彼らが本気で編むときは、(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『彼らが本気で編むときは、』とは、家族の在り方やLGBT差別の問題について扱った、萩上直子監督のオリジナル脚本によるハートフル映画である。物語は、小学生のトモの母親が家出をしてしまうところから始まる。トモは母が帰ってくるまで面倒を見てもらおうと、叔父であるマキオの元へ向かうが、マキオは恋人であるトランスジェンダーのリンコと一緒に住んでいた。トランスジェンダーであるリンコにとまどうトモだったが、リンコの優しさやリンコを取り巻く人々との触れ合いを通して、心を開いていくストーリーとなっている。

『彼らが本気で編むときは、』の概要

『彼らが本気で編むときは、』とは、家族の在り方やLGBT差別の問題について扱った、ハートフル映画である。『かもめ食堂』や『めがね』で知られる萩上直子監督のオリジナル脚本による作品。2017年2月に公開され、萩上直子監督にとっては、2012年に公開された前作『レンタネコ』から5年ぶりの自身監督映画の公開となった。生田斗真演じるトランスジェンダーのリンコと、母親からネグレクトをされている小学生・トモの交流を通して、家族の在り方やLGBT差別の問題について考えさせる意欲作である。日本では、全国154スクリーンで公開され、2017年2月24日、25日のぴあ映画初日満足度ランキングで1位を獲得している。また、2017年2月25日 から 3月3日までの興行通信社調べによる週間映画ランキングでは、初登場8位にランクインした。ベルリン国際映画祭では、日本映画初のテディ賞審査員特別賞と観客賞(2nd place)をダブル受賞した。そのほか、第16回ニューヨーク・アジア映画祭にて観客賞、第12回KINOTAYO現代日本映画祭にてグランプリであるソレイユ・ドール 観客賞を受賞し、国際的にも評価されている。また、同性カップルに国内で初めて「パートナーシップ証明書」の交付を始めた渋谷区では、「ダイバーシティ&インクルージョン教育」の一環として、区と教育委員会の推奨作品とされ、学校教育の場でも取り上げられた。長谷部区長は、「LGBTについてエキセントリックに描くのではなく身近な隣人として描かれており、映像であれば子どもたちにもわかりやすい」という理由を挙げている。そのほか、少年、青年、成人向きの文部科学省選定作品にも選ばれている。
物語は、小学生のトモの母親が家出をしてしまうところから始まる。トモは、母が戻ってくるまでの間に面倒を見てもらおうと、一人暮らしをしている叔父のマキオの元へ向かうが、マキオには一緒に住んでいる人がいた。それがトランスジェンダーのリンコだった。最初は、トランスジェンダーであるリンコにとまどうトモだったが、リンコの優しさとリンコを取り巻く人々との触れ合いを通して、心を開いていく。リンコは、最初は挨拶すらままならなかったトモが心を開いていく過程を通して、トモに対する母性が芽生え、戸籍上も女になり、そして母になることを望むようになる。登場するそれぞれの人物がやりきれない気持ちをどこかに抱えながら、懸命に生きる様子を丁寧に描いている。LGBTについてやネグレクトなどの深刻な社会問題を、身近な目線に落とし込んだ、人の温かさを感じる映画となっている。

『彼らが本気で編むときは、』のあらすじ・ストーリー

トモの現在の暮らし

小学5年生の少女・小川トモは一人、部屋で洗濯物を畳んでいる。トモは母親である小川ヒロミと母子家庭で貧しく暮らしているが、食事もまともには与えられず、会話もろくになかった。家の中は荒れたままだ。

トモは夕食にコンビニのおにぎりとカップみそ汁を食べる。傍らのごみ箱には、食べ終わった後のコンビニおにぎりのごみが溢れていた。深夜になり酔ったヒロミが帰宅するも、会話はない。翌朝も二人は話すことなく、トモは学校へと向かう。

学校でのトモは、友人たちと過ごしていた。トモのクラスにはカイという幼馴染がいる。低学年のころまではよく遊んでいたが、今は距離を置いている。カイは女子のような言葉遣いで、クラスメイトからいじめられていた。カイはトモへと助けを求めるように伺うが、トモはその視線を無視する。

