Mother(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Mother』とは、2010年4月から水曜22時に日本テレビ系で放送されていたドラマで、坂元裕二が脚本を手掛ける。主演は松雪泰子。その他、山本耕史や芦田愛菜などが出演している。母性をテーマに、様々な視点から母親について描かれている作品である。小学校教諭の鈴原奈緒は、ある日教え子の道木怜南が極寒の中でゴミ袋に入れられ、捨てられているのを発見する。それをきっかけに、奈緒は怜南の母親になることを決意し、彼女を誘拐した。そして奈緒は怜南の母親になることで、女性として人間として成長していくのだった。

『Mother』の概要

『Mother』とは、2010年4月14から6月23日まで、毎週水曜日22時に日本テレビ系の水曜ドラマ枠で放送されたテレビドラマである。脚本は『東京ラブストーリー』や『世界の中心で、愛をさけぶ』など、数々のヒット作を手掛けてきた坂元裕二。主演は松雪泰子。その他、山本耕史や倉科カナ、芦田愛菜などが出演している。平均視聴率12.9%、最高視聴率は16.3%を記録し、ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞で最優秀作品賞や主演女優賞を獲得するなど、多くの賞を受賞した。本作は母性がテーマとなっており、さまざまな視点から母親について描くことにより、母親とは何か、愛とは何かについて考えさせられる内容になっている。また松雪泰子を始め、子役の芦田愛菜や尾野真千子、田中裕子などのキャスト陣の熱演も見どころである。

大学で渡り鳥の研究をしていた鈴原奈緒(すずはらなお)は、研究室が閉鎖されたことを機に、小学校の教師となる。そして産休の教師の代わりに担任を任された奈緒は、クラスで浮いている道木怜南(みちきれな)という少女と出会う。奈緒は怜南が虐待されていることに薄々気づいていたが、見て見ぬふりをしていた。しかしある日、奈緒は極寒の中、薄着でゴミ袋の中に入れられている怜南を発見する。それをきっかけに、奈緒は怜南の母親になることを決意し、彼女を誘拐した。そして奈緒は怜南の母親になることで、人として女性として成長していくのだった。

『Mother』のあらすじ・ストーリー

奈緒と怜南の出会い

奈緒(右)が怜南(左)に誘拐すると宣言する場面

鈴原奈緒(すずはらなお)は、30半ばになるまで恋人も作らず結婚もせず、室蘭の大学で渡り鳥の研究に没頭していた。しかし突然大学の研究室が閉鎖となり、やむなく小学校の理科の教師となる。そして産休の教師の代理として1年生の担任を任された奈緒は、クラスの中で浮いた存在の道木怜南(みちきれな)と出会う。奈緒は少し変わっている怜南が苦手で冷たい態度で接していたが、怜南はなぜか奈緒のことを慕っていた。しかし奈緒は怜南と過ごしていくうちに彼女の体にアザがあることに気づく。さらに怜南は満足に食事を与えられていないため、栄養失調で周りの子より発育が遅く、夜中に度々1人で出歩く姿も目撃されていることから、虐待の疑いが強かった。しかし奈緒も周りの大人たちも、見て見ぬふりをしていた。

そんなある日、奈緒は怜南が極寒の中、薄着でゴミ袋に入れられ、捨てられているのを発見する。そして奈緒に自宅に連れて来られた怜南は「赤ちゃんポストに行きたい」と懇願した。怜南を不憫に思った奈緒は「あなたを誘拐する。あなたのお母さんになろうと思う」と宣言した。それから奈緒は小学校を退職し、住んでいた部屋を引き払うなどして準備を整える。そして漁港で怜南が海に落ちて行方不明になったように装い、警察の大捜索が始まる中、奈緒は怜南と共に東京行きの列車に乗り込んだ。その車内で奈緒は怜南を自分の娘にするため、鈴原継美(すずはらつぐみ)と名付けた。

継美の母親になった奈緒

児童養護施設近くの花畑で花を摘む継美(右)を迎えに行く奈緒(左)

人目を避けるために継美と共に途中下車した奈緒は、不注意により駅でお金を盗まれてしまう。途方に暮れた奈緒は、幼い頃に自分が入所していた児童養護施設を頼ることにした。だが、施設は荒れ果てており、認知症を患った園長の野本桃子(のもとももこ)が1人で滞在していた。奈緒は継美としばらくの間、そこで過ごし、一時的に記憶を取り戻した野本が思い出を語る。しかし野本は福祉施設に引き取られることとなり、奈緒と継美は涙を流しながら彼女と別れた。その後、東京に辿り着いた奈緒は継美と一旦別れ、自分を7歳の時に引き取ってくれた里親である鈴原籐子(すずはらとうこ)が経営する会社を訪ね、継美のことを隠してお金を借りた。

