嫌われ松子の一生(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『嫌われ松子の一生』とは、2006年5月27日に公開された日本のコメディ映画である。山田宗樹の小説『嫌われ松子の一生』を原作としている。川尻笙は、夢をあきらめ、堕落した生活を送っていた。突如故郷の父が来訪し、笙の叔母である松子が死んだことを伝える。松子の住んでいたアパートの片付けを父に頼まれた笙は、会ったことのない叔母の松子の死の真相に迫るとともに、その波乱万丈な人生をたどっていく。ストーリーはシリアスな内容だが、華やかなミュージカルシーンやコミカルな演出が見どころの作品である。

『嫌われ松子の一生』の概要

『嫌われ松子の一生』とは、2006年5月27日に公開された、日本のコメディ映画である。山田宗樹の小説『嫌われ松子の一生』を原作とし、監督は中島哲也、主演は中谷美紀が務めた。基本的には原作の流れを踏襲しているが、かなり脚色されており人物設定も一部異なる。第30回日本アカデミー賞、第1回アジア・フィルム・アワード、第61回毎日映画コンクール、第80回キネマ旬報ベスト・テン、第31回報知映画賞にて、中谷美紀が主演女優賞を受賞している。
ミュージシャンを目指して単身上京した若者の笙は、夢をあきらめ、堕落した生活を送っていた。彼女に振られた翌日に突如、故郷の父が来訪し、笙の叔母である松子が死んだことを伝える。松子の住んでいたアパートの片付けを父に頼まれた笙は、会ったことのない叔母松子の死の真相に迫るとともに、その波乱万丈な人生をたどっていく。松子は中学校の教師として勤務していたが、修学旅行の泥棒騒動をきっかけに、教師を自主退職する。その後DV癖のある八女川と同棲するも八女川は死に、その後岡野と不倫関係に陥った。岡野の妻に不倫がばれることで破局し、再び孤独となった松子はトルコ嬢として活躍する。引退した松子は同棲していた小野寺と口論になり、彼を刺殺してしまう。逃亡した先で島津と出会い穏やかな日々を過ごすが、小野寺殺害容疑で逮捕される。出所後に島津の元へ戻るが、彼にはすでに妻子がおり、松子は再び1人になった。その後、元教え子の龍と再会してヤクザの仕事をするようになる。警察に出頭した龍の出所を待っていたが龍に拒絶され、また妹久美の訃報を聞くことで生きる気力を失う。親友であっためぐみとの再会をきっかけに人生をやりなおそうと決意するが、不良中学生に襲われて命を落とす。
松子という1人の女性の、報われない人生を表すシリアスな内容だが、コミカルな演出やミュージカルシーンがそれを中和している。時代に合わせた流行やテレビ番組、時事なども登場するため、時代背景も感じることができ見どころが多岐にわたる作品である。

『嫌われ松子の一生』のあらすじ・ストーリー

松子の死と転落人生

ミュージシャンを志して田舎から上京した川尻笙(かわじりしょう)は、恋人の渡辺明日香(わたなべあすか)に、別れを告げられる。やけになったまま眠りについたが、目が覚めると田舎の父親川尻紀夫が家にいて笙は驚く。姉つまりは笙の叔母である川尻松子が亡くなったため、紀夫は急遽東京へ来たのだ。そして、松子はどうやら殺されたらしいということも笙に伝える。荒川の河川敷で死体が見つかり、まだ犯人は捕まっていないらしい。すぐに帰らないとならないため、紀夫は松子の家の片付けを笙に託し笙は渋々承知する。
笙が松子の部屋の片付けをすすめていると、隣の住人、大倉修二(おおくらしゅうじ)が話しかけてきた。大倉が言うには生前の松子は突然夜中に叫んだりゴミ出しの日を守らないなど、同じアパートの鼻つまみ者であったという。すると、松子殺人事件の調査をしている刑事の後藤が訪ねてくる。笙は後藤に松子がどんな人だったのかと尋ねると、歌が上手で人気者の中学校教師であったと答える。ここから、松子の教師時代に話は遡る。

