陸王(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『陸王』とは作家の池井戸潤が書いた小説『陸王』が原作のドラマで、脚本は八津弘幸、演出は福澤克雄と田中健太が担当。ドラマのストーリーは資金難に苦しむ老舗足袋屋の社長が、会社の未来を考え新規事業のランニングシューズ開発に乗り出し、たくさんの人の助けで苦難を乗り越え、マラソン足袋「陸王」を開発するまでの企業再生物語。ドラマの主人公である宮沢紘一を俳優の役所広司が演じ、たくさんのエキストラを使った駅伝シーンなどは臨場感のあるシーンに仕上がっている。大多数の人たちから感動したと大反響を呼んだ人気ドラマ。

『陸王』の概要

『陸王』とは『半沢直樹』や『下町ロケット』などの大ヒットドラマの原作者、池井戸潤の小説をドラマ化したものである。物語の主人公は創業100年以上続く老舗足袋屋こはぜ屋の4代目社長の宮沢紘一。ストーリーは宮沢社長が資金難のこはぜ屋を立て直すために新規事業のランニングシューズを開発することを決意。足袋の技術を活かした裸足感覚のマラソン足袋「陸王」を開発することになる。開発資金の追加融資問題、有名スポーツブランドとの競争や妨害などさまざまな問題が山積みになり苦悩するが、何度も挫折しそうになりながらも、たくさんの人に助けられ陸王の完成を目指していく物語。ドラマの中では宮沢社長が後に陸王を履く茂木選手を知ったマラソン大会や、陸王やRⅡなどのランニングシューズを履いた長距離ランナー選手が走る駅伝大会など、レースのシーンが多数あり、それらはたくさんのエキストラを使い臨場感のあるシーンに仕上がっている。

こはぜ屋のマラソン足袋「陸王」やライバル会社のランニングシューズ、アトランティス社の「RⅡ」は、実際にランニングシューズを作っている会社に依頼してシューズを製作。駅伝やマラソン大会に出場する選手の役者は、半年も前から走るトレーニングをしてドラマ撮影をしている。細部までこだわって撮影された『陸王』は、通常の連続ドラマよりも長期間の撮影で製作された異例のドラマとしてメディアで紹介された。『陸王』のドラマキャストは主役の宮沢紘一役を演じた役所広司をはじめ、息子の宮沢大地役に山崎賢人、陸王を履いて走る長距離ランナー選手の茂木裕人役に竹内涼真など豪華キャストが出演。元女子マラソンの増田明美、元男子マラソンの瀬古利彦、パラリンピックの女子走り幅跳び選手の中西麻耶など本物の陸上選手もドラマ出演している。

『陸王』は第95回ザテレビジョンドラマアカデミー賞で最優秀作品賞を受賞し、役所広司が主演男優賞、福澤克雄と田中健太が監督賞を受賞している。作家の池井戸潤が書いた小説をドラマ化した『半沢直樹』、『ルーズベルトゲーム』、『下町ロケット』などと同じドラマスタッフで『陸王』は製作された。ドラマの劇中歌としてLittle Glee Monsterが歌う『Jupiter』が使われ、ドラマの主人公である宮沢紘一の心情を表現したシーンなどで歌が流れている。『陸王』は感動的なシーンがたくさん盛り込まれた大人気ドラマで、撮影をした埼玉県行田市では陸王の田んぼアートが作られた。

『陸王』のあらすじ・ストーリー

第1話 こはぜ屋

第62回豊橋国際マラソンのスタート地点にいる、白と黒のユニフォームの茂木と赤いユニフォームの毛塚の様子

ここは埼玉県行田市の足袋製造会社こはぜ屋。社長の宮沢紘一(みやざわこういち)は会社経営の資金繰りに悩んでいた。宮沢社長は専務の富島玄三(とみしまげんぞう)と一緒に、埼玉中央銀行の行田支店に追加融資の相談をすると、企業融資担当の坂本太郎(さかもとたろう)から新規事業を考えてはと提案される。

宮沢社長は娘の茜(あかね)に、ランニングシューズのRIIを買ってくるのを頼まれていた。スポーツショップで五本指のシューズが販売されているのを見た宮沢社長は、足袋作りの技術を活かしたランニングシューズの開発を思いつく。宮沢社長が坂本にそのことを報告すると、スポーツ用品店アリムラスポーツの有村融(ありむらとおる)を紹介される。
その頃、宮沢社長の息子の宮沢大地は就職面接を受けていた。

ダイワ食品陸上部のグラウンドには、大手スポーツ用品メーカーのアトランティス社で働く小原賢治(おばらけんじ)と佐山淳司(さやまじゅんじ)、そしてシューフィッターの村野尊彦(むらのたかひこ)がいた。

