真夏の方程式(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『真夏の方程式』とは、2010年から連載されていた東野圭吾の『ガリレオ』シリーズが原作の、2013年公開の日本映画である。監督は西谷弘。夏休みを玻璃ヶ浦の川畑(かわはた)家で過ごすことになった柄崎恭平(つかさききょうへい)は、仕事で来ていた湯川学(ゆかわまなぶ)と出会う。しかし同じ時期に玻璃ヶ浦に来ていた元警視庁の刑事が遺体で見つかったことにより、川畑家が抱える秘密が次第に明るみになっていく。この物語は海を臨む美しい町で湯川が少年とともに事件解決に進む様子と、血を超えた家族の愛が描かれている。

『真夏の方程式』の概要

『真夏の方程式』とは、2010年から「文藝春秋」で連載されていた東野圭吾原作『ガリレオ』シリーズで、2013年6月29日公開の日本映画である。『ガリレオ』シリーズの映画化としては、『容疑者Xの献身』以来5年ぶりの第2作品目である。監督は西谷弘で、主演は福山雅治。福山演じる湯川学(ゆかわまなぶ)の相棒役である刑事は、シリーズ初めの柴咲コウ演じる内海薫(うつみかおる)から吉高由里子演じる岸谷美砂(きしたにみさ)に変更されている。『真夏の方程式』と連動し、フジテレビでは連続ドラマ第2シリーズが放送された。2012年9月にクランクインし、撮影場所は愛媛県高浜駅や西伊豆町である。第37回日本アカデミー賞話題賞作品部門を受賞し、累計興行収入33.1億円で2013年度の邦画実写第1位となっている。
美しい海を臨む玻璃ヶ浦(はりがうら)という町で夏休みを過ごすことになった小学4年生の柄崎恭平(つかさききょうへい)は、仕事で玻璃ヶ浦に来ていた帝都大学准教授の湯川学と出会う。2人が宿泊している緑岩荘(ろくがんそう)は、恭平の叔母家族が経営している旅館で、そこには塚原正次(つかはらまさつぐ)という元警視庁の刑事も宿泊していた。しかし翌朝、塚原が遺体で発見される。もともと「子供は嫌い」と言っていた湯川だったが、恭平や警視庁の刑事である岸谷美砂と事件を追ううちに恭平とは1人の人間同士として接するようになる。そして緑岩荘を経営する、川畑成実(かわはたなるみ)をはじめとする家族が隠している秘密にもたどりつく。そこには愛する人を必死に守ろうとした、一つの愛の形があった。この物語は、海を臨む町に隠された秘密と家族の愛が美しい景色とともに描かれる作品となっている。

『真夏の方程式』のあらすじ・ストーリー

事件の始まり

花火を楽しむ恭平(左)と重治(右)

帝都大学准教授の湯川学は海底資源掘削アドバイザーとして玻璃ヶ浦(はりがうら)の駅に来ていた。この駅で小学校四年の柄崎恭平(つかさききょうへい)と出会う。恭平は玻璃ヶ浦の宿である緑岩壮の主人、川畑重治(かわはたしげはる)と妻の節子が迎えに来るのを待っていた。節子は恭平の叔母にあたる。駅のいたるところには、「海底発掘絶対反対」の垂れ幕が掲げられていた。

湯川は海底資源の開発説明会に登場すると、重治と節子の娘で海底資源開発反対派の代表である成実(なるみ)と出会った。

説明会が終わり成海は緑岩壮に帰ってきた。すると湯川が宿泊客として現れる。その晩の夕食は同じ広間で、湯川、恭平、他の宿泊客である塚原正次と一緒に食事をとることになった。

女将である節子が広間の様子を観にくると、塚原が「川畑さん、私は昨年まで刑事をやっておりました。仙波英俊、ご存じですよね」と尋ねてきた。しかし節子は「知りません、そんな人は」と慌てた様子で奥へと戻った。その夜、恭平は重治の誘いで緑岩荘の前で花火を楽しんでいた。

