凶悪(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『凶悪』とは、ノンフィクションベストセラー小説『凶悪 -ある死刑囚の告発-』を元に、2013年に映画化された社会派サスペンス映画である。雑誌記者の藤井(ふじい)は、上司から須藤(すどう)という死刑囚に会うように言われる。須藤は数々の犯罪に手を染めてきていた。そして、須藤と共謀して多くの犯罪を犯し、最後には須藤をだました木村(きむら)という男の話を聞く。藤井は話を聞くうち、家庭を顧みず取材にのめりこんでいく。この映画は、私たちの身の回りのどこにでも存在しうる犯罪をリアルに描く作品となっている。

『凶悪』の概要

『凶悪』とは、ノンフィクションベストセラー小説『凶悪 -ある死刑囚の告発-』を原作として2013年に公開された、日本の社会派サスペンス映画である。原作は1999年に茨城で実際に起きた「上申書殺人事件」をもとに、死刑囚が告発した事件の真相を『新潮45』が記事にし、首謀者逮捕に至るまでを描いた犯罪ドキュメンタリー。2009年に文庫化されてからは10万部をこえるベストセラーとなり、フジテレビ系の大人気バラエティ番組でも紹介された。映画は全国78スクリーンで公開され、公開からわずか11日間で興行収入が1億円を突破した。さらに翌年には興行収入が2億円を超え、ロングラン上映されることとなった。第37回アカデミー賞の優秀作品賞や優秀監督賞、第56回ブルーリボン賞の助演男優賞(ピエール瀧)など、数々の賞を受賞している。
『明潮24』の雑誌記者の藤井は、上司から死刑囚の須藤の話を聞いてくるように言われる。須藤は覚せい剤や殺人等、数々の犯罪に手を染めていた。その須藤から「シャバにどうしても許せない男がいる」と、木村という不動産ブローカーの話を聞く。木村と須藤は共謀して三つの犯罪を犯したが、最終的に須藤は木村に裏切られたという。取材を続けるにつれて、信憑性が高まる須藤の告発。藤井は次第に取材にのめりこみ、自らの家庭をないがしろにしてしまうようになる。この映画では「善とは何か、悪とは何か」「一般人と犯罪者の線引きはどこなのか」といった、簡単には割り切れない人間の性質が描かれている。この作品に描かれている犯罪や複雑な人間模様は、私たちのまわりのどこででも起こりうることなのだ。

『凶悪』のあらすじ・ストーリー

7年前の出来事

警察に捕まる須藤

7年前のある日の夜、1台の車の中で1人の男が拘束されていた。その男を脅しているのは暴力団の幹部須藤順次(すどうじゅんじ)。車を運転していたのは、その舎弟の五十嵐邦之(いがらしくにゆき)だった。橋の上に車を止めると、男の懇願を無視して男を橋から落としてしまうのだった。

あるアパートの一室で、若い女性の順子(じゅんこ)が五十嵐にレイプされていた。泣いている女の近くには、順子の交際相手である日野(ひの)という男が拘束されている。須藤は用意した覚せい剤を順子にうつと、すぐに順子は意識が朦朧とし反応が無くなる。そして五十嵐は部屋に灯油を撒くと部屋を離れた。

夜の車の中で須藤は自分に覚せい剤をうっていた。そこに五十嵐が帰ってくるが、須藤はよくわからないことを言って五十嵐を射殺してしまう。そして発砲を聞いた警察官に追われ、須藤はついに捕まることとなった。

取材の始まり

『明潮24』という雑誌の編集部では、編集者の藤井修一(ふじいしゅういち)と編集長の芝川理恵(しばかわりえ)が話していた。芝川は昔のツテで貰った手紙を藤井に渡す。その手紙には「未決死刑囚 須藤純次」の名前があった。

藤井は須藤の話を聞きに刑務所の面接部屋を訪れる。面会部屋に入ってきた須藤は藤井に挨拶する。藤井は須藤が死刑判決を受け最高裁に上告中であることを確認すると、須藤はどうしても許せない人がいると言うのだ。その人は須藤が「先生」と呼んでいた人間で、このことを記事にしてもらい「先生」を追い詰めるため手紙を書いたのだ。

