白夜行(東野圭吾)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『白夜行』とは、1999年に刊行された東野圭吾の推理長篇である。発行部数は2010年12月時点で200万部を超えている。1973年、大阪で起きた殺人。犯人は小学5年生の被害者の息子・桐原亮司と、容疑者の娘・西本雪穂。未解決のまま時は流れていく。そして成長した2人は犯罪行為で互いに助け合うようになり、周囲で不可解な事件が次々と起きる。 疑念を抱く刑事が2人の関与に気づき、証言や調査で真相に迫っていくというストーリー。2006年にはテレビドラマ化、2011年には映画化されている。

『白夜行』の概要

『白夜行』とは、東野圭吾による小説で、1999年8月に刊行された傑作ミステリー長篇。発行部数は2010年12月時点で200万部を超えている。2006年1月から3月までTBS系列でテレビドラマが放送されている。主演は山田孝之と綾瀬はるか。
1973年の夏、大阪のある廃ビルで起きた質屋殺し。何人もの容疑者が捜査線上に浮かぶが、決定的な証拠がないまま時は流れていく。犯人は初恋の少女を助けるために父を殺した当時小学5年生だった被害者の息子・桐原亮司(きりはらりょうじ)と、亮司をかばうために母を手にかけた西本雪穂(にしもとゆきほ)で、お互いを守るために交換殺人をしたのであった。その事実には触れないまま、その後の人生をそれぞれに歩んでいくかに見えたが2人の周囲では一見関連性のない不可解な事件が次々と起きる。 幼い頃に失った心を補完し、生きていくための犯罪行為を互いに幇助し合っていたのであった。 質屋殺しの事件に疑念を抱く刑事はそうした2人の一連の動きやそれぞれの関与に少しずつ気づき、2人の周辺の人物による証言や調査により真相に迫っていく。 人生のすべてを捧げ続けた亮司と、すべてを懸けて応え続けた雪穂だが、それぞれが関与した可能性があるとみられる他殺体の発見から亮司に司法の手が伸びるというストーリー。
2005年に舞台化、2011年には映画化されている。第48回ザテレビジョンドラマアカデミー賞では本作が4冠を達成した。最優秀作品賞、主演男優賞・山田孝之、助演女優賞・綾瀬はるか、助演男優賞・武田鉄矢である。

『白夜行』のあらすじ・ストーリー

19年前

子供時代の西本雪穂(左)と桐原亮司(右)。

桐原亮司と西本雪穂は11歳の頃に図書館で出会う。雪穂は母子家庭で貧しく、金を稼ぐために母親に売られて性的虐待を受けるという地獄のような生活を送っていた。亮司は不倫している母と従業員のために家に居づらく、なんとなく互いに似たようなものを感じた2人はすぐに打ち解けて初恋同士のような関係になっていった。ある日亮司は母に腕を引かれて廃墟ビルに入っていく雪穂を見つける。不審に思った亮司が2人の後をつけると、雪穂はある部屋に入っていき、雪穂を残して母親は1人で部屋を出てきた。亮司が部屋を覗こうとするが、その部屋には鍵がかかっていて入れない。そこで亮司はダクトを這って部屋に忍びこむことにした。そしてそこで目にしたのは、裸になった雪穂の体の写真を撮影している自分の父の洋介(ようすけ)の姿だった。その光景に愕然とした亮司は無我夢中で持っていたハサミで洋介を突き刺して殺してしまう。父親を殺してしまったことに愕然とし、泣きじゃくる亮司。その亮司に向かって雪穂は「頭の中で何度も殺した。だからやったのは私だよ」と笑顔で告げ、ハサミを自分のポケットに入れた。代わりに洋介を殺してくれた亮司に感謝するのであった。
この殺人事件を担当した笹垣潤三(ささがきじゅんぞう)という刑事は、何者かが部屋の出入りにダクトを使用したのではないかということに気付いており、子供の犯行を疑っていた。しかし容疑者として上がったのは被害者と売春関係にあった雪穂の母である文代(ふみよ)であった。雪穂は亮司から捜査の目を逸らすために母を犯人に仕立てあげようとしていた。雪穂はある夜、母に睡眠薬を飲ませる。そしてガスの元栓を開き、無理心中を装って母親をガス中毒死させた。その後雪穂は生き残り、警察の捜査が進むと洋介が殺されたときに使われたハサミが文代の家から発見されて文代の指紋が出て来る。こうして捜査は終了するのであった。真犯人は死亡のまま時は過ぎるが、笹垣は雪穂と亮司への不信感が募っていくのだった。

