呪怨 白い老女(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『呪怨 白い老女』とは2009年に公開された日本のホラー映画作品である。監督・脚本は三宅隆太。同時上映は『呪怨 黒い少女』。『呪怨』シリーズの代表的キャラクターである伽椰子は登場せず、西荻一家惨殺事件によって新たに生まれた呪怨が周囲の人間に厄災をもたらしていく様が語られている。不気味な容貌の真っ白い老女の霊が襲い掛かってくる様子は、伽椰子に負けず劣らず恐ろしい。また西荻一家惨殺事件は凄惨を極め、シリーズで唯一R-15指定作品となっている。

『呪怨 白い老女』の概要

『呪怨 白い老女』とは2009年に公開された日本のホラー映画作品である。監督・脚本は三宅隆太。同時上映は『呪怨 黒い少女』。同シリーズでは唯一のR-15指定作品である。
「呪いつづけて、10周年。」とキャッチコピーにある通り、『呪怨』(ビデオ版)の発売から10周年に当たる今作では、監督・脚本は十数名の候補者の中から2人の監督が選出されて制作された。三宅隆太は『ほんとにあった怖い話』シリーズや『怪談新耳袋』シリーズなどの数多くのホラー作品を手掛けた監督である。
続編でもなくリメイクでもない今作は新しい『呪怨』の流れを作っていくために、『呪怨』の代表的キャラクターである伽椰子を登場させていない。俊雄もあくまでカメオ出演としてワンシーンだけの登場にとどまっている。
それまでの『呪怨』シリーズでは佐伯家殺人事件によって生まれた佐伯伽椰子の呪怨が人々に恐怖をもたらしてきたが、今作では西荻一家惨殺事件にて新たに生まれた呪怨が人々を恐怖に陥れていく。7年前の西荻一家惨殺事件発生直後には、事件の第一発見者である萩本文哉が恋人の種村千穂を惨殺。殺人犯の磯部篤を乗せたタクシーのドライバーが失踪。捜査を担当した刑事の1人が自殺といった事件が起きている。
あかねたちがこっくりさんで未来を呼び出してからは、あかねの友人や刑事が心霊現象に巻き込まれるが伽椰子程無差別に人を襲ってはいない。その代わりに一家惨殺事件の犯人である磯部篤が、家に引っ越してきてから家族を惨殺し自殺することを無限に繰り返す無限地獄を、延々と繰り返す世界観となっている。過去と現在が交互に語られているように見えるが、実は時間が流れていく外の世界に対して、事件現場となった空き家では延々と惨殺事件の日が繰り返されているのである。
ラストでは無限地獄から脱することができた未来が、友人のあかねにお守りの熊のキーホルダーを返して消えるという救いのあるものになっている。

『呪怨 白い老女』のあらすじ・ストーリー

事件発覚

萩本文哉はケーキの配達の為に磯部家を訪れる。

ケーキ屋でアルバイトをしている萩本文哉(はぎもとふみや)は、クリスマスの朝にサンタクロースの衣装を着てケーキの配達をしていた。文哉は磯部家にも配達の為に訪れたが、インターホンを押しても反応が無い。玄関が開いていたので声をかけてみると、家の奥からは「はーい。今ちょっと手が離せなくて。すぐ行きますから」という女性の返答があった。しばらく待っても家人は姿を見せず、声をかけても同じ返答が繰り返されるばかりなことに不審感を抱きはじめる。そんな時、家の奥から何かが倒れるような音が聞こえ、文哉は意を決して家の中へ入っていく。台所では冷蔵庫が開けっぱなし、洗面所では水を出しっぱなしの状態で人の姿は無い。浴槽は何かを焼いた痕跡があり壁一面が黒く焦げている。奇妙な状況に不安になる文哉だったが、廊下をランドセルを背負った少女が歩いていく姿を目撃する。少女を追いかけて2階に上がった文哉は子供部屋で少女の首なし死体を発見する。
転がり落ちるように1階へ降りた文哉は、再び「はーい。今ちょっと手が離せなくて。すぐ行きますから」という女性の声を聞く。台所には、さっきは確かに無かったはずの女性の刺殺死体があった。驚いて後じさった文哉は、振り向いた自分の目の前にバスケットボールを持った白い老女が「あ゛あ゛あ゛あ゛」と呻き声を発している姿を目撃する。

