僕の生きる道(僕生き)のネタバレ解説・考察まとめ

『僕の生きる道』とは、2003年にフジテレビ系列で放送されていたドラマ。僕シリーズ3部作の1作目で、死をテーマにした作品。僕生きの愛称で親しまれている。余命宣告された高校教師・中村秀雄の1年間の生き様が描かれている。主人公は草彅剛。その他、矢田亜希子や大杉連などが出演している。脚本は数々のヒットドラマを生み出した橋部敦子が手掛ける。主題歌である『世界に一つだけの花』がドラマの人気と共に大ヒット曲となった。

『僕の生きる道』の概要

『僕の生きる道』とは、2003年1月7日から3月18日まで火曜日22時にフジテレビ系列で放送されていたドラマ。僕生きの愛称で親しまれている。僕シリーズの3部作の1作目で死がテーマである。さらにシリーズ2作目の『僕と彼女と彼女の生きる道』で絆をテーマにしており、3作目の『僕の歩く道』は純粋をテーマに描かれている。主演は草彅剛。その他、矢田亜希子や大杉連、小日向文世に加え、生徒役には市原隼人や綾瀬はるかなどが出演している。脚本の橋部敦子は僕シリーズ3部作を始め、『救命病棟24時』や『フリーター、家を買う。』などの数々のヒット作を生み出している。本作は平均視聴率15.5%で、最終回は視聴率20%を超え、大きな反響を呼んだ。また主題歌の『世界に一つだけの花』は、元々シングル曲ではなかったが、ドラマと共に人気が高まり、大ヒット曲となった。

私立進学高校の男性教師である中村秀雄は、ある日健康診断でスキルス性胃がんを患っていることが判明し、余命1年と宣告される。自暴自棄になってしまった秀雄だが、主治医の金田の支えもあり、残りの人生を精一杯生きようと決意。秋本みどりとの恋模様や生徒たちと熱心に向き合う姿など、秀雄の1年間の生き様が描かれている。

『僕の生きる道』のあらすじ・ストーリー

余命宣告

崖から飛び降りる秀雄。

私立進学高校・陽輪学園の2年G組の担任で、生物教師である中村秀雄(なかむらひでお)は、いつものように淡々と授業をこなす。生徒たちは生物が受験には関係ないため、堂々と他の教科の勉強をしており、秀雄の授業を聞いているのは杉田めぐみ(すぎためぐみ)だけだった。そんなある日、秀雄は健康診断の再検査の通知を受け取る。どうせ何ともないだろうと思いながらも秀雄は再検査を受け、検査結果を聞くために病院を訪れた。しかし主治医の金田勉三(かねだべんぞう)からスキルス性胃がんと診断され、余命1年と宣告を受けてしまった。
ショックを受けた秀雄は、その日から人が変わったようになってしまう。進路相談をしてきた生徒に暴言を吐いたり、無断欠勤したり、思いを寄せる副担任の秋本みどり(あきもとみどり)に突然キスをしたりと、真面目な秀雄からは考えられないような行動を繰り返した。同僚の教師たちは秀雄が余命宣告を受けたことを知らないため、彼の変身ぶりに驚いていた。それから秀雄はキャッシュカードで100万円を引き出し、毎夜タクシーで深夜ドライブをしたり、銀座のクラブに行ったりと豪遊したが、気持ちは晴れなかった。秀雄は主治医の金田に死ぬことが恐いのだと打ち明け、何の痛みも感じないまま楽にしてほしいと頼む。すると金田は秀雄の精神状態が不安定になっていることを心配し、入院することを提案した。しかし秀雄は隙を見て病院を抜けだしてしまう。財布の中に残っていたお金を全て募金箱に入れた秀雄は崖に向かい、そのまま飛び降りてしまった。だが、秀雄は一命をとりとめ、病院のベッドで目を覚ます。秀雄は帰ろうとするが、金田が彼を引き止め、気持ちが安定するまで入院してもらうと説得した。その後、秀雄は母親に電話をかける。そして母と会話を交わし、今までこらえていた涙があふれ出した。それをきっかけに秀雄は自ら命を絶つことを止め、人生最期の日まで生きることを決断するのだった。