一方、奈緒を捨てた実母の望月葉菜(もちづきはな)は、偶然街中で奈緒を目撃する。その際、継美が奈緒を「お母さん」と呼んでいたことから、葉菜は継美のことを奈緒の娘だと思い込み、1人になった彼女の後をつける。しかし継美に見つかってしまい、彼女は服にタグがついたままの葉菜のことを「うっかりさん」とあだ名をつけて仲良くなった。それから奈緒が住む場所と仕事を探している間、1人でいる継美の面倒を葉菜が見るようになった。奈緒は葉菜が自分の実母だとは知らないため、何かと継美を気にかけてくれる彼女に親しみを持つ。そんな中、奈緒は仕事を見つけて働き始めるが、継美は熱を出し、葉菜に助けを求める。継美を看病してくれた葉菜の元に向かった奈緒は、彼女に母親に捨てられたときのことを語り、「母に会いたくない」と告げる。その思いを知った葉菜は人知れず涙した。

葉菜から「実家のお母さんのところに帰った方が良い」と助言を受けた奈緒は継美を連れて、育ての親である籐子の元へ戻る。籐子は継美を見て戸惑いつつも、何も聞かずに奈緒を受け入れた。そして籐子は孫として継美を可愛がる。一方、葉菜は新聞の記事で継美が、室蘭で行方不明になった子供だと知る。それでも奈緒と継美の味方をする葉菜は、身分を明かせずに手間取っていた継美の転入手続きに協力。継美は無事小学校に通えるようになった。しかしひょんなことから、葉菜が自分を捨てた実母だったと知った奈緒は怒り、彼女を拒絶し始める。そんな中、週刊誌の記者である藤吉駿輔(ふじよししゅんすけ)は、怜南の行方不明事件に奈緒が関わっていることを突き止め、真相に辿り着く。そして駿輔は「黙っている代わりにお金を用意しろ」と奈緒を脅迫し、付きまとうようになる。奈緒が脅されていることを知った継美は、葉菜に相談する。葉菜は通帳と印鑑を奈緒に渡すが、奈緒は「これ以上関わるのはやめてほしい」と拒絶する。すると葉菜は奈緒の前で通帳と印鑑をゴミ箱に捨てた。その様子を見ていた駿輔はゴミ箱からそれを拾い上げ、「これで手を打つ」と言う。だが、奈緒は「お金は自分で何とかする。こんなものを使うくらいなら死んだ方がマシだ」と葉菜の通帳を取り返す。継美を守ろうとする奈緒の強い意思を感じた駿輔は、かつて取材対象だった虐待児を救えなかった過去を語り、彼女の前から去っていった。そして奈緒は通帳を葉菜に返し、彼女を責める。そこへ籐子もやってきて、葉菜を平手打ちし「お金なんかで、あなたがこの子にした罪は消えない」と罵倒した。その後、奈緒と飲みに行った籐子は、彼女を施設から引き取った時の思い出などを語った。

ついに逮捕される奈緒

怜南(右)を可愛がる仁美(左)

怜南の母親である道木仁美(みちきひとみ)は、死んだとされる怜南の葬儀を終えるが、警察に虐待がバレることを恐れ、怯える生活を送っていた。そんな中、仁美は怜南の持ち物などから奈緒の関連を疑い、探りを入れるために鈴原家に電話を掛ける。その電話に出てしまった継美は、仁美の声に驚いて思わず「ママ」と答えてしまう。それをきっかけに奈緒は、籐子や妹たちに継美のことを全て打ち明けた。籐子は継美を母親の元に返すべきだと諭すが、奈緒は家族に迷惑はかけまいと「戸籍を外してほしい」と頼む。ところが、継美は奈緒宛てに置き手紙を置いて家を出て行ってしまう。奈緒からそのことを聞いた駿輔は、彼女に協力し、継美を見つけ出した。だが結局籐子は奈緒の養子離縁を決意し、奈緒と継美は家を出ていった。その後、ホテルに身を寄せる奈緒たちの元に葉菜がやってきて、「あなたたちを守りたい」と告げ、理髪店の自宅で3人で暮らし始める。そして継美の提案により、葉菜の誕生日に3人で遊園地に出かけ、楽しいひと時を過ごした。葉菜との暮らしから子供を守ることの本当の意味に気づいた奈緒は、葉菜に歩み寄りたいという思いを伝える。ただ「1つだけ、どうして私を捨てたのか知りたい」と尋ねる奈緒に、葉菜は昔夫を殺して刑務所にいたこと、警察から逃げ惑っていたが、どうしようもなくなって奈緒を捨てたことを語った。