柏木の失踪

タクシー運転手の柏木一(かしわぎはじめ)は、クリスマスイブの朝に小学生の娘の柏木あかね(かしわぎあかね)をタクシーで学校まで送っていた。「後部座席が汚れている」とあかねに言われた柏木が車内の清掃をしていたとき、無線で会社から連絡が入る。警察が「今朝乗せた客について聞きたい」と柏木を訪ねてきているということだった。その時柏木は、バックミラーに今朝乗せた客の幻覚を見る。そして後部座席には先程までは無かったはずの鞄が置かれていた。鞄を恐る恐る開けた柏木は、中に入っていた少女の生首と目が合う。驚きのけぞる柏木の頭を後ろから少女の手が掴み、悲鳴をあげる柏木の姿は消え去っていた。

コックリさんでよばれたもの

金原由佳は女子トイレで不審な少女を目撃する。

霊感がある女子高生のあかねは、友人の金原由佳(かねはらゆか)と吉川真弓(よしかわまゆみ)に頼まれてコックリさんに参加する。しかしコックリさんは特に変わったことも起きずに終わろうとしていた。無神経なところのある真弓は、「死んだ人じゃないとよべない」と言われて「あかねの父親を呼ぼう」と言い出す。由佳が急いで「行方不明なだけだよ」と取りなすが、あかねは「もう7年も前だし」と気にしてないことを示す。それでも微妙な雰囲気で続ける気にもならず、もうやめようとしていたところで10円玉は「み」「ら」「い」という文字を指し示す。「みらい」が何を意味するのかと考える3人だったが、「人の名前かも」と由佳が言ったその時に、あかねはランドセルを背負った少女の姿を目撃し悲鳴をあげる。そしてそのまま教室から飛び出して行ってしまった。
由佳は真弓と一緒に廊下を歩きながら、あかねを父親のことで怒らせたのではないかと気に病むが、真弓は忘れ物をしたからと由佳を残して教室へと走って行ってしまう。トイレに入った由佳はランドセルを背負った少女が個室へ入っていく姿を目撃する。不審に思った由佳がトイレのドアを開けても中には誰もおらず、ドアを閉めた由佳にバスケットボールを持った白い老女の霊が駆け寄ってきた。

磯部家に忍び寄る不穏な影

磯部健太郎(いそべけんたろう)は家族と購入予定の一軒家の内見に来ていた。中古ではあるが広々とした家屋と庭に家族一同は歓びの声を上げる。ただ息子の磯部篤(いそべあつし)だけは不穏な雰囲気を感じていた。妻の磯部淳子(いそべじゅんこ)は台所でぐちゃぐちゃに丸められた家族写真を拾い、娘の磯部美帆(いそべみほ)は安すぎる価格に疑問を呈するが、美帆の娘の磯部未来(いそべみらい)は篤と大喜びで家の中を見て回っていた。家族が庭で和やかに過ごす姿を見ていた篤は、廊下の奥を人影が過ぎるのを目にする。そして確認の為に入った和室で姿見を見つけた篤は、鏡に映った自分に手を掴まれる。自分を呼ぶ未来の声に振り返った篤の雰囲気は一変しており、2人が去った後の姿見には篤の姿が映ったままだった。

恐怖に呑み込まれた文哉

文哉の恋人の種村千穂(たねむらちほ)は警察署にいる文哉の元に駆け付ける。凄惨な殺人事件の現場を目撃した文哉は、呆然と座り込み「行きます。すぐ行きます。すぐ行きますから」とぶつぶつ呟いていた。
2人は全ての予定をキャンセルし、自宅でクリスマスを過ごすことにする。千穂は文哉に用意しておいたプレゼントを贈ったりと気を遣うが、文哉はケーキを切り分ける包丁を見た途端にフラッシュバックを起こし嘔吐してしまう。そんな文哉に千穂は優しく寄り添い抱きしめあったが、腕の中の千穂が白い老女に姿を変え呻き声をあげるのを聞いた文哉は逃げ出す。追いかけてくる白い老女に咄嗟に手に取った包丁を突き立てたが、文哉が刺したのは千穂だった。喉に包丁が刺さった千穂を見た文哉は、狂ったように千穂に何度も包丁を突き刺し続けた。