秀雄の変化

みどりに思いを伝える秀雄。

それから秀雄は、その日の出来事や自分の思いを記録に残そうと、ビデオ日記を始めた。さらに秀雄は日々を有意義に過ごすことに決め、朝のミーティングで自主的に発言したり、積極的に生徒と関わるようになった。しかし生徒たちはなかなか言うことを聞いてくれず、秀雄の指導は上手くいかなかった。そんな中、体育教師の赤井貞夫(あかいさだお)が結婚することになったが、彼に恋をしていた女子生徒の鈴木りな(すずきりな)がショックを受けて学校を休み始める。そこで秀雄はりなを説得するため、彼女の家に何度も訪れる。最初は拒絶していたりなだったが秀雄の話を聞き、学校に行くと約束してくれた。その際「またすぐに誰かのことを好きになればいい」と励ます秀雄に、りなは好きになろうとしてもなれない、恋はしちゃうものなのだと話した。秀雄は余命宣告を受けてから結婚を諦めていたが、りなの言葉に心を動かされ、思い切ってみどりに告白した。あえなくフラれてしまったが、秀雄は気持ちを伝えられたことに満足していた。
その後、秀雄の教え子である田岡雅人(たおかまさと)と近藤萌(こんどうもえ)が妊娠騒動を起こす。雅人は自分の将来のことしか考えておらず、萌に子供を堕ろさせるつもりでいた。秀雄は人の命を軽く扱う雅人に激怒する。しかし妊娠は雅人の気持ちを確かめるために、萌がついた嘘だった。この騒動をきっかけに秀雄は生徒への性教育の必要性を感じ、教頭の古田に提案する。しかし古田から秀雄の提案は却下された。その後、秀雄は進路相談を行い、医学部を目指したいという雅人に、「君に医者になる資格はありません」と厳しい言葉を言い放つ。雅人は怒って教室を出ていき、秀雄は彼を追いかけた。すると雅人は誤って階段で足を滑らせ転落。ケガは大事には至らなかったが、雅人はPTA会長である母親の田岡久美子(たおかくみこ)に秀雄に突き落とされたと嘘をつく。久美子は激怒し、秀雄は古田に自宅謹慎を命じられた。その後、秀雄は久美子に謝罪する場を設けられたが、彼はそこで雅人の妊娠騒動について語り始める。火に油を注いだために古田に叱られたものの、秀雄は妊娠騒動が残した問題は何も解決されていないと憤った。落ち込む秀雄だったが、みどりは「中村先生は間違っていないと思います」と味方をしてくれた。秀雄の処分が決まるまでは、副担任のみどりが担任を引き受けることになった。その後、みどりの父親であり理事長の秋本隆行(あきもとたかゆき)と古田は、久美子と雅人と4人で話し合いの場を設けた。そこで隆行は雅人に、嘘をついた時は胸が痛むものだと語りかける。すると罪悪感を抱えていた雅人は、秀雄を突き落としたと嘘をついていたことを認め、謝罪した。それでも久美子は秀雄が暴言を吐いたことに対する処罰は与えてほしいと食って掛かろうとしたが、隆行はみどりから受け取っていた秀雄の手紙を雅人に渡した。その手紙には秀雄がなぜ雅人に医者失格と言ったのかが書かれていた。命の尊さを訴えるその手紙は、雅人の心に染みわたった。そして後日、雅人は萌と共に秀雄に謝罪。秀雄は担任に戻ることを許可された。
生徒たちの進路相談を行う中、女子生徒のめぐみは志望校をまだ決めていないことが判明した。秀雄は他の生徒たちと違って生物の授業を真面目に聞いてくれるめぐみは、大学受験をするつもりはなく、何かやりたいことがあるんじゃないかと悟る。めぐみの夢は歌手になることだった。両親には反対されているものの、絶対に歌手になるという強い意志を持っていた。秀雄も昔テノール歌手になるのが夢だったことを思い出しながら、めぐみの夢を応援するのだった。

