今夜、ロマンス劇場で(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『今夜、ロマンス劇場で』とは2018年に公開された、主演綾瀬はるかと坂口健太郎によるラブストーリー映画である。映画監督を目指す健司が通い詰めていた「ロマンス劇場」で、モノクロ映画に出演している映画のヒロインである美雪に出会う。ある日、美雪が現実世界に現れ、健司は美雪に色のある現実世界を案内していくうちに、健司と美雪は惹かれ合っていく。しかし、美雪にはある秘密があった。切なくもあり、昭和中期を舞台とした切なくもあり温かい気持ちになるラブストーリー映画となっている。

『今夜、ロマンス劇場で』の概要

『今夜、ロマンス劇場で』は2018年2月10日に公開された日本映画である。監督は武内英樹であり、映画『のだめカンタービレ』や『テルマエ・ロマエ』など数多くのヒット作を生み出している。興行収入は10億円、観客動員数は79万人となった。モノクロ映画から飛び出してきたヒロインの美雪を演じるのは、綾瀬はるか。美雪に恋をする将来有望の映画助監督である健司は坂口健太郎が演じている。他にも本田翼、北村一輝が、中尾明慶、石橋杏奈、西岡徳馬、柄本明といった豪華キャストがスクリーンに色どりを与えている。そして、加藤剛にとっては、生前に出演した最後の作品となった。
舞台は昭和35年。高度成長期真っただ中の日本。映画監督を夢見る青年・健司は、ロマンス劇場に通い詰めて毎回見ているモノクロ映画があった。そこに出演するヒロイン・美雪に密かに想いを寄せていた。もう誰も見ていないその映画を、健司は毎日のように鑑賞していた。そんなある日、健司の前に奇跡が起きる。映画のスクリーンの中から、美雪が飛び出してきたのだ。モノクロの世界しか知らない美雪に、カラフルな現実世界を案内していく健司。美雪の横柄な態度に振り回される健司だったが、次第に二人は惹かれ合っていく。しかし、美雪にはある秘密があった。現実世界に来た代わりに、人のぬくもりに触れてしまうと消えてしまうという秘密だ。そんな時、美雪は映画会社の社長令嬢である塔子が、健司に想いを寄せていることを知ってしまう。愛する人に触れたのに触れられない。もどかしい気持ちと切ない気持ちが交錯する中、2人はどう現実に向き合っていくのか。切なくもあり心温まる、ロマンチックなラブストーリーである。

『今夜、ロマンス劇場で』のあらすじ・ストーリー

プロローグ

『お転婆姫と三銃士』に出演している美雪

モノクロの映画『お転婆姫と三銃士』の世界から物語が始まる。映画の中の主人公・美雪は、毎日のパーティーに疲れて城を脱走した。森の中を走る美雪に、動物たちが次々と話しかけ、歌とダンスを披露する。
映画には、たくさんの喜びと感動を与えてくれる奇跡のような力があるが、忘れられていく映画も星の数ほどある。誰からも見られず、必要とされず、忘れられていく映画には価値などないのだろうか。そう問いかけがあり、美雪が出ている映画は廃棄されて倉庫に保管される。
その後、保管された美雪の映画を取り出す青年・健司がいた。健司はフィルムを取り出し、スクリーンに映像を流した。

病室の老人と脚本

場面は現代に移る。看護師の吉川天音(よしかわ あまね)は、入院している老人の牧野をかわいそうだと感じていた。いかにも孤独で、孫は牧野が転んでも手を貸さずにいて、遺産目当てだと思っていた。
吉川が牧野の検温を済ませて退出しようとすると、原稿用紙が机から落ちた。原稿用紙は、昔牧野が書いた映画の脚本だった。吉川はサボるのを手伝ってほしいと言い、牧野に脚本の内容を話してもらう。