一方、仁美は怜南が奈緒のところにいることを確信し、東京に向かう。そして怜南の居場所を突き止めた仁美は、怜南に会いに葉菜の理髪店にやって来る。葉菜や菜緒は制止するが、仁美はそれを振り切り、2階にいる怜南の元に向かう。それに気づいた怜南は押し入れに閉じこもるが、仁美は彼女が自分のことを好きだと信じ、ふすまの前で「ママとぎゅうってしよう?」と優しく声をかける。そんな彼女の言葉に、怜南は過去のことを思い出す。元々仁美は夫と一緒に赤ん坊だった怜南を育て、3人で幸せに暮らしていた。しかしその後、夫と離婚。仁美は1人で仕事をしながら懸命に怜南を育てていたが、徐々に精神的に追い詰められていき、スナック経営者の浦上真人(うらがみまさと)と付き合い始めたことをきっかけに、怜南に強く当たるようになってしまったのだ。そして怜南は仁美の前に現れ、「好きでも嫌いでもない。もうママじゃないからね」と告げた。それを聞いた仁美は去っていき、奈緒と葉菜は声を上げて泣き出す継美を抱きしめた。その後、奈緒は仁美に会いに行き、「あなたが継美に愛情があるなら、あの子を返したい」と伝える。しかし仁美は奈緒に「好きではないと言われたの。そんな子死んだのと同じ」と言って、室蘭に帰っていった。そして仁美は事情聴取に訪れた警察に、「怜南は誘拐された」と告発した。

その後、奈緒は突然やってきた葉菜の主治医から、彼女が急性白血病であることを聞く。奈緒は葉菜の体調を気遣うが、葉菜は病気のことを隠し続けた。そんな中、奈緒は闇取引で戸籍を買うために、葉菜と継美と共に伊豆へ向かう。そこで3人で穏やかな時間を過ごす中、奈緒の元に駿輔から連絡が入り、仁美が警察に告発したことを知らせる。自首する気はないという奈緒に、駿輔は告訴状を取り下げるよう仁美を説得することを約束した。だが、仁美はすでに告訴状を出してしまっていた。翌日、奈緒は戸籍を入手するために1人で行動するが、警察に見つかり、ついに捕まってしまった。

奈緒と継美の再会と別れ

理髪店で最後の時間を過ごす奈緒たち

葉菜は警察に全ては自分が指示したことだと訴え、奈緒を庇おうとするが、奈緒は誘拐したことを認めた。そして継美は怜南の名前に戻り、児童養護施設に預けられることとなった。一方、鈴原家にはマスコミが押しかけ、大騒ぎになっていた。結局籐子は奈緒の養子離縁届を提出せず、社長を解任。妹の鈴原果歩(すずはらかほ)は就職内定を取り消されたが、奈緒を家族として支えていく決意をする。仁美と愛人の真人は継美の虐待の罪により、逮捕された。そして奈緒は裁判の結果、執行猶予付きの判決を受けた。釈放され、鈴原家に帰宅した奈緒は、駿輔が撮影した児童養護施設での継美の様子を見る。怜南として施設の子と楽しそうに過ごす継美の姿に、奈緒は自分を忘れたという寂しさと嬉しさから涙を流す。

一方、葉菜は急性骨髄性白血病のために入院。籐子は葉菜から口止めされていたものの、奈緒にそのことを伝えた。翌日、奈緒は入院中の葉菜の元へ行くが、葉菜は彼女に遠慮し「帰りなさい」と言う。奈緒が「離れてても母でいてくれたことを分かっている。だから今度はあなたの娘にさせて」と話すと、葉菜は彼女を抱きしめた。その夜、継美が施設の固定電話から奈緒の携帯に電話をかけてきて、2人は久しぶりに会話を交わす。継美は奈緒に近況を嬉しそうに報告するが、突然泣きながら「お母さんいつ迎えに来るの?」と問いかけ、「もう1回誘拐して」と要求した。奈緒は答えようとするが、継美は施設の人に見つかり電話を切ってしまった。

その後、奈緒は葉菜があと2~3日の命だと知り、家に帰ることを提案。2人は葉菜の理髪店に戻った。すると室蘭の施設にいるはずの継美が、理髪店に1人でやって来る。奈緒は継美の思いに応えるため、1日だけ彼女と一緒に過ごすことにした。そして奈緒と葉菜と継美は、久しぶりに3人で楽しいひと時を過ごした。そんな中、葉菜の起こした放火殺人事件について調べた駿輔は、葉菜の元にやってきて「いくらカッとなったとしても、娘が巻き込まれるかもしれないのに、あなたが火を放つとは思えない。守りたいものがあったから、黙っていたのではないか。母と娘の絆が起こした母性による事件だったのではないか」と推測を語る。しかし葉菜は「それは男の人の幻想だ」と返し、何も語ろうとしなかった。その後、葉菜は眠るように息を引き取った。翌日、奈緒は継美に別れなければならないことを伝える。継美は嫌がるが、奈緒は「大人になったらまた会える」と言い聞かせた。葉菜に別れを告げた奈緒と継美は、葉菜の葬儀を籐子に任せ、室蘭に向かう。そして奈緒は「20歳になったら読んで」と言って、継美に手紙を渡し、彼女と別れた。その手紙には12年後の継美に宛て、2人がまた再会する日への思いがつづられていた。

『Mother』の登場人物・キャラクター

主要人物

鈴原奈緒(すずはらなお/演:松雪泰子)

