祈りのカルテ(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『祈りのカルテ』とは、 2018年に刊行された知念実希人の医療ミステリ小説原作で、2022年に放送されたドラマ作品である。研修医の諏訪野良太(すわのりょうた)は医者としてはひよっこだが、顔色を伺うことが抜群にうまい。問題を抱えた患者達に向き合い、心の謎を解き明かしていく。医者として成長していく姿や、カルテを見て患者の問題を暴いていくミステリー要素、コミカルな演技などがみどころの一つとなっている。

『祈りのカルテ』の概要

『祈りのカルテ』とは、2018年に刊行された知念実希人による医療ミステリ小説、および2022年に『祈りのカルテ研修医の謎解き診察記録』と改題され放送されたドラマである。元々は全5話からなる連作短編集であったが、2021年に文庫本として刊行されたのち2022年に『祈りのカルテ再会のセラピー』として続編が刊行された。知念実希人は、江戸川乱歩やシャーロック・ホームズに興味があり小説家になりたいと思っていたが、現実的な職業として祖父や父と同じ医師への道に進んだ。2004年に東京慈恵会医科大学を卒業、医師国家試験に合格し内科医として勤務する。4年間働き内科医の認定医となってから本格的に小説の執筆にとりかかり、以来医師の父親が開業する医院で診療しながら執筆活動を続けている。2011年、『誰がための刃 レゾンデートル』(応募時のタイトルは『レゾン・デートル』)で第4回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞。デビュー後はなかなか小説が売れなかったのでバイトで医師を続けながら執筆していた。ドラマ『祈りのカルテ』は、2022年10月8日から12月17日まで日本テレビ土曜ドラマ枠で、玉森裕太主演で放送された。

純正医科大学附属病院1年目の研修医諏訪野良太(すわのりょうた)は知識も技術も全然足りてない研修医だが、空気を読むことや相手の顔色を読むことはずば抜けてうまい。その特技を生かし気難しい患者や、心を閉ざしている患者と上手く打ち解けながら研修医として日々奮闘している。研修医たちは2年間の初期研修で様々な科を回り、将来進む道を決める。良太も各科を回り癖の強い患者や先輩医師に振り回されながらも、患者に寄り添いカルテに隠された謎を解き明かす医療×ミステリードラマとなっている。

主演が玉森裕太とあってファンから可愛いや面白い、1話完結型なので見やすいなどの評価がある。医療とミステリーが融合したドラマだが、ストーリーはコミカルな演出もありそういった部分でも評価されている。

『祈りのカルテ』のあらすじ・ストーリー

初期研修の始まり

主人公諏訪野良太(すわのりょうた)は純正医科大学附属病院で研修医として初期研修を始めようとしていた。同期は良太合わせて6人居る。曽根田みどり(そねだみどり)は「ダイエット中のヘモグロビンの数値がどう変わるかみたくて」と、橘麻友(たちばなまゆ)の採血をしていた。その横で牧村康雄(まきむらやすお)が「もう勘弁してよ」と嘆いているのは、冴木裕也(さえきゆうや)に採血を何回も失敗されたからだった。裕也がみどりに「点滴の練習させて」と騒いでいると、谷川聖人(たにがわまさと)が「静かにしろよ」と一喝する。聖人は「いつまで学生気分だよ。俺らもう医者だろ」と言うと裕也が「俺らまだ研修医。医師免許持ってるだけで経験値ゼロLevel1、雑魚キャラも倒せない」と言い返していた。谷川に「大体みんなどの科に行くかもう決めたのか?」とみんなに聞いた。みどりは「外科一択でしょ」と言うが橘は「それはおいおいってことで」とまだ決めてない人も居る。これから良太達6人は2年間かけて初期研修で色んな科を回り、将来自分がどの科に行き医師として歩んでいくかを決めるのだ。

