いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(いつ恋)のネタバレ解説・考察まとめ

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(いつ恋)とは、東京という街で必死に生きる若者たちの恋愛を描いた日本のテレビドラマである。フジテレビ系列で2016年1月から3月まで放送された。坂元裕二によるオリジナル脚本作品。主演を有村架純と高良健吾がつとめた。東日本大震災が発生する2011年前後と、5年後の2016年からの2部構成で描かれている。第3回コンフィデンスアワード・ドラマ賞作品賞・脚本賞などを受賞した。

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の概要

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』は、フジテレビ系「月9」枠にて2016年1月18日から3月21日まで放送された日本のテレビドラマである。略称は『いつ恋』。主演は有村架純と高良健吾。

東京という街にのまれないよう必死に生きる男女6人の、若者たちの恋愛を描いた本格ラブストーリー。坂元裕二によるオリジナル脚本。プロデュースを村瀬健、演出を並木道子が務めた。劇中音楽は得田真裕が務め、「ドラマで流れる音楽が作品にあっていて泣ける」と話題を呼んだ。

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』は、第3回コンフィデンスアワード・ドラマ賞(2016年)・作品賞・脚本賞(坂元裕二)新人賞(西島隆弘)を受賞。第88回ザテレビジョンドラマアカデミー賞(2016年)では、主演男優賞(高良健吾)。東京ドラマアウォード 2016では、作品賞・連続ドラマ 優秀賞・主題歌賞(手嶌葵)等多くの賞を受賞した。

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』のあらすじ・ストーリー

音と練の出会い

北海道まで手紙を届けに来た練(右)と音(左)

幼いころに母を亡くした杉原音(すぎはらおと)は、叔父の林田雅彦(はやしだまさひこ)、知恵(ちえ)夫妻に育てられ北海道で暮らしていた。雅彦は、音を家政婦のように扱い、寝たきりになった知恵の介護を任せきりにしていた。音は、将来に夢や希望を抱くこともなく、今の生活がずっと続いていくのだろうと諦めながら過ごす毎日だった。雅彦は、25歳年上の資産家・白井篤史(しらいあつし)と音の結婚の話を勝手に話を進めていた。

福島県で祖父に育てられた曽田練(そだれん)は、だまし取られた祖父の畑を取り戻すために上京し、運送会社で働いていた。ある日、練の友人中條晴太(なかじょうはるた)が練の家に転がり込む。北海道旅行帰りの晴太の荷物の中には女性物の鞄があった。練は、晴太が拾った鞄の中に「音へ」と記された手紙が入っていることに気づく。手紙を読んだ練は、必ず本人に返さなければならないと感じ、鞄の中に入っていたクリーニング店のカードと、記されていた”林田音”の名前を頼りに、会社のトラックを借りて北海道へ向かった。

練がクリーニング店を訪ねると、鞄の持ち主はクリーニング店で働いていた。「大切な手紙だと思って返しにきた」と説明する練に、音は「手紙は捨ててください」と言い手紙を受け取らなかった。翌日、練は再び音のもとを訪れるが、音に「手紙は捨ててほしい」と言われてしまう。音は「この町で”林田音”として生きていく。そのためには、大事なもの(母からの手紙)は荷物になってしまうから」と練に話した。東京へ帰る練と遭遇した音は、ファミリーレストランへ連れて行ってもらった。音にとってはじめてのファミリーレストランだった。

音が帰宅すると、白井との結婚が破綻したと聞かされる。音と練が一緒にいる所を見て激怒した白井は、雅彦の元を訪れ結婚を白紙に戻すことを伝えに来ていた。雅彦は、音の目の前で音の母の遺灰をトイレに流してしまう。座り込む音に、寝たきりだった知恵がかけより、音を抱きしめて「逃げなさい。もうあんたの好きなところに行きなさい」と言った。

音は裸足で家を飛び出し、雨の中大通りまで走り続けた。音の近くで一台のトラックが止まる。音に気づいた練はドアを開け、音に向かって「乗れ!」と手を差し出す。音は練の手を掴みトラックに飛び乗った。東京へ向かうトラックの中で、音はダッシュボードに母からの手紙がしまわれていることに気づく。音は涙を流しながら手紙を読み返していた。泣き疲れて眠ってしまった音が目を覚ますと、東京についていた。

音はトラックを降りて、居酒屋でアルバイトをしている親友に働かせてもらえるか聞きに行った。練はトラックから降りて音が帰ってくるのを待っていると、偶然通りかかった幼馴染の市村小夏(いちむらこなつ)に声をかけられた。音は練が待つ場所へ戻ると、トラックと練の姿はなかった。

