かもめ食堂(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『かもめ食堂』とは、フィンランドのヘルシンキに日本人女性・サチエがオープンした小さな食堂を舞台に、3人の日本人女性とフィンランド人との穏やかで心温まる交流を描いたヒューマンドラマである。群ようこの同名の小説をもとにした映画であり、小林聡美、片桐はいり、もたいまさこの3人が主演の萩上直子監督作品。かもめ食堂がヘルシンキの人々に受け入れられ、身近な食堂としてみんなの居心地の良い居場所になっていく物語である。

『かもめ食堂』の概要

『かもめ食堂』とは、フィンランドのヘルシンキに日本人女性・サチエがオープンした小さな食堂を舞台に、3人の日本人女性とフィンランド人との穏やかで心温まる交流を描いたヒューマンドラマである。群ようこの同名の小説をもとにした映画であり、小林聡美、片桐はいり、もたいまさこの3人が主演の萩上直子監督作品だ。「ハラゴシラエして歩くのだ」をキャッチコピーに、2006年3月に日本で公開された。最初は、東京と横浜の2館だけの上映であったが、口コミで人気が広がって全国公開となり、興行収入5億8000万円のヒットとなった。2007年の第28回ヨコハマ映画祭では、第5位を獲得。2006年には、『かもめ食堂』が評価され、新人映画監督に贈られる日本の映画賞・新藤兼人賞において、萩上直子監督が銀賞を獲得した。
『かもめ食堂』は、フィンランドのヘルシンキにサチエがオープンした食堂の名前である。最初は、異国の小さな人がやっている店として、近所のフィンランド人にはいぶかしがられていたかもめ食堂に、お客さん第一号としてトンミ・ヒルトネンがやって来てから物語は動き始める。トンミが日本オタクであったことから、「ガッチャマンの歌を教えてほしい」と頼まれたサチエ。なかなか歌詞を思い出せずにいたときに出会ったのが、たまたま世界地図で指をさした場所がフィンランドだったという不思議な理由でヘルシンキに来ていたミドリだった。サチエは、ミドリを自分の家に居候させ、ミドリはかもめ食堂もお手伝いするようになる。サチエとミドリが運営するかもめ食堂には、次々に個性的な面々が現れ、お店も段々とお客さんが入るようになっていく。かもめ食堂と同じ場所で店をやっていたフィンランド人男性のマッティや、20年間の親の介護から解放されてふらりとフィンランドへやって来たマサコ、夫に出て行かれて酒に溺れていたリーサなどを中心に、言語を超えた人々の交流を描いたヒューマンドラマである。

『かもめ食堂』のあらすじ・ストーリー

かもめ食堂お客さん第一号

フィンランドのヘルシンキに一軒の小さな食堂があった。名前はかもめ食堂、店主は日本人女性のサチエ。いつも客がいない店を、通りかかる人たちにいぶしがられていた。
ある日、サチエがいつものように店内でうたた寝していると、フィンランド人の青年トンミ・ヒルトネンが来店する。トンミは日本のアニメのTシャツを着ており、日本語も話せる、日本オタクのようだった。サチエは、日本語でコーヒーを注文したトンミに「日本語、上手ですね」と話しかけた。すると、トンミは「『ガッチャマン』は好きですか」と尋ねる。トンミは、『ガッチャマン』の主題歌の歌詞を全部教えてほしいと言い、ノートを取り出す。サチエは歌詞を思い出そうとするが、なかなか思い出せない。結局、トンミがいる間に、思い出すことは出来なかった。サチエは「かもめ食堂第一号のお客さんだから、コーヒー代は無料でいいです」と言い、トンミは笑顔で帰っていった。

ミドリとの出会い

本屋に隣接するカフェで、ガッチャマンの歌を教えてほしいと頼むサチエ(左)とガッチャマンの歌詞をノートに書くミドリ(右)