スクリーンから飛び出してくる美雪

健司と『お転婆姫と三銃士』の世界から飛び出した美雪が出会うシーン

昭和35年、映画の撮影現場。映画会社・京映の助監督の牧野健司(まきの けんじ)は、映画監督になるのを夢見ている。背景を制作していた健司は躓いてしまい、京映の看板スターの俊藤龍之介(しゅんとう りゅうのすけ)にペンキを浴びせてしまう。健司は必死に謝り、なんとか許してもらった。同僚の山中伸太郎(やまなか しんたろう)は、慰めるために健司を飲みに誘う。健司は断って、1人で映画館のロマンス劇場に向かった。
ロマンス劇場で映画を見た健司は、館主の本多正(ほんだ ただし)に『お転婆姫と三銃士』を見たいことを告げ、1人貸切状態で鑑賞した。本多に「そんな映画よく何回も見ていられるな」と言われるも、主人公の美雪がとても魅力的だと、健司は嬉しそうに語った。楽しそうに鑑賞していた健司だが、本多からこの映画を売ることを聞かされる。明日からこの映画が見られなくなることを、悲しみながら鑑賞する健司。

ロマンス劇場の外では、雷雨が激しくなっていた。本多は健司を残したまま、劇場を後にした。
健司は涙ながらにスクリーンを眺め、スクリーンの美雪に手を差し伸べた。すると、停電が起こった。真っ暗な中、物音がして人の声と動く音がした。明かりがつくと目の前には、モノクロの姿の美雪がいた。健司は驚くものの、話しかけようと近づいた。すると、美雪に思いっきり殴られてしまう。
美雪は色のあるカラフルな世界に感動し、色を見ては健司に何色なのかを次々と聞いた。美雪は、映画の世界の中からいつも見ていて気になっていたようだ。
美雪を女優の幽霊かと思う健司に、美雪は映画の中の美雪だと答える。そこへ、本多が劇場に戻ってきた。健司は慌てて、美雪と2人で劇場の外に出ていった。

現場で好き放題する美雪

健司の家にやってきた美雪は、缶に入ったドロップに感動したり、「今日からお前は私の僕だ」と言ったりして健司を振り回した。
翌朝、美雪は健司に、「仕事場を案内させろ」と命令する。美雪を連れて仕事場に向かった健司は、美雪をメイク室に案内して、着替えとメイクで色を付けるようお願いする。メイク室から出てきた色の着いた美雪の姿に、健司は思わず見惚れてしまった。
美雪は現場で好き放題暴れまわった。健司が作った背景のパネルに落書きしたり、俊籐を傘で殴ったりと、健司を振り回した。さらに、美雪が撮影で使うスモッグの中にダイナマイトを入れたせいで、俊籐を怪我させてしまう。健司は警察に問い詰められてしまい、美雪と再会すると「もううんざりなんです」と言ってしまう。美雪がお守りを落としたので探してほしいと言うも、自分で探せばいいと突き放す健司。

距離が少し縮まる2人

美雪のお守りであるオカリナを見つけた健司

仕事に戻った健司だが、雨が降ってきて美雪のことが心配になる。仕事現場を後にして美雪の元へ向かうと、草むらをかき分けてお守りを探している美雪の姿があった。健司は美雪に傘を渡して、お守りであるオカリナを探し始めた。オカリナを見つけた健司は、美雪にひどいことを言ったことを謝って渡した。美雪は受け取ったオカリナを、大事そうに握った。
雨が止み、晴れた空には虹がかかっていた。健司は「虹が2本かかった様子が見られたら、願いが叶うそうです」と、美雪に言った。美雪がポツリと見たいと言うと、健司は「いつかその時は、ここで2人で見ましょう」と言った。美雪は少し笑って、「考えといてあげる」と答えた。2人の距離が少し縮まった瞬間だった。

徐々に引かれていく2人

ある日、東映の社長令嬢の成瀬塔子(なるせ とうこ)のアイディアで、若手にチャンスを与えるということになる。助監督それぞれに脚本を書いてほしいと言った。採用されたら映画化出来ることに、健司は大喜びした。塔子は健司に想いを寄せており、このアイディアも健司のためだった。
健司はいざ脚本を書くとなると、何を書いたらいいかわからず、本多に相談した。本多のアドバイスを聞いた健司は、書くべきものがわかり、早速脚本を書き始めた。
暇だという美雪を連れて、シナリオハンティングに出かけ、様々なことをする2人だった。何度か健司が美雪に触れそうになるが、美雪は「気安く触るな」と言って追い払った。
ある時、美雪は脚本の内容を健司に質問した。健司は、美雪との話を映画にしたいと答えた。「その物語の結末はどうなるんだ?」と聞く美雪に、健司は「まだ決めていないんです」と答えた。美雪は、目の前の景色をじっと眺めた。