未来が抱える不安

あかねは病気で小学校を休んでいた未来の見舞いに訪れる。未来は、あかねが貸してくれた御守りの熊のキーホルダーのお陰ですっかり元気になったと礼を言う。御守りを返そうとする未来に「ちゃんと治ってからでいいよ」とあかねが言っているところに、未来の曾祖母の磯部ハル(いそべはる)がやってくる。引っ越してくる前から痴呆が始まっていたハルだったが、今では水玉模様のワンピースを着て、勝手に持ち出した篤のバスケットボールを抱えて徘徊するようになっていた。未来が篤のボールを受け取ると、ハルはそのままふらふらと立ち去ってしまう。
帰ろうとするあかねを未来が「誰かいてくれた方がいいから」と引き留める。篤がいるのではないかというあかねに未来は篤の変貌について相談する。優しかった篤は引っ越してきてからすっかり性格が変わってしまい、今では風呂に入っている間に未来の下着がなくなってたり、べたべたと体を触ってくるのだという。一緒に住んでいる篤のことだから、他の家族の誰にも言えなくて悩んでいたのだ。そこへ篤がやってきて、あかねは家から力づくで追い出されてしまう。未来は篤に自室へ引っ張っていかれながらもハルに助けを求めるが、ハルは姿見のある和室でウィッグを被ったり化粧に余念がない。2階の窓辺であかねに助けを求める未来を見上げながらも、あかねはそのまま家へと帰ってしまう。
篤が自分を撫でまわすのを我慢していた未来だったが、部屋にハルがやってくる。ハルは篤の腕を取ると、その手を自分の胸へと押し当てる。驚いた篤はハルを突き飛ばして部屋を出ていき、どうにか未来は難を逃れることができた。
その頃1階では、犬のおもちゃが外にいる俊雄にワンワンと吠えていた。

謎のカセットテープ

刑事の川端啓介(かわばたけいすけ)は警察署の資料室でカセットテープを見つける。そのテープは剝き出しの状態でありながらグルグルと回転していた。同僚の安川英樹(やすかわひでき)が部屋に入ってきたときに、川端はそのテープをテープレコーダーに入れて再生ボタンを押す。流れてきたのは「行きます。すぐ行きます。すぐ行きますから」という男の声だった。川端の様子がおかしいことに気付いた安川はテープを取り出すと足で踏み砕く。
屋上で安川は川端に7年前の西荻一家惨殺事件について語る。その事件の犯人は一家全員殺した後に首を吊って自殺したのだが、自分が死ぬ瞬間をカセットテープに録音していたのだという。当時の捜査員の1人がテープ起こしを担当したのだが、彼は自宅で首を吊って死んだ。そのテープに入っていたのはさっきの男の声ではなく、何故か女の子の声だった。
テープを燃やすという安川に「何もそこまで」と川端は言うが、安川は「このテープは7年前に何十キロも離れた山に捨てたんだから、此処にあるはずの物じゃない」という。そして「絶対に関わるな」と忠告をして屋上から去った。
川端は資料室で西荻一家惨殺事件の資料を見始めるが、いつのまにか目の前にテープがありテープからは「早く来て」という女児の声が流れてきた。