鈴原家の長女。5歳の時に母親に捨てられ、2年間児童養護施設で育ち、鈴原夫妻に引き取られる。大人になって北海道に住み始めてからは、10年以上も東京にいる家族と疎遠になっていた。それから室蘭市の大学で渡り鳥の研究をしていたが、研究室が閉鎖されたことを機に小学校の教師となる。35歳になるまで恋愛も結婚もせず渡り鳥以外興味がなかった彼女は、誰に対しても不愛想で人と関わることや子供の相手が苦手だった。怜南のことも苦手で冷たく接していたが、慕って話しかけてくる彼女のことが少しずつ気になり出し、虐待されていることに気づく。ある日、ゴミ袋に入れられ捨てられている怜南を見つけ、彼女の母親になることを決意。怜南を誘拐し、継美と名付けて実家に帰り、実母である葉菜とも再会した。そして継美に愛情を注いだが、仁美が告訴したことにより、逮捕され執行猶予付きの判決を受ける。釈放後に継美と再会するが、養護施設に返す決断をし、12年後に再会する約束をして別れた。

道木怜南(みちきれな/演:芦田愛菜)

奈緒の教え子。子供ながらに現実的な言動をしたり、時に冷静な態度をとるなど、学校では変わり者として扱われていた。しかし、実際には人懐っこい性格で、冷たく接してくる奈緒を慕っていた。仁美や愛人の真人から虐待を受けながらも健気に耐えていたが、ある日ゴミ袋に入れられて捨てられているところを奈緒に発見される。「赤ちゃんポストに行きたい」と懇願したが、奈緒が母親になることを決意。継美と名付けて東京に連れて行き、自分の娘として彼女に愛情を注いだ。初めは奈緒に気を使う面もあったが、徐々に母親として彼女に心を許していった。奈緒の逮捕後は施設に預けられ、楽しく生活していたが、その間も彼女のことを思い、室蘭から1人で会いに行った。

怜南の関係者

3qakky55
3qakky55
@3qakky55

Related Articles関連記事

のぼうの城(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

のぼうの城(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『のぼうの城』とは、和田竜の日本の歴史小説を元にして2012年に公開された映画である。犬童一心と樋口真嗣の共同監督で制作された。主人公の長親(ながちか)は忍城(おしじょう)城代の息子である。関白秀吉の家臣である三成によって、忍城は開城を迫られていた。しかし長親は世の理不尽に真っ向から対抗するため、三成に相対する。長親は周りの力を借り、ついには三成軍を退けることになった。この作品は時にはしんみりしつつも、長親という「でくのぼう」の奇策によって観た人を気分爽快にさせる歴史映画となっている。

Read Article

麒麟がくる(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

麒麟がくる(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『麒麟がくる』とはNHK大河ドラマの59作目として、2020年1月19日から2021年2月7日まで放送された作品である。裏切り者や悪人として描かれてきたことの多い明智十兵衛光秀(あけちじゅうべえみつひで)を主人公にしている。平和な世の中になると現れる「麒麟(きりん)」を呼べる人物を探しつつ足利義昭(あしかがよしあき)や織田信長(おだのぶなが)に仕え、戦のない大きな国を作ろうとする十兵衛の一生が描かれている。定説とは全く正反対の側面から描かれた十兵衛や、戦国武将たちの姿が見どころの1つである。

Read Article

Woman(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

Woman(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Woman』とは、2013年7月から日本テレビで放送された社会派ドラマ。脚本は坂本裕二。主演は満島ひかりで、田中裕子や小栗旬などが出演する。夫を不慮の事故で亡くした青柳小春は、2人の子供を1人で育てることとなる。生活は困窮し、様々な困難に見舞われるも、周囲に支えられながら我が子のために強く生きていく女性の物語。親子愛や現代社会で起こる問題などが描かれており、若者たちへ送る応援歌をテーマとしている。本作は平均視聴率13.6%を獲得し、ドラマの内容や役者の演技が評価され、様々な賞を受賞した。

Read Article

新宿スワン(漫画・ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

新宿スワン(漫画・ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『新宿スワン』はアンダーグラウンド系の日本の漫画である。作者は和久井健。講談社『週刊ヤングマガジン』で、2005年20号から2013年45号まで連載された。スカウトマンをテーマにした物語で、和久井にとって連載のデビュー作品となった。主人公は19歳の白鳥龍彦、通称タツヒコ。ライバルの死や暴力団がからむ違法薬物の取引、そして信頼していた仲間の裏切り、そして、タツヒコの知らないところで大きな復讐の計画が動き出していた。数々のトラブルに見舞われながらも逃げずに立ち向かうタツヒコの成長する姿を描く。

Read Article

花束みたいな恋をした(はな恋)のネタバレ解説・考察まとめ

花束みたいな恋をした(はな恋)のネタバレ解説・考察まとめ

『花束みたいな恋をした』とは、2021年公開の日本のラブストーリー映画。主演は菅田将暉と有村架純。『東京ラブストーリー』『Mother』などで知られる坂元裕二によるオリジナル脚本で、終電に乗りそびれた二人が21歳で恋に落ちて、26歳で別れるまでの忘れられない恋愛を描く。坂元裕二はあくまで「普通の恋愛」を描くことを目指しており、等身大の恋愛に共感する視聴者が続出した。