父親の希望通りに教師の職についた松子は修学旅行先の旅館で受け持ちクラスの生徒、龍洋一(りゅうよういち)が売店の金を盗むという事件が発生し、その場を丸く納めるために自分が金を盗んだことにする。一旦騒動は落ち着き、後日松子は想いを寄せる同僚の教師佐伯俊二(さえきしゅんじ)に、自身の幼少期の話しをした。
幼い松子は、歌が大好きで、父親である川尻恒造の気をひくのに毎日必死な女の子であった。しかし、恒造は病弱な松子の妹、川尻久美ばかりを可愛がっていた。あるとき、久美のお見舞い帰りに父親とデパートに行った松子は、屋上のステージで漫才を見る。その時に漫才師が披露していた、寄り目をしながら口を突き出すひょうきん顔を、松子は真似る。すると、普段滅多に笑わない父が、笑ったのだ。松子は父が自分に笑顔を向けたことを喜び、度々父親の前でひょうきん顔をしながら育つ。それ以来、しばらくはそのひょうきん顔で父親の機嫌をとっていたが、成人する頃にはそれも通用しなくなってしまった。おまけに精神的に追い込まれると、ひょうきん顔をしてしまう癖までついてしまったと、松子はここまで佐伯に語った。

それからしばらくして、松子は自主退職へと追い込まれる。旅館の泥棒騒動のお金を工面するため、同室の教師の財布から現金を盗んだことがばれてしまったためである。教師の職を失った彼女は縋りつく久美を振り払い、家を飛び出す。

トルコ嬢(ソープ嬢)としてのデビューと殺人

家を飛び出した後の松子は、作家志望の八女川徹也(やめかわてつや)と同棲生活をするが、八女川から日々暴力を受けていた。金を工面するよう八女川から迫られた松子は、弟の紀夫に再会して金を借りたいと頼む。紀夫は家を飛び出した松子を恨んでおり、もう二度と関わるなと手切れ金として金を渡す。紀夫から借りた金を八女川に渡すが、八女川はその数日後「生れてすみません」と原稿に書き残し、松子の目の前で列車にひかれて自殺をする。
絶望する松子だったが、しばらく経つと岡野健夫(おかのたけお)との恋愛を楽しんでいた。岡野は八女川の友人で、サラリーマンをしながら執筆活動をしている。また既婚者のため、松子とは愛人関係にあった。或る日、松子が岡野の自宅に訪問したことがきっかけで妻の岡野芳江に不倫がばれ、愛人関係は終了する。こうして恋人を失った松子はトルコ嬢(ソープ嬢)として働き始め、雪乃という源氏名で売れっ子嬢となり、一世を風靡する。しかし、時代の波には逆らえず、若い世代に追い抜かれて引退する。
トルコ嬢引退後に、小野寺保(おのでらたもつ)という男と同棲を始めるが、小野寺が松子の稼いだ大金を若い女に貢いだことでもみ合いの喧嘩となる。かっとなった松子は小野寺を刺殺してしまい、今度こそ人生が終わったと思い飛び降り自殺を計った。
だが、死ぬことができず、松子は逃げるように新幹線で東京へ向かう。そして、玉川上水で入水自殺をしようとしたところ、理容師の島津に話しかけられ、2人は同棲を始めた。優しい島津との同棲生活は穏やかなものであったが、小野寺殺害の容疑者として松子は逮捕され、島津には黙って家を出る。

沢村めぐみとの出会い

時は現代に戻り、『未亡人は超淫乱』というAVを見ながら寝落ちした笙は、ヤクザ風の男たちに誘拐される。押し込まれた車で待ち構えていたのは、寝る直前まで見ていたAVの主演女優であった。彼女は沢村めぐみと書かれた自身の名刺を笙に渡し、松子とどういう関係なのかと尋ねる。めぐみは笙が松子の甥だと聞くと、笙を食事に誘い、松子との昔話を語り始めた。

めぐみと松子は刑務所の中で出会い、ともに獄中生活をしていた。松子は出所後に島津ともう一度暮らすため、刑務所内で理容師の資格を取る。出所後に島津の元へ向かった松子は、島津が妻子と共に暮らしている様子を目の当たりにし、再び1人で生きることになった。その後、美容院で働き始めた松子はめぐみと再会する。2人は一緒に食事をしたり、お酒を飲んだりと、仲の良い友人として日々を過ごしていた。しかしあるとき突然、松子はめぐみを避けるようになったという。
それを聞いた笙は、「多分叔母さんは悔しかったんだと思う」とめぐみに言った。松子が幸せな結婚生活を送りながら仕事も充実しているめぐみと、孤独な自分を比べてしまったのではないかと考えたのだ。

