池袋ウエストゲートパーク(IWGP)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『池袋ウエストゲートパーク(IWGP)』とは2000年4月から6月までTBS系で放送された日本の若者の日常をワイルドに描いたテレビドラマ。主演は長瀬智也、脚本は宮藤官九郎。その他渡辺謙や妻夫木聡など、多くの豪華俳優が出演している。池袋を舞台に、主人公マコトが池袋を舞台に友人やギャングたちとケンカや友情に明け暮れるストーリー。原作は石田衣良の小説『池袋ウエストゲートパーク』で、ドラマ以外にも、コミック、ミュージカル、舞台、アニメなど幅広いメディアミックスがなされた。

『池袋ウエストゲートパーク』の概要

『池袋ウエストゲートパーク』とは、2000年4月14日から6月23日まで毎週金曜日に、TBS系放送局で放送された日本の若者の日常をワイルドに描いたテレビドラマである。主演は長瀬智也、脚本は宮藤官九郎で、初のテレビドラマ作品。第25回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞で、最優秀作品賞を受賞している。原作は第36回オール讀物推理小説新人賞を受賞した石田衣良の小説『池袋ウエストゲートパーク』であるが、キャラクター設定等は大きく変更されている。今回のドラマ化にあたっては原作小説の内の1から2巻のエピソードを軸にしている。
池袋西口公園、通称「IWGP」の近くにある果物店の息子・真島誠は母のリツコとの2人暮らしで、たまに果物店を手伝いながらも西口公園をブラブラしているだけのプー太郎。しかし、トラブルや事件が起こると、望む望まないにかかわらず何故かキーマンになってしまう。次第にヤクザ絡みの犯罪やギャングの縄張り争いなど、警察では手出しできない難事件を次々に解決する「池袋のトラブルシューター」と呼ばれるようになっていた。 有象無象な人間が集まる池袋で、組織に属さず、誰とでもフラットに付き合う真島マコト。マコトの元には、常に危険で刺激的な依頼が舞い込むというストーリー。
池袋の街を舞台とした若者たちの生きざまを、個性的なキャラクターが生きている世界を通して描かれている人気作品。今では多くの不良を描くドラマなどがあるが、当時としては斬新で多くの視聴者をTV画面へ釘付けにした。放送終了から3年後には、スペシャル版「スープの回」が放送された。また、テレビドラマ以外にもコミック全4巻、大野拓朗主演のミュージカル、猪野広樹主演の舞台、動画工房制作でAT-X他にて放送されたテレビアニメなど幅広いメディアミックスがなされている。

『池袋ウエストゲートパーク』のあらすじ・ストーリー

絞殺魔事件

池袋西口公園でたむろするマコト(左)、シュン(中)、マサ(右)。

池袋にある果物屋の息子で元不良、現在はプータローの真島誠はいつも通り池袋西口公園をたむろしていた。隣には友達の森正弘。そんな中、マコトはタイマン勝負の見届け人に任命される。タイマンを張る1人はマコトの高校時代の同級生で、今は池袋のギャング集団G-BOYSのヘッド安藤崇、通称・キング。もう1人は同じく高校時代の同級生ドーベルマン山井。直線的な動きの山井に対して、トリッキーな動きと蹴りで容赦なくドーベルマン山井に襲い掛かるキングの強烈なキックが山井の顔面にヒットして、マコトは勝負あったとタイマンを止める。
ある日マコトとマサは、西口公園で出会った女子高生渋沢光子(ヒカル)、中村 理香(リカ)と意気投合。また本屋で万引きしていたところを注意したことで知り合いになった中学生の水野俊司(シュン)と5人でカラオケに行くことになる。カラオケの後、みんなでボーリングを楽しんでいると、マコトは突然スーツ姿の横山礼一郎という男にボーリング勝負を持ち掛けられ、見事勝利する。楽しい時間を過ごしていると、マコトはリカに誘われて2人で抜け出し、ラブホテルに行く。しかし、素人童貞のマコトは上手くいかずに終わる。
その時、隣の部屋では絞殺事件が発生しており、女性が犠牲になっていた。後日さらに池袋では女性の絞殺事件が発生し、この連続絞殺事件はマスコミからストラングラー事件と呼ばれていた。さらに3人目となる被害者がラブホテルで殺されたが、この被害女性はリカであった。現場に駆けつけたマコトは、犯人扱いされ警察に捕まってしまう。実はボーリング場で出会った横山は刑事で、ここ数日マコトの行動を追っていたのであった。最初からマコトを犯人扱いする横山。警官たちに両腕を抑えられながら、マコトはリカ殺しの犯人を捜し出す宣言をする。