次の日、緑岩荘の近くの堤防で塚原が遺体で見つかった。警察は、緑岩壮にいた者たちを事情聴取にかける。警視庁は、塚原が死んだ事件に、湯川の友である草薙俊平と岸谷美砂に捜査を依頼。さらに岸谷は緑岩壮にいる湯川に捜査の協力を求める。

追いかけてくる過去

岸谷の話しでは、「塚原は当初、堤防から落下し脳挫傷で亡くなったと思われていた。しかし、死因は一酸化炭素中毒であって、亡くなってから落とされた」と他殺の可能性を広げる。そして、そもそもなぜ塚原は、玻璃ヶ浦に来たのかと言う。

平成10年、東京のとある歩道橋で三宅伸子が殺された。その前の晩、仙波と伸子がもめていたという目撃情報があった。警察が仙波の家を尋ねると、血のついたナイフが見つかり、そこで仙波を逮捕したのが塚原であった。

仙波は平成18年に刑期満了で釈放され、今は行方は分かっていない。仙波は玻璃ヶ浦の出身で、塚原は仙波をさがしに来ていたのだと思われた。

湯川と恭平

ペットボトルロケットを飛ばす湯川(左)と恭平(右)

次の日、湯川と恭平は堤防の端まで来ていた。湯川の作った装置を使い、携帯のテレビ電話で海底を見ることができるのだという。恭平はテレビ電話に出ると、サンゴ礁やキレイな魚たちを見て大喜びであった。

緑岩壮に帰ると、警察が屋上にある煙突を調べているのが見えた。

その晩、湯川と恭平は塚原が泊まっていた部屋の前にいた。恭平にこっそり部屋の鍵を持ってきてもらい中を確認する。

湯川は恭平に「花火をやった時は、あの窓は開いていたのか」と確認する。すると、「おじさん(重治のこと)がロケット花火が部屋に飛び込んだら危ないって、全部ふさいどこうって」と、窓はすべて閉まっていたと証言する。最後に湯川は押入れの壁の亀裂を確認し、恭平に鍵の束を返した。

川畑家の秘密

湯川は重治が、塚原を殺したと疑っていた。岸谷と草薙の捜査で、川畑家が玻璃ヶ浦に移住してきた年と、仙波が起こした事件の年がほぼ一致していた。

さらに仙波の起こした事件当時は、重治は名古屋の工場に単身赴任していたことが判明する。東京に残された節子と成実の生活を調べ始めるのだった。

湯川は海洋研究開発機構の船に乗船していた。船には成実も乗船している。湯川は10年前から玻璃ヶ浦の海について、成実が書いていたブログの事を尋ねた。成実は怪訝そうに「海が好きだからです。おかしいですか」と答えた。湯川は「まるで誰かをまっているかのような文章だ」と返した。

東京で成実と節子が住んでいたのは、伸子が殺された事件現場のすぐ近く。そして川畑家が玻璃ヶ浦に移住してきたのは、事件のわずか2週間後であった。重治は、湯川が事件の真相に近づいていると気づき、自首を決意する。そして湯川と恭平は他のホテルに移ることとなる。

明らかになる過去

重治の供述によると事件の起こった夜、塚原が眠れないと申し出てきたので睡眠薬を渡した。そして重治は恭平と庭で花火で遊んだ後、塚原に朝食時間の確認のため電話をかけたが出なかった。

部屋へ伺うと塚原が倒れていたのが見えた。部屋からはすすけた匂いがしていて、ボイラーが不完全燃焼を起こし一酸化中毒となったとすぐに気づいた。そこに帰ってきた節子が警察に届け出るという。しかし重治は、部屋から死体が出たことで緑岩壮の評判が悪くなると懸念。節子を説得して、死体を堤防に運んだのだという。

しかし、湯川は重治の供述には納得していなかった。そして草薙に重治の供述を鵜呑みにしないよう忠告。

一方、岸谷は玻璃ヶ浦にある小料理屋で働く、鵜飼継男に聞き込みをしていた。店内にあるアルバムに川畑家と仙波が一緒に写っている写真があった。
鵜飼によると、節子は30年前にここで働いていた。節子は仙波に気があったが、仙波にはその時奥さんがいたのだという。
アルバムからは「せっちゃんとなるみちゃん2か月」と書かれた写真だけ、消えているのだった。