龍洋一との再会

めぐみと会うことがなくなり、孤独に過ごす松子は、かつての教え子である龍洋一と再会する。ヤクザとなった龍は、修学旅行での一件をずっと謝りたかったと言い、同時に松子のことが好きだったと伝える。葛藤する松子であったが、龍と恋人関係になり、2人は同棲を始める。2人は愛し合っていたが、龍を心配する松子は「ヤクザなんかやめて」と龍に頼むと、龍は松子を殴った。しばらくして、松子を心配しためぐみが訪ねて来たが、龍と松子はめぐみを追い返してしまう。あきれためぐみは「好きにしな」と言い、その場を去った。めぐみの一件があり、松子はヤクザの龍とともに生きていく決意を固め、龍の組の仕事に加担する。ある時龍から、「組の金に手を出して命を狙われることになったから今すぐ逃げろ」と松子の元へ電話が来る。2人は待ち合わせ場所で一緒に服毒自殺をしようとするが死ねず、龍は自ら警察を呼んで出頭する。それから松子は龍の出所を待ち続け、ついに出所日を迎える。真っ赤なバラの花束を持って迎えに行くが、龍は松子を拒絶する。「なんで?」と松子は雪の中、絶望した。

松子の死の真相

妹の訃報を聞いた後、松子は何もやる気が起きず、ただ食べて寝るだけの生活を送る。そんなある日、テレビで見たアイドルグループ「光GENJI」の内海光司に魅了され、生きる活力を取り戻す。原稿何百枚分にも渡る長いファンレターをしたため送るが、返事は一向にこない。やがて松子は精神を病み、幻覚を見たり、発狂したりする。松子は精神病院へ行くが、待合室でめぐみと再会する。変わり果てた姿を見られたくないと逃げる松子にめぐみは、「専属の美容師を探しているから、働く気があるなら連絡して」と、自分の名刺を手に握らせる。帰宅した松子はいつものように河川敷で川を眺めながら、めぐみの名刺を手に取るが、それを丸めて捨ててしまう。アパートに戻りぼんやりしていると、ふと、妹の久美の顔が浮かんだ。久美の髪を想像で切る真似をすると、まだ自分はできると希望が湧いてくる。松子はめぐみに連絡して美容師として雇ってもらう決意を固めるも、名刺を捨ててしまったことを思い出し、河川敷へと戻る。名刺を探していると夜遅くにも関わらず、まだあどけなさの残る中学生らしき子供たちが遊んでいた。松子は「早く家に帰りなさい!」と怒鳴りつける。名刺を見つけ帰宅しようと歩きだした松子の背後に、松子が怒鳴りつけた中学生の1人が忍び寄り、彼女を金属バットで殴った。中学生たちは笑いながら去っていき、松子は死亡する。松子は歌いながら、光り輝く空間で天国への階段を上っていた。その階段は実家の久美の部屋へ続く階段でもあった。一番上では笑顔の久美が待っており、「姉ちゃん、お帰り」と言う。松子が笑顔で「ただいま」と答えたところで、本作は幕を閉じる。

『嫌われ松子の一生』の登場人物・キャラクター

主人公

川尻松子(かわじりまつこ/演:中谷美紀、幼少期:奥ノ矢佳奈)

本作の主人公。幼い頃から父親の愛情に飢えており、父から可愛がられている病弱な妹に嫉妬していた。追い込まれると、ひょうきんな顔をしてしまう癖がある。歌が得意で、教師時代は人気者の先生であった。泥棒騒動で教師を自主退職した後は、DV男との同棲、ソープ嬢としての生活、殺人罪での刑務所生活と、波瀾万丈な人生を送る。

川尻笙(かわじりしょう/演:瑛太)

松子の甥であり、本作の語りべ。ミュージシャンを目指して上京するも挫折し、怠惰な生活を送っていた。叔母である松子のことは全く知らなかったが、実は幼い頃に一度会っていた。松子のアパートの片付けを進めていくうち、叔母がどんな人生を送ったのか、興味が沸く。父親の紀夫から松子が殺人を犯した話を聞いた際、「すげえ」と笑みを浮かべるなど、少々危ない一面も併せ持つ。

川尻家の人間

川尻恒造(かわじりこうぞう/演:柄本明)

ommsn_jthsk8
ommsn_jthsk8
@ommsn_jthsk8

Related Articles関連記事

HERO(2007年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(2007年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2007年9月8日に公開された日本の映画作品。2001年にフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の映画版。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2007年の日本映画興行収入第1位 (81.5億円)を記録した。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が傷害致死事件を通して大物代議士の疑惑に関わることになる。

