99.9-刑事専門弁護士-(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『99.9-刑事専門弁護士-』とは嵐の松本潤が主演のTBSのテレビドラマである。『SEASON I』に引き続き、続編として『SEASON II』が放送された。物語は「99.9%有罪でも0.1%に真実が隠れているかもしれない」という考えを持つ弁護士の深山大翔が、事件の検証や調査をして真実を追求する。松本潤の他に香川照之、榮倉奈々、木村文乃などの俳優がドラマ出演している。IとIIの放送が終わった後にSPドラマの制作や映画化もされている。

『99.9-刑事専門弁護士-』の概要

『99.9-刑事専門弁護士-』とは、嵐の松本潤が主演を務めたTBSの人気テレビドラマ。『SEASON I』は2016年4月~6月まで、『SEASON II』は2018年1月~3月までテレビ放送された。

ストーリーは1話完結の刑事事件物語で、主演の深山大翔が斑目法律事務所の刑事事件専門ルームで弁護士をしながら、「99.9%有罪でも0.1%に真実が隠れているかもしれない」という考えで事件の検証や調査をし、事件の真実を解明していくドラマになっている。主人公の深山大翔はダジャレ好きで、そのダジャレに佐田篤弘がいつも爆笑しているというコミカルな面もある。

主演の松本潤以外にドラマ出演している俳優は、香川照之、片桐仁、岸井ゆきのなどがおり、『SEASON I』では榮倉奈々、『SEASON II』では木村文乃が出演している。『99.9-刑事専門弁護士-』のテレビシリーズが終わった後、その人気から劇場版『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』が制作され、新ヒロインとして杉咲花が出演している。公開に先駆けてスペシャルドラマも放送された。

『99.9-刑事専門弁護士-』のあらすじ・ストーリー

塙幸喜社長殺害事件

刑事専門弁護士の深山大翔(みやまひろと)は刑事事件を何度も無罪にした実力から、斑目法律事務所にヘッドハンティングされて、新設の刑事事件専門ルームに移籍する。刑事事件専門ルームには大企業の顧問弁護士をする佐田篤弘(さだあつひろ)、まったく分野の違う弁護士の立花彩乃(たちばなあやの)がいた。運送業の経営者の赤木義男(あかぎよしお)が斑目法律事務所にやってくる。赤木義男はネットショップの塙社長(はなわ)殺害事件の容疑者として逮捕されたが、本人は無実を主張していた。赤木義男は殺害事件の当日、お酒に酔っていて記憶がなかったが、物的証拠と目撃証言、動機がそろい警察から犯人とされていた。日本の検察は有罪が確実な事件しか起訴しないため、99.9%有罪になる確率が高かった。検事だった佐田篤弘は深山大翔に、赤木義男に容疑を認めさせて情状酌量を狙った方がいいと話す。しかし、深山大翔は「99.9%有罪でも0.1%に真実が隠れているかもしれない」と調査と殺害事件の再検証をした。その結果、塙社長の自宅の防犯カメラの場所をよく知らないと無理な映り方だと判明する。高架下で赤木義男を目撃した証言は、特殊なライトのため正確に見分けられないことを突き止めた。塙社長殺害事件の真相は、塙社長の妻の塙望美(はなわのぞみ)と部下の友永邦夫(ともながくにお)の犯行だった。友永邦夫は赤木義男になりすまして、わざと防犯カメラに姿が映るように侵入していた。塙望美が高架下で赤木義男を目撃したという証言はウソだった。友永邦夫は会社のお金を横領し、塙望美は塙社長から暴力を受けていたのが殺害事件の動機だった。

居酒屋刺殺事件

山下一貴に接見している立花彩乃(左)と佐田篤弘(右)

事件当日、山下一貴(やましたかずき)という男が居酒屋に行き、店内で大騒ぎをする木内光(きうちひかる)を注意。木内光は過去に婦女暴行事件を起こし、保護観察処分になっていた男である。山下一貴は木内光に居酒屋の外に連れていかれる。怒った木内光がナイフを取り出し、もみあいになった結果、山下一貴は奪ったナイフで木内光を刺してしまった。山下一貴自身は正当防衛だと深山大翔たちに主張する。山下一貴の話に疑問を持った深山大翔は事件を再検証し、木内光の遺体にあった刺し傷の数と山下一貴の話が一致しないことに気づく。深山大翔は山下一貴と木内光に何らかの関係があると考え、木内光の故郷である静岡に向かう。木内光は大会社の会長の孫だった。木内光は過去に婦女暴行事件を起こしていて、会長が圧力をかけてもみけしていた。被害者の女性は山下一貴の婚約者だった。斑目法律事務所に戻った深山大翔は犯行現場周辺で聞き込みをし、ホームレスから事件の全容を知る。山下一貴は木内光を2回刺したが、他の3か所はふたりの後を追ってきた居酒屋の店長の脇矢英彦(わきやひでひこ)が刺した傷だった。居酒屋の店長は木内光が静岡で起こした事件の共犯者だった。木内光は居酒屋の店長の脇矢英彦を脅迫するために、居酒屋で騒いでいたのだった。

