元彼の遺言状(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『元彼の遺言状』とは、新川帆立が書いたミステリー小説であり、2022年4月にフジテレビ系で月曜日の21時から放送されたテレビドラマである。小説は2021年に第19回『このミステリーがすごい!』の大賞を受賞している。主人公は綾瀬はるか演じる剣持麗子(けんもち れいこ)。敏腕弁護士でお金に人一倍敏感。ある日元彼が奇妙な遺言状を残して亡くなった連絡が入る。その遺言状と元彼の死因について、大泉洋が演じる篠田敬太郎(しのだけいたろう)と一緒に捜査していく物語であり、痛快リーガルミステリードラマである。

『元彼の遺言状』の概要

『元彼の遺言状』とは、新川帆立が書いたミステリー小説。2021年に第19回『このミステリーがすごい!』の大賞を受賞している。また小説をもとにテレビドラマにもなっており、2022年4月から6月までの全11話で、フジテレビ系で月曜日の21時から放送されていた。初回視聴率は12.1%、最終回は8.1%。

主人公である弁護士の元彼の訃報と共に、奇妙な遺言状が発見された。その真実を探り、遺言状の本当の意味を解読していく痛快リーガルミステリードラマ。

綾瀬はるかが主演。綾瀬はるかは『ユニクロ』のCMやテレビドラマ『ホタルノヒカリ』など多数作品に出演している人気女優である。

主人公である剣持麗子(けんもちれいこ)は大手弁護士事務所に勤務する敏腕弁護士であるが、利益の為には手段を選ばないので失敗をしてしまう。よって独立して弁護士をする事となる。
ある日、元彼である森川栄治(もりかわえいじ)からメールが届き、栄治が亡くなったという連絡と共に奇妙な遺言状が添付されていた。その遺言状をもとに、栄治が亡くなってしまった経緯と死の真相を篠田敬太郎(しのだけいたろう)と共に謎解いていく物語である。

『元彼の遺言状』のあらすじ・ストーリー

栄治からの奇妙な遺言状と栄治を殺した犯人

森川家で栄治の死の真相を探っている麗子(左)と篠田(右)

剣持麗子(けんもちれいこ)は大手法律事務所で働いている敏腕弁護士だが、利益を追求するにあまりクライアントと衝突し、個人事務所を設立することになる。
そんなある日、麗子の大学時代の元彼から「森川栄治は永眠しました」というメールが届く。そして篠田敬太郎(しのだけいたろう)と名乗る相手から「栄治の事で話がしたい」と電話があり、麗子は篠田に会いに行くことになる。実際に篠田に会っても彼のことを思い出せない麗子だが、彼は同じ大学のサークルの先輩のようで、栄治の別荘の管理人をしているという。篠田は栄治が残した「全財産は僕を殺した犯人に相続させる」と言う奇妙な遺言状と一緒に死んでいる栄治を発見したのだ。篠田は麗子に「僕を犯人に仕立てあげて欲しい」とお願いする。栄治はお金持ちなため、報酬として多額のお金が手に入るとおもった麗子は引き受ける事にした。
遺言状には栄治の元カノ達にも報酬があると記されていたので、麗子も元カノとして報酬を受け取りに行く。会場に着くと、そこには11人の元カノと、森川家の担当弁護士である村山権太(むらやまげんた)が集まっていた。会場では栄治の事が昔から好きだった、いとこの森川紗英(もりかわさえ)が騒いでいた。麗子は他の彼女たちと同じように報酬をもらい、帰路につく。
その帰り道、麗子は栄治そっくりの兄・森川富治(もりかわとみはる)を発見し驚いた。しかし終電を逃してしまい、栄治の家である森川家に泊めてもらうことになる。栄治の父の森川金治(もりかわかねはる)、金治の姉の森川真梨子(もりかわまりこ)、栄治のいとこの森川拓未(もりかわたくみ)、拓未の妻の森川雪乃(もりかわゆきの)、森川家に住み込みで働いている獣医の堂上圭(どうじょうけい)とその息子の堂上亮(どうじょうりょう)、看護師の原口朝陽(はらぐち あさひ)と共に夕食を食べた。
遺産を巡って口論になっている状態をみて、栄治の心配よりもお金の行方が気になる一族に麗子はぞっとした。
次の日、遺言状を保管していた金庫が盗まれ、村山が毒殺される事件が起きた。捜査は警察にまかされ、麗子は帰る事にしたが、その道中に誰かが意図的に運転した車にひかれそうになったので、一度森川家に戻ることにした。
麗子は栄治の部屋である本を手にする。中を確認すると、栄治から麗子宛てに暗号化されたメッセージがあった。栄治と麗子は大学時代に暗号解読のゲームを楽しんでいた。同じ要領で解読すると、そこには「しのだをたのむ」と記されていた。これが本当の栄治から麗子へ向けての遺言状だったのだ。
東京に帰ろうと思っていた麗子は、篠田を守るために森川家に残り、栄治を殺した犯人を捜し始めた。森川家の犬のバッカスは誰にでも吠えることで有名なのだが、唯一、堂上にだけは吠えない。そして事件の当日、栄治の近くにいたバッカスは吠えていなかったという事実から、犯人は堂上であることが判明したのだ。
堂上が栄治を殺した動機は、妻が栄治と不倫関係にあり、亮が実は栄治の子だと判明したことだった。

