主婦の笹本紗和は夫と平凡に暮らしていたが、彼女が勤めるスーパーの駐車場で車上荒らしが発生したことをきっかけに、高校生教師の北野裕一郎と出会う。そして紗和は葛藤しながらも彼と不倫関係に陥り、やがて本気の恋愛へと発展していった。

Read Article

阪急電車 片道15分の奇跡(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

阪急電車 片道15分の奇跡(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『阪急電車 片道15分の奇跡』とは2011年に全国東宝系で公開されたハートフル群像劇映画である。有川浩が2008年に発表した連作短編集『阪急電車』を原作とし、 監督三宅喜重、脚本岡田惠和、主演中谷美紀で映画化された。同じ電車に乗り合わせた8人の乗客たちがそれぞれ少しずつ関わり合い、笑顔になっていくさまが描かれる。作品の舞台となる阪急電車の他、西宮市や宝塚市なども制作に協力し、地元愛が強く溢れた映画に仕上がっている。

Read Article

謎解きはディナーのあとで(謎ディ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

謎解きはディナーのあとで(謎ディ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『謎解きはディナーのあとで』とは、東川篤哉による同名小説を原作とした、フジテレビ系列の連続推理テレビドラマである。2011年10月から火曜21時枠で放送され、最高視聴率18.1%を記録した。世界有数の大企業の令嬢・宝生麗子は、お嬢様であることを隠し国立署の新人刑事として日々奮闘していた。麗子の新たな執事となった影山は毒舌を吐きながら、麗子から聞く捜査内容だけで事件を推理し解決に導いてゆく。毒舌執事を嵐の櫻井翔が、お嬢様刑事を北川景子が演じ話題となった。

Read Article

大恋愛〜僕を忘れる君と(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

大恋愛〜僕を忘れる君と(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『大恋愛〜僕を忘れる君と(ドラマ)』とは、TBS「金曜ドラマ」で2018年10月から12月までの間で毎週金曜夜10時から放送されたテレビドラマである。若年性アルツハイマーにおかされた女医と自分を忘れていく恋人を明るくけなげに支えていく元・小説家の10年にわたる愛の軌跡を描いた王道ラブストーリー。圧巻の演技力を誇る国民的大女優の戸田恵梨香が主人公を演じ、さらにドラマや舞台などで大活躍中の個性派俳優ムロツヨシが恋人役として出演している。実力を兼ね備えた二人の演技が話題となった作品である。

Read Article

コンフィデンスマンJP(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

コンフィデンスマンJP(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『コンフィデンスマンJP』とは、2018年4月9日〜6月11日まで、フジテレビ系列で毎週月曜日21時から「月9」枠で放送された。主要キャストが全員詐欺師となっている。11年ぶりに「月9」の主演に抜擢された長澤まさみが、ダー子を演じる。他に、「月9」初出演の東出昌大はボクちゃん、ベテラン俳優の小日向文代はリチャードを演じる。古沢良太脚本としては、初の"コンゲーム"をテーマとした、痛快エンターテインメントコメディー作品。毎話豪華ゲストを相手に、奇想天外で壮大な騙しあいバトルが見どころである。

Read Article

家売るオンナ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

家売るオンナ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『家売るオンナ(ドラマ)』とは、は、2016年7月から9月にかけて放送された、スーパー営業マンの不動産販売をテーマとしたドラマである。主演は北川景子で、天才的不動産屋・三軒家万智が、顧客の悩みや問題点を解決しつつ、家を売りまくるというストーリー。数々の賞を受賞し、海外でも方された人気ドラマで、2017年5月にはスペシャルドラマ『帰ってきた家売るオンナ』、2019年1月から3月まで、続編として『家売るオンナの逆襲』が放送された。

Read Article

ガリレオ(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ガリレオ(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ガリレオ』とは、ガリレオと称される物理学者・湯川学を主人公とした東野圭吾の連作推理小説。小説を原作にフジテレビ系の月9シリーズにて連続ドラマとして映像化された。主演は福山雅治。 湯川の大学の同級生である警視庁の刑事草薙から、湯川が事件の相談を受けるところから物語は始まる。事件捜査には興味がない湯川だが、人の頭部だけ燃える、見えるはずのないものが見えたなど、一見すると超常現象とも取れる不可解な事件に対し科学者として興味を持った時にこれらの謎の解明に挑む。

Read Article

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子(猟奇犯罪捜査班)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子(猟奇犯罪捜査班)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ON異常犯罪捜査官・藤堂比奈子(猟奇犯罪捜査班)』とは、内藤了が執筆したミステリー小説『猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』シリーズを原作に制作したフジテレビ系列のドラマで、2016年に火曜夜10時ドラマ枠で放送された。新米刑事の藤堂比奈子は異常犯罪者にとても興味をもっていた。どんな気持ちで殺人をしどこでそのスイッチが入るのか興味深いと捜査するが、そこには自分の生い立ちなど関わっており、物語が進むにつれて比奈子の過去や現在の謎にも迫っていくストーリーになっている。