秀雄とみどり

家で食事をするみどりと秀雄。

その後、秀雄はみどりと付き合うことになった。みどりは真摯に生徒に向き合うようになった秀雄の変化に密かに心惹かれていたようだ。秀雄はみどりと幸せなひと時を過ごしたが、病気のことは打ち明けられずにいた。そんな時、女性教師の太田麗子(おおたれいこ)は偶然学校で秀雄の薬の袋を発見し、彼の病気に気づいてしまう。麗子は秀雄に病気の秘密を守ると約束してくれたものの、自分がみどりなら病気のことを話してほしいと思うと語った。そこで秀雄はみどりに病気のことを話そうとしたが、先にみどりに結婚してほしいとプロポーズされてしまう。秀雄は呆然としながらも思わず頷いてしまった。
後日、秀雄はみどりを家に招いた。しかし秀雄が一人でコンビニに買い物に行っている隙に、みどりがビデオ日記を見てしまう。その後、秀雄はついに病気のことをみどりに打ち明けた。するとみどりから「知ってました」と思わぬ返事が返ってきた。みどりは病気のことを知ったものの、別れる気はなかった。しかし秀雄が結婚できないと告げると、みどりはショックを受けて家を飛び出し、泣き崩れた。次の日、みどりは学校を休んで医師の金田の元を訪れ、自分に何ができるのかと相談する。すると金田は、彼の話し相手になってあげてほしいと話した。そこでみどりは秀雄にずっとそばにいたいと伝えるが、秀雄は病状が進行すると自制が効かなくなるため、彼女に犠牲を強いることはしたくないと別れを切り出した。
後日、秀雄は母親に病気のことを伝えるため、実家に帰省することにした。幼い頃によく通っていた教会に立ち寄ると、そこにはみどりが座っていた。秀雄は戸惑ったが、仕方なく母親である中村佳代子(なかむらかよこ)にみどりを紹介する。佳代子はみどりが秀雄の婚約者だと勘違いしていたが、秀雄は訂正することなく、そのままみどりと共に実家での時間を過ごす。その晩、みどりの計らいで秀雄は佳代子と一緒に寝ることになった。しかし結局佳代子に病気のことを話すことはできなかった。それでも秀雄はこれをきっかけにみどりと結婚する決意をし、プロポーズした。そしてみどりに横で見守られながら、秀雄は佳代子に電話して病気のことを打ち明けた。その後、みどりの父親である隆行に結婚の報告をしたが、隆行は秀雄の病気を知り、なかなか結婚に賛成してくれなかった。それでも秀雄やみどりの説得により、隆行は二人の結婚式に姿を現し、結婚を認めてくれたのだった。

最期の時間

みどりと共に生徒たちの合唱を見ながら息を引き取る秀雄。

新年度を迎え、秀雄は3年生になって初めての授業を行う。しかし前回の模試で成績がかなり落ちている吉田均(よしだひとし)は、受験のストレスでピリピリしていた。そこで秀雄は小学生の頃に教会の聖歌隊に参加して救われたことを思い出し、生徒たちにホームルームに合唱することを提案する。初めは歌手を夢見るめぐみだけしか合唱に参加してくれなかったが、徐々に参加者は増えていった。そして秀雄は生徒たちに合唱コンクールに出場することを提案するが、均だけは合唱は時間の無駄だと反抗し、合唱に参加することを拒んだ。
そんな中、雅人の母親でPTA会長の久美子を筆頭に父兄たちが、合唱より受験が大事だからという理由で合唱部の廃止を要求する。秀雄はみどりと共に合唱の継続を訴える。そんな矢先、秀雄が突然倒れてしまった。病気のことを知る教師陣は慌てる。それを見た生徒たちは、秀雄の余命が短いことを知ってしまった。秀雄は一命をとりとめたが、数日入院することになった。すると生徒たちは病院の外から秀雄のために合唱曲を歌い、彼を励ました。
その後、古田が父兄たちを説得し、模試でクラス全員がA判定の成績を取れば、合唱部を存続できることとなった。生徒たちは秀雄の授業も真面目に受けて必死に勉強し、模試で見事全員A判定をとった。最後まで反抗的だった均だが、秀雄が合唱を始めようとしたのは自分のためだったと知り、合唱に参加するようになった。そしてクラス全員で合唱コンクールに向けて練習を開始し、秀雄も指導に力を入れた。それから秀雄はみどりと新婚旅行に行き、幸せなひと時を過ごした。しかし人生で一番の幸せを感じる反面、刻一刻と死に迫っていることを実感した秀雄は「死にたくない」と涙を流す。そんな彼をみどりは抱きしめるのだった。
秀雄の余命宣告の一年は、すでに経過していた。しかし病状は進行しており、薬で痛みを抑えている状態だった。金田から入院を勧められたが、秀雄は普通の生活を続けることを選んだ。合唱コンクール1ヵ月前、大学の合格発表が始まり、秀雄のクラスはほとんどの生徒が合格した。しかし均だけは本番だと緊張して実力を発揮できない性格が影響して不合格になってしまい、来年再挑戦することとなった。
そして合唱コンクール当日、秀雄が指揮棒を振り、みどりのピアノで生徒たちが歌い始める。しかし無事に歌い終わった瞬間、秀雄はその場に倒れ込んでしまった。金田の処置のおかげで何とか一命をとりとめた秀雄だったが、絶対安静の状態となり、退院することはできなくなった。そのため合唱コンクールの決勝に参加できなくなった秀雄は、指揮者の役目を均に託した。
合唱コンクールの決勝当日、どうしても合唱が見たい秀雄は金田に外出許可を要求したが、許可してもらえなかった。それでも秀雄は無断で病室を抜け出し、みどりに支えられながら身体を引きずって会場に向かう。指揮者を任された均は緊張で頭が真っ白になり、演奏を始められずにいたが、秀雄が客席に現れたのを見て落ち着きを取り戻した。そして無事に合唱が始まり、秀雄は歌を歌う生徒たちを見守った。結局合唱コンクールの結果は3位だった。その後、秀雄とみどりが客席に座っていると、生徒たちがステージに並び、『仰げば尊し』を歌い始めた。秀雄は歌を聞きながら、静かに息を引き取った。みどりは彼の手を握り、頭を寄せ合うのだった。