犯人捜し

リカ殺しの犯人としてまず疑われたのはマコトであった。リカとの行動はもちろん、これまでの素行の悪さなどから警察に目をつけられていたこともあり、問答無用で連行されてしまう。幸か不幸か、昔からの知り合いでもある吉岡保という刑事に口添えされたことで、なんとか釈放されたマコト。しかし、マコト達のようなはぐれ者をバカにたり軽くみたりするような態度に不満が爆発したマコトは、西口公園にリカの墓を設置した後に、犯人捜しをする事を決意する。
リカを殺した犯人を探るマコトは、ヒカルからリカに付きまとっていた「スーさん」という男がリカの葬式に来ていたと聞く。犯人探しにG-BOYSも加わり、カップル喫茶にスーさんがいるとの情報を聞くとマコトとヒカルは恋人を装い潜入する。すると、そこにはスーさんと一緒に歯医者の早乙女がいた。マコトが2人を脅して問い詰めると、スーさんはリカにつきまとっていたただの変態であり、早乙女もリカは殺してないという。問い詰められた早乙女は、逆に刃物を取り出してマコトを脅し始める。すかさず早乙女にパンチを叩き込んで刃物を取り上げるマコト。続いてG-BOYSにも袋叩きにあう早乙女。すると早乙女は最初のストラングラー事件の犯人は自分であると自供したが、リカの件は知らないと否定する。この早乙女の態度を見て、ストラングラー事件の完全解決には至っていないとマコトは考えた。確かに、最初のストラングラー事件の犯人は早乙女だが、リカ殺しの犯人は別にいるという考えが沸き上がってきたのである。

ヤクザの恋

マコトがいつものように池袋ウエストゲートパークでたむろしていると、中学時代の同級生でヤクザの下っ端の斉藤富士夫(サル)に、失踪した組長の娘の捜索依頼を受ける。どうやらサルは娘に惚れている模様である。最後に娘が目撃されたコンビニを中心に聞き込みをしていると、近くのマンションからこのコンビニを観察していた人間がいることをつきとめる。観察していたのは付近のマンションに住んでいるマコトの中学校の同級生の森永和範。和範はひきこもりの状態で、自宅の窓からコンビニの観察記録をつけていたのだ。和範は銀色の星の絵がボディに入った怪しい黒のワゴン車が、娘を拉致するのを見たという情報をマコトに提供した。この情報を元に、マコトとサルはタカシの協力を得て怪しい黒いワゴンを発見。誘拐犯を捕まえる事に成功する。その男は女性を誘拐してアダルトビデオを撮影し販売しており、娘はすでに殺されていた。サルは自分へのケジメとして犯人を殺し、自らも小指を落とす。ヤクザの不条理な世界に足を踏み入れたマコトは後悔する。
一方、引きこもりの和範はマコトに協力したことで、自分の部屋から一歩外へ出るでる勇気を手に入れた。勇気を振り絞ってマコトの自宅前まで出かけることができたのであった。

おとり捜査

マコトは実家の果物屋の向かいにあるファッションヘルスで働く風俗嬢・千秋から、相談を持ち掛けられる。以前、店に客で来た覚せい剤の売人・ヘビーEにプレイ中薬物を使われたという。それを聞いた千秋の彼氏で中東系の男性アリが激怒し、組織の麻薬取引の場に乗り込んで覚せい剤を燃やしてしまった。そのせいでヤクザから追われるアリを助けてほしいという内容であった。
マコトは嫌々ながらも協力することにする。巨漢のコンビニ店員で、マコトの友人でもある電波くんと共に、おとり捜査を始める。おとりとなったヒカルがヘビーEに連絡を取り、麻薬の取引を行う。そのやりとりの様子をマコトが録画して、麻薬取引の証拠として交番勤務の浜口にビデオを渡したのであった。こうしてこれが証拠となってヘビーEたち売人は警察に逮捕される。こうして一件落着に思えたが、千秋の恋人・アリも不法滞在で逮捕されてしまうのであった。

つきまとい事件

マコトにお思いを寄せるヒカルは、亡くなったリカとお揃いのキーホルダーをまだつけているマコトに嫉妬していた。2人きりで良い仲になりそうになっても、いつも「めんどくせーよ!」というマコトのセリフでなかなか距離が縮まないのであった。2人の仲を見かねたマサが、こけしのキーホルダーを2つ用意して、「ヒカルと付き合っちゃえよ」とマコトに言うのであった。
一方、ねずみ講にハマり、ついには幹部にまでなったマコトの母・律子は忙しくなり、真島フルーツで働いてくれるパートを募集する。すると松井加奈(カナ)という綺麗な女性が面接に現れた。
ある日、いつものように池袋西口公園でたむろするマコトの前に、小学生時代の同級生・祥子が現れた。祥子は性転換してショーという名の男になっていた。さらにショーの彼女でのぞき部屋サイトのナンバー1の明日美は、ゴム男という男からストーキング被害に遭っているらしく、付きまとうゴム男を撃退して欲しいと依頼されるマコト。ゴム男の退治を頼まれたマコトは、明日美の彼氏に扮して撃退しようと計画し、明日美の部屋へ急ぐ。しかしその頃ゴム男は強硬手段に出て、明日美の部屋に押し入ってくる。マコトの到着が間に合わない中、明日美の部屋に居たショーは、勇気を振り絞って自らの手でストーカーをボコボコにして、明日美を助け出したのであった。こうしてショーは傷害の罪で警察に捕まってしまうが、ショーは「これで本当の男になれた」と晴れ晴れとした表情でマコトに感謝するのであった。
事件解決で、ヒカル宅へ向かうマコト。「もう、めんどくさいとか言わねーよ」こけしのキーホルダーを1つ渡し、交際宣言。嬉しそうなヒカルであった。