学校から帰ると、カイから遊びに誘われる。しかし自分の学校での立場を考えその誘いを拒絶する。トモは家の中に入るが、部屋に置いてあったのはヒロミからの手紙とお金だった。ヒロミは、好いた男を見つけると家出してトモのことを放置していくのが常だった。

リンコとの出会い

リンコの用意した夕食を、リンコ、マキオ、トモ(左から)の3人で食べるシーン

トモは、ヒロミの弟である叔父の小川マキオが勤める本屋へと向かった。過去にヒロミが家出をした際は、マキオに面倒を見てもらっていたからである。トモに会ってマキオは事情を察する。
トモはマキオの仕事が終わるまで外で待っていたが、マキオにヒロミのことを聞かれても答えられない。そんなトモを気遣いながら、マキオは今自分が恋人と同棲していることを打ち明ける。

マキオの家へ帰ると、恋人のリンコが迎え入れてくれた。だがリンコが普通の女性とは違う風貌であることに、トモは戸惑う。
介護士のリンコは、男性として生まれたが心は女性というトランスジェンダーである。しかしトモにとってトランスジェンダーは初めての存在で、どう接すればいいか分からない。
だがリンコが用意してくれた食事は、普段のトモの食事と全く違う。部屋の中も綺麗に整えられており、トモは家族の団らんともいえる感覚を覚えながら美味しい手料理を味わった。

トモがリンコの様子を伺うと、立ち振る舞いなどは完全に女性のように見える。その後もチラチラと観察していると、リンコはその視線に気づく。そして、すでに手術を受けて体は女性になっており、胸を大きくする手術を受けたことも告げられる。だが、リンコから「胸を触ってみる?」と促されてもトモは拒否する。

トモへと芽生える母性

リンコがトモのために作ってくれたお弁当をきっかけに、トモは少しずつ心を開いていく。

その日トモは、自宅で使っていた必需品などをマキオの家に運ぶため、学校を休んでいた。朝起きるとマキオもリンコも仕事でいなかったが、朝ごはんとお弁当が置いてあった。朝ごはんを食べ終え、自宅へと帰る途中に立ち寄った公園でお弁当を開けてみる。そこには、今までにトモが見たこともないような中身があった。感動したトモはもったいなくて食べられず、公園で遊ぶ親子の姿を眺める。

リンコが仕事を終え帰宅すると、トモがトイレの中で苦しんでいた。部屋に置いてあった弁当を確認すると、暑さでダメになっている。トモにとっての初めての可愛い弁当だったので、腐っていてもどうしても食べたかったのだと言われる。それを聞いたリンコは、「可愛くてどうしよう」と、トモのことを抱きしめようとする。
だがまだリンコを受け入れていないトモはそれを拒絶し、再びトイレに籠るのだった。

リンコが生きてきた道

泣きじゃくる中学生のリンコを抱きしめる母・フミコ

翌日、トモは学校の図書室で『体と性』という本を見つける。その本を読んでいると、カイが話しかけてくる。トモは邪険に相手をするが、カイは隣に座る。カイは、上級生の男の子が好きなのだとトモに教える。
トモはそれに対し「キモい」と返すも、近くにリンコと同じような人がいるのだと思った。

マキオの部屋でテレビゲームをしながら遊んでいると、見知らぬ男女が家にやってきた。リンコの母親のフミコとその再婚相手のヨシオである。リンコとマキオが共に帰宅が遅くなるため、代わりにトモの面倒を見に来てくれ、3人で外食にでかけることになる。

その席でフミコから、トモの胸について尋ねられた。初めて会った人間にそんなことを聞かれたトモは戸惑う。フミコは、リンコがトモくらいの年頃だった時に「胸が膨らまないこと」について傷ついた過去をはなした。「リンコを傷つけたらたとえ子供でも許さない」と、フミコの母親として愛情の深さを知る。

中学時代、リンコが体育の授業を毎回欠席していると、フミコは学校から呼び出しを受けた。それまでもリンコの言動や持ち物などから兆候は感じ取り、体育の授業で胸を出したくないのだとフミコは理解していた。
そのことを直接には伝えず、何か理由があるのだと訴えたが、教師たちからは理解が得られなかった。