高校時代

駅の落書きを消す雪穂の前に亮司が現れる。

母を亡くした雪穂は華道家の唐沢礼子(からさわれいこ)に引き取られて大切に育てられていた。高校生になった雪穂と亮司は例の殺人事件から全く会っていない。そしてすっかり事件は風化していると思っていた矢先、高校生となった亮司の目の前に笹垣が現れる。あれ以来まだ事件の真犯人を探っているようである。雪穂の方は穏やかに高校生活を送っていたが、藤村都子(ふじむらみやこ)という同級生にその美貌を嫉妬されていじめのターゲットとなってしまう。雪穂が駅の男子トイレに書かれた落書きを自分で消していると、目の前に亮司が現れた。こうして2人は7年ぶりに再会する。17歳になった亮司は同級生の菊池道広(きくちみちひろ)から、7年前の事件をほのめかす写真を突き付けられネガと引き換えに金を要求されていた。再会した2人は協力して互いの邪魔な存在である藤村と菊池を黙らせようと計画を立てる。まず雪穂が藤村を夜廃墟に呼び出して亮司が襲い、レイプしてその写真を撮る。その現場に菊池の帽子を置いておく。こうして菊池をレイプ犯人に仕立てあげた。菊池は警察に疑われたため、亮司にネガと引き換えにアリバイの証明を頼む。こうして亮司はネガを手に入れ、藤村は登校拒否となり2人の計画は無事成功するのであった。一方の笹垣は亮司と雪穂の繋がりに気付き、7年前の事件を蒸し返そうとしていた。
さらに死因の偽装など次々と罪を重ねていく亮司であったが、罪の意識に苛まれて何もかも嫌になり、雪穂に自首しようと提案する。すると弱気な亮司に雪穂は絶望し、自分の子供時代の不幸をこれでもかと主張する。心に傷を抱える雪穂を見て亮司は同情し、自首することを諦めて雪穂を一生守り抜くことを誓うのだった。ある日雪穂が亮司に呼び出され、待ち合わせの図書館へ行くと『風と共に去りぬ』の単行本に亮司の死亡届と手紙がはさまっていた。そこには「雪穂が幸せになるために陰で支えていく」と記されていた。こうして亮司は自分は死亡したことにして、雪穂の人生を陰で支えていくことになる。

嘘を重ねた人生

亮司は自分が死んだように工作して身を潜め、友人の園村(そのむら)と協力して偽造キャッシュカードやコピーゲームを生業として大金を稼いでいた。一方の雪穂は大学に進学してソーシャルダンス部に所属し、篠塚製薬(しのづかせいやく)の御曹司の篠塚一成(しのづかかずなり)に恋をしていた。しかし篠塚は雪穂の親友・江利子(えりこ)と付き合ってしまう。恋が上手くいかない雪穂は江利子に嫉妬し、亮司に江利子を傷つけるように依頼する。そしてある夜、夜道を歩く江利子は強姦に遭ってしまい、それが元で篠塚との仲も引き裂かれることとなった。そんな事件があって江利子は家に引きこもることとなる。その後ダンス部の副部長高宮(たかみや)は雪穂に惹かれていった。高宮の実家は資産家であったため、雪穂は財産目的で高宮に近づき婚約が決まった。雪穂と高宮の結婚式まであと一週間。しかし、実は高宮には他に思いを寄せる女性がいた。高宮はその女性との結婚を諦めていなかったが、亮司が裏で細工して2人が会うことを阻止し、無事雪穂と高宮は結婚することとなる。
結婚後、亮司は雪穂の手引きで高宮が務める会社からデータを盗み、別会社に持ち込んだ上でベンチャー会社の社員として働いていた。一方の雪穂は友達と共同経営でブティックを開業すると、家のことは二の次で仕事に没頭する。しかし、それは全て高宮から離婚してほしいと言われるよう仕向けたことであった。雪穂の目的は、離婚して慰謝料を手にすることだったのである。雪穂は高宮と離婚するために家のことは放置して嫌がらせを続けた。最終的には亮司と協力してDVと不倫をでっちあげ、離婚に持ち込むことに成功する。
笹垣は自ら警察を辞め、洋介殺害から発展していった亮司と雪穂の周りで起こる不可解な事件の真相を暴くために探偵事務所を始める。篠塚は江利子の事件以来、雪穂のことを怪しく思って笹垣に近づく。元彼女であり雪穂の親友でもあった江利子が強姦事件に遭ったことを伝え、篠塚と笹垣の調査によって亮司と雪穂の悪事が徐々に明らかになってくる。亮司は鋭い疑いの目を向ける笹垣がどんどん邪魔に感じていき、大学病院の調剤薬局に勤める栗原典子(くちはらのりこ)に近づいて青酸カリを持ち出すよう頼む。事件を再調査しだした笹垣を青酸カリを使って殺害することを計画したのだ。笹垣殺害のために部屋に忍び込むと、亮司は自分と雪穂についての調査情報とその心情がびっしりと書かれたノートを発見する。それを読んだ亮司は笹垣のただならぬ自分たちへの思いに涙する。そして笹垣をこんな殺し方してはいけないと思い青酸カリをトイレへ流す。しかし、その時に笹垣が事務所に戻ってきてしまい、笹垣と亮司はばったり遭遇してしまうのだった。その瞬間、亮司は持っていたハサミで笹垣に向かって襲いかかるが、ハサミは足に刺さりそのまま亮司は逃走する。