1,000万円窃盗事件

川口建設の金庫のお金が盗まれる事件が発生。会社の経理担当の吉田果歩(よしだかほ)が逮捕された。川口建設の金庫の暗唱番号を知るのは、川口(かわぐち)社長、郷田(ごうだ)専務、吉田果歩の3人だけ。警察の家宅捜査で吉田果歩の自宅の押入れから現金が出てくる。しかし、吉田果歩は無罪を主張していた。深山大翔たちに依頼した母親の宮崎冴子の依頼で来たと言うと、吉田果歩は「自分に母親はいません」と言った。吉田果歩は子供の頃に母親に捨てられて施設で育っていた。吉田果歩は風俗店で働いていたことがあり、押入れにあった現金は自分で貯めた金だった。金庫の暗唱番号は川口社長が設定していた。川口社長がメモに書いた金庫の暗証番号の数字は8が2に見えることから、メモをもらった郷田専務と吉田果歩には金庫が開けられなかった。事件当日、川口社長は出張に行くと見せかけて金庫から現金を取り出し、大帝(たいてい)工業の社長に仕事をもらう賄賂を渡していた。

菊池章雄わいせつ事件

ウドウ光学研究所で働く菊池章雄(きくちあきお)は世界的に有名な発明者だった。菊池章雄は元仕事仲間の井原宏子(いはらひろこ)から、強制わいせつ罪で告訴される。菊池章雄は酔っていて事件当日の記憶はなかったが、無罪を主張していた。事件当日、菊池章雄と井原宏子は一緒にバーにいた。深山大翔たちが現場検証をした結果、2人がバーを出て事件現場まで行くためには距離があり、犯行時刻に事件現場に着くのは無理だとわかる。菊池章雄はウドウ光学研究所の社長の鵜堂勝太郎(うどうかつたろう)から、事件の示談金を出すと話を持ちかけられる。特許技術の完成が裁判で遅れることを避けるためだった。菊池章雄は喜び、事件の示談を成立させる。しかし、周囲や家族の自分を見る目は冷たく、無実を証明してほしいと刑事事件専門ルームに菊池章雄が頼みに来る。再調査した結果、バーの店長である根元勇(ねもといさむ)が井原宏子と恋人関係だとわかり、根元勇が菊池章雄の飲み物に睡眠薬を入れたことが判明する。根元勇と井原宏子のふたりで、タクシーを使って眠らせた菊池章雄を犯行現場に運び、わいせつ罪をでっち上げていた。実はヘッドハンティングをされていた菊池章雄を引き留めるために、鵜堂勝太郎が仕組んだ事件だった。

三枝尚彦暴行事件

深山大翔は、谷繫直樹(たにしげなおき)という男が理白冷蔵(りはくれいぞう)株式会社の社長である三枝尚彦(さえぐさなおひこ)を暴行した事件を担当する。たが、三枝尚彦本人は谷繫直樹とは面識がないのに襲われたと言っていた。深山大翔たちは入院中の谷繫直樹の妹を訪ねる。妹は父親の谷繫明利(たにしげあきとし)が18年前に自殺したとされたものの、本当は殺された可能性があると母親から聞いていたことを話す。深山大翔は谷繫直樹の父親は自殺ではなく、三枝尚彦に殺された可能性があると考えた。谷繫明利社長の自殺事件を調査していく内に、自殺事件があった同じ日の18年前に資産家の娘であった小野美希(おのみき)が殺された令嬢殺害事件が起きていたことを突き止める。三枝尚彦は令嬢殺害事件の目撃者のため、谷繫直樹の父親が殺された時間にはアリバイがあったが、深山大翔は嘘の証言の可能性を考える。令嬢殺害事件の担当検事だった佐田篤弘は、当時、三枝尚彦の証言がおかしいと上司に伝えたが再捜査されなかった。深山大翔たちが令嬢殺害事件の調査をすると、小野美希の恋人で逮捕された真島博之(まじまひろゆき)がバイクに乗って橋から走り去るのを見たと三枝尚彦は証言したが、事件があった時刻は橋は工事中だった。それだけでなく、防犯カメラの映像に映る令嬢殺害事件の犯人と思われる人物の身長が、真島博之の身長より高いことが判明する。小野美希を殺害したのは真島博之の大学時代の友人の板橋卓二(いたばしたくじ)だった。三枝尚彦の目撃証言が嘘だったことがわかり、谷繫直樹の父親は三枝尚彦に殺されたことが判明する。