西荻一家惨殺事件

家族全員を殺害した磯部篤は首吊り自殺をする。

淳子はクリスマスケーキの配達を依頼したりとクリスマスの準備をするが、夫の健太郎はいつまでたっても司法試験に合格しない篤に苛立っていた。美帆は淳子が実の母親ではないことについて馬鹿にするような発言をし、健太郎はそんな美帆にも苛立つ。自室で勉強をする未来は階下から聞こえる家族の諍いの声に顔を歪める。テープを聞きながら司法試験の勉強をしていた篤は、テープから「行きます。すぐ行きます。すぐ行きますから」という自分の声と「早く来て。怖いから」という未来の声が聞こえてきて驚き飛びのく。窓ガラスに映る自分を凝視する篤に、テープから聞こえる未来の声が「こっちに来て」と繰り返し呼びかける。和室ではハルが自分の顔にぐちゃぐちゃの化粧を施していた。
深夜、篤は就寝していた父をバットで撲殺する。次にハルをロープで絞殺した篤は台所へと向かう。和室から聞こえた物音に「はーい。今ちょっと手が離せなくて。すぐ行きますから」と返答した淳子は台所で煙草を吸っていた。そこへやってきた篤に夜食の要求と勘違いした淳子は冷蔵庫に向かうが、篤に包丁で刺し殺されてしまう。リビングでテレビを見ていた美帆は浴室へ引きずって連れていかれると、浴槽で灯油をかけられ焼き殺される。
異変を察知した未来は部屋にカギをかけて隅っこにうずくまり、御守りの熊のキーホルダーを握りしめて助けを求めるが、押し入ってきた篤に生きたまま鋸で首を切断されてしまった。
そして未来の生首を鞄に入れた篤は柏木が運転するタクシーに乗車する。鞄から漏れ出た血液が後部座席を汚していた。
テープレコーダーをセットした篤は、「行きます。すぐ行きます。すぐ行きますから」と呟きながら首を吊ろうとする。そんな篤に鞄の中の未来の生首が「早く来て。怖いから。こっちに来て」と呼びかけてくる。篤は「ごめんなさい」と何度も繰り返し、踏み台を蹴り倒した。そのすべてがカセットテープに録音されていた。

エピローグ

あかねが帰宅しても母は仕事でおらず、暗い部屋には夕食が用意されていた。父の仏壇を拝んでいる時にドアの開く音がし、母が帰宅したのかと思ったあかねだったが、部屋の中には赤いランドセルを背負った未来が居た。未来の姿を見たあかねは、ただ「ごめんなさい」と繰り返す。いつのまにか未来は姿を消し、家の中には熊のキーホルダーが落ちていた。

7ltk_a1218
7ltk_a1218
@7ltk_a1218

Related Articles関連記事

家売るオンナ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

家売るオンナ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『家売るオンナ(ドラマ)』とは、は、2016年7月から9月にかけて放送された、スーパー営業マンの不動産販売をテーマとしたドラマである。主演は北川景子で、天才的不動産屋・三軒家万智が、顧客の悩みや問題点を解決しつつ、家を売りまくるというストーリー。数々の賞を受賞し、海外でも方された人気ドラマで、2017年5月にはスペシャルドラマ『帰ってきた家売るオンナ』、2019年1月から3月まで、続編として『家売るオンナの逆襲』が放送された。

Read Article

呪怨 黒い少女(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

呪怨 黒い少女(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『呪怨 黒い少女』とは2009年に公開された日本のホラー映画作品である。同時上映は『呪怨 白い老女』。監督・脚本は安里麻里。今作では『呪怨』シリーズのメインキャラクターである伽椰子を登場させないという新たな試みが行われている。伽椰子に代わるメインキャラクターとして、この世に産まれることができなかった真っ黒な少女の霊が人々に厄災を振りまいている。終盤では、除霊を試みた真理子と真理子を騙し打ちした霊との戦いが繰り広げられている。自由を得た霊は伽椰子のように家に固執することなく歩み去っていく。

Read Article

銀魂(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

銀魂(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「銀魂」(実写版)は、2017年7月に公開された福田雄一監督による日本映画。空知英秋作画の漫画「銀魂」の実写化作品で、原作の長編「紅桜編」がベースです。「紅桜編」は、妖刀紅桜を利用して国の転覆を目論む鬼兵隊と、それを阻止しようとする主人公坂田銀時と仲間たちの戦いを描いたもの。原作はSF時代劇コメディです。実写版はそれを忠実に再現し、ギャグ満載、時にほろりとさせる内容になっています。

Read Article

貞子 vs 伽椰子(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

貞子 vs 伽椰子(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『貞子 vs 伽耶子』とは2016年に公開された日本のホラー映画。共に一世を風靡したジャパニーズホラー映画『リング』シリーズの「山村貞子」と『呪怨』シリーズの「佐伯伽耶子」の最恐二大ヒロインが共演を果たした。監督は白石晃士。女子大生の倉橋有里の親友・夏美は偶然手に入れた「呪いのビデオ」を見てしまう。一刻も早く「見たら二日後に死ぬ」呪いを解かなければならない。一方「呪いの家」が気になって仕方ない女子高生・高木鈴花。蔓延してゆく強力な呪いを解くためにはバケモンとバケモンをぶつけるしかないのだった。