一年後、東京で再会

音が東京にきて1年が過ぎた。音は、雪が谷大塚駅ちかくの古いアパートを借りて、介護施設春寿の杜で働き始めた。音は、ヘトヘトになるまで働く毎日だった。音は仕事中、春寿の杜を経営しているグループ企業の御曹司・伊吹朝陽(いぶきあさひ)に声をかけられる。音は朝陽に「好きな人いるの?」と聞かれ「います」と答えた。音は1年前に北海道で出会った曽田練を忘れられず、好きな想いが募っていた。

練は、隣家にひとりで暮らす仙道静恵(せんどうしずえ)の家に立ち寄るのが日課だった。静江の家には練の友人の中條晴太、練の幼馴染でデザイナーになる夢を叶えるため、福島県会津地方から上京してきた市村小夏(いちむらこなつ)が集うようになっていた。みんなの話を優しく聞く静江は、静江ばあちゃんと慕われていた。

引っ越し作業中、練たちは荷物の中にあったビンテージのスピーカーを壊してしまう。柿谷運送の先輩、佐引穣次(さびきじょうじ)がいい加減な扱いをしたせいだった。しかし、柿谷運送社長の嘉美(よしみ)は、スピーカーを設置した練に弁償を命じた。

音はシフトの変更が重なり長時間勤務した帰り道、捨てられた子犬を見つける。子犬を抱きかかえながら歩いていたが、疲れて道端に座り込んでしまった。
音が見つけた子犬は練がずっと気にかけていた子犬だった。いつもの場所にいない子犬を探していた練。子犬の鳴き声がする方を見ると、子犬を抱きかかえたままうずくまっている音を見つけた。
練は音に声をかける。音が顔をあげると、ずっと探していた練がいた。東京にきてから、1年ぶりの再会だった。音は練に「名前、教えて。電話番号教えて。私も東京でがんばってるから」と言う。練はうなずき、子犬と動けなくなった音を静江の家に連れて帰った。

すこしずつ、かわりはじめる関係

木穂子(左)に告白する練(右)

練の家に日向木穂子(ひなたきほこ)が訪れる。木穂子は福岡県から上京し広告代理店で働いていた。木穂子は職場の上司と不倫関係にあった。木穂子は上司と関係をもちながら、自分を恋人のように優しく接してくれる練に甘えていた。

夜勤を終え静恵の家に向かった音は、木穂子と一緒にいる練に出会う。練は、音に「日向さん。付き合ってる人です」と紹介した。バス停に着くと、木穂子は練に「あんな紹介の仕方しなくてよかったのに」と言う。練は木穂子に「俺だけをみてくれないかな。付き合おう」と告白する。練の告白に木穂子は答えを濁した。

練が職場へ行くと、佐引が練の携帯を見て笑っていた。佐引は練を見つけると「きほちゃんて、あのきほちゃんか。お前、あんな女と付き合ってんのか」と言う。携帯を返せと言う練を押さえつけながら佐引は練に「ばかだなお前。なんであんな傷モン掴んじゃった」と言った。配達先で自殺未遂をしていた木穂子を練が病院に連れて行ったことがきっかけとなり、ふたり一緒にいるようになったのだった。

練が自宅に戻ると、病院から連絡が入った。練が病院に着くと看護師に「ひなたさん、男性に突き飛ばされて頭を強く打ちました」と看護師に伝えられる。木穂子は、不倫相手に別れを告げに会いに行ったとき突き飛ばされ、顔と手に傷を負っていた。

練は、退院することになった木穂子に会うために病院を訪れる。木穂子は、しばらくの間福岡に帰省することになっていた。
木穂子は、不倫相手とはもう会わないと練に約束する。木穂子が「ふつうの恋人どおしになろうね。なれるよね」と言うと、練は「なろう」と優しく返事をした。

都会の冷たさ

音(左)の見舞いに来た朝陽(右)

ある朝、出勤するためにバスを待っていた音は、練と出会う。そのバスの中で、泣きだした幼児をめぐって乗客同士が口論になった。いたたまれなくなった音は、助けを求めるように練の方を見たが、練は目をそらす。練はずっとそっけない態度をとっていた。
練がバスを降りようとしたとき、目を閉じて座っていた音の手から荷物が落ち、音はそのまま座席に倒れ込んでしまった。

音は、働き詰めだったせいで高熱を出してしまう。施設の入り口で横になっている音のもとへ朝陽が駆けつけ、医務室に連れて行った。
人件費削減の影響だと感じた朝陽は、春寿の杜グループ代表で、朝陽の父、井吹征二郎(いぶきせいじろう)と征二郎の下で働く朝陽の兄、井吹和馬(いぶきかずま)のもとへ行く。朝陽は二人に「これ以上人を減らされたら全員倒れます」と伝えると、 和馬は「倒れたら新しい人を雇え」と涼しい顔で答える。朝陽は「人は消耗品じゃありません」と訴えるが、経営者の父と兄から返事はなかった。