精神科・外科・産婦人科

ベッドで横になる文香を画像真ん中の木佐貫と、右端の良太で説得するシーン

良太がカルテを作成し一息ついていた時、救急で患者が搬送されてきた。山野瑠香(やまのるか)は自宅で過剰の睡眠薬を摂取し自分で救急車を呼んだのだ。診察にあたった医師は「ここ2年間毎月この症状で運ばれてくる。ただかまってほしいだけだよ」と言い、最低限の処置をして入院となった。良太は精神科の指導医の立石聡美(たていしさとみ)からの指示で瑠香の担当医となる。良太は瑠香の血液検査のデータを見てある事に気づいた。それは過剰摂取されたとしている睡眠薬が一ミリも検出されていないことだった。そしてカルテを見ていた時に毎月必ず5日に退院していることに気づき、瑠香の現状について情報をまとめた。良太は「退院すると言っていた5日は生活保護の支給日です。元旦那さんから生活保護のお金搾取されてませんか?彼から逃げるために病院に逃げていたのでは?」と良太は泣きながら瑠香の心配をし真摯に話をした。立石も「警察に話して保護してもらった方がいい」と言うが瑠香は「今すぐ退院する。病室から出て行って!」と激怒して退院してしまった。しかしその日の当直中、良太に外来から電話が入り駆け付けると怪我をした瑠香が居た。瑠香は「あの後元旦那に会ってもう終わりにしたいって言った。警察には電話していたからすぐに捕まった。これから被害届だす」と良太に話した。瑠香は「先生気づいてくれてありがとう。また世話になるね」と前向きに事が進み、良太の精神科での研修は終わったのだった。
次に良太が研修に行ったのは外科だった。そこで胃がんの内視鏡手術を控える近藤玄三(こんどうげんぞう)に出会う。最初は手術に前向きだった玄三がある日突然「手術辞めます。私は癌じゃないからです!」と言い出した。指導医の冴木真也(さえきしんや)と共に話を聞きに行くが意見は変わらず良太は困っていた。ある日良太は、玄三がロビーで怪しい男と話している姿を見かけた。玄三の元へ話を聞きに行くと、玄三から「先生私やっぱり手術受けます。ただ、内視鏡じゃなくて腹を切ってください!」と言い出したのだ。良太は「それってロビーで話していた人に何か言われたからですか?」と聞くが、隣で娘の幸子と孫の真緒がその会話を聞いていたので理由を知られたくないのか玄三は黙秘した。後で、玄三と相部屋の若宮悟志(わかみやさとし)が良太に「昨日玄三さんが『家族の為に腹をきるんだ』って言ってた」とこっそり教えてくれた。そして、ロビーで会っていた怪しい男についても知っており保険屋だという事が分かった。良太は玄三に「内視鏡で手術ができる程度の粘膜内癌の場合保険金はおりないと保険屋から言われたんですよね?保険金を受け取る為には開腹手術で胃の粘膜を摘出して病理検査で調べるしかない。大事な家族の為ですよね」と話した。冴木は「万が一病理検査で粘膜内に癌がとどまっていた場合、ただ体を危険な目に合わせただけになってしまいます」と言うが「それでも大事な家族の為に何かしてあげたかった。最後のチャンスなんです」と言う。それを聞いて冴木は開腹手術をする事を決意した。そして検査の結果、粘膜のしたまで癌細胞が達していた事が分かると、玄三は「よっしゃー!」と喜んだ。家族は不思議に思っていたが冴木の説明では「ごくわずかな量な為完治したと思ってもらっていい」との事だった。これで保険金ももらえ病気も治った玄三はににこやかに退院していった。良太は外科での研修を終え、次は産婦人科へ行った。
良太は産婦人科の指導医木佐貫英子(きさぬきえいこ)と共に、切迫早産で入院中の小野文香(おのふみか)の病室へ向かった。病室には離婚した元夫本郷正和(ほんごうまさかず)と、現恋人岡田俊一(おかだしゅんいち)が現れ二人とも自分の子供だと主張するが、文香は岡田の子供だと言い切った。さらに切迫早産の治療は受けるが検査は受けないと言いだし、それが無理なら来月帝王切開で取り出してくださいと無茶を言ってきた。良太は文香の元へ行き「小野さんもしかして病気とか隠してますか?」と聞いた。文香は明らかに動揺を見せた為良太は確信し、岡田に対して「病気を隠している可能性がある。今すぐ検査を受けないとリスクが増えます。赤ちゃんと小野さんのケアができますか?」と尋ねると「僕にはそんなこと出来ないです。なぜなら父親じゃないんです。父親のふりをして欲しいと頼まれただけなので」と事実を教えてくれた。弁護士の文香に依頼した時に費用を払わなくていい代わりに、父親のふりをして欲しいと頼まれたのだ。文香は過去に辛い不妊治療をしていたが流産してしまった経緯がある。今回妊娠したものの、子宮頸がんも発覚したため本郷を悲しませない為に嘘をついたのだった。その後文香は帝王切開で出産すると同時に癌治療も開始しし、本郷もそんな文香を全力で支えると二人の仲は修復した。こうして良太の産婦人科での研修は終わった。