明かされる美雪の秘密

健司の脚本が採用されることが決まり、結末を書くように命じられる健司。喜びを美雪に伝えようと、蛍が見える川に連れてきた。健司はそこで美雪にプロポーズをし、プレゼントを渡そうとする。しかし、美雪は「ずっとは一緒にいられない」と答えた。美雪はこの世界に来た代償として、人のぬくもりに触れてしまうと消えてしまうと、自身の秘密を打ち明けた。この世界に来た理由を聞く健司に、美雪は健司に会いたかったからと答えた。最初は色んな人が美雪を見てくれていたが、次第に誰も見なくなった。そんな時に見つけてくれたのが、健司だった。健司にもうすぐ会えなくなると知り、現実世界に飛び出してきたと告げる美雪。

美雪の秘密を知り、健司は脚本の結末を書けずにいた。そんな中、健司は塔子に告白され、その様子を山中に見られてしまう。
数日後、美雪は健司のジャケットから、指輪を見つける。自分に渡そうとしていたものだと気づいた美雪は、健司の気持ちに応えようと健司の仕事場に向かった。健司はちょうど山中と話しているところだった。健司の「好きな人に触れずに生きていけると思うか?」という質問に、山中は「そんなわけないだろ」と答えた。健司も「そうだよな」と言う。話を聞いていた美雪は、慌ててその場を去った。
その夜、帰ってきた健司に美雪は、出ていくことを伝えた。悲しそうな健司に美雪は「お前のそんな顔を見るのも、触れないように気を使われるのも、愛想笑いも、もう全部うんざりだ」と言った。そして、健司の前から姿を消した。

健司の前から姿を消した美雪

健司の家から飛び出した美雪は、電話ボックスで雨宿りをしていた。すると、本多が現れて、ロマンス劇場に住まわせてもらうことなった。
健司は美雪が姿を消してから落ち込んでいた。脚本の結末も書けないままでいた。
美雪が健司と虹を見た場所を歩いていると、虹が2本空にかかっていた。一方の健司も、虹が2本かかっているのを目にする。健司は以前美雪に言った言葉を思い出し、2人で虹を見た場所に走り出した。しかし、健司が着いたときには、もう美雪の姿はなかった。

ある日、健司がロマンス劇場を訪ねると、本多に「彼女はここにいる」と教えられる。続けて、「彼女は、もうおまえに会わないと言っている」と伝えた。
京映に電話が入った。塔子が電話に出ると、なんと美雪からだった。
その夜、塔子は健司を呼び出して「告白の返事を聞かせてくれませんか?」と言う。健司が返事に困っていると、塔子は美雪と会ったことを健司に伝えた。塔子は美雪から、健司を幸せにしてほしいとお願いされていた。しかし、塔子は健司の脚本を読んで、健司の美雪に対する想いを知っていた。自分が入る隙はないと健司に伝える塔子。健司は美雪の気持ちを知り涙し、塔子に頭を下げてその場を後にした。そして、ロマンス劇場に向かった。

健司と美雪の再会とその後

ロマンス劇場で再会する2人。一緒に帰ろうと言う健司。美雪は「私はお前に何もしてやれない。苦しい時、お前に触れてやることすら出来ない。みんなが当たり前にしていることも何もしてやれない。お前はもっと普通の恋をするべきだ」と言った。しかし健司は、「どんな映画よりもあなたのことが大好きなんです」と、美雪への想いを伝えた。美雪は初めて健司の名前を呼び、「その言葉だけで充分だ」と微笑んで伝えた。そして、最後に一度だけ、抱きしめてほしいと言った。美雪は、消えようと決心していた。健司が触れようとしたところで、場面は現代に戻る。
吉川は牧野の話を聞きながら泣いていた。吉川が「それでその女性は消えてしまったの?」と聞くと、牧野は脚本はここで終わりだと答えた。結局、脚本はできず映画化もできなかった。吉川は、続きを書いてほしいとお願いした。
病室のドアが開き、吉川は「お孫さん来てくれましたね」と言い病室を後にした。
そこには、美雪の姿があった。左手の薬指には、健司がプレゼントした指輪をつけていた。

lixing
lixing
@lixing

Related Articles関連記事

ホタルノヒカリ(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ホタルノヒカリ(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホタルノヒカリ』とは、ひうらさとるによって2004年から2009年まで『Kiss』に掲載された漫画作品。2007年に綾瀬はるか主演にてテレビドラマ化され、2010年に『ホタルノヒカリ2』、2012年には『映画 ホタルノヒカリ』と続いた。恋愛するより家で寝ていたいと思っている27歳の干物女雨宮蛍が、枯れ果て忘れていた恋心を取り戻す物語。