家庭問題

マコトは池袋西口公園でヒロキという少年に出会う。ヒロキは精神的に少し疾患のある少年だが、数字の記憶力が天才的であった。そんなヒロキがある日誘拐されてしまう。マコトがヒロキの母親である女優の吉村ちづるに聞くと、犯人は借金を抱えた義理の兄エリトで、ヤクザの組長である夫が気付く前に解決してほしいとの事である。するとそこに犯人からの電話があった。ちづると一緒にいたマコトが身代金要求の電話を受けると、ヒロキが電話口に出る。そして兄の車のナンバーを割り出すためのキーワードを告げる。このヒロトのナイスプレーによってマコトはエリトの車のナンバーを割り出す。実は、多額の借金を抱えていたエリトは身代金で借金を返そうと考えていたのであった。しかし、森永やキングたちの協力もあって、G-BOYSたちが池袋中を走り回り、車を発見されてしまったエリト。この時誘拐犯の車を見つけたのは、GーBOYSに新加入したフランス帰りの元バレエダンサー尾崎京一。そしてそこに組長である夫が現れ、息子のエリトとヒロキの2人を連れて帰ってしまう。ブチ切れた父親はエリトを半殺しにする勢いで暴行を加える。しかし、そこにマコトが割って入り、家庭環境を顧みるよう両親に説教して一件落着し、こうしてマコトの熱い行動で命が助かったエリトであった。
こうして事件が解決して、マコトはカナを飲みに誘う。真島フルーツで働き始めたカナとマコトの距離感に嫉妬するヒカル。カナのミステリアスな魅力に興味を持つマコト。カナもマコトに思わせぶりな発言や行動を見せ、徐々に魅かれあっていく中、カナは突然真島フルーツを辞めて出ていってしまうのであった。

ねずみ講

マコトの母親のリツコが、なにやら怪しいお茶を売りさばいているとの噂が立っていた。リツコは「ドリームコネクション」というねずみ講にハマっており、このマルチ商法の会長を務めるイザベル内藤は、京極会に詐欺で儲けたお金を横流ししていたのであった。リツコを心配したマコトとシュンは変装して、ドリームコネクションの講演会に潜入する。すると成功者の1人として、リツコが壇上に上がり話し出す。息子が非行に走ったが、立派に立ち直ったと生き生きと嬉しそうに話す母親に、涙を流すマコト。洗脳された母親がなんだか切なく思えたのであった。マコトはリツコを案じて京極会に乗り込む。するとそこには会長の蓮沼とカナが居て、赤ちゃんプレイをしている姿を目撃したのであった。その頃昇格の早いリツコは、蓮沼の女だと勘違いされ羽沢組に誘拐されるが、そこに横山が現れ助け出していた。
一方、コンビニ店員の電波くんが、何者かに襲われ怪我を負う。怒ったマコトがキングに犯人探しを頼むと、先日G-BOYSに加入したばかりの京一が犯人だと判明する。怒るキングだが、京一はG-BOYSの方針に納得できずに脱退してしまう。さらに、サルの協力を得てドリームコネクションの背後にヤクザが絡んでいることを知ったマコトは、事務所に乗り込んでいく。しかし、鎮静剤を打たれて意識を失ってしまう。意識を失う直前にマコトが見たものは、なんとカナの姿であった。

恐喝事件

ヒカルは両親不在の大豪邸に1人で住んでいた。ヒカルの自宅にやってきた山井は、何度もチャイムを鳴らし、家に上がってくる。実は、初めて自分と同じ人種に会ったとして、山井はヒカルに思いを寄せていたのであった。
ある日、池袋西口公園では、マサがギャル集団に詰め寄られていた。マサの彼女が妊娠したという事で、仲間のギャルからお金を払うように恐喝されていたのだ。マコトとG-BOYSで協力してお金を集める。しかし、そのお腹の膨らみ具合を怪しんだヒカルがギャルの嘘を見抜く。マサの彼女が妊娠したのは違う相手の子供で、実はギャル達がマサからお金を巻きあげようとしただけであった。
一方、真島フルーツを辞めたあとの謎の行動が気になるカナだが、昼は保母として働き、夜は京極会組長の蓮沼の愛人となっていた。改めてマコトはカナと向き合い、カナは過去の男遍歴を告白する。それを聞いたマコトは嫌悪して立ち去る。そして、カナのことをすっぱり忘れてヒカルと良い雰囲気となっていた。自分に振り向かないマコトの態度が気に入らないカナはマコトと言い合いになるが、その場の流れでマコトはなぜかカナと関係を持ってしまう。そしてさっぱりとした顔でヒカルの前に現れたマコトを見て、ヒカルはマコトの浮気に気付いたが、健気にも笑顔を崩さないのであった。
その頃、池袋では黒ずくめの集団「ブラックエンジェルズ」が暴れていると話題になっていた。実はブラックエンジェルズは、G-BOYSを抜けた京一と山井が中心となって作ったグループである。するとブラックエンジェルズの結成まもなく、カナが保育士の仕事中に、公園で何者かに刺されるのであった。