Read Article

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「銀魂2 掟は破るためにこそある」とは、2018年8月に公開された、空知英秋原作の漫画「銀魂」を実写化した日本映画です。2017年公開「銀魂」の続編で、前作に続き監督は福田雄一、主演は小栗旬が務めています。前作とほぼ同じメインキャストで臨んだ本作は、原作で人気の長編「真選組動乱編」と、ギャグ色の強い「将軍接待編」をドッキングさせた内容。「真選組動乱篇」は真選組の参謀伊東鴨太郎の謀反を中心にした物語、「将軍接待編」は、万事屋がバイトするキャバクラに徳川茂茂がやってきて起きる騒動を描いたものです。

Read Article

LIFE!〜人生に捧げるコント〜(テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

LIFE!〜人生に捧げるコント〜(テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

LIFE!~人生に捧げるコント~とは、NHKが制作しているコントを中心としたバラエティ番組。『人生』をテーマにしており、ウッチャンナンチャンの内村光良が中心となっている。内村にとってはNHKでの初のレギュラー番組。一度見たら忘れられない個性的すぎるキャラクターたちや、多分野に渡る豪華ゲストが特徴。

Read Article

50回目のファースト・キス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

50回目のファースト・キス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『50回目のファースト・キス(映画)』とは、本国アメリカのみならず世界中で大ヒットとなったロマンチック・ラブコメディである。記憶障害という難病をテーマに切なく涙かせるシーンもありながら、集結したコメディ俳優たちがハワイを舞台にナンセンスながらクセのあるギャグで始終笑わせてくれる。 二人が揃ってメディアに登場すると今だに大きな話題となるアダム・サンドラー×ドリュー・バリモアの最強コンビの抜群の信頼関係が、最高の映画製作に影響を与えヒット作へと導いている、今もなお根強いファンが多い傑作である。

Read Article

大恋愛〜僕を忘れる君と(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

大恋愛〜僕を忘れる君と(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『大恋愛〜僕を忘れる君と(ドラマ)』とは、TBS「金曜ドラマ」で2018年10月から12月までの間で毎週金曜夜10時から放送されたテレビドラマである。若年性アルツハイマーにおかされた女医と自分を忘れていく恋人を明るくけなげに支えていく元・小説家の10年にわたる愛の軌跡を描いた王道ラブストーリー。圧巻の演技力を誇る国民的大女優の戸田恵梨香が主人公を演じ、さらにドラマや舞台などで大活躍中の個性派俳優ムロツヨシが恋人役として出演している。実力を兼ね備えた二人の演技が話題となった作品である。

Read Article

勇者ヨシヒコと魔王の城(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

勇者ヨシヒコと魔王の城(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『勇者ヨシヒコと魔王の城(ドラマ)』とは、テレビ東京系で放送されたコメディドラマである。シュールでコミカルなストーリーで、個性的なキャラクターが話題を呼んだ。毎話登場する豪華ゲストも話題である。ある村の青年ヨシヒコがひょんなことから勇者として薬草を探す旅に行くことになり、その旅の途中で仲間を増やしていく物語である。ゲーム『ドラゴンクエスト』をもじった作品でもあり効果音やアイテム等も登場しファンを沸かせた。その人気から後に続編も公開された。

Read Article

勇者ヨシヒコと導かれし七人(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

勇者ヨシヒコと導かれし七人(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『勇者ヨシヒコと導かれし七人』とは、2016年10月8日から12月24日までテレビ東京系「ドラマ24」で放送された、山田孝之主演の福田雄一監督作品である。勇者ヨシヒコ一行は、この世界を闇に葬ろうとしている魔王は7つの弱点があり、その魔王の弱点を突く7人を探し出し魔王を倒すべく長い旅を始める。RPGゲーム『ドラゴンクエスト』をモチーフにした冒険活劇で3シリーズの3作品目である。ヨシヒコ演じる山田孝之の他、豪華俳優陣のシュールな演技でファンの多い大人気作品である。