『僕の生きる道』の登場人物・キャラクター

主要人物

中村秀雄(演:草彅剛)

本作の主人公。私立の進学高校・陽輪学園の生物教師。事なかれ主義の冷めた性格で、可もなく不可もなく真面目に生きていた。しかしある日、健康診断の再検査でスキルス性胃がんと診断され、余命1年の宣告を受ける。初めは自殺未遂をするほど自暴自棄になっていたが、残りの人生を精一杯生きることを決断。熱心に生徒と向き合い、合唱部を設立した。みどりに恋心を抱くが、自暴自棄に陥った時期の態度が原因で一度フラれている。秀雄の変貌ぶりに彼女の気持ちが変わり、告白されて交際することになった。余命が短いことから結婚を躊躇していた秀雄だが、金田の助言などもあって結婚を決意。最期はみどりと共に生徒たちの合唱を聞きながら息を引き取った。

秋本みどり(演:矢田亜希子)

本作のヒロイン。秀雄が担任を務めるクラスの副担任で国語教師。最初は秀雄に強引に迫られて軽蔑していたが、熱心に生徒に向き合うようになった彼の姿に惹かれていき、自分から告白して交際を始め、プロポーズした。結婚後は秀雄の最大の理解者となり、彼を支え続けた。

秋本隆行(演:大杉連)

7jaki-1102
7jaki-1102
@7jaki-1102

Related Articles関連記事

SMAP(スマップ)の徹底解説まとめ

SMAP(スマップ)の徹底解説まとめ

SMAPとは、1988年に結成され、2016年まで活躍してきた国民的アイドルグループ。中居、木村、香取、稲垣、草彅、森の六人で当初は結成され、スマスマなどのバラエティなどで人気を獲得してきた。シングルは56作、オリジナルアルバムは21作品にまで及ぶ。また、ユニバーサルスタジオジャパンの大使や東日本大震災による災害復興などの慈善活動も積極的に行ったことでも知られている。そして、ラジオやテレビなどのすべてのメディアを含めると現メンバーが全員レギュラーを務めているというのも特徴的なグループである。

Read Article

銭の戦争(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

銭の戦争(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『銭の戦争』とは、2015年1月から3月まで放送された、復讐劇をテーマとした日本のテレビドラマ。主人公・白石富生は、順風満帆の日々を送っていたが、父が借金を残して自殺し、さらに連帯保証人であった白石は金も職も婚約者も全て失う。そして人生のどん底から復讐を果たしていくというストーリー。韓国で2007年に制作されたテレビドラマ『銭の戦争』を原作として、舞台を日本の東京に置き換えて制作された。

Read Article

WATER BOYS 2(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

WATER BOYS 2(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『WATER BOYS 2』とは、2004年7月にフジテレビ系で放送されていた青春ドラマで、2003年に放送されたドラマ『WATER BOYS』の続編である。脚本は橋本裕志と中谷まゆみが手掛ける。主演は市原隼人。その他、中尾明慶や斎藤慶太などが出演している。3年前に共学になったばかりの元女子高に転校してきた元水泳部員の水嶋泳吉が、山本洋介と共にシンクロ部を設立する。彼らは様々な問題に直面するも、夢に向かって奮闘していく。本作の平均視聴率は16.8%を超え、大きな反響を呼んだ。

Read Article

HERO(2007年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(2007年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2007年9月8日に公開された日本の映画作品。2001年にフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の映画版。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2007年の日本映画興行収入第1位 (81.5億円)を記録した。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が傷害致死事件を通して大物代議士の疑惑に関わることになる。

Read Article

JIN(仁)のネタバレ解説・考察まとめ

JIN(仁)のネタバレ解説・考察まとめ

『JIN(仁)』とは、TBS系列にて2009年10月〜12月まで放送されたTVドラマ及び、『スーパージャンプ』で連載されていた村上もとかによる漫画作品。「現代の医師が、もし幕末へタイムスリップしたらどうなるか?」を描いたSF要素の強い医療時代劇漫画をドラマ化したものである。第五話で視聴率20%超えを達成し、最終話では平均視聴率25.3%、瞬間最高視聴率29.8%を記録した。この記録は、2009年に放送された民放の連続ドラマ視聴率の中で最高記録となり、大きな反響を呼んだ、国民的人気ドラマである。