Read Article

青天を衝け(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

青天を衝け(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『青天を衝け』とは2021年にNHKで放送された大河ドラマ。幕末〜昭和初期を舞台に、実業家として日本の礎を築いた渋沢栄一を主人公としている。主演は吉沢亮が務めた。武蔵国の農民であった渋沢栄一は後に将軍となる一橋慶喜に仕えることで、幕末の動乱に巻き込まれていく。明治に入った後は官僚として新政府を支え、下野した後は実業界に入り数々の企業の経営に携わった。ドラマでは常に前を向き未来を切り開いていく栄一の姿が描かれている。第110回ザテレビジョンドラマアカデミー賞を受賞している。

Read Article

TOKYO MER(走る緊急救命室)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

TOKYO MER(走る緊急救命室)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『TOKYO MER(走る緊急救命室)』とは、2021年7月から9月まで放送された本格救命医療ドラマ。都知事の号令で東京海浜病院内に設置された、試験運用中の救命救急プロフェッショナルチームTOKYO MER。最新の医療機器とオペ室を搭載したERカーで、危険な重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、負傷者に救命処置を施すチームの活躍を描く。一人も死者を出さないことが、彼らに課されたミッションである。コロナ禍で新型コロナウイルスとの闘いを続ける医療従事者に感謝の意を込めたドラマとして放送された。

Read Article

御手洗家、炎上する(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

御手洗家、炎上する(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『御手洗家、炎上する』とは、Netflixで配信されているサスペンスドラマで、原作は藤沢もやしによる漫画作品。主演は永野芽郁。その他、鈴木京香、中川大志などが出演している。 村田杏子は代々病院を経営する御手洗家の長女だったが、火事で家が全焼するという事件が起こり、両親が離婚してしまう。だが、杏子は後妻の御手洗真希子が火事を起こしたのではないかと疑っていた。そのため、杏子は御手洗家に家政婦として潜入し、火事の真相を暴く決意をする。杏子が家庭を壊した真希子に復讐する、復讐劇が繰り広げられる。

Read Article

ONE OUTS(ワンナウツ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ONE OUTS(ワンナウツ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ONE OUTS』とは、甲斐谷忍による漫画作品。集英社『ビジネスジャンプ』に1998年~2006年まで連載されていた。完結してもなお、根強い人気を誇っている作品である。弱小球団であるリカオンズの救世主として渡久地東亜がチームに入り、リーグ優勝に導くために様々な策や戦略を練って対戦相手やオーナーに立ち向かっていくストーリーとなっている。「野球」という王道のスポーツゲームの中で、緻密で狡猾な「騙しあい」や「メンタルゲーム」の側面が描かれていることが、作品の魅力の1つである。

Read Article

マイファミリー(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

マイファミリー(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『マイファミリー』とは2022年にTBSの日曜劇場で放送されたドラマである。二宮和也と多部未華子が演じる夫婦の子どもが誘拐されるところから物語は始まる。誘拐の方法が過去に隠蔽された誘拐事件と似ていたことから、当時かかわっていた警察関係者も動き出す。家族、警察、犯人の思いが交錯したストーリーから目が離せないと、最終回まで話題となったノンストップファミリーエンターテイメントである。

Read Article

ラストマンー全盲の捜査官ー(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ラストマンー全盲の捜査官ー(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ラストマン-全盲の捜査官-』とは2023年にTBS系「日曜劇場」枠にて放送されていたサスペンスドラマである。現代社会を多く取り上げており、登場人物たちの痛快なやりとりや事件を通しての人間関係などが描かれている。研修生として来日したFBI捜査官である皆実広見(演:福山雅治)は全盲でありながらも数々の事件を解決することから「ラストマン」と呼ばれていた。そんな皆実のアテンドに選ばれたのは護道心太朗(演:大泉洋)という嫌われ者刑事であり、正反対の2人は次々に起こる難事件に挑んでいく。

Read Article

ゴールデンカムイ(実写映画版金カム)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ゴールデンカムイ(実写映画版金カム)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

実写版『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルの同名漫画を原作とする2024年公開の映画作品。山﨑賢人、山田杏奈、玉木宏、舘ひろしといった豪華俳優陣が出演し、監督は久保茂昭が務めた。キャッチコピーは「猛き者達よ、奪い合え」、「果たすべき、使命はあるか」。 明治末期の北海道。戦争帰りの兵士杉元佐一は、「アイヌがどこかに隠した莫大な金塊」の噂を耳にする。金塊を巡る陰謀の中で父を失ったアイヌの少女アシリパと出会った杉元は、彼女と組んで金塊探しに挑み、その情報を持つ脱獄囚たちや陸軍との争奪戦を繰り広げる。