Read Article

仮面ライダーゼロワン(Zero-One)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダーゼロワン(Zero-One)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーゼロワン』とは、東映制作で2019年に放送された仮面ライダーシリーズの特撮テレビドラマ。令和初の仮面ライダーシリーズ。主人公の飛電或人/仮面ライダーゼロワンは祖父が亡くなったため飛電インテリジェンス社長兼仮面ライダーゼロワンとして戦うことになる。人工知能搭載型ロボットヒューマギアを暴走させようとするサイバーテロリスト組織滅亡迅雷.netとの闘いや夢と情熱の大切さを描く。キャッチコピーは「令和仮面ライダー元年」、「世界最強の社長はただひとり!オレだ!」。

Read Article

重版出来!(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

重版出来!(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『重版出来!』とは2012年から松田奈緒子が小学館『月刊!スピリッツ』に連載中の青年漫画。週刊コミック誌『バイブス』の編集部を舞台に、主人公の漫画編集者・黒沢心が一癖も二癖もある漫画家たちや出版業界に関わる様々な業種の人々と一冊の本を生み出すため奮闘するお仕事漫画。2016年には黒木華主演でTBS系列にてドラマも放映。脚本は映画『図書館戦争』シリーズなどで知られる野木亜紀子。後に『逃げるは恥だが役に立つ』、『アンナチュラル』などのヒット作も手掛ける。

Read Article

LIFE!〜人生に捧げるコント〜(テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

LIFE!〜人生に捧げるコント〜(テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

LIFE!~人生に捧げるコント~とは、NHKが制作しているコントを中心としたバラエティ番組。『人生』をテーマにしており、ウッチャンナンチャンの内村光良が中心となっている。内村にとってはNHKでの初のレギュラー番組。一度見たら忘れられない個性的すぎるキャラクターたちや、多分野に渡る豪華ゲストが特徴。

Read Article

翔んで埼玉(映画・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

翔んで埼玉(映画・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『翔んで埼玉』とは、魔夜峰央によるギャグ漫画作品、およびそれを原作としたコメディ映画作品である。。二階堂ふみやGACKTを始め、豪華なキャスト陣が本気でふざけた内容が大きな話題となる。埼玉県民が東京都民に虐げられてきた架空の世界が舞台となり、埼玉解放を求めて他の県を巻き込みながら全面戦争へと発展していく。

Read Article

シグナル 長期未解決事件捜査班(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

シグナル 長期未解決事件捜査班(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『シグナル 長期未解決事件捜査班』とは、過去と現在が無線機による通信で繋がり、その無線機を使ってそれぞれの時代の刑事が事件を解決していくという刑事ドラマである。2018年にフジテレビ系で放送された連続ドラマで、韓国で数々の賞を受賞したドラマ『シグナル』の日本版リメイクとなっている。過去と現在が同時進行で描かれ、未解決事件を解決する現在の長期未解決事件捜査班と、その事件が実際に起こっている過去が繋がり、事件解決だけでなく謎や秘密が明らかになっていく。

Read Article

天国と地獄 ~サイコな2人~(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

天国と地獄 ~サイコな2人~(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『天国と地獄 〜サイコな2人〜』とは2021年冬にTBS系日曜劇場枠で放送されたサスペンスドラマである。手柄を上げたい女性刑事の望月彩子と敏腕経営者でサイコパスな殺人鬼の日高陽斗が、ある伝説のように魂が入れ替わってしまう。そしてお互い全く違うタイプの人間として生活しなくてはいけなくなる。困惑するが、元の姿に戻れるように最善を尽くしながら、お互いの人生を理解し、本当の殺人犯を見つけていく過程は、今までに見たことのないスリリングな内容である。