藤井が自宅に帰ってくると、母である藤井和子(ふじいかずこ)が出かける準備をしていた。何も用事は無いため「今日はもうどこにも行かないよ。遅いから寝よう」と藤井はなだめる。藤井の妻洋子(ようこ)は認知症を理由に老人ホームへ入れようと提案するが、藤井はもう少し考えたいといって話が進まなかった。

『明潮24』の編集部では、藤井が須藤から聞いた話をまとめたレポートを芝川に見せていた。須藤が言う『先生』は木村孝雄(きむらたかお)。茨城で活動する不動産ブローカーだった。芝川は不動産ブローカーがヤクザと組んでの人殺しは記事のネタにならないと判断し、須藤の依頼を断るよう言う。藤井は再び須藤の元を訪れ記事にできないことを言うと、須藤は泣きながら記事にしてくれるよう頭を下げてくる。

余罪2件目 島神剛志について

島神の土地の跡地と、鉄塔

『明潮24』の編集部では藤井がたくさんの資料を見比べていた。同僚から文句を言われるが、それを意に介さず調べ続ける。

須藤の3件ある余罪のうち2件目の事件、島神剛志(しまがみつよし)の取材を開始した。須藤は名前を曖昧に覚えており、生き埋めにした場所もはっきりしない。藤井は歩いてしらみつぶしに調査していくと、奥に鉄塔がある駐車場を見つける。

近くの男性に駐車場のことを聞くと、「とっくの昔に売り払われたよ。ヤクザものが出入りしたあと、眼鏡をかけた初老の男性が来て、うちの土地の相場とか相談に乗ってくれたよ。親切だったね。先生って呼ばれてたけど」と言う。

刑務所の面会部屋で藤井が須藤に駐車場のことを聞いた。須藤はピンと来ていなかったが、鉄塔のことを聞くと思い出して間違いないと言った。藤井は「なるべく詳細な地図を送るので、(島神を生き埋めにした場所を)なんとか思い出してみてください。私は土地の謄本を調べてみます」と須藤に告げた。土地に関する登記簿謄本を調べに来た藤井は、木村孝雄の名前があるのを確認する。これで須藤の話に信憑性が出てきたのだった。

藤井が自宅で朝食を取っていると須藤から郵便物が届く。中身は地図の返送で、そこには1つ印が付けられていた。藤井は早速その場所に行くと、倒れた「管理地 木村商事」の看板があるだけの何もない空き地だった。その土地の前に住む男性に話を聞くと、宅地造成などの話を聞いたが工事の気配は無いと言う。ただ一時期だけ1台の小さいショベルカーが作業していたが、10日ほどで居なくなったと言う。

再び刑務所の面会室に藤井が訪れる。藤井は須藤が示した場所に木村所有の土地があること、しかしそこに島神が埋められているかはわからないことを須藤に伝えた。そして恐らく木村は島神さんの遺体を掘り起こし別の場所に埋め、証拠隠滅を図っていると思うとも言った。それを聞いた須藤は、余罪1件目で死体を一緒に燃やした森田幸司(もりたこうじ)という土建屋の社長を藤井に伝える。

藤田は森田土建を訪ねたが誰もいなかった。敷地の奥にある焼却炉を見ていると、森田の妻が背後から現れる。藤田の妻に案内され藤田の元へ案内されるが、森田は6年前に資材の下敷になり寝たきりになっていた。様々なことを聞き出そうと聞いても、森田からの返答は無かった。

余罪3件目 牛場悟について

『明潮24』の編集部では藤井が芝川に詰め寄られるが、藤井はこの案件を続ける。刑務所の面会部屋で、再び藤井が須藤に記事にできないことを伝えに来ていた。それを聞いた須藤は激高するのだった。

藤井はとある女性の部屋に来ていた。女性は須藤の内縁の妻、遠野静江(とおのしずえ)である。娘の星姫(きらり)が帰ってくるが、会釈だけして部屋に籠ってしまう。藤井は改めて静江に余罪3件目の被害者、牛場悟(うしばさとる)について聞いた。