Read Article

ゴールデンスランバー(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴールデンスランバー(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴールデンスランバー』とは、堺雅人主演のミステリー・ハードボイルド映画である。2010年1月に公開された映画で、日本の小説家の伊坂幸太郎の小説『ゴールデンスランバー』を映画化した作品。仙台運送で働く青柳雅春(あおやぎまさはる)が総理大臣を殺害した事件の犯人に仕立て上げられていくストーリー。映画のロケは全て仙台で行われた。映画のキャストは堺雅人の他に、竹内結子、浜田岳、香川照之、吉岡秀隆などが出演している。2018年2月にはカン・ドンウォン主演の韓国映画版『ゴールデンスランバー』が公開された。

Read Article

オレンジデイズ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

オレンジデイズ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『オレンジデイズ』とは、2004年にTBS系列で放送されていた日本のテレビドラマ。妻夫木聡演じる大学4年生の結城櫂(ゆうきかい)と、柴咲コウ演じる病気で聴覚を失った萩尾沙絵(はぎおさえ)のラブストーリーを軸にした若者たちの青春ドラマである。病気で心を閉ざしてしまった沙絵が、櫂の優しさに心を開いていくストーリーが感動を呼んだ。数々のヒット作を生み出してきた北川悦吏子が脚本を手掛けている。

Read Article

小さな巨人(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

小さな巨人(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『小さな巨人』とは、警察組織と戦いながら事件解決をしていく、エンターテインメントドラマである。優秀な刑事・香坂真一郎(こうさかしんいちろう)が所轄に異動になり、警察の上層部と戦いながら、所轄の刑事と共に事件解決をしていくストーリー。主演の長谷川博己の他に、岡田将生、安田顕、芳根京子、香川照之らがドラマ出演している。プロデューサーは伊與田英徳たち、脚本は丑尾健太郎たちが担当した。キャッチコピーは「敵は味方のフリをする」であり、警視庁と所轄の確執や警察内部の裏切者など、警察同士の戦いが描かれている。

Read Article

20世紀少年(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

20世紀少年(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

新宿スワン(漫画・ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

新宿スワン(漫画・ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『新宿スワン』はアンダーグラウンド系の日本の漫画である。作者は和久井健。講談社『週刊ヤングマガジン』で、2005年20号から2013年45号まで連載された。スカウトマンをテーマにした物語で、和久井にとって連載のデビュー作品となった。主人公は19歳の白鳥龍彦、通称タツヒコ。ライバルの死や暴力団がからむ違法薬物の取引、そして信頼していた仲間の裏切り、そして、タツヒコの知らないところで大きな復讐の計画が動き出していた。数々のトラブルに見舞われながらも逃げずに立ち向かうタツヒコの成長する姿を描く。

Read Article

バトル・ロワイアル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バトル・ロワイアル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バトル・ロワイアル』は高見広春原作の小説を映画化作品で、アジア某国で施行の「BR法」により選ばれた中学生達のサバイバルゲームを描き、2000年に劇場公開。監督は映画『仁義なき戦い』シリーズ等の巨匠・深作欣二監督。また、藤原竜也や柴咲コウといった俳優が作品を彩り、演技を競う。この作品のキャスト・スタッフは「第24回日本アカデミー賞」「第43回ブルーリボン賞」等を受賞した。2001年には、『バトル・ロワイアル【特別篇】』が、2010年には3D映画版『バトル・ロワイアル3D』が劇場公開された。

Read Article

アンナチュラル(Unnatural)のネタバレ解説・考察まとめ

アンナチュラル(Unnatural)のネタバレ解説・考察まとめ

『アンナチュラル(Unnatural)』は女優の石原さとみ主演の、野木亜紀子の脚本によるオリジナルドラマである。主人公の三澄ミコトはUDIラボで働く法医解剖医。UDIラボメンバーの中堂、東海林、六郎たちと一緒に、日本全国から送られてくる不自然死した遺体を解剖する仕事をしている。1話ごとに事件解決する法医学ミステリーで、ドラマのキャッチコピーは「不自然な死は許さない」。スピード感や爽快感のある明るくスリリングな物語で、UDIラボメンバーの人間ドラマをメインに「死」の謎や事件を解明していく。

Read Article

検察側の罪人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

検察側の罪人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『検察側の罪人』とは、雫井脩介によって書かれた日本の小説が基になっている日本のサスペンス映画である。木村拓哉と嵐のメンバーである二宮和也がダブル主演で魅せるサスペンスストーリー。老夫婦殺人事件と時効を迎えた事件がきっかけとなり自分の正義に固執する最上と事件の真相に対する正義を追い求める沖野の対立が描かれた本作。脇には吉高由里子、大倉孝二、八嶋智人などが固める。映画のキャッチコピーは「一線を超える」。