亮司の死

路上に倒れ込む亮司。

笹垣の捜査が進むと亮司と共に悪事を働いていた園村が自首し、亮司はクレジットカード偽造犯として全国に指名手配される。笹垣の方は亮司の行方を探しているが見つからない。雪穂も亮司と全く会っておらず亮司の安否さえもわからない状態だが、ずっと雪穂は亮司のことを気にかけていた。雪穂は、陰に生きる亮司をいつか日の当たる場所に連れていきたいと思っていたのだ。
雪穂のブティック経営は順調で、「R&Y」2号店オープンの日、亮司が現れると踏んだ笹垣は店を張り込んでいた。すると笹垣の目の前にサンタクロース姿の亮司が現れた。亮司は笹垣に襲いかかり、ハサミで刺すが急所を外してしまう。そして亮司はそのまま走って逃げると笹垣も亮司を追いかける。笹垣は雪穂を守るために亮司が罪を重ねてきたことを分かっており「早く捕まえてやれなくてすまない」と涙ながらに言う。笹垣は亮司に自首をすすめるが、亮司は笹垣が持っていたハサミを握り自分を刺してしまう。そして傷を負いながら歩道橋から飛び降りる。死期を悟った亮司は意識朦朧としながら雪穂に会いに行く。そして雪穂を見つけて路上に倒れ込むと、血まみれの亮司のもとへ雪穂が近づこうとする。しかし亮司は近づいてきた雪穂に向こう側を指さして遠ざけて「逃げろ」と言う。雪穂は泣きながら背を向けてその場を後にするのだった。そして亮司は息を引き取ってしまう。
その後警察の事情聴取を受ける雪穂であったが、取り調べで雪穂は嘘の物語をでっちあげた。これまで嘘に嘘を重ね、亮司の死を受けとめてこれからも秘密を守るために全てを背負って生きていくことを決意したのだった。その後笹垣は時効が成立する2006年11月11日と記載された手を繋ぐ切り絵をみつけ、2人の願いは時効が成立したら仲良く過ごすことだけだった事を知るのだった。

『白夜行』の登場人物・キャラクター

主要人物

桐原 亮司(きりはらりょうじ/演:山田孝之)(幼少時代:泉澤祐希)

本作の主人公で質屋きりはらの主人、洋介の一人息子。小学生の頃、図書館で知り合った雪穂に恋をする。やがて父が彼女にしていた破廉恥なシーンを見て殺害してしまう。以降の人生は闇の中を歩くことになり、雪穂の為に手を血で染めていってしまう。切り絵が得意で、雪穂から贈られたケースにハサミを入れて常に身に付けている。

唐沢(西本) 雪穂(からさわゆきほ/演:綾瀬はるか)(幼少時代:福田麻由子)

旧姓は西本。貧しい生活の中、母は売春をしている。亮司と幼い初恋を育むが、母親に売られて性的虐待を受けている。それがもとで父を殺した亮司をかばうために、母親を無理心中に見せかけて殺害した。その後は唐沢礼子の養女として引き取られた。容姿端麗で勉強もできるが、魔性の女で周囲の人間は何故か次々に不幸に見舞われる。