家に帰ったフミコは、リンコから泣きながら「おっぱいが欲しい」と言われる。翌日リンコにブラジャーと、中に入れるための“おっぱい”を毛糸で編んでプレゼントしたのだった。

ヒロミとマキオの過去

マキオは、自身の母でありトモの祖母である小川サユリに会うため、トモと介護施設を訪れた。認知症が進んでいるサユリは、トモをヒロミと勘違いし厳しくあたる。
面会後、マキオは家族の過去のことをトモに話す。「サユリがヒロミを嫌っていたのではないか」と問うトモに、サユリの愛情が裏目に出たのではないかと言う。
ヒロミが家を出てサユリとマキオが二人暮らしになると、毎日作られるお弁当や遅い帰りを待っている姿に、マキオは窮屈さを感じていたと言う。

さらにトモはマキオに、リンコとのなれそめを尋ねる。マキオは、この介護施設でサユリの世話をするリンコに一目ぼれしたのだと語る。何度も交際を願ってようやく受け入れてもらった。
最初はトランスジェンダーであることも悩んだが、「リンコのような人を好きになったら、そんなことは関係ない」と彼女の全てを受け入れているとトモに話した。

そこへリンコがコンビニおにぎりを持ってくるが、それを食べたトモは吐いてしまう。本当はコンビニのおにぎりが嫌いだったのだ。倒れたトモは夢の中で、「この子はコンビニのおにぎりを与えておけばいい」というヒロミの声が聞こえていた。

うなされて起きたトモは、かつて母親にもらい、今はぼろぼろになったタオルを大事に握りしめる。リンコは、「まだまだ子どもだ」と言いながら、トモを優しく抱きしめた。
そしてトモは、以前は触れることを拒否していたリンコの胸を触っていいか尋ねる。快く受け入れたリンコの胸を触ってみたけれど、リンコの言っていた通り少し硬かった。

新しい“家族”としての形

トモとリンコの距離は縮まっていく。春になり、3人で河川敷へとお花見に出かけた。リンコはトモの好きなものばかりお弁当に入れる。彼らの姿はまるで家族のようで、3人にとって忘れられない思い出となっていた。

ある日、リンコとトモがスーパーへ夕食の買い出しにいく。そこには、カイが母親であるナオミと一緒に買い物に来ており、ナオミは一人になったトモへと話しかける。だがそれは、リンコを蔑む言葉であった。
リンコを否定するナオミに怒ったトモは、売り物の洗剤を彼女にぶちまける。警察沙汰になったが、その場はリンコが謝罪を重ねたことで和解となる。

家に帰り、トモはリンコに対して問題を起こしてしまったことを謝る。だがナオミに謝ることはできなかったトモに、リンコは怒りを抑えて我慢するように言い聞かせ、そのために編み物をすることを教える。
編み物をすることで、落ち着いてくるのだという。

リンコは「煩悩」の象徴として、男性器を模した編み物を108個作っている最中だと伝える。完成したら燃やして供養をし、戸籍も女性に変えるという目標を立てていた。
それを聞いたトモは、「自分もやってみたい」と編み方を教えてもらう。

その夜リンコはマキオに「このままヒロミが帰らなければ、トモを養子にして3人で暮らしたい」と語る。

愛をくれるリンコと、母親であるヒロミとの間で揺れるトモ

トモが学校へ行くと、黒板にトモのことを「変態家族」と書かれていた。カイに対してばらしたのかと詰め寄るが、カイは自分ではないと言う。
トモが学校を飛び出し、以前ヒロミと暮らしていた家へと向かう。途中でヒロミの姿を見かけたが、家にヒロミはいなかった。トモはヒロミの服を取り出し、布団の上でその服に顔を埋めて泣き崩れた。

夜遅くマキオの家に帰ったトモは、リンコに学校から帰った理由とどこにいたのかを聞かれる。だがトモは、「本当の母親でもないくせに」と押し入れの中に籠る。

リンコはトモの言葉にショックを受け、勤め先で一心不乱に編み物をしていた。そこへサユリがやってきて、自分も昔編み物で心を落ち着かせていたことがあったのだと言う。
夫が浮気をして家を出て、何かに集中していたかった。手袋やマフラーなどサユリがつくったものはヒロミが使いたがらず、亡くなって戻った夫の棺にすべて入れて火葬したのだと語った。