新勢力 Black Angels

カナを刺した犯人が黄色いパーカーを着ていたため、黄色をチームカラーとするG-BOYSが疑われることになった。マコトも横山から取り調べを受ける。G-BOYSとブラックエンジェルズは完全に抗争体勢に入る。キングの彼女・ジェシーもブラックエンジェルズに襲われる。ブラックエンジェルズの行動は日増しにエスカレートしていき、池袋の東口を牛耳っていた。
執拗な挑発や京極会と関係のあるブラックエンジェルズに対して、すぐにでも反撃をするべきという意見もG-BOYS内では出ていたが、タカシはもう少し待つというスタンスである。「G-BOYSに残りたければ残ればいい、ブラックエンジェルズに行きたいやつはいけばいい、そのかわり残るヤツはGOというまで手を出すな」と宣言するキングである。
ブラックエンジェルズは、マコトを仲間に入れようと誘う。そんな時、ヒカルの内面に薄々気が付いていたシュンの行方が分からなくなる。その少し前には「僕のこと嫌いにならないでね」という意味深なセリフも残していたことを思い出したマコトは急いでシュンの家に向かう。しかしシュンの姿はなく部屋も荒らされ放題であった。そしてそこにあったパソコンにはブラックエンジェルのロゴがあった。どこを探してもシュンの姿が見当たらずに、シュンの言葉に向き合わなかった自分を責めるマコト。怒りでタカシの実家のサウナのロッカーを殴ると、その衝撃で1つのドアが開き、中からは黒い包帯に包まれたシュンが入っていた。

二人のヒカル

シュンは誰かに殺されていた。シュンの遺体の側には描いていたヒカルの絵が2枚あり、1枚はいつもの笑顔のヒカル、もう1枚は悪魔の様な顔のヒカルである。この謎を解明するため、マコトはヒカルの母に会いに行く。大学教授で母親の渋沢和子は、交響楽団の指揮者だった父親が、以前ヒカルに性的虐待をしていたと言った。カウンセラーによるとヒカルは多重人格障害になっていたという事実に辿り着く。
一方、G-BOYSとブラックエンジェルズの抗争は日に日に激化、マサや電波君も正式にG-BOYSに加入するが、マコトは相変わらず誘いを断っていた。そしてついにG-BOYSとブラックエンジェルズの最終決戦の日時が決まる。実はこれは横山の工作であり、横山の狙いはG-BOYS、ブラックエンジェルズ、羽沢組、京極会、全てに消えてもらうことである。最終決戦に血気づくタカシ、京一の双方から立会いを求められたマコトであった。ついに決着のときが近づく中、無表情のヒカルはマコトに「私、リカを殺したの」と告白する。

octopus423
octopus423
@octopus423

Related Articles関連記事

タイガー&ドラゴン(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

タイガー&ドラゴン(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『タイガー&ドラゴン』とは、2005年にスペシャルドラマとして放送され、その後、連続ドラマ化された「落語とヤクザ」をテーマにした日本のテレビドラマ。主演はTOKIOの長瀬智也とV6の岡田准一。ヤクザの虎児が落語家に弟子入りし、事件に巻き込まれながらも噺家として修行を積んで、一人前の落語家を目指していくストーリー。毎話お題目となる落語噺に沿うように作成されており、1話完結の構成となっている。TBSプロデューサー磯山晶と脚本宮藤官九郎のコンビによるドラマ。

Read Article

カルテット(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

カルテット(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『カルテット』とは松たか子主演のラブストーリー、コメディー、サスペンスの要素が入った連続テレビドラマ。2017年1月17日から3月21日まで毎週火曜22時から22時54分に放送されていた。ある日、偶然出会った演奏者である男女4人が、弦楽四重奏のカルテットを組み軽井沢で不思議な共同生活を始める。夢叶わず30代に入り、それぞれが人生のピークを迎えず緩やかな下り坂で立ち止まっていたが、4人の出会いは偶然ではなかった。ほろ苦くて甘い、ビターチョコレートのような大人のラブサスペンスである。

Read Article

怒り(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

怒り(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

2010年に国内の映画賞を総ナメにした大ヒット作「悪人」の原作者吉田修一と監督李相日が6年振りにタッグを組み、音楽に坂本龍一を加え、実力派のオールスターキャストで挑んだ感動のヒューマンミステリー。八王子の平静な住宅街で残忍な夫婦殺人事件が起こる。一年後のある日、千葉と東京と沖縄に素性の知れない3人の男が現れ、それぞれに重厚な人間ドラマが展開する。愛した人は、殺人犯なのか?2016年9月全国公開。