藤井は「牛場電気設備」という牛場悟の会社兼店舗にきていた。店舗の前で荷下ろししている男性に藤井は名刺を渡し、死んだ牛場について聞きたいと言う。すると男性は固まってしまった。

この男性は牛場の娘婿の牛場利明(うしばとしあき)だった。利明に続いて店舗に入ると、中には牛場の妻百合枝(ゆりえ)がいた。藤井が「悟さんは本当に自殺だったんでしょうか」と聞くと、店の奥から牛場の娘の恵美子(えみこ)が「警察がそう言ってますから」と答える。

これ以上牛場家の人間が何かを話すとは思えなかったのか、藤井は店を出てある雑木林にきた。この雑木林は須藤の手紙にあった牛場の遺体を捨てた場所で、藤井はそこを見に来ていたのである。その後、「木村商事」とドアに書かれた一軒の廃店舗にやってきた藤井は、窓から中をのぞいてみるのだった。

木村と須藤

焼却炉で遺体を燃やした、須藤(左)と木村(右)

須藤が言う余罪1件目の事件の回想が始まる。木村は自分の店の中で男の首を絞めていた。首を絞められているのは余罪1件目の被害者の男で、すぐに動かなくなった。木村は慌てて須藤に電話をかけ、人を殺したことを話した。須藤はすぐやってきて遺体を森田土建の焼却炉まで運ぶ。

その後のクリスマスの夜、木村、須藤、静江、五十嵐、星姫、木村の娘の幸恵(ゆきえ)、日野(ひの、木村が面倒を見ていた舎弟)でパーティーを開いた。木村は死体処理のお礼と言って100万を須藤に手渡した。そして木村から日野を紹介され、五十嵐とともに面倒を見てくれと頼まれる。

ある日、木村と須藤は島神の所有している雑木林に来ていた。島神は世間的には失踪していることになっているが、木村は行方を知っている。木村と手を組んでいる福森(ふくもり)という男と、独りの老人もやってくる。木村は森田に電話し島神という男を燃やしたいことを告げた。しかし森田は拒否したため、島神は木村の所有する使っていない土地に埋めることになった。先ほど来た老人を木村は殴って気絶させる。この老人が島神だったのだ。そのまま須藤たちは島神を運び、木村の土地に生き埋めにした。

須藤の内縁の妻、藤江がママとして働くスナックに須藤と五十嵐、日野、以前刑務所で知り合った佐々木賢一(ささきけんいち)が来ていた。須藤と佐々木は所属する組は違えど、刑務所の中で意気投合し出所祝いをしていた。佐々木は出所しても組の出迎えは無く、経済難を理由に金を要求していたという。

牛場悟の末路

余罪3件目の牛場悟の店で木村と牛場家は寿司を食べていた。牛場はいびきをかいて寝ているとき、木村は牛場の娘婿の利明に借金について話していた。利明と百合枝によるとかなり困窮していることが分かる。

後日木村商事には牛場家が訪れていた。木村は「ここで働いて借金を返していきましょう」と言うと、牛場は心底感謝している様子である。そこに五十嵐が来て仕事を教えると言って牛場を退席させる。その後須藤と木村は牛場の家族に今月の保険の掛け金を渡しながら、殺害することを確認する。利明は「お願いします」と返すのだった。

その夜、牛場は須藤たちにどんどん酒を飲まされていた。いつまで経っても倒れない牛場にイラつき仲間内で喧嘩が起こる。須藤は日野に佐々木・牛場と一緒に残るよう言い、自身と五十嵐は佐々木の頭の元へ向かう。

佐々木の頭を見つけた須藤は胸倉を掴み恫喝する。何の話か理解していない佐々木の頭は反論した内容から、佐々木が出所祝いを貰っていないというのは嘘であることが発覚する。