篠田の秘密

逮捕され途方に暮れる篠田

栄治の事件が解決して東京に戻った麗子と篠田は、殺された村山に代わって「くらしの法律事務所」を始めることになる。麗子は弁護士として、篠田は麗子の身の回りのお手伝いをするという約束で同じ事務所に居候している。
栄治の事件の時にも会っていた紗英は麗子の仕事に興味をもったのか、突然麗子の事務所を訪ねてきた。そしていろんな弁護の仕事の手伝いをしてくれるようになった。紗英は理解力・行動力ともに優れており、情報収集力もあって優秀だ。
その日からたくさんの事件を担当したのだが、篠田や紗英の活躍により、多くの報酬を得た。その事件の1つで関係者の一人である黒丑益也(くろうしますや)も事務所を出入りするようになる。麗子は黒丑に篠田を調べさせていた。結果を見た麗子は驚きを隠せなかった。なんと、大学時代のサークルの先輩として接していた篠田はすでに死んでいて、外見も今の篠田とはまったくの別人だったのだ。栄治から「篠田を頼む」と遺言状をもらっていた麗子は、篠田には何か隠された秘密があるのだと確信した。篠田に聞いてみると「言いたくない」とはぐらかされた。麗子は「話したくないなら言わなくてもいい」と答えた。
後日、篠田は麗子に過去の事情を説明してくれた。篠田は6年前にある島で起きた殺人事件に巻き込まれ、殺人犯として警察から追われているのだった。栄治は篠田の事情を知って匿ってくれていた。しかし突然警察の橘五郎(たちばなごろう)が篠田を逮捕するために現れた。通報したのは麗子だった。「いつまでも逃げていないで、(殺人を)やってないのなら、法廷で堂々と主張するべきだ」と麗子は言う。
6年前、十ヶ浜町で実業家の男性が殺害され、現金を奪われた事件で指名手配されていたのが篠田改め田中守(たなかまもる)だ。麗子は元上司である津々井君彦(つついきみひこ)に篠田の弁護を頼み、篠田は証拠不十分のために釈放された。篠田は無意味に警察に追われることなく堂々と生活できる権利を手に入れ、麗子に深く感謝するのだった。