総合診療科・循環器内科・小児科

次の研修先は総合診療科だった。同期の裕也共に、指導医の榊健太郎(さかきけんたろう)の元へ向かった。ここで担当になった患者工藤香織(くどうかおり)は原因不明で総合診療科へ回ってきた。香織の話だと仕事中に手指がしびれ、麻痺が現れ倒れたとのこと。職場の同僚が嫌がらせでコーヒーに薬を入れたに違いないと主張した。だが血液検査からは毒物の検出はされず、腹部超音波、頭部MRIどれも異常は見当たらなかった。仕事に戻った香織は再び倒れ救急に運ばれてきたが、榊の診察により急性間欠性ポルフィリン症と診断された。説明では「過度なストレスや過労で発作が出るがコントロールできるのでうまく付き合っていけば生活に支障はないです」と言われ安心した。しかし母親がわざと発作が出やすい食べ物や飲み物を与えていたり、特殊な睡眠薬を飲ませていた事が分かった。母は過労で亡くなった香織の父の様になる事を心配して、仕事を辞めさせる為にわざとしていたと語ったのだ。最初は母親の行動が理解できず激怒する香織だったが、裕也が「親子だからどんな事をしても娘の命を守りたかったんだと思います。子供の事が憎い親なんていませんよ」と声をかけた。1か月後検診に来た香織は仕事を辞め、本当に自分のやりたいことを見つけますと母と仲直りしていた。これで良太達の総合診療科での研修は無事終わったのだった。
次の研修先の循環器内科へ行くと、指導医の上林晃太郎(うえばやしこうたろう)に連れられ良太とみどりは特別病棟へ向かった。そこには女優の愛原絵理(あいはらえり)が入院していた。絵理は突発性拡張型心筋症を患っており、アメリカで移植手術を受けるまでここで入院する予定なのだ。良太がカルテをみると本名四十住絵里と書かれており、腎炎で入院していた四十住沙智(あいずみさち)の実の姉だという事が分かった。みどりは沙智の担当だった事もあり、全然会っていないと話す沙智の為にと絵理の病室に連れて行った。しかし絵理は、沙智を突き放し病室から追い出してしまう。絵理の本当の目的は自分が病気だという事を拡散して募金活動をし、病気で苦しんでいる人たちへ寄付をする事だった。寄付をした直後絵理は急変し脳死状態になってしまう。絵理はドナーカードを持っていた為、沙智に腎臓が移植されることとなった。生前沙智に宛てた手紙を残しており、そこには優しい言葉で生きて欲しいと記されていた。良太は初めて大きな死に直面し落ち込むが、立石から「この先もっと多くの死を見ることになる。日常になるが、それに慣れず今日の事を忘れるな」と声をかけてもらい、少し前向きになっていった。
次の研修先は小児科だった。ここでは聖人と一緒に医局へ向かう。指導医の志村雄一(しむらゆういち)から「子供は小さな大人ではありません。ここでは想像もしていなかった事が日々起きます。それにどう対応するか、君たちなりのやり方を見つけてください」と言われた。そこへ小児喘息の発作で搬送されてきた姫井姫子(ひめいひめこ)の担当になった。姫子は度々病室から居なくなり、その度に志村に連れられて帰ってきていた。ある日も居なくなった姫子を探していると製薬会社の営業マン灰崎彰吾(はいざきしょうご)が血相を変え「薬を!!」と良太の元へ走ってきた。その先には姫子が発作で座り込んでおり、大事には至らなかった。灰崎は、姫子の母親姫井裕子(ひめいゆうこ)の元旦那で姫子の父親だった。姫子は母親が離婚後、環境変化のストレスで喘息が悪化した。入院した病院で父が営業をしているのを見つけ、入院すれば父に会えると思い与えられた薬を飲まずにいたのだった。隠れて父親に会っていた事に裕子は激怒し「二度と姫子に会わないで。父親が二人も居たら混乱するでしょ」というが、良太は「それは誰の為の約束ですか?姫子ちゃんちゃんと分かっていると思います。『お父さんの事もパパの事も好き』だって言ったんです。その言葉に嘘は無かったと僕は信じています」と伝えた。その後灰崎は「月1姫子に会えるようになった」と嬉しそうに報告したのだった。

救命救急科・皮膚科

良太は同期の牧村と救命救急科へ研修に来た。指導医の柚木慧(ゆずきけい)からは「救急でのコツは迷わず脊髄反射で治療する事」と教わった。患者秋田竜也(あきたたつや)は自ら救急要請し、意識不明で搬送されてきた。良太がぶどう糖を注射すると痙攣をおこした為、薬物中毒が疑われたが検査結果に異常は見られなかった。しかし秋田はしつこく消化器内科に入院させろと訴えていた。検査中も意識不明で倒れるが暫くすると元通りになる。良太はカルテを見て秋田は糖尿病だと推測した。搬送時はインスリン注射で低血糖を起こし意識不明にさせ、尿検査時には飴を食べてからインスリン注射を打って意識障害から回復していた。秋田がここまで入院にこだわっていたのは、30年前に離別した母親が入院しており誕生日を祝ってあげたいという思いからだった。柚木は「そんな理由で救急を使ったら迷惑です」と一喝するが、良太達に「二度と戻って来ないよう表まで送り届けて。0時までに戻ってくればいいから」と気を利かせてくれたおかげで、秋田は30年ぶりに母親と再会する事が出来たのだった。
次に同期の橘と皮膚科の研修へ行った。ここでは女医が多く比較的平和だが、ある患者が来ると大変だよと指導医の桃井佐恵子(ももいさえこ)から言われていた。そこへ搬送されてきたのは右足に重度の火傷を負った守屋春香(もりやはるか)だった。良太が包帯の交換中、皮膚に黒い跡がある事に気づいたが、次の日には火傷が広がっており黒い跡が消えていた。春香が病院を抜け出した日、町では放火が起きていた。橘はたまたま近くで春香を目撃し放火犯ではないのかと疑った。しかし実際には、過去に右足に入れたタトゥーを消したいが為に自分で油を足にかけたのだった。春香には幼い子供がおり、恋人と結婚を考えていた為タトゥーがバレたくない一心だった。良太は「自分の体をもっと大事にしてください」と涙ながらに訴え「ちゃんと二人で話し合うべきです」と提案した。春香は鍋島にタトゥーの話をすると「そんな事で嫌いになるわけない」と言われ、春香も「私だって職業嘘ついてたことくらいで嫌いにならないよ」と気持ちを分かち合い、鍋島からのプロポーズも受け入れたのだった。

