リバーサルオーケストラ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『リバーサルオーケストラ』とは、2023年1月期の日本テレビ系「水曜ドラマ」枠で放送されたテレビドラマである。主演は門脇麦、他主要人物として田中圭、生瀬勝久らが出演。元天才バイオリニストの谷岡初音は表舞台から去り、今は市の職員としてひっそりと暮らしていた。ある日、マエストロとして活躍中の市長の息子・常葉朝陽によって、地元のポンコツ楽団・児玉交響楽団のメンバーにさせられる。楽団を立て直すため奔走する初音と朝陽、また2人を取り巻く個性豊かな楽団メンバーが織りなす音楽エンターテインメントである。

『リバーサルオーケストラ』の概要

『リバーサルオーケストラ』とは2023年1月11日から3月15日まで放送されたテレビドラマである。日本テレビ系「水曜ドラマ」枠で放送された。略称は「リバオケ」。漫画や小説など原作のない完全オリジナルストーリーで、元ピアノ講師の脚本家・清水友佳子(しみず ゆかこ)が手がけた。タイトルの「リバーサル」には「逆転」の意味があり「一発逆転の音楽エンターテイメント」というキャッチコピーがついている。
門脇麦が民放連ドラ初主演、他重要人物を田中圭、生瀬勝久らが演じている。天才ヴァイオリニストと呼ばれながらも今は表舞台を去った、主人公の谷岡初音(たにおか はつね)は、変わり者の指揮者・常葉朝陽(ときわ あさひ)によって地元の児玉交響楽団(こだまこうきょうがくだん)の立て直しに巻き込まれてしまう。そして実力も集客力もない楽団は存続の危機に追い込まれ、初音と朝陽、個性豊かな団員たちは危機回避のために奔走する。
神奈川フィルハーモニー管弦楽団が劇中に登場する「児玉交響楽団(こだまこうきょうがくだん、通称:玉響)」の他メンバーとして出演、協力をしている。

『リバーサルオーケストラ』のあらすじ・ストーリー

ポンコツオケにやってきた元天才ヴァイオリニスト

主人公の谷岡初音(たにおか はつね)は西さいたま市役所の職員。かつて「天才ヴァイオリニスト」と呼ばれたほどの実力者だが、とある理由で表舞台から姿を消していた。
市では音楽で地域活性化を図るため、新たなシンフォニーホールを建設中だ。市長の常葉修介(ときわ しゅうすけ)は、ホールのこけら落とし公演を地元の楽団である「児玉交響楽団(こだまこうきょうがくだん/通称:玉響)」に担わせようとしていた。
しかし次期市長を狙う市議会議員の本宮雄一(もとみや ゆういち)が「実力も集客力もない玉響には荷が重すぎる」と反対。負けるわけにはいかない修介は「玉響でホールを満席にできなかったら、市長を辞任する!」と啖呵を切ってしまった。そして焦った修介は、ドイツで指揮者として活躍中の息子・朝陽(あさひ)を母・康子(やすこ)が危篤だと嘘をついて呼び戻し、無理矢理玉響の指揮者にあてがうのだった。
全く緊張感のない練習ぶりの団員たちを罵倒してしまった朝陽は「悪魔」と揶揄され、彼らとの関係作りはなかなかうまくいかなかった。そんな中、朝陽は初音が「元天才ヴァイオリニスト・谷岡初音」であることに気づき、玉響に引き入れようとする。朝陽からの執拗なスカウトもあり、ついに初音は玉響のコンサートマスター(略称:コンマス)となる。
一方、ホールの建設会社である高階組の会長・高階藍子(たかしな あいこ)に取り入った本宮は、藍子がオーナーを務める日本一のオケと名高い「高階フィル」をこけら落とし公演に招致しようとしていた。