リンコがマキオと帰宅すると、トモはまた押し入れに隠れてしまう。そこでリンコは、紙コップの糸電話をトモへと渡す。お互いの内緒話をしようとリンコは提案し、自分の悩みを話す。それに対しトモは、「ママを見かけた」と打ち明ける。

トモを娘のように思っていたリンコは、不安になり家を出る。途中自転車に乗っていて転び、入院することになる。
病院でリンコは女性部屋を希望したが、男性の大部屋へと入れられてしまう。見舞いに来たマキオも病院側へ文句を言うが、配慮はしてもらえなかった。
トモは見舞いにきたが、病院の対応に悔しがり、涙を流しながら編み物をする。

女になる決意

3人はリンコの職場の同僚の結婚式を見に言った帰り道、散歩の途中でトモとリンコは編み物を始めた。リンコの手の速さをトモが指摘すると、早く作り終えたいからと答える。
するとマキオが自分もやってみたいと告げ、今度はトモがマキオに編み物のやり方を教える。

リンコの退院祝いに、フミコとヨシオがやってくる。フミコは、理解あるマキオがリンコと結婚するつもりであることを喜んでいた。マキオから、父がすでに亡くなっていることや母が認知症で結婚の許可を願う相手がいないことを聞くと、ラッキーだと言う。一番大事な娘の願いが叶うことを喜ぶ、母親としての深い愛情であった。

トランスジェンダーへの理解を深めるトモ

海に向かう途中、編み物を続けるリンコ、トモ、マキオ(左から)

トモの中でトランスジェンダーへの偏見は減っていき、リンコも含めて再びカイとも遊ぶようになった。また、学校でも「煩悩」づくりを進めている。
ある日三人は家でゲームをして遊んだ後、喫茶店へケーキを食べに行く。生まれ年の硬貨を持っていくと幸せになれるというジンクスを教える。
そんな迷信は信じないというトモだったが、最終的にはリンコから硬貨を受けとる。そんな3人を、カイの母親であるナオミが見ていた。

ある日、マキオとトモが家にいると児童相談所の職員がやってきた。ナオミが通報したのだ。職員達はトモに虐待がないかどうかなどを確認する。途中リンコが帰宅し、その状況に戸惑ったものの、児童相談所の調査は問題なしとなった。だがその出来事は3人の心に傷を残す。

時を同じく、カイは自殺未遂を起こし入院していた。学校から帰ると、好きな男子へ書いたラブレターが捨てられているのを発見したのである。ラブレターを読んだナオミから「罪深い」という言葉を突き付けられたカイは、ナオミの睡眠薬を持ちだし、大量に服用したのだ。

知らせを聞いたトモは、カイが入院する病院へと向かい、ナオミに見つからないように病室へと入る。そしてカイから、好きな先輩に手紙を書いたこと、それをナオミに読まれて捨てられたことを告げられる。
「あのまま死んでしまいたかった」と語るカイに、トモは「あんたのママはたまに間違う」と慰める。そしてリンコの言う、持っていると幸運に恵まれるという生まれ年の硬貨を渡した。

narron6
narron6
@narron6

Related Articles関連記事

20世紀少年(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

20世紀少年(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

バクマン。(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

バクマン。(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『バクマン。』とは、大場つぐみと小畑健による漫画を原作とするアニメ作品。 2010年よりNHK教育テレビにて第1シリーズ~第3シリーズ、全75話が放送された。 高い画力を持つ『真城最高』と文才と発想に長けた秀才の『高木秋人』を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のりを描いた作品である。 多くの漫画関係の固有名詞が実名で使用されるなど、リアル志向な作品。

Read Article

愛の渦(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

愛の渦(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『愛の渦』(映画)とは劇団「ポツドール」の主宰者であり劇作家として活躍中の三浦大輔が監督を務めた、セックスが題材の成人向け映画作品である。戯曲『愛の渦』は岸田國士戯曲賞受賞。待望の映画化に注目が集まった。舞台はとあるアパートの一室。そこはセックスを目的に集まった男女が乱交パーティーを行う裏風俗だ。集まったのはニートや女子大生、保育士にサラリーマンと見ず知らずの男女10名。肉欲に溺れる男女と交錯する人間模様を浮き上がらせた、セックスがテーマの映画となっている。