アトランティス社はRIIを開発した会社で、小原はアジア工業陸上部の毛塚直之(けづかなおゆき)選手ともサポート契約をしたことを、ダイワ食品陸上部の茂木裕人(もぎひろと)に報告する。
村野はシューズの調整を仕事とするプロのシューフィッターで、茂木の足を見て、次のレースは見送るべきだと助言した。
しかし小原の腰巾着である佐山が、会社の宣伝の為には茂木に走ってもらわないと困ると村野に忠告する。

有村にマラソン大会を見ることを勧められ、宮沢社長、大地、有村の三人で第62回豊橋国際マラソンを観戦しに行く。
宮沢社長達が歩道から、出場選手達が来るのを待っていると、スパートをかけて先頭にたった茂木が転倒した。茂木は怪我した足で走ろうとするが、ダイワ食品陸上部の監督である城戸明宏が指示を出し、止めに入る。宮沢社長と大地はその様子を離れた所から見ていた。

その頃、坂本がこはぜ屋の追加融資を支店長の家長亨(いえながとおる)に頼んでいたが、家長支店長は融資をしない考えを変えなかった。

こはぜ屋でランニングシューズの試作品作りが始まった。試作品が200足を超えた頃、宮沢社長は有村に試作品を履いて貰う。有村は、靴底の耐久性が弱く、商品化は無理でも怪我をした選手の矯正用シューズならばとアドバイスをした。そして知名度を上げる為に有名選手に履いて貰うことを提案する。

宮沢社長はダイワ食品陸上部に行き、試作品のランニングシューズを怪我をした茂木の練習用に使って欲しいと頼むが、城戸監督に茂木を練習台にするのかと怒られる。

坂本と大橋がこはぜ屋にやってくる。新しくこはぜ屋の融資担当者になった大橋は宮沢社長にリストラを勧めるが、宮沢社長はランニングシューズの開発を続けると断言。そして先代社長が作った試作品のマラソン足袋が入っていた「陸王」と書かれた箱を見せ、新規事業のランニングシューズを「陸王」と名付けた。

ダイワ食品陸上部の更衣室にいた茂木に、こはぜ屋と書かれた足袋の入った紙袋が届く。茂木は紙袋をロッカーにしまった。

こはぜ屋では坂本が宮沢社長にスポンジの様な素材を渡していた。残務整理をしている時に見つけた素材で、陸王に使えないかと持ってきたのだった。素材の名前はシルクレイといい、特許は飯山晴之という飯山産業の元社長が持っていた。

第2話 執念

宮沢社長はアリムラスポーツにいる有村にシルクレイを見て貰う。シルクレイはランニングシューズのソールに適した素材だと有村は絶賛する。
宮沢社長はシルクレイの特許を持つ、飯山産業の元社長の飯山晴之に連絡を取ろうとしたが、飯山産業が倒産し行方不明になっていた。

坂本が飯山と連絡を取ることに成功し、宮沢社長と坂本は飯山と会う。飯山は特許使用料は毎年五千万円、設備投資は一億円と条件を出してきた。飯山は飯山産業が倒産した時に元債権者から恨まれていた。

こはぜ屋に払える金額ではなく、宮沢社長は諦めて違う素材を探し始めたが、なかなかいい素材は見つからない。
宮沢社長は飯山の自宅に行き、会社訪問に誘った。そして宮沢社長はシルクレイが陸王と違う点は完成していることだと言い、飯山に一緒にシルクレイを陸王に使いたいともう一度頼む。

次の日、飯山は隠してあったシルクレイ製造機を宮沢社長に見せる。そしてシルクレイ製造機は格安で貸すが、陸王の開発に自分を参加させることを条件に出す。宮沢社長はその条件を了承した。

一方、小原は佐山に指示し茂木とのサポート契約を解除させた。
茂木は村野が以前ソールの薄いシューズを勧めていたことを思い出し、ロッカーに入れてあった陸王を履いた。

第3話 世界に一つのシューズ

製造したシルクレイが陸王に適したソールの硬さに仕上がっているのか計測している所を、こはぜ屋の従業員たちが見守っているシーン

大地がこはぜ屋に行くと、宮沢社長からシルクレイ開発の仕事をやらないかと話を持ち掛けられる。大地は就職活動が終わるまで飯山のサポートとしてこはぜ屋を手伝うことになった。

そんな中、茂木と話す機会を得た宮沢社長は陸王の感想を聞いた。茂木はソールの耐久性が低いことからマラソンレースには履けないと答える。
宮沢社長は陸王のソールを現在開発中で、完成したら茂木とサポート契約をしたい意思を伝える。