湯川は岸谷の車の中で「仙波は誰かをかばって刑に服した。だがそのことに気づいたのは、仙波を逮捕した塚原さんだけだった。だから刑期を終えた仙波を探し出し、真実を聞き出そうとしたんだ」と話した。

15年前、節子と成実の家に伸子が訪ねてきた。成実が仙波の娘であることを知った伸子は、節子に金を無心しにきたのだった。
しかし節子は留守にしており、成実に伝言を頼む。その内容から成実は、自分が重治の娘ではないと確信した。成実はその真実を隠すために、伸子の後を追い殺害したのだった。

湯川と岸谷は、仙波が入院している病院へ来ていた。車イスでやってきた仙波はひどく弱っている。湯川は、成実が書いているブログと成実の写真を仙波に見せた。
すると仙波は「ありがとうって、玻璃ヶ浦の海を守ってくれてありがとうって、この人に伝えてください」と言うのだった。仙波の病室には、「節子と成実の生後2か月」の写真が大事に保管されていた。

15年前の伸子殺害の翌日、仙波は節子を呼び出し、成実が使った凶器の包丁を節子から無理やり受け取った。そして成実に変わって警察に出頭したのであった。

事件の真相

「せっちゃんと成実ちゃん 2か月」の写真

湯川は取調室で重治に事件の真相を迫っていた。重治は何も知らない恭平に頼み、煙突の上に濡らした段ボールを置かせた。そうすることによって、塚原の部屋に一酸化炭素が流れ込むようになっていた。そして塚原が死んだ後、再び恭平に頼みダンボールを回収させていたのだった。すべては重治の計画通りである。

重治はなぜ、塚原を殺さなければならなかったのか。重治は成実が仙波の娘であるということを知っていた。そして伸子を殺したのが成実である、ということにも気づいていた。
しかし塚原が現れ真実を暴き出そうとしていたので、成実を守るために犯行に及んだのだった。取調室のマジックミラー越しで話を聞いていた成実は、「お父さん、ごめんなさい」と涙を流した。

成実は湯川に「私は罰を受けようと思います」という。しかし湯川は、恭平を守ってやる使命があると返す。「恭平君はいつか自分のしたことに気づくだろう。その時は真実を隠さず話してほしい。全てを知ったうえで、自分の進むべき道を進むために」と話した。

恭平は迎えに来ていた父と駅に来ていた。湯川は恭平に「この夏休み、君は色々なことを学んだ。問題には必ず答えがある。だけど、それをすぐに導き出せるとは限らない。だが焦ることはない。僕たち自身が成長していけば、きっとその答えにたどり着けるはずだ。忘れるな、君は1人じゃない」と話した。そして恭平は、父と一緒に電車に乗り込むのだった。

『真夏の方程式』の登場人物・キャラクター

主人公とその周辺の人物

湯川 学(ゆかわ まなぶ/演:福山 雅治)

帝都大学の物理学准教授。帝都大学理工学部卒業で、警視庁の草薙とは大学時代からの友人。物理学において天才的な頭脳を有し、雑学も豊富。しかし性格は非常に偏屈で、「論理的ではない相手と付き合うのは疲れる」という理由から、特に子供が苦手である。本作の恭平とは、湯川にしては珍しく相手が子供であっても対等な態度で接していた。塚原の事件に始めは興味がなさそうだったが、恭平と触れ合ううちに事件の真相に近づいていくこととなる。

岸谷 美砂(きしたに みさ/演:吉高 由里子)

5eimo0616
5eimo0616
@5eimo0616

Related Articles関連記事

ガリレオ(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ガリレオ(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ガリレオ』とは、ガリレオと称される物理学者・湯川学を主人公とした東野圭吾の連作推理小説。小説を原作にフジテレビ系の月9シリーズにて連続ドラマとして映像化された。主演は福山雅治。 湯川の大学の同級生である警視庁の刑事草薙から、湯川が事件の相談を受けるところから物語は始まる。事件捜査には興味がない湯川だが、人の頭部だけ燃える、見えるはずのないものが見えたなど、一見すると超常現象とも取れる不可解な事件に対し科学者として興味を持った時にこれらの謎の解明に挑む。