「十ヶ浜強盗殺人事件」の真相

事件の真相を探る篠田

篠田が冤罪を受けた、6年前の「十ヶ浜強盗殺人事件」を調べるため、麗子と篠田は事件のあった場所へ向かった。
実業家の小笠原仁美(おがさわら ひとみ)がリストランテ「プロメッサ」で開いた立食パーティーの最中、背中を刺されて殺された。凶器である包丁には篠田の指紋があった。篠田は小笠原からお金を借りていたので、篠田に疑いの目が向けられたのだ。その当時、篠田はお酒を飲んで酔っ払い、外で寝てしまっていた。「起きたら小笠原が死んでいた」と篠田は語る。しかしパーティーに参加していた人達の証言によると、篠田が寝ていたという事を覚えている人は一人もいなかった。
小笠原はリゾート建設計画を企てていた。彼は高い金利でお金を貸してお金儲けをしていたようで、パーティーに参加していた半分の人は彼からお金を借りていたという事実も判明した。さらに、小笠原が死んで良かったと安堵するのは、リゾート建設計画に反対していた住民である。その中の一人で医者の高瀬悟志(たかせ さとし)は、当時篠田に「今のままではあなたが犯人にされてしまうので、早く逃げてください」と声をかけた人物である。その理由を聞きに麗子と篠田は高瀬の元へ行き、何か思い出したら連絡をくれるように伝え、名刺を渡して帰った。しかしその後、高瀬の水死体が発見される。
事件の裁判が始まると、篠田は圧倒的に不利な立場に追い込まれた。高瀬が死んでしまい、篠田に有利な証言をしてくれる人物がいなくなってしまったのである。検察側の証人として「プロメッサ」従業員の滝沢美月(たきざわ みづき)が話し始めた。麗子が「本当にその証言で間違いないですか」と確認すると、美月は今までの証言を撤回し、「篠田が外へ出ていくのを目撃した」と発言したのだ。

篠田に対する判決

自分は犯人ではないと裁判で主張する篠田(写真中央)

麗子は当時の事件現場にいた関係者を呼び出し、なぜ関係者全員で篠田を犯人に仕立てようとしたのかを聞いた。結果、本当の真犯人は高瀬である事や、篠田は天涯孤独なので「犯人にしてもいいだろう」と思ったことなどを聞き出した。その話を聞き、麗子は「何が篠田は必要ない人間よ!必要ない人間なんていない!篠田は私にとって必要な人間です!」と怒鳴った。そして住人たちは落胆したまま逮捕された。
後日、篠田の裁判が行われ、無罪判決が出た。田中守は名前や身分を隠して生きてきた6年間に終止符を打ったのだ。
篠田は長年の夢であるミステリー作家を目指しはじめた。作家への道は簡単ではなく、出版社に原稿を持ちこんでもなかなかいい返事はもらえなかった。しかしひょんな事から、出版社の編集の人と関わることができ、篠田が書いた原稿が大絶賛される。「ぜひ出版させてください」と言われ喜ぶ篠田だが、条件は自費出版だった。篠田はこのチャンスを逃す手はないと考え、紗英にお金を出してもらえないか聞き、OKをもらう。篠田は晴れて、夢であったミステリー作家になったのである。

『元彼の遺言状』の登場人物・キャラクター

主要人物

剣持麗子(けんもちれいこ/演:綾瀬はるか)

容姿端麗で、スタイル抜群の敏腕弁護士であり、「私、お金にならない仕事はしない主義なの!」が口癖である。裁判で勝ちにこだわるので、敵も多い。大手弁護士事務所を辞めてからは町の弁護士を始め、栄治の遺言で篠田と共に仕事をしていく事になる。
篠田に関しては少しずつ情が湧いてきて誰かのために仕事をするのも悪くないと思うようになる。

篠田敬太郎(しのだけいたろう/演:大泉洋)

天涯孤独だったが、栄治によって雇われ、森川家の屋敷の管理人になる。ミステリー作家になるのが小さい頃からの夢である。しかし6年前の殺人事件の犯人として警察から追われており、「田中守」という本名を隠し「篠田敬太郎」として生きている。料理が得意なので、麗子の仕事を手伝いながら食事も振舞っている。

森川栄治(もりかわえいじ/演:生田斗真)

kaoruckzucky0
kaoruckzucky0
@kaoruckzucky0

Related Articles関連記事

鎌倉殿の13人(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

鎌倉殿の13人(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『鎌倉殿の13人』とは2022年にNHKで放送された、平安時代〜鎌倉時代初期を舞台とした大河ドラマである。主演は小栗旬が務めた。 伊豆の地方豪族の次男坊であった北条義時(ほうじょうよしとき)は源頼朝(みなもとのよりとも)に仕え、源平の戦乱の中に巻き込まれていく。そして鎌倉幕府成立後は有力御家人たちとの権力闘争を勝ち抜き、次第に非情な権力者になっていく姿が描かれている。 脚本は今作が大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛けた。 同作品は2023年のエランドール賞特別賞を受賞している。