河村幸一社長殺害事件

大手玩具メーカーの社長の河村幸一(かわむらこういち)が殺害される事件が発生。犯人は息子で副社長の河村英樹(かわむらひでき)だった。しかし、逮捕されたのは専務の西岡徹(にしおか とおる)。事件当日、西岡徹専務は娘と一緒に家にいてアリバイがあった。西岡徹専務が逮捕された決め手は凶器の花瓶に残っていた指紋。凶器に使われた花瓶は全社員に会社設立40周年の記念として配った物。犯行現場にあった凶器の花瓶を復元すると破片がひとつ余る。西岡徹専務の指紋は余った破片に残っていた。深山大翔たちは凶器の花瓶は、西岡徹専務が持っていた同じデザインの花瓶とすり替えたと推測。花瓶にはナンバーが刻印されていて、誰がどの花瓶を持っているのかわかるようになっていた。西岡徹専務が持っていた花瓶は河村英樹副社長の物だった。

深山大翔が誤認逮捕された事件

警察に逮捕される深山大翔(左から2番目)と刑事3人

殺人容疑で逮捕された深山大翔に会いに佐田篤弘と立花彩乃が留置場に行く。警察の捜査情報によると、深山大翔はレストランで、いつも持参しているマイ調味料を「SKRコウメイ金融」に勤務するサラリーマン鈴木政樹(すずきまさき)の食事にかけてあげた。その料理を食べた鈴木政樹が苦しみ出して倒れ、病院に搬送された後に死亡したため、深山大翔が逮捕されたのだった。深山大翔は留置場で自分の無実を証明するために事件調査を開始。レストランの防犯カメラに背を向けて、鈴木政樹を不自然に介抱する男を見つける。その男は深山大翔が弁護した、3年前の傷害事件の関係者である黒川陽介(くろかわようすけ)だった。黒川陽介は容疑者の恋人の岩下亜沙子(いわしたあさこ)をかばって嘘の証言をしたが、深山大翔が見抜き岩下亜沙子は有罪になっていた。それだけでなく、黒川陽介が鈴木政樹に借金をしていたことも判明する。佐田篤弘と立花彩乃は三浦(みうら)検事から、深山大翔の父親が殺人事件の犯人として逮捕されたことを聞く。鈴木政樹の部屋から深山大翔の父親の殺人事件の資料が見つかり、そのことで深山大翔は鈴木政樹に脅されていたとして、逮捕されたのだった。深山大翔の父親は無実を訴えていたが、獄中で亡くなっていた。事件の真相は黒川陽介と鈴木政樹は金に困っていて、ふたりで深山大翔を脅して金を取ろうとしていた。黒川陽介は鈴木政樹から借りていた借金をなくすために、鈴木政樹を殺害してその罪を深山大翔にかぶせようと考えていた。鈴木政樹は深山大翔に毒を盛られたと見せかけるために、具合が悪くなる程度の毒を食べる計画だったが、黒川陽介は介抱するふりをして致死量の毒を飲ませていた。

山城善之助会長殺害事件

深山大翔たちは佐田篤弘の指示で山城家に行くと、山城善之助(やましろぜんのすけ)会長が殺害されていた。三男の嫁の山城皐月(やましろさつき)が自分が殺したと自白する。山城善之助会長は脳梗塞のため、山城皐月が一生懸命に介護をしていたが、毎日、罵倒されて耐えられなくなり、殺害したとのことだった。家族全員も山城皐月が殺害したと供述する。しかし、深山大翔は家族全員の辻褄あわせのような証言に疑問を持つ。山城皐月の話によると、山城善之助会長は用意した食事が気に入らず、ワインと食事を床にぶちまけたので、ネクタイで絞めて殺してしまったということだった。深山大翔は自分で撮った殺害現場の様子の写真を見て、床や山城皐月の洋服のどちらにもワインのしみがなく、凶器のネクタイのみにワインのしみがあったことに疑問を持つ。山城善之助会長の司法解剖の結果、犯人は左利きだとわかる。山城皐月が左利きだったが、長男の山城功一(やましろこういち)も左利きだった。山城善之助会長をネクタイで絞めて殺したのは山城功一で、家族からいじめられていた山城皐月が罪をかぶせられたことがわかる。山城皐月は無実を証明されたが、犯人隠匿の罪で家族全員に遺産の相続権利はなくなっていた。しかし、誰にも言っていなかったが、山城皐月は山城善之助の三男で夫の山城隆三(やましろりゅうぞう)の子供を妊娠していた。お腹の中の子供だけは遺産相続の権利があり、山城皐月は莫大な遺産を手に入れた。