サチエはトンミが帰った後も、『ガッチャマン』の歌詞を思い出せずに気になってしまう。立ち寄った本屋のカフェで、日本語の本を読む女性ミドリを見かけた。サチエは「『ガッチャマン』の歌をご存知ですか」と唐突に話しかけ、教えてほしいと頼み込む。ミドリは歌いながらノートに歌詞を書き、ノートを千切ってサチエに渡した。サチエは喜んでお礼を言い、そこから2人で他愛のない話を始めた。ミドリは、世界地図で指を指した場所がフィンランドだったので、フィンランドに来たことを話した。いつまで滞在するか決めていないと言うミドリに、歌詞を教えてもらったお礼に、自分の家に来ないかと誘うサチエ。
一緒にサチエの家に帰り、ミドリに和食を振る舞うサチエ。ミドリは一口お米を口にすると、日本の味に安心したのか涙を流した。サチエに、フィンランドで食堂をやることにした理由を聞くミドリ。サチエは冗談を言いながら、「本当はここならやっていけると思った」と曖昧に答えた。そして、「かもめ食堂のメインメニューはおにぎりなんです」と言った。
翌日、2人で買い出しに行った後、一緒にかもめ食堂に向かう。着いてすぐに、トンミが再び来店する。サチエはトンミに、ミドリが『ガッチャマン』の歌を教えてくれたことを話した。その後、ミドリは1人観光に出掛け、再びかもめ食堂に戻ってくる。
戻ってきたミドリはサチエに、かもめ食堂を手伝わせてもらえないかとお願いする。サチエはミドリを受け入れて、一緒に働くことになった。

サチエの思い

店の中で作業するサチエとミドリ。ミドリはサチエに、初対面にも関わらずに、家に泊まれと言ってくれたことを尋ねた。サチエは「『ガッチャマン』の歌を完璧に覚えている人に、悪い人はいないですからね」と冗談交じりに答えた。
その夜、毎日の習慣となっている、合気道の膝行を行っているサチエ。今後のかもめ食堂の心配をしたミドリは、日本のガイドブックに掲載することを提案した。かもめ食堂には相変わらず、トンミ以外のお客さんは来ていなかった。
しかしサチエは、ガイドブックを見てきてくれるような人は、かもめ食堂の「匂い」とは違うと言う。もっと身近な存在としてふらっと入れる、そんな場所にしたいと語るサチエ。そして、「真面目にやっていれば、そのうちお客さんが来るようになる」と言い切る。

美味しいコーヒーを淹れるおまじない

ある日、サチエが一人で店番をしていると、フィンランド人のマッティが来店する。マッティは、注文したコーヒーを飲み「うまい」と言うが、「もっと美味しいコーヒーの淹れ方を教えてやる」と言った。サチエは不思議に思うが、教わることにする。マッティは、コーヒーの粉におまじないとして「コピ・ルアック」と言って指を当て、それからお湯を注いだ。おまじない以外は、サチエの淹れ方と変わらなかった。サチエが一口飲むのを見て、マッティは「うまいだろ。コーヒーは自分で入れるより人に入れてもらうほうがうまいんだ」と言い、お代を置いて帰った。
サチエは教わった通り、おまじないをしてコーヒーを淹れた。帰ってきたミドリがそのコーヒーを飲むと、「豆を変えました?美味しい」とびっくりする。来店したトンミも満足そうな顔をする。二人の様子に、サチエは満足そうに微笑んだ。

お客さんを呼びよせたシナモンロール

ミドリは、おにぎりの具材を変えてみてはどうかと提案する。サチエは渋々ながらも、フィンランドでよく使われる食材で、試作を始める。居合わせたトンミと一緒に試食するが、米との相性が悪く、試作は失敗に終わる。
その夜サチエは、「膝行を教えて欲しい」と言うミドリと共に膝行をする。そして突然、シナモンロールを作ってみようかと思いつく。
翌日、シナモンロールを作るサチエとミドリ。すると匂いに誘われて、以前店を覗いていた、3人組のフィンランド人のおばあさんが来店してくる。ミドリはお客さんが来て、とても喜ぶ。サチエも、店じまい後に行ったプールで、ご機嫌に歌いながら泳いでいた。
ある日のかもめ食堂には、常連になった3人組のおばあさんとトンミが訪れ、いつもより賑わっていた。そんなかもめ食堂を覗く、フィンランド人の女性リーサの姿があった。サチエが会釈すると、リーサは何も言わず立ち去って行った。

マサコとの出会い

かもめ食堂の中を覗くリーサ(左)とマサコ(右)