宮沢社長がこはぜ屋に戻ると、従業員達がシルクレイ製造機の周りに集まっていた。飯山と大地がシルクレイの硬さを測定すると、陸王のソールに適した硬さに仕上がっていた。

第4話 裏切り大企業に挑め

宮沢社長はダイワ食品陸上部に行き、城戸監督に足型を取る為に茂木に会わせて欲しいと頼むが、アトランティス社とのサポート契約が再開される予定だと追い返された。

飯山が諦めて他の選手にするのかと聞いたが、宮沢社長は諦める気はないと明言する。
そしてシルクレイをソールに使った陸王が完成した。

城戸監督は部内のトライアルレースの成績で、第62回ニューイヤー駅伝の出場選手を決めることを伝える。
練習を見に来た小原は、茂木にサポート契約を完全に打ち切ることを伝えた。

村野は茂木とのサポート契約を復活する様にアトランティス社にいる小原に直談判する。小原は茂木が怪我をしたのは村野のせいだと言い出し、村野は責任はアトランティス社にあると主張。会社の責任にするなという小原に村野は、責任を取って辞めてやるとアトランティス社から出て行った。

シルクレイのソールで作った陸王を持って宮沢社長がアリムラスポーツに行くと、そこに村野がいた。
アトランティス社を辞めた村野を宮沢社長はこはぜ屋に誘う。村野は陸王の開発のアドバイザーになり、茂木の足型の設計図を見せた。

茂木は部内のトライアルレースで、陸王を履いて出場することになる。レースが始まり、陸上部のエースと競い合った茂木は、自分の方からこはぜ屋と契約をしたいと言い出す。宮沢社長は喜んで茂木とサポート契約を結んだ。

第5話 倒産を救う息子の絆

宮沢社長は、地下足袋のソールをシルクレイにした新製品を思いつく。そして新製品を地下足袋「足軽大将」と名付けた。足軽大将はこはぜ屋のヒット商品となる。

そんな時、帰宅途中の飯山が以前にお金を借りていた金融会社の人達に襲われ、全治三週間の怪我を負う。

大地は、飯山の代わりに自分がシルクレイを製造すると申し出た。ところが三日後、突然シルクレイ製造機が動かなくなる。
大橋がこはぜ屋にやって来て、足軽大将の製造が納品日に間に合わないと考え、こはぜ屋への追加融資は難しいと言い出す。宮沢社長は必ず間に合わせると、追加融資の件を保留にして貰う。

シルクレイ製造機が故障したと知った飯山から渡された製造機の設計図を見て、大地は故障部分を突き止めた。

足軽大将を納品する当日、大橋が納品を確認しにこはぜ屋にやってくる。
社員が足軽大将の検品をしていると、シルクレイ製造機が故障する直前に製造した約100足のソールに亀裂が見つかる。
就職面接先からこはぜ屋に戻ってきた大地がシルクレイの製造を開始。足軽大将を納品に間に合わせることができた。

大橋は陸王の開発に使えるアッパー素材のダブルラッセルを作っている、編物会社のタチバナラッセルを宮沢社長に紹介する。
宮沢社長は、タチバナラッセルの社長の橘健介のもとに出向き取引を結ぶ。アッパー素材をダブルラッセルに変更した陸王の完成品に村野は合格点を出した。

村野から渡された完成した陸王の軽さに驚いた茂木は、陸王でグラウンドを軽く走ってみた。宮沢社長はどんな時もこはぜ屋は茂木を応援していることを伝える。

第62回ニューイヤー駅伝で、6区の出場選手に選ばれていた茂木は毛塚と対戦することになる。
小原は、宮沢社長に茂木とRIIを履く約束をしたことを教える。茂木がRIIを履いているのを見て小原が満足し観戦場所に戻ろうとした時、茂木はRIIから陸王に履き替えた。

第6話 陸王の力

第62回ニューイヤー駅伝がスタートし、茂木は区間賞を獲得した。
駅伝が終わり宮沢社長と大地に茂木は、陸王を履いてレースで勝ち今度は自分が陸王の力になると言った。

一か月後に陸王は商品化され店頭に並んだが、知名度が低く全く売れなかった。

そんな時、宮沢社長は埼玉中央銀行の大橋から、橘社長がアトランティス社と取引したという話を聞く。
宮沢社長はタチバナラッセルとの取引継続を頼んだが、橘社長は会社の業績が良くないことから、アトランティス社との取引を決めたことを明かす。