腎臓内科・緩和ケア科

病室で会話する良太と広瀬

良太が腎臓内科で出会ったのは14歳から透析をうけている桐生鈴音(きりゅうすずね)だった。末期腎不全で母親からの移植手術待ちだったが、術前の検査で異常が見つかり再検査の為移植手術が延期になってしまった。鈴音の2回目の検査結果は異常なかったが、今度は母親の心電図に異常がみられ再び延期となる。移植が決まる度に異常が見つかる為、良太は何かあると指導医の大賀寛太(おおがかんた)に相談した。良太は鈴音に聞き取りをしたりカルテを見た結果、検査技師の小笠原一博(おがさわらかずひろ)が細工したものと分かった。鈴音は実家の料亭を守る為、移植手術後に政略結婚する予定だったが、昔から支えてくれていた小笠原と恋仲になっており結婚を阻止する為に検査結果を偽造したのだった。自分の気持ちを打ち明けた鈴音に対し母親は「今まで気づけなくてごめんね」と二人の仲を認めたのだった。
良太の最後の研修先は緩和ケア科だった。そこで受け持ったのは広瀬秀太(ひろせしゅうた)だ。広瀬は良太が研修初期に院内で何回か出くわした事があり、顔見知りだった。ある日突然刑事が良太の元を訪れ「過去に広瀬さんが強盗容疑で逮捕されたが、冤罪の可能性があるんです。自分が担当した事件だが、間もなく定年なのでこの事件だけは白黒はっきりさせたいんです。でも広瀬さん会ってくれないので諏訪野先生から会ってもらえるよう言ってくれませんか?」と言う。良太は「なんで僕なんですか?」と聞くと「諏訪野先生、広瀬さんの息子さんですよね?」と言われ良太は混乱した。幼い頃に父親は死んだと思っていたが、広瀬と大学の同期ですべてを知っていた冴木真也から当時の事件DVDを見せてもらい広瀬が父親だという事を聞かされた。突然父親が生きていると言われても混乱する良太だったが、自分に何ができるか考えた。良太は広瀬を元気づけようと院内を一緒に歩き、食堂でご飯を食べたり良太の同期と会話したりして回った。そして最後に病室で「広瀬さんが冤罪だという証拠を見つけました」と言い、盗まれた現金が発見された事を伝えた。良太は「父さんが2歳の誕生日にくれたおもちゃずっと持ってたんだ」と見せると「最後に俺を父親にしてくれてありがとう」と涙を流した広瀬だった。
こうして良太達の2年に及ぶ研修は終わり、各自自分の思いを持って別々の道を歩みだしたのだった。良太は広瀬から「良太先生に合う科を探してるんだ。このメモ俺が死んだら開けてね」ともらっていたメモを開けると、そこには循環器内科と書かれていた。良太は「あ。正解だ」と、循環器内科で新たな道をスタートさせたのだった。

『祈りのカルテ』の登場人物・キャラクター

主要人物

諏訪野良太(すわのりょうた/演:玉森裕太)

純正医科大学附属病院1年目の研修医。この作品の主人公。人当たりが良く空気を読むことに天才的に長けている。そのおかげでどんな気難しい患者や親族でも、良太には心を開いていく。小さい頃に父親を亡くし、再婚相手の顔色を伺いながら生きてきた。諏訪野はその再婚相手の姓。医者としての適性が分からず悩んでいるが、様々な研修科で患者と向き合い立ち向かっている。1997年4月22日生まれ。最終話で循環器内科を選ぶ。

曽根田みどり(そねだみどり/演:池田エライザ)

純正医科大学附属病院1年目の研修医。良太の同期。同期の中で一番優秀でプライドも高い。医学オタクで仲間の採血をしたがる変わった一面もある。患者にどう接していいかわからず悩んでいるが、沙智の事をずっと気に掛ける世話好きな一面もある。最終話で小児科を選択する。