Read Article

ごめんね青春!(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ごめんね青春!(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ごめんね青春!』とは2014年10月から放送されたTBS系列のドラマであり、宮藤官九郎が脚本し主演は錦戸亮が務めた。 静岡県三島市の高校が舞台で、仏教系男子校とキリスト系女子校の合併に伴う恋愛模様などを描いたドラマ。 主演の錦戸亮は仏教系男子校の先生役であり合併には賛成派。しかし周囲は反対派が多く、合併に向けて奮闘していくストーリー。合併に向けて奮闘していく中、生徒や先生間の恋愛・家族との問題について「ごめんね」と謝り向き合っていく。

Read Article

ランチの女王(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ランチの女王(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ランチの女王』とは、2002年にフジテレビ系の月9枠で放送されたドラマ。主演は竹内結子。その他、妻夫木聡、山下智久、山田孝之などが出演している。ランチタイムに洋食店を訪れた麦田なつみが、ひょんなことからその店で住み込みで働くことになる。洋食店を舞台に、なつみと男四人兄弟の恋愛模様や交流を描いたラブコメディ。脚本は『カバチタレ』や『青天を衝け』を担当した大森美香などが手掛けている。第34回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞で最優秀作品賞や主演女優賞などを獲得した。

Read Article

僕のヤバイ妻(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

僕のヤバイ妻(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『僕のヤバイ妻』とは、2016年にフジテレビで放送されていた、脚本・黒岩勉、主演・伊藤英明のサスペンスドラマだ。その他、木村佳乃や相武紗季などが出演している。カフェを経営する望月幸平は、妻の望月真理亜との結婚生活に嫌気がさしていたが、別れられない事情があった。そんなある日、幸平は愛人の北里杏南に妻の殺害を持ち掛けられる。そこで幸平は真理亜の飲むワインに毒を仕込んで殺そうとするが、突然彼女が誘拐されてしまった。しかしその誘拐事件には、真理亜の思惑が潜んでいた。

Read Article

サンクチュアリ -聖域-(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

サンクチュアリ -聖域-(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『サンクチュアリ -聖域-』は、2023年5月にNetflixで配信が開始されたオリジナルドラマである。大相撲を題材にした作品で、主演は一ノ瀬ワタル。脇を固める役者は染谷将太、小雪、ピエール瀧と、豪華な顔ぶれが揃う。相撲のセンスはあるが品性や礼儀は欠片もない不良少年・小瀬清が、相撲に真剣に取り組み、やがては各界を揺るがし始めるというストーリー。相撲の裏側をリアルに映し、相撲にかける力士たちの厳しい稽古と、熱すぎるまでの情熱が描かれ、世界で大ヒットを記録した。

Read Article

離婚しようよ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

離婚しようよ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『離婚しようよ』とは、TBS制作によるNetflixシリーズのドラマ。2023年6月22日から配信を開始。脚本は宮藤官九郎と大石静、主演は松坂桃李が務める。タイトルは吉田拓郎から許可を取り、楽曲「結婚しようよ」から着想を得た。結婚5年目にして夫婦仲が冷め切っていながらも、おしどり夫婦を演じている三世議員の東海林大志と、その妻で女優の黒澤ゆいが、周囲から反対されながらも離婚という目標に向かって共闘する姿を描くホームコメディ。

Read Article

どうする家康(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

どうする家康(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『どうする家康』とは、2023年に放送されたNHK大河ドラマ第62作。脚本家の古沢良太が新たな視点で主人公の徳川家康の生涯を描く。室町時代後期から江戸時代の日本が舞台。両親と離れ離れになり、駿河国大名・今川義元の人質として孤独な人生を送るものだと思っていた少年はやがて弱小国の主となる。様々な選択をしながら戦いのない世界を目指し、乱世に飛び込んでいく物語である

Read Article

不適切にもほどがある!(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

不適切にもほどがある!(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『不適切にもほどがある!』とは、2024年1月よりTBS系で放送されたテレビドラマ。主演は阿部サダヲ。脚本は宮藤官九郎が担当。昭和(1986年)と令和(2024年)のそれぞれの時代を、登場人物達が行き来し、各時代をかき回すタイムトリップコメディである。令和へタイムトリップした阿部演じる“昭和のおじさん”が数々の「不適切な」言動を行い、令和の時代を乱していく。一方でその「不適切さ」が停滞して閉塞感のある令和の空気を刺激し、現代人に本当に大切なことは何か、を気づかせるヒューマンドラマである。

Read Article

俺の家の話(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

俺の家の話(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『俺の家の話』とは、2021年にTBSテレビ系「金曜ドラマ」で放送されていたテレビドラマ。主演・長瀬智也×脚本・宮藤官九郎が11年ぶりにTBS連ドラでタッグを組んだことで話題になる。長瀬演じるプロレスラーの観山寿一が、西田敏行演じる能楽師で人間国宝の父・観山寿三郎の介護をきっかけに、疎遠であった家族や能に向き合う日々を描く。社会問題でもある介護を題材にしているが、宮藤作品ならではのコミカルな演出と軽快なテンポで作品が進んでいくのが魅力の作品である。