桐原家

桐原 洋介(きりはらようすけ/演:平田満)

jagdtigerp5
jagdtigerp5
@jagdtigerp5

Related Articles関連記事

JIN(仁)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

JIN(仁)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『JIN(仁)』とは、TBS系列にて2009年10月〜12月まで放送されたTVドラマ及び、『スーパージャンプ』で連載されていた村上もとかによる漫画作品。「現代の医師が、もし幕末へタイムスリップしたらどうなるか?」を描いたSF要素の強い医療時代劇漫画をドラマ化したものである。第五話で視聴率20%超えを達成し、最終話では平均視聴率25.3%、瞬間最高視聴率29.8%を記録した。この記録は、2009年に放送された民放の連続ドラマ視聴率の中で最高記録となり、大きな反響を呼んだ、国民的人気ドラマである。

Read Article

わたしを離さないで(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

わたしを離さないで(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『わたしを離さないで』とは、日系イギリス人のカズオ・イシグロが2005年に発表した長編小説で、日本ではTBS系列で放送された脚本・森下佳子によるテレビドラマである。「臓器提供」を目的としてこの世に誕生した「クローン人間」の子供時代から始まり、成長とともに人生を受け入れ、全うしていく姿がドラマの中で主人公の恭子、友彦、美和の姿を映しながら描いていく。見どころは、作品の中では、現実の人物に近いキャラの恭子が自分の人生を振り返りながらすべてを受け入れ「生きる」ことに前向きになるという作品になっている。

Read Article

パッチギ!(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

パッチギ!(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『パッチギ!』とは、2005年に井筒和幸監督にて描かれた映画。1960年代の京都を舞台に、日本人の少年と在日朝鮮人の少女との間で巻き起こる青春ラブストーリーである。府立東高校2年生の松山康介は担任教師に命じられ、生徒同士の争いが絶えない朝鮮高校へサッカーの試合を申し込みに行く。音楽室でフルートを吹いていた朝鮮高校の番長の妹キョンジャに一目惚れし、彼女に近づきたい一心で、朝鮮語を覚え、彼女が演奏していた曲『イムジン河』を練習する康介。だが二人を待ち受ける壁は高かった。

Read Article

天皇の料理番(2015年のドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

天皇の料理番(2015年のドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『天皇の料理番』とは、宮内省大膳職司厨長を務めた秋山徳蔵の生涯をモデルとしたドラマで、TBSテレビ60周年特別企画として制作された。2015年4月に放送され、脚本は森下佳子が担当する。主演は佐藤健で、黒木華や桐谷健太などが出演している。秋山篤蔵は両親に海産物問屋の松前屋の婿養子にさせられ、そこの跡取りとして働き始める。そんな彼があることをきっかけに、日本一の料理人になるという夢を持ち、奮闘するという物語。平均視聴率は14.9%を記録し、東京ドラマアウォード2015などで数々の賞を受賞した。

Read Article

どうする家康(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

どうする家康(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『どうする家康』とは、2023年に放送されたNHK大河ドラマ第62作。脚本家の古沢良太が新たな視点で主人公の徳川家康の生涯を描く。室町時代後期から江戸時代の日本が舞台。両親と離れ離れになり、駿河国大名・今川義元の人質として孤独な人生を送るものだと思っていた少年はやがて弱小国の主となる。様々な選択をしながら戦いのない世界を目指し、乱世に飛び込んでいく物語である

Read Article

リバーサルオーケストラ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

リバーサルオーケストラ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『リバーサルオーケストラ』とは、2023年1月期の日本テレビ系「水曜ドラマ」枠で放送されたテレビドラマである。主演は門脇麦、他主要人物として田中圭、生瀬勝久らが出演。元天才バイオリニストの谷岡初音は表舞台から去り、今は市の職員としてひっそりと暮らしていた。ある日、マエストロとして活躍中の市長の息子・常葉朝陽によって、地元のポンコツ楽団・児玉交響楽団のメンバーにさせられる。楽団を立て直すため奔走する初音と朝陽、また2人を取り巻く個性豊かな楽団メンバーが織りなす音楽エンターテインメントである。

Read Article

新宿スワン(漫画・ドラマ・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

新宿スワン(漫画・ドラマ・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『新宿スワン』はアンダーグラウンド系の日本の漫画である。作者は和久井健。講談社『週刊ヤングマガジン』で、2005年20号から2013年45号まで連載された。スカウトマンをテーマにした物語で、和久井にとって連載のデビュー作品となった。主人公は19歳の白鳥龍彦、通称タツヒコ。ライバルの死や暴力団がからむ違法薬物の取引、そして信頼していた仲間の裏切り、そして、タツヒコの知らないところで大きな復讐の計画が動き出していた。数々のトラブルに見舞われながらも逃げずに立ち向かうタツヒコの成長する姿を描く。