Read Article

銭ゲバ(Zeni Geba)のネタバレ解説・考察まとめ

銭ゲバ(Zeni Geba)のネタバレ解説・考察まとめ

「銭ゲバ」とは、ジョージ秋山の漫画を原作したテレビドラマ。幼い頃、母親の桃子と貧しい生活を送っていた風太郎。父親の健蔵は働きもしないで女と酒に溺れ、桃子に暴力を振るうようになる。優しい母だけが風太郎にとって心の支えだった。しかし貧乏生活ゆえ、桃子は身体を壊してしまい、薬を買うお金さえなかったため帰らぬ人となってしまう。お金がなかったから母は死んだと子供ながら理解した風太郎は金に取りつかれていく。

Read Article

バクマン。の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

バクマン。の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『バクマン。(Bakuman.)』は週刊少年ジャンプで2008年から2012年まで連載していた漫画作品である。ジャンプで連載マンガ家を目指す中学3年生の真城最高と高木秋人は、ヒロインの亜豆美保と真城の「描いたマンガがアニメになり亜豆がそのヒロインの声優をやる」との約束をお互いの夢として努力を続ける。夢・友情・青春に関する数多くの名言が連載終了後も作品の魅力として語られ続けている。

Read Article

ダメな私に恋してください(ダメ恋)のネタバレ解説・考察まとめ

ダメな私に恋してください(ダメ恋)のネタバレ解説・考察まとめ

「ダメな私に恋してください」とは、中原アヤによる日本の漫画作品。集英社「YOU」にて掲載された。単行本全10巻。29歳独身、無職で貢ぎ体質の柴田ミチコが大嫌いだった元上司・黒沢歩の力を借りて人生をリセットする物語。 2016年1月に日本テレビにて、深田恭子主演でテレビドラマ化された。

Read Article

めがね(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

めがね(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『めがね』とは、都会からとある島にやって来た女性・タエコが、滞在する宿の主人・ユージや、島の高校教師・ハルナ、タエコを探しに島に来たヨモギ、そして毎年春に島に来ては、少し変わったかき氷屋をしているサクラとのふれあいの中で、固く閉ざしていた心を解きほぐしていくストーリーとなっている。「何が自由か、知っている」をキャッチコピーにして、2007年に公開。主演は小林聡美、監督は萩上直子が務めた。2008年のベルリン映画祭では、パノラマ部門に参加し、日本映画初のマンフリート・ザルツゲーバー賞を受賞した。

Read Article

JIN(仁)のネタバレ解説・考察まとめ

JIN(仁)のネタバレ解説・考察まとめ

『JIN(仁)』とは、TBS系列にて2009年10月〜12月まで放送されたTVドラマ及び、『スーパージャンプ』で連載されていた村上もとかによる漫画作品。「現代の医師が、もし幕末へタイムスリップしたらどうなるか?」を描いたSF要素の強い医療時代劇漫画をドラマ化したものである。第五話で視聴率20%超えを達成し、最終話では平均視聴率25.3%、瞬間最高視聴率29.8%を記録した。この記録は、2009年に放送された民放の連続ドラマ視聴率の中で最高記録となり、大きな反響を呼んだ、国民的人気ドラマである。

Read Article

あのこは貴族(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

あのこは貴族(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『あのこは貴族』とは、山内マリコの小説『あのこは貴族』を原作としたヒューマンドラマ映画である。2021年2月に公開され、「富裕層」と「庶民」の鮮やかな対比が観客からの高い支持を得る。お嬢さん育ちの華子は婚活の末に理想の男性と結婚するが、嫁ぎ先からの重圧に悩む。大学進学を機に上京したが学費が続かず中退後、就職した美紀。「他力」を享受する特権階級と「自力」が前提の一般人を隔てる見えない壁。交わらないはずの「階層」を飛び超えた2人に見えてきた新しい自分。監督は、「グッド・ストライプス」の岨手由貴子。