Read Article

リング2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

リング2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『リング2』とは1992年に公開された日本のホラー映画。前の年の劇場版『リング』の続編であり、映画版オリジナルストーリー。『リング』の正規の続編として『らせん』があるが、本作はもう一つの続編として異なる展開を見せるパラレルワールドとして描かれている。前作『リング』のホラー感を継承し、より恐怖を感じさせる映像が増した。亡くなった恋人、高山竜司の死の謎を解く、高野舞。未だ続く「呪いのビデオ」の呪縛。犠牲者が増える一方で、浅川玲子の遺児・陽一を守り奮闘する。貞子の呪いから逃れることはできるのか。

Read Article

君たちはどう生きるか(ジブリ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

君たちはどう生きるか(ジブリ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『君たちはどう生きるか』とは、義母を救うために不可思議な世界を旅する少年の姿を描いた、宮崎駿によるアニメ映画。宮崎が「これで本当に最後」と明言して制作した作品で、宣伝も無く、公式HPも無く、一切情報を隠したまま公開されるという独特の手法で話題となった。 太平洋戦争が激化する最中、牧眞人は父と共に郊外へ引っ越し、そこで叔母で新たに自身の義母となるナツコと再会。どう接すればいいのか互いに戸惑う中、ナツコはいずこかへと姿を消し、眞人は彼女を連れ戻すために謎のアオサギに導かれて異界へと旅立っていく。

Read Article

らせん(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

らせん(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『らせん』とは1998年に公開された日本のホラー映画。原作は鈴木光司の同名小説。前作にあたる『リング』の続編として同時上映された作品である。監督と脚本は1995年の単発ドラマ版『リング』の脚本を担当した飯田譲治。「呪いのビデオ」に科学的視点からその謎に迫る。前作のオカルトホラーから雰囲気を変え、原作を忠実に再現したSFサスペンス要素の強い作品になっている。解剖室に送られてきたかつての友人高山竜司の遺体。残された暗号。安藤は第一発見者高野舞とともにその謎に挑む。

Read Article

半沢直樹(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

半沢直樹(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『半沢直樹(Hanzawa Naoki)』とは俳優・堺雅人主演、池井戸潤の原作小説を元にしたドラマである。2013年にシーズン1、2020年に続編としてシーズン2が放送された。メガバンクで中間管理職の立場にいる銀行員・半沢直樹が組織のなかで生まれる不正を真っ向から暴いていく姿を描く。主人公・半沢の決め台詞「やられたらやり返す。倍返しだ!」の台詞は、ドラマの大ヒットとともに2013年流行語大賞に選ばれた。幅広い年代の視聴者に支持され、平成の歴代1位の視聴率を記録した国民的人気ドラマである。

Read Article

陸王(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

陸王(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『陸王』とは作家の池井戸潤が書いた小説『陸王』が原作のドラマで、脚本は八津弘幸、演出は福澤克雄と田中健太が担当。ドラマのストーリーは資金難に苦しむ老舗足袋屋の社長が、会社の未来を考え新規事業のランニングシューズ開発に乗り出し、たくさんの人の助けで苦難を乗り越え、マラソン足袋「陸王」を開発するまでの企業再生物語。ドラマの主人公である宮沢紘一を俳優の役所広司が演じ、たくさんのエキストラを使った駅伝シーンなどは臨場感のあるシーンに仕上がっている。大多数の人たちから感動したと大反響を呼んだ人気ドラマ。

Read Article

JIN(仁)のネタバレ解説・考察まとめ

JIN(仁)のネタバレ解説・考察まとめ

『JIN(仁)』とは、TBS系列にて2009年10月〜12月まで放送されたTVドラマ及び、『スーパージャンプ』で連載されていた村上もとかによる漫画作品。「現代の医師が、もし幕末へタイムスリップしたらどうなるか?」を描いたSF要素の強い医療時代劇漫画をドラマ化したものである。第五話で視聴率20%超えを達成し、最終話では平均視聴率25.3%、瞬間最高視聴率29.8%を記録した。この記録は、2009年に放送された民放の連続ドラマ視聴率の中で最高記録となり、大きな反響を呼んだ、国民的人気ドラマである。