第7話 諦めない息子

こはぜ屋で火災報知器が鳴り響き、宮沢社長がシルクレイ製造機のある倉庫に駆けつける。
シルクレイ製造機の大半が燃え、ソールを製造できなくなってしまった。製造機を作り直す為に、宮沢社長は銀行に一億円の融資を相談する。

帰宅途中の飯山に、アウトドア用品ブランドのフェリックス社の社長秘書が話しかけてくる。自宅に帰った飯山は素子に、フェリックス社との間にシルクレイの特許の独占契約の話があることを伝える。

宮沢社長と富島専務は追加融資をして貰う為に埼玉中央銀行に来ていた。宮沢社長は足軽大将などのこはぜ屋の実績を伝えたが、家長支店長は考えを変えなかった。

陸王の開発が危ないと大橋から聞いた坂本が、宮沢社長に会いに来る。
坂本は宮沢社長に、企業に投資するベンチャー会社の東京キャピタル社に転職する予定を明かす。東京キャピタル社なら、陸王の開発を続けるための手助けが出来るかもしれないと言った。

宮沢社長はもう少しだけ陸王の開発を続けたいと陸王の開発メンバーに頭を下げる。皆は再び陸王の開発を目指すことになった。飯山はフェリックス社に電話をし、シルクレイの特許の独占契約の話を断った。

後日、東京キャピタルに転職した坂本がこはぜ屋にやってきて、こはぜ屋への投資は難しいが、その代わりにフェリックス社という会社がこはぜ屋の買収を申し出ていることを告げる。

第8話 親子駅伝

茂木は本格的にマラソンに復帰する為に、第64回豊橋国際マラソンに出場したい意思を城戸監督に伝える。
城戸監督は茂木の走りを見て、1万メートルレースで上位に入れば第64回豊橋国際マラソンの出場を考えると約束する。

こはぜ屋メンバー達は宮沢社長に呼ばれ、行田市の市民駅伝に誘われていた。
自宅に帰った宮沢社長は大地にこはぜ屋が市民駅伝に参加することを伝え、練習に参加する様に言う。市民駅伝で上位10位までに入賞したチームは、地元の新聞にインタビューが掲載されることになっており、宮沢社長達チーム陸王は駅伝の練習を続けた。

市民駅伝の当日、メンバーの一人が足を怪我していることが発覚するが、会場に来ていた坂本が走ることになり、チーム陸王は11位でゴールした。
宮沢社長は坂本のおかげで市民駅伝に出られたと礼を言い、フェリックス社の御園(みその)社長に会う意思を伝える。

宮沢社長は御園社長と会った。御園社長はアウトドア用のシューズを開発する為にシルクレイが必要であり、買収した後もこはぜ屋の社長は宮沢社長に続けて貰い、すぐに三億円の出資金を用意できると告げる。宮沢社長はよく検討したいと言った。

一方の茂木は1万メートルレースの後、城戸監督に市販のシューズで第64回豊橋国際マラソンに出場するのは無理だと言われる。
小原は茂木の為に作ったRIIを茂木に見せる。茂木がサポート契約の話を断ると、小原はダイワ食品陸上部が縮小される話を持ち出し、契約をすれば陸上部を支援してもいいと言い出す。

第9話 陸王最大の危機

宮沢社長がこはぜ屋の買収話を検討していると聞いた従業員たちが、買収話に反対し去っていくシーン

yuchanco2525h1
yuchanco2525h1
@yuchanco2525h1

Related Articles関連記事

Shall we ダンス?(Shall We Dance?)のネタバレ解説・考察まとめ

Shall we ダンス?(Shall We Dance?)のネタバレ解説・考察まとめ

『Shall we ダンス?』とは、周防正行監督・脚本による1996年製作の日本映画。社交ダンス教室を舞台としたハートフルコメディ。日本アカデミー賞独占をはじめとして数々の映画賞に輝き、海外においても19ヵ国で公開され高い評価を得た。平凡な中年サラリーマンの男性が、電車のホームから見かけた社交ダンス教室の美女に魅せられダンスを習い始め、ダンスをきっかけに見失っていた自分自身や生きる情熱を取り戻していく姿を描く。

Read Article

山﨑賢人の徹底解説まとめ

山﨑賢人の徹底解説まとめ

山﨑賢人とは、日本の俳優。スターダストプロモーション所属。原宿の竹下通りで中学3年生の時にスカウトされ芸能活動を始めた。2010年にドラマ『熱海の捜査官』で俳優デビューを飾り、011年には『管制塔』で映画初主演を果たした。漫画を原作とした実写映画で度々主演を務めている為、2.5次元イケメンと言われるようになった。ドラマ、映画、舞台と様々な場で活躍し、更なる飛躍を期待されている若手俳優の一人。