須藤と五十嵐はすぐに佐々木の元へ戻るが、既に姿を消した後だったので追いかけ拉致した。その後、車に佐々木を載せて橋へと連れていく。この物語の冒頭で橋の欄干から落とされた男は佐々木だった。五十嵐は「純次さん、あと電気屋もやんないと」と須藤に話す。

木村・須藤・日野・牛場は居酒屋に来ていた。牛場は泣きそうになりながら家に帰りたいと懇願するが、利明や百合枝からも電話で見放されてしまう。居酒屋から帰ると、いつものように五十嵐が牛場の口に酒を流し込む。

覚せい剤やスタンガン等を使うことで、ついに牛場は倒れ込み動かなくなった。木村達は牛場の死を自殺に見せかけるため、牛場電気設備の車と遺体を空地まで運んだ。

自殺に見せかける工作をしている横で、日野が須藤に佐々木の頭の件がどうなったか聞いた。すると須藤は「おい日野、お前けんちゃん(佐々木)が金受け取ってたの知ってただろ。けんちゃん殺しちゃっただろ。お前も同罪だからな。俺は裏切られるのが一番許せねぇんだよ」と告げる。動揺した日野は慌てて逃げていくのだった。

7年前の真実

和室の布団で静江と、その娘の星姫が寝ている。その横の部屋では須藤がテレビを見ながら線香をたいていた。テレビではマンションの一室が火事になり、日野が意識不明の重体、交際相手の順子が死亡したことが報じられていた。物語冒頭にあった須藤と五十嵐の犯行である。日野と順子の身体には暴行の跡があったため、殺人の容疑で須藤と五十嵐が全国指名手配されていることも報道された。

その後お互いの車で落ち合った須藤と木村。木村は逃走資金を須藤に渡していた。この時、木村は五十嵐からも逃走資金を求められたということを須藤に話した。須藤は信じられないという表情になる。

そして物語の冒頭で、昔の仲間と連絡を取っていた五十嵐が車へ戻ってくる。木村の話を信じた須藤は「先生と何話した、てめぇだけ逃げるつもりだったか。逃走資金を頼まれたって先生言ってたぞ。お前だけは信じてたんだぞ!なんでだよ、五十嵐ぃい」と言い、五十嵐を射殺するのだった。

藤井の取材

藤井が久しぶりに『明潮24』の編集部に顔を出した。藤井は執念の取材で、木村の行方をつかみ、顔写真を撮ることにも成功していた。そして刑務所の面会部屋で藤井は須藤と面会し、今までのレポートを見せた。

藤井は木村の自宅を訪れインターフォンを鳴らす。家の中から娘の幸恵が出てくるが相手にしてもらえない。食いつく藤井に背後から警察がやってきて藤井を静止した。しかし、藤井は必死のあまり警察を突き飛ばしてしまい、公務執行妨害で逮捕されてしまう。

藤井は編集長の芝川とともに、2人の刑事に須藤の証言を元にしたレポートを見せた。刑事は「とにかく、貴重な情報をありがとうございます。情報が錯綜すると困るので、記事にしていただくのは待っていただきたい」と藤井らに釘をさして去ろうとする。藤井は食い下がるが適当にあしらわれてしまう。

それを見た芝川は記事にすることを決意し、とある月の『明潮24』で「誰も知らない3つの殺人 首謀者は塀の外にいる!凶悪殺人犯の衝撃告白」という特集が組まれた。大きな反響を呼び、その影響で木村及び殺害を依頼した牛場の家族3人も逮捕された。

藤井は福森の元にも取材に訪れた。藤井の取材に対して福森は終始否定を続けていたが、木村と老人ホームを頻繁に回っていたことを問い詰められる。そこにちょうど警察が福森に事情を尋ねに来た。福森は動揺し道路に飛び出し、トラックにはねられてしまう。

裁判

裁判所では木村の「牛場悟 保険金殺人事件 第三回公判」が開かれていた。傍聴席には藤井と芝川の姿がある。証人として須藤が入廷すると、その姿を木村が睨む。落ち着いた様子で弁護人からの質問に答える須藤を見ている藤井。しかし藤井は須藤にいいように踊らされていたことに気づく。藤井は須藤の情状証人であるにも関わらず、「須藤さん、あなたが殺した人たちのためにも、あなたは生きてちゃいけない。この世で喜びなんて感じるな、生きてる実感なんて感じるな!」と声をあげた。