また別の日、かもめ食堂を覗くリーサの姿があった。かもめ食堂には、徐々にお客さんが来るようになっていた。リーサを見慣れていたサチエとミドリだが、日本人女性のマサコも、中を覗いていることに気づいた。マサコは中に入り、コーヒーを注文する。マサコはサチエに、空港に着いて荷物が届かなかったことを話した。
翌日、航空会社に「荷物はまだ届かないかしら」と電話かけるマサコ。その後、かもめ食堂に来店するマサコ。マサコはサチエとミドリと話し、「やりたいことをやってらしていいわね」と言う。サチエは「やりたくないことをやらないだけなんです」と答えた。

やりきれない気持ちとの向き合い方

翌日、かもめ食堂にトンミとマサコがやってきた。そして、じっと覗いていたリーサが、初めてかもめ食堂に来店した。リーサはマサコの隣の席に座り、コスケンコルヴァというフィンランドの強いお酒を注文した。一気に飲み干したリーサは、サチエにも酒を勧める。サチエは断り、ミドリも同様に断った。マサコはコップを受け取って、コスケンコルヴァを飲み干す。リーサはもう一杯飲むと、椅子から落ちて倒れてしまう。
居合わせたトンミがリーサを背負い、リーサの自宅まで運ぶ。サチエとミドリ、マサコも付き添い、リーサを介抱する。落ち着いたリーサは、泣きながらマサコに消えた夫の話をした。帰り道、マサコはサチエとミドリに、「リーサの夫が出ていってしまい、しかもその理由がわからないと言っていた」と話す。マサコは言葉は通じないが、身振りや口ぶりで言っていることがわかるし、悲しい気持ちはどこに居ても一緒だから通じると話した。
翌日、かもめ食堂に来店したトンミとマサコに、昨日のお礼を伝えるサチエとミドリ。マサコの介抱がとても手際良かったのを、尋ねるサチエ。マサコは両親の介護を20年してきたこと、相次いで両親を亡くしたことを話す。そして、テレビでフィンランドのエアギター選手権を見て、目的もなく来てしまったと語る。サチエはマサコに「しばらくぼーっとしていればいい」と言うが、マサコは「ぼーっとするって意外と難しい」と答える。「どうしてこの国の人は、ゆったりのんびりしているように見えるのかしら」と言うマサコ。会話を聞いていたトンミは「森があります」と言う。その一言を聞いて、「森に行ってきます」と店を後にするマサコ。そして、小川の音だけが響く静かな森で、きのこ狩りに没頭するのだった。

かもめ食堂のおにぎり

かもめ食堂でおにぎりを食べるマサコ(一番左)とそれを見つめる客たち

翌日、かもめ食堂には4組のお客さんがいて賑わっていた。そこへマサコが来店する。「きのこ狩りをしていたのに、いつの間にかきのこがなくなっていた」と不思議な話をするマサコに、ミドリは注文を尋ねた。マサコはおにぎりを注文した。初めてかもめ食堂でおにぎりの注文が入り、うれしそうにおにぎりを握るサチエ。運ばれてきたおにぎりに、興味津々なフィンランド人のお客さんは、マサコが食べる様子をじっと見ていた。美味しそうに食べるマサコを見て、サチエも自然と笑顔になっていた。
しばらくすると、マサコもかもめ食堂を手伝うようになっていた。ちょうど客がいない時、酒で酔いつぶれたことを謝りに来店したリーサ。目や身振りで会話するマサコとリーサ、突然「日本には人を呪うような魔術はあるか」と尋ねるリーサ。サチエは、藁人形に呪いたい人を思いながら、釘を打ち付けるものがあることを教える。その夜、消えた夫を思って実践するリーサ。
ある日、サチエとミドリ、マサコとリーサは4人でカフェに来ていた。リーサはサチエに、飼っていた一匹の犬の写真を見せる。夫が出ていってすぐに亡くなってしまったと話し、その犬とサチエが似ていると言う。リーサはサチエを見ていると、犬のことを思い出すと話し、かもめ食堂を覗いていたのもそのためだった。
またある日、かもめ食堂で作業をするサチエとミドリとマサコ。サチエはおまじないをかけて、コーヒーを淹れる。その淹れたてのコーヒーを飲む三人と居合わせたトンミ。飲みながらミドリは、サチエにメインメニューがおにぎりである理由を聞く。
するとサチエは、父親に作ってもらったおにぎりの話を始めた。母を早くに亡くし、小さい頃から家事をしていたサチエ。一年のうち運動会と遠足の日の2度だけ、父親がおにぎりを握ってくれる日があった。父親は「おにぎりは自分で握るより、人に握ってもらったほうがうまいんだ」と言いながら、用意してくれていた。そのおにぎりは、梅と鮭とおかかのシンプルなものだったが、とても美味しかったと話すサチエ。それが、かもめ食堂のメインメニューがおにぎりである理由だった。話を聞いたミドリは涙をにじませ、マサコもうなずきながら話を聞くのだった。

