六本木クラス(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『六本木クラス』とは2022年に日韓共同プロジェクトによって製作された日本のドラマ。2020年に韓国で放送された『梨泰院クラス』のリメイク作品で、主演を竹内涼真が務めた。主人公の宮部新は交通事故によって父親を亡くす。しかし事故は大手外食チェーンの長屋ホールディングスの息子・長屋龍河が起こしたもので、その不祥事が明るみに出ないよう、父・長屋茂によって真実は隠蔽された。新は復讐を誓い、長屋ホールディングスを潰してのし上がる計画を立てる。数年後、飲食店の経営者となった新は下剋上に挑む。

『六本木クラス』の概要

『六本木クラス』とは2022年に竹内涼真主演で放送された日本のドラマ。
六本木にある居酒屋「二代目みやべ」の店長である主人公が、日本最大の巨大外食産業「長屋ホールディングス」の会長と跡取り息子に復讐を果たすべく、下剋上を繰り広げていく様子が描かれている。
全13話で初回の視聴率は9.6%、最終回は10.7%。
通常10回前後の作品が多い木曜ドラマ枠の中で異例となる13話で構成された。

ドラマの原作は『梨泰院クラス』の漫画原作を日本の設定に置き換えて翻案された、漫画『六本木クラス』である。
韓国の大ヒットテレビドラマ『梨泰院クラス』をリメイクして、日本の設定でのオリジナル作品になっている。

主演はNHK連続テレビ小説『ひよっこ』や、ドラマ『過保護のカホコ』などに出演していた竹内涼真である。
主人公は宮部新(みやべあらた)は、高校生の時に唯一の親族である父親・宮部信二(みやべしんじ)を事故で亡くした。事故を起こした犯人は大手外食チェーン長屋ホールディングスの社長の息子である長屋龍河(ながやりゅうが)だ。事実を隠蔽した長屋茂(ながやしげる)に謝罪させ、復讐を目指す新は、父からの教えである「信念を持って貫く」という言葉を胸に下剋上を仕掛けていく。

新の真っすぐな生き方に憧れを持つ人や、自分の立場がどうなろうと子供を信じる信二の包容力がすごいという反響がある。

『六本木クラス』のあらすじ・ストーリー

信二との別れと二代目みやびの誕生

父子家庭で育った宮部新(みやべあらた)は長屋ホールディングスの社員で父親の宮部信二(みやべしんじ)の転勤に伴い、転校することになる。その前日に信二は、以前から気にかけていた養護施設に支援する品物を運んでいた。そこには娘のように可愛がっていた楠木優香(くすのきゆうか)がいた。
翌日に転校した学校に登校すると、優香のクラスで席も隣だった。その日クラスである事件が起こる。
同じクラスの桐野雄大(きりのゆうだい)が長屋ホールディングスの社長の長男である長屋龍河(なやがりゅうが)にいじめられていたのだが、他の生徒も先生も止めなかったので、我慢の限界に達した新はいじめを止めようと龍河の顔を殴った。龍河は大手外食チェーンの長屋ホールディングスの社長である長屋茂(ながやしげる)の息子なのだ。学校側は茂から多額の寄付などを受けているために何も言えない状態なのをいい事に、龍河は好き勝手にしている。そんな学校の様子に納得のいかない新だが、茂から「土下座をして息子を殴った事を詫びろ」と言われた茂は新の父が社員なので逆らえないと思ったようだ。しかし新は父からの教えである「信念を持って生きろ」という言葉を思い出し、退学の道を選び、息子に感化された信二も長屋ホールディングスを退職することになった。
信二は「みやべ」という居酒屋を開く事になるが、買い出しに行く途中で事故に合い命を落としてしまう。新はその事故の犯人が逮捕されたと聞いていたが、実は本当の犯人は龍河だったのだ。怒りが収まらない新は、龍河の所へ行き殴り殺そうとしてしまい、逮捕され服役することになる。
3年の服役を終え、新は優香と六本木で夏祭りを楽しんだ。優香は長屋ホールディングスに就職が決定した事、新は刑務所で茂が書いた本を読んで、自分は六本木でお店を出す事にしたと告げる。
7年後、新は六本木で「二代目みやべ」という居酒屋を営んでいた。
新はある高校生が母親にたたかれそうになっている所を偶然目撃し止めた。その高校生は麻宮葵(あさみやあおい)IQ162でフォロワーが70万人もいるインフルエンサーだった。葵に今の時代はSNSで宣伝する方法もあることを教えられた。二代目みやべの店員である内山亮太(うちやまりょうた)と綾瀬りく(あやせりく)は閑古鳥が鳴くお店で店番をしていると、葵と茂の次男である長屋龍二(ながやりゅうじ)と、その先輩が店に来た。亮太は新から未成年には絶対に酒を出すなと言われていたので、年齢確認をしたのだが、偽造されたカードを見せられる。未成年ではないと騙されてお酒を提供してしまい、通報され二代目みやびは2カ月の営業停止処分を受ける。警察で龍二の保護者として龍河が来たことで新は因縁の相手と再会してしまう。過去に新が龍河を殴り逮捕されていた事を聞いていた葵は、新に協力したいと思うようになる。そして葵は二代目みやびのマネージャーに就任した。
龍二は茂の愛人の子として生まれており、龍河からいじめられていた。しかし差別などをしない新を尊敬するようになり、二代目みやべの一員となり5人でお店を回していくことになる。
葵の腕前は非常に良く、お店の売り上げも好調でフランチャイズ化して全国展開するつもりだと豪語する。その話を聞いた優香は茂に報告し、二代目みやびの動向を見張るように命じられる。優香は新が自分に好意を寄せている事を把握しているが、優香が長屋側の人間だとしても好きだと言ってくれているので、安心していた。しかし葵が新に好意をもっていると知って内心焦っていた。
ある日、二代目みやべは料理対決番組へ出演できることになる。打ち合わせに出向いた新のもとに対戦相手だと紹介されたのはなんと、長屋ホールディングスの専務になっていた龍河だった。お互いに驚きを隠せないが、龍河は担当のディレクターに聞こえる声で新に前科があることを伝えた。番組が取り消しになるように工作し、二代目みやべが番組にでる話はなくなってしまった。