Read Article

ロング・ラブレター〜漂流教室〜(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ロング・ラブレター〜漂流教室〜(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ロング・ラブレター~漂流教室~』とは、2002年にフジテレビ系列で放送されたドラマ。原作は楳図かずおの漫画『漂流教室』であるが、内容は大幅に異なる。主演は窪塚洋介と常盤貴子。その他、大杉連や山田孝之、妻夫木聡などが出演している。ある日、突然本倉高校の校舎が未来にタイムスリップしてしまうというストーリー。何もない砂漠にタイムスリップした生徒や教師たちが互いに支え合いながら、懸命に生きていく姿を描いている。

Read Article

水曜日が消えた(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

水曜日が消えた(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『水曜日が消えた』とは、1人の男が曜日ごとに異なる人格になり、その様子を火曜日の「僕」の視点を通して描いた映画である。主人公は幼い頃に事故にあい、7人の人格が日替わりで現れるようになったというストーリーだ。ある日、水曜日が消え火曜日の僕が水曜日も生きはじめるようになる。はじめは2日間生きられることにはしゃいでいたが、そこから徐々に異変が現れ問題が起きていくのだった。この映画の監督・脚本はCGアーティストとしても有名な吉野耕平が、主演は今注目の俳優である中村倫也が務めている。

Read Article

NEW
バットマン ビギンズ(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

バットマン ビギンズ(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『バットマン ビギンズ』とは、2005年にアメリカで制作された実写映画。監督はクリストファー・ノーラン。アメリカンコミック『バットマン』シリーズを原作としている。実業家ブルース・ウェインが、闇の騎士「バットマン」として、世に蔓延る凶悪犯罪者たちと戦う決意をする様を描く。

Read Article

バクマン。(漫画・アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

バクマン。(漫画・アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『バクマン。』とは、大場つぐみと小畑健による漫画を原作とするアニメ作品。 2010年よりNHK教育テレビにて第1シリーズ~第3シリーズ、全75話が放送された。 高い画力を持つ『真城最高』と文才と発想に長けた秀才の『高木秋人』を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のりを描いた作品である。 多くの漫画関係の固有名詞が実名で使用されるなど、リアル志向な作品。

Read Article

NEW
岸辺露伴は動かない(ジョジョスピンオフ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

岸辺露伴は動かない(ジョジョスピンオフ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『岸辺露伴は動かない』とは、荒木飛呂彦による漫画、及びそれを原作とするアニメ、ドラマ作品であり、荒木の代表作『ジョジョの奇妙な冒険』Part4『ダイヤモンドは砕けない』に登場する岸部露伴のスピンオフである。リアリティを追求する漫画家の岸辺露伴が、作品の取材で奇妙な現象に巻き込まれ、持ち前の知識、機転、スタンドと呼ばれる超能力で危機を回避する。日常に潜む恐怖や、意外な真実との遭遇を奇抜なアイディアで描く。派生作品『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』の他、短編小説集もある。

Read Article

あまちゃん(Amachan)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

あまちゃん(Amachan)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『あまちゃん』は2013年上半期にNHKで制作されたテレビドラマ。 高視聴率を記録し、主人公、天野アキがよく使う「じぇじぇじぇ!」は流行語大賞に選ばれ、社会現象となりました。 ストーリーは北三陸で海女になることになった天野アキがアイドルとして活躍していく姿を描いた成長物語となっています。

Read Article

っポイ!(漫画・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

っポイ!(漫画・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『っポイ!』とは、この物語の主人公である、背が低く可愛らしい顔立ちからよく女の子に間違われる天野平と、頭が良くスパーツ万能な幼馴染の日下万里を中心に繰り広げられる中学3年生の学園青春ストーリーである。甘酸っぱい恋心・受験・友情関係・親子関係の悩みなどの思春期の複雑な心以外にも、自殺やイジメなどシリアスな場面も多く描かれているが、コメディーを織り込み誰もが楽しんで読めるように工夫されているため、同世代の子供たちの心に響く作品である。

Read Article

流星の絆(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

流星の絆(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『流星の絆』とは、東野圭吾の同名小説『流星の絆』が原作となったミステリードラマである。子どものころに両親を殺された三兄妹が復讐を誓い、真犯人にたどり着くまでを描く。2008年10月から12月に、TBS系22時からの金曜ドラマ枠で放送された。脚本は宮藤官九郎が手掛け、基本のストーリーは守りつつも青春ドラマ的な要素やコメディー的な要素が加わったことで、原作とは大きく異なる世界観となっている。主役の三兄妹を二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香が演じる。

Read Article

コンフィデンスマンJP -ロマンス編-(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

コンフィデンスマンJP -ロマンス編-(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』とは2019年に公開された、詐欺師をテーマにした映画作品。東京ドラマアウォードなどの賞を受賞した、総合視聴率15.1%の人気テレビドラマを映画化した1作目。大ヒットした痛快エンターテインメント映画で、ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人のコンフィデンスマン(信用詐欺師)が、悪い奴から詐欺で大金を巻き上げるストーリー。今回のおさかな(ターゲット)はラン・リウ。恋愛詐欺師のジェシーと日本のゴットファザーの赤星も加わり、香港を舞台にコンゲームを繰り広げる。