Read Article

僕の生きる道(僕生き)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

僕の生きる道(僕生き)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『僕の生きる道』とは、2003年にフジテレビ系列で放送されていたドラマ。僕シリーズ3部作の1作目で、死をテーマにした作品。僕生きの愛称で親しまれている。余命宣告された高校教師・中村秀雄の1年間の生き様が描かれている。主人公は草彅剛。その他、矢田亜希子や大杉連などが出演している。脚本は数々のヒットドラマを生み出した橋部敦子が手掛ける。主題歌である『世界に一つだけの花』がドラマの人気と共に大ヒット曲となった。

Read Article

青天を衝け(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

青天を衝け(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『青天を衝け』とは2021年にNHKで放送された大河ドラマ。幕末〜昭和初期を舞台に、実業家として日本の礎を築いた渋沢栄一を主人公としている。主演は吉沢亮が務めた。武蔵国の農民であった渋沢栄一は後に将軍となる一橋慶喜に仕えることで、幕末の動乱に巻き込まれていく。明治に入った後は官僚として新政府を支え、下野した後は実業界に入り数々の企業の経営に携わった。ドラマでは常に前を向き未来を切り開いていく栄一の姿が描かれている。第110回ザテレビジョンドラマアカデミー賞を受賞している。

Read Article

どうする家康(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

どうする家康(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『どうする家康』とは、2023年に放送されたNHK大河ドラマ第62作。脚本家の古沢良太が新たな視点で主人公の徳川家康の生涯を描く。室町時代後期から江戸時代の日本が舞台。両親と離れ離れになり、駿河国大名・今川義元の人質として孤独な人生を送るものだと思っていた少年はやがて弱小国の主となる。様々な選択をしながら戦いのない世界を目指し、乱世に飛び込んでいく物語である

Read Article

天国と地獄 ~サイコな2人~(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

天国と地獄 ~サイコな2人~(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『天国と地獄 〜サイコな2人〜』とは2021年冬にTBS系日曜劇場枠で放送されたサスペンスドラマである。手柄を上げたい女性刑事の望月彩子と敏腕経営者でサイコパスな殺人鬼の日高陽斗が、ある伝説のように魂が入れ替わってしまう。そしてお互い全く違うタイプの人間として生活しなくてはいけなくなる。困惑するが、元の姿に戻れるように最善を尽くしながら、お互いの人生を理解し、本当の殺人犯を見つけていく過程は、今までに見たことのないスリリングな内容である。

Read Article

きみの瞳が問いかけている(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

きみの瞳が問いかけている(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『きみの瞳が問いかけている』とは、2020年に公開された日本の恋愛映画である。監督は三木孝浩で、2011年の韓国映画『ただ君だけ』のリメイク版として制作された。日雇いの仕事で食いつないでいた元ボクサーの篠崎塁は、ひょんなことから目が見えない柏木明香里と出会う。次第に惹かれ合い交際を開始する2人だったが、塁と明香里の過去にはある残酷な真実が秘められていた。この作品は、過酷な運命の中でも互いを想い合う気持ちを貫き通し、やがて奇跡を起こす男女の姿を描いた物語となっている。

Read Article

アイアムアヒーロー(I Am a Hero)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

アイアムアヒーロー(I Am a Hero)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『アイアムアヒーロー』とは2009年から『ビッグコミックスピリッツ』で連載されていた、花沢健吾による日本のSFホラー漫画である。謎の感染症が世界中で流行り、ほとんどの人間がゾンビになっていく。そのゾンビと戦い、感染から逃れる数少ない人間は、引きこもりやニートといった社会に劣等感を抱いていた者たちが中心となっている。この漫画に出てくるヒーローたちは、人間臭いリアリティーのあるヒーローだというのも見所のひとつ。

Read Article

あなたの番です(あな番)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

あなたの番です(あな番)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『あなたの番です』とは、日本テレビ系にて2019年4月から9月まで放送された全20話のミステリードラマである。キウンクエ蔵前というマンションに引っ越してきた新婚夫婦が「交換殺人ゲーム」に巻き込まれる姿を描いたミステリードラマで、企画・原案は秋元康。第1章、第2章で構成された2クール半年間に渡って放送され、テレビ放送と連動して、『扉の向こう』というスピンオフがHuluにて独占配信されている。