みんなの居場所になったかもめ食堂

翌日、マサコは荷物が見つかったことをサチエとミドリに話す。そして、「荷物が見つかったので、そろそろ帰る時期なのかな」と言い、かもめ食堂を後にする。マサコが日本に帰ってしまうことを寂しがるミドリ。サチエは「マサコさんが決めたことを、喜んであげないといけない」と言う。そして、「でも、ずっと同じではいられないものですよね。人はみんな変わっていくものですから」とつぶやく。
マサコが滞在しているホテルの部屋に、アタッシュケースが届いていた。開けてみるとそこには、一人で森に行った時に拾ったきのこでいっぱいになっていた。マサコは海辺で、再び航空会社に電話をかける。そこに一人のフィンランド人のおじいさんがやってきて、マサコに連れていた猫を手渡す。マサコが受け取ると、おじいさんは去ってしまった。マサコはかもめ食堂を訪れ、おじいさんから猫を預かってしまったので、帰れなくなったと話す。そして、「またかもめ食堂のお手伝いをしたい」と言うマサコに、サチエは「もちろんです」と答える。
いつものようにかもめ食堂の準備を始める3人。その日は大盛況で、ひっきりなしにお客さんが訪れた。そこへ、きれいにおめかしをしたリーサがやってくる。サチエの元へ駆け寄り、夫が帰ってきたことを嬉しそうに話す。そしてリーサは、おにぎりを注文した。サチエは笑顔で「キートス(フィンランド語でありがとう)」と返す。
サチエはふと顔を上げ、お客さんがいっぱいのかもめ食堂を見渡し、満足そうに微笑んだ。
ある日、かもめ食堂の準備をしながら、それぞれの「いらっしゃい」の言い方について話していた。ミドリは「サチエさんのいらっしゃいは、すごくいいんですよ」と言う。マサコに見せて下さいと言われるが、照れてやろうとしないサチエ。そこにトンミが来店する。サチエの「いらっしゃい」がかもめ食堂に響いた。

yonen5
yonen5
@yonen5

Related Articles関連記事

めがね(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

めがね(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『めがね』とは、都会からとある島にやって来た女性・タエコが、滞在する宿の主人・ユージや、島の高校教師・ハルナ、タエコを探しに島に来たヨモギ、そして毎年春に島に来ては、少し変わったかき氷屋をしているサクラとのふれあいの中で、固く閉ざしていた心を解きほぐしていくストーリーとなっている。「何が自由か、知っている」をキャッチコピーにして、2007年に公開。主演は小林聡美、監督は萩上直子が務めた。2008年のベルリン映画祭では、パノラマ部門に参加し、日本映画初のマンフリート・ザルツゲーバー賞を受賞した。

Read Article

カルテット(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

カルテット(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『カルテット』とは松たか子主演のラブストーリー、コメディー、サスペンスの要素が入った連続テレビドラマ。2017年1月17日から3月21日まで毎週火曜22時から22時54分に放送されていた。ある日、偶然出会った演奏者である男女4人が、弦楽四重奏のカルテットを組み軽井沢で不思議な共同生活を始める。夢叶わず30代に入り、それぞれが人生のピークを迎えず緩やかな下り坂で立ち止まっていたが、4人の出会いは偶然ではなかった。ほろ苦くて甘い、ビターチョコレートのような大人のラブサスペンスである。

Read Article

彼らが本気で編むときは、(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

彼らが本気で編むときは、(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『彼らが本気で編むときは、』とは、家族の在り方やLGBT差別の問題について扱った、萩上直子監督のオリジナル脚本によるハートフル映画である。物語は、小学生のトモの母親が家出をしてしまうところから始まる。トモは母が帰ってくるまで面倒を見てもらおうと、叔父であるマキオの元へ向かうが、マキオは恋人であるトランスジェンダーのリンコと一緒に住んでいた。トランスジェンダーであるリンコにとまどうトモだったが、リンコの優しさやリンコを取り巻く人々との触れ合いを通して、心を開いていくストーリーとなっている。