その日の夜、朝陽が電気ストーブと加湿器を持って音の家を訪ねた。音の机に施設の人の似顔絵が置いてあるのを見つけた朝陽は「イラストレーターになれたかもしれないよ。夢とかなかった?」と尋ねる。音は「夢?」と聞き返したあと「もし夢があったとしたら私はもう叶ってます。自分の部屋がほしかったんです。自分で仕事を持って、自分のお金でその日食べたいものを食べて。自分の部屋で、自分の布団で眠りたかったんです」と朝陽に打ち明けた。

あなたを好きになりました

音(左)に想いを打ち明ける練(右)

同じバスに乗っていても、言葉を交わすことがなくなった音と練。
音は仕事が終わりバス停に向かうと、幼児を抱えた女性がバスに乗るのをためらっていた。音は「乗りましょう」と声をかける。幼児は泣いてしまい乗客の一部から舌打ちが聞こえた。
信号が変わりバスが止まったとき、音はバランスを崩して転倒してしまう。持っていた荷物がちらばり、夜勤勤務後の下着類がバッグからでてしまう。近くに座っていた若い男が音の下着を拾ってからかい、その姿を携帯のカメラで撮影する人もいた。
何度も「すみません」と言って荷物を拾う音を見ていた練は、怒った様子で若い男から下着を奪い「おもしゃくねえ。なんもおもしろくねぇ。人が転んだだけだ」と会津訛りで言い、音の荷物を一緒に拾った。
バスを降り、練にお礼を言ってすぐに立ち去ろうとした音に、練は「洗濯なら静江ばあちゃん家ですればいい」と声をかけた。練は買い物があるから、音に先に静江の家に行くように伝えた。

静江の家に戻ってきた練はたこ焼きを音に振る舞った。たこ焼きを食べながら、練は音に祖父との思い出と故郷の会津の話をした。
練は音のそばに座り「東京に来て5年経って、杉原さん、あなたのことを好きになりました。好きで好きでどうしようもないくらいなりました。いつもあなたのことを想ってます。そのことを諦めなきゃいけないのは苦しい。今日まで冷たくしてごめんなさい。明日からまた同じことします。ごめんなさい。好きでした」と音に告白した。音は涙を流しながら、その言葉を聞いていた。

突然訪れた別れ

芋煮を作った練(左)、木穂子(中央左)、音(中央右)、朝陽(右)

音は、朝陽に誘われて屋上へ行く。朝陽が用意した望遠鏡で一緒に星を見るふたり。そこで朝陽は「僕のことを好きになれば両想いをあげられるよ」と音に気持ちを伝えた。

小夏が練に思いを寄せていることを知る晴太は「僕がその初恋をかなえてあげるよ」と言い出す。小夏が笑いながら「どうやって?」と聞くと、晴太は「練くんが地元に帰りたくなるようにすればいいんだよ」と答えた。
練と木穂子がアパートに着くと、練の部屋には小夏と晴太がいた。小夏は練に、会津で暮らす練の祖父・健二が転倒してケガをしたことを伝える。練は、小夏から会津に住む祖父が苦労して生活していることを聞いてショックを受ける。そのとき晴太は、練の携帯をこっそり持ち出していた。木穂子が練に送った、練にたくさん嘘をついていたこと打ち明けたメールを見つけた。

2011年3月。音は朝陽と静江の家を訪れた。静江の家では練と木穂子が芋煮を作っていた。音と朝陽も一緒に芋煮を食べることになった。練を気にしている音に気づいた朝陽は、音の好きな人が練だと確信する。ぎこちなかった音と木穂子はすこしずつ話せるようになり、朝陽も加わって笑いながら芋煮を作った。

静江と鍋を囲み、食べ始めるところで晴太と小夏が帰ってくる。練が晴太に木穂子から聞いた職場の話をしようとすると、晴太は「木穂子さんが不倫していた人の話ですか?」と言う。その場の空気が張りつめ、重くなった。
音が「食べよう」と声をかけると、小夏は「なんで話変えんだべな」と怖い顔でつぶやいた。小夏は「練が好きなのは木穂子さんじゃねえべした。この人(音)だべした。練が好きな人はこの人(音)で、この人(音)も練が好きなんだもん。上辺ばっか楽しそうなふりして嘘ばっか。練が木穂子さんと付き合ってんの知ってるくせにこそこそ会って。両想いでしょう?木穂子さんも気づいてたんじゃないの?練に好きな人がいること、気づいてて気づいてねえふりしてたんじゃねえのかよ?」と言う。練と音が視線を一瞬合わせたのを見た木穂子は我慢していた涙が溢れた。木穂子は、練が肩にのばした手を拒絶し、泣き崩れた。この日が、音と練が最後に会った日になった。

練は、祖父の様子を見るために会津へ向かった。

5年後、衝撃の再会

5年ぶりに再会した音(左)と練(右)