しかし須藤は「藤井さん、神様は俺に言いましたよ。生きて罪を償いなさいって」と言ってのけた。藤井はしばらく考え込んでいたが、芝川に「まんまと須藤に踊らされていたとしても、あなたの記事が警察を動かした。ジャーナリストとして正しい選択だったと思うわ」と慰められるのだった。

藤井は木村へ面会に行く。木村は淡々と「自分は無期懲役だ。死刑じゃない。それが現実だ」と言う。それに対し藤井は「私は取材を続けますよ。この事件はまだ何も終わっていない。そうでしょ」と言う。

そう言った藤井に対し木村は、二人の間の透明板に顔を近づけ「一つ教えてやる。私を殺したいと一番強く願っているのは、おそらく須藤でもない」と言う。そして木村は透明板を強くつつき、藤井を指さしてから退席するのだった。

2unodoame
2unodoame
@2unodoame

Related Articles関連記事

陸王(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

陸王(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『陸王』とは作家の池井戸潤が書いた小説『陸王』が原作のドラマで、脚本は八津弘幸、演出は福澤克雄と田中健太が担当。ドラマのストーリーは資金難に苦しむ老舗足袋屋の社長が、会社の未来を考え新規事業のランニングシューズ開発に乗り出し、たくさんの人の助けで苦難を乗り越え、マラソン足袋「陸王」を開発するまでの企業再生物語。ドラマの主人公である宮沢紘一を俳優の役所広司が演じ、たくさんのエキストラを使った駅伝シーンなどは臨場感のあるシーンに仕上がっている。大多数の人たちから感動したと大反響を呼んだ人気ドラマ。

Read Article

50回目のファースト・キス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

50回目のファースト・キス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『50回目のファースト・キス(映画)』とは、本国アメリカのみならず世界中で大ヒットとなったロマンチック・ラブコメディである。記憶障害という難病をテーマに切なく涙かせるシーンもありながら、集結したコメディ俳優たちがハワイを舞台にナンセンスながらクセのあるギャグで始終笑わせてくれる。 二人が揃ってメディアに登場すると今だに大きな話題となるアダム・サンドラー×ドリュー・バリモアの最強コンビの抜群の信頼関係が、最高の映画製作に影響を与えヒット作へと導いている、今もなお根強いファンが多い傑作である。

Read Article

百万円と苦虫女(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

百万円と苦虫女(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『百万円と苦虫女』とは、ひょんなことから前科持ちとなってしまい、実家にも居づらくなったフリーター・鈴子が、百万円を貯めては場所を転々し、様々な経験や人との出会いを通して成長していく様子を描いた青春ロードムービーである。2008年7月19日に日本で公開され、興行収入は3億円、観客動員数は19.7万人を記録した。『百万円と苦虫女』の功績が認められ、監督のタナダユキは第49回日本映画監督協会新人賞を、主演の蒼井優は2009年に芸術選奨新人賞を受賞した。

Read Article

バクマン。(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

バクマン。(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『バクマン。』とは、大場つぐみと小畑健による漫画を原作とするアニメ作品。 2010年よりNHK教育テレビにて第1シリーズ~第3シリーズ、全75話が放送された。 高い画力を持つ『真城最高』と文才と発想に長けた秀才の『高木秋人』を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のりを描いた作品である。 多くの漫画関係の固有名詞が実名で使用されるなど、リアル志向な作品。

Read Article

バクマン。の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

バクマン。の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『バクマン。(Bakuman.)』は週刊少年ジャンプで2008年から2012年まで連載していた漫画作品である。ジャンプで連載マンガ家を目指す中学3年生の真城最高と高木秋人は、ヒロインの亜豆美保と真城の「描いたマンガがアニメになり亜豆がそのヒロインの声優をやる」との約束をお互いの夢として努力を続ける。夢・友情・青春に関する数多くの名言が連載終了後も作品の魅力として語られ続けている。