Read Article

バトル・ロワイアル(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

バトル・ロワイアル(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『バトル・ロワイアル』は高見広春原作の小説を映画化作品で、アジア某国で施行の「BR法」により選ばれた中学生達のサバイバルゲームを描き、2000年に劇場公開。監督は映画『仁義なき戦い』シリーズ等の巨匠・深作欣二監督。また、藤原竜也や柴咲コウといった俳優が作品を彩り、演技を競う。この作品のキャスト・スタッフは「第24回日本アカデミー賞」「第43回ブルーリボン賞」等を受賞した。2001年には、『バトル・ロワイアル【特別篇】』が、2010年には3D映画版『バトル・ロワイアル3D』が劇場公開された。

Read Article

あなたの番です(あな番)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

あなたの番です(あな番)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『あなたの番です』とは、日本テレビ系にて2019年4月から9月まで放送された全20話のミステリードラマである。キウンクエ蔵前というマンションに引っ越してきた新婚夫婦が「交換殺人ゲーム」に巻き込まれる姿を描いたミステリードラマで、企画・原案は秋元康。第1章、第2章で構成された2クール半年間に渡って放送され、テレビ放送と連動して、『扉の向こう』というスピンオフがHuluにて独占配信されている。

Read Article

バクマン。(漫画・アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

バクマン。(漫画・アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『バクマン。』とは、大場つぐみと小畑健による漫画を原作とするアニメ作品。 2010年よりNHK教育テレビにて第1シリーズ~第3シリーズ、全75話が放送された。 高い画力を持つ『真城最高』と文才と発想に長けた秀才の『高木秋人』を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のりを描いた作品である。 多くの漫画関係の固有名詞が実名で使用されるなど、リアル志向な作品。

Read Article

HERO(2007年の映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

HERO(2007年の映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「HERO」とは2007年9月8日に公開された日本の映画作品。2001年にフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の映画版。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2007年の日本映画興行収入第1位 (81.5億円)を記録した。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が傷害致死事件を通して大物代議士の疑惑に関わることになる。

Read Article

君たちはどう生きるか(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

君たちはどう生きるか(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『君たちはどう生きるか』とは、義母を救うために不可思議な世界を旅する少年の姿を描いた、宮崎駿によるアニメ映画。宮崎が「これで本当に最後」と明言して制作した作品で、宣伝も無く、公式HPも無く、一切情報を隠したまま公開されるという独特の手法で話題となった。 太平洋戦争が激化する最中、牧眞人は父と共に郊外へ引っ越し、そこで叔母で新たに自身の義母となるナツコと再会。どう接すればいいのか互いに戸惑う中、ナツコはいずこかへと姿を消し、眞人は彼女を連れ戻すために謎のアオサギに導かれて異界へと旅立っていく。

Read Article

リバース(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

リバース(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『リバース』とは、2017年4月から6月まで放送された湊かなえのミステリー小説が原作のテレビドラマである。主人公の深瀬和久は、10年前に大学時代の友人たちと卒業旅行に行った際、親友・広沢由樹が失踪し、遺体となって発見された。10年前の事件について深瀬たちに何者かが告発文を送りつけられ、その犯人を突き止めていくミステリー。現在と過去を交互に描いていくストーリーが、人気を博した。

Read Article

凶悪(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

凶悪(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『凶悪』とは、ノンフィクションベストセラー小説『凶悪 -ある死刑囚の告発-』を元に、2013年に映画化された社会派サスペンス映画である。雑誌記者の藤井(ふじい)は、上司から須藤(すどう)という死刑囚に会うように言われる。須藤は数々の犯罪に手を染めてきていた。そして、須藤と共謀して多くの犯罪を犯し、最後には須藤をだました木村(きむら)という男の話を聞く。藤井は話を聞くうち、家庭を顧みず取材にのめりこんでいく。この映画は、私たちの身の回りのどこにでも存在しうる犯罪をリアルに描く作品となっている。