5年後、2016年1月。音は春寿の杜で介護福祉士として働いていた。朝陽は本社勤務になり、音と朝陽は交際して2年が経っていた。
朝陽は音と結婚を意識しはじめていて、プロポーズするタイミングをうかがっていた。朝陽は、音をパーティーに誘う。音は朝陽が誘う華やかなパーティーや、プレゼントされるドレスやバッグは自分にはもったいないと感じていた。

音は、同僚との飲み会の帰りに静恵の家に立ち寄る。そこには木穂子の姿があった。5年ぶりの再会だった。
木穂子は、3年前に広告代理店を辞め、デザイン系の事務所で働いていた。木穂子は、音が練ではなく朝陽と付き合っていることを知って驚く。そして音も、木穂子と練の恋人関係が続いていると思っていたため、驚いていた。音も木穂子も、東日本第大震災のとき、会津にいる練の無事を確認して以来、居場所もわからない状態だった。

音は仕事帰り、柿谷運送のトラックを見かけて声をかける。音は柿谷運送に向かい練の居場所を尋ねると柿谷運送の社長、嘉美に「佐引ならわかるかもしれない」と言われ、音は佐引を訪ねた。佐引は「あいつならいま東京にいる」と言い音に練の名刺を渡した。

駅前にはスーツ姿の練と晴太の姿があった。ふたりはネットカフェへ向かう。練と晴太はお金がない若者や生活困窮者に声をかけ、スマートリクルーティングという会社で安い賃金で仕事を斡旋する仕事をしていた。

朝陽は、朝陽の兄・和馬が異動願いを出したことを聞き驚いていた。同時に、朝陽は父・征二郎に呼び出される。
征二郎は朝陽に「明日から社長室に入れ。これからは、俺の後を継ぐつもりでやれ」と告げる。運ばれてきたビールで征二郎と乾杯する朝陽の顔には父親に認められた嬉しさがあふれていた。ビールを一口飲んだ朝陽に征二郎は「和馬に電話しろ。お前があいつにリストラを告げるんだ」と指示した。

音と朝陽がパーティーに行く日、音のもとに朝陽から「本社から呼び出されたから待ち合わせの時間に遅れる」と電話が入った。時間が空いた音は、佐引にもらった名刺に書いてあったスマートリクルーティングの事務所を訪ねる。そこには無口で怖い表情の練がいた。練は音に「なんの用ですか」と無愛想に聞く。音は戸惑いながら「用はないです…」と言うと、練は入口の戸を開け、無言で音に出て行くように促す。音が入口へ向かったとき、事務所の窓ガラスが割れ大きな音がした。練たちに逆恨みした人が、事務所に向かって石を投げたのだった。

しばらくして、奥の部屋から小夏が姿を現す。散らばったガラスの破片を見た小夏は、過呼吸を起こし、練は小夏を抱きしめた。
晴太が事務所に戻り、小夏がまた発作を起こしたことに気づくと、練に「練くんは一生小夏ちゃんの面倒みるの?一生償うつもりでいんの?」と言った。

brass_de6
brass_de6
@brass_de6

Related Articles関連記事

韓国芸能界・K-POPで活躍する日本人まとめ

韓国芸能界・K-POPで活躍する日本人まとめ

日本でも幅広い世代から高い人気度を誇るK-POPや韓流ドラマ。2016年デビューのガールズグループ「TWICE」に日本人メンバーが3人選ばれたことで、K-POPアイドルを目指す日本人が急増した。韓国の芸能市場にとっても、日本人メンバーの存在は日本進出の大きな足掛かりとなるため重要視されている。またK-POPアイドルに限らず、韓国芸能界で活躍する日本人は多い。

Read Article

カルテット(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

カルテット(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『カルテット』とは松たか子主演のラブストーリー、コメディー、サスペンスの要素が入った連続テレビドラマ。2017年1月17日から3月21日まで毎週火曜22時から22時54分に放送されていた。ある日、偶然出会った演奏者である男女4人が、弦楽四重奏のカルテットを組み軽井沢で不思議な共同生活を始める。夢叶わず30代に入り、それぞれが人生のピークを迎えず緩やかな下り坂で立ち止まっていたが、4人の出会いは偶然ではなかった。ほろ苦くて甘い、ビターチョコレートのような大人のラブサスペンスである。

Read Article

Woman(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

Woman(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Woman』とは、2013年7月から日本テレビで放送された社会派ドラマ。脚本は坂本裕二。主演は満島ひかりで、田中裕子や小栗旬などが出演する。夫を不慮の事故で亡くした青柳小春は、2人の子供を1人で育てることとなる。生活は困窮し、様々な困難に見舞われるも、周囲に支えられながら我が子のために強く生きていく女性の物語。親子愛や現代社会で起こる問題などが描かれており、若者たちへ送る応援歌をテーマとしている。本作は平均視聴率13.6%を獲得し、ドラマの内容や役者の演技が評価され、様々な賞を受賞した。