Read Article

SUNNY 強い気持ち・強い愛(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

SUNNY 強い気持ち・強い愛(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『SUNNY 強い気持ち・強い愛』とは、韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』を原作とした2018年公開の青春音楽映画。90年代、社会の中心にいた“コギャル”たち。コギャルとして青春を共に過ごした“SUNNY”の6人は、ある事件の後バラバラになってしまう。20年以上の時を経て、あるきっかけから一人、またひとりと再会していく。光と影、理想と現実をそれぞれ抱えて生きてきた6人の複雑な思いが、懐かしい90年代ヒットソングに乗せて、90年代と2018年の場面が交差しながら展開される愛と青春の音楽ストーリー。

Read Article

かもめ食堂(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

かもめ食堂(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『かもめ食堂』とは、フィンランドのヘルシンキに日本人女性・サチエがオープンした小さな食堂を舞台に、3人の日本人女性とフィンランド人との穏やかで心温まる交流を描いたヒューマンドラマである。群ようこの同名の小説をもとにした映画であり、小林聡美、片桐はいり、もたいまさこの3人が主演の萩上直子監督作品。かもめ食堂がヘルシンキの人々に受け入れられ、身近な食堂としてみんなの居心地の良い居場所になっていく物語である。

Read Article

糸(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

糸(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『糸』とは、2020年に公開された日本の恋愛映画で、中島みゆきの楽曲『糸』にプロデューサーの平野隆が着想を得て制作された。監督は瀬々敬久。平成元年生まれの高橋漣(たかはしれん)と園田葵(そのだあおい)は、美瑛で出会い恋に落ちる。しかし大人たちの都合で引き裂かれ別々の人生を歩む。出会ってから18年経って平成という時代も終わりを迎えるとき、互いを忘れられなかった漣と葵は再び手を取り合うために動き出していた。この物語は、漣と葵、その周辺の人々の軌跡を「平成」という時代にのせて描く作品となっている。

Read Article

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』のコンビ、原作・大場つぐみ、作画・小畑健によって、2008年から2012年まで「週刊少年ジャンプ」に連載された大ヒットコミックの実写映画化作品。監督は大根仁、音楽はサカナクションが担当。漫画家を志す二人の高校生、作画担当の最高(佐藤健)と原作担当の秋人(神木隆之介)がコンビを結成し、週刊少年ジャンプ連載の頂点を目指して悪戦苦闘する日々を描く。2015年10月東宝系公開。

Read Article

め組の大吾(FIRE BOYS)のネタバレ解説・考察まとめ

め組の大吾(FIRE BOYS)のネタバレ解説・考察まとめ

『め組の大吾』は1995年から1999年までの約4年間、曽田正人が週刊少年サンデーで連載していた消防士の物語である。マンガの他、2004年にフジテレビでドラマ化された。主な内容は、不良に近かった朝比奈大吾が、消防士になり同僚や上司、先生や助けた人などに刺激を受けてレスキュー隊員へと破天荒ながら活躍の場を広げていく様子が描かれている。元不良らしい考え方と行動力の大吾とともに、優等生である甘粕のコンビが魅力を後押ししている。また、火災や事故現場の臨場感などが読み手を引き付ける。

Read Article

元彼の遺言状(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

元彼の遺言状(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『元彼の遺言状』とは、新川帆立が書いたミステリー小説であり、2022年4月にフジテレビ系で月曜日の21時から放送されたテレビドラマである。小説は2021年に第19回『このミステリーがすごい!』の大賞を受賞している。主人公は綾瀬はるか演じる剣持麗子(けんもち れいこ)。敏腕弁護士でお金に人一倍敏感。ある日元彼が奇妙な遺言状を残して亡くなった連絡が入る。その遺言状と元彼の死因について、大泉洋が演じる篠田敬太郎(しのだけいたろう)と一緒に捜査していく物語であり、痛快リーガルミステリードラマである。