Read Article

カルテット(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

カルテット(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『カルテット』とは松たか子主演のラブストーリー、コメディー、サスペンスの要素が入った連続テレビドラマ。2017年1月17日から3月21日まで毎週火曜22時から22時54分に放送されていた。ある日、偶然出会った演奏者である男女4人が、弦楽四重奏のカルテットを組み軽井沢で不思議な共同生活を始める。夢叶わず30代に入り、それぞれが人生のピークを迎えず緩やかな下り坂で立ち止まっていたが、4人の出会いは偶然ではなかった。ほろ苦くて甘い、ビターチョコレートのような大人のラブサスペンスである。

Read Article

コウノドリ(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

コウノドリ(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『コウノドリ』とは、2012年より鈴ノ木ユウが「モーニング」(講談社)で連載を開始した産科医療漫画である。産婦人科医でありながら、正体を明かしていないピアニストでもある、主人公鴻鳥サクラ。サクラが勤務する聖ペルソナ総合医療センターで、妊婦とその家族を中心に物語が繰り広げられる。7年間の掲載を経て、2020年10月23日最終巻が発売され完結している。コミックの累計発行部は800万部を超えている大人気コミックである。

Read Article

怒り(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

怒り(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2010年に国内の映画賞を総ナメにした大ヒット作「悪人」の原作者吉田修一と監督李相日が6年振りにタッグを組み、音楽に坂本龍一を加え、実力派のオールスターキャストで挑んだ感動のヒューマンミステリー。八王子の平静な住宅街で残忍な夫婦殺人事件が起こる。一年後のある日、千葉と東京と沖縄に素性の知れない3人の男が現れ、それぞれに重厚な人間ドラマが展開する。愛した人は、殺人犯なのか?2016年9月全国公開。

Read Article

ダウンタウンのごっつええ感じのネタバレ解説・考察まとめ

ダウンタウンのごっつええ感じのネタバレ解説・考察まとめ

『ダウンタウンのごっつええ感じ』とは、フジテレビ系列で放送されていた伝説のお笑い番組である。通称は『ごっつ』。ダウンタウン、今田耕司、130R、東野幸治、YOU、篠原涼子、西端弥生などが出演していた。1991年から1997年まで放送されていて、「ゴレンジャイ」、「兄貴」、「オカンとマー君」、「MR. BATER」といった数多くのコントを生み出した。また、セクハラや暴力が頻繁にあり、いじめや差別につながるかも知れない企画などが多いため、クレームが殺到していたことも有名である。

Read Article

そして父になる(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

そして父になる(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『そして父になる』とは、”赤ちゃん取り違え事件”を扱った、2013年制作の日本映画。TVドキュメンタリー出身の是枝裕和が監督・脚本・編集を担当し、主演の福山雅治が初の父親役を演じた。第66回カンヌ国際映画祭では見事に審査委員賞を受賞し大きな話題となった。ある日、突然6年間育てた息子が病院で取り違えられた他人の子どもだったと知らされた対照的な2組の夫婦が、過酷な決断を迫られ、それぞれに葛藤を繰り返す中で本当に大切なものを学んでいく姿を描く。

Read Article

名前をなくした女神(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

名前をなくした女神(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『名前をなくした女神』とは、2011年4月から6月までフジテレビ系列で放送された、杏主演のママ友たちのドロドロした関係をテーマにしたテレビドラマ。キャッチコピーは「ようこそ、ママ友地獄へ。」。新たに引っ越して来た秋山一家の主婦侑子と息子の健太は、幼稚園のママ友との確執や事件に巻き込まれていく。お受験を控えたママ友たちの間で繰り広げられる嫉妬、見栄、嘘、裏切りなど、複雑な人間関係を描いている社会派ドラマである。本作は杏の連続ドラマ初主演であり、EXILEのKEIJIのドラマ初出演作でもある。

Read Article

透明なゆりかご 産婦人科医院 看護師見習い日記(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

透明なゆりかご 産婦人科医院 看護師見習い日記(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『透明なゆりかご 産婦人科医院 看護師見習い日記』は、作者:沖田×華のアルバイト先での実体験に基づく、1997年頃の産婦人科医院を舞台とした医療漫画作品。漫画家として活躍している作者が、看護師を目指していた時から考えている“命とは何か”という永遠の課題に真剣に向き合い、様々な命の物語を描く。“輝く命”だけではなく“透明な命”もある。時には、“輝く命”として産まれても“透明な命”になることもある。どんな命でも同じ重さがあり、意味があるという“命の尊さ”を考えさせられる作品である。