遅刻常習犯の仲間を救え

朝陽と初音が加入し活気が出てきた玉響は、市内の中学校吹奏楽発表会で演奏することが決まった。しかし、フルート主席奏者の庄司蒼(しょうじ あおい)の遅刻癖は相変わらずで、やる気もみせない。
朝陽は初音に彼を尾行させ、遅刻の理由を調べさせる。すると蒼は奨学金返済や楽器代など、玉響の薄給ではまかないきれない費用のためバイトを掛け持ちしていたことが判明。そこで初音は蒼にリモートでのフルートレッスン講師を提案し、団員たちもSNSに投稿する講師のPR動画の撮影を手伝う。蒼は親身になって応援してくれる団員たちに感謝し、態度を改める。しかしその直後、蒼は癌を患った父に代わり、家業を継ぐよう母から頼まれてしまう。彼はフルートを続けたい気持ちを押し殺し、団員に黙って実家に帰ろうとする。
だが朝陽の計らいで両親の説得に成功。そしてお金のない蒼は、初音の家に下宿することになった。
蒼の問題が解決し、発表会に向け順調に準備を進める玉響だったが、ティンパニ奏者の木之崎(きのさき)が突然退団してしまう。朝陽は初音に「藤谷耀司(ふじたに ようじ)」という男をスカウトしてくるように命じる。藤谷がいるという都内のライブハウスを訪れた初音は、彼が元S響のティンパニ奏者であることに気づく。S響は初音の初リサイタル時のオケだったのだ。そして初音の熱い思いを受けた藤谷は玉響に入団する。
発表会当日、初音は10年ぶりの舞台に足がすくむ。しかし朝陽や団員らのエールに勇気をもらい、舞台に出る初音。玉響の演奏は観客のスタンディングオベーションで幕を閉じるのだった。
帰路に着こうとした初音の前に、幼馴染で人気ヴァイオリニストの三島彰一郎(みしま しょういちろう)が突然現れる。そして驚く初音を「復帰おめでとう」と抱きしめた。

母娘の絆

発表会の大成功で盛り上がる団員たちは、玉響のPRのために出張オーケストラを企画。定期演奏会の準備も始まり、一層の盛り上がりをみせる。
そんな中、ヴィオラ奏者の桃井(ももい)みどりは、家庭と玉響の両立が上手くいかずに悩んでいた。大学受験で神経質になっている娘・亜美(あみ)と、音楽の仕事に理解を示さない夫。家族を気遣い、家ではオケの仕事を隠すそぶりを見せるみどりに、亜美は「自分の好きな仕事に誇りを持てていない」と苛立つ。
亜美がストレス性胃腸炎で倒れたことから、みどりは休団を決める。彼女の家を訪ねた初音は、休団を決めたことで亜美から「やっぱり適当なんじゃん!」と言われショックを受けるみどりを目撃。
そこで初音は亜美の高校での出張オケを計画。朝陽はみどりに「休団前に出張オケだけは協力してほしい」と説得し、みどりに場所は伏せたまま当日を迎える。
会場に着き驚くみどりだったが、団員の意図を汲み演奏を始める。演奏したのは亜美がチアリーディング部の最後の大会で踊った、大好きな思い出の曲。しかもみどりのソロパート付きの編曲で、校内は大盛り上がりとなった。
みどりの生き生きと演奏する姿を見た亜美は、進路も友達と一緒にチアリーディングを続けられる大学に行くと決め、笑顔を見せた。安心したみどりも休団は取り下げるのだった。
その後、玉響はバレンタイン・ガラコンサートでの演奏が決定。厳しく有名な音楽評論家もやってくるコンサートだ。しかし本宮の策略で練習場が使えなくなり、朝陽の実家の常葉酒造で練習をしていると、朝陽の古くからの知り合いで音楽雑誌編集者・後藤(ごとう)かおりがやって来る。そしてかおりはスランプに陥っていた初音に、学生時代に挫折しかけた朝陽を再び音楽の道に戻らせたのは、小学生の初音が楽しそうに演奏する姿だったと話す。

「凡人にだって才能はある!」

初音が無事スランプを脱出し、練習場も元に戻った玉響。しかしガラコンサート直前にチェロ首席奏者の佐々木玲緒(ささき れお)が、練習を欠席するようになる。天才肌の朝陽や初音に対しての劣等感が原因だった。玲緒が合コンに行くふりをして、カラオケで練習しているところを藤谷が見かけて声を掛ける。「天才には凡人の気持ちはわからないよね。才能の差って残酷だよ」という玲緒に藤谷は「俺らには1番好きなことのために『努力する才能』があるんじゃない?いいから戻って来いよ」と答える。思わず涙を見せる玲緒。そして玉響に復帰した玲緒は、朝陽の厳しい指導にも必死についていく。
そしてガラコンサート当日、本宮の妨害で開演時間に遅刻してしまう玉響。ステージに上がることはできず、それでもロビーで演奏を始める。何事かと集まる観客たちだが、演奏が終わればその場は大きな拍手に包まれた。評論家の玉響に対する採点結果も、遅刻のマイナスを除けば高階フィルより高い点数であった。
初音は朝陽から食事会に誘われる。そこに同席していた彰一郎から、市役所職員と玉響のコンマスの掛け持ち状態で覚悟の無いことを責められ、ショックを受ける初音。更に自身のソロパートの練習も思うようにいかず、追い詰められた初音は1度練習から逃げ出してしまうが、朝陽や団員の励ましにより一念発起する。
その後、彰一郎から出演依頼されたテレビ番組で、初音は団員らの顔を思い浮かべながら見事な演奏をする。その場で聴いていた彰一郎も息をのむほどで、放送後に初音に対し今までのことを謝罪するのだった。