冴木裕也(さえきゆうや/演:矢本悠馬)

ayu6166
ayu6166
@ayu6166

Related Articles関連記事

Kis-My-Ft2(キスマイ)とは【徹底解説まとめ】

Kis-My-Ft2(キスマイ)とは【徹底解説まとめ】

Kis-My-Ft2(キスマイ)とは、2011年8月10日シングル『Everybody Go』でCDデビューした7人組。メンバーは北山宏光、千賀健永、宮田俊哉、横尾渉、藤ヶ谷太輔、玉森裕太、二階堂高嗣。グループ名はメンバーのイニシャルから1文字ずつ取ってつけられた。ローラースケートでパフォーマンスを得意としている。また、グループだけでなく個人でも主演映画やドラマ、CMなど幅広い場所で活躍を続けているグループ。

Read Article

賭ケグルイ(Kakegurui)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

賭ケグルイ(Kakegurui)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『賭ケグルイ』とは2014年に原作河本ほむら、作画尚村透によって出版社スクエアエニックス『月刊ガンガンJOKER』で連載が開始されたギャンブル漫画である。名門、私立百花王学園に転校してきた蛇喰夢子(じゃばみ ゆめこ)は大きなリスクを負うことに興奮を感じる通称『賭ケグルイ』だった。 人間の心の闇、執着、醜さと言ったリアルで生々しい表現は、日本国内のみならず世界中から評価されている。2017年7月にアニメ1期『賭ケグルイ』の公開。2019年1月にはアニメ2期『賭ケグルイxx』が公開された。

Read Article

NEW
どうする家康(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

どうする家康(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『どうする家康』とは、2023年に放送されたNHK大河ドラマ第62作。脚本家の古沢良太が新たな視点で主人公の徳川家康の生涯を描く。室町時代後期から江戸時代の日本が舞台。両親と離れ離れになり、駿河国大名・今川義元の人質として孤独な人生を送るものだと思っていた少年はやがて弱小国の主となる。様々な選択をしながら戦いのない世界を目指し、乱世に飛び込んでいく物語である

Read Article

アイネクライネナハトムジーク(小説・漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

アイネクライネナハトムジーク(小説・漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『アイネクライネナハトムジーク』とは、2014年に発刊された伊坂幸太郎の連作短編集を原作とした、2019年に公開された日本映画である。監督は今泉力哉。会社員の佐藤(さとう)は、恋愛したいと思いつつも「出会いがないから」と理由をつけて恋愛に積極的になれずにいた。それを友人の織田一真(おだかずま)や妻の由美(ゆみ)らが見守る中、佐藤と本間紗季(ほんまさき)は劇的な出会いを果たす。この作品は、佐藤と紗季やその周りを取り巻く人々が10年にわたって織りなす物語を穏やかに描き出す作品である。

Read Article

Mother(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

Mother(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『Mother』とは、2010年4月から水曜22時に日本テレビ系で放送されていたドラマで、坂元裕二が脚本を手掛ける。主演は松雪泰子。その他、山本耕史や芦田愛菜などが出演している。母性をテーマに、様々な視点から母親について描かれている作品である。小学校教諭の鈴原奈緒は、ある日教え子の道木怜南が極寒の中でゴミ袋に入れられ、捨てられているのを発見する。それをきっかけに、奈緒は怜南の母親になることを決意し、彼女を誘拐した。そして奈緒は怜南の母親になることで、女性として人間として成長していくのだった。

Read Article

SUNNY 強い気持ち・強い愛(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

SUNNY 強い気持ち・強い愛(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『SUNNY 強い気持ち・強い愛』とは、韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』を原作とした2018年公開の青春音楽映画。90年代、社会の中心にいた“コギャル”たち。コギャルとして青春を共に過ごした“SUNNY”の6人は、ある事件の後バラバラになってしまう。20年以上の時を経て、あるきっかけから一人、またひとりと再会していく。光と影、理想と現実をそれぞれ抱えて生きてきた6人の複雑な思いが、懐かしい90年代ヒットソングに乗せて、90年代と2018年の場面が交差しながら展開される愛と青春の音楽ストーリー。

Read Article

銭ゲバ(Zeni Geba)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

銭ゲバ(Zeni Geba)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「銭ゲバ」とは、ジョージ秋山の漫画を原作したテレビドラマ。幼い頃、母親の桃子と貧しい生活を送っていた風太郎。父親の健蔵は働きもしないで女と酒に溺れ、桃子に暴力を振るうようになる。優しい母だけが風太郎にとって心の支えだった。しかし貧乏生活ゆえ、桃子は身体を壊してしまい、薬を買うお金さえなかったため帰らぬ人となってしまう。お金がなかったから母は死んだと子供ながら理解した風太郎は金に取りつかれていく。

Read Article

リバース(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

リバース(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『リバース』とは、2017年4月から6月まで放送された湊かなえのミステリー小説が原作のテレビドラマである。主人公の深瀬和久は、10年前に大学時代の友人たちと卒業旅行に行った際、親友・広沢由樹が失踪し、遺体となって発見された。10年前の事件について深瀬たちに何者かが告発文を送りつけられ、その犯人を突き止めていくミステリー。現在と過去を交互に描いていくストーリーが、人気を博した。