Read Article

バクマン。に登場する物語・作中作・劇中劇まとめ

バクマン。に登場する物語・作中作・劇中劇まとめ

『バクマン。』とは、原作・大場つぐみと作画・小畑健による少年漫画作品。2010年にNHK教育テレビにてアニメ化された。 絵の才能を持つサイコーこと真城最高(ましろ もりたか)と、文章に長けた秀才のシュージンこと高木秋人(たかぎ あきと)がコンビを組み、『週刊少年ジャンプ』で売れっ子の漫画家になるべく研鑽するサクセスストーリーだ。 作中では主人公たちが描く漫画の他に、多くのライバル、仲間たちが作り出す多種多様な漫画が登場する。

Read Article

NEW
ナミヤ雑貨店の奇蹟(小説・映画)の徹底解説・考察まとめ

ナミヤ雑貨店の奇蹟(小説・映画)の徹底解説・考察まとめ

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』とは東野圭吾の長編小説および、それを基に2017年に制作された日本映画。監督は廣木隆一、脚本を斉藤ひろしが手がけ、主演は山田涼介と名優・西田敏行が務めた。なんとなく悩み相談窓口を始めたナミヤ雑貨店の主・浪矢雄治は手紙のやり取りを通じ、様々な悩みを持つ人たちの人生を変えていく。雑貨店は過去と現在が繋がる不思議な場所となり、現実から逃げ続けてきた青年・矢口敦也を感化させていく。雄治と敦也の奇蹟の一夜の交流を描いた、心温まるファンタジー・ドラマである。

Read Article

地獄の花園(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

地獄の花園(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『地獄の花園』とは、監督は関和亮、脚本はバカリズムが担当して2021年に公開された日本映画である。三富士株式会社に勤める田中直子は、同僚のOLと恋バナやコスメの話題で盛り上がるごく普通のOLである。しかし途中入社してきた北条蘭の登場によって直子はヤンキーOL同士の派閥争いに巻き込まれていき、さらには直子自身の秘密も暴かれていく。この物語は「普通のOLになりたい」と切実に願う直子が、ヤンキーOLたちの熱い闘いにより不本意ながらも本来の姿を取り戻していく、アクション・コメディ映画となっている。

Read Article

麒麟がくる(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

麒麟がくる(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『麒麟がくる』とはNHK大河ドラマの59作目として、2020年1月19日から2021年2月7日まで放送された作品である。裏切り者や悪人として描かれてきたことの多い明智十兵衛光秀(あけちじゅうべえみつひで)を主人公にしている。平和な世の中になると現れる「麒麟(きりん)」を呼べる人物を探しつつ足利義昭(あしかがよしあき)や織田信長(おだのぶなが)に仕え、戦のない大きな国を作ろうとする十兵衛の一生が描かれている。定説とは全く正反対の側面から描かれた十兵衛や、戦国武将たちの姿が見どころの1つである。

Read Article

ドラマ「遅咲きのヒマワリ」のキャストまとめ【真木よう子など】

ドラマ「遅咲きのヒマワリ」のキャストまとめ【真木よう子など】

生田斗真の3年半ぶりの連ドラ主演と、ロケ地・四万十川の美しい光景が話題となったドラマ「遅咲きのひまわり」。生田斗真をはじめ、桐谷健太や香椎由宇、真木よう子など、ドラマに出演したキャスト情報をまとめました。各キャストのプロフィールや経歴を、画像を交えながら紹介していきます。

Read Article

【花ざかりの君たちへ】今どうしてる?出演者たちのその後【堀北版】

【花ざかりの君たちへ】今どうしてる?出演者たちのその後【堀北版】

2007年に放送された堀北真希の主演ドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』。このドラマには小栗旬や生田斗真、岡田将生など、今や不動の人気を誇る俳優たちも出演していました。この記事では、ドラマ出演者たちのその後について紹介しています。いやぁ、ホントにみんなイケメンですね!堀北真希が羨ましすぎる…。ちなみに彼女は2017年に芸能界を引退しています。

Read Article

【男前】イケメン芸能人図鑑【厳選120人超】

【男前】イケメン芸能人図鑑【厳選120人超】

日本の美男子・男前・かっこいい芸能人の画像をプロフィール付きで【名前順・50音順】に厳選して集めました。 120名以上のイケメン芸能人を紹介しております。 参考▼相葉雅紀▼綾野剛▼生田斗真▼伊勢谷友介▼瑛太▼大野智▼小栗旬▼櫻井翔▼鈴木亮平▼玉森裕太▼妻夫木聡▼長瀬智也▼二宮和也▼東出昌大▼福山雅治▼松坂桃李▼松本潤▼松山ケンイチ▼三浦翔平▼三浦春馬▼向井理▼山下智久

Read Article

【人気漫画】2007年~2018年の週刊少年ジャンプ打ち切り・終了マンガまとめ!