Read Article

HERO(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『HERO』とは、第1期が2001年に、第2期が2014年にフジテレビ系で放送された、検察をテーマにした日本のテレビドラマシリーズ。木村拓哉が主演を務め、自身の正義と価値観で捜査を行う型破りな検事・久利生公平と彼を支える検察事務官、同僚検事たちの活躍を描いている。その他、2006年にドラマ特別編が、2007年には劇場版がそれぞれ制作され、2015年には劇場版第2作が制作された。第28回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞を受賞した。

Read Article

新選組!(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

新選組!(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『新選組!』とは2004年1月から12月まで放送されたNHKの大河ドラマである。幕末を舞台に若者たちが命を懸けて己を貫く姿を中心に、青春群像劇として高い評価を得た。多摩の百姓であった近藤勇が真の侍になるため京に上り、仲間たちと新選組を結成し誠の忠義を貫くために戦い、生きていく姿が描かれている。香取慎吾をはじめ若手俳優たちが生き生きと演じたこと、また人気脚本家三谷幸喜の脚本も見どころの一つとされている。

Read Article

鎌倉殿の13人(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

鎌倉殿の13人(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『鎌倉殿の13人』とは2022年にNHKで放送された、平安時代〜鎌倉時代初期を舞台とした大河ドラマである。主演は小栗旬が務めた。 伊豆の地方豪族の次男坊であった北条義時(ほうじょうよしとき)は源頼朝(みなもとのよりとも)に仕え、源平の戦乱の中に巻き込まれていく。そして鎌倉幕府成立後は有力御家人たちとの権力闘争を勝ち抜き、次第に非情な権力者になっていく姿が描かれている。 脚本は今作が大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛けた。 同作品は2023年のエランドール賞特別賞を受賞している。

Read Article

元彼の遺言状(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

元彼の遺言状(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『元彼の遺言状』とは、新川帆立が書いたミステリー小説であり、2022年4月にフジテレビ系で月曜日の21時から放送されたテレビドラマである。小説は2021年に第19回『このミステリーがすごい!』の大賞を受賞している。主人公は綾瀬はるか演じる剣持麗子(けんもち れいこ)。敏腕弁護士でお金に人一倍敏感。ある日元彼が奇妙な遺言状を残して亡くなった連絡が入る。その遺言状と元彼の死因について、大泉洋が演じる篠田敬太郎(しのだけいたろう)と一緒に捜査していく物語であり、痛快リーガルミステリードラマである。

Read Article

20世紀少年(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

20世紀少年(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

池袋ウエストゲートパーク(IWGP)のネタバレ解説・考察まとめ

池袋ウエストゲートパーク(IWGP)のネタバレ解説・考察まとめ

『池袋ウエストゲートパーク(IWGP)』とは2000年4月から6月までTBS系で放送された日本の若者の日常をワイルドに描いたテレビドラマ。主演は長瀬智也、脚本は宮藤官九郎。その他渡辺謙や妻夫木聡など、多くの豪華俳優が出演している。池袋を舞台に、主人公マコトが池袋を舞台に友人やギャングたちとケンカや友情に明け暮れるストーリー。原作は石田衣良の小説『池袋ウエストゲートパーク』で、ドラマ以外にも、コミック、ミュージカル、舞台、アニメなど幅広いメディアミックスがなされた。

Read Article

わたしを離さないで(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

わたしを離さないで(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『わたしを離さないで』とは、日系イギリス人のカズオ・イシグロが2005年に発表した長編小説で、日本ではTBS系列で放送された脚本・森下佳子によるテレビドラマである。「臓器提供」を目的としてこの世に誕生した「クローン人間」の子供時代から始まり、成長とともに人生を受け入れ、全うしていく姿がドラマの中で主人公の恭子、友彦、美和の姿を映しながら描いていく。見どころは、作品の中では、現実の人物に近いキャラの恭子が自分の人生を振り返りながらすべてを受け入れ「生きる」ことに前向きになるという作品になっている。

Read Article

ごめんね青春!(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ごめんね青春!(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ごめんね青春!』とは2014年10月から放送されたTBS系列のドラマであり、宮藤官九郎が脚本し主演は錦戸亮が務めた。 静岡県三島市の高校が舞台で、仏教系男子校とキリスト系女子校の合併に伴う恋愛模様などを描いたドラマ。 主演の錦戸亮は仏教系男子校の先生役であり合併には賛成派。しかし周囲は反対派が多く、合併に向けて奮闘していくストーリー。合併に向けて奮闘していく中、生徒や先生間の恋愛・家族との問題について「ごめんね」と謝り向き合っていく。

Read Article

リバース(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

リバース(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『リバース』とは、2017年4月から6月まで放送された湊かなえのミステリー小説が原作のテレビドラマである。主人公の深瀬和久は、10年前に大学時代の友人たちと卒業旅行に行った際、親友・広沢由樹が失踪し、遺体となって発見された。10年前の事件について深瀬たちに何者かが告発文を送りつけられ、その犯人を突き止めていくミステリー。現在と過去を交互に描いていくストーリーが、人気を博した。