Read Article

検察側の罪人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

検察側の罪人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『検察側の罪人』とは、雫井脩介によって書かれた日本の小説が基になっている日本のサスペンス映画である。木村拓哉と嵐のメンバーである二宮和也がダブル主演で魅せるサスペンスストーリー。老夫婦殺人事件と時効を迎えた事件がきっかけとなり自分の正義に固執する最上と事件の真相に対する正義を追い求める沖野の対立が描かれた本作。脇には吉高由里子、大倉孝二、八嶋智人などが固める。映画のキャッチコピーは「一線を超える」。

Read Article

六本木クラス(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

六本木クラス(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『六本木クラス』とは2022年に日韓共同プロジェクトによって製作された日本のドラマ。2020年に韓国で放送された『梨泰院クラス』のリメイク作品で、主演を竹内涼真が務めた。主人公の宮部新は交通事故によって父親を亡くす。しかし事故は大手外食チェーンの長屋ホールディングスの息子・長屋龍河が起こしたもので、その不祥事が明るみに出ないよう、父・長屋茂によって真実は隠蔽された。新は復讐を誓い、長屋ホールディングスを潰してのし上がる計画を立てる。数年後、飲食店の経営者となった新は下剋上に挑む。

Read Article

20世紀少年(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

20世紀少年(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

NEW
カルテット(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

カルテット(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『カルテット』とは松たか子主演のラブストーリー、コメディー、サスペンスの要素が入った連続テレビドラマ。2017年1月17日から3月21日まで毎週火曜22時から22時54分に放送されていた。ある日、偶然出会った演奏者である男女4人が、弦楽四重奏のカルテットを組み軽井沢で不思議な共同生活を始める。夢叶わず30代に入り、それぞれが人生のピークを迎えず緩やかな下り坂で立ち止まっていたが、4人の出会いは偶然ではなかった。ほろ苦くて甘い、ビターチョコレートのような大人のラブサスペンスである。

Read Article

銭ゲバ(Zeni Geba)のネタバレ解説・考察まとめ

銭ゲバ(Zeni Geba)のネタバレ解説・考察まとめ

「銭ゲバ」とは、ジョージ秋山の漫画を原作したテレビドラマ。幼い頃、母親の桃子と貧しい生活を送っていた風太郎。父親の健蔵は働きもしないで女と酒に溺れ、桃子に暴力を振るうようになる。優しい母だけが風太郎にとって心の支えだった。しかし貧乏生活ゆえ、桃子は身体を壊してしまい、薬を買うお金さえなかったため帰らぬ人となってしまう。お金がなかったから母は死んだと子供ながら理解した風太郎は金に取りつかれていく。

Read Article

銀魂(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

銀魂(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「銀魂」(実写版)は、2017年7月に公開された福田雄一監督による日本映画。空知英秋作画の漫画「銀魂」の実写化作品で、原作の長編「紅桜編」がベースです。「紅桜編」は、妖刀紅桜を利用して国の転覆を目論む鬼兵隊と、それを阻止しようとする主人公坂田銀時と仲間たちの戦いを描いたもの。原作はSF時代劇コメディです。実写版はそれを忠実に再現し、ギャグ満載、時にほろりとさせる内容になっています。

Read Article

めがね(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

めがね(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『めがね』とは、都会からとある島にやって来た女性・タエコが、滞在する宿の主人・ユージや、島の高校教師・ハルナ、タエコを探しに島に来たヨモギ、そして毎年春に島に来ては、少し変わったかき氷屋をしているサクラとのふれあいの中で、固く閉ざしていた心を解きほぐしていくストーリーとなっている。「何が自由か、知っている」をキャッチコピーにして、2007年に公開。主演は小林聡美、監督は萩上直子が務めた。2008年のベルリン映画祭では、パノラマ部門に参加し、日本映画初のマンフリート・ザルツゲーバー賞を受賞した。

Read Article

凶悪(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

凶悪(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『凶悪』とは、ノンフィクションベストセラー小説『凶悪 -ある死刑囚の告発-』を元に、2013年に映画化された社会派サスペンス映画である。雑誌記者の藤井(ふじい)は、上司から須藤(すどう)という死刑囚に会うように言われる。須藤は数々の犯罪に手を染めてきていた。そして、須藤と共謀して多くの犯罪を犯し、最後には須藤をだました木村(きむら)という男の話を聞く。藤井は話を聞くうち、家庭を顧みず取材にのめりこんでいく。この映画は、私たちの身の回りのどこにでも存在しうる犯罪をリアルに描く作品となっている。