Read Article

お~い!竜馬(漫画・アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

お~い!竜馬(漫画・アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『お~い!竜馬』とは、武田鉄矢(原作)・小山ゆう(作画)による漫画、およびそれを原作としたアニメ作品。1986年から『少年ビッグコミック』、1987年からは『ヤングサンデー』で連載された。幕末の英雄・坂本龍馬(竜馬)の生涯を描く歴史漫画である。少年期から青年期は土佐の身分制度を背景に、竜馬、武市半平太、岡田以蔵を中心とした若者たちの友情と成長が描かれる。成年期以降は、幕末の風雲の中で薩長連合や大政奉還などを主導し、時代を動かしていく竜馬の姿を虚実ない交ぜて描く。1992年にテレビアニメ化された。

Read Article

銀魂(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

銀魂(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「銀魂」(実写版)は、2017年7月に公開された福田雄一監督による日本映画。空知英秋作画の漫画「銀魂」の実写化作品で、原作の長編「紅桜編」がベースです。「紅桜編」は、妖刀紅桜を利用して国の転覆を目論む鬼兵隊と、それを阻止しようとする主人公坂田銀時と仲間たちの戦いを描いたもの。原作はSF時代劇コメディです。実写版はそれを忠実に再現し、ギャグ満載、時にほろりとさせる内容になっています。

Read Article

今夜、ロマンス劇場で(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

今夜、ロマンス劇場で(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『今夜、ロマンス劇場で』とは2018年に公開された、主演綾瀬はるかと坂口健太郎によるラブストーリー映画である。映画監督を目指す健司が通い詰めていた「ロマンス劇場」で、モノクロ映画に出演している映画のヒロインである美雪に出会う。ある日、美雪が現実世界に現れ、健司は美雪に色のある現実世界を案内していくうちに、健司と美雪は惹かれ合っていく。しかし、美雪にはある秘密があった。切なくもあり、昭和中期を舞台とした切なくもあり温かい気持ちになるラブストーリー映画となっている。

Read Article

ランチの女王(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ランチの女王(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ランチの女王』とは、2002年にフジテレビ系の月9枠で放送されたドラマ。主演は竹内結子。その他、妻夫木聡、山下智久、山田孝之などが出演している。ランチタイムに洋食店を訪れた麦田なつみが、ひょんなことからその店で住み込みで働くことになる。洋食店を舞台に、なつみと男四人兄弟の恋愛模様や交流を描いたラブコメディ。脚本は『カバチタレ』や『青天を衝け』を担当した大森美香などが手掛けている。第34回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞で最優秀作品賞や主演女優賞などを獲得した。

Read Article

マスカレード・ホテル(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

マスカレード・ホテル(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『マスカレード・ホテル』とは、東野圭吾が書いた人気小説『マスカレード・ホテル』を原作とした大ヒット映画である。木村拓哉主演の映画で、長澤まさみや小日向文世、渡部篤郎など豪華キャストがそろっている。物語は予告連続殺人事件の捜査のために、警視庁の刑事たちがホテル・コルテシア東京に潜入捜査をする。エリート刑事の新田はフロントクラークとして同じホテルの仕事をする山岸と共に、次々とホテルに来る怪しい宿泊客の対応をしていく。誰が殺人事件を起こそうとしている犯人なのかを突き止めていくミステリー映画。

Read Article

銭の戦争(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

銭の戦争(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『銭の戦争』とは、2015年1月から3月まで放送された、復讐劇をテーマとした日本のテレビドラマ。主人公・白石富生は、順風満帆の日々を送っていたが、父が借金を残して自殺し、さらに連帯保証人であった白石は金も職も婚約者も全て失う。そして人生のどん底から復讐を果たしていくというストーリー。韓国で2007年に制作されたテレビドラマ『銭の戦争』を原作として、舞台を日本の東京に置き換えて制作された。

Read Article

ザ・マジックアワー(三谷幸喜)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ザ・マジックアワー(三谷幸喜)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ザ・マジックアワー』とは三谷幸喜が脚本・監督したエンターテインメント映画である。佐藤浩市の主演映画で妻夫木聡や深津絵里など豪華キャストが多数出演している。三谷幸喜が監督する4作品目の映画で、第32回日本アカデミー賞で4部門にノミネートされた。マフィアの天塩商会が牛耳る港町の守加護。彼らの怒りを買ってしまった備後は、助かるために三流俳優の村田を騙し、映画撮影と称して殺し屋のデラ富樫を演じさせる。天塩の者たちに村田が偽のデラ富樫だとバレないよう備後が四苦八苦する、大ヒットコメディ映画。