Read Article

ダウンタウンのごっつええ感じとは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ダウンタウンのごっつええ感じとは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ダウンタウンのごっつええ感じ』とは、フジテレビ系列で放送されていた伝説のお笑い番組である。通称は『ごっつ』。ダウンタウン、今田耕司、130R、東野幸治、YOU、篠原涼子、西端弥生などが出演していた。1991年から1997年まで放送されていて、「ゴレンジャイ」、「兄貴」、「オカンとマー君」、「MR. BATER」といった数多くのコントを生み出した。また、セクハラや暴力が頻繁にあり、いじめや差別につながるかも知れない企画などが多いため、クレームが殺到していたことも有名である。

Read Article

グランメゾン東京(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

グランメゾン東京(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『グランメゾン東京』とは、2019年に放送された、天才シェフが東京で三ツ星レストランを目指すテレビドラマ。尾花夏樹は経営するパリの店で事件を起こして全てを失ってしまう。そんな中、女性シェフ早見倫子に出会い、共に「グランメゾン東京」を開店させ、三つ星獲得を目指すストーリー。『グラグラメゾン♥東京 〜平古祥平の揺れる思い〜』というスピンオフドラマも放送された。

Read Article

大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『大豆田とわ子と三人の元夫』とは、2021年にフジテレビ系火曜21時枠で放送された松たか子主演のドラマである。第76回文化庁芸術祭で優秀賞を受賞。大豆田とわ子は三度の離婚歴がある女性。周囲からは「バツ三なんだって」「人間的に問題があるのかね」という好奇の目で見られている。離婚した三人の元夫達にも振り回される日々。それでも「幸せになることを諦めていない」大豆田とわ子と元夫たちの奮闘を描く。本当の幸せを掴めるのか。これからの元夫達との関係は。新感覚のロマンティックコメディーである。

Read Article

ダウンタウンのごっつええ感じ(ごっつ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ダウンタウンのごっつええ感じ(ごっつ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「ダウンタウンの伝説の番組」といえば「ごっつええ感じ」を抜きには語れない。1991年12月~1997年11月まで放送されたこのバラエティー番組は、見ないと学校で月曜日の話題に取り残されたものだった。この番組の人気は、ダウンタウンだけではなく、メインキャストの名を一気に全国区に押し上げていくこととなる。90年代に少年時代を過ごした人達にとっては、忘れられない衝撃だった。

Read Article

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―(3A)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

3年A組 ―今から皆さんは、人質です―(3A)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー』とは、日本テレビ系で2019年に放送された日本のテレビドラマ。半年前に起きた女子生徒・景山澪奈の自殺の真相を明らかにするため、美術教師の柊一颯が生徒たちを人質に取った立てこもり事件を起こす、異色の学園ドラマである。主演は菅田将暉。生徒役には永野芽郁や今田美桜、森七菜などが出演している。『電車男』や『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』などのヒットドラマを生み出した武藤将吾が脚本を手掛ける。

Read Article

謎解きはディナーのあとで(謎ディ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

謎解きはディナーのあとで(謎ディ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『謎解きはディナーのあとで』とは、東川篤哉による同名小説を原作とした、フジテレビ系列の連続推理テレビドラマである。2011年10月から火曜21時枠で放送され、最高視聴率18.1%を記録した。世界有数の大企業の令嬢・宝生麗子は、お嬢様であることを隠し国立署の新人刑事として日々奮闘していた。麗子の新たな執事となった影山は毒舌を吐きながら、麗子から聞く捜査内容だけで事件を推理し解決に導いてゆく。毒舌執事を嵐の櫻井翔が、お嬢様刑事を北川景子が演じ話題となった。

Read Article

ATARU(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ATARU(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ATARU』とは、2012年にTBSで日曜21時に放送された、櫻井武晴が脚本を手掛けたドラマ。主演は中居正広。その他、北村一輝や栗山千明などが出演している。サヴァン症候群で特殊な能力を持った謎の青年・アタルが、警察と一緒に難事件を解決していく推理ミステリードラマである。2013年に公開された映画では、アタルと同じサヴァン症候群の女性が現れ、アタルが彼女の起こした事件に巻き込まれていく。

Read Article

ノーサイド・ゲーム(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ノーサイド・ゲーム(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ノーサイド・ゲーム』とは、2019年に発行された原作者・池井戸潤の小説及び、大泉洋主演で2019年7月から9月まで放送された、ラグビーをテーマとしたテレビドラマ。ラグビーの素人であるトキワ自動車経営戦略室次長の君嶋隼人(きみしまはやと)が、アストロズを立て直してラグビー界を盛り上げるために孤軍奮闘するストーリー。日本で開催されたラグビーワールドカップ2019の応援ドラマとして放送された。第102回ザテレビジョンドラマアカデミー賞を受賞している。