2つの都内連続殺人事件とわいせつ事件

2件の都内連続殺人事件で逮捕された石川陽一(いしからよういち)の弁護を深山大翔は担当する。石川陽一の毛髪と血痕が殺害現場にあり、警察の取り調べで犯行を本人が認めていた。しかし、深夜まで検察官の丸川貴久(まるかわたかひさ)の取り調べが続き、意識が朦朧とした中で事件の調書にサインしたのだった。深山大翔は都内連続殺人事件と似た強盗事件が静岡で過去にあったことを思い出す。静岡に行った深山大翔は5年前に3件の事件の被害者たちが同じ病室に入院していたことを突き止める。その病室で担当医の高山浩介(たかやまこうすけ)が、入院患者の中田麻里(なかたまり)にわいせつ行為をしたという事件が起きていた。石川陽一は3か月前に同じ病院に人間ドックで入院していた。高山浩介は石川陽一の血液を盗み出し、都内連続殺人事件の犯人として石川陽一を陥れることに使った。高山浩介は現在は都知事をしており、選挙スタッフとして近づいてきた中田麻里に脅迫されていた。高山浩介は都内連続殺人事件で中田麻里を殺害し、わいせつ事件を知る同じ病室にいた2人の女性も殺害した。もうひとり、同じ病室にいた加藤薫(かとうかおる)は海外にいて助かっており、わいせつ事件が示談で成立していたことを証言した。

沢村ファイナンス社長殺害事件

go-1112209423236976333262
go-1112209423236976333262
@go-1112209423236976333262

Related Articles関連記事

レキシ(池田貴史)とは【徹底解説まとめ】

レキシ(池田貴史)とは【徹底解説まとめ】

レキシとは、福井県出身の池田貴史(いけだ たかふみ)によるソロユニットかつ、ユニット内における池田自身の名称。1997年にSUPER BUTTER DOGのキーボードとしてメジャーデビュー後、2007年にレキシとしてソロデビュー。幅広いジャンルのサウンドに歴史(日本史)上の出来事をテーマにした詞を乗せるスタイルが特徴。現在は楽曲提供やプロデュース、ライブサポートなどの活動も行っている。

Read Article

るろうに剣心(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

るろうに剣心(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『るろうに剣心』(るろうにけんしん)とは、和月伸宏の人気漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を原作とする実写映画。人斬りとして刃を振るった過去を悔いる剣士が、明治という時代の中で弱者を守るために戦う様を描いている。原作の派手なアクションを可能な限り再現しており、漫画原作映画の中でも傑作の1つとされている。 伝説の人斬り緋村剣心は、維新の成立と共に仲間たちの前から姿を消し、贖罪の旅を続けていた。ある時彼は神谷薫という少女と出会い、彼女の道場が“偽者の緋村剣心”に苦しめられていることを知る。

Read Article

HERO(2007年の映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

HERO(2007年の映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「HERO」とは2007年9月8日に公開された日本の映画作品。2001年にフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の映画版。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2007年の日本映画興行収入第1位 (81.5億円)を記録した。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が傷害致死事件を通して大物代議士の疑惑に関わることになる。

Read Article

鎌倉殿の13人(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

鎌倉殿の13人(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『鎌倉殿の13人』とは2022年にNHKで放送された、平安時代〜鎌倉時代初期を舞台とした大河ドラマである。主演は小栗旬が務めた。 伊豆の地方豪族の次男坊であった北条義時(ほうじょうよしとき)は源頼朝(みなもとのよりとも)に仕え、源平の戦乱の中に巻き込まれていく。そして鎌倉幕府成立後は有力御家人たちとの権力闘争を勝ち抜き、次第に非情な権力者になっていく姿が描かれている。 脚本は今作が大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛けた。 同作品は2023年のエランドール賞特別賞を受賞している。