Read Article

容疑者Xの献身(ようぎしゃエックスのけんしん、The Devotion of Suspect X)のネタバレ解説・考察まとめ

容疑者Xの献身(ようぎしゃエックスのけんしん、The Devotion of Suspect X)のネタバレ解説・考察まとめ

ある日川で発見された、顔をつぶされた死体。刑事たちに協力を求められた大学准教授の湯川学は、その犯人を追い求める中で、ある人物にたどり着く。それは、湯川が天才だと認めていた大学時代の同級生、石神哲哉だった。 東野圭吾のガリレオシリーズをテレビドラマ化したキャストとスタッフが再集結し、劇場版として公開されたミステリー映画。

Read Article

HERO(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『HERO』とは、第1期が2001年に、第2期が2014年にフジテレビ系で放送された、検察をテーマにした日本のテレビドラマシリーズ。木村拓哉が主演を務め、自身の正義と価値観で捜査を行う型破りな検事・久利生公平と彼を支える検察事務官、同僚検事たちの活躍を描いている。その他、2006年にドラマ特別編が、2007年には劇場版がそれぞれ制作され、2015年には劇場版第2作が制作された。第28回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞を受賞した。

Read Article

プラチナデータ(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

プラチナデータ(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『プラチナデータ』とは、東野圭吾によるミステリー小説をもとに、2013年に日本で公開された映画作品である。最新のDNA捜査によって検挙率100%、冤罪率0%を目指す近未来の日本を舞台とした作品だ。当初犯人を追う立場だった警察庁特殊捜査機関の天才科学者が突如犯人として追われる立場となり、それをベテラン刑事が追うストーリーとなっている。派手な逃走アクションでは日本映画にはあまり見ない迫力あるシーンも満載だ。ミステリアスな人物達の本当の姿が暴かれていくところも魅力のひとつである。

Read Article

陽だまりの彼女(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

陽だまりの彼女(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『陽だまりの彼女』とは、越谷オサムによる日本の恋愛小説を原作として2013年に映画化された恋愛映画である。交通広告代理店の営業マンである奥田浩介(おくだこうすけ)が中学時代の同級生の渡来真緒(わたらいまお)に再会することからはじまり、ふたりは恋愛し結婚する。幸せな毎日を過ごしていたふたりだが、真緒に異変が現れる。そして浩介は真緒の驚くべき秘密を知るのだ。恋愛ストーリーの中にファンタジー要素が加わり、可愛らしく心温まる映画となっている。

Read Article

花咲舞が黙ってない(ドラマ・漫画・小説)のネタバレ解説・考察まとめ

花咲舞が黙ってない(ドラマ・漫画・小説)のネタバレ解説・考察まとめ

『花咲舞が黙ってない』とは、池井戸潤の小説『不祥事』、『銀行総務特命』を原作とするドラマ作品である。臨店先へ出向き、業務改善・指導する臨店班に所属する花咲舞と相馬健が、全国の支店で起こる数々の問題の解決に奮闘する痛快ストーリー。2014年にテレビドラマ第1シリーズの放送と講談社『Kiss』での漫画版が掲載。2015年に第2シリーズが放送された。銀行を舞台とし、女性銀行員が次々と行内の不正を暴いていくというストーリーであることから、女版『半沢直樹』と注目された。

Read Article

きみの瞳が問いかけている(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

きみの瞳が問いかけている(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『きみの瞳が問いかけている』とは、2020年に公開された日本の恋愛映画である。監督は三木孝浩で、2011年の韓国映画『ただ君だけ』のリメイク版として制作された。日雇いの仕事で食いつないでいた元ボクサーの篠崎塁は、ひょんなことから目が見えない柏木明香里と出会う。次第に惹かれ合い交際を開始する2人だったが、塁と明香里の過去にはある残酷な真実が秘められていた。この作品は、過酷な運命の中でも互いを想い合う気持ちを貫き通し、やがて奇跡を起こす男女の姿を描いた物語となっている。