新の反撃と長屋茂の猛攻

新は高校時代の友人である桐野と服役中に親睦を深めており、長屋に復讐するにあたって協力を求めていた。桐野は高校時代に龍河にいじめれていたので話にのってくれた。桐野は大人になり株の取り引きのプロになっており、信二の保険金を運用して株を売買し8億円もの大金に増やしていた。その8億円を使って新は長屋ホールディングスの株を買ったのだ。長屋ホールディングスの専務である相川京子(あいかわきょうこ)は以前から茂の横暴ぶりにしびれを切らしていたので、新と手を組み茂を退職に追い込む作戦を企てる。
一方で茂は脅威になりそうな二代目みやびを権力を使って潰そうと、二代目みやびが入っているテナントのオーナーになりすぐに店を閉店し立ち退くように勧告してきた。
新は何か打つ手がないかと策を考えていると、信二がひき逃げされた事件の担当をしていた刑事と繋がりがある事を思いつく。当時の捜査は途中で茂の圧力がかかって捜査打ち切りになった。その事で隠蔽された本当の事実を知る唯一の人物である松下博嗣(まつしたひろつぐ)に会いに出かける。松下はその事件以来警察を辞めて農業をしていた。しかも二代目みやびの取引先になっている。新たに対して後ろめたさがあった松下は、せめてもの償いとして二代目みやびへ野菜を卸しているのだ。松下に「事件で隠蔽された真実を公表して茂を追い詰めたい」と話すが、受け入れてもらえなかった。同行していた葵は事件の真実を知って、新の事が好きだと自覚する。そして何とかしたいと思った葵は事件の真相を龍二に話した。龍河が犯した罪を知らずに、新の下で働いていたことが申し訳ないと思い、龍二は辞任をしたいと二代目みやびのみんなに伝える。茂に「自分が跡取りになる勉強をする代わりに、二代目みやびには手を出さないと約束して欲しい」と頼むつもりなのである。二代目みやびの為に自分を犠牲にしようとする龍二。彼の考えに喜ぶ葵だったが、新からは「マネージャー失格だ」と言われてしまう。しかし打開策を思いついたと新が発表。新は桐野や相川と茂を追い詰める為に貯めていたお金を使って、新しいビルを購入してそこに拠点を移してお店を再スタートするというものだった。しかしオープンの準備をしている時に偶然通りかかった田辺弘子(たなべひろこ)に「この店は1年以内に潰れる」と言われてしまい、不吉な予感を残したままお店を始めたのだ。