Read Article

勝手にふるえてろ(綿矢りさ)のネタバレ解説・考察まとめ

勝手にふるえてろ(綿矢りさ)のネタバレ解説・考察まとめ

『勝手にふるえてろ』とは2017年に公開された日本のラブコメディ映画。芥川賞作家の綿矢りさの原作小説を松岡茉優主演で映画化。10年間も中学の同級生に片想い中で恋愛経験ゼロのヒロイン「ヨシカ」。そんな彼女に人生初めての彼氏ができる。ヨシカは片想いだけど妄想彼氏の「イチ」と初めて告白されてできた彼氏・会社の同僚「二」で勝手に二股を作り葛藤する。傷つきながらも暴走する主人公をコミカルに描く。監督は『でーれーガールズ』の大九明子。「第30回東京国際映画祭コンペティション部門」で観客賞を受賞した話題作。

Read Article

ゴジラVSモスラ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴジラVSモスラ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴジラVSモスラ』とは、1992年12月に公開された日本のパニック・アクション映画である。ゴジラシリーズ第19作品めになる作品で、キャッチコピーは「極彩色の大決戦」である。 巨大隕石の落下によって海底からゴジラが目覚めてしまう。一方インファント島では巨大なモスラの卵とコスモスと言う小さな生物が発見される。目覚めたゴジラを倒す為現れたモスラに似た破壊生物バトラと、羽化したモスラが協力しゴジラを倒す話である。見どころは互いに敵対関係であったバトラとモスラの心通わせるシーンである。

Read Article

【かもめ食堂】深イイ話…人生・生き方を見つめ直すためのオススメ映画10選【いまを生きる】

【かもめ食堂】深イイ話…人生・生き方を見つめ直すためのオススメ映画10選【いまを生きる】

人は何のために生まれてきたのか、何のために働くのか、誰のために生きるのか。こうした悩みは人間である限り絶対に避けられないことで、誰もが心の中に抱えていることだと思います。でも、なかなか人に相談できることではないですから、つい1人で抱え込んでしまいますよね。そんな時は、ぜひ今回ご紹介する映画を観てみましょう。あなたの生き方のヒントになる作品があるかもしれません。

Read Article

いつかは訪れてみたい!海外旅行気分が味わえる景色・街並みが魅力的な映画作品を紹介【ジュリエットからの手紙ほか】

いつかは訪れてみたい!海外旅行気分が味わえる景色・街並みが魅力的な映画作品を紹介【ジュリエットからの手紙ほか】

仕事や家事、人間関係に疲れたときなど、手軽に気分を変えてくれる一つにあげられる旅行。雄大な自然や美しい自然に心が洗われるが、時間やお金などを考えるとなかなか実現するのは難しい。そこでおすすめしたいのが映画鑑賞である。本記事では見るだけで世界旅行に行ったような気分になれる、美しい街並みや景色が特徴的な映画作品を厳選して紹介する。

Read Article

リラックスタイムのお供にいかが?心が癒される名作映画を10タイトル紹介【ALWAYS 三丁目の夕日ほか】

リラックスタイムのお供にいかが?心が癒される名作映画を10タイトル紹介【ALWAYS 三丁目の夕日ほか】

疲れてしまった心や体を癒すのに必要不可欠なリラックスタイム。ゆっくりお風呂に入ったりマッサージをしたりとその方法は様々だが、少し時間がある週末などには、映画を見てリラックスしてみてはいかがだろうか。本記事では心が癒されて見終わった後にほっこりできる、そんな映画作品を10タイトル厳選して紹介する。

Read Article

【朝ドラ】NHK連続テレビ小説あまちゃんのキャスト情報まとめ【のん、小泉今日子ほか】

【朝ドラ】NHK連続テレビ小説あまちゃんのキャスト情報まとめ【のん、小泉今日子ほか】

2013年に放送されていたNHK連続テレビ小説の『あまちゃん』。岩手県出身の海女・天野アキを中心にして巻き起こる様々な騒動を描いた、ヒューマンドラマだ。この作品ではアキを演じた能年玲奈(のん)や、母親役の小泉今日子、また母親の若いころを演じた有村架純など豪華キャストの出演でも話題となった。本記事では『あまちゃん』に出演していたキャストの情報をまとめて紹介する。