Read Article

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(漫画・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(漫画・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『フラジャイル 病理医岸京一郎の所見』とは原作の草水敏と作画の恵三朗によって、2014年より『月刊アフタヌーン』にて連載している、病理医の葛藤とドラマを描いた医療漫画である。また『TOKIO』の長瀬智也主演で、2016年にテレビドラマとして実写化もしている。壮望会第一総合病院の病理科長である「岸京一郎」は、捻くれた性格であるものの、凄腕の病理医である。素直な頑張り屋の新人「宮崎智尋」や、優秀な臨床検査技師の「森井久志」の3人を中心に、医療現場での生命に対するヒューマンドラマを重厚に表現している。

Read Article

民王(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

民王(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『民王』とは、2015年7月から9月まで、テレビ朝日で放送された政治を題材としたコメディドラマ。主演は遠藤憲一と菅田将暉。原作は池井戸潤の小説である。内閣総理大臣の武藤泰山と、息子で大学生の翔の人格がある日突然入れ替わってしまい、互いの仕事や生活を入れ替わった状態で悪戦苦闘するストーリー。2016年4月にスペシャルドラマ『民王スペシャル〜新たなる陰謀〜』と、貝原茂平が主役の『民王スピンオフ〜恋する総裁選〜』が放送されている。

Read Article

わしも(WASIMO)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

わしも(WASIMO)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『わしも(WASIMO)』とは、宮藤官九郎作・安齋肇絵による絵本『WASIMO』を原作とした子供向けアニメ。 おばあちゃん型ロボットわしもとわしもを取り巻く仲間たちとの日常が描かれたストーリー。 わしもは死んじゃったおばあちゃんの唯一の形見である入れ歯を装着しており、動くたびに入れ歯がカタコトカタコトと鳴る。 長距離を移動するときは、足ではなくローラーが発動するのである。

Read Article

ザ・マジックアワー(三谷幸喜)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ザ・マジックアワー(三谷幸喜)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ザ・マジックアワー』とは三谷幸喜が脚本・監督したエンターテインメント映画である。佐藤浩市の主演映画で妻夫木聡や深津絵里など豪華キャストが多数出演している。三谷幸喜が監督する4作品目の映画で、第32回日本アカデミー賞で4部門にノミネートされた。マフィアの天塩商会が牛耳る港町の守加護。彼らの怒りを買ってしまった備後は、助かるために三流俳優の村田を騙し、映画撮影と称して殺し屋のデラ富樫を演じさせる。天塩の者たちに村田が偽のデラ富樫だとバレないよう備後が四苦八苦する、大ヒットコメディ映画。

Read Article

WATER BOYS 2(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

WATER BOYS 2(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『WATER BOYS 2』とは、2004年7月にフジテレビ系で放送されていた青春ドラマで、2003年に放送されたドラマ『WATER BOYS』の続編である。脚本は橋本裕志と中谷まゆみが手掛ける。主演は市原隼人。その他、中尾明慶や斎藤慶太などが出演している。3年前に共学になったばかりの元女子高に転校してきた元水泳部員の水嶋泳吉が、山本洋介と共にシンクロ部を設立する。彼らは様々な問題に直面するも、夢に向かって奮闘していく。本作の平均視聴率は16.8%を超え、大きな反響を呼んだ。

Read Article

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

2006年に公開されたジャスティン・リン監督によりオリジナル・フィルムが制作した、カーアクション映画である。大人気ワイスピシリーズの3作目となるが、今までのシリーズとは異なりアメリカではなく東京が舞台となっており主演がルーカス・ブラックになっている。日本の有名人も登場していることで話題になった作品である。本作は東京に引越してきたきたアメリカ人学生が日本が発祥であるドリフトに魅了されていくストーリーである。

Read Article

インセプション(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

インセプション(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『インセプション』( Inception)とは、2010年7月に公開されたクリストファー・ノーランが監督・脚本を務めるSFアクション映画である。他人の夢からアイデアを盗み出す企業スパイ・コブは、その才能から国際指名手配を受け、さらに妻の殺害容疑もかけられていた。そんなある日、サイトーと名乗る男が、彼に風変わりな依頼を持ちかける。サイトーのライバル会社を潰すため、息子に夢の中で会社を潰すアイディアを植え付ける(インセプション)依頼だった。夢の中ならではの壮絶なアクションが魅力の映画となっている。

Read Article

アンフェア(ドラマ・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

アンフェア(ドラマ・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『アンフェア』とは、2006年にフジテレビ系列で放送が開始された、女性が主人公のハードボイルド系の刑事ドラマ。硬派なストーリー展開が特徴である。主人公の女性刑事・雪平夏見(ゆきひらなつみ)が、刑事だった父が殺害された事件の真相を追いつつ、数々の難事件を解決していく姿を描いた。テレビドラマ放送終了後も幅広い層から高い人気を集め、スピンオフも含めてスペシャルドラマ4作品と映画3作品が公開された。原作は奏建日子の『推理小説』。主人公の雪平夏見役を篠原涼子が演じた。