玉響の存続をかけた対決

オーボエの首席奏者・穂刈良明(ほかり よしあき)は認知症の妻・冴子(さえこ)の介護に専念するため、退団をしようと考えていた。しかし娘の喜美子(きみこ)に「お父さんがオケをやめても、お母さんは喜ばない」と言われ、冴子を高齢者施設に入れることにする。そして施設で開かれた音楽会で、かつてピアノ科の学生だった冴子との思い出の曲を演奏するのだった。
玉響は定期演奏会を満席にしなければ、解散させられることになってしまう。団員たちは練習の合間に宣伝活動も必死に行うが、またもや本宮の妨害が行われていた。セカンドヴァイオリン首席奏者・土井琢郎(どい たくろう)が、本宮に高階フィル移籍の話を持ちかけられていたのだ。代わりとして玉響の情報提供を求められていた土井だが、玉響を裏切ったふりをしていただけだった。しかし本宮の妨害が一枚上手で、チケットは完売したものの演奏会は満席には至らなかった。
落ち込む団員たちに「悔いのないステージにしよう」と朝陽が声をかけ、初音も団員たちも来てくれた観客の想いに応えようと、最高の演奏を届ける。そして会場も盛大な拍手に包まれた。
その様子を見た一部の市議会議員から、玉響を解散させれば市のイメージダウンに繋がるのではないかとの声が上がり、玉響は解散は延期され、ホールのこけら落とし公演で高階フィルとの対決次第ということになる。
しかし解散が延期された真相は、朝陽が高階フィルの常任指揮者になること、公演で指揮を執らないことが約束されたためだった。公演当日に会場に現れない朝陽。団員にも真相が知らされ、初音は朝陽を連れ戻すため、高階フィルに演奏の順番変更を頼みホールを飛び出す。
そして朝陽を見つけた初音は、指揮は執らずともせめて近くで見届けてほしいと頼み、彼をホールに連れてくる。すると団員らは「朝陽が指揮者として出ない限り、自分たちも公演に出ない」と控室に立て篭もる。ここまでやって来れたのは朝陽が指揮者だったから。その思いを受け止めた朝陽は、藍子の許可を得て団員らとステージに立つ。
そして玉響は見事高階フィルとの対決に勝利し、解散は免れる。朝陽も高階フィルの常任指揮者の仕事は受けずに済み、初音と共にホールを後にするのだった。

『リバーサルオーケストラ』の登場人物・キャラクター

主要人物

谷岡 初音(たにおか はつね/演:門脇 麦)

本作の主人公で、西さいたま市市役所・広報広聴課に勤務する女性職員。小さい頃から多くのコンクールを制覇、名門オケである高階フィルとの共演などで「天才ヴァイオリニスト」と称されてきた。しかし10年前に妹・奏奈が倒れ、その原因が「両親を自分のヴァイオリン活動につきっきりにさせたこと」だと責め、表舞台から去っていた。初音の活躍を知る朝陽から執拗なスカウトを受けたこと、奏奈の「またヴァイオリンを弾いて欲しい」という思いを知ったことから、コンマスとして玉響に加わった。
両親が長野に移住したため、奏奈と2人暮らしだが物語途中から蒼が下宿する。自宅ではボランティアでヴァイオリン教室を開いてるが、実は奏奈が初音の音楽活動再開のためと月謝を受け取っていた。この副業を小野田に指摘され、玉響に加わる理由の一端となる。

常葉 朝陽(ときわ あさひ/演:田中 圭)

ドイツで活躍していた玉響の指揮者。現職の西さいたま市長である父が、玉響を立て直すため強引に日本に呼び戻した。玉響着任当初はのんびりムードの団員への厳しい指導から、彼らに恐れられていた。しかし次第にお互いを理解し、団員もやる気を見せて朝陽の指導に食らいつくようになる。初音のことを知ったのは音大生の頃で、指揮者としてやっていくことに挫折しかけた時、コンサートで楽しそうにヴァイオリンを弾く小学生の彼女に感銘を受けて、指揮者の道を進む覚悟を決めた。実家は酒造会社を営んでいるが、酒は飲めない。