Read Article

花束みたいな恋をした(はな恋)のネタバレ解説・考察まとめ

花束みたいな恋をした(はな恋)のネタバレ解説・考察まとめ

『花束みたいな恋をした』とは、2021年公開の日本のラブストーリー映画。主演は菅田将暉と有村架純。『東京ラブストーリー』『Mother』などで知られる坂元裕二によるオリジナル脚本で、終電に乗りそびれた二人が21歳で恋に落ちて、26歳で別れるまでの忘れられない恋愛を描く。坂元裕二はあくまで「普通の恋愛」を描くことを目指しており、等身大の恋愛に共感する視聴者が続出した。

Read Article

コンフィデンスマンJP -ロマンス編-(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

コンフィデンスマンJP -ロマンス編-(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』とは2019年に公開された、詐欺師をテーマにした映画作品。東京ドラマアウォードなどの賞を受賞した、総合視聴率15.1%の人気テレビドラマを映画化した1作目。大ヒットした痛快エンターテインメント映画で、ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人のコンフィデンスマン(信用詐欺師)が、悪い奴から詐欺で大金を巻き上げるストーリー。今回のおさかな(ターゲット)はラン・リウ。恋愛詐欺師のジェシーと日本のゴットファザーの赤星も加わり、香港を舞台にコンゲームを繰り広げる。

Read Article

今夜、ロマンス劇場で(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

今夜、ロマンス劇場で(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『今夜、ロマンス劇場で』とは2018年に公開された、主演綾瀬はるかと坂口健太郎によるラブストーリー映画である。映画監督を目指す健司が通い詰めていた「ロマンス劇場」で、モノクロ映画に出演している映画のヒロインである美雪に出会う。ある日、美雪が現実世界に現れ、健司は美雪に色のある現実世界を案内していくうちに、健司と美雪は惹かれ合っていく。しかし、美雪にはある秘密があった。切なくもあり、昭和中期を舞台とした切なくもあり温かい気持ちになるラブストーリー映画となっている。

Read Article

俺物語!!(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

俺物語!!(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

原作・河原和音、作画・アルコによる少女漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画。2011年に『別冊マーガレットsister』に掲載された第1話が好評につき連載へ移行。その後『別冊マーガレット』にて2016年まで連載された。誰もが目を引く巨漢、剛田猛男とお菓子作りが大好きな女子高生大和凛子。痴漢から助けた出会いをきっかけに付き合い始めた二人の不器用ながら微笑ましい恋模様がコミカルに描かれる。

Read Article

鎌倉殿の13人(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

鎌倉殿の13人(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『鎌倉殿の13人』とは2022年にNHKで放送された、平安時代〜鎌倉時代初期を舞台とした大河ドラマである。主演は小栗旬が務めた。 伊豆の地方豪族の次男坊であった北条義時(ほうじょうよしとき)は源頼朝(みなもとのよりとも)に仕え、源平の戦乱の中に巻き込まれていく。そして鎌倉幕府成立後は有力御家人たちとの権力闘争を勝ち抜き、次第に非情な権力者になっていく姿が描かれている。 脚本は今作が大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛けた。 同作品は2023年のエランドール賞特別賞を受賞している。

Read Article

DESTINY 鎌倉ものがたり(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

DESTINY 鎌倉ものがたり(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『DESTINY 鎌倉ものがたり』とは、2017年に公開された映画で、西岸良平の人気コミック『鎌倉ものがたり』を実写映画化したファンタジー作品である。監督は、日本アカデミー賞最優秀賞を受賞した山崎貴。主演に堺雅人と高畑充希を迎え、ほかにも大物俳優が勢揃いしている。ストーリーは魔物や幽霊が一緒に生活するという鎌倉が舞台。夫婦の周りでは奇妙な出来事が起こり、自分たちの謎が解き明かされていく作品だ。夫婦の絆を感じることができる温かい映画作品である。

Read Article

小さな巨人(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

小さな巨人(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『小さな巨人』とは、警察組織と戦いながら事件解決をしていく、エンターテインメントドラマである。優秀な刑事・香坂真一郎(こうさかしんいちろう)が所轄に異動になり、警察の上層部と戦いながら、所轄の刑事と共に事件解決をしていくストーリー。主演の長谷川博己の他に、岡田将生、安田顕、芳根京子、香川照之らがドラマ出演している。プロデューサーは伊與田英徳たち、脚本は丑尾健太郎たちが担当した。キャッチコピーは「敵は味方のフリをする」であり、警視庁と所轄の確執や警察内部の裏切者など、警察同士の戦いが描かれている。

Read Article

引っ越し大名!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

引っ越し大名!(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『引っ越し大名!』とは、土橋章宏原作小説の『引っ越し大名三千里』をもとにした、2019年に公開された時代劇映画である。監督は犬童一心。姫路藩の書庫番・片桐春之介は、藩の国替えに伴い「引っ越し奉行」に任命されてしまう。しかし春之介には国替えの経験が全く、幼馴染の鷹村源右衛門や前引っ越し奉行の娘・於蘭の力を借りて引っ越しの成功へ向けて奔走する。この作品は、引っ込み思案な春之介が国替えという一大事に直面し、成長していく姿がコメディ調に描かれている。