Read Article

わたしを離さないで(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

わたしを離さないで(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『わたしを離さないで』とは、日系イギリス人のカズオ・イシグロが2005年に発表した長編小説で、日本ではTBS系列で放送された脚本・森下佳子によるテレビドラマである。「臓器提供」を目的としてこの世に誕生した「クローン人間」の子供時代から始まり、成長とともに人生を受け入れ、全うしていく姿がドラマの中で主人公の恭子、友彦、美和の姿を映しながら描いていく。見どころは、作品の中では、現実の人物に近いキャラの恭子が自分の人生を振り返りながらすべてを受け入れ「生きる」ことに前向きになるという作品になっている。

Read Article

HERO(2007年の映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

HERO(2007年の映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「HERO」とは2007年9月8日に公開された日本の映画作品。2001年にフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の映画版。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2007年の日本映画興行収入第1位 (81.5億円)を記録した。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が傷害致死事件を通して大物代議士の疑惑に関わることになる。

Read Article

JIN(仁)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

JIN(仁)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『JIN(仁)』とは、TBS系列にて2009年10月〜12月まで放送されたTVドラマ及び、『スーパージャンプ』で連載されていた村上もとかによる漫画作品。「現代の医師が、もし幕末へタイムスリップしたらどうなるか?」を描いたSF要素の強い医療時代劇漫画をドラマ化したものである。第五話で視聴率20%超えを達成し、最終話では平均視聴率25.3%、瞬間最高視聴率29.8%を記録した。この記録は、2009年に放送された民放の連続ドラマ視聴率の中で最高記録となり、大きな反響を呼んだ、国民的人気ドラマである。

Read Article

流星の絆(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

流星の絆(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『流星の絆』とは、東野圭吾の同名小説『流星の絆』が原作となったミステリードラマである。子どものころに両親を殺された三兄妹が復讐を誓い、真犯人にたどり着くまでを描く。2008年10月から12月に、TBS系22時からの金曜ドラマ枠で放送された。脚本は宮藤官九郎が手掛け、基本のストーリーは守りつつも青春ドラマ的な要素やコメディー的な要素が加わったことで、原作とは大きく異なる世界観となっている。主役の三兄妹を二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香が演じる。

Read Article

白夜行(東野圭吾)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

白夜行(東野圭吾)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『白夜行』とは、1999年に刊行された東野圭吾の推理長篇である。発行部数は2010年12月時点で200万部を超えている。1973年、大阪で起きた殺人。犯人は小学5年生の被害者の息子・桐原亮司と、容疑者の娘・西本雪穂。未解決のまま時は流れていく。そして成長した2人は犯罪行為で互いに助け合うようになり、周囲で不可解な事件が次々と起きる。 疑念を抱く刑事が2人の関与に気づき、証言や調査で真相に迫っていくというストーリー。2006年にはテレビドラマ化、2011年には映画化されている。

Read Article

あのこは貴族(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

あのこは貴族(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『あのこは貴族』とは、山内マリコの小説『あのこは貴族』を原作としたヒューマンドラマ映画である。2021年2月に公開され、「富裕層」と「庶民」の鮮やかな対比が観客からの高い支持を得る。お嬢さん育ちの華子は婚活の末に理想の男性と結婚するが、嫁ぎ先からの重圧に悩む。大学進学を機に上京したが学費が続かず中退後、就職した美紀。「他力」を享受する特権階級と「自力」が前提の一般人を隔てる見えない壁。交わらないはずの「階層」を飛び超えた2人に見えてきた新しい自分。監督は、「グッド・ストライプス」の岨手由貴子。

Read Article

今夜、ロマンス劇場で(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

今夜、ロマンス劇場で(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『今夜、ロマンス劇場で』とは2018年に公開された、主演綾瀬はるかと坂口健太郎によるラブストーリー映画である。映画監督を目指す健司が通い詰めていた「ロマンス劇場」で、モノクロ映画に出演している映画のヒロインである美雪に出会う。ある日、美雪が現実世界に現れ、健司は美雪に色のある現実世界を案内していくうちに、健司と美雪は惹かれ合っていく。しかし、美雪にはある秘密があった。切なくもあり、昭和中期を舞台とした切なくもあり温かい気持ちになるラブストーリー映画となっている。