児玉交響楽団

佐々木 玲緒(ささき れお/演:瀧内 公美)

lovecat
lovecat
@lovecat

Related Articles関連記事

あなたの番です(あな番)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

あなたの番です(あな番)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『あなたの番です』とは、日本テレビ系にて2019年4月から9月まで放送された全20話のミステリードラマである。キウンクエ蔵前というマンションに引っ越してきた新婚夫婦が「交換殺人ゲーム」に巻き込まれる姿を描いたミステリードラマで、企画・原案は秋元康。第1章、第2章で構成された2クール半年間に渡って放送され、テレビ放送と連動して、『扉の向こう』というスピンオフがHuluにて独占配信されている。

Read Article

ごめんね青春!(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ごめんね青春!(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ごめんね青春!』とは2014年10月から放送されたTBS系列のドラマであり、宮藤官九郎が脚本し主演は錦戸亮が務めた。 静岡県三島市の高校が舞台で、仏教系男子校とキリスト系女子校の合併に伴う恋愛模様などを描いたドラマ。 主演の錦戸亮は仏教系男子校の先生役であり合併には賛成派。しかし周囲は反対派が多く、合併に向けて奮闘していくストーリー。合併に向けて奮闘していく中、生徒や先生間の恋愛・家族との問題について「ごめんね」と謝り向き合っていく。

Read Article

白夜行(東野圭吾)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

白夜行(東野圭吾)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『白夜行』とは、1999年に刊行された東野圭吾の推理長篇である。発行部数は2010年12月時点で200万部を超えている。1973年、大阪で起きた殺人。犯人は小学5年生の被害者の息子・桐原亮司と、容疑者の娘・西本雪穂。未解決のまま時は流れていく。そして成長した2人は犯罪行為で互いに助け合うようになり、周囲で不可解な事件が次々と起きる。 疑念を抱く刑事が2人の関与に気づき、証言や調査で真相に迫っていくというストーリー。2006年にはテレビドラマ化、2011年には映画化されている。

Read Article

仮面ライダージオウ(Zi-O)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

仮面ライダージオウ(Zi-O)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

仮面ライダージオウは、平成仮面ライダーシリーズ最後の作品である。2018年9月2日から2019年8月25日、毎週日曜日朝9時から9時30分のニチアサとして、テレビ朝日系列で放送された特撮作品だ。制作は東映、全49話放送。過去の平成仮面ライダーシリーズにおいて、仮面ライダーの変身者やヒロインなどのメインキャストがゲスト出演し、大きな話題となった。高校生である常磐ソウゴは仮面ライダージオウに変身し、未来を切り開く。

Read Article

ゴールデンスランバー(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ゴールデンスランバー(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ゴールデンスランバー』とは、堺雅人主演のミステリー・ハードボイルド映画である。2010年1月に公開された映画で、日本の小説家の伊坂幸太郎の小説『ゴールデンスランバー』を映画化した作品。仙台運送で働く青柳雅春(あおやぎまさはる)が総理大臣を殺害した事件の犯人に仕立て上げられていくストーリー。映画のロケは全て仙台で行われた。映画のキャストは堺雅人の他に、竹内結子、浜田岳、香川照之、吉岡秀隆などが出演している。2018年2月にはカン・ドンウォン主演の韓国映画版『ゴールデンスランバー』が公開された。

Read Article

アンフェア(ドラマ・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

アンフェア(ドラマ・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『アンフェア』とは、2006年にフジテレビ系列で放送が開始された、女性が主人公のハードボイルド系の刑事ドラマ。硬派なストーリー展開が特徴である。主人公の女性刑事・雪平夏見(ゆきひらなつみ)が、刑事だった父が殺害された事件の真相を追いつつ、数々の難事件を解決していく姿を描いた。テレビドラマ放送終了後も幅広い層から高い人気を集め、スピンオフも含めてスペシャルドラマ4作品と映画3作品が公開された。原作は奏建日子の『推理小説』。主人公の雪平夏見役を篠原涼子が演じた。

Read Article

NEW
カムカムエヴリバディ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

カムカムエヴリバディ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『カムカムエヴリバディ』とは、NHK連続テレビ小説の第105作目となるテレビドラマ。2021年11月1日から2022年4月8日まで放送された。 連続テレビ小説史上初となる3人のヒロイン、安子(やすこ)、娘のるい、孫のひなたの親子3世代にわたる家族の物語である。安子の生まれた1925年(大正14年)から物語はスタートし、ひなたがアメリカでキャスティングディレクターとして活躍する2025年までの100年を描いている。