Read Article

HERO(2007年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(2007年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2007年9月8日に公開された日本の映画作品。2001年にフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の映画版。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2007年の日本映画興行収入第1位 (81.5億円)を記録した。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が傷害致死事件を通して大物代議士の疑惑に関わることになる。

Read Article

わたしを離さないで(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

わたしを離さないで(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『わたしを離さないで』とは、日系イギリス人のカズオ・イシグロが2005年に発表した長編小説で、日本ではTBS系列で放送された脚本・森下佳子によるテレビドラマである。「臓器提供」を目的としてこの世に誕生した「クローン人間」の子供時代から始まり、成長とともに人生を受け入れ、全うしていく姿がドラマの中で主人公の恭子、友彦、美和の姿を映しながら描いていく。見どころは、作品の中では、現実の人物に近いキャラの恭子が自分の人生を振り返りながらすべてを受け入れ「生きる」ことに前向きになるという作品になっている。

Read Article

不安の種(不安の種+、不安の種*)のネタバレ解説・考察まとめ

不安の種(不安の種+、不安の種*)のネタバレ解説・考察まとめ

『不安の種』とは2002年から中山昌亮によって執筆されたホラー漫画、およびそれを原作としたホラー映画。 日常の中に潜む様々な怪異を描いたオムニバス形式となっており、それぞれのストーリーが独立している点が特徴。 怪異のビジュアルや謎が残るストーリー、ショートスタイルゆえの読みやすさなどの点で人気を博した。

Read Article

銭ゲバ(Zeni Geba)のネタバレ解説・考察まとめ

銭ゲバ(Zeni Geba)のネタバレ解説・考察まとめ

「銭ゲバ」とは、ジョージ秋山の漫画を原作したテレビドラマ。幼い頃、母親の桃子と貧しい生活を送っていた風太郎。父親の健蔵は働きもしないで女と酒に溺れ、桃子に暴力を振るうようになる。優しい母だけが風太郎にとって心の支えだった。しかし貧乏生活ゆえ、桃子は身体を壊してしまい、薬を買うお金さえなかったため帰らぬ人となってしまう。お金がなかったから母は死んだと子供ながら理解した風太郎は金に取りつかれていく。

Read Article

JIN(仁)のネタバレ解説・考察まとめ

JIN(仁)のネタバレ解説・考察まとめ

『JIN(仁)』とは、TBS系列にて2009年10月〜12月まで放送されたTVドラマ及び、『スーパージャンプ』で連載されていた村上もとかによる漫画作品。「現代の医師が、もし幕末へタイムスリップしたらどうなるか?」を描いたSF要素の強い医療時代劇漫画をドラマ化したものである。第五話で視聴率20%超えを達成し、最終話では平均視聴率25.3%、瞬間最高視聴率29.8%を記録した。この記録は、2009年に放送された民放の連続ドラマ視聴率の中で最高記録となり、大きな反響を呼んだ、国民的人気ドラマである。

Read Article

流星の絆(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

流星の絆(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『流星の絆』とは、東野圭吾の同名小説『流星の絆』が原作となったミステリードラマである。子どものころに両親を殺された三兄妹が復讐を誓い、真犯人にたどり着くまでを描く。2008年10月から12月に、TBS系22時からの金曜ドラマ枠で放送された。脚本は宮藤官九郎が手掛け、基本のストーリーは守りつつも青春ドラマ的な要素やコメディー的な要素が加わったことで、原作とは大きく異なる世界観となっている。主役の三兄妹を二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香が演じる。

Read Article

ザ・マジックアワー(三谷幸喜)のネタバレ解説・考察まとめ

ザ・マジックアワー(三谷幸喜)のネタバレ解説・考察まとめ

『ザ・マジックアワー』とは三谷幸喜が脚本・監督したエンターテインメント映画である。佐藤浩市の主演映画で妻夫木聡や深津絵里など豪華キャストが多数出演している。三谷幸喜が監督する4作品目の映画で、第32回日本アカデミー賞で4部門にノミネートされた。マフィアの天塩商会が牛耳る港町の守加護。彼らの怒りを買ってしまった備後は、助かるために三流俳優の村田を騙し、映画撮影と称して殺し屋のデラ富樫を演じさせる。天塩の者たちに村田が偽のデラ富樫だとバレないよう備後が四苦八苦する、大ヒットコメディ映画。