Read Article

PICU 小児集中治療室(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

PICU 小児集中治療室(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『PICU 小児集中治療室』とは、フジテレビの「月9」枠で放送された、北海道の小児医療をテーマにしたテレビドラマ。丘珠病院に勤務する小児科医の志子田武四郎は、集中治療を必要とする小児患者に治療を行う PICUへの異動を命じられる。広大な北海道ならではの小児医療の難しさを乗り越えて、武四郎が医師として成長していく。第1話で美瑛町から女児の患者を大学病院に運ぶシーンが放送されたが、医療体制の誤解を招くとして美瑛町がフジテレビに抗議するという騒動があった。

Read Article

どうする家康(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

どうする家康(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『どうする家康』とは、2023年に放送されたNHK大河ドラマ第62作。脚本家の古沢良太が新たな視点で主人公の徳川家康の生涯を描く。室町時代後期から江戸時代の日本が舞台。両親と離れ離れになり、駿河国大名・今川義元の人質として孤独な人生を送るものだと思っていた少年はやがて弱小国の主となる。様々な選択をしながら戦いのない世界を目指し、乱世に飛び込んでいく物語である

Read Article

天国と地獄 ~サイコな2人~(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

天国と地獄 ~サイコな2人~(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『天国と地獄 〜サイコな2人〜』とは2021年冬にTBS系日曜劇場枠で放送されたサスペンスドラマである。手柄を上げたい女性刑事の望月彩子と敏腕経営者でサイコパスな殺人鬼の日高陽斗が、ある伝説のように魂が入れ替わってしまう。そしてお互い全く違うタイプの人間として生活しなくてはいけなくなる。困惑するが、元の姿に戻れるように最善を尽くしながら、お互いの人生を理解し、本当の殺人犯を見つけていく過程は、今までに見たことのないスリリングな内容である。

Read Article

20世紀少年(漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

20世紀少年(漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

アイアムアヒーロー(I Am a Hero)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

アイアムアヒーロー(I Am a Hero)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『アイアムアヒーロー』とは2009年から『ビッグコミックスピリッツ』で連載されていた、花沢健吾による日本のSFホラー漫画である。謎の感染症が世界中で流行り、ほとんどの人間がゾンビになっていく。そのゾンビと戦い、感染から逃れる数少ない人間は、引きこもりやニートといった社会に劣等感を抱いていた者たちが中心となっている。この漫画に出てくるヒーローたちは、人間臭いリアリティーのあるヒーローだというのも見所のひとつ。

Read Article

あなたの番です(あな番)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

あなたの番です(あな番)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『あなたの番です』とは、日本テレビ系にて2019年4月から9月まで放送された全20話のミステリードラマである。キウンクエ蔵前というマンションに引っ越してきた新婚夫婦が「交換殺人ゲーム」に巻き込まれる姿を描いたミステリードラマで、企画・原案は秋元康。第1章、第2章で構成された2クール半年間に渡って放送され、テレビ放送と連動して、『扉の向こう』というスピンオフがHuluにて独占配信されている。

Read Article

わたしを離さないで(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

わたしを離さないで(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『わたしを離さないで』とは、日系イギリス人のカズオ・イシグロが2005年に発表した長編小説で、日本ではTBS系列で放送された脚本・森下佳子によるテレビドラマである。「臓器提供」を目的としてこの世に誕生した「クローン人間」の子供時代から始まり、成長とともに人生を受け入れ、全うしていく姿がドラマの中で主人公の恭子、友彦、美和の姿を映しながら描いていく。見どころは、作品の中では、現実の人物に近いキャラの恭子が自分の人生を振り返りながらすべてを受け入れ「生きる」ことに前向きになるという作品になっている。

Read Article

半沢直樹(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

半沢直樹(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『半沢直樹(Hanzawa Naoki)』とは俳優・堺雅人主演、池井戸潤の原作小説を元にしたドラマである。2013年にシーズン1、2020年に続編としてシーズン2が放送された。メガバンクで中間管理職の立場にいる銀行員・半沢直樹が組織のなかで生まれる不正を真っ向から暴いていく姿を描く。主人公・半沢の決め台詞「やられたらやり返す。倍返しだ!」の台詞は、ドラマの大ヒットとともに2013年流行語大賞に選ばれた。幅広い年代の視聴者に支持され、平成の歴代1位の視聴率を記録した国民的人気ドラマである。

Read Article

娚の一生(漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

娚の一生(漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『娚の一生』とは、西炯子による日本の漫画作品。小学館「月刊フラワーズ」にて連載された。 「このマンガを読め!2010」で第5位になった。単行本は全4巻。累計発行部数150万部を記録する。2015年、豊川悦司・榮倉奈々のダブル主演で映画化された。 大手企業に勤める30代女性・つぐみと50代の大学教授・海江田とのビタースゥイートでもどかしい関係を描いた漫画作品。