Read Article

サンクチュアリ -聖域-(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

サンクチュアリ -聖域-(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『サンクチュアリ -聖域-』は、2023年5月にNetflixで配信が開始されたオリジナルドラマである。大相撲を題材にした作品で、主演は一ノ瀬ワタル。脇を固める役者は染谷将太、小雪、ピエール瀧と、豪華な顔ぶれが揃う。相撲のセンスはあるが品性や礼儀は欠片もない不良少年・小瀬清が、相撲に真剣に取り組み、やがては各界を揺るがし始めるというストーリー。相撲の裏側をリアルに映し、相撲にかける力士たちの厳しい稽古と、熱すぎるまでの情熱が描かれ、世界で大ヒットを記録した。

Read Article

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「銀魂2 掟は破るためにこそある」とは、2018年8月に公開された、空知英秋原作の漫画「銀魂」を実写化した日本映画です。2017年公開「銀魂」の続編で、前作に続き監督は福田雄一、主演は小栗旬が務めています。前作とほぼ同じメインキャストで臨んだ本作は、原作で人気の長編「真選組動乱編」と、ギャグ色の強い「将軍接待編」をドッキングさせた内容。「真選組動乱篇」は真選組の参謀伊東鴨太郎の謀反を中心にした物語、「将軍接待編」は、万事屋がバイトするキャバクラに徳川茂茂がやってきて起きる騒動を描いたものです。

Read Article

シグナル 長期未解決事件捜査班(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

シグナル 長期未解決事件捜査班(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『シグナル 長期未解決事件捜査班』とは、過去と現在が無線機による通信で繋がり、その無線機を使ってそれぞれの時代の刑事が事件を解決していくという刑事ドラマである。2018年にフジテレビ系で放送された連続ドラマで、韓国で数々の賞を受賞したドラマ『シグナル』の日本版リメイクとなっている。過去と現在が同時進行で描かれ、未解決事件を解決する現在の長期未解決事件捜査班と、その事件が実際に起こっている過去が繋がり、事件解決だけでなく謎や秘密が明らかになっていく。

Read Article

HERO(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

HERO(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『HERO』とは、第1期が2001年に、第2期が2014年にフジテレビ系で放送された、検察をテーマにした日本のテレビドラマシリーズ。木村拓哉が主演を務め、自身の正義と価値観で捜査を行う型破りな検事・久利生公平と彼を支える検察事務官、同僚検事たちの活躍を描いている。その他、2006年にドラマ特別編が、2007年には劇場版がそれぞれ制作され、2015年には劇場版第2作が制作された。第28回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞を受賞した。

Read Article

六番目の小夜子(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

六番目の小夜子(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『六番目の小夜子』とは恩田陸の小説と、それを原作としたNHKで放送されたTVドラマ、および舞台作品である。恩田陸のデビュー作であり、新潮社の第3回日本ファンタジーノベル大賞にて最終選考まで残った作品だ。とある高校(ドラマでは中学校)に伝わる「サヨコ」という言い伝えを軸に、少年少女たちの瑞々しい青春とファンタジーホラーの一面も持つ。2000年にNHK教育『ドラマ愛の詩』でドラマ化された。また2022年1月、乃木坂46の鈴木絢音の主演で舞台化もされている。

Read Article

悪の教典(小説・漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

悪の教典(小説・漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『悪の教典』とは、2012年公開の日本のバイオレンス・ホラー映画である。監督は三池崇史で、貴志祐介の小説が原作。高校教師の蓮実聖司は、明朗快活で同僚や生徒にとても頼りにされていた。しかしその正体は他人への共感能力に欠けたサイコパスで、自身の邪魔になる人間は躊躇なく殺してきた男だった。そしてある出来事でこれまでの罪が暴かれそうになり、蓮実は校内の人間を全員始末することを決める。この作品は蓮実というサイコパスの生き方や、その周りで生きようともがく人間の命がけの戦いから目が離せない物語となっている。

Read Article

WATER BOYS(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

WATER BOYS(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『WATER BOYS』とは、2003年7月の火曜21時にフジテレビで放送されていたドラマ。映画『ウォーターボーイズ』を元に制作されており、脚本は橋本裕志と中谷まゆみ。主演は山田孝之で、森山未來や瑛太などが出演している。シンクロに憧れて唯野高校水泳部に入部した進藤勘九郎は、学園祭のシンクロ公演でリーダーに選ばれたが、シンクロ公演が急遽中止となってしまう。そこで勘九郎はシンクロ公演を実現させるため動き出す。勘九郎と仲間たちの友情や恋愛を描いた青春ドラマである。