Read Article

20世紀少年(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

20世紀少年(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

宇宙兄弟(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

宇宙兄弟(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『宇宙兄弟』とは2007年に講談社『モーニング』にて連載がスタートした、小山宙哉による漫画及び、原作を基にしたアニメ作品。大人気を博し、のちにアニメ及び実写で映画化されている。「兄弟二人で宇宙飛行士になる」という幼いころの約束。弟は夢をかなえて宇宙飛行士になっていた。いつしか夢をあきらめて別の道に進んだ兄六太(ムッタ)のもとへ、もう一度宇宙へのチャンスがやってくる。宇宙飛行士になるまでの過程や施設、訓練、ミッションの様子など、宇宙の魅力がふんだんに詰め込まれた作品である。

Read Article

HERO(2007年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(2007年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2007年9月8日に公開された日本の映画作品。2001年にフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の映画版。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2007年の日本映画興行収入第1位 (81.5億円)を記録した。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が傷害致死事件を通して大物代議士の疑惑に関わることになる。

Read Article

宇宙兄弟の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

宇宙兄弟の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『宇宙兄弟』とは小山宙哉によって執筆された、夢を諦めた兄が宇宙飛行士の弟と「兄弟で月に立つ」という夢をもう一度実現するべく宇宙飛行士目指して奮闘する、宇宙を題材にした漫画作品である。夢を叶えた弟に劣等感を抱く兄六太(ムッタ)や、ともに宇宙を目指す仲間達、弟の日々人(ヒビト)などが発した名言・名セリフの数々は「もう一度立ち上がろう」という小さなきっかけをくれる原動力を、多くの人々に与えている。『宇宙兄弟』の心にしみる名言・名セリフ、印象深いシーンなどをご紹介する。

Read Article

検察側の罪人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

検察側の罪人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『検察側の罪人』とは、雫井脩介によって書かれた日本の小説が基になっている日本のサスペンス映画である。木村拓哉と嵐のメンバーである二宮和也がダブル主演で魅せるサスペンスストーリー。老夫婦殺人事件と時効を迎えた事件がきっかけとなり自分の正義に固執する最上と事件の真相に対する正義を追い求める沖野の対立が描かれた本作。脇には吉高由里子、大倉孝二、八嶋智人などが固める。映画のキャッチコピーは「一線を超える」。

Read Article

君たちはどう生きるか(ジブリ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

君たちはどう生きるか(ジブリ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『君たちはどう生きるか』とは、義母を救うために不可思議な世界を旅する少年の姿を描いた、宮崎駿によるアニメ映画。宮崎が「これで本当に最後」と明言して制作した作品で、宣伝も無く、公式HPも無く、一切情報を隠したまま公開されるという独特の手法で話題となった。 太平洋戦争が激化する最中、牧眞人は父と共に郊外へ引っ越し、そこで叔母で新たに自身の義母となるナツコと再会。どう接すればいいのか互いに戸惑う中、ナツコはいずこかへと姿を消し、眞人は彼女を連れ戻すために謎のアオサギに導かれて異界へと旅立っていく。

Read Article

流星の絆(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

流星の絆(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『流星の絆』とは、東野圭吾の同名小説『流星の絆』が原作となったミステリードラマである。子どものころに両親を殺された三兄妹が復讐を誓い、真犯人にたどり着くまでを描く。2008年10月から12月に、TBS系22時からの金曜ドラマ枠で放送された。脚本は宮藤官九郎が手掛け、基本のストーリーは守りつつも青春ドラマ的な要素やコメディー的な要素が加わったことで、原作とは大きく異なる世界観となっている。主役の三兄妹を二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香が演じる。