Read Article

シン・ウルトラマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

シン・ウルトラマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シン・ウルトラマン』とは、脚本・庵野秀明、監督・樋口真嗣による、人類のために戦う異星人ウルトラマンと、その周囲の人々の活躍を描いた映画作品。日本を代表するクリエイターによる伝説的な特撮作品のリブートということで、公開前から大きな話題となった。 突如日本に出現し始めた巨大生物、禍威獣。その脅威に対抗するため結成された禍特隊の前に、銀色の巨人が現れる。ウルトラマンと名付けられたその巨人は禍威獣から人々を守るように振る舞い、禍特隊がその謎を追う一方、地球にはかつてない危機が迫っていた。

Read Article

仮面ライダーゼロワン(Zero-One)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダーゼロワン(Zero-One)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーゼロワン』とは、東映制作で2019年に放送された仮面ライダーシリーズの特撮テレビドラマ。令和初の仮面ライダーシリーズ。主人公の飛電或人/仮面ライダーゼロワンは祖父が亡くなったため飛電インテリジェンス社長兼仮面ライダーゼロワンとして戦うことになる。人工知能搭載型ロボットヒューマギアを暴走させようとするサイバーテロリスト組織滅亡迅雷.netとの闘いや夢と情熱の大切さを描く。キャッチコピーは「令和仮面ライダー元年」、「世界最強の社長はただひとり!オレだ!」。

Read Article

NEW
大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)のネタバレ解説・考察まとめ

大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)のネタバレ解説・考察まとめ

『大豆田とわ子と三人の元夫』とは、2021年にフジテレビ系火曜21時枠で放送された松たか子主演のドラマである。第76回文化庁芸術祭で優秀賞を受賞。大豆田とわ子は三度の離婚歴がある女性。周囲からは「バツ三なんだって」「人間的に問題があるのかね」という好奇の目で見られている。離婚した三人の元夫達にも振り回される日々。それでも「幸せになることを諦めていない」大豆田とわ子と元夫たちの奮闘を描く。本当の幸せを掴めるのか。これからの元夫達との関係は。新感覚のロマンティックコメディーである。

Read Article

映画刀剣乱舞(継承)のネタバレ解説・考察まとめ

映画刀剣乱舞(継承)のネタバレ解説・考察まとめ

『映画刀剣乱舞(継承)』とは日本刀ブームを巻き起こした大人気刀剣育成ゲーム『刀剣乱舞ONLINE』を原作に、監督に耶雲哉治、脚本に小林靖子を迎えた作品。歴代名刀を擬人化させた「刀剣男士」と歴史改変を目論む「時間遡行軍」との熱い殺陣が楽しめる。舞台は本能寺、織田信長を守り歴史を変えようとする時間遡行軍を無事撃破した刀剣男子。しかし、歴史通りと思われた矢先、彼らは信長の生存を知る。キャストは若手舞台俳優を、主題歌には西川貴教と布袋寅泰がタッグを組んだ豪華な布陣となっている。

Read Article

MIU404(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

MIU404(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『MIU404』とは、性格が全く違う二人の刑事が日本の社会問題に立ち向かいながら事件解決を目指す、警視庁機動捜査隊を舞台としたテレビドラマである。臨時部隊として新設された第4機捜に召集された刑事が志摩一未と伊吹藍だ。二人は相反する性格ながら、様々な事件に相棒として立ち向かうことになる。斬新なストーリーと共に、二人の刑事がバディとして絆を深めていく姿も目が離せない作品だ。

Read Article

ダウンタウンのごっつええ感じ(ごっつ)のネタバレ解説・考察まとめ

ダウンタウンのごっつええ感じ(ごっつ)のネタバレ解説・考察まとめ

「ダウンタウンの伝説の番組」といえば「ごっつええ感じ」を抜きには語れない。1991年12月~1997年11月まで放送されたこのバラエティー番組は、見ないと学校で月曜日の話題に取り残されたものだった。この番組の人気は、ダウンタウンだけではなく、メインキャストの名を一気に全国区に押し上げていくこととなる。90年代に少年時代を過ごした人達にとっては、忘れられない衝撃だった。

Read Article

阪急電車 片道15分の奇跡(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

阪急電車 片道15分の奇跡(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『阪急電車 片道15分の奇跡』とは2011年に全国東宝系で公開されたハートフル群像劇映画である。有川浩が2008年に発表した連作短編集『阪急電車』を原作とし、 監督三宅喜重、脚本岡田惠和、主演中谷美紀で映画化された。同じ電車に乗り合わせた8人の乗客たちがそれぞれ少しずつ関わり合い、笑顔になっていくさまが描かれる。作品の舞台となる阪急電車の他、西宮市や宝塚市なども制作に協力し、地元愛が強く溢れた映画に仕上がっている。

Read Article

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(いつ恋)のネタバレ解説・考察まとめ

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(いつ恋)のネタバレ解説・考察まとめ

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(いつ恋)とは、東京という街で必死に生きる若者たちの恋愛を描いた日本のテレビドラマである。フジテレビ系列で2016年1月から3月まで放送された。坂元裕二によるオリジナル脚本作品。主演を有村架純と高良健吾がつとめた。東日本大震災が発生する2011年前後と、5年後の2016年からの2部構成で描かれている。第3回コンフィデンスアワード・ドラマ賞作品賞・脚本賞などを受賞した。