Read Article

キングダム2 遥かなる大地へ(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

キングダム2 遥かなる大地へ(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『キングダム2 遥かなる大地へ』とは、古代中国で“天下の大将軍”となることを目指す少年の活躍を描いた、原泰久の同盟漫画作品の実写映画シリーズ第2弾である。公開翌年となる2023年には、同シリーズ第3弾となる『キングダム3』の公開が決定している。 500年もの間戦乱の中にある古代中国。魏国の軍勢の侵攻を受けた秦国は、これを迎撃するための軍を編成する。ひょんなことから秦国王宮内の人々と知り合った奴隷の少年信は、天下の大将軍になるという夢を叶えるためここに参戦。本物の戦場の中で剣を振るう。

Read Article

青天を衝け(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

青天を衝け(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『青天を衝け』とは2021年にNHKで放送された大河ドラマ。幕末〜昭和初期を舞台に、実業家として日本の礎を築いた渋沢栄一を主人公としている。主演は吉沢亮が務めた。武蔵国の農民であった渋沢栄一は後に将軍となる一橋慶喜に仕えることで、幕末の動乱に巻き込まれていく。明治に入った後は官僚として新政府を支え、下野した後は実業界に入り数々の企業の経営に携わった。ドラマでは常に前を向き未来を切り開いていく栄一の姿が描かれている。第110回ザテレビジョンドラマアカデミー賞を受賞している。

Read Article

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(Zi-O)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(Zi-O)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(Zi-O)』とは、2019年に公開された特撮ヒーロー映画である。特撮テレビドラマ『仮面ライダージオウ』の単独映画作品。興行収入11.7億円、観客動員数78.0万人を記録した。ソウゴは仮面ライダージオウとして平成ライダーの力であるライドウォッチを集めていた。全てのライドウォッチを集めた時、平成をやり直そうとする集団クォーツァーが現れた。平成に築いた人々の暮らしを守るため、ソウゴと仲間達がクォーツァーに立ち向かう。

Read Article

最愛(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

最愛(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『最愛』とは、2021年10月15日から12月17日まで放送された恋愛サスペンスドラマで、主演は吉高由里子。 2017年4月期に、同枠のTBSテレビ系「金曜ドラマ」枠で放送された『リバース』の制作陣が再集結して制作された。 連続殺人事件の重要参考人となった実業家の女性、彼女を取り調べる男性刑事、彼女を守ろうとする男性弁護士の3人を中心とした物語が展開し、謎が複雑に絡み合ったサスペンスドラマである。 数々のドラマ賞を受賞し、メディアなどでも高評価やランキング上位を獲得した。

Read Article

御手洗家、炎上する(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

御手洗家、炎上する(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『御手洗家、炎上する』とは、Netflixで配信されているサスペンスドラマで、原作は藤沢もやしによる漫画作品。主演は永野芽郁。その他、鈴木京香、中川大志などが出演している。 村田杏子は代々病院を経営する御手洗家の長女だったが、火事で家が全焼するという事件が起こり、両親が離婚してしまう。だが、杏子は後妻の御手洗真希子が火事を起こしたのではないかと疑っていた。そのため、杏子は御手洗家に家政婦として潜入し、火事の真相を暴く決意をする。杏子が家庭を壊した真希子に復讐する、復讐劇が繰り広げられる。

Read Article

アイネクライネナハトムジーク(小説・漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

アイネクライネナハトムジーク(小説・漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『アイネクライネナハトムジーク』とは、2014年に発刊された伊坂幸太郎の連作短編集を原作とした、2019年に公開された日本映画である。監督は今泉力哉。会社員の佐藤(さとう)は、恋愛したいと思いつつも「出会いがないから」と理由をつけて恋愛に積極的になれずにいた。それを友人の織田一真(おだかずま)や妻の由美(ゆみ)らが見守る中、佐藤と本間紗季(ほんまさき)は劇的な出会いを果たす。この作品は、佐藤と紗季やその周りを取り巻く人々が10年にわたって織りなす物語を穏やかに描き出す作品である。

Read Article

リコカツ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

リコカツ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『リコカツ』とは出会って3か月の2人が結婚し、その後離婚活動(リコカツ)を始める笑いあり、涙ありのテレビドラマである。2021年4月にTBSで放送された。主人公は水口咲(みずぐちさき)と緒原紘一(おばら こういち)で、2人は運命的な出会いをして結婚するが、価値観などが合わずに離婚を意識する。現代ならではの離婚の多さや、その理由や家族間の思いなども描写されている。様々な夫婦や家族の絆を描いた心温まるストーリーだ。