Read Article

流星の絆(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

流星の絆(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『流星の絆』とは、東野圭吾の同名小説『流星の絆』が原作となったミステリードラマである。子どものころに両親を殺された三兄妹が復讐を誓い、真犯人にたどり着くまでを描く。2008年10月から12月に、TBS系22時からの金曜ドラマ枠で放送された。脚本は宮藤官九郎が手掛け、基本のストーリーは守りつつも青春ドラマ的な要素やコメディー的な要素が加わったことで、原作とは大きく異なる世界観となっている。主役の三兄妹を二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香が演じる。

Read Article

NEW
白夜行(東野圭吾)のネタバレ解説・考察まとめ

白夜行(東野圭吾)のネタバレ解説・考察まとめ

『白夜行』とは、1999年に刊行された東野圭吾の推理長篇である。発行部数は2010年12月時点で200万部を超えている。1973年、大阪で起きた殺人。犯人は小学5年生の被害者の息子・桐原亮司と、容疑者の娘・西本雪穂。未解決のまま時は流れていく。そして成長した2人は犯罪行為で互いに助け合うようになり、周囲で不可解な事件が次々と起きる。 疑念を抱く刑事が2人の関与に気づき、証言や調査で真相に迫っていくというストーリー。2006年にはテレビドラマ化、2011年には映画化されている。

Read Article

銀魂(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

銀魂(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「銀魂」(実写版)は、2017年7月に公開された福田雄一監督による日本映画。空知英秋作画の漫画「銀魂」の実写化作品で、原作の長編「紅桜編」がベースです。「紅桜編」は、妖刀紅桜を利用して国の転覆を目論む鬼兵隊と、それを阻止しようとする主人公坂田銀時と仲間たちの戦いを描いたもの。原作はSF時代劇コメディです。実写版はそれを忠実に再現し、ギャグ満載、時にほろりとさせる内容になっています。

Read Article

めがね(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

めがね(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『めがね』とは、都会からとある島にやって来た女性・タエコが、滞在する宿の主人・ユージや、島の高校教師・ハルナ、タエコを探しに島に来たヨモギ、そして毎年春に島に来ては、少し変わったかき氷屋をしているサクラとのふれあいの中で、固く閉ざしていた心を解きほぐしていくストーリーとなっている。「何が自由か、知っている」をキャッチコピーにして、2007年に公開。主演は小林聡美、監督は萩上直子が務めた。2008年のベルリン映画祭では、パノラマ部門に参加し、日本映画初のマンフリート・ザルツゲーバー賞を受賞した。

Read Article

今夜、ロマンス劇場で(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

今夜、ロマンス劇場で(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『今夜、ロマンス劇場で』とは2018年に公開された、主演綾瀬はるかと坂口健太郎によるラブストーリー映画である。映画監督を目指す健司が通い詰めていた「ロマンス劇場」で、モノクロ映画に出演している映画のヒロインである美雪に出会う。ある日、美雪が現実世界に現れ、健司は美雪に色のある現実世界を案内していくうちに、健司と美雪は惹かれ合っていく。しかし、美雪にはある秘密があった。切なくもあり、昭和中期を舞台とした切なくもあり温かい気持ちになるラブストーリー映画となっている。

Read Article

四月は君の噓(君噓)のネタバレ解説・考察まとめ

四月は君の噓(君噓)のネタバレ解説・考察まとめ

『四月は君の嘘』とは『月刊少年マガジン』(講談社)で2011年から2015年まで連載されていた、新川直司原作の音楽をテーマにした漫画、およびそれを基にしたアニメ作品である。数々のピアノコンクールで優勝したが、ピアノの音が聞こえなくなった有馬公生は、同い年の女の子でヴァイオリニストの宮園かをりと知り合った。現代の日本で、中学生のピアニストとヴァイオリニストが互いの才能に共鳴し合い成長する姿を描いている。

Read Article

NEW
大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)のネタバレ解説・考察まとめ

大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)のネタバレ解説・考察まとめ

『大豆田とわ子と三人の元夫』とは、2021年にフジテレビ系火曜21時枠で放送された松たか子主演のドラマである。第76回文化庁芸術祭で優秀賞を受賞。大豆田とわ子は三度の離婚歴がある女性。周囲からは「バツ三なんだって」「人間的に問題があるのかね」という好奇の目で見られている。離婚した三人の元夫達にも振り回される日々。それでも「幸せになることを諦めていない」大豆田とわ子と元夫たちの奮闘を描く。本当の幸せを掴めるのか。これからの元夫達との関係は。新感覚のロマンティックコメディーである。