Read Article

NEW
白夜行(東野圭吾)のネタバレ解説・考察まとめ

白夜行(東野圭吾)のネタバレ解説・考察まとめ

『白夜行』とは、1999年に刊行された東野圭吾の推理長篇である。発行部数は2010年12月時点で200万部を超えている。1973年、大阪で起きた殺人。犯人は小学5年生の被害者の息子・桐原亮司と、容疑者の娘・西本雪穂。未解決のまま時は流れていく。そして成長した2人は犯罪行為で互いに助け合うようになり、周囲で不可解な事件が次々と起きる。 疑念を抱く刑事が2人の関与に気づき、証言や調査で真相に迫っていくというストーリー。2006年にはテレビドラマ化、2011年には映画化されている。

Read Article

コンフィデンスマンJP -ロマンス編-(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

コンフィデンスマンJP -ロマンス編-(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』とは2019年に公開された、詐欺師をテーマにした映画作品。東京ドラマアウォードなどの賞を受賞した、総合視聴率15.1%の人気テレビドラマを映画化した1作目。大ヒットした痛快エンターテインメント映画で、ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人のコンフィデンスマン(信用詐欺師)が、悪い奴から詐欺で大金を巻き上げるストーリー。今回のおさかな(ターゲット)はラン・リウ。恋愛詐欺師のジェシーと日本のゴットファザーの赤星も加わり、香港を舞台にコンゲームを繰り広げる。

Read Article

今夜、ロマンス劇場で(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

今夜、ロマンス劇場で(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『今夜、ロマンス劇場で』とは2018年に公開された、主演綾瀬はるかと坂口健太郎によるラブストーリー映画である。映画監督を目指す健司が通い詰めていた「ロマンス劇場」で、モノクロ映画に出演している映画のヒロインである美雪に出会う。ある日、美雪が現実世界に現れ、健司は美雪に色のある現実世界を案内していくうちに、健司と美雪は惹かれ合っていく。しかし、美雪にはある秘密があった。切なくもあり、昭和中期を舞台とした切なくもあり温かい気持ちになるラブストーリー映画となっている。

Read Article

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『フラジャイル 病理医岸京一郎の所見』とは原作の草水敏と作画の恵三朗によって、2014年より『月刊アフタヌーン』にて連載している、病理医の葛藤とドラマを描いた医療漫画である。また『TOKIO』の長瀬智也主演で、2016年にテレビドラマとして実写化もしている。壮望会第一総合病院の病理科長である「岸京一郎」は、捻くれた性格であるものの、凄腕の病理医である。素直な頑張り屋の新人「宮崎智尋」や、優秀な臨床検査技師の「森井久志」の3人を中心に、医療現場での生命に対するヒューマンドラマを重厚に表現している。

Read Article

マスカレード・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

マスカレード・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『マスカレード・ホテル』とは、東野圭吾が書いた人気小説『マスカレード・ホテル』を原作とした大ヒット映画である。木村拓哉主演の映画で、長澤まさみや小日向文世、渡部篤郎など豪華キャストがそろっている。物語は予告連続殺人事件の捜査のために、警視庁の刑事たちがホテル・コルテシア東京に潜入捜査をする。エリート刑事の新田はフロントクラークとして同じホテルの仕事をする山岸と共に、次々とホテルに来る怪しい宿泊客の対応をしていく。誰が殺人事件を起こそうとしている犯人なのかを突き止めていくミステリー映画。

Read Article

ザ・マジックアワー(三谷幸喜)のネタバレ解説・考察まとめ

ザ・マジックアワー(三谷幸喜)のネタバレ解説・考察まとめ

『ザ・マジックアワー』とは三谷幸喜が脚本・監督したエンターテインメント映画である。佐藤浩市の主演映画で妻夫木聡や深津絵里など豪華キャストが多数出演している。三谷幸喜が監督する4作品目の映画で、第32回日本アカデミー賞で4部門にノミネートされた。マフィアの天塩商会が牛耳る港町の守加護。彼らの怒りを買ってしまった備後は、助かるために三流俳優の村田を騙し、映画撮影と称して殺し屋のデラ富樫を演じさせる。天塩の者たちに村田が偽のデラ富樫だとバレないよう備後が四苦八苦する、大ヒットコメディ映画。