六本木クラス誕生と下剋上

二代目みやびを法人化して「六本木クラス」と名付けた。しかし二代目みやびの新しいお店は客が全然入らない。理由を考えた新は、同じ通りのお店も連動して集客できる環境を作っていけば自ずと客は来ると予想して、周りの店の困っていることなどを解決してまわった。その行動を理解できない葵は苛立っていた。そんな中龍河が二代目みやびに来店。葵に話があるといって連れ出す。龍河は葵をスカウトしにきたのだが、葵は龍河をおだてて気分を良くさせた。そして龍河はひき逃げ事件の真相をペラペラと話始めた。葵は一部始終を録音し証拠を押さえた。録音されていた事に気が付いた龍河に追いかけられているところを新と警察に発見してもらい、龍河は逮捕された。そのニュースがTVで放送され茂の立場は危うくなり会社の株も下がり始めた。そのチャンスを逃すまいと新と相川と桐野は茂の解任決議案を出して賭けにでたが、茂が一枚上手であり引退させる事はできなかった。そして下剋上に加担していた相川は長屋ホールディングスの専務を解任された。
一方で龍河が逮捕され、龍二は二代目みやびを辞めて長屋ホールディングスの社長になろうと考えを改めた。そんな中、再びテレビ局から料理番組の依頼が来た。番組内の料理対決で長屋に勝利した「二代目みやび」は、一気に世間の注目を浴びることになる。
そのチャンスを逃さないように葵は「フランチャイズ化するなら今です」と新たに報告する。そしてある投資家が二代目みやびに10億投資してくれる事になり、他の投資も二代目みやびに投資を考えるようになった。
新は優香に対して「長屋ホールディングスから救い出すという約束はまだ守れそうにない」と伝える。優香は葵が新に思いを寄せている事を知っているので、新の気持ちが変わりはしないか少し心配していた。
六本木クラスのメンバーで飲み会の帰り道に葵は新に「愛してます、私じゃだめですか?」と告白するが「好きになるな」と断られてしまい泣きじゃくる。しばらく仕事を休むことにした葵だったが、投資家たちが二代目みやびに対しての投資を白紙に戻したいという申し出を聞いて慌てて出社した。この出来事はすべて茂が指示した事で、最初に10億投資した後で、やっぱり話は無かった事にするという作戦だったのだ。
新しい投資家を探すことになり、リストから田辺弘子の名前を見つけた。その人物は以前店のオープン準備をしている時に話しかけてきた通りすがりの老人だったのだ。田辺は茂が若かった時にも投資をしていた人物でとても実績のある人物なのだ。田辺は投資の条件に料理番組の「三ツ星スタジアムで、長屋を破っての優勝」を提示した。
二代目みやびの今後を占う三ツ星スタジアムの当日、りくがトランスジェンダーだという記事が出回る。りくは親にも話していない内容が暴露されて動揺が収まらない。この記事をリークしたのはなんと龍二だったのだ。龍二にとって二代目みやびを倒して優勝することは、茂から次期社長への道を確実なものにするために必要条件なのである。しかしりくは、新や葵の励ましを受けてTVの前で自分の口で公表したのだ。結果はりくの独創的な料理に軍配が上がり、見事田辺からの投資を受けとれるようになった。

茂への復讐と新の恋の結末

それから4年後、六本木クラスは大企業になっていた。その間に茂は体調を崩していた。がんで余命が少ないことを新は知ると、茂に電話を掛けた。「そんなに簡単に死なれたら困る。あなたに罰を与えるのは僕だ」と伝えると、茂はまた希望を持ち始めた。
一方で優香は新がまだ自分に気持ちがあるのかが不安だった。優香は新たに「まだ私の事が好き?」と質問をしている時に、その話を偶然葵にも聞かれてしまった。葵は新の返事を聞くのが怖くなり逃げ出す。新は逃げていく葵を無意識に追いかけたのを見て、優香はもう新は自分の事を好きではなくなったのだと確信したのだ。
葵は長屋ホールディングスの役員になって長屋ホールディングスを潰す作戦を実行中だ。毎日の激務が重なり疲労で倒れてしまう。病院に運ばれて治療を受ける。新は倒れた葵が心配でたまらないし、そこまで働かせてしまった自分の不甲斐なさに苛まれていた。議会では葵が役員になるのには反対されて作戦は失敗。そんな時に刑務所から龍河が出所したと知らされる。龍河は茂に電話をして、「自分は父親の為に身を粉にしてきたのに、茂は自分を見捨てた事が悲しかった、もう全部終わらせることにする」と意味深な発言をした。龍河は暴力団にお金を払い、葵を傷つけ新と決着をつけるつもりなのだ。葵が誘拐され、新は彼女を救うために龍河の指示通り茂の元に行く。茂は「教えてほしければ、土下座をしてお願いしろ」と言ったのだ。葵を守るために簡単に土下座をした姿を見て茂は喜ぶ。しかし新は「自分に土下座をさせただけで喜ぶような相手に今まで人生をかけて復讐してきたかと思うと、情けない」と言い、部屋を後にして葵を助けに向かう。
無事に葵を助け出し、因縁の対決も終わり龍河は再び逮捕された。茂が今まで行ってきた事を優香が告発し、長屋ホールディングスの信頼は地に落ち、茂は落ちこむ。
長年に渡る復讐が幕を閉じ、改めて葵の存在の大きさに気付いた新は、彼女と付き合うようになった。