Read Article

僕のヤバイ妻(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

僕のヤバイ妻(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『僕のヤバイ妻』とは、2016年にフジテレビで放送されていた、脚本・黒岩勉、主演・伊藤英明のサスペンスドラマだ。その他、木村佳乃や相武紗季などが出演している。カフェを経営する望月幸平は、妻の望月真理亜との結婚生活に嫌気がさしていたが、別れられない事情があった。そんなある日、幸平は愛人の北里杏南に妻の殺害を持ち掛けられる。そこで幸平は真理亜の飲むワインに毒を仕込んで殺そうとするが、突然彼女が誘拐されてしまった。しかしその誘拐事件には、真理亜の思惑が潜んでいた。

Read Article

WATER BOYS 2(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

WATER BOYS 2(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『WATER BOYS 2』とは、2004年7月にフジテレビ系で放送されていた青春ドラマで、2003年に放送されたドラマ『WATER BOYS』の続編である。脚本は橋本裕志と中谷まゆみが手掛ける。主演は市原隼人。その他、中尾明慶や斎藤慶太などが出演している。3年前に共学になったばかりの元女子高に転校してきた元水泳部員の水嶋泳吉が、山本洋介と共にシンクロ部を設立する。彼らは様々な問題に直面するも、夢に向かって奮闘していく。本作の平均視聴率は16.8%を超え、大きな反響を呼んだ。

Read Article

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「銀魂2 掟は破るためにこそある」とは、2018年8月に公開された、空知英秋原作の漫画「銀魂」を実写化した日本映画です。2017年公開「銀魂」の続編で、前作に続き監督は福田雄一、主演は小栗旬が務めています。前作とほぼ同じメインキャストで臨んだ本作は、原作で人気の長編「真選組動乱編」と、ギャグ色の強い「将軍接待編」をドッキングさせた内容。「真選組動乱篇」は真選組の参謀伊東鴨太郎の謀反を中心にした物語、「将軍接待編」は、万事屋がバイトするキャバクラに徳川茂茂がやってきて起きる騒動を描いたものです。

Read Article

HERO(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『HERO』とは、第1期が2001年に、第2期が2014年にフジテレビ系で放送された、検察をテーマにした日本のテレビドラマシリーズ。木村拓哉が主演を務め、自身の正義と価値観で捜査を行う型破りな検事・久利生公平と彼を支える検察事務官、同僚検事たちの活躍を描いている。その他、2006年にドラマ特別編が、2007年には劇場版がそれぞれ制作され、2015年には劇場版第2作が制作された。第28回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞を受賞した。

Read Article

WATER BOYS(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

WATER BOYS(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『WATER BOYS』とは、2003年7月の火曜21時にフジテレビで放送されていたドラマ。映画『ウォーターボーイズ』を元に制作されており、脚本は橋本裕志と中谷まゆみ。主演は山田孝之で、森山未來や瑛太などが出演している。シンクロに憧れて唯野高校水泳部に入部した進藤勘九郎は、学園祭のシンクロ公演でリーダーに選ばれたが、シンクロ公演が急遽中止となってしまう。そこで勘九郎はシンクロ公演を実現させるため動き出す。勘九郎と仲間たちの友情や恋愛を描いた青春ドラマである。

Read Article

HERO(2015年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(2015年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2015年7月18日に公開された日本の映画作品。2001年に第1期、2014年に第2期としてフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の劇場版2作目。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2015年の日本映画興行収入第3位 (実写映画では第1位) を記録 (46.7億円)。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が不審な交通事故を通して大使館の疑惑に関わることになる。

Read Article

アンフェア(ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

アンフェア(ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アンフェア』とは、2006年にフジテレビ系列で放送が開始された、女性が主人公のハードボイルド系の刑事ドラマ。硬派なストーリー展開が特徴である。主人公の女性刑事・雪平夏見(ゆきひらなつみ)が、刑事だった父が殺害された事件の真相を追いつつ、数々の難事件を解決していく姿を描いた。テレビドラマ放送終了後も幅広い層から高い人気を集め、スピンオフも含めてスペシャルドラマ4作品と映画3作品が公開された。原作は奏建日子の『推理小説』。主人公の雪平夏見役を篠原涼子が演じた。