Read Article

六番目の小夜子(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

六番目の小夜子(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『六番目の小夜子』とは恩田陸の小説と、それを原作としたNHKで放送されたTVドラマ、および舞台作品である。恩田陸のデビュー作であり、新潮社の第3回日本ファンタジーノベル大賞にて最終選考まで残った作品だ。とある高校(ドラマでは中学校)に伝わる「サヨコ」という言い伝えを軸に、少年少女たちの瑞々しい青春とファンタジーホラーの一面も持つ。2000年にNHK教育『ドラマ愛の詩』でドラマ化された。また2022年1月、乃木坂46の鈴木絢音の主演で舞台化もされている。

Read Article

MIU404(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

MIU404(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『MIU404』とは、性格が全く違う二人の刑事が日本の社会問題に立ち向かいながら事件解決を目指す、警視庁機動捜査隊を舞台としたテレビドラマである。臨時部隊として新設された第4機捜に召集された刑事が志摩一未と伊吹藍だ。二人は相反する性格ながら、様々な事件に相棒として立ち向かうことになる。斬新なストーリーと共に、二人の刑事がバディとして絆を深めていく姿も目が離せない作品だ。

Read Article

HERO(2015年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(2015年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2015年7月18日に公開された日本の映画作品。2001年に第1期、2014年に第2期としてフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の劇場版2作目。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2015年の日本映画興行収入第3位 (実写映画では第1位) を記録 (46.7億円)。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が不審な交通事故を通して大使館の疑惑に関わることになる。

Read Article

ゴジラ×メガギラス G消滅作戦(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴジラ×メガギラス G消滅作戦(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』とは、2000年公開の日本の怪獣映画である。ゴジラシリーズ第24作品目となる。 物語は、ゴジラ打倒に執念を燃やすGグラスパーの隊長で主人公の辻森桐子が、マイクロマシンの天才エンジニア工藤元の協力を得てゴジラを倒す話である。辻森は、完成した武器「ディメンション・タイド」を使って命を懸けてゴジラに挑む。そんな中、メガギラスがゴジラの前に現れ、大規模な戦いを繰り広げる。 見所は、メカギラスとゴジラの白熱した戦いと、命を懸けてゴジラに突っ込んでいく辻森の勇姿である。

Read Article

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(いつ恋)のネタバレ解説・考察まとめ

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(いつ恋)のネタバレ解説・考察まとめ

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(いつ恋)とは、東京という街で必死に生きる若者たちの恋愛を描いた日本のテレビドラマである。フジテレビ系列で2016年1月から3月まで放送された。坂元裕二によるオリジナル脚本作品。主演を有村架純と高良健吾がつとめた。東日本大震災が発生する2011年前後と、5年後の2016年からの2部構成で描かれている。第3回コンフィデンスアワード・ドラマ賞作品賞・脚本賞などを受賞した。

Read Article

やまとなでしこ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

やまとなでしこ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『やまとなでしこ』とは、2000年にフジテレビの月9枠で放送されていたドラマ。脚本は『ハケンの品格』や『花子とアン』を担当した中園ミホなどが手掛ける。主演は松嶋菜々子。その他、堤真一や矢田亜希子などが出演している。玉の輿に乗ることを夢見る客室乗務員の神野桜子と、小さな魚屋を営む中原欧介の恋愛模様を描く、ロマンスコメディである。本作は平均視聴率26.4%、最高視聴率は34.2%を記録。2000年以降に放送されたフジテレビのドラマでは、歴代2位の視聴率を獲得した。

Read Article

仮面ライダー1号(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダー1号(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダー1号』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ『仮面ライダー』を原典とした映画。45年の時を経て、再び藤岡弘、が本郷猛として、仇敵の地獄大使が率いるショッカーと、そして新たな敵ノバショッカーと戦う。「偉人の魂」を駆使して戦う若きライダー、仮面ライダーゴーストは共闘の後に言う。「本郷猛は永遠の英雄」と。

Read Article

おいしい給食(ドラマ・映画・小説・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

おいしい給食(ドラマ・映画・小説・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『おいしい給食』とは、2019年と2021年に放送された日本のテレビドラマ。1980年代の中学校を舞台に給食絶対主義者の男性教師と給食マニアの男子生徒の給食にまつわる対決を描いた学園グルメコメディ。教師・甘利田幸男は毎日の給食を何より楽しみにしている。同じく給食を愛し、美味しく食べるアレンジを得意としている生徒・神野ゴウと、どちらがより美味しく給食を食べられるかバトルするというストーリーとなっている。テレビドラマシリーズ、映画、ノベライズ、コミカライズなど、さまざまなメディアで展開された。

Read Article

箱入り息子の恋(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

箱入り息子の恋(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『箱入り息子の恋』とは、2013年公開の日本の恋愛映画。この物語の主人公、天雫(あまのしずく)健太郎、35歳は市役所勤務で性格は内気。そして、彼女いない歴=年齢という持ち主。結婚願望がない健太郎を見て、心配した両親は代理見合いに出席する。代理見合いをきっかけに健太郎は奈穂子と出会うが、奈穂子は目が見えなかった。健太郎との恋愛を反対する奈穂子の父と、立ちはだかる障害という壁。もどかしい恋と2人の純粋な気持ちに胸を打たれた人が続出。日本映画監督協会新人賞を受賞した市井昌秀が送る感動のラブストーリー。