Read Article

愛がなんだ(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

愛がなんだ(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『愛がなんだ』とは、角田光代による恋愛小説、およびそれを原作とした今泉力哉監督による実写映画作品。 映画作品では、岸井ゆきのが主役のアラサーOL・テルコを、成田凌がテルコの片思い相手であるマモルを演じ、独立系の低予算作品としてはあまり例を見ないロングランヒットを記録した。テルコはマモルに一目惚れをしてからマモル一筋の毎日を送るが、マモルはテルコのことを都合のいい女と思っている。テルコとマモルのどうしても埋まらない距離感がリアルに描かれている。

Read Article

雲のむこう、約束の場所(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

雲のむこう、約束の場所(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『雲のむこう、約束の場所』とは、「ほしのこえ」につづく、新海誠による長編アニメーション映画である。公開は2004年で、制作会社はコミックス・ウエーブ・フィルムだ。この作品は、戦争により北海道と本州以下が南北に分断された日本を描くSF作品で、舞台は青森県である。中学生である主人公の「ヒロキ」は、親友の「タクヤ」と共に、今は異国の地である「エゾ」にそびえる塔に行くための飛行機を制作していた。それは彼らだけの「秘密の計画」であった。

Read Article

四月は君の噓(君噓)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

四月は君の噓(君噓)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『四月は君の嘘』とは『月刊少年マガジン』(講談社)で2011年から2015年まで連載されていた、新川直司原作の音楽をテーマにした漫画、およびそれを基にしたアニメ作品である。数々のピアノコンクールで優勝したが、ピアノの音が聞こえなくなった有馬公生は、同い年の女の子でヴァイオリニストの宮園かをりと知り合った。現代の日本で、中学生のピアニストとヴァイオリニストが互いの才能に共鳴し合い成長する姿を描いている。

Read Article

銭の戦争(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

銭の戦争(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『銭の戦争』とは、2015年1月から3月まで放送された、復讐劇をテーマとした日本のテレビドラマ。主人公・白石富生は、順風満帆の日々を送っていたが、父が借金を残して自殺し、さらに連帯保証人であった白石は金も職も婚約者も全て失う。そして人生のどん底から復讐を果たしていくというストーリー。韓国で2007年に制作されたテレビドラマ『銭の戦争』を原作として、舞台を日本の東京に置き換えて制作された。

Read Article

ゴールデンスランバー(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ゴールデンスランバー(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ゴールデンスランバー』とは、堺雅人主演のミステリー・ハードボイルド映画である。2010年1月に公開された映画で、日本の小説家の伊坂幸太郎の小説『ゴールデンスランバー』を映画化した作品。仙台運送で働く青柳雅春(あおやぎまさはる)が総理大臣を殺害した事件の犯人に仕立て上げられていくストーリー。映画のロケは全て仙台で行われた。映画のキャストは堺雅人の他に、竹内結子、浜田岳、香川照之、吉岡秀隆などが出演している。2018年2月にはカン・ドンウォン主演の韓国映画版『ゴールデンスランバー』が公開された。

Read Article

シグナル 長期未解決事件捜査班(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

シグナル 長期未解決事件捜査班(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『シグナル 長期未解決事件捜査班』とは、過去と現在が無線機による通信で繋がり、その無線機を使ってそれぞれの時代の刑事が事件を解決していくという刑事ドラマである。2018年にフジテレビ系で放送された連続ドラマで、韓国で数々の賞を受賞したドラマ『シグナル』の日本版リメイクとなっている。過去と現在が同時進行で描かれ、未解決事件を解決する現在の長期未解決事件捜査班と、その事件が実際に起こっている過去が繋がり、事件解決だけでなく謎や秘密が明らかになっていく。

Read Article

世界から猫が消えたなら(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

世界から猫が消えたなら(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『世界から猫が消えたなら』とは日本で作成されたドキュメンタリー要素のあるファンタジー作品である。2012年に発行された原作の『世界から猫が消えたなら』は、翌年の2013年に本屋大賞にノミネートされた。そして2016年3月に単行本と文庫本を含めた累計発行部数が101万5000部になり、同年の5月に映画が公開された。自分の身の周りから物が消え、それに関連した人間関係も同時に消えていく体験をするストーリーでは、主人公とともに人生において大切なものに気付くことができる映画となっている。