Read Article

民王(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

民王(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『民王』とは、2015年7月から9月まで、テレビ朝日で放送された政治を題材としたコメディドラマ。主演は遠藤憲一と菅田将暉。原作は池井戸潤の小説である。内閣総理大臣の武藤泰山と、息子で大学生の翔の人格がある日突然入れ替わってしまい、互いの仕事や生活を入れ替わった状態で悪戦苦闘するストーリー。2016年4月にスペシャルドラマ『民王スペシャル〜新たなる陰謀〜』と、貝原茂平が主役の『民王スピンオフ〜恋する総裁選〜』が放送されている。

Read Article

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「銀魂2 掟は破るためにこそある」とは、2018年8月に公開された、空知英秋原作の漫画「銀魂」を実写化した日本映画です。2017年公開「銀魂」の続編で、前作に続き監督は福田雄一、主演は小栗旬が務めています。前作とほぼ同じメインキャストで臨んだ本作は、原作で人気の長編「真選組動乱編」と、ギャグ色の強い「将軍接待編」をドッキングさせた内容。「真選組動乱篇」は真選組の参謀伊東鴨太郎の謀反を中心にした物語、「将軍接待編」は、万事屋がバイトするキャバクラに徳川茂茂がやってきて起きる騒動を描いたものです。

Read Article

銭の戦争(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

銭の戦争(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『銭の戦争』とは、2015年1月から3月まで放送された、復讐劇をテーマとした日本のテレビドラマ。主人公・白石富生は、順風満帆の日々を送っていたが、父が借金を残して自殺し、さらに連帯保証人であった白石は金も職も婚約者も全て失う。そして人生のどん底から復讐を果たしていくというストーリー。韓国で2007年に制作されたテレビドラマ『銭の戦争』を原作として、舞台を日本の東京に置き換えて制作された。

Read Article

四月は君の噓(君噓)のネタバレ解説・考察まとめ

四月は君の噓(君噓)のネタバレ解説・考察まとめ

『四月は君の嘘』とは『月刊少年マガジン』(講談社)で2011年から2015年まで連載されていた、新川直司原作の音楽をテーマにした漫画、およびそれを基にしたアニメ作品である。数々のピアノコンクールで優勝したが、ピアノの音が聞こえなくなった有馬公生は、同い年の女の子でヴァイオリニストの宮園かをりと知り合った。現代の日本で、中学生のピアニストとヴァイオリニストが互いの才能に共鳴し合い成長する姿を描いている。

Read Article

百万円と苦虫女(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

百万円と苦虫女(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『百万円と苦虫女』とは、ひょんなことから前科持ちとなってしまい、実家にも居づらくなったフリーター・鈴子が、百万円を貯めては場所を転々し、様々な経験や人との出会いを通して成長していく様子を描いた青春ロードムービーである。2008年7月19日に日本で公開され、興行収入は3億円、観客動員数は19.7万人を記録した。『百万円と苦虫女』の功績が認められ、監督のタナダユキは第49回日本映画監督協会新人賞を、主演の蒼井優は2009年に芸術選奨新人賞を受賞した。

Read Article

NEW
のぼうの城(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

のぼうの城(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『のぼうの城』とは、和田竜の日本の歴史小説を元にして2012年に公開された映画である。犬童一心と樋口真嗣の共同監督で制作された。主人公の長親(ながちか)は忍城(おしじょう)城代の息子である。関白秀吉の家臣である三成によって、忍城は開城を迫られていた。しかし長親は世の理不尽に真っ向から対抗するため、三成に相対する。長親は周りの力を借り、ついには三成軍を退けることになった。この作品は時にはしんみりしつつも、長親という「でくのぼう」の奇策によって観た人を気分爽快にさせる歴史映画となっている。

Read Article

陽だまりの彼女(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

陽だまりの彼女(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『陽だまりの彼女』とは、越谷オサムによる日本の恋愛小説を原作として2013年に映画化された恋愛映画である。交通広告代理店の営業マンである奥田浩介(おくだこうすけ)が中学時代の同級生の渡来真緒(わたらいまお)に再会することからはじまり、ふたりは恋愛し結婚する。幸せな毎日を過ごしていたふたりだが、真緒に異変が現れる。そして浩介は真緒の驚くべき秘密を知るのだ。恋愛ストーリーの中にファンタジー要素が加わり、可愛らしく心温まる映画となっている。