Read Article

【あまちゃん】わかる人にはわかる!マニアックな裏話・小ネタまとめ

【あまちゃん】わかる人にはわかる!マニアックな裏話・小ネタまとめ

朝の連続テレビ小説『あまちゃん』。キャスト陣の豪華さや独特のBGMが話題を呼び、一大ブームを巻き起こしました。そんな『あまちゃん』、実は第1話から最終話に至るまで、随所に小ネタが仕込まれているのです。中には、他作品にオマージュしたものも。この記事では、わかる人にはわかるそんなマニアックなドラマの裏話・小ネタを集めました。改めてドラマを見返すと、また新たな発見があるかも?

Read Article

【あまちゃん】実はスゴい伏線が張られていた!?あのNHK朝ドラの17話を振り返る

【あまちゃん】実はスゴい伏線が張られていた!?あのNHK朝ドラの17話を振り返る

ストーリーの良さや出演者の豪華さが話題を呼んだNHKの朝ドラ『あまちゃん』。どうやら、その第17話にスゴい伏線が張られていたそう。この記事では、ドラマの17話を振り返りつつ、伏線の内容についてまとめています。観たことのある方は当時を思い出しながら読んでいただくとして、まだ観ていない人はネタバレにご注意くださいね。

Read Article

吉岡里帆が「カルテット」でヤバいサイコパス役!ドラマ完全解説!

吉岡里帆が「カルテット」でヤバいサイコパス役!ドラマ完全解説!

2017年に放送されたドラマ『カルテット』。その中で来杉有朱(きすぎありす)という人物を演じたのが、吉岡里帆(よしおかりほ)でした。これが非常にサイコパスな役で、まず人と会話する時点で目が全然笑ってないんですよね…。この記事では、そんなサイコパスな有朱に対する視聴者の声を集めました。現実にはできればこういうキャラクターとは関わりたくないけど、吉岡里帆の女優としてのキャリアを広げるには十分な役だったのではないでしょうか。

Read Article

『あまちゃん』続編にNHK会長も意欲的だった?コメントの真意を考察!

『あまちゃん』続編にNHK会長も意欲的だった?コメントの真意を考察!

2013年に大ヒットして社会現象を巻き起こしたNHKの連続テレビ小説『あまちゃん』。撮影がクランクアップした直後から主演の能年玲奈らから続編を希望する声があり、視聴者からも同様の声が多く上がった。そんな中、当時のNHK(日本放送協会)の会長を務めていた松本正之が定例会見で『あまちゃん』の続編に対して前向きなコメントをしたことが話題に。NHKは『あまちゃん』の続編に対してどう考えていたのか、コメントの真意を考察する。

Read Article

能年玲奈も熱望していた!大ヒット朝ドラ『あまちゃん』の続編の可能性を考察!

能年玲奈も熱望していた!大ヒット朝ドラ『あまちゃん』の続編の可能性を考察!

2013年に大ヒットしたNHKの連続テレビ小説『あまちゃん』。能年玲奈や橋本愛、有村架純などの大人気女優の始まりにもなり、社会現象も巻きおこした。当時撮影がクランクアップした直後から主演の能年玲奈は続編を熱望しており、続編の可能性が示唆されていたが、近々での続編はなかった。しかし前作公開や完結から10年以上を経て続編が作成されたり、新規でアニメ化したりする作品が近年増えてきている。『あまちゃん』続編の可能性はまだあるかを考察してみた。

Read Article

【あまちゃん】あの大ヒットドラマで一躍人気者に!松田龍平演じる「ミズタク」まとめ

【あまちゃん】あの大ヒットドラマで一躍人気者に!松田龍平演じる「ミズタク」まとめ

NHKの朝ドラ『あまちゃん』に出演していた松田龍平。彼が演じた「ミズタク」こと水口琢磨がハマり役として話題になりました。Twitterでは「ミズタク俺の部屋祭」とのハッシュタグが付いたツイートがたくさん見受けられ、その人気の凄まじさをうかがわせます。この記事では、そんなミズタクに関するツイートについてまとめました。