Read Article

何曜日に生まれたの(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

何曜日に生まれたの(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『何曜日に生まれたの』とは野島伸司の脚本のオリジナルドラマである。2023年8月から10月まで放送された。主人公のすいは、学生時代にバイク事故に遭い人生が大きく変わってしまう事になる。その後部屋に閉じこもってしまう、こもりびととして10年間過ごし、父親の仕事がきっかけで、第2の人生を歩みだす。高校時代の仲間や恋愛模様が描かれたヒューマン物語で、すいがこもりびとを卒業できるきっかけになる。またバイク事件の真相や、こもりびとになった経緯などが徐々に明かされる為、早く続きが見たくなると話題になった。

Read Article

SUPER RICH(スーパーリッチ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

SUPER RICH(スーパーリッチ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『SUPER RICH』とは2021年秋にフジテレビ系の木曜ドラマ枠で放送されていたテレビドラマ。主演は江口のりこである。主人公はベンチャー企業の破天荒な女性社長である氷河衛(ひょうがまもる)。お金には困ったことがないが家族の愛情をうけてこなかった衛。反対に愛情であふれた家庭で育ったがお金がない春野優(はるのゆう)とともに会社を経営していくなかで、山あり谷ありの経験をしていく。孤独だったキャリアウーマンが信頼している社員たちと共に、いばらの道を次々に乗り越えていく人生を描いた作品である。

Read Article

キングダム2 遥かなる大地へ(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

キングダム2 遥かなる大地へ(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『キングダム2 遥かなる大地へ』とは、古代中国で“天下の大将軍”となることを目指す少年の活躍を描いた、原泰久の同盟漫画作品の実写映画シリーズ第2弾である。公開翌年となる2023年には、同シリーズ第3弾となる『キングダム3』の公開が決定している。 500年もの間戦乱の中にある古代中国。魏国の軍勢の侵攻を受けた秦国は、これを迎撃するための軍を編成する。ひょんなことから秦国王宮内の人々と知り合った奴隷の少年信は、天下の大将軍になるという夢を叶えるためここに参戦。本物の戦場の中で剣を振るう。

Read Article

六本木クラス(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

六本木クラス(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『六本木クラス』とは2022年に日韓共同プロジェクトによって製作された日本のドラマ。2020年に韓国で放送された『梨泰院クラス』のリメイク作品で、主演を竹内涼真が務めた。主人公の宮部新は交通事故によって父親を亡くす。しかし事故は大手外食チェーンの長屋ホールディングスの息子・長屋龍河が起こしたもので、その不祥事が明るみに出ないよう、父・長屋茂によって真実は隠蔽された。新は復讐を誓い、長屋ホールディングスを潰してのし上がる計画を立てる。数年後、飲食店の経営者となった新は下剋上に挑む。

Read Article

スマホを落としただけなのに(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

スマホを落としただけなのに(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『スマホを落としただけなのに』とは、志駕晃(しがあきら)のミステリー小説および、中田秀夫が監督を務めたミステリー映画である。原作は第15回『このミステリーがすごい!』大賞で最終候補に残った人気シリーズだ。賞には落選したが、編集部推薦の「隠し玉」としてシリーズ化され、全3巻が刊行された。 主人公の麻美の彼氏である富田がスマホを落とした日から、麻美の周囲で不可解な出来事が起こり始める。やがて事態はネットに留まらず連続殺人事件、そして麻美の秘密をも暴いていくことになる。

Read Article

億男(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

億男(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『億男』とは、映画プロデューサーで小説家の川村元気による長編小説・およびそれを基にした映画作品である。主人公の大倉一男は借金返済のために昼夜問わず働いて必死にお金を稼いでいた。そんなある日、偶然手に入れた宝くじが当選し、一男は3億円を手にする。突然大金を所持したことに不安を抱え、旧友である古河九十九に相談。しかし彼は3億円と共に失踪してしまう。一男は九十九を探す過程で様々な大金持ちと出会い、お金の価値を学んでいく。

Read Article

ゴールデンカムイ(実写映画版金カム)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ゴールデンカムイ(実写映画版金カム)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

実写版『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルの同名漫画を原作とする2024年公開の映画作品。山﨑賢人、山田杏奈、玉木宏、舘ひろしといった豪華俳優陣が出演し、監督は久保茂昭が務めた。キャッチコピーは「猛き者達よ、奪い合え」、「果たすべき、使命はあるか」。 明治末期の北海道。戦争帰りの兵士杉元佐一は、「アイヌがどこかに隠した莫大な金塊」の噂を耳にする。金塊を巡る陰謀の中で父を失ったアイヌの少女アシリパと出会った杉元は、彼女と組んで金塊探しに挑み、その情報を持つ脱獄囚たちや陸軍との争奪戦を繰り広げる。