『六本木クラス』の登場人物・キャラクター

主要人物

宮部新(みやべあらた/演:竹内涼真)

父子家庭。高校生の時に父親がひき逃げにあって亡くなってしまい、その犯人が龍河だと判明し、復讐を誓う。二代目みやびの店長で、父親からの願いである「信念を持っていきろ」という言葉を胸に、違うと思う事には屈することなく生きている。いつか茂を抜いて自分の店を大きくし、復讐すると意気込んでいる。高校生の頃から優香に思いを寄せていたが、何年か経ち葵の存在が少しずつ大きくなっていく。

楠木優香(くすのきゆうか/演:新木優子)

小さい頃に親に捨てられて長屋ホールディングスが管理している施設で生活していた。信二から目をかけてもらい、お父さんのように思っていたが、龍河のせいで亡くなってしまいショックを受ける。新が長屋に対する復讐心を持っている事を知っている人物。長屋には感謝しているが、汚いやり方には納得していない。新が自分の事を思っていてくれる事を信じていたが、年月が経つごとに気持ちが薄れていくのを感じていた。

麻宮葵(あさみやあおい/演: 平手友梨奈)

5cuconmurakami
5cuconmurakami
@5cuconmurakami

Related Articles関連記事

[Alexandros](アレキサンドロス)とは【徹底解説まとめ】

[Alexandros](アレキサンドロス)とは【徹底解説まとめ】

UKロックに強く影響を受けた曲調のバンドサウンドで若者の人気を得ている4人組ロックバンド、[Alexandros]。 改名騒動など不運があったものの、着実に活動を続け、2016年には初のオリコンチャート1位を記録した。 イギリスのグラントンベリー・フェスティバルでヘッドライナーを務めることを目標する彼らは、一歩一歩着実にその目標に向かって進んでいる。

Read Article

20世紀少年(漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

20世紀少年(漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

陸王(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

陸王(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『陸王』とは作家の池井戸潤が書いた小説『陸王』が原作のドラマで、脚本は八津弘幸、演出は福澤克雄と田中健太が担当。ドラマのストーリーは資金難に苦しむ老舗足袋屋の社長が、会社の未来を考え新規事業のランニングシューズ開発に乗り出し、たくさんの人の助けで苦難を乗り越え、マラソン足袋「陸王」を開発するまでの企業再生物語。ドラマの主人公である宮沢紘一を俳優の役所広司が演じ、たくさんのエキストラを使った駅伝シーンなどは臨場感のあるシーンに仕上がっている。大多数の人たちから感動したと大反響を呼んだ人気ドラマ。

Read Article

極主夫道(漫画・ドラマ・アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

極主夫道(漫画・ドラマ・アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『極主夫道』(ごくしゅふどう)とは、おおのこうすけによる日本の漫画。実写ドラマ化とアニメ化もされている。「不死身の龍」と呼ばれた元・最凶ヤクザの、主夫業の日常を描いたハートウォーミングコメディ。強面のヤクザが全力で主夫業に邁進するギャップ、および高い画力とシュールな展開が特徴。大筋は主人公の龍がその強面から繰り出す熟練の家事スキルギャップが軸になるが、登場人物たち半数近くがその筋の関係者で彼らも彼らでどこかしらズレており、そのズレの連鎖から笑いの渦を生んでくるパターンも多い。

Read Article

君と世界が終わる日に(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

君と世界が終わる日に(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『君と世界が終わる日に』とは、2021年1月から3月まで日本テレビでドラマ放送された、竹内涼真主演のゾンビサバイバルドラマである。物語は主人公の間宮響が恋人の小笠原来美を探しながら、生存者たちと一緒にウイルスに感染した人間のゴーレムと戦い、ゴーレムのいない安全な場所を目指して旅するストーリーである。人間を襲うゴーレムを倒しながら、生存者たちの仲間の絆が深まっていき、みんなで助かろうと一生懸命に生きる姿を見られるドラマ。主人公の間宮響の諦めの悪い性格や襲ってくるゴーレムとの闘いも見どころのひとつ。

Read Article

蜜蜂と遠雷(小説・漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

蜜蜂と遠雷(小説・漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『蜜蜂と遠雷』とは、恩田陸による青春群像劇をテーマとした長編小説であり、またそれを原作とした皇なつきを作画とするコミカライズ作品、そして石川慶監督による実写映画作品である。劇場公開は2019年。 映画作品では、松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィン、鈴鹿央士が才能のあるピアニストをそれぞれ演じ、ピアノの天才達が集う芳ヶ江国際ピアノコンクールに挑む。一次予選、二次予選を突破し、本選に出場しようと努力するコンテスタントたちの戦いが描かれている。彼らの音楽に対する想いや苦悩、葛藤が演奏を通して見えてくる。