Read Article

ステキな金縛り(三谷幸喜)のネタバレ解説・考察まとめ

ステキな金縛り(三谷幸喜)のネタバレ解説・考察まとめ

『ステキな金縛り』とは三谷幸喜が監督したコメディ映画。三谷幸喜が生誕50周年に作られたエンターテイメント作品である。ストーリーはドジっ子弁護士の宝生エミが殺人事件を担当。被告人のアリバイを証明できるのは落ち武者の幽霊だけ。弁護士と落ち武者の幽霊が協力して、被告人の無罪を証明するために奮闘する映画になっている。主人公の宝生エミ役を演じた深津絵里は、第35回日本アカデミー賞で主演女優賞にノミネートされ、その他の豪華キャストに落ち武者の幽霊・更科六兵衛役を西田敏行、速水弁護士役を阿部寛が演じている。

Read Article

コンフィデンスマンJP(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

コンフィデンスマンJP(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『コンフィデンスマンJP』とは、2018年4月9日〜6月11日まで、フジテレビ系列で毎週月曜日21時から「月9」枠で放送された。主要キャストが全員詐欺師となっている。11年ぶりに「月9」の主演に抜擢された長澤まさみが、ダー子を演じる。他に、「月9」初出演の東出昌大はボクちゃん、ベテラン俳優の小日向文代はリチャードを演じる。古沢良太脚本としては、初の"コンゲーム"をテーマとした、痛快エンターテインメントコメディー作品。毎話豪華ゲストを相手に、奇想天外で壮大な騙しあいバトルが見どころである。

Read Article

マイ☆ボス マイ☆ヒーロー(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

マイ☆ボス マイ☆ヒーロー(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』とは、2006年7月から日本テレビで放送されていたコメディドラマ。韓国映画『マイ・ボス マイ・ヒーロー』のリメイク。脚本は大森美香。主演は長瀬智也で、共演は新垣結衣や手越祐也など。ヤクザの若頭である榊真喜男は、まともに学校に通ったことがなく、勉強が全くできなかった。そのため、ボスである父に組を継ぐために、高校を卒業するよう命じられる。初めは嫌々学校に通っていた真喜男だが、徐々に青春の楽しさを感じていく。本作は平均視聴率が19.1%と高視聴率を記録した。

Read Article

青天を衝け(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

青天を衝け(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『青天を衝け』とは2021年にNHKで放送された大河ドラマ。幕末〜昭和初期を舞台に、実業家として日本の礎を築いた渋沢栄一を主人公としている。主演は吉沢亮が務めた。武蔵国の農民であった渋沢栄一は後に将軍となる一橋慶喜に仕えることで、幕末の動乱に巻き込まれていく。明治に入った後は官僚として新政府を支え、下野した後は実業界に入り数々の企業の経営に携わった。ドラマでは常に前を向き未来を切り開いていく栄一の姿が描かれている。第110回ザテレビジョンドラマアカデミー賞を受賞している。

Read Article

花咲舞が黙ってない(ドラマ・漫画・小説)のネタバレ解説・考察まとめ

花咲舞が黙ってない(ドラマ・漫画・小説)のネタバレ解説・考察まとめ

『花咲舞が黙ってない』とは、池井戸潤の小説『不祥事』、『銀行総務特命』を原作とするドラマ作品である。臨店先へ出向き、業務改善・指導する臨店班に所属する花咲舞と相馬健が、全国の支店で起こる数々の問題の解決に奮闘する痛快ストーリー。2014年にテレビドラマ第1シリーズの放送と講談社『Kiss』での漫画版が掲載。2015年に第2シリーズが放送された。銀行を舞台とし、女性銀行員が次々と行内の不正を暴いていくというストーリーであることから、女版『半沢直樹』と注目された。

Read Article

VIVANT(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

VIVANT(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『VIVANT』とは、は2023年7月から同年9月までにTBS系「日曜劇場」枠で放送されたアドベンチャードラマ作品。サラリーマンの乃木憂助は、自身にかけられた誤送金の疑いを晴らすためバルカ共和国に向かう。バルカの地で乃木を巻き込んだ自爆テロ事件は、やがて暗躍する国際テロ組織、そして乃木の正体へと繋がっていく。国内外から集結した豪華俳優陣やモンゴルで撮影された大スケールの映像、そして、予想を超える展開が連続するストーリーが見どころとなっている。

Read Article

目次 - Contents