【人気漫画】2007年~2018年の週刊少年ジャンプ打ち切り・終了マンガまとめ!

週刊少年ジャンプ連載作品で、2007年1号以降に終了した作品をすべて順に紹介します。『週刊少年ジャンプ』は、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』『WJ』 。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊し、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名した。

Read Article

【かもめ食堂】深イイ話…人生・生き方を見つめ直すためのオススメ映画10選【いまを生きる】

【かもめ食堂】深イイ話…人生・生き方を見つめ直すためのオススメ映画10選【いまを生きる】

人は何のために生まれてきたのか、何のために働くのか、誰のために生きるのか。こうした悩みは人間である限り絶対に避けられないことで、誰もが心の中に抱えていることだと思います。でも、なかなか人に相談できることではないですから、つい1人で抱え込んでしまいますよね。そんな時は、ぜひ今回ご紹介する映画を観てみましょう。あなたの生き方のヒントになる作品があるかもしれません。

Read Article

高評価を受けた実写化作品まとめ【河合勇人監督作「俺物語!!」など】

高評価を受けた実写化作品まとめ【河合勇人監督作「俺物語!!」など】

人気漫画を原作とした実写化映画やドラマが多く制作されるようになりました。実写化作品に対する批判的な意見もありますが、中には原作ファンを納得させ、世間にも受け入れられた名作も存在します。ここでは「俺物語!!」の河合勇人や「潔く柔く」の新城毅彦など、名監督たちが手がけた実写化作品の中で、評価の高かったものを紹介していきます。

Read Article

いつかは訪れてみたい!海外旅行気分が味わえる景色・街並みが魅力的な映画作品を紹介【ジュリエットからの手紙ほか】

いつかは訪れてみたい!海外旅行気分が味わえる景色・街並みが魅力的な映画作品を紹介【ジュリエットからの手紙ほか】

仕事や家事、人間関係に疲れたときなど、手軽に気分を変えてくれる一つにあげられる旅行。雄大な自然や美しい自然に心が洗われるが、時間やお金などを考えるとなかなか実現するのは難しい。そこでおすすめしたいのが映画鑑賞である。本記事では見るだけで世界旅行に行ったような気分になれる、美しい街並みや景色が特徴的な映画作品を厳選して紹介する。

Read Article

リラックスタイムのお供にいかが?心が癒される名作映画を10タイトル紹介【ALWAYS 三丁目の夕日ほか】

リラックスタイムのお供にいかが?心が癒される名作映画を10タイトル紹介【ALWAYS 三丁目の夕日ほか】

疲れてしまった心や体を癒すのに必要不可欠なリラックスタイム。ゆっくりお風呂に入ったりマッサージをしたりとその方法は様々だが、少し時間がある週末などには、映画を見てリラックスしてみてはいかがだろうか。本記事では心が癒されて見終わった後にほっこりできる、そんな映画作品を10タイトル厳選して紹介する。

Read Article

傑作ドラマ「JIN-仁-」が2013年正月に2日連続放送!年初めはこれに決定!

傑作ドラマ「JIN-仁-」が2013年正月に2日連続放送!年初めはこれに決定!

国内外TVドラマ賞通算44冠を達成した大ヒットドラマ『JIN−仁−』が、2013年の正月に2日連続で放送された。「現代で生きる医者が、幕末の江戸にタイムスリップし、病に苦しむ人々を救いながら元に帰る方法を探していく」という内容の作品で、時代劇と医療ドラマの要素が丁寧に組み込まれつつ重厚な人間模様が展開。坂本龍馬など幕末の有名人物も登場するなど、視聴者の興味を引く工夫も多く取り込まれた作品である。

Read Article

目次 - Contents