Read Article

賭ケグルイ(Kakegurui)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

賭ケグルイ(Kakegurui)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『賭ケグルイ』とは2014年に原作河本ほむら、作画尚村透によって出版社スクエアエニックス『月刊ガンガンJOKER』で連載が開始されたギャンブル漫画である。名門、私立百花王学園に転校してきた蛇喰夢子(じゃばみ ゆめこ)は大きなリスクを負うことに興奮を感じる通称『賭ケグルイ』だった。 人間の心の闇、執着、醜さと言ったリアルで生々しい表現は、日本国内のみならず世界中から評価されている。2017年7月にアニメ1期『賭ケグルイ』の公開。2019年1月にはアニメ2期『賭ケグルイxx』が公開された。

Read Article

HERO(2007年の映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

HERO(2007年の映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「HERO」とは2007年9月8日に公開された日本の映画作品。2001年にフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の映画版。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2007年の日本映画興行収入第1位 (81.5億円)を記録した。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が傷害致死事件を通して大物代議士の疑惑に関わることになる。

Read Article

銭ゲバ(Zeni Geba)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

銭ゲバ(Zeni Geba)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「銭ゲバ」とは、ジョージ秋山の漫画を原作したテレビドラマ。幼い頃、母親の桃子と貧しい生活を送っていた風太郎。父親の健蔵は働きもしないで女と酒に溺れ、桃子に暴力を振るうようになる。優しい母だけが風太郎にとって心の支えだった。しかし貧乏生活ゆえ、桃子は身体を壊してしまい、薬を買うお金さえなかったため帰らぬ人となってしまう。お金がなかったから母は死んだと子供ながら理解した風太郎は金に取りつかれていく。

Read Article

ロングバケーション(ロンバケ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ロングバケーション(ロンバケ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ロングバケーション』とは、1996年4月から6月まで毎週月曜日21:00から、フジテレビ系の「月9」枠で放送された日本の恋愛ドラマ。主演は木村拓哉と山口智子で、その他松たか子や竹野内豊など、人気俳優が脇を固める。ピアニストを目指す瀬名秀俊と、モデル崩れの葉山南がひょんな事から一つ屋根の下に住むことになり、互いに惹かれていくストーリー。脚本は人気脚本家の北川悦吏子。略称は「ロンバケ」。最高視聴率36.7%を記録し、第34回ギャラクシー賞選奨にも選出された。

Read Article

半沢直樹(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

半沢直樹(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『半沢直樹(Hanzawa Naoki)』とは俳優・堺雅人主演、池井戸潤の原作小説を元にしたドラマである。2013年にシーズン1、2020年に続編としてシーズン2が放送された。メガバンクで中間管理職の立場にいる銀行員・半沢直樹が組織のなかで生まれる不正を真っ向から暴いていく姿を描く。主人公・半沢の決め台詞「やられたらやり返す。倍返しだ!」の台詞は、ドラマの大ヒットとともに2013年流行語大賞に選ばれた。幅広い年代の視聴者に支持され、平成の歴代1位の視聴率を記録した国民的人気ドラマである。

Read Article

めがね(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

めがね(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『めがね』とは、都会からとある島にやって来た女性・タエコが、滞在する宿の主人・ユージや、島の高校教師・ハルナ、タエコを探しに島に来たヨモギ、そして毎年春に島に来ては、少し変わったかき氷屋をしているサクラとのふれあいの中で、固く閉ざしていた心を解きほぐしていくストーリーとなっている。「何が自由か、知っている」をキャッチコピーにして、2007年に公開。主演は小林聡美、監督は萩上直子が務めた。2008年のベルリン映画祭では、パノラマ部門に参加し、日本映画初のマンフリート・ザルツゲーバー賞を受賞した。

Read Article

今夜、ロマンス劇場で(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

今夜、ロマンス劇場で(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『今夜、ロマンス劇場で』とは2018年に公開された、主演綾瀬はるかと坂口健太郎によるラブストーリー映画である。映画監督を目指す健司が通い詰めていた「ロマンス劇場」で、モノクロ映画に出演している映画のヒロインである美雪に出会う。ある日、美雪が現実世界に現れ、健司は美雪に色のある現実世界を案内していくうちに、健司と美雪は惹かれ合っていく。しかし、美雪にはある秘密があった。切なくもあり、昭和中期を舞台とした切なくもあり温かい気持ちになるラブストーリー映画となっている。