Read Article

白夜行(東野圭吾)のネタバレ解説・考察まとめ

白夜行(東野圭吾)のネタバレ解説・考察まとめ

『白夜行』とは、1999年に刊行された東野圭吾の推理長篇である。発行部数は2010年12月時点で200万部を超えている。1973年、大阪で起きた殺人。犯人は小学5年生の被害者の息子・桐原亮司と、容疑者の娘・西本雪穂。未解決のまま時は流れていく。そして成長した2人は犯罪行為で互いに助け合うようになり、周囲で不可解な事件が次々と起きる。 疑念を抱く刑事が2人の関与に気づき、証言や調査で真相に迫っていくというストーリー。2006年にはテレビドラマ化、2011年には映画化されている。

Read Article

電車男(Train Man)のネタバレ解説・考察まとめ

電車男(Train Man)のネタバレ解説・考察まとめ

『電車男』とは2005年7月から木曜22時にフジテレビで放送されたドラマで、インターネットの電子掲示板から生まれた物語。オタクの山田剛司は電車で酔っ払いに絡まれている青山沙織を目撃し、彼女を助ける。そのことを山田が掲示板に書き込んだ後、沙織からお礼の品が贈られてきた。それをきっかけに2人の交流が始まった。山田がネットの住民に励まされながら様々な試練を乗り越えて成長し、沙織と恋愛関係を築いていく姿が見どころとなっている。本作は多くの人々の感動を呼び、社会現象となった。

Read Article

そして父になる(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

そして父になる(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『そして父になる』とは、”赤ちゃん取り違え事件”を扱った、2013年制作の日本映画。TVドキュメンタリー出身の是枝裕和が監督・脚本・編集を担当し、主演の福山雅治が初の父親役を演じた。第66回カンヌ国際映画祭では見事に審査委員賞を受賞し大きな話題となった。ある日、突然6年間育てた息子が病院で取り違えられた他人の子どもだったと知らされた対照的な2組の夫婦が、過酷な決断を迫られ、それぞれに葛藤を繰り返す中で本当に大切なものを学んでいく姿を描く。

Read Article

今夜、ロマンス劇場で(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

今夜、ロマンス劇場で(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『今夜、ロマンス劇場で』とは2018年に公開された、主演綾瀬はるかと坂口健太郎によるラブストーリー映画である。映画監督を目指す健司が通い詰めていた「ロマンス劇場」で、モノクロ映画に出演している映画のヒロインである美雪に出会う。ある日、美雪が現実世界に現れ、健司は美雪に色のある現実世界を案内していくうちに、健司と美雪は惹かれ合っていく。しかし、美雪にはある秘密があった。切なくもあり、昭和中期を舞台とした切なくもあり温かい気持ちになるラブストーリー映画となっている。

Read Article

名前をなくした女神(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

名前をなくした女神(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『名前をなくした女神』とは、2011年4月から6月までフジテレビ系列で放送された、杏主演のママ友たちのドロドロした関係をテーマにしたテレビドラマ。キャッチコピーは「ようこそ、ママ友地獄へ。」。新たに引っ越して来た秋山一家の主婦侑子と息子の健太は、幼稚園のママ友との確執や事件に巻き込まれていく。お受験を控えたママ友たちの間で繰り広げられる嫉妬、見栄、嘘、裏切りなど、複雑な人間関係を描いている社会派ドラマである。本作は杏の連続ドラマ初主演であり、EXILEのKEIJIのドラマ初出演作でもある。

Read Article

名探偵コナン ゼロの執行人(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

名探偵コナン ゼロの執行人(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『名探偵コナン ゼロの執行人』とは、東宝配給、トムス・エンタテインメント製作、立川譲監督によるアニメ映画。東京で開催予定のサミット会場で大規模爆破事件が発生。事件の容疑者として逮捕された毛利小五郎の無実を証明しようとする江戸川コナンの前に、公安警察の古谷零が立ちはだかる。2018年製作・日本作品。