Read Article

愛のむきだし(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

愛のむきだし(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『愛のむきだし』とは園子温監督の23作目の作品として製作されたヒューマンドラマ映画である。実話を元にした作品であり、盗撮、レズビアン、女装、自慰行為、新興宗教団体による洗脳等、アブノーマルな題材を軸に、物語が進行していく。237分の大長編映画で、国内外からの評価は高く、2009年のベルリン映画祭での「カリガリ賞」「国際批評家連盟賞」を始めとして、数々の権威ある賞を受賞している。過激なシーンが多いため、Rー15指定。

Read Article

青天を衝け(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

青天を衝け(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『青天を衝け』とは2021年にNHKで放送された大河ドラマ。幕末〜昭和初期を舞台に、実業家として日本の礎を築いた渋沢栄一を主人公としている。主演は吉沢亮が務めた。武蔵国の農民であった渋沢栄一は後に将軍となる一橋慶喜に仕えることで、幕末の動乱に巻き込まれていく。明治に入った後は官僚として新政府を支え、下野した後は実業界に入り数々の企業の経営に携わった。ドラマでは常に前を向き未来を切り開いていく栄一の姿が描かれている。第110回ザテレビジョンドラマアカデミー賞を受賞している。

Read Article

20世紀少年(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

20世紀少年(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

アイアムアヒーロー(I Am a Hero)のネタバレ解説・考察まとめ

アイアムアヒーロー(I Am a Hero)のネタバレ解説・考察まとめ

『アイアムアヒーロー』とは2009年から『ビッグコミックスピリッツ』で連載されていた、花沢健吾による日本のSFホラー漫画である。謎の感染症が世界中で流行り、ほとんどの人間がゾンビになっていく。そのゾンビと戦い、感染から逃れる数少ない人間は、引きこもりやニートといった社会に劣等感を抱いていた者たちが中心となっている。この漫画に出てくるヒーローたちは、人間臭いリアリティーのあるヒーローだというのも見所のひとつ。

Read Article

池袋ウエストゲートパーク(IWGP)のネタバレ解説・考察まとめ

池袋ウエストゲートパーク(IWGP)のネタバレ解説・考察まとめ

『池袋ウエストゲートパーク(IWGP)』とは2000年4月から6月までTBS系で放送された日本の若者の日常をワイルドに描いたテレビドラマ。主演は長瀬智也、脚本は宮藤官九郎。その他渡辺謙や妻夫木聡など、多くの豪華俳優が出演している。池袋を舞台に、主人公マコトが池袋を舞台に友人やギャングたちとケンカや友情に明け暮れるストーリー。原作は石田衣良の小説『池袋ウエストゲートパーク』で、ドラマ以外にも、コミック、ミュージカル、舞台、アニメなど幅広いメディアミックスがなされた。

Read Article

Mother(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

Mother(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Mother』とは、2010年4月から水曜22時に日本テレビ系で放送されていたドラマで、坂元裕二が脚本を手掛ける。主演は松雪泰子。その他、山本耕史や芦田愛菜などが出演している。母性をテーマに、様々な視点から母親について描かれている作品である。小学校教諭の鈴原奈緒は、ある日教え子の道木怜南が極寒の中でゴミ袋に入れられ、捨てられているのを発見する。それをきっかけに、奈緒は怜南の母親になることを決意し、彼女を誘拐した。そして奈緒は怜南の母親になることで、女性として人間として成長していくのだった。

Read Article

賭ケグルイ(Kakegurui)のネタバレ解説・考察まとめ

賭ケグルイ(Kakegurui)のネタバレ解説・考察まとめ

『賭ケグルイ』とは2014年に原作河本ほむら、作画尚村透によって出版社スクエアエニックス『月刊ガンガンJOKER』で連載が開始されたギャンブル漫画である。名門、私立百花王学園に転校してきた蛇喰夢子(じゃばみ ゆめこ)は大きなリスクを負うことに興奮を感じる通称『賭ケグルイ』だった。 人間の心の闇、執着、醜さと言ったリアルで生々しい表現は、日本国内のみならず世界中から評価されている。2017年7月にアニメ1期『賭ケグルイ』の公開。2019年1月にはアニメ2期『賭ケグルイxx』が公開された。

Read Article

HERO(2007年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(2007年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2007年9月8日に公開された日本の映画作品。2001年にフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の映画版。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2007年の日本映画興行収入第1位 (81.5億円)を記録した。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が傷害致死事件を通して大物代議士の疑惑に関わることになる。