Read Article

ゴールデンスランバー(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ゴールデンスランバー(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ゴールデンスランバー』とは、堺雅人主演のミステリー・ハードボイルド映画である。2010年1月に公開された映画で、日本の小説家の伊坂幸太郎の小説『ゴールデンスランバー』を映画化した作品。仙台運送で働く青柳雅春(あおやぎまさはる)が総理大臣を殺害した事件の犯人に仕立て上げられていくストーリー。映画のロケは全て仙台で行われた。映画のキャストは堺雅人の他に、竹内結子、浜田岳、香川照之、吉岡秀隆などが出演している。2018年2月にはカン・ドンウォン主演の韓国映画版『ゴールデンスランバー』が公開された。

Read Article

WATER BOYS 2(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

WATER BOYS 2(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『WATER BOYS 2』とは、2004年7月にフジテレビ系で放送されていた青春ドラマで、2003年に放送されたドラマ『WATER BOYS』の続編である。脚本は橋本裕志と中谷まゆみが手掛ける。主演は市原隼人。その他、中尾明慶や斎藤慶太などが出演している。3年前に共学になったばかりの元女子高に転校してきた元水泳部員の水嶋泳吉が、山本洋介と共にシンクロ部を設立する。彼らは様々な問題に直面するも、夢に向かって奮闘していく。本作の平均視聴率は16.8%を超え、大きな反響を呼んだ。

Read Article

結婚できない男(まだ結婚できない男)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

結婚できない男(まだ結婚できない男)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『結婚できない男』とは、2006年7月から9月まで放送された、独身中年を題材としたテレビドラマ。仕事もできて収入もあるが、皮肉屋で結婚したくない独身男性が、徐々に女性に心を開いていく過程を描くストーリー。主人公の桑野信介を演じるのは主演の阿部寛。また、本作の放送13年後の2019年10月から12月にかけて、続編『まだ結婚できない男』が放送された。53歳となった主人公がまだ結婚んできていない姿を描いた本作は、高視聴率を記録し、メディアでアラフォー独身男性の特集が組まれるなど社会現象となった。

Read Article

MIU404(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

MIU404(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『MIU404』とは、性格が全く違う二人の刑事が日本の社会問題に立ち向かいながら事件解決を目指す、警視庁機動捜査隊を舞台としたテレビドラマである。臨時部隊として新設された第4機捜に召集された刑事が志摩一未と伊吹藍だ。二人は相反する性格ながら、様々な事件に相棒として立ち向かうことになる。斬新なストーリーと共に、二人の刑事がバディとして絆を深めていく姿も目が離せない作品だ。

Read Article

嫌われ松子の一生(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

嫌われ松子の一生(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『嫌われ松子の一生』とは、2006年5月27日に公開された日本のコメディ映画である。山田宗樹の小説『嫌われ松子の一生』を原作としている。川尻笙は、夢をあきらめ、堕落した生活を送っていた。突如故郷の父が来訪し、笙の叔母である松子が死んだことを伝える。松子の住んでいたアパートの片付けを父に頼まれた笙は、会ったことのない叔母の松子の死の真相に迫るとともに、その波乱万丈な人生をたどっていく。ストーリーはシリアスな内容だが、華やかなミュージカルシーンやコミカルな演出が見どころの作品である。

Read Article

99.9-刑事専門弁護士-(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

99.9-刑事専門弁護士-(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『99.9-刑事専門弁護士-』とは嵐の松本潤が主演のTBSのテレビドラマである。『SEASON I』に引き続き、続編として『SEASON II』が放送された。物語は「99.9%有罪でも0.1%に真実が隠れているかもしれない」という考えを持つ弁護士の深山大翔が、事件の検証や調査をして真実を追求する。松本潤の他に香川照之、榮倉奈々、木村文乃などの俳優がドラマ出演している。IとIIの放送が終わった後にSPドラマの制作や映画化もされている。

Read Article

祈りのカルテ(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

祈りのカルテ(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『祈りのカルテ』とは、 2018年に刊行された知念実希人の医療ミステリ小説原作で、2022年に放送されたドラマ作品である。研修医の諏訪野良太(すわのりょうた)は医者としてはひよっこだが、顔色を伺うことが抜群にうまい。問題を抱えた患者達に向き合い、心の謎を解き明かしていく。医者として成長していく姿や、カルテを見て患者の問題を暴いていくミステリー要素、コミカルな演技などがみどころの一つとなっている。

Read Article

のぼうの城(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

のぼうの城(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『のぼうの城』とは、和田竜の日本の歴史小説を元にして2012年に公開された映画である。犬童一心と樋口真嗣の共同監督で制作された。主人公の長親(ながちか)は忍城(おしじょう)城代の息子である。関白秀吉の家臣である三成によって、忍城は開城を迫られていた。しかし長親は世の理不尽に真っ向から対抗するため、三成に相対する。長親は周りの力を借り、ついには三成軍を退けることになった。この作品は時にはしんみりしつつも、長親という「でくのぼう」の奇策によって観た人を気分爽快にさせる歴史映画となっている。