Read Article

万引き家族(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

万引き家族(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

万引き家族(英題:Shoplifters)とは、2018年に公開された日本映画である。監督は『そして父になる』などで知られる是枝裕和。主演はリリー・フランキーと安藤サクラ。 第71回カンヌ国際映画祭において最高賞のパルム・ドールを獲得するなど、国内外で高い評価を受けた。 貧困のなか、万引きによって生計を立てながら身を寄せ合う家族6人の姿を描く。

Read Article

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』のコンビ、原作・大場つぐみ、作画・小畑健によって、2008年から2012年まで「週刊少年ジャンプ」に連載された大ヒットコミックの実写映画化作品。監督は大根仁、音楽はサカナクションが担当。漫画家を志す二人の高校生、作画担当の最高(佐藤健)と原作担当の秋人(神木隆之介)がコンビを結成し、週刊少年ジャンプ連載の頂点を目指して悪戦苦闘する日々を描く。2015年10月東宝系公開。

Read Article

のぼうの城(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

のぼうの城(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『のぼうの城』とは、和田竜の日本の歴史小説を元にして2012年に公開された映画である。犬童一心と樋口真嗣の共同監督で制作された。主人公の長親(ながちか)は忍城(おしじょう)城代の息子である。関白秀吉の家臣である三成によって、忍城は開城を迫られていた。しかし長親は世の理不尽に真っ向から対抗するため、三成に相対する。長親は周りの力を借り、ついには三成軍を退けることになった。この作品は時にはしんみりしつつも、長親という「でくのぼう」の奇策によって観た人を気分爽快にさせる歴史映画となっている。

Read Article

新宿スワン(漫画・ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

新宿スワン(漫画・ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『新宿スワン』はアンダーグラウンド系の日本の漫画である。作者は和久井健。講談社『週刊ヤングマガジン』で、2005年20号から2013年45号まで連載された。スカウトマンをテーマにした物語で、和久井にとって連載のデビュー作品となった。主人公は19歳の白鳥龍彦、通称タツヒコ。ライバルの死や暴力団がからむ違法薬物の取引、そして信頼していた仲間の裏切り、そして、タツヒコの知らないところで大きな復讐の計画が動き出していた。数々のトラブルに見舞われながらも逃げずに立ち向かうタツヒコの成長する姿を描く。

Read Article

銀魂(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

銀魂(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「銀魂」(実写版)は、2017年7月に公開された福田雄一監督による日本映画。空知英秋作画の漫画「銀魂」の実写化作品で、原作の長編「紅桜編」がベースです。「紅桜編」は、妖刀紅桜を利用して国の転覆を目論む鬼兵隊と、それを阻止しようとする主人公坂田銀時と仲間たちの戦いを描いたもの。原作はSF時代劇コメディです。実写版はそれを忠実に再現し、ギャグ満載、時にほろりとさせる内容になっています。

Read Article

そして父になる(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

そして父になる(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『そして父になる』とは、”赤ちゃん取り違え事件”を扱った、2013年制作の日本映画。TVドキュメンタリー出身の是枝裕和が監督・脚本・編集を担当し、主演の福山雅治が初の父親役を演じた。第66回カンヌ国際映画祭では見事に審査委員賞を受賞し大きな話題となった。ある日、突然6年間育てた息子が病院で取り違えられた他人の子どもだったと知らされた対照的な2組の夫婦が、過酷な決断を迫られ、それぞれに葛藤を繰り返す中で本当に大切なものを学んでいく姿を描く。

Read Article

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「銀魂2 掟は破るためにこそある」とは、2018年8月に公開された、空知英秋原作の漫画「銀魂」を実写化した日本映画です。2017年公開「銀魂」の続編で、前作に続き監督は福田雄一、主演は小栗旬が務めています。前作とほぼ同じメインキャストで臨んだ本作は、原作で人気の長編「真選組動乱編」と、ギャグ色の強い「将軍接待編」をドッキングさせた内容。「真選組動乱篇」は真選組の参謀伊東鴨太郎の謀反を中心にした物語、「将軍接待編」は、万事屋がバイトするキャバクラに徳川茂茂がやってきて起きる騒動を描いたものです。