Read Article

DESTINY 鎌倉ものがたり(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

DESTINY 鎌倉ものがたり(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『DESTINY 鎌倉ものがたり』とは、2017年に公開された映画で、西岸良平の人気コミック『鎌倉ものがたり』を実写映画化したファンタジー作品である。監督は、日本アカデミー賞最優秀賞を受賞した山崎貴。主演に堺雅人と高畑充希を迎え、ほかにも大物俳優が勢揃いしている。ストーリーは魔物や幽霊が一緒に生活するという鎌倉が舞台。夫婦の周りでは奇妙な出来事が起こり、自分たちの謎が解き明かされていく作品だ。夫婦の絆を感じることができる温かい映画作品である。

Read Article

勇者ヨシヒコと悪霊の鍵(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

勇者ヨシヒコと悪霊の鍵(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』とは、2012年10月12日から12月21日までテレビ東京系「ドラマ24」で放送された山田孝之主演の福田雄一監督作品である。勇者ヨシヒコに魔王が倒されて100年後、何者かによって魔王の封印が解かれ、再び魔物がはびこる時代となった。民はかつて魔王を倒した勇者ヨシヒコに助けを求め、復活を遂げかつて旅を共にした仲間と共に再び魔王を倒すべく旅に出た。ヨシヒコ演じる山田孝之の他、豪華俳優陣のシュールな演技でファンの多い大人気作品である。

Read Article

ゴジラVSメカゴジラ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴジラVSメカゴジラ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴジラVSメカゴジラ』とは、1993年に公開された日本の怪獣パニック映画である。監督は大河原孝夫、主演を高嶋政宏が務めた。 1992年、ゴジラの被害に対応するため、対ゴジラ兵器メカゴジラが作られていた。そんな中、アドノア島では巨大卵が発見される。卵からはベビーゴジラが誕生し、ゴジラは同族であるベビーゴジラを探しに上陸する。その習性を利用してゴジラをおびき寄せ、メカゴジラと戦わせるのであった。 見所は、ベビーゴジラと人間との交流である。

Read Article

呪怨(ビデオ版)のネタバレ解説・考察まとめ

呪怨(ビデオ版)のネタバレ解説・考察まとめ

『呪怨』(ビデオ版)とは、2000年に発売されたホラービデオ作品である。監督・脚本は清水崇。後に日本を代表するホラー映画となる『呪怨』シリーズの原点とも言える作品である。『呪怨』シリーズの全ての発端である佐伯家の殺人事件を中心に、複数の登場人物の視点を通して語られるオムニバス方式となっている。伽椰子は何故夫の剛雄に殺されたのか、伽椰子と俊雄の霊が多くの人達を呪い殺していく様が恐ろしい心霊現象として映像化されている。その呪いは事故物件に入居した人間にとどまらず、その関係者にまで次々と伝播していく。

Read Article

呪怨(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

呪怨(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『呪怨』(映画)とは2003年に公開された日本のホラー映画作品である。監督・脚本は清水崇。かつて殺人事件が起きた家に関わった人間が、その家に巣食う伽椰子と俊雄の霊に襲われていく様が恐ろしい心霊現象として映像化されている。仁科理佳はその家を訪問してから、深夜に自分を見下ろす伽椰子やテーブルの下に潜む俊雄を目撃するなどの恐怖体験に襲われ続けることとなる。あまりの恐ろしさに、伽椰子は『リング』の貞子と並んで日本を代表するホラーキャラクターとなった。キャッチコピーは「総毛立つ快感」。

Read Article

どうする家康(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

どうする家康(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『どうする家康』とは、2023年に放送されたNHK大河ドラマ第62作。脚本家の古沢良太が新たな視点で主人公の徳川家康の生涯を描く。室町時代後期から江戸時代の日本が舞台。両親と離れ離れになり、駿河国大名・今川義元の人質として孤独な人生を送るものだと思っていた少年はやがて弱小国の主となる。様々な選択をしながら戦いのない世界を目指し、乱世に飛び込んでいく物語である