Read Article

阪急電車 片道15分の奇跡(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

阪急電車 片道15分の奇跡(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『阪急電車 片道15分の奇跡』とは2011年に全国東宝系で公開されたハートフル群像劇映画である。有川浩が2008年に発表した連作短編集『阪急電車』を原作とし、 監督三宅喜重、脚本岡田惠和、主演中谷美紀で映画化された。同じ電車に乗り合わせた8人の乗客たちがそれぞれ少しずつ関わり合い、笑顔になっていくさまが描かれる。作品の舞台となる阪急電車の他、西宮市や宝塚市なども制作に協力し、地元愛が強く溢れた映画に仕上がっている。

Read Article

来る(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

来る(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『来る』とは、第22回日本ホラー小説大賞に輝いた澤村伊智の小説『ぼぎわんが、くる』を実写化した日本のホラー映画である。公開初日に10万人を動員し、興行収入は1億3700万円のヒットとなった。 子煩悩で愛妻家だと評判の、田原秀樹の職場に謎の人物が現れる。その日から2年後、様々な怪奇現象が起こり、秀樹とその妻の香奈は得体の知れない何かに襲われる事になる。オカルトライターの野崎和浩に相談するが、野崎の手に終えるものではなかった。 怪奇現象と人間の怖さを描いた映画となっている。

Read Article

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(いつ恋)のネタバレ解説・考察まとめ

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(いつ恋)のネタバレ解説・考察まとめ

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(いつ恋)とは、東京という街で必死に生きる若者たちの恋愛を描いた日本のテレビドラマである。フジテレビ系列で2016年1月から3月まで放送された。坂元裕二によるオリジナル脚本作品。主演を有村架純と高良健吾がつとめた。東日本大震災が発生する2011年前後と、5年後の2016年からの2部構成で描かれている。第3回コンフィデンスアワード・ドラマ賞作品賞・脚本賞などを受賞した。

Read Article

99.9-刑事専門弁護士-(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

99.9-刑事専門弁護士-(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『99.9-刑事専門弁護士-』とは嵐の松本潤が主演のTBSのテレビドラマである。『SEASON I』に引き続き、続編として『SEASON II』が放送された。物語は「99.9%有罪でも0.1%に真実が隠れているかもしれない」という考えを持つ弁護士の深山大翔が、事件の検証や調査をして真実を追求する。松本潤の他に香川照之、榮倉奈々、木村文乃などの俳優がドラマ出演している。IとIIの放送が終わった後にSPドラマの制作や映画化もされている。

Read Article

アヒルと鴨のコインロッカー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

アヒルと鴨のコインロッカー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アヒルと鴨のコインロッカー』とは、吉川英治文学新人賞に輝いた伊坂幸太郎の同名小説を基にした2007年公開の日本のミステリー映画。主人公の椎名は引っ越し先で隣人の河崎という男から、隣の隣に住むブータン人のために「本屋を襲撃して広辞苑を奪いたい」と誘われる。奇妙な誘いに戸惑う椎名だったが、本屋襲撃の手伝いをすることになる。やがて明らかになる2年前の出来事。過去の物語と現在の物語が交錯する中で椎名が見た真実とは。映像化が困難とされている作品を原作の複雑な伏線やトリックを巧みな描写でまとめた。

Read Article

この恋あたためますか(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

この恋あたためますか(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『この恋あたためますか』は、コンビニスイーツ開発を通し恋愛に発展していく甘い恋模様を描いた恋愛ドラマだ。コンビニチェーンの新社長である浅羽拓実と、夢に破れたコンビニアルバイト井上樹木が、スイーツ開発をしていくというストーリーになっている。井上樹木はコンビニスイーツが大好きで、あらゆるコンビニスイーツを食べSNSに評価を投稿していた。その的確な評価を浅羽社長が認め、スイーツ開発メンバーとして選んだのだ。はじめは意見が合わず対立するが、徐々に相手を必要とし恋へと発展していく。

Read Article

映画刀剣乱舞(黎明)のネタバレ解説・考察まとめ

映画刀剣乱舞(黎明)のネタバレ解説・考察まとめ

『映画刀剣乱舞 -黎明-』(えいがとうけんらんぶ れいめい)とは、EXNOA(旧DMMゲームズ)とニトロプラスが共同開発したPCブラウザ、及びスマートフォン向けゲーム『刀剣乱舞』を原作とした実写映画の第二弾。歴史に名を残す名刀を擬人化させた刀剣男子(とうけんだんし)と、歴史の改変を目論む時間装甲軍(じかんそこうぐん)の戦いを描いた物語である。物語の舞台は2012年。この時代に未来の繋がる重大な分岐点が隠されていた。刀剣男士・三日月宗近は仮の主である鈴木琴音と共に、事態解決のために奮闘していく。

Read Article

目次 - Contents