Read Article

大奥(2023年のドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

大奥(2023年のドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『大奥』とはNHK総合の「ドラマ10」枠で放送された、よしながふみ原作のテレビドラマで、男女逆転した大奥を描く物語である。2023年1月10日から3月14日まで放送。2023年3月度のギャラクシー賞月間賞を受賞している。原作はよしながふみによる漫画『大奥』で、2004年から2021年まで白泉社『Melody』にて連載されていた。舞台は謎の疫病により男の数が激減した江戸時代の日本。世の権力が男から女へと移っていく様、女将軍と支える大奥の男たちの物語を描いている。

Read Article

この恋あたためますか(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

この恋あたためますか(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『この恋あたためますか』は、コンビニスイーツ開発を通し恋愛に発展していく甘い恋模様を描いた恋愛ドラマだ。コンビニチェーンの新社長である浅羽拓実と、夢に破れたコンビニアルバイト井上樹木が、スイーツ開発をしていくというストーリーになっている。井上樹木はコンビニスイーツが大好きで、あらゆるコンビニスイーツを食べSNSに評価を投稿していた。その的確な評価を浅羽社長が認め、スイーツ開発メンバーとして選んだのだ。はじめは意見が合わず対立するが、徐々に相手を必要とし恋へと発展していく。

Read Article

新選組!(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

新選組!(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『新選組!』とは2004年1月から12月まで放送されたNHKの大河ドラマである。幕末を舞台に若者たちが命を懸けて己を貫く姿を中心に、青春群像劇として高い評価を得た。多摩の百姓であった近藤勇が真の侍になるため京に上り、仲間たちと新選組を結成し誠の忠義を貫くために戦い、生きていく姿が描かれている。香取慎吾をはじめ若手俳優たちが生き生きと演じたこと、また人気脚本家三谷幸喜の脚本も見どころの一つとされている。

Read Article

鎌倉殿の13人(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

鎌倉殿の13人(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『鎌倉殿の13人』とは2022年にNHKで放送された、平安時代〜鎌倉時代初期を舞台とした大河ドラマである。主演は小栗旬が務めた。 伊豆の地方豪族の次男坊であった北条義時(ほうじょうよしとき)は源頼朝(みなもとのよりとも)に仕え、源平の戦乱の中に巻き込まれていく。そして鎌倉幕府成立後は有力御家人たちとの権力闘争を勝ち抜き、次第に非情な権力者になっていく姿が描かれている。 脚本は今作が大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛けた。 同作品は2023年のエランドール賞特別賞を受賞している。

Read Article

クローズZERO II(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

クローズZERO II(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『クローズZERO II』とは、漫画家の高橋ヒロシの作品『クローズ』を原作とした映画。前作『クローズZERO』で鈴蘭高校の覇権争いを制した滝谷源治たちと、ライバル校・鳳仙学園との間で抗争が発生。鈴蘭をまとめるために苦心する源治、彼に敗れて以降沈黙を貫く芹沢、2年前の仇を討つため虎視眈々と鈴蘭を狙う鳳仙の頭・鳴海の3人を軸にストーリーが展開される。葛藤を抱えながら喧嘩に臨む高校生達を描く。小栗旬や山田孝之、桐谷健太など人気俳優が多数出演したことでも話題となった。監督は三池嵩史。

Read Article

キングダム 運命の炎(キングダム3)のネタバレ解説・考察まとめ

キングダム 運命の炎(キングダム3)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングダム 運命の炎』とは、原泰久の漫画『キングダム』を原作とする2023年公開の実写映画作品。同シリーズでは3作目にあたるため『キングダム3』とも呼ばれる。キャッチコピーは「大いなる夢を、新しい時代を、その手で掴め―」。監督は佐藤信介が務め、主役の山﨑賢人や吉沢亮など主要人物の役者は全員が前々作から続投している。 趙の大軍に攻められた秦は、六大将軍の王騎を総大将にしてこれを迎撃する。将軍を志す剣士にして秦の若き王嬴政の友でもある信も従軍し、師である王騎から重要な作戦を託される。

Read Article

祈りのカルテ(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

祈りのカルテ(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『祈りのカルテ』とは、 2018年に刊行された知念実希人の医療ミステリ小説原作で、2022年に放送されたドラマ作品である。研修医の諏訪野良太(すわのりょうた)は医者としてはひよっこだが、顔色を伺うことが抜群にうまい。問題を抱えた患者達に向き合い、心の謎を解き明かしていく。医者として成長していく姿や、カルテを見て患者の問題を暴いていくミステリー要素、コミカルな演技などがみどころの一つとなっている。