Read Article

恋空(小説・漫画・映画・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

恋空(小説・漫画・映画・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『恋空』とは、美嘉のケータイ小説を映画化した恋愛映画である。女子高生の田原美嘉(たはらみか)が同じ学校に通う男子高生弘樹と出会い付き合うところからはじまるが、ある日美嘉はヒロに突然別れを告げられる。ヒロは末期ガンを患い別れを決意したのだが、それを知り美嘉は看病を続けるのだ。しかしふたりに別れがやってくる。この映画は痛いほど切ないのに、どこか温かいラブストーリーとなっている。映画は2007年11月3日に公開され、監督は今井夏木、主演は新垣結衣と三浦春馬が務めた。

Read Article

め組の大吾(FIRE BOYS)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

め組の大吾(FIRE BOYS)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『め組の大吾』は1995年から1999年までの約4年間、曽田正人が週刊少年サンデーで連載していた消防士の物語である。マンガの他、2004年にフジテレビでドラマ化された。主な内容は、不良に近かった朝比奈大吾が、消防士になり同僚や上司、先生や助けた人などに刺激を受けてレスキュー隊員へと破天荒ながら活躍の場を広げていく様子が描かれている。元不良らしい考え方と行動力の大吾とともに、優等生である甘粕のコンビが魅力を後押ししている。また、火災や事故現場の臨場感などが読み手を引き付ける。

Read Article

Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜(ビューティフルライフ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜(ビューティフルライフ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜』とは、2000年1月にTBS系列で毎週日曜に放送された日本のテレビドラマ。腕はあるが人気のない美容師・沖島柊二と、病に侵され車椅子で生活する図書館司書・町田杏子の出会いと別れを描いた、切ないラブストーリー。平均視聴率32.3%、最高視聴率41.3%を記録。第26回放送文化基金賞本賞受賞し、主演の木村拓哉と常盤貴子の演技が高く評価された、平成中期の最大のヒット作である。

Read Article

NEW
LIFE!〜人生に捧げるコント〜(テレビ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

LIFE!〜人生に捧げるコント〜(テレビ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

LIFE!~人生に捧げるコント~とは、NHKが制作しているコントを中心としたバラエティ番組。『人生』をテーマにしており、ウッチャンナンチャンの内村光良が中心となっている。内村にとってはNHKでの初のレギュラー番組。一度見たら忘れられない個性的すぎるキャラクターたちや、多分野に渡る豪華ゲストが特徴。

Read Article

新聞記者(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

新聞記者(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『新聞記者』とは2019年に公開された日本の社会派サスペンス映画である。中日新聞社の記者である望月衣塑子による同名の著書を原案とし、監督は藤井直人が務め、韓国の実力派女優であるシム・ウンギョンと松坂桃李がダブル主演として起用された。若手女性新聞記者とエリート官僚の二人が、官邸が絡んだ大学新設計画にひそむ謎に迫っていく姿を描く。2020年の第43回日本アカデミー賞では主な賞を総なめにした作品である。

Read Article

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(いつ恋)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(いつ恋)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(いつ恋)とは、東京という街で必死に生きる若者たちの恋愛を描いた日本のテレビドラマである。フジテレビ系列で2016年1月から3月まで放送された。坂元裕二によるオリジナル脚本作品。主演を有村架純と高良健吾がつとめた。東日本大震災が発生する2011年前後と、5年後の2016年からの2部構成で描かれている。第3回コンフィデンスアワード・ドラマ賞作品賞・脚本賞などを受賞した。

Read Article

嫌われ松子の一生(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

嫌われ松子の一生(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『嫌われ松子の一生』とは、2006年5月27日に公開された日本のコメディ映画である。山田宗樹の小説『嫌われ松子の一生』を原作としている。川尻笙は、夢をあきらめ、堕落した生活を送っていた。突如故郷の父が来訪し、笙の叔母である松子が死んだことを伝える。松子の住んでいたアパートの片付けを父に頼まれた笙は、会ったことのない叔母の松子の死の真相に迫るとともに、その波乱万丈な人生をたどっていく。ストーリーはシリアスな内容だが、華やかなミュージカルシーンやコミカルな演出が見どころの作品である。

Read Article

目次 - Contents