Read Article

来る(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

来る(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『来る』とは、第22回日本ホラー小説大賞に輝いた澤村伊智の小説『ぼぎわんが、くる』を実写化した日本のホラー映画である。公開初日に10万人を動員し、興行収入は1億3700万円のヒットとなった。 子煩悩で愛妻家だと評判の、田原秀樹の職場に謎の人物が現れる。その日から2年後、様々な怪奇現象が起こり、秀樹とその妻の香奈は得体の知れない何かに襲われる事になる。オカルトライターの野崎和浩に相談するが、野崎の手に終えるものではなかった。 怪奇現象と人間の怖さを描いた映画となっている。

Read Article

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(いつ恋)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(いつ恋)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(いつ恋)とは、東京という街で必死に生きる若者たちの恋愛を描いた日本のテレビドラマである。フジテレビ系列で2016年1月から3月まで放送された。坂元裕二によるオリジナル脚本作品。主演を有村架純と高良健吾がつとめた。東日本大震災が発生する2011年前後と、5年後の2016年からの2部構成で描かれている。第3回コンフィデンスアワード・ドラマ賞作品賞・脚本賞などを受賞した。

Read Article

南極料理人(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

南極料理人(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『南極料理人』とは、西村淳の著書『面白南極料理人』『面白南極料理人 笑う食卓』を原作とした、2009年の日本映画である。海上保安庁に勤務する「西村」は、同僚スズキの代理で、南極観測隊として派遣されることになった。そこでは、様々な個性やクセを持った7人の隊員と共同生活を送らなければならない。初めは打ち解けずトラブルもある隊員たちだったが、次第に南極での生活を楽しみ始めることとなる。この映画は人との関わりを考えさせつつも、くすっと笑えるポイントが随所にちりばめられた、ヒューマンコメディ作品である。

Read Article

舞妓Haaaan!!!(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

舞妓Haaaan!!!(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『舞妓Haaaan!!!』とは、宮藤官九郎が脚本を手がけたコメディ映画である。主人公の鬼塚(おにつか)は舞妓の美しさに魅了され、お茶屋遊びにあこがれていた。しかし京都の茶屋はどこも「一見さんお断り」のため、鬼塚はツテを頼ってなんとか茶屋に入ろうとする。そして贔屓の舞妓・駒子(こまこ)やライバルの内藤(ないとう)、元カノの富士子(ふじこ)等、周りの人物を巻き込みドタバタ劇が繰り広げていく。この作品は鬼塚という舞妓へ異常な執着を持った強烈キャラが、日常を忘れて大笑いさせてくれる映画になっている。

Read Article

オレンジデイズ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

オレンジデイズ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『オレンジデイズ』とは、2004年にTBS系列で放送されていた日本のテレビドラマ。妻夫木聡演じる大学4年生の結城櫂(ゆうきかい)と、柴咲コウ演じる病気で聴覚を失った萩尾沙絵(はぎおさえ)のラブストーリーを軸にした若者たちの青春ドラマである。病気で心を閉ざしてしまった沙絵が、櫂の優しさに心を開いていくストーリーが感動を呼んだ。数々のヒット作を生み出してきた北川悦吏子が脚本を手掛けている。

Read Article

コンフィデンスマンJP(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

コンフィデンスマンJP(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『コンフィデンスマンJP』とは、2018年4月9日〜6月11日まで、フジテレビ系列で毎週月曜日21時から「月9」枠で放送された。主要キャストが全員詐欺師となっている。11年ぶりに「月9」の主演に抜擢された長澤まさみが、ダー子を演じる。他に、「月9」初出演の東出昌大はボクちゃん、ベテラン俳優の小日向文代はリチャードを演じる。古沢良太脚本としては、初の"コンゲーム"をテーマとした、痛快エンターテインメントコメディー作品。毎話豪華ゲストを相手に、奇想天外で壮大な騙しあいバトルが見どころである。

Read Article

小さいおうち(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

小さいおうち(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『小さいおうち』とは、中島京子の同名小説を元に2014年に映画化された日本の恋愛映画である。山形から東京に女中奉公に上がった布宮タキ(ぬのみや)は、赤い屋根のちいさなおうちに住む平井時子(ひらいときこ)の元で働いていた。時子はその外見と内面から、誰でも虜にしてしまう女性だった。そして時子は夫の部下である板垣正治(いたがきしょうじ)と道ならぬ恋をしてしまい、日本も戦争への道を着実に進み始めていた。この作品は昭和という激動の時代を生きていた人々の、血の通った温かい生活と小さな秘密を描いた物語である。

Read Article

僕の生きる道(僕生き)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

僕の生きる道(僕生き)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『僕の生きる道』とは、2003年にフジテレビ系列で放送されていたドラマ。僕シリーズ3部作の1作目で、死をテーマにした作品。僕生きの愛称で親しまれている。余命宣告された高校教師・中村秀雄の1年間の生き様が描かれている。主人公は草彅剛。その他、矢田亜希子や大杉連などが出演している。脚本は数々のヒットドラマを生み出した橋部敦子が手掛ける。主題歌である『世界に一つだけの花』がドラマの人気と共に大ヒット曲となった。

Read Article

目次 - Contents