Read Article

WATER BOYS 2(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

WATER BOYS 2(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『WATER BOYS 2』とは、2004年7月にフジテレビ系で放送されていた青春ドラマで、2003年に放送されたドラマ『WATER BOYS』の続編である。脚本は橋本裕志と中谷まゆみが手掛ける。主演は市原隼人。その他、中尾明慶や斎藤慶太などが出演している。3年前に共学になったばかりの元女子高に転校してきた元水泳部員の水嶋泳吉が、山本洋介と共にシンクロ部を設立する。彼らは様々な問題に直面するも、夢に向かって奮闘していく。本作の平均視聴率は16.8%を超え、大きな反響を呼んだ。

Read Article

昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』とは、2014年にフジテレビの木曜22時枠で放送されたドラマ。脚本は井上由美子が手掛ける。主演は上戸彩。その他、吉瀬美智子や斎藤工、北村一輝などが出演している。2017年に公開された映画版では、ドラマの3年後が描かれている。主婦の笹本紗和は夫と平凡に暮らしていたが、彼女が勤めるスーパーの駐車場で車上荒らしが発生したことをきっかけに、高校生教師の北野裕一郎と出会う。そして紗和は葛藤しながらも彼と不倫関係に陥り、やがて本気の恋愛へと発展していった。

Read Article

シグナル 長期未解決事件捜査班(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

シグナル 長期未解決事件捜査班(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『シグナル 長期未解決事件捜査班』とは、過去と現在が無線機による通信で繋がり、その無線機を使ってそれぞれの時代の刑事が事件を解決していくという刑事ドラマである。2018年にフジテレビ系で放送された連続ドラマで、韓国で数々の賞を受賞したドラマ『シグナル』の日本版リメイクとなっている。過去と現在が同時進行で描かれ、未解決事件を解決する現在の長期未解決事件捜査班と、その事件が実際に起こっている過去が繋がり、事件解決だけでなく謎や秘密が明らかになっていく。

Read Article

HERO(2015)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(2015)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2015年7月18日に公開された日本の映画作品。2001年に第1期、2014年に第2期としてフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の劇場版2作目。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2015年の日本映画興行収入第3位 (実写映画では第1位) を記録 (46.7億円)。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が不審な交通事故を通して大使館の疑惑に関わることになる。

Read Article

WATER BOYS(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

WATER BOYS(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『WATER BOYS』とは、2003年7月の火曜21時にフジテレビで放送されていたドラマ。映画『ウォーターボーイズ』を元に制作されており、脚本は橋本裕志と中谷まゆみ。主演は山田孝之で、森山未來や瑛太などが出演している。シンクロに憧れて唯野高校水泳部に入部した進藤勘九郎は、学園祭のシンクロ公演でリーダーに選ばれたが、シンクロ公演が急遽中止となってしまう。そこで勘九郎はシンクロ公演を実現させるため動き出す。勘九郎と仲間たちの友情や恋愛を描いた青春ドラマである。

Read Article

LIFE!〜人生に捧げるコント〜(テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

LIFE!〜人生に捧げるコント〜(テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

LIFE!~人生に捧げるコント~とは、NHKが制作しているコントを中心としたバラエティ番組。『人生』をテーマにしており、ウッチャンナンチャンの内村光良が中心となっている。内村にとってはNHKでの初のレギュラー番組。一度見たら忘れられない個性的すぎるキャラクターたちや、多分野に渡る豪華ゲストが特徴。

Read Article

新聞記者(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

新聞記者(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『新聞記者』とは2019年に公開された日本の社会派サスペンス映画である。中日新聞社の記者である望月衣塑子による同名の著書を原案とし、監督は藤井直人が務め、韓国の実力派女優であるシム・ウンギョンと松坂桃李がダブル主演として起用された。若手女性新聞記者とエリート官僚の二人が、官邸が絡んだ大学新設計画にひそむ謎に迫っていく姿を描く。2020年の第43回日本アカデミー賞では主な賞を総なめにした作品である。