Read Article

ラストマンー全盲の捜査官ー(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ラストマンー全盲の捜査官ー(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ラストマン-全盲の捜査官-』とは2023年にTBS系「日曜劇場」枠にて放送されていたサスペンスドラマである。現代社会を多く取り上げており、登場人物たちの痛快なやりとりや事件を通しての人間関係などが描かれている。研修生として来日したFBI捜査官である皆実広見(演:福山雅治)は全盲でありながらも数々の事件を解決することから「ラストマン」と呼ばれていた。そんな皆実のアテンドに選ばれたのは護道心太朗(演:大泉洋)という嫌われ者刑事であり、正反対の2人は次々に起こる難事件に挑んでいく。

Read Article

仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ(Zi-O)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ(Zi-O)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ(Zi-O)』とは2020年に劇場上映、BD/DVDが発売された特撮ヒーローオリジナルビデオ作品である。『仮面ライダージオウ』のテレビシリーズの後日談で、主人公は仮面ライダーゲイツに変身する明光院景都。普通の高校生・明光院景都は謎のロボットに襲われ、戦いに巻き込まれてゆく。”守るために戦う”ことを決めた景都は仮面ライダーゲイツに変身した。景都が”救世主”を目指すきっかけとなった物語が描かれる。

Read Article

20世紀少年(漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

20世紀少年(漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

愛の渦(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

愛の渦(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『愛の渦』(映画)とは劇団「ポツドール」の主宰者であり劇作家として活躍中の三浦大輔が監督を務めた、セックスが題材の成人向け映画作品である。戯曲『愛の渦』は岸田國士戯曲賞受賞。待望の映画化に注目が集まった。舞台はとあるアパートの一室。そこはセックスを目的に集まった男女が乱交パーティーを行う裏風俗だ。集まったのはニートや女子大生、保育士にサラリーマンと見ず知らずの男女10名。肉欲に溺れる男女と交錯する人間模様を浮き上がらせた、セックスがテーマの映画となっている。

Read Article

怒り(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

怒り(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

2010年に国内の映画賞を総ナメにした大ヒット作「悪人」の原作者吉田修一と監督李相日が6年振りにタッグを組み、音楽に坂本龍一を加え、実力派のオールスターキャストで挑んだ感動のヒューマンミステリー。八王子の平静な住宅街で残忍な夫婦殺人事件が起こる。一年後のある日、千葉と東京と沖縄に素性の知れない3人の男が現れ、それぞれに重厚な人間ドラマが展開する。愛した人は、殺人犯なのか?2016年9月全国公開。

Read Article

リバース(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

リバース(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『リバース』とは、2017年4月から6月まで放送された湊かなえのミステリー小説が原作のテレビドラマである。主人公の深瀬和久は、10年前に大学時代の友人たちと卒業旅行に行った際、親友・広沢由樹が失踪し、遺体となって発見された。10年前の事件について深瀬たちに何者かが告発文を送りつけられ、その犯人を突き止めていくミステリー。現在と過去を交互に描いていくストーリーが、人気を博した。

Read Article

NEW
家政婦のミタ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

家政婦のミタ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『家政婦のミタ』とは、2011年10月から12月まで日本テレビ系で放送された、訳ありな過去を持つ完璧な家政婦を題材としたテレビドラマ。タイトルの由来は市原悦子主演で有名な『家政婦は見た!』のパロディ。頼まれたことは何でもやるが、常に無表情でミステリアスな家政婦・三田 灯が、一家離散の危機にある阿須田家に派遣される。命令されれば犯罪行為でもやってしまう三田だが、その行動によって家族は絆を取り戻していくというストーリー。最終回は40.0%を記録した。

Read Article

あのこは貴族(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

あのこは貴族(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『あのこは貴族』とは、山内マリコの小説『あのこは貴族』を原作としたヒューマンドラマ映画である。2021年2月に公開され、「富裕層」と「庶民」の鮮やかな対比が観客からの高い支持を得る。お嬢さん育ちの華子は婚活の末に理想の男性と結婚するが、嫁ぎ先からの重圧に悩む。大学進学を機に上京したが学費が続かず中退後、就職した美紀。「他力」を享受する特権階級と「自力」が前提の一般人を隔てる見えない壁。交わらないはずの「階層」を飛び超えた2人に見えてきた新しい自分。監督は、「グッド・ストライプス」の岨手由貴子。