Read Article

SUNNY 強い気持ち・強い愛(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

SUNNY 強い気持ち・強い愛(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『SUNNY 強い気持ち・強い愛』とは、韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』を原作とした2018年公開の青春音楽映画。90年代、社会の中心にいた“コギャル”たち。コギャルとして青春を共に過ごした“SUNNY”の6人は、ある事件の後バラバラになってしまう。20年以上の時を経て、あるきっかけから一人、またひとりと再会していく。光と影、理想と現実をそれぞれ抱えて生きてきた6人の複雑な思いが、懐かしい90年代ヒットソングに乗せて、90年代と2018年の場面が交差しながら展開される愛と青春の音楽ストーリー。

Read Article

白夜行(東野圭吾)のネタバレ解説・考察まとめ

白夜行(東野圭吾)のネタバレ解説・考察まとめ

『白夜行』とは、1999年に刊行された東野圭吾の推理長篇である。発行部数は2010年12月時点で200万部を超えている。1973年、大阪で起きた殺人。犯人は小学5年生の被害者の息子・桐原亮司と、容疑者の娘・西本雪穂。未解決のまま時は流れていく。そして成長した2人は犯罪行為で互いに助け合うようになり、周囲で不可解な事件が次々と起きる。 疑念を抱く刑事が2人の関与に気づき、証言や調査で真相に迫っていくというストーリー。2006年にはテレビドラマ化、2011年には映画化されている。

Read Article

NEW
め組の大吾(FIRE BOYS)のネタバレ解説・考察まとめ

め組の大吾(FIRE BOYS)のネタバレ解説・考察まとめ

『め組の大吾』は1995年から1999年までの約4年間、曽田正人が週刊少年サンデーで連載していた消防士の物語である。マンガの他、2004年にフジテレビでドラマ化された。主な内容は、不良に近かった朝比奈大吾が、消防士になり同僚や上司、先生や助けた人などに刺激を受けてレスキュー隊員へと破天荒ながら活躍の場を広げていく様子が描かれている。元不良らしい考え方と行動力の大吾とともに、優等生である甘粕のコンビが魅力を後押ししている。また、火災や事故現場の臨場感などが読み手を引き付ける。

Read Article

勇者ヨシヒコと魔王の城(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

勇者ヨシヒコと魔王の城(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『勇者ヨシヒコと魔王の城(ドラマ)』とは、テレビ東京系で放送されたコメディドラマである。シュールでコミカルなストーリーで、個性的なキャラクターが話題を呼んだ。毎話登場する豪華ゲストも話題である。ある村の青年ヨシヒコがひょんなことから勇者として薬草を探す旅に行くことになり、その旅の途中で仲間を増やしていく物語である。ゲーム『ドラゴンクエスト』をもじった作品でもあり効果音やアイテム等も登場しファンを沸かせた。その人気から後に続編も公開された。

Read Article

悪の教典(小説・漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

悪の教典(小説・漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『悪の教典』とは、2012年公開の日本のバイオレンス・ホラー映画である。監督は三池崇史で、貴志祐介の小説が原作。高校教師の蓮実聖司は、明朗快活で同僚や生徒にとても頼りにされていた。しかしその正体は他人への共感能力に欠けたサイコパスで、自身の邪魔になる人間は躊躇なく殺してきた男だった。そしてある出来事でこれまでの罪が暴かれそうになり、蓮実は校内の人間を全員始末することを決める。この作品は蓮実というサイコパスの生き方や、その周りで生きようともがく人間の命がけの戦いから目が離せない物語となっている。

Read Article

ランチの女王(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ランチの女王(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ランチの女王』とは、2002年にフジテレビ系の月9枠で放送されたドラマ。主演は竹内結子。その他、妻夫木聡、山下智久、山田孝之などが出演している。ランチタイムに洋食店を訪れた麦田なつみが、ひょんなことからその店で住み込みで働くことになる。洋食店を舞台に、なつみと男四人兄弟の恋愛模様や交流を描いたラブコメディ。脚本は『カバチタレ』や『青天を衝け』を担当した大森美香などが手掛けている。第34回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞で最優秀作品賞や主演女優賞などを獲得した。