Read Article

花咲舞が黙ってない(ドラマ・漫画・小説)のネタバレ解説・考察まとめ

花咲舞が黙ってない(ドラマ・漫画・小説)のネタバレ解説・考察まとめ

『花咲舞が黙ってない』とは、池井戸潤の小説『不祥事』、『銀行総務特命』を原作とするドラマ作品である。臨店先へ出向き、業務改善・指導する臨店班に所属する花咲舞と相馬健が、全国の支店で起こる数々の問題の解決に奮闘する痛快ストーリー。2014年にテレビドラマ第1シリーズの放送と講談社『Kiss』での漫画版が掲載。2015年に第2シリーズが放送された。銀行を舞台とし、女性銀行員が次々と行内の不正を暴いていくというストーリーであることから、女版『半沢直樹』と注目された。

Read Article

NEW
カムカムエヴリバディ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

カムカムエヴリバディ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『カムカムエヴリバディ』とは、NHK連続テレビ小説の第105作目となるテレビドラマ。2021年11月1日から2022年4月8日まで放送された。 連続テレビ小説史上初となる3人のヒロイン、安子(やすこ)、娘のるい、孫のひなたの親子3世代にわたる家族の物語である。安子の生まれた1925年(大正14年)から物語はスタートし、ひなたがアメリカでキャスティングディレクターとして活躍する2025年までの100年を描いている。

Read Article

CHEAT チート 〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

CHEAT チート 〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『CHEAT チート 〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』とは、日本テレビ系列で放送された"詐欺師たちを騙し返す"集団を描いたエンターテインメントドラマである。原作が無いオリジナルドラマとして読売テレビにより制作され、2019年10月から放送された。人の心を見抜き人を騙すことに天才的な才能をもつ主人公・沙希が、詐欺師を騙すスペシャリスト集団チートのメンバーとなり詐欺師達を懲らしめてゆく。主人公を本田翼が、チートを束ねるリーダー的存在の刑事を風間俊介が演じ話題となった。

Read Article

僕のヤバイ妻(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

僕のヤバイ妻(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『僕のヤバイ妻』とは、2016年にフジテレビで放送されていた、脚本・黒岩勉、主演・伊藤英明のサスペンスドラマだ。その他、木村佳乃や相武紗季などが出演している。カフェを経営する望月幸平は、妻の望月真理亜との結婚生活に嫌気がさしていたが、別れられない事情があった。そんなある日、幸平は愛人の北里杏南に妻の殺害を持ち掛けられる。そこで幸平は真理亜の飲むワインに毒を仕込んで殺そうとするが、突然彼女が誘拐されてしまった。しかしその誘拐事件には、真理亜の思惑が潜んでいた。

Read Article

過保護のカホコ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

過保護のカホコ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『過保護のカホコ』とは、2017年夏に日本テレビ系水曜ドラマ枠で放送されていたテレビドラマ。主演は高畑充希。脚本は遊川和彦。主人公の根本加穂子は両親から超過保護に育てられた箱入り娘だったので自分で考えて行動するという概念がなかった。麦野初と奮闘しながらもカホコが毎回「こんなの初めて!」を経験する。気持ちを伝えることの大切さ、自分を愛してくれた家族の愛の大きさを学び、自分で切り開いていく力をつけて大切な人の遺言を守ろうと山積みの家族の問題を初と解決していく痛快ホームドラマである。

Read Article

アンフェア(ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

アンフェア(ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アンフェア』とは、2006年にフジテレビ系列で放送が開始されたテレビドラマ及び映画シリーズ。主人公の女性刑事・雪平夏見(ゆきひらなつみ)が、刑事だった父が殺害された事件の真相を追いつつ、数々の難事件を解決していく姿を描いた。サスペンス色の強いストーリー展開で、テレビドラマ放送終了後も幅広い層から高い人気を集め、スピンオフも含めてスペシャルドラマ4作品と映画3作品が公開された。原作は奏建日子の『推理小説』。主人公の雪平夏見役を篠原涼子が演じた。

Read Article

silent(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

silent(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『silent』とは、2022年10月から12月まで放送された、聴力を失ったかつての恋人との関係が主題のテレビドラマ。恋人同士だった青羽紬(あおばつむぎ)と佐倉想(さくらそう)だが、想が病気で耳が聞こえなくなってしまい、理由も言わずに別れを告げて姿を消してしまう。久々に想に再会した紬は、想への思いに戸惑いながらも現実に向き合っていくというストーリー。スピッツの楽曲がテーマになっているのが特徴。TVerのお気に入り登録が全番組で最多の246万人を突破し、若い女性を中心に大きな話題となった。