Read Article

乃木坂46とは【徹底解説まとめ】

乃木坂46とは【徹底解説まとめ】

乃木坂46とは、2011年8月21日に「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ。AKB48と同じく秋元康プロデュースのグループであり、のちに誕生する「欅坂46」や「日向坂46」など「坂道シリーズ」の第一弾グループでもある。当初はAKB48のライバルということで何かと比較されることが多かったが、現在では第59回、及び第60回の日本レコード大賞を連続受賞するなど、「AKB48の公式ライバル」という看板はもはや不要の「乃木坂46」という唯一無二のアイドルグループとして君臨している。

Read Article

AKB48グループ・坂道シリーズのスキャンダルまとめ

AKB48グループ・坂道シリーズのスキャンダルまとめ

AKB48グループ・坂道シリーズは、秋元康がプロデュースする女性アイドルグループ・AKB48および姉妹グループ、坂道シリーズのことである。恋愛禁止を掲げるアイドルグループとしても有名であるが、スキャンダルや騒動が後を絶えない。ついにはグループに在籍しながら結婚宣言を行ったメンバーも現れ、世間を騒がせている。

Read Article

乃木坂46の家族エピソードまとめ

乃木坂46の家族エピソードまとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、この2番組で放送された内容を中心に乃木坂46のメンバーと家族とのエピソードをまとめて紹介する。

Read Article

乃木坂46のハロウィン仮装まとめ

乃木坂46のハロウィン仮装まとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、ハロウィン時にこの2番組で放送されたメンバーによる仮装の模様や、その後のゲーム大会などをまとめて紹介する。

Read Article

乃木坂46の学力テストまとめ

乃木坂46の学力テストまとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、この2番組で放送された学力テスト企画「頭脳(NO)王決定戦」の内容を紹介する。

Read Article

乃木坂46の名言・迷言・発言まとめ

乃木坂46の名言・迷言・発言まとめ

乃木坂46とは、2011年8月21日に「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ。AKB48と同じく秋元康プロデュースのグループであり、のちに誕生する「欅坂46(現櫻坂46)」や「日向坂46」など「坂道シリーズ」の第一弾グループでもある。本記事では、乃木坂46が出演したテレビ番組や雑誌等で行なわれたインタビューから、印象深い名言や迷言、発言を集め、加入した期生別・メンバー別(50音順)に紹介する。

Read Article

【キスマイBUSAIKU!?】役得!マイコ役を徹底紹介!【Kis-My-Ft2】

【キスマイBUSAIKU!?】役得!マイコ役を徹底紹介!【Kis-My-Ft2】

ジャニーズタレントのKis-My-Ft2がメインを務めるバラエティ番組『キスマイBUSAIKU!?』。その中で放送される「キスマイBUSAIKUランキング」では、毎回キスマイのメンバーが“自分が考えるカッコいいシチュエーション”を披露し、その相手役としてマイコと呼ばれる役を女優が務めるのが常となっている。キスマイファンとしては「自分がやりたい」との声も相次ぐマイコ役を務めた女優たちの情報を紹介する。

Read Article

Kis-My-Ft2玉森裕太と藤ヶ谷太輔が着けていたアクセサリーまとめ【キスマイ】

Kis-My-Ft2玉森裕太と藤ヶ谷太輔が着けていたアクセサリーまとめ【キスマイ】

ここではアイドルグループ「Kis-My-Ft2」の人気メンバー、玉森裕太と藤ヶ谷太輔が身に着けていたアクセサリーをまとめた。2人がプライベートで愛用しているブランド名やアクセサリーの値段など、ファンにはたまらない情報が満載だ。2人のハイセンスなアクセサリーの使い方にも注目。

Read Article

フレッシュな可愛さ!乃木坂46堀未央奈の画像まとめ【水着写真あり】

フレッシュな可愛さ!乃木坂46堀未央奈の画像まとめ【水着写真あり】

乃木坂46の2期生に合格後、あっという間にセンターに抜擢されて目覚ましい活躍を見せた堀未央奈。テレビ番組のレギュラー出演やMC業、写真集発売など様々なジャンルにトライしていた。卒業後は映画の主演を務め、新人賞を受賞している。本記事ではそんな堀未央奈の画像を、水着を着用したセクシーなものも含めてまとめて紹介する。

Read Article

【白濱亜嵐】見た目では判断つかない!?東南アジアとのハーフの有名人まとめ【池田エライザ】

【白濱亜嵐】見た目では判断つかない!?東南アジアとのハーフの有名人まとめ【池田エライザ】

ハーフと聞くと両親のどちらかが欧米人というイメージが強いですが、芸能界の中では東南アジア人とのハーフの人たちもたくさんいらっしゃいます。この記事では、そんな彼ら/彼女らについてまとめました。東南アジア諸国はやっぱり日本と近いだけあって、外見は日本人と変わらない場合も多いですよね。「この人ハーフだったの!?」という意外な発見があるかもしれません。

Read Article

目次 - Contents