Read Article

呪怨2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

呪怨2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『呪怨2』(映画)とは2003年に公開されたホラー映画作品で『劇場版 呪怨』の続編にあたる。監督・脚本清水崇。心霊特番のロケで幽霊屋敷に行った一行が次々に不審死を遂げたり、行方不明になっていく様が恐怖の心霊現象として映像化されている。女優の原瀬京子は俊雄に何度もお腹を触られるという心霊現象を体験した末に、この世に再び伽椰子を産み落とすこととなる。分娩室の床で産声をあげる血塗れの紙袋の恐ろしさは圧巻。キャッチコピーは「身の毛もよだつ絶頂」。

Read Article

呪怨 -ザ・ファイナル-(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

呪怨 -ザ・ファイナル-(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『呪怨 -ザ・ファイナル-』とは日本を代表するホラー映画『呪怨』シリーズの完結編である。監督は落合正幸。キャッチコピーは「最恐が、終わる。」。 それまでの『呪怨』シリーズが1作ごとに独立していたのに対し、今作は『呪怨 終わりの始まり』の続編となっており、失踪した妹の行方を追う女性と不気味な少年を引き取った母子が様々な心霊現象に襲われていく。 2015年6月20公開。全国144スクリーンで上映され、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第7位であった。

Read Article

呪怨2(ビデオ版)のネタバレ解説・考察まとめ

呪怨2(ビデオ版)のネタバレ解説・考察まとめ

『呪怨2』(ビデオ版)とは2000年に発売されたホラービデオ作品であり、『呪怨』(ビデオ版)の続編にあたる。監督・脚本は清水崇。前作では佐伯家の殺人事件を中心に映像化されているが、今作では事故物件を扱った不動産屋の鈴木達也を中心に起こった悲劇が映像化されている。佐伯伽椰子の殺害現場だけでなく、小林真奈美の殺害現場にまで関与してしまった末に鈴木家の人間が恐ろしい心霊現象に襲われ死に絶えていく。最後まで生き延びていた鈴木信之は多数の伽椰子に襲われるという末路が描かれている。

Read Article

呪怨 終わりの始まり(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

呪怨 終わりの始まり(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『呪怨 終わりの始まり』とは、2014年に公開された日本を代表するホラー映画『呪怨』シリーズの5作目である。監督は落合正幸、脚本は落合正幸と一瀬隆重。小学校教師の生野結衣が長期欠席中の佐伯俊雄の問題に対処していく中で、恐ろしい心霊現象に襲われていく。また、事故物件に肝試しに行った女子高生4人が次々と不審な死を遂げていく様も語られる。結衣の恋人の直人も佐伯俊雄について調べ始め、佐伯家で過去に起きた男児虐待死事件に辿り着く。今作では佐伯一家殺人事件の動機などが前作までと異なっている。

Read Article

テレビから消えた美人な芸能人・有名人まとめ【中村愛美・藤本綾・若林志穂・内藤陽子・小嶺麗奈他】

テレビから消えた美人な芸能人・有名人まとめ【中村愛美・藤本綾・若林志穂・内藤陽子・小嶺麗奈他】

バラエティやドラマなどで一躍脚光を浴びても、いつの間にかテレビから消えてしまう芸能人がいる。ここではテレビから消えた美人な芸能人・有名人をまとめた。テレビから去った後、別の業界で活躍している人もいれば、まったく消息が分からなくなっている人もいるようだ。

Read Article

実写版『銀魂2 掟は破るためにこそある』のキャスト、キャラ絵との比較画像、公式最新動画まとめ

実写版『銀魂2 掟は破るためにこそある』のキャスト、キャラ絵との比較画像、公式最新動画まとめ

福田雄一監督による実写版「銀魂」の続編が、2018年8月17日に公開されます。メインキャストは、万事屋の3人(小栗旬、菅田将暉、橋本環奈)真選組の3人(中村勘九郎、柳楽優弥、吉沢亮)を初めとし、ほとんどが前作と同じ顔ぶれ。これに新たなキャストも加わった今作は、原作の人気長編である「真選組動乱篇」と、征夷大将軍徳川茂茂が登場する「将軍接待篇」を土台としたストーリー展開となることが発表されています。