Read Article

来る(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

来る(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『来る』とは、第22回日本ホラー小説大賞に輝いた澤村伊智の小説『ぼぎわんが、くる』を実写化した日本のホラー映画である。公開初日に10万人を動員し、興行収入は1億3700万円のヒットとなった。 子煩悩で愛妻家だと評判の、田原秀樹の職場に謎の人物が現れる。その日から2年後、様々な怪奇現象が起こり、秀樹とその妻の香奈は得体の知れない何かに襲われる事になる。オカルトライターの野崎和浩に相談するが、野崎の手に終えるものではなかった。 怪奇現象と人間の怖さを描いた映画となっている。

Read Article

仮面ライダーリバイス(Revice)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

仮面ライダーリバイス(Revice)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『仮面ライダーリバイス』とは、テレビ朝日系列で放映されていた、東映制作の特撮テレビドラマ、および作中に登場するヒーローの名称である。全50話が放映された。仮面ライダー生誕50周年記念作品であり、令和の仮面ライダーシリーズ第3弾となる。悪魔と契約して変身する一人二役での仮面ライダーが主役である。敵味方共に多くの悪魔が現れて、激しい戦いが繰り広げられていく一方で、家族のつながりも強調されている。過去の因縁など物語は複雑だが、最初から最後まで見ることで理解が深まる作品である。

Read Article

嫌われ松子の一生(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

嫌われ松子の一生(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『嫌われ松子の一生』とは、2006年5月27日に公開された日本のコメディ映画である。山田宗樹の小説『嫌われ松子の一生』を原作としている。川尻笙は、夢をあきらめ、堕落した生活を送っていた。突如故郷の父が来訪し、笙の叔母である松子が死んだことを伝える。松子の住んでいたアパートの片付けを父に頼まれた笙は、会ったことのない叔母の松子の死の真相に迫るとともに、その波乱万丈な人生をたどっていく。ストーリーはシリアスな内容だが、華やかなミュージカルシーンやコミカルな演出が見どころの作品である。

Read Article

糸(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

糸(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『糸』とは、2020年に公開された日本の恋愛映画で、中島みゆきの楽曲『糸』にプロデューサーの平野隆が着想を得て制作された。監督は瀬々敬久。平成元年生まれの高橋漣(たかはしれん)と園田葵(そのだあおい)は、美瑛で出会い恋に落ちる。しかし大人たちの都合で引き裂かれ別々の人生を歩む。出会ってから18年経って平成という時代も終わりを迎えるとき、互いを忘れられなかった漣と葵は再び手を取り合うために動き出していた。この物語は、漣と葵、その周辺の人々の軌跡を「平成」という時代にのせて描く作品となっている。

Read Article

のぼうの城(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

のぼうの城(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『のぼうの城』とは、和田竜の日本の歴史小説を元にして2012年に公開された映画である。犬童一心と樋口真嗣の共同監督で制作された。主人公の長親(ながちか)は忍城(おしじょう)城代の息子である。関白秀吉の家臣である三成によって、忍城は開城を迫られていた。しかし長親は世の理不尽に真っ向から対抗するため、三成に相対する。長親は周りの力を借り、ついには三成軍を退けることになった。この作品は時にはしんみりしつつも、長親という「でくのぼう」の奇策によって観た人を気分爽快にさせる歴史映画となっている。

Read Article

小さいおうち(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

小さいおうち(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『小さいおうち』とは、中島京子の同名小説を元に2014年に映画化された日本の恋愛映画である。山形から東京に女中奉公に上がった布宮タキ(ぬのみや)は、赤い屋根のちいさなおうちに住む平井時子(ひらいときこ)の元で働いていた。時子はその外見と内面から、誰でも虜にしてしまう女性だった。そして時子は夫の部下である板垣正治(いたがきしょうじ)と道ならぬ恋をしてしまい、日本も戦争への道を着実に進み始めていた。この作品は昭和という激動の時代を生きていた人々の、血の通った温かい生活と小さな秘密を描いた物語である。

Read Article

陽だまりの彼女(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

陽だまりの彼女(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『陽だまりの彼女』とは、越谷オサムによる日本の恋愛小説を原作として2013年に映画化された恋愛映画である。交通広告代理店の営業マンである奥田浩介(おくだこうすけ)が中学時代の同級生の渡来真緒(わたらいまお)に再会することからはじまり、ふたりは恋愛し結婚する。幸せな毎日を過ごしていたふたりだが、真緒に異変が現れる。そして浩介は真緒の驚くべき秘密を知るのだ。恋愛ストーリーの中にファンタジー要素が加わり、可愛らしく心温まる映画となっている。