Read Article

おっさんずラブ(ドラマ・映画・漫画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

おっさんずラブ(ドラマ・映画・漫画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『おっさんずラブ』とは、2018年にシーズン1、2019年にシーズン2が放送された、男同士の恋愛を描いたテレビドラマシリーズである。ダメ男である春田創一に、上司で既婚者である黒澤武蔵をはじめとする男性たちが想いを寄せていくというピュアなラブストーリーとなっている。敬遠されがちな男性同士の恋愛というテーマであるが、2018年の「新語・流行語大賞」ベスト10選出をはじめ大きな反響を起こし、ボーイズラブ作品がメジャー化してゆくきっかけとなった。

Read Article

梨泰院クラス(イテウォンクラス)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

梨泰院クラス(イテウォンクラス)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『梨泰院クラス』とは、韓国のケーブルテレビ局にて2020年1月から3月まで放送された、飲食業界での成功を目指して仲間と共に奮闘する主人公を題材としたテレビドラマである。原作は、2017年から2018年にかけて連載されたチョ・クァンジンによるWeb漫画。パク・セロイが、父親を奪った同級生とその父への復讐を誓い、梨泰院で挑戦を始める。彼のもとに個性豊かなメンバーが集まり、外食No.1企業である長家グループを追い詰めていくストーリー。Netflixオリジナル作品として日本を含む世界に配信された。

Read Article

家売るオンナ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

家売るオンナ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『家売るオンナ(ドラマ)』とは、は、2016年7月から9月にかけて放送された、スーパー営業マンの不動産販売をテーマとしたドラマである。主演は北川景子で、天才的不動産屋・三軒家万智が、顧客の悩みや問題点を解決しつつ、家を売りまくるというストーリー。数々の賞を受賞し、海外でも方された人気ドラマで、2017年5月にはスペシャルドラマ『帰ってきた家売るオンナ』、2019年1月から3月まで、続編として『家売るオンナの逆襲』が放送された。

Read Article

エルピス —希望、あるいは災い—(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

エルピス —希望、あるいは災い—(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『エルピス —希望、あるいは災い—』とは、主人公である女子アナウンサーの浅川恵那とディレクターの岸本拓朗が、冤罪の証拠を探すドラマである。経済界の大物の策略で死刑囚となった男の冤罪を希望を見出しながら立証していくのだ。圧力に屈したくない拓郎と、自分の地位を守りたい恵那の葛藤も描いていて、災いや希望が渦巻く中で懸命に生きていくヒューマンストーリー。平均視聴率は6.3%で、最終回は5.5%である。

Read Article

NEW
カムカムエヴリバディ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

カムカムエヴリバディ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『カムカムエヴリバディ』とは、NHK連続テレビ小説の第105作目となるテレビドラマ。2021年11月1日から2022年4月8日まで放送された。 連続テレビ小説史上初となる3人のヒロイン、安子(やすこ)、娘のるい、孫のひなたの親子3世代にわたる家族の物語である。安子の生まれた1925年(大正14年)から物語はスタートし、ひなたがアメリカでキャスティングディレクターとして活躍する2025年までの100年を描いている。

Read Article

silent(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

silent(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『silent』とは、2022年10月から12月まで放送された、聴力を失ったかつての恋人との関係が主題のテレビドラマ。恋人同士だった青羽紬(あおばつむぎ)と佐倉想(さくらそう)だが、想が病気で耳が聞こえなくなってしまい、理由も言わずに別れを告げて姿を消してしまう。久々に想に再会した紬は、想への思いに戸惑いながらも現実に向き合っていくというストーリー。スピッツの楽曲がテーマになっているのが特徴。TVerのお気に入り登録が全番組で最多の246万人を突破し、若い女性を中心に大きな話題となった。

Read Article

小さな巨人(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

小さな巨人(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『小さな巨人』とは、警察組織と戦いながら事件解決をしていく、エンターテインメントドラマである。優秀な刑事・香坂真一郎(こうさかしんいちろう)が所轄に異動になり、警察の上層部と戦いながら、所轄の刑事と共に事件解決をしていくストーリー。主演の長谷川博己の他に、岡田将生、安田顕、芳根京子、香川照之らがドラマ出演している。プロデューサーは伊與田英徳たち、脚本は丑尾健太郎たちが担当した。キャッチコピーは「敵は味方のフリをする」であり、警視庁と所轄の確執や警察内部の裏切者など、警察同士の戦いが描かれている。