Read Article

【鳥居みゆき】メイクした顔よりすっぴんのほうが可愛い芸能人まとめ【南明奈】

【鳥居みゆき】メイクした顔よりすっぴんのほうが可愛い芸能人まとめ【南明奈】

メイクは美しくなるための魔法。女性にとっては、日常の欠かせないルーティンという方も多いのではないでしょうか。ただ、人によってはメイクした姿よりもすっぴんのほうが可愛いという場合もよくあります。この記事では、メイク姿とすっぴんの両方を披露してきた女性芸能人の画像をまとめました。すっぴんの自然な綺麗さが好みというファンもいるので、もういっそのことそのまま活動すればいいのではないでしょうか。

Read Article

実写版「銀魂」メインキャストが出揃う!※キャラ絵との比較画像、公式最新動画掲載

実写版「銀魂」メインキャストが出揃う!※キャラ絵との比較画像、公式最新動画掲載

主役の銀さん以外のキャスティングが発表になりました。それぞれドラマや映画で主役を張れる方達の揃い踏みです。そこで「銀魂実写化!」の妄想キャスティングと同じような感じで、画像を並べてみました。 メインキャストのビジュアルや予告動画、主題歌などについての情報は、その都度紹介していきます。

Read Article

夫婦愛に感動する映画16作品【今度は愛妻家など】

夫婦愛に感動する映画16作品【今度は愛妻家など】

夫婦愛に感動するおすすめ映画を集めました。紹介するのは、豊川悦司と薬師丸ひろ子が夫婦役を演じた「今度は愛妻家」や、記憶障害の女性と一途な愛を貫く男性の姿に胸が熱くなる「50回目のファーストキス」など全16作品。嬉しいことや楽しいことだけじゃなく、時には困難に立ち向かう。そんな姿が印象的な映画のあらすじや見どころをまとめました。

Read Article

【呪怨】USJのハロウィーン・ホラー・ナイトを攻略しよう!全貌を一挙解説!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

【呪怨】USJのハロウィーン・ホラー・ナイトを攻略しよう!全貌を一挙解説!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの「ハロウィーン・ホラー・ナイト」は、ハロウィンの時期に合わせて期間限定で開催されるイベント。年々そのクオリティは上がっており、毎年のように「過去最恐」を更新しています。この記事では、そんな「ハロウィーン・ホラー・ナイト」を攻略するべく、全貌を一挙に解説!これを読んで、もっとイベントを楽しんじゃいましょう。

Read Article

【50回目のファーストキス】日本テレビ「金曜ロードショー」の2019年放送作品一覧!【億男】

【50回目のファーストキス】日本テレビ「金曜ロードショー」の2019年放送作品一覧!【億男】

手に汗握るアクション作品、背筋凍るホラー作品、捧腹絶倒のコメディ作品、胸温まる感動作品。日本テレビの『金曜ロードショー』は、様々な映画をお茶の間に届けてくれる人気番組である。 ここでは、そんな『金曜ロードショー』で2019年に放送された映画作品のタイトル一覧を紹介する。

Read Article

【呪怨】ポスターだけでも怖いホラー映画まとめ!絶対観たくない作品が満載【サバイバル・オブ・ザ・デッド】

【呪怨】ポスターだけでも怖いホラー映画まとめ!絶対観たくない作品が満載【サバイバル・オブ・ザ・デッド】

マニアックなファンがなぜか多いことで知られるホラー映画。背筋が思わず凍り付いてしまうような内容は、夏に観るにはピッタリですよね。この記事では、そんなホラー映画の中からポスターを目にするだけでもすでに怖い作品についてまとめました。これを見てますます映画を観てみたいと思うか、絶対観たくないと感じるかは、あなた次第です。

Read Article

【呪怨】USJのハロウィーン・ホラー・ナイトのおすすめ映画を勝手に予想!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

【呪怨】USJのハロウィーン・ホラー・ナイトのおすすめ映画を勝手に予想!【ユニバーサル・スタジオ・ジャパン】

大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、秋になると開催されるイベントがあります。その名も、「ハロウィーン・ホラー・ナイト」!ゾンビたちがパーク内に突如として現れ、人びとを恐怖のどん底へと突き落とします。そんな「ハロウィーン・ホラー・ナイト」は、ホラー映画ともコラボしているのが面白いところ。この記事では、こんな映画とコラボしてたらいいなというのを独断と偏見で予想!どうなるかは、行ってからのお楽しみ!

Read Article

目次 - Contents