Read Article

勇者ヨシヒコと悪霊の鍵(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

勇者ヨシヒコと悪霊の鍵(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』とは、2012年10月12日から12月21日までテレビ東京系「ドラマ24」で放送された山田孝之主演の福田雄一監督作品である。勇者ヨシヒコに魔王が倒されて100年後、何者かによって魔王の封印が解かれ、再び魔物がはびこる時代となった。民はかつて魔王を倒した勇者ヨシヒコに助けを求め、復活を遂げかつて旅を共にした仲間と共に再び魔王を倒すべく旅に出た。ヨシヒコ演じる山田孝之の他、豪華俳優陣のシュールな演技でファンの多い大人気作品である。

Read Article

勇者ヨシヒコと導かれし七人(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

勇者ヨシヒコと導かれし七人(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『勇者ヨシヒコと導かれし七人』とは、2016年10月8日から12月24日までテレビ東京系「ドラマ24」で放送された、山田孝之主演の福田雄一監督作品である。勇者ヨシヒコ一行は、この世界を闇に葬ろうとしている魔王は7つの弱点があり、その魔王の弱点を突く7人を探し出し魔王を倒すべく長い旅を始める。RPGゲーム『ドラゴンクエスト』をモチーフにした冒険活劇で3シリーズの3作品目である。ヨシヒコ演じる山田孝之の他、豪華俳優陣のシュールな演技でファンの多い大人気作品である。

Read Article

【山田孝之】隠し子発覚!?芸能界・歌舞伎界に走った衝撃ニュース【片岡愛之助】

【山田孝之】隠し子発覚!?芸能界・歌舞伎界に走った衝撃ニュース【片岡愛之助】

まれにニュースで話題になる芸能人の隠し子騒動。その人が幸せの絶頂にあるタイミングでの発覚だと、なんだかマスコミのイヤラシイ情報操作を感じますよね。この記事では、隠し子がいることが判明した芸能人についてまとめました。こうして見てみると、歌舞伎界にはやっぱりこういった話題が多いような気がします。芸の肥やしだとかなんだとか言って正当化しようとするけど、それで傷付く人間がいるということを忘れないでほしいものですね!

Read Article

山田孝之が子役に挑戦!?ドラゴンクエストXIの特別映像紹介【DQ11】

山田孝之が子役に挑戦!?ドラゴンクエストXIの特別映像紹介【DQ11】

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』は、俳優の山田孝之がイメージキャラクターに起用されて発売前から大きな反響を呼んだ。公開された特別映像では33歳の山田が多くの子供に囲まれて【子役】を演じるというユニークなバージョンも存在している。ドラゴンクエストXIの特別映像をまとめて紹介する。

Read Article

【ジョジョの奇妙な冒険】実写映画『ダイヤモンドは砕けない』山田孝之のアンジェロに絶賛の声続々!

【ジョジョの奇妙な冒険】実写映画『ダイヤモンドは砕けない』山田孝之のアンジェロに絶賛の声続々!

実写映画化された『ジョジョの奇妙な冒険』第4部『ダイヤモンドは砕けない』では、俳優の山田孝之が凶悪犯アンジェロこと片桐安十郎(かたぎりあんじゅうろう)を熱演した。映画公開前に発表されたビジュアルでは、普段の姿とはかけ離れた山田孝之のアンジェロに絶賛の声があがった。

Read Article

【人気漫画】2007年~2018年の週刊少年ジャンプ打ち切り・終了マンガまとめ!

【人気漫画】2007年~2018年の週刊少年ジャンプ打ち切り・終了マンガまとめ!

週刊少年ジャンプ連載作品で、2007年1号以降に終了した作品をすべて順に紹介します。『週刊少年ジャンプ』は、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』『WJ』 。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊し、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名した。

Read Article

目次 - Contents