Read Article

コウノドリ(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

コウノドリ(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『コウノドリ』とは、2012年より鈴ノ木ユウが「モーニング」(講談社)で連載を開始した産科医療漫画である。産婦人科医でありながら、正体を明かしていないピアニストでもある、主人公鴻鳥サクラ。サクラが勤務する聖ペルソナ総合医療センターで、妊婦とその家族を中心に物語が繰り広げられる。7年間の掲載を経て、2020年10月23日最終巻が発売され完結している。コミックの累計発行部は800万部を超えている大人気コミックである。

Read Article

ハゲタカ(Hagetaka)のネタバレ解説・考察まとめ

ハゲタカ(Hagetaka)のネタバレ解説・考察まとめ

ハゲタカとは、日本人作家・真山仁の経済小説を原作にしたテレビドラマ・映画。2007年にNHKで全6話が放送されている。日本企業買収の使命を帯びて、米国投資ファンドの敏腕マネージャーの鷲津が帰国し、企業の社長や銀行とのマネーゲームが繰り広げられる。鷲津は企業を救うために模索するが、その気持ちとは裏腹に金が悲劇を巻き起こす。ドラマが国内外で高い支持を受けたことで、映画化もされた。

Read Article

NEW
怒り(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

怒り(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2010年に国内の映画賞を総ナメにした大ヒット作「悪人」の原作者吉田修一と監督李相日が6年振りにタッグを組み、音楽に坂本龍一を加え、実力派のオールスターキャストで挑んだ感動のヒューマンミステリー。八王子の平静な住宅街で残忍な夫婦殺人事件が起こる。一年後のある日、千葉と東京と沖縄に素性の知れない3人の男が現れ、それぞれに重厚な人間ドラマが展開する。愛した人は、殺人犯なのか?2016年9月全国公開。

Read Article

ごめんね青春!(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ごめんね青春!(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ごめんね青春!』とは2014年10月から放送されたTBS系列のドラマであり、宮藤官九郎が脚本し主演は錦戸亮が務めた。 静岡県三島市の高校が舞台で、仏教系男子校とキリスト系女子校の合併に伴う恋愛模様などを描いたドラマ。 主演の錦戸亮は仏教系男子校の先生役であり合併には賛成派。しかし周囲は反対派が多く、合併に向けて奮闘していくストーリー。合併に向けて奮闘していく中、生徒や先生間の恋愛・家族との問題について「ごめんね」と謝り向き合っていく。

Read Article

岸辺露伴は動かない(ジョジョスピンオフ)のネタバレ解説・考察まとめ

岸辺露伴は動かない(ジョジョスピンオフ)のネタバレ解説・考察まとめ

『岸辺露伴は動かない』とは、荒木飛呂彦による漫画、及びそれを原作とするアニメ、ドラマ作品であり、荒木の代表作『ジョジョの奇妙な冒険』Part4『ダイヤモンドは砕けない』に登場する岸辺露伴のスピンオフである。リアリティを追求する漫画家の岸辺露伴が、作品の取材で奇妙な現象に巻き込まれ、持ち前の知識、機転、スタンドと呼ばれる超能力で危機を回避する。日常に潜む恐怖や、意外な真実との遭遇を奇抜なアイディアで描く。派生作品『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』の他、短編小説集もある。

Read Article

JIN(仁)のネタバレ解説・考察まとめ

JIN(仁)のネタバレ解説・考察まとめ

『JIN(仁)』とは、TBS系列にて2009年10月〜12月まで放送されたTVドラマ及び、『スーパージャンプ』で連載されていた村上もとかによる漫画作品。「現代の医師が、もし幕末へタイムスリップしたらどうなるか?」を描いたSF要素の強い医療時代劇漫画をドラマ化したものである。第五話で視聴率20%超えを達成し、最終話では平均視聴率25.3%、瞬間最高視聴率29.8%を記録した。この記録は、2009年に放送された民放の連続ドラマ視聴率の中で最高記録となり、大きな反響を呼んだ、国民的人気ドラマである。

Read Article

流星の絆(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

流星の絆(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『流星の絆』とは、東野圭吾の同名小説『流星の絆』が原作となったミステリードラマである。子どものころに両親を殺された三兄妹が復讐を誓い、真犯人にたどり着くまでを描く。2008年10月から12月に、TBS系22時からの金曜ドラマ枠で放送された。脚本は宮藤官九郎が手掛け、基本のストーリーは守りつつも青春ドラマ的な要素やコメディー的な要素が加わったことで、原作とは大きく異なる世界観となっている。主役の三兄妹を二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香が演じる。