Read Article

SUPER RICH(スーパーリッチ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

SUPER RICH(スーパーリッチ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『SUPER RICH』とは2021年秋にフジテレビ系の木曜ドラマ枠で放送されていたテレビドラマ。主演は江口のりこである。主人公はベンチャー企業の破天荒な女性社長である氷河衛(ひょうがまもる)。お金には困ったことがないが家族の愛情をうけてこなかった衛。反対に愛情であふれた家庭で育ったがお金がない春野優(はるのゆう)とともに会社を経営していくなかで、山あり谷ありの経験をしていく。孤独だったキャリアウーマンが信頼している社員たちと共に、いばらの道を次々に乗り越えていく人生を描いた作品である。

Read Article

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子(猟奇犯罪捜査班)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子(猟奇犯罪捜査班)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ON異常犯罪捜査官・藤堂比奈子(猟奇犯罪捜査班)』とは、内藤了が執筆したミステリー小説『猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』シリーズを原作に制作したフジテレビ系列のドラマで、2016年に火曜夜10時ドラマ枠で放送された。新米刑事の藤堂比奈子は異常犯罪者にとても興味をもっていた。どんな気持ちで殺人をしどこでそのスイッチが入るのか興味深いと捜査するが、そこには自分の生い立ちなど関わっており、物語が進むにつれて比奈子の過去や現在の謎にも迫っていくストーリーになっている。

Read Article

ブラックペアン(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ブラックペアン(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ブラックペアン』とは、2018年TBS系『日曜劇場』にて、嵐の二宮和也主演で放送されたテレビドラマ。原作は海堂尊の長編小説『ブラックペアン1988』。渡海征司郎は手術成功率100%を誇る天才外科医である。一方、傲慢な言動が災いし、周囲との歪を生んでいる。そんな渡海が最新医療器具が持ち込まれた事をきっかけに、大学病院という巨大組織に立ち向かっていく医療エンターテイメントドラマだ。

Read Article

TOKYO MER(走る緊急救命室)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

TOKYO MER(走る緊急救命室)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『TOKYO MER(走る緊急救命室)』とは、2021年7月から9月まで放送された本格救命医療ドラマ。都知事の号令で東京海浜病院内に設置された、試験運用中の救命救急プロフェッショナルチームTOKYO MER。最新の医療機器とオペ室を搭載したERカーで、危険な重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、負傷者に救命処置を施すチームの活躍を描く。一人も死者を出さないことが、彼らに課されたミッションである。コロナ禍で新型コロナウイルスとの闘いを続ける医療従事者に感謝の意を込めたドラマとして放送された。

Read Article

トドメの接吻(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

トドメの接吻(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『トドメの接物』とは、日本テレビ系で2018年に放送されたテレビドラマ。主人公の堂本旺太郎が、謎の女とキスをする度にタイムリープをする現代ファンタジーである。主演は山崎賢人、共演は門脇麦や新田真剣佑、新木優子、菅田将暉など、人気俳優が名を連ねた。タイムリープのためだけだったキスが、愛のあるものに変化していくところが見どころである。

Read Article

鍵泥棒のメソッド(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

鍵泥棒のメソッド(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『鍵泥棒のメソッド』とは、2012年に公開された日本映画で、監督と脚本は内田けんじ。仕事も無くうだつの上がらない生活をしていた桜井武史は、たまたま入った銭湯で身なりの良い山崎信一郎と入れ替わることに成功する。しかし山崎は裏の仕事を請け負う便利屋であることがわかる。桜井は記憶をなくした山崎や結婚相手を探す真面目な雑誌編集者の水嶋香苗を巻き込み、危険な仕事へと足を踏み入れていってしまう。この物語は人生の進路を見失った大人たちが、次第に生きる希望を見つけていくヒューマンコメディとなっている。

Read Article

最愛(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

最愛(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『最愛』とは、2021年10月15日から12月17日まで放送された恋愛サスペンスドラマで、主演は吉高由里子。 2017年4月期に、同枠のTBSテレビ系「金曜ドラマ」枠で放送された『リバース』の制作陣が再集結して制作された。 連続殺人事件の重要参考人となった実業家の女性、彼女を取り調べる男性刑事、彼女を守ろうとする男性弁護士の3人を中心とした物語が展開し、謎が複雑に絡み合ったサスペンスドラマである。 数々のドラマ賞を受賞し、メディアなどでも高評価やランキング上位を獲得した。

Read Article

風間公親−教場0−(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

風間公親−教場0−(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『風間公親−教場0−』とは長岡弘樹の小説『教場シリーズ』を原作としたサスペンスドラマであり、本作の放送以前にはスペシャルドラマとして『教場』『教場II』が放送されている。 本作の主人公である風間公親(かざまきみちか)が様々な事件を通して犯人と指導していく新人刑事たちの本質を見抜いていくものであり、風間が新人刑事たちとどう向き合うかが注目となっている。 適性のない人間を容赦なく切り捨てる最恐の教官はなぜ誕生したのか、風間公親の刑事時代と過去が描かれる。

Read Article

目次 - Contents