Read Article

カムカムエヴリバディ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

カムカムエヴリバディ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『カムカムエヴリバディ』とは、NHK連続テレビ小説の第105作目となるテレビドラマ。2021年11月1日から2022年4月8日まで放送された。 連続テレビ小説史上初となる3人のヒロイン、安子(やすこ)、娘のるい、孫のひなたの親子3世代にわたる家族の物語である。安子の生まれた1925年(大正14年)から物語はスタートし、ひなたがアメリカでキャスティングディレクターとして活躍する2025年までの100年を描いている。

Read Article

小さな巨人(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

小さな巨人(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『小さな巨人』とは、警察組織と戦いながら事件解決をしていく、エンターテインメントドラマである。優秀な刑事・香坂真一郎(こうさかしんいちろう)が所轄に異動になり、警察の上層部と戦いながら、所轄の刑事と共に事件解決をしていくストーリー。主演の長谷川博己の他に、岡田将生、安田顕、芳根京子、香川照之らがドラマ出演している。プロデューサーは伊與田英徳たち、脚本は丑尾健太郎たちが担当した。キャッチコピーは「敵は味方のフリをする」であり、警視庁と所轄の確執や警察内部の裏切者など、警察同士の戦いが描かれている。

Read Article

愛のむきだし(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

愛のむきだし(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『愛のむきだし』とは園子温監督の23作目の作品として製作されたヒューマンドラマ映画である。実話を元にした作品であり、盗撮、レズビアン、女装、自慰行為、新興宗教団体による洗脳等、アブノーマルな題材を軸に、物語が進行していく。237分の大長編映画で、国内外からの評価は高く、2009年のベルリン映画祭での「カリガリ賞」「国際批評家連盟賞」を始めとして、数々の権威ある賞を受賞している。過激なシーンが多いため、Rー15指定。

Read Article

TOKYO MER(走る緊急救命室)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

TOKYO MER(走る緊急救命室)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『TOKYO MER(走る緊急救命室)』とは、2021年7月から9月まで放送された本格救命医療ドラマ。都知事の号令で東京海浜病院内に設置された、試験運用中の救命救急プロフェッショナルチームTOKYO MER。最新の医療機器とオペ室を搭載したERカーで、危険な重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、負傷者に救命処置を施すチームの活躍を描く。一人も死者を出さないことが、彼らに課されたミッションである。コロナ禍で新型コロナウイルスとの闘いを続ける医療従事者に感謝の意を込めたドラマとして放送された。

Read Article

花咲舞が黙ってない(ドラマ・漫画・小説)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

花咲舞が黙ってない(ドラマ・漫画・小説)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『花咲舞が黙ってない』とは、池井戸潤の小説『不祥事』、『銀行総務特命』を原作とするドラマ作品である。臨店先へ出向き、業務改善・指導する臨店班に所属する花咲舞と相馬健が、全国の支店で起こる数々の問題の解決に奮闘する痛快ストーリー。2014年にテレビドラマ第1シリーズの放送と講談社『Kiss』での漫画版が掲載。2015年に第2シリーズが放送された。銀行を舞台とし、女性銀行員が次々と行内の不正を暴いていくというストーリーであることから、女版『半沢直樹』と注目された。

Read Article

VIVANT(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

VIVANT(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『VIVANT』とは、は2023年7月から同年9月までにTBS系「日曜劇場」枠で放送されたアドベンチャードラマ作品。サラリーマンの乃木憂助は、自身にかけられた誤送金の疑いを晴らすためバルカ共和国に向かう。バルカの地で乃木を巻き込んだ自爆テロ事件は、やがて暗躍する国際テロ組織、そして乃木の正体へと繋がっていく。国内外から集結した豪華俳優陣やモンゴルで撮影された大スケールの映像、そして、予想を超える展開が連続するストーリーが見どころとなっている。

Read Article

オールドルーキー(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

オールドルーキー(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『オールドルーキー』とは、2022年6月から9月まで放送されたスポーツマネジメントをテーマにしたテレビドラマ。主演はサッカー選手の新町亮太郎を演じた綾野剛。サッカーしか取り柄のない元サッカー日本代表選手の新町亮太郎が引退後にスポーツマネジメントの世界に飛び込み、様々なアスリートの代理人としてマネジメントに奮闘していくストーリー。スポーツ選手のセカンドキャリアへの挑戦がテーマとなっている。Jリーグと公益財団法人日本サッカー協会が製作協力として関わっており、随所に実在のスポーツ選手が出演している。

Read Article

目次 - Contents