Read Article

キングダム 運命の炎(キングダム3)のネタバレ解説・考察まとめ

キングダム 運命の炎(キングダム3)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングダム 運命の炎』とは、原泰久の漫画『キングダム』を原作とする2023年公開の実写映画作品。同シリーズでは3作目にあたるため『キングダム3』とも呼ばれる。キャッチコピーは「大いなる夢を、新しい時代を、その手で掴め―」。監督は佐藤信介が務め、主役の山﨑賢人や吉沢亮など主要人物の役者は全員が前々作から続投している。 趙の大軍に攻められた秦は、六大将軍の王騎を総大将にしてこれを迎撃する。将軍を志す剣士にして秦の若き王嬴政の友でもある信も従軍し、師である王騎から重要な作戦を託される。

Read Article

のぼうの城(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

のぼうの城(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『のぼうの城』とは、和田竜の日本の歴史小説を元にして2012年に公開された映画である。犬童一心と樋口真嗣の共同監督で制作された。主人公の長親(ながちか)は忍城(おしじょう)城代の息子である。関白秀吉の家臣である三成によって、忍城は開城を迫られていた。しかし長親は世の理不尽に真っ向から対抗するため、三成に相対する。長親は周りの力を借り、ついには三成軍を退けることになった。この作品は時にはしんみりしつつも、長親という「でくのぼう」の奇策によって観た人を気分爽快にさせる歴史映画となっている。

Read Article

SCOOP!(スクープ)のネタバレ解説・考察まとめ

SCOOP!(スクープ)のネタバレ解説・考察まとめ

2016年公開。監督・大根仁、主演・福山雅治の映画。以前は写真週刊誌SCOOP!のエースカメラマンとして数々のスクープ写真を撮っていた都城静だったが、今はうらぶれたフリーランスのパパラッチとして生活していた。静はSCOOP!編集部へ移動してきた新人記者・行川野火と組む事になる。最初は衝突しあうも数々のスクープを撮り二人は次第に惹かれあうが、静にかかってきた1本の電話が悲劇をもたらす事となる。

Read Article

あさが来た(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

あさが来た(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『あさが来た』とは、幕末から明治にかけて活躍した実業家・教育者の広岡浅子をモデルとしたNHKの連続テレビ小説。2015年9月から2016年4月にかけて放送された。平均視聴率は23.5%で、朝ドラとしては2016年当時の最高記録となって話題に上った。 女性の社会進出が難しかった幕末から大正の時代に、女性起業家のパイオニアとして奔走した主人公・白岡あさの物語。銀行、生命保険会社、女子大学の設立という一大事業に邁進するあさと、彼女を支える家族、変化していく社会が描かれる。

Read Article

県庁の星(小説・漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

県庁の星(小説・漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『県庁の星』とは、桂望実により2005年『小学館』から発行されたヒューマン小説及び、それを元にした漫画、映画作品である。県庁に勤める野村聡は、民間人事交流の一員としてスーパー満天堂に配属となる。野村は満天堂の人間を見下し、満天堂の二宮あき達は野村のことを厄介者扱いして衝突を繰り返す。しかし野村が県庁の出世コースから外れたことで二宮との距離が近づき、満天堂の危機も救うこととなる。この物語は立場の違う人間同士が出会い、歩み寄る過程で得る「気づき」を教えてくれる作品となっている。

Read Article

ATARU(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ATARU(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ATARU』とは、2012年にTBSで日曜21時に放送された、櫻井武晴が脚本を手掛けたドラマ。主演は中居正広。その他、北村一輝や栗山千明などが出演している。サヴァン症候群で特殊な能力を持った謎の青年・アタルが、警察と一緒に難事件を解決していく推理ミステリードラマである。2013年に公開された映画では、アタルと同じサヴァン症候群の女性が現れ、アタルが彼女の起こした事件に巻き込まれていく。

Read Article

カムカムエヴリバディ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

カムカムエヴリバディ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『カムカムエヴリバディ』とは、NHK連続テレビ小説の第105作目となるテレビドラマ。2021年11月1日から2022年4月8日まで放送された。 連続テレビ小説史上初となる3人のヒロイン、安子(やすこ)、娘のるい、孫のひなたの親子3世代にわたる家族の物語である。安子の生まれた1925年(大正14年)から物語はスタートし、ひなたがアメリカでキャスティングディレクターとして活躍する2025年までの100年を描いている。

Read Article

目次 - Contents