Read Article

NEW
白夜行(東野圭吾)のネタバレ解説・考察まとめ

白夜行(東野圭吾)のネタバレ解説・考察まとめ

『白夜行』とは、1999年に刊行された東野圭吾の推理長篇である。発行部数は2010年12月時点で200万部を超えている。1973年、大阪で起きた殺人。犯人は小学5年生の被害者の息子・桐原亮司と、容疑者の娘・西本雪穂。未解決のまま時は流れていく。そして成長した2人は犯罪行為で互いに助け合うようになり、周囲で不可解な事件が次々と起きる。 疑念を抱く刑事が2人の関与に気づき、証言や調査で真相に迫っていくというストーリー。2006年にはテレビドラマ化、2011年には映画化されている。

Read Article

あのこは貴族(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

あのこは貴族(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『あのこは貴族』とは、山内マリコの小説『あのこは貴族』を原作としたヒューマンドラマ映画である。2021年2月に公開され、「富裕層」と「庶民」の鮮やかな対比が観客からの高い支持を得る。お嬢さん育ちの華子は婚活の末に理想の男性と結婚するが、嫁ぎ先からの重圧に悩む。大学進学を機に上京したが学費が続かず中退後、就職した美紀。「他力」を享受する特権階級と「自力」が前提の一般人を隔てる見えない壁。交わらないはずの「階層」を飛び超えた2人に見えてきた新しい自分。監督は、「グッド・ストライプス」の岨手由貴子。

Read Article

万引き家族(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

万引き家族(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

万引き家族(英題:Shoplifters)とは、2018年に公開された日本映画である。監督は『そして父になる』などで知られる是枝裕和。主演はリリー・フランキーと安藤サクラ。 第71回カンヌ国際映画祭において最高賞のパルム・ドールを獲得するなど、国内外で高い評価を受けた。 貧困のなか、万引きによって生計を立てながら身を寄せ合う家族6人の姿を描く。

Read Article

心が叫びたがってるんだ。(ここさけ)のネタバレ解説・考察まとめ

心が叫びたがってるんだ。(ここさけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『心が叫びたがってるんだ。』とは、2015年公開のアニメ映画。社会的ヒット作『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』のスタッフにより作成され、様々なメディアに展開していった青春群青劇。幼い頃のトラウマでしゃべれなくなった高校生・順。地域交流会でミュージカルを披露することとなり、「歌なら言いたいことが言えるかも」とやる気になった彼女は、仲間たちとの様々な交流の中で成長していく。青春の爽快感と切なさが詰まった物語と、ミュージカルとして生まれ変わる懐かしいメロディーの数々を楽しめる映画作品である。

Read Article

銀魂(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

銀魂(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「銀魂」(実写版)は、2017年7月に公開された福田雄一監督による日本映画。空知英秋作画の漫画「銀魂」の実写化作品で、原作の長編「紅桜編」がベースです。「紅桜編」は、妖刀紅桜を利用して国の転覆を目論む鬼兵隊と、それを阻止しようとする主人公坂田銀時と仲間たちの戦いを描いたもの。原作はSF時代劇コメディです。実写版はそれを忠実に再現し、ギャグ満載、時にほろりとさせる内容になっています。

Read Article

民王(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

民王(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『民王』とは、2015年7月から9月まで、テレビ朝日で放送された政治を題材としたコメディドラマ。主演は遠藤憲一と菅田将暉。原作は池井戸潤の小説である。内閣総理大臣の武藤泰山と、息子で大学生の翔の人格がある日突然入れ替わってしまい、互いの仕事や生活を入れ替わった状態で悪戦苦闘するストーリー。2016年4月にスペシャルドラマ『民王スペシャル〜新たなる陰謀〜』と、貝原茂平が主役の『民王スピンオフ〜恋する総裁選〜』が放送されている。

Read Article

透明なゆりかご 産婦人科医院 看護師見習い日記(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

透明なゆりかご 産婦人科医院 看護師見習い日記(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『透明なゆりかご 産婦人科医院 看護師見習い日記』は、作者:沖田×華のアルバイト先での実体験に基づく、1997年頃の産婦人科医院を舞台とした医療漫画作品。漫画家として活躍している作者が、看護師を目指していた時から考えている“命とは何か”という永遠の課題に真剣に向き合い、様々な命の物語を描く。“輝く命”だけではなく“透明な命”もある。時には、“輝く命”として産まれても“透明な命”になることもある。どんな命でも同じ重さがあり、意味があるという“命の尊さ”を考えさせられる作品である。

Read Article

マスカレード・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

マスカレード・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『マスカレード・ホテル』とは、東野圭吾が書いた人気小説『マスカレード・ホテル』を原作とした大ヒット映画である。木村拓哉主演の映画で、長澤まさみや小日向文世、渡部篤郎など豪華キャストがそろっている。物語は予告連続殺人事件の捜査のために、警視庁の刑事たちがホテル・コルテシア東京に潜入捜査をする。エリート刑事の新田はフロントクラークとして同じホテルの仕事をする山岸と共に、次々とホテルに来る怪しい宿泊客の対応をしていく。誰が殺人事件を起こそうとしている犯人なのかを突き止めていくミステリー映画。

Read Article

目次 - Contents