Read Article

マスカレード・ホテル(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

マスカレード・ホテル(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『マスカレード・ホテル』とは、東野圭吾が書いた人気小説『マスカレード・ホテル』を原作とした大ヒット映画である。木村拓哉主演の映画で、長澤まさみや小日向文世、渡部篤郎など豪華キャストがそろっている。物語は予告連続殺人事件の捜査のために、警視庁の刑事たちがホテル・コルテシア東京に潜入捜査をする。エリート刑事の新田はフロントクラークとして同じホテルの仕事をする山岸と共に、次々とホテルに来る怪しい宿泊客の対応をしていく。誰が殺人事件を起こそうとしている犯人なのかを突き止めていくミステリー映画。

Read Article

ザ・マジックアワー(三谷幸喜)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ザ・マジックアワー(三谷幸喜)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ザ・マジックアワー』とは三谷幸喜が脚本・監督したエンターテインメント映画である。佐藤浩市の主演映画で妻夫木聡や深津絵里など豪華キャストが多数出演している。三谷幸喜が監督する4作品目の映画で、第32回日本アカデミー賞で4部門にノミネートされた。マフィアの天塩商会が牛耳る港町の守加護。彼らの怒りを買ってしまった備後は、助かるために三流俳優の村田を騙し、映画撮影と称して殺し屋のデラ富樫を演じさせる。天塩の者たちに村田が偽のデラ富樫だとバレないよう備後が四苦八苦する、大ヒットコメディ映画。

Read Article

水曜どうでしょう(水どう)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

水曜どうでしょう(水どう)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『水曜どうでしょう(水どう)』とは、1996年より北海道テレビで放送されたテレビ番組。 大泉洋、鈴井貴之、藤村忠寿、嬉野雅道の4人が、企画に挑戦するバラエティ番組である。 バラエティ番組でありながら、主に移動中の車内の様子を放送するといった独特な手法により人気番組となった。 家庭用ビデオカメラを用いるなど、低予算番組ならではの撮影方法が取られている。

Read Article

サンクチュアリ -聖域-(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

サンクチュアリ -聖域-(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『サンクチュアリ -聖域-』は、2023年5月にNetflixで配信が開始されたオリジナルドラマである。大相撲を題材にした作品で、主演は一ノ瀬ワタル。脇を固める役者は染谷将太、小雪、ピエール瀧と、豪華な顔ぶれが揃う。相撲のセンスはあるが品性や礼儀は欠片もない不良少年・小瀬清が、相撲に真剣に取り組み、やがては各界を揺るがし始めるというストーリー。相撲の裏側をリアルに映し、相撲にかける力士たちの厳しい稽古と、熱すぎるまでの情熱が描かれ、世界で大ヒットを記録した。

Read Article

HERO(2015)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

HERO(2015)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「HERO」とは2015年7月18日に公開された日本の映画作品。2001年に第1期、2014年に第2期としてフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の劇場版2作目。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2015年の日本映画興行収入第3位 (実写映画では第1位) を記録 (46.7億円)。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が不審な交通事故を通して大使館の疑惑に関わることになる。

Read Article

HERO(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

HERO(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『HERO』とは、第1期が2001年に、第2期が2014年にフジテレビ系で放送された、検察をテーマにした日本のテレビドラマシリーズ。木村拓哉が主演を務め、自身の正義と価値観で捜査を行う型破りな検事・久利生公平と彼を支える検察事務官、同僚検事たちの活躍を描いている。その他、2006年にドラマ特別編が、2007年には劇場版がそれぞれ制作され、2015年には劇場版第2作が制作された。第28回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞を受賞した。

Read Article

彼らが本気で編むときは、(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

彼らが本気で編むときは、(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『彼らが本気で編むときは、』とは、家族の在り方やLGBT差別の問題について扱った、萩上直子監督のオリジナル脚本によるハートフル映画である。物語は、小学生のトモの母親が家出をしてしまうところから始まる。トモは母が帰ってくるまで面倒を見てもらおうと、叔父であるマキオの元へ向かうが、マキオは恋人であるトランスジェンダーのリンコと一緒に住んでいた。トランスジェンダーであるリンコにとまどうトモだったが、リンコの優しさやリンコを取り巻く人々との触れ合いを通して、心を開いていくストーリーとなっている。