Read Article

コンフィデンスマンJP -ロマンス編-(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

コンフィデンスマンJP -ロマンス編-(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』とは2019年に公開された、詐欺師をテーマにした映画作品。東京ドラマアウォードなどの賞を受賞した、総合視聴率15.1%の人気テレビドラマを映画化した1作目。大ヒットした痛快エンターテインメント映画で、ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人のコンフィデンスマン(信用詐欺師)が、悪い奴から詐欺で大金を巻き上げるストーリー。今回のおさかな(ターゲット)はラン・リウ。恋愛詐欺師のジェシーと日本のゴットファザーの赤星も加わり、香港を舞台にコンゲームを繰り広げる。

Read Article

マスカレード・ホテル(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

マスカレード・ホテル(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『マスカレード・ホテル』とは、東野圭吾が書いた人気小説『マスカレード・ホテル』を原作とした大ヒット映画である。木村拓哉主演の映画で、長澤まさみや小日向文世、渡部篤郎など豪華キャストがそろっている。物語は予告連続殺人事件の捜査のために、警視庁の刑事たちがホテル・コルテシア東京に潜入捜査をする。エリート刑事の新田はフロントクラークとして同じホテルの仕事をする山岸と共に、次々とホテルに来る怪しい宿泊客の対応をしていく。誰が殺人事件を起こそうとしている犯人なのかを突き止めていくミステリー映画。

Read Article

大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『大豆田とわ子と三人の元夫』とは、2021年にフジテレビ系火曜21時枠で放送された松たか子主演のドラマである。第76回文化庁芸術祭で優秀賞を受賞。大豆田とわ子は三度の離婚歴がある女性。周囲からは「バツ三なんだって」「人間的に問題があるのかね」という好奇の目で見られている。離婚した三人の元夫達にも振り回される日々。それでも「幸せになることを諦めていない」大豆田とわ子と元夫たちの奮闘を描く。本当の幸せを掴めるのか。これからの元夫達との関係は。新感覚のロマンティックコメディーである。

Read Article

僕のヤバイ妻(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

僕のヤバイ妻(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『僕のヤバイ妻』とは、2016年にフジテレビで放送されていた、脚本・黒岩勉、主演・伊藤英明のサスペンスドラマだ。その他、木村佳乃や相武紗季などが出演している。カフェを経営する望月幸平は、妻の望月真理亜との結婚生活に嫌気がさしていたが、別れられない事情があった。そんなある日、幸平は愛人の北里杏南に妻の殺害を持ち掛けられる。そこで幸平は真理亜の飲むワインに毒を仕込んで殺そうとするが、突然彼女が誘拐されてしまった。しかしその誘拐事件には、真理亜の思惑が潜んでいた。

Read Article

MIU404(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

MIU404(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『MIU404』とは、性格が全く違う二人の刑事が日本の社会問題に立ち向かいながら事件解決を目指す、警視庁機動捜査隊を舞台としたテレビドラマである。臨時部隊として新設された第4機捜に召集された刑事が志摩一未と伊吹藍だ。二人は相反する性格ながら、様々な事件に相棒として立ち向かうことになる。斬新なストーリーと共に、二人の刑事がバディとして絆を深めていく姿も目が離せない作品だ。

Read Article

彼らが本気で編むときは、(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

彼らが本気で編むときは、(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『彼らが本気で編むときは、』とは、家族の在り方やLGBT差別の問題について扱った、萩上直子監督のオリジナル脚本によるハートフル映画である。物語は、小学生のトモの母親が家出をしてしまうところから始まる。トモは母が帰ってくるまで面倒を見てもらおうと、叔父であるマキオの元へ向かうが、マキオは恋人であるトランスジェンダーのリンコと一緒に住んでいた。トランスジェンダーであるリンコにとまどうトモだったが、リンコの優しさやリンコを取り巻く人々との触れ合いを通して、心を開いていくストーリーとなっている。

Read Article

夜行観覧車(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

夜行観覧車(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『夜行観覧車』とは、2010年6月に単行本が発行された原作者・湊かなえによる小説で、2013年にテレビドラマ化されている。主演は平凡な主婦・遠藤真弓を演じた鈴木京香。憧れの高級住宅街であるひばりヶ丘に一軒家を建てて引っ越してきた遠藤一家と、向かいに住む高橋一家。家族ぐるみで親しくなっていく内に起こった事件をきっかけに崩壊していく家族の様子を描いた主婦の愛憎劇。読み終わったあとにイヤな気分になるミステリー「イヤミス」の女王と称される湊かなえの代表作の一つである。