Read Article

HERO(2015)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(2015)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2015年7月18日に公開された日本の映画作品。2001年に第1期、2014年に第2期としてフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の劇場版2作目。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2015年の日本映画興行収入第3位 (実写映画では第1位) を記録 (46.7億円)。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が不審な交通事故を通して大使館の疑惑に関わることになる。

Read Article

白夜行(東野圭吾)のネタバレ解説・考察まとめ

白夜行(東野圭吾)のネタバレ解説・考察まとめ

『白夜行』とは、1999年に刊行された東野圭吾の推理長篇である。発行部数は2010年12月時点で200万部を超えている。1973年、大阪で起きた殺人。犯人は小学5年生の被害者の息子・桐原亮司と、容疑者の娘・西本雪穂。未解決のまま時は流れていく。そして成長した2人は犯罪行為で互いに助け合うようになり、周囲で不可解な事件が次々と起きる。 疑念を抱く刑事が2人の関与に気づき、証言や調査で真相に迫っていくというストーリー。2006年にはテレビドラマ化、2011年には映画化されている。

Read Article

俺物語!!(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

俺物語!!(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

原作・河原和音、作画・アルコによる少女漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画。2011年に『別冊マーガレットsister』に掲載された第1話が好評につき連載へ移行。その後『別冊マーガレット』にて2016年まで連載された。誰もが目を引く巨漢、剛田猛男とお菓子作りが大好きな女子高生大和凛子。痴漢から助けた出会いをきっかけに付き合い始めた二人の不器用ながら微笑ましい恋模様がコミカルに描かれる。

Read Article

勝手にふるえてろ(綿矢りさ)のネタバレ解説・考察まとめ

勝手にふるえてろ(綿矢りさ)のネタバレ解説・考察まとめ

『勝手にふるえてろ』とは2017年に公開された日本のラブコメディ映画。芥川賞作家の綿矢りさの原作小説を松岡茉優主演で映画化。10年間も中学の同級生に片想い中で恋愛経験ゼロのヒロイン「ヨシカ」。そんな彼女に人生初めての彼氏ができる。ヨシカは片想いだけど妄想彼氏の「イチ」と初めて告白されてできた彼氏・会社の同僚「二」で勝手に二股を作り葛藤する。傷つきながらも暴走する主人公をコミカルに描く。監督は『でーれーガールズ』の大九明子。「第30回東京国際映画祭コンペティション部門」で観客賞を受賞した話題作。

Read Article

コウノドリ(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

コウノドリ(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『コウノドリ』とは、2012年より鈴ノ木ユウが「モーニング」(講談社)で連載を開始した産科医療漫画である。産婦人科医でありながら、正体を明かしていないピアニストでもある、主人公鴻鳥サクラ。サクラが勤務する聖ペルソナ総合医療センターで、妊婦とその家族を中心に物語が繰り広げられる。7年間の掲載を経て、2020年10月23日最終巻が発売され完結している。コミックの累計発行部は800万部を超えている大人気コミックである。

Read Article

HERO(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『HERO』とは、第1期が2001年に、第2期が2014年にフジテレビ系で放送された、検察をテーマにした日本のテレビドラマシリーズ。木村拓哉が主演を務め、自身の正義と価値観で捜査を行う型破りな検事・久利生公平と彼を支える検察事務官、同僚検事たちの活躍を描いている。その他、2006年にドラマ特別編が、2007年には劇場版がそれぞれ制作され、2015年には劇場版第2作が制作された。第28回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞を受賞した。

Read Article

のぼうの城(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

のぼうの城(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『のぼうの城』とは、和田竜の日本の歴史小説を元にして2012年に公開された映画である。犬童一心と樋口真嗣の共同監督で制作された。主人公の長親(ながちか)は忍城(おしじょう)城代の息子である。関白秀吉の家臣である三成によって、忍城は開城を迫られていた。しかし長親は世の理不尽に真っ向から対抗するため、三成に相対する。長親は周りの力を借り、ついには三成軍を退けることになった。この作品は時にはしんみりしつつも、長親という「でくのぼう」の奇策によって観た人を気分爽快にさせる歴史映画となっている。