Read Article

離婚しようよ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

離婚しようよ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『離婚しようよ』とは、TBS制作によるNetflixシリーズのドラマ。2023年6月22日から配信を開始。脚本は宮藤官九郎と大石静、主演は松坂桃李が務める。タイトルは吉田拓郎から許可を取り、楽曲「結婚しようよ」から着想を得た。結婚5年目にして夫婦仲が冷め切っていながらも、おしどり夫婦を演じている三世議員の東海林大志と、その妻で女優の黒澤ゆいが、周囲から反対されながらも離婚という目標に向かって共闘する姿を描くホームコメディ。

Read Article

新しい靴を買わなくちゃ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

新しい靴を買わなくちゃ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『新しい靴を買わなくちゃ』とは、北川悦吏子が原作・脚本・監督すべてを担当した日本の恋愛映画である。世界的な音楽家である坂本龍一が音楽監督、映像作家の岩井俊二がプロデュースを手がけたことで話題となった。妹のパリ旅行に付き添ってきたカメラマンのセンと、パリ在住の日本人アオイが一足の靴をきっかけに出会う3日間のラブストーリーを描いた作品。ロマンチックな物語展開はもちろん、舞台となったパリの美しい風景と繊細な音楽、瀟洒な台詞もこの作品の魅力である。

Read Article

愛のむきだし(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

愛のむきだし(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『愛のむきだし』とは園子温監督の23作目の作品として製作されたヒューマンドラマ映画である。実話を元にした作品であり、盗撮、レズビアン、女装、自慰行為、新興宗教団体による洗脳等、アブノーマルな題材を軸に、物語が進行していく。237分の大長編映画で、国内外からの評価は高く、2009年のベルリン映画祭での「カリガリ賞」「国際批評家連盟賞」を始めとして、数々の権威ある賞を受賞している。過激なシーンが多いため、Rー15指定。

Read Article

14才の母(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

14才の母(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『14歳の母』とは、2006年10月に日本テレビで放送されたドラマで、脚本は井上由美子が手掛ける。主演は志田未来。その他、三浦春馬や田中美佐子などが出演する。中学2年生の一ノ瀬未希は、14歳にして子供を身ごもってしまう。両親や兄妹、友達など周りの人々から猛反対を受けるが、未希は産む決心をする。しかし、そんな彼女を様々な困難が待ち受けていた。どんなに苦しくても産むことを諦めない少女が、苦難を乗り越えて成長していく姿を描く。本作の視聴率は20%を超え、数々の賞を受賞した。

Read Article

ナミヤ雑貨店の奇蹟(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ナミヤ雑貨店の奇蹟(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』とは東野圭吾の長編小説および、それを基に2017年に制作された日本映画。監督は廣木隆一、脚本を斉藤ひろしが手がけ、主演は山田涼介と名優・西田敏行が務めた。なんとなく悩み相談窓口を始めたナミヤ雑貨店の主・浪矢雄治は手紙のやり取りを通じ、様々な悩みを持つ人たちの人生を変えていく。雑貨店は過去と現在が繋がる不思議な場所となり、現実から逃げ続けてきた青年・矢口敦也を感化させていく。雄治と敦也の奇蹟の一夜の交流を描いた、心温まるファンタジー・ドラマである。

Read Article

オールドルーキー(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

オールドルーキー(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『オールドルーキー』とは、2022年6月から9月まで放送されたスポーツマネジメントをテーマにしたテレビドラマ。主演はサッカー選手の新町亮太郎を演じた綾野剛。サッカーしか取り柄のない元サッカー日本代表選手の新町亮太郎が引退後にスポーツマネジメントの世界に飛び込み、様々なアスリートの代理人としてマネジメントに奮闘していくストーリー。スポーツ選手のセカンドキャリアへの挑戦がテーマとなっている。Jリーグと公益財団法人日本サッカー協会が製作協力として関わっており、随所に実在のスポーツ選手が出演している。

Read Article

マルモのおきて(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

マルモのおきて(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『マルモのおきて』とは、2011年4月からフジテレビで放送されたファンタジック・ホームドラマ。脚本は櫻井剛と阿相クミコ。主演は阿部サダヲと芦田愛菜で、鈴木福や比嘉愛未などが出演する。文具メーカーに勤める高木護は、ひょんなことから双子の笹倉薫と笹倉友樹を預かることになる。そして、双子が拾ってきた人間の言葉を話す犬のムックも一緒に家族として暮らしながら、絆を深めていく。最終話の視聴率は23.9%を超え、主題歌の「マル・マル・モリ・モリ!」がダンスと共に話題となり大ヒットした。

Read Article

どうする家康(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

どうする家康(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『どうする家康』とは、2023年に放送されたNHK大河ドラマ第62作。脚本家の古沢良太が新たな視点で主人公の徳川家康の生涯を描く。室町時代後期から江戸時代の日本が舞台。両親と離れ離れになり、駿河国大名・今川義元の人質として孤独な人生を送るものだと思っていた少年はやがて弱小国の主となる。様々な選択をしながら戦いのない世界を目指し、乱世に飛び込んでいく物語である

Read Article

目次 - Contents