Read Article

四月は君の嘘(君嘘)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

四月は君の嘘(君嘘)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『四月は君の嘘』とは、新川直司のピアノを題材にした漫画作品。2011年から2015年まで『月間少年マガジン』にて連載された後、アニメ化、実写映画化、舞台化、ミュージカル化もされている人気作品だ。母の死をきっかけに、ピアノの音が聴こえなくなった元天才ピアニストの有馬公生。暗い日々を過ごす中、圧倒的な個性を持つヴァイオリニストの宮園かをりと出会い、再び音楽を通じて成長する物語である。音楽に情熱を注ぐ演奏家たちや彼らを支える周りの人の言葉は、心を動かされるものが多い。

Read Article

地味にスゴイ!校閲ガール(地味スゴ)のネタバレ解説・考察まとめ

地味にスゴイ!校閲ガール(地味スゴ)のネタバレ解説・考察まとめ

『地味にスゴイ!校閲ガール』とは宮木あや子の小説『校閲ガール』を基にした、2016年10月から12月まで日本テレビ系列にて放送されていたテレビドラマである。憧れのファッション誌の編集者を夢見る主人公・河野悦子。校閲の仕事に不満を漏らしながらも、仕事を通して校閲者として成長していく。スーパーポジティブな性格の悦子が仕事をしながら周りを巻き込み、共に切磋琢磨していくストーリー。ファッションや出版について深く掘り下げられており、大きな若い女性の支持を受けた。

Read Article

麒麟がくる(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

麒麟がくる(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『麒麟がくる』とはNHK大河ドラマの59作目として、2020年1月19日から2021年2月7日まで放送された作品である。裏切り者や悪人として描かれてきたことの多い明智十兵衛光秀(あけちじゅうべえみつひで)を主人公にしている。平和な世の中になると現れる「麒麟(きりん)」を呼べる人物を探しつつ足利義昭(あしかがよしあき)や織田信長(おだのぶなが)に仕え、戦のない大きな国を作ろうとする十兵衛の一生が描かれている。定説とは全く正反対の側面から描かれた十兵衛や、戦国武将たちの姿が見どころの1つである。

Read Article

話題作が目白押し!年末年始のドラマ再放送が神がかっていた!【西郷どん、おっさんずラブほか】

話題作が目白押し!年末年始のドラマ再放送が神がかっていた!【西郷どん、おっさんずラブほか】

年末年始はテレビ番組の内容も特別編成が多くなり、話題になったドラマなどの再放送が行われるケースも多い。普段ゆっくりテレビを見られない人にとっては、大変ありがたいサービスである。本記事ではネット上で「話題作ばかり!」と話題になっていた、2018年の年末年始に放送されていたドラマの情報を、まとめて紹介する。

Read Article

実写版『銀魂2 掟は破るためにこそある』のキャスト、キャラ絵との比較画像、公式最新動画まとめ

実写版『銀魂2 掟は破るためにこそある』のキャスト、キャラ絵との比較画像、公式最新動画まとめ

福田雄一監督による実写版「銀魂」の続編が、2018年8月17日に公開されます。メインキャストは、万事屋の3人(小栗旬、菅田将暉、橋本環奈)真選組の3人(中村勘九郎、柳楽優弥、吉沢亮)を初めとし、ほとんどが前作と同じ顔ぶれ。これに新たなキャストも加わった今作は、原作の人気長編である「真選組動乱篇」と、征夷大将軍徳川茂茂が登場する「将軍接待篇」を土台としたストーリー展開となることが発表されています。

Read Article

名優のもう1つの顔。シンガーソングライター・寺尾聰の歌声に酔いしれる

名優のもう1つの顔。シンガーソングライター・寺尾聰の歌声に酔いしれる

多くの映画やドラマで活躍して名優としての地位を築き上げてきた寺尾聰さん。その寺尾聰さんがシンガーソングライターとして今も活動を続けている事はご存知ですか? 寺尾聰さんと言えば1981年の大ヒット曲「ルビーの指環」が有名ですが、この他にも素晴らしい名曲が数々ある事はあまり知られていません。 今回は寺尾聰さんの素晴らしい曲から3つをご紹介致します。

Read Article

【土屋太鳳と山崎賢人】似ている芸能人同士が何かとお騒がせな件【水原希子と野村周平】

【土屋太鳳と山崎賢人】似ている芸能人同士が何かとお騒がせな件【水原希子と野村周平】

ドラマや映画での共演や熱愛報道など、何かあるたびに話題になりがちな芸能人。そんな彼ら/彼女らの中には互いに似ている人たちもいて、もはや兄弟姉妹なのか、あるいは親子なのではないかといろいろ騒がれているようです。この記事では、そんな互いにソックリな芸能人についてまとめました。顔が似ている同士で熱愛とかだとちょっと面白いかも!?

Read Article

目次 - Contents