Read Article

君と世界が終わる日に(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

君と世界が終わる日に(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『君と世界が終わる日に』とは、2021年1月から3月まで日本テレビでドラマ放送された、竹内涼真主演のゾンビサバイバルドラマである。物語は主人公の間宮響が恋人の小笠原来美を探しながら、生存者たちと一緒にウイルスに感染した人間のゴーレムと戦い、ゴーレムのいない安全な場所を目指して旅するストーリーである。人間を襲うゴーレムを倒しながら、生存者たちの仲間の絆が深まっていき、みんなで助かろうと一生懸命に生きる姿を見られるドラマ。主人公の間宮響の諦めの悪い性格や襲ってくるゴーレムとの闘いも見どころのひとつ。

Read Article

新選組!(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

新選組!(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『新選組!』とは2004年1月から12月まで放送されたNHKの大河ドラマである。幕末を舞台に若者たちが命を懸けて己を貫く姿を中心に、青春群像劇として高い評価を得た。多摩の百姓であった近藤勇が真の侍になるため京に上り、仲間たちと新選組を結成し誠の忠義を貫くために戦い、生きていく姿が描かれている。香取慎吾をはじめ若手俳優たちが生き生きと演じたこと、また人気脚本家三谷幸喜の脚本も見どころの一つとされている。

Read Article

百万円と苦虫女(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

百万円と苦虫女(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『百万円と苦虫女』とは、ひょんなことから前科持ちとなってしまい、実家にも居づらくなったフリーター・鈴子が、百万円を貯めては場所を転々し、様々な経験や人との出会いを通して成長していく様子を描いた青春ロードムービーである。2008年7月19日に日本で公開され、興行収入は3億円、観客動員数は19.7万人を記録した。『百万円と苦虫女』の功績が認められ、監督のタナダユキは第49回日本映画監督協会新人賞を、主演の蒼井優は2009年に芸術選奨新人賞を受賞した。

Read Article

キングダム 運命の炎(キングダム3)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

キングダム 運命の炎(キングダム3)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『キングダム 運命の炎』とは、原泰久の漫画『キングダム』を原作とする2023年公開の実写映画作品。同シリーズでは3作目にあたるため『キングダム3』とも呼ばれる。キャッチコピーは「大いなる夢を、新しい時代を、その手で掴め―」。監督は佐藤信介が務め、主役の山﨑賢人や吉沢亮など主要人物の役者は全員が前々作から続投している。 趙の大軍に攻められた秦は、六大将軍の王騎を総大将にしてこれを迎撃する。将軍を志す剣士にして秦の若き王嬴政の友でもある信も従軍し、師である王騎から重要な作戦を託される。

Read Article

NEW
あさが来た(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

あさが来た(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『あさが来た』とは、幕末から明治にかけて活躍した実業家・教育者の広岡浅子をモデルとしたNHKの連続テレビ小説。2015年9月から2016年4月にかけて放送された。平均視聴率は23.5%で、朝ドラとしては2016年当時の最高記録となって話題に上った。 女性の社会進出が難しかった幕末から大正の時代に、女性起業家のパイオニアとして奔走した主人公・白岡あさの物語。銀行、生命保険会社、女子大学の設立という一大事業に邁進するあさと、彼女を支える家族、変化していく社会が描かれる。

Read Article

坂道のアポロン(漫画・アニメ・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

坂道のアポロン(漫画・アニメ・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『坂道のアポロン』とは、2007年から2012年まで小玉ユキが『月刊フラワーズ』(小学館)にて連載していたジャズと青春をテーマにした少女漫画、およびそれを原作としたアニメ、実写映画である。舞台は1966年の長崎県。主人公の薫が、横須賀から長崎の高校へ転入したところから始まる。父の仕事の都合で転校ばかりしていた薫にとって、学校は息苦しくストレスばかりの場所であった。しかし、そこで不良の千太郎と心優しい律子、そしてジャズに出会い薫の生活は一変する。美しい友情と交錯する恋心が魅力的に描かれている。