Read Article

仮面ライダーリバイス(Revice)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

仮面ライダーリバイス(Revice)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『仮面ライダーリバイス』とは、テレビ朝日系列で放映されていた、東映制作の特撮テレビドラマ、および作中に登場するヒーローの名称である。全50話が放映された。仮面ライダー生誕50周年記念作品であり、令和の仮面ライダーシリーズ第3弾となる。悪魔と契約して変身する一人二役での仮面ライダーが主役である。敵味方共に多くの悪魔が現れて、激しい戦いが繰り広げられていく一方で、家族のつながりも強調されている。過去の因縁など物語は複雑だが、最初から最後まで見ることで理解が深まる作品である。

Read Article

君と世界が終わる日に(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

君と世界が終わる日に(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『君と世界が終わる日に』とは、2021年1月から3月まで日本テレビでドラマ放送された、竹内涼真主演のゾンビサバイバルドラマである。物語は主人公の間宮響が恋人の小笠原来美を探しながら、生存者たちと一緒にウイルスに感染した人間のゴーレムと戦い、ゴーレムのいない安全な場所を目指して旅するストーリーである。人間を襲うゴーレムを倒しながら、生存者たちの仲間の絆が深まっていき、みんなで助かろうと一生懸命に生きる姿を見られるドラマ。主人公の間宮響の諦めの悪い性格や襲ってくるゴーレムとの闘いも見どころのひとつ。

Read Article

南極料理人(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

南極料理人(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『南極料理人』とは、西村淳の著書『面白南極料理人』『面白南極料理人 笑う食卓』を原作とした、2009年の日本映画である。海上保安庁に勤務する「西村」は、同僚スズキの代理で、南極観測隊として派遣されることになった。そこでは、様々な個性やクセを持った7人の隊員と共同生活を送らなければならない。初めは打ち解けずトラブルもある隊員たちだったが、次第に南極での生活を楽しみ始めることとなる。この映画は人との関わりを考えさせつつも、くすっと笑えるポイントが随所にちりばめられた、ヒューマンコメディ作品である。

Read Article

勝手にふるえてろ(綿矢りさ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

勝手にふるえてろ(綿矢りさ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『勝手にふるえてろ』とは2017年に公開された日本のラブコメディ映画。芥川賞作家の綿矢りさの原作小説を松岡茉優主演で映画化。10年間も中学の同級生に片想い中で恋愛経験ゼロのヒロイン「ヨシカ」。そんな彼女に人生初めての彼氏ができる。ヨシカは片想いだけど妄想彼氏の「イチ」と初めて告白されてできた彼氏・会社の同僚「二」で勝手に二股を作り葛藤する。傷つきながらも暴走する主人公をコミカルに描く。監督は『でーれーガールズ』の大九明子。「第30回東京国際映画祭コンペティション部門」で観客賞を受賞した話題作。

Read Article

プラチナデータ(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

プラチナデータ(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『プラチナデータ』とは、東野圭吾によるミステリー小説をもとに、2013年に日本で公開された映画作品である。最新のDNA捜査によって検挙率100%、冤罪率0%を目指す近未来の日本を舞台とした作品だ。当初犯人を追う立場だった警察庁特殊捜査機関の天才科学者が突如犯人として追われる立場となり、それをベテラン刑事が追うストーリーとなっている。派手な逃走アクションでは日本映画にはあまり見ない迫力あるシーンも満載だ。ミステリアスな人物達の本当の姿が暴かれていくところも魅力のひとつである。

Read Article

新選組!(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

新選組!(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『新選組!』とは2004年1月から12月まで放送されたNHKの大河ドラマである。幕末を舞台に若者たちが命を懸けて己を貫く姿を中心に、青春群像劇として高い評価を得た。多摩の百姓であった近藤勇が真の侍になるため京に上り、仲間たちと新選組を結成し誠の忠義を貫くために戦い、生きていく姿が描かれている。香取慎吾をはじめ若手俳優たちが生き生きと演じたこと、また人気脚本家三谷幸喜の脚本も見どころの一つとされている。

Read Article

キングダム 運命の炎(キングダム3)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

キングダム 運命の炎(キングダム3)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『キングダム 運命の炎』とは、原泰久の漫画『キングダム』を原作とする2023年公開の実写映画作品。同シリーズでは3作目にあたるため『キングダム3』とも呼ばれる。キャッチコピーは「大いなる夢を、新しい時代を、その手で掴め―」。監督は佐藤信介が務め、主役の山﨑賢人や吉沢亮など主要人物の役者は全員が前々作から続投している。 趙の大軍に攻められた秦は、六大将軍の王騎を総大将にしてこれを迎撃する。将軍を志す剣士にして秦の若き王嬴政の友でもある信も従軍し、師である王騎から重要な作戦を託される。

Read Article

目次 - Contents