Read Article

真夏の方程式(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

真夏の方程式(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『真夏の方程式』とは、2010年から連載されていた東野圭吾の『ガリレオ』シリーズが原作の、2013年公開の日本映画である。監督は西谷弘。夏休みを玻璃ヶ浦の川畑(かわはた)家で過ごすことになった柄崎恭平(つかさききょうへい)は、仕事で来ていた湯川学(ゆかわまなぶ)と出会う。しかし同じ時期に玻璃ヶ浦に来ていた元警視庁の刑事が遺体で見つかったことにより、川畑家が抱える秘密が次第に明るみになっていく。この物語は海を臨む美しい町で湯川が少年とともに事件解決に進む様子と、血を超えた家族の愛が描かれている。

Read Article

ゴールデンスランバー(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴールデンスランバー(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴールデンスランバー』とは、堺雅人主演のミステリー・ハードボイルド映画である。2010年1月に公開された映画で、日本の小説家の伊坂幸太郎の小説『ゴールデンスランバー』を映画化した作品。仙台運送で働く青柳雅春(あおやぎまさはる)が総理大臣を殺害した事件の犯人に仕立て上げられていくストーリー。映画のロケは全て仙台で行われた。映画のキャストは堺雅人の他に、竹内結子、浜田岳、香川照之、吉岡秀隆などが出演している。2018年2月にはカン・ドンウォン主演の韓国映画版『ゴールデンスランバー』が公開された。

Read Article

新聞記者(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

新聞記者(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『新聞記者』とは2019年に公開された日本の社会派サスペンス映画である。中日新聞社の記者である望月衣塑子による同名の著書を原案とし、監督は藤井直人が務め、韓国の実力派女優であるシム・ウンギョンと松坂桃李がダブル主演として起用された。若手女性新聞記者とエリート官僚の二人が、官邸が絡んだ大学新設計画にひそむ謎に迫っていく姿を描く。2020年の第43回日本アカデミー賞では主な賞を総なめにした作品である。

Read Article

天気の子(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

天気の子(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『天気の子』とは、新海誠による日本のアニメーション映画。2019年7月19日に公開され、興行収入は140億円を突破し、日本映画史に残る大ヒットを収めた。 家出して東京にやってきた少年・森嶋帆高は、親元を離れて弟と2人暮らしをしている天野陽菜という少女と出会う。似たような身の上の若者同士で次第に親しくなっていく中、帆高は陽菜が「どんな大雨も晴れに変える」という不思議な力を持つことを知る。これを使って商売を始める帆高たちだったが、やがて陽菜の力に隠されていた大きな代償を突き付けられる。

Read Article

ガリレオ(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ガリレオ(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ガリレオ』とは、ガリレオと称される物理学者・湯川学を主人公とした東野圭吾の連作推理小説。小説を原作にフジテレビ系の月9シリーズにて連続ドラマとして映像化された。主演は福山雅治。 湯川の大学の同級生である警視庁の刑事草薙から、湯川が事件の相談を受けるところから物語は始まる。事件捜査には興味がない湯川だが、人の頭部だけ燃える、見えるはずのないものが見えたなど、一見すると超常現象とも取れる不可解な事件に対し科学者として興味を持った時にこれらの謎の解明に挑む。

Read Article

NEW
六本木クラス(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

六本木クラス(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『六本木クラス』とは2022年に日韓共同プロジェクトによって製作された日本のドラマ。2020年に韓国で放送された『梨泰院クラス』のリメイク作品で、主演を竹内涼真が務めた。主人公の宮部新は交通事故によって父親を亡くす。しかし事故は大手外食チェーンの長屋ホールディングスの息子・長屋龍河が起こしたもので、その不祥事が明るみに出ないよう、父・長屋茂によって真実は隠蔽された。新は復讐を誓い、長屋ホールディングスを潰してのし上がる計画を立てる。数年後、飲食店の経営者となった新は下剋上に挑む。