Read Article

俺の家の話(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

俺の家の話(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『俺の家の話』とは、2021年にTBSテレビ系「金曜ドラマ」で放送されていたテレビドラマ。主演・長瀬智也×脚本・宮藤官九郎が11年ぶりにTBS連ドラでタッグを組んだことで話題になる。長瀬演じるプロレスラーの観山寿一が、西田敏行演じる能楽師で人間国宝の父・観山寿三郎の介護をきっかけに、疎遠であった家族や能に向き合う日々を描く。社会問題でもある介護を題材にしているが、宮藤作品ならではのコミカルな演出と軽快なテンポで作品が進んでいくのが魅力の作品である。

Read Article

【上野樹里】辛すぎる…親が早くに亡くなった有名人・芸能人まとめ【松田翔太】

【上野樹里】辛すぎる…親が早くに亡くなった有名人・芸能人まとめ【松田翔太】

両親ともに健在なのはありがたいことですが、各界で活躍する有名人・芸能人の中には早くに親を亡くしてしまった方がいます。この記事では、そんな彼ら/彼女らについてまとめました。大人になってから親を亡くすのはもちろん辛いけど、まだまだ親の愛情が必要な子どもの頃に親が早世してしまうのはもっと辛いこと。現在のような活躍の裏でこんな悲しい出来事があったんだと思うと、自然と応援したくなりますね。

Read Article

【桐谷美玲】「痩せ=美」の風潮は変わるのか?日本の痩せすぎ芸能人まとめ【戸田恵梨香】

【桐谷美玲】「痩せ=美」の風潮は変わるのか?日本の痩せすぎ芸能人まとめ【戸田恵梨香】

長い間、痩せていることが賞賛されてきたエンタメ・ファッション業界。しかしフランスでは痩せすぎモデルを雇用しないなど、「痩せ=美」という風潮を変えようとするアクションが世界中で起こっています。日本ではこの問題をどう捉えているのか、日本の痩せすぎ女優・モデルの情報を交えながら紹介します。

Read Article

衝撃エピソード「次世代排泄物ファナモ」について【世にも奇妙な物語】

衝撃エピソード「次世代排泄物ファナモ」について【世にも奇妙な物語】

「世にも奇妙な物語’14秋の特別編」で放送されたエピソード、「次世代排泄物ファナモ」。匂いはなく、真っ黒で無機質な棒状をしているファナモを巡り、摩訶不思議なストーリーが展開されていきます。その衝撃的すぎる内容は、視聴者を困惑させ、ネットでも話題になりました。ここでは「次世代排泄物ファナモ」の内容を、画像やファンの反応を交えながら徹底的に紹介していきます。

Read Article

歯茎が可愛いグッキー&ガミーな有名人まとめ!戸田恵梨香や横澤夏子など

歯茎が可愛いグッキー&ガミーな有名人まとめ!戸田恵梨香や横澤夏子など

「グッキー」という言葉をご存知でしょうか。笑った時に歯茎がニュッと出る人のことだそうで、英語では「ガミースマイル」と呼んでいるそうです。この記事では、そんなグッキーもしくはガミーな有名人についてまとめました。歯茎が見えてしまうことを気にする方も多いけれど、周囲から見ると意外と可愛く映っているかもしれませんよ。

Read Article

NEW
ギャップがスゴい!元ヤン女性芸能人の過去との比較画像まとめ

ギャップがスゴい!元ヤン女性芸能人の過去との比較画像まとめ

今をときめく人気女優やタレントとして活躍している女性芸能人の中には、過去にヤンキーだった方もいます。今の活躍を見ていれば信じられないギャップですが、中には今でもヤンキーっぽく見える方も…。彼女たちも人間ですから、ヤンチャな時期は誰にだってあるものです。過去は過去として、あまり深刻に受け止めすぎないようにしましょうね。

Read Article

NEW
戸田恵梨香の「LIAR GAME」降板理由まとめ!「空気を乱した説」や「共演者との不仲説」など

戸田恵梨香の「LIAR GAME」降板理由まとめ!「空気を乱した説」や「共演者との不仲説」など

2007年に放送されたドラマ『LIAR GAME』で主演を務めた戸田恵梨香。本作は2009年のシーズン2の放送を経て映画化もされたほどの人気作で、キャスト陣も変わらずでした。ところが、劇場版の第2弾である『LIAR GAME -再生-』では戸田恵梨香が降板し、多部未華子が主演を務めることに。本シリーズは戸田恵梨香の代表作でもあっただけに、彼女の降板に様々な憶測が流れています。この記事では、その理由とネット民の反応についてまとめました。

Read Article

目次 - Contents