Read Article

小さいおうち(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

小さいおうち(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『小さいおうち』とは、中島京子の同名小説を元に2014年に映画化された日本の恋愛映画である。山形から東京に女中奉公に上がった布宮タキ(ぬのみや)は、赤い屋根のちいさなおうちに住む平井時子(ひらいときこ)の元で働いていた。時子はその外見と内面から、誰でも虜にしてしまう女性だった。そして時子は夫の部下である板垣正治(いたがきしょうじ)と道ならぬ恋をしてしまい、日本も戦争への道を着実に進み始めていた。この作品は昭和という激動の時代を生きていた人々の、血の通った温かい生活と小さな秘密を描いた物語である。

Read Article

DESTINY 鎌倉ものがたり(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

DESTINY 鎌倉ものがたり(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『DESTINY 鎌倉ものがたり』とは、2017年に公開された映画で、西岸良平の人気コミック『鎌倉ものがたり』を実写映画化したファンタジー作品である。監督は、日本アカデミー賞最優秀賞を受賞した山崎貴。主演に堺雅人と高畑充希を迎え、ほかにも大物俳優が勢揃いしている。ストーリーは魔物や幽霊が一緒に生活するという鎌倉が舞台。夫婦の周りでは奇妙な出来事が起こり、自分たちの謎が解き明かされていく作品だ。夫婦の絆を感じることができる温かい映画作品である。

Read Article

ノーサイド・ゲーム(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ノーサイド・ゲーム(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ノーサイド・ゲーム』とは、2019年に発行された原作者・池井戸潤の小説及び、大泉洋主演で2019年7月から9月まで放送された、ラグビーをテーマとしたテレビドラマ。ラグビーの素人であるトキワ自動車経営戦略室次長の君嶋隼人(きみしまはやと)が、アストロズを立て直してラグビー界を盛り上げるために孤軍奮闘するストーリー。日本で開催されたラグビーワールドカップ2019の応援ドラマとして放送された。第102回ザテレビジョンドラマアカデミー賞を受賞している。

Read Article

キセキ -あの日のソビト-(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

キセキ -あの日のソビト-(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『キセキーあの日のソビトー』とは、大ヒット曲を数々生み出したGReeeeNの結成と「キセキ」という楽曲の誕生秘話を描いた映画である。 音楽に挫折した兄のジンは、歯科医師を目指す弟のヒデの音楽の才能に気づき、ヒデの音楽活動を支えることにした。 父親である誠一のような医者を目指していたヒデは、歯科大学の仲間と共に顔を出さない音楽グループGReeeeNを結成する。 そんな2人の主人公と音楽を認めない誠一との葛藤を実話を元にしたストーリー。

Read Article

キングダム2 遥かなる大地へ(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

キングダム2 遥かなる大地へ(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『キングダム2 遥かなる大地へ』とは、古代中国で“天下の大将軍”となることを目指す少年の活躍を描いた、原泰久の同盟漫画作品の実写映画シリーズ第2弾である。公開翌年となる2023年には、同シリーズ第3弾となる『キングダム3』の公開が決定している。 500年もの間戦乱の中にある古代中国。魏国の軍勢の侵攻を受けた秦国は、これを迎撃するための軍を編成する。ひょんなことから秦国王宮内の人々と知り合った奴隷の少年信は、天下の大将軍になるという夢を叶えるためここに参戦。本物の戦場の中で剣を振るう。

Read Article

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子(猟奇犯罪捜査班)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子(猟奇犯罪捜査班)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ON異常犯罪捜査官・藤堂比奈子(猟奇犯罪捜査班)』とは、内藤了が執筆したミステリー小説『猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』シリーズを原作に制作したフジテレビ系列のドラマで、2016年に火曜夜10時ドラマ枠で放送された。新米刑事の藤堂比奈子は異常犯罪者にとても興味をもっていた。どんな気持ちで殺人をしどこでそのスイッチが入るのか興味深いと捜査するが、そこには自分の生い立ちなど関わっており、物語が進むにつれて比奈子の過去や現在の謎にも迫っていくストーリーになっている。

Read Article

目次 - Contents