Read Article

残穢-住んではいけない部屋-(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

残穢-住んではいけない部屋-(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『残穢-住んではいけない部屋-』とは、小野不由美のホラー小説『残穢』を原作とした、中村義洋監督による映画作品。竹内結子が主人公であるホラー小説作家の私(小松由美子)を演じ、橋本愛がストーリーのきっかけとなる女子大生の久保亜紗美を演じる。ある日、私の元に久保亜紗美から、「今住んでいる部屋で、奇妙な音がする」という内容の手紙が届く。そのマンションを調べていく内に、過去の住人が引き起こした数々の事件について暴かれていく。暗闇の底から這い出てくるような不気味な世界観が特徴。

Read Article

過保護のカホコ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

過保護のカホコ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『過保護のカホコ』とは、2017年夏に日本テレビ系水曜ドラマ枠で放送されていたテレビドラマ。主演は高畑充希。脚本は遊川和彦。主人公の根本加穂子は両親から超過保護に育てられた箱入り娘だったので自分で考えて行動するという概念がなかった。麦野初と奮闘しながらもカホコが毎回「こんなの初めて!」を経験する。気持ちを伝えることの大切さ、自分を愛してくれた家族の愛の大きさを学び、自分で切り開いていく力をつけて大切な人の遺言を守ろうと山積みの家族の問題を初と解決していく痛快ホームドラマである。

Read Article

昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』とは、2014年にフジテレビの木曜22時枠で放送されたドラマ。脚本は井上由美子が手掛ける。主演は上戸彩。その他、吉瀬美智子や斎藤工、北村一輝などが出演している。2017年に公開された映画版では、ドラマの3年後が描かれている。主婦の笹本紗和は夫と平凡に暮らしていたが、彼女が勤めるスーパーの駐車場で車上荒らしが発生したことをきっかけに、高校生教師の北野裕一郎と出会う。そして紗和は葛藤しながらも彼と不倫関係に陥り、やがて本気の恋愛へと発展していった。

Read Article

僕の生きる道(僕生き)のネタバレ解説・考察まとめ

僕の生きる道(僕生き)のネタバレ解説・考察まとめ

『僕の生きる道』とは、2003年にフジテレビ系列で放送されていたドラマ。僕シリーズ3部作の1作目で、死をテーマにした作品。僕生きの愛称で親しまれている。余命宣告された高校教師・中村秀雄の1年間の生き様が描かれている。主人公は草彅剛。その他、矢田亜希子や大杉連などが出演している。脚本は数々のヒットドラマを生み出した橋部敦子が手掛ける。主題歌である『世界に一つだけの花』がドラマの人気と共に大ヒット曲となった。

Read Article

CHEAT チート 〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

CHEAT チート 〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『CHEAT チート 〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』とは、日本テレビ系列で放送された"詐欺師たちを騙し返す"集団を描いたエンターテインメントドラマである。原作が無いオリジナルドラマとして読売テレビにより制作され、2019年10月から放送された。人の心を見抜き人を騙すことに天才的な才能をもつ主人公・沙希が、詐欺師を騙すスペシャリスト集団チートのメンバーとなり詐欺師達を懲らしめてゆく。主人公を本田翼が、チートを束ねるリーダー的存在の刑事を風間俊介が演じ話題となった。

Read Article

億男(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

億男(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『億男』とは、映画プロデューサーで小説家の川村元気による長編小説・およびそれを基にした映画作品である。主人公の大倉一男(おおくらかずお)は借金返済のために昼夜問わず働いて必死にお金を稼いでいた。そんなある日、偶然手に入れた宝くじに当選し3億円を手にする。大金を所持したことに不安を抱え旧友である古河九十九(こがつくも)に相談するが、彼は3億円と共に失踪してしまう。九十九を探す過程で一男が様々な大金持ちたちと出会い、お金の価値を学んでいく物語である。

Read Article

ATARU(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ATARU(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ATARU』とは、2012年にTBSで日曜21時に放送された、櫻井武晴が脚本を手掛けたドラマ。主演は中居正広。その他、北村一輝や栗山千明などが出演している。サヴァン症候群で特殊な能力を持った謎の青年・アタルが、警察と一緒に難事件を解決していく推理ミステリードラマである。2013年に公開された映画では、アタルと同じサヴァン症候群の女性が現れ、アタルが彼女の起こした事件に巻き込まれていく。

Read Article

目次 - Contents