Read Article

『あまちゃん』が紅白乗っ取りに成功!特別編・第157回「おら、紅白出るど」の全容まとめ

『あまちゃん』が紅白乗っ取りに成功!特別編・第157回「おら、紅白出るど」の全容まとめ

2013年の上半期に大ヒットしたNHKの朝の連続ドラマ『あまちゃん』。2013年4月1日~同年9月28日にかけて全156話放送され、「じぇじぇじぇ」というセリフが2013ユーキャン新語・流行語大賞年間大賞に輝いた。社会現象も引き起こした『あまちゃん』は、2013年大晦日の『NHK紅白歌合戦』で特別編・第157回「おら、紅白出るど」を披露。小泉今日子や薬師丸ひろ子らも出演するオールスターの『あまちゃん』企画は大成功に終わった。

Read Article

大人気『あまちゃん』の視聴率が『梅ちゃん先生』よりも低かった理由をまとめる!

大人気『あまちゃん』の視聴率が『梅ちゃん先生』よりも低かった理由をまとめる!

2013年に放送されたNHKの連続テレビ小説『あまちゃん』は、平均視聴率は20.6%と好評だった。また『あまちゃん』は、能年玲奈や有村架純、橋本愛など数々の女優のブレイクのきっかけにもなっている。しかし意外なことにこの視聴率は、『あまちゃん』の前々作連続テレビ小説『梅ちゃん先生』より低いのだ。社会現象をも引き起こすほど人気を集めた『あまちゃん』が、『梅ちゃん先生』に及ばなかった理由をまとめる。

Read Article

2013年に大ヒットしたNHK連続テレビ小説『あまちゃん』出演女優達のその後【能年玲奈、橋本愛、有村架純 など】

2013年に大ヒットしたNHK連続テレビ小説『あまちゃん』出演女優達のその後【能年玲奈、橋本愛、有村架純 など】

2013年に大ヒットしたNHK連続テレビ小説『あまちゃん』。出演していたのは、今でこそ活躍するしている能年玲奈や橋本愛、有村架純など。映画にTVドラマに大活躍する彼女達も、当時は若手であり、まだまだ駆け出しの女優だった。『あまちゃん』に出演していた当時の若手女優達は、その後もさまざまなメディアに引っ張りだこだ。 この記事では『あまちゃん』に出演していた女優達のその後の活躍をまとめた。

Read Article

能年玲奈のプロフィール・出演作品まとめ【あまちゃんほか】

能年玲奈のプロフィール・出演作品まとめ【あまちゃんほか】

NHK連続テレビ小説『あまちゃん』の主人公、天野アキの好演が話題となった女優の能年玲奈。『あまちゃん』の終了後に出演した映画『ホットロード』では、アカデミー賞の新人賞を獲得するなどの活躍を見せている。本記事では能年玲奈のプロフィールや、これまでに出演してきた作品の情報をまとめて紹介する。

Read Article

女優・有村架純の快進撃はここから始まった!『あまちゃん』出演後の変遷を辿る!【ビリギャル、ストロボ・エッジ など】

女優・有村架純の快進撃はここから始まった!『あまちゃん』出演後の変遷を辿る!【ビリギャル、ストロボ・エッジ など】

2013年に大ヒットしたNHKの朝の連続テレビ小説『あまちゃん』。出演していた若手女優達は一様に注目を集め、その中の一人に天野春子を演じた有村架純もいた。『あまちゃん』の放映が終了後、有村架純はCMや映画、TVドラマへに引っ張りだこ。一気に人気女優への道を駆け上がることになる。この記事では、『あまちゃん』後の有村架純の快進撃をまとめてみた。

Read Article

『あまちゃん』のOPにはなぜ歌詞がない?作曲者が語るそのワケが深すぎる!

『あまちゃん』のOPにはなぜ歌詞がない?作曲者が語るそのワケが深すぎる!

2013年に大ヒットしたNHK連続テレビ小説『あまちゃん』。その魅力の一つに軽快なテンポで思わず踊りだしたくなるようにかわいいOP(オープニング)テーマ曲「あまちゃん オープニングテーマ」が上げられる。しかしこの曲には歌詞がない、いわゆるインストだ。なぜ歌詞を入れなかったのか、作曲者・大友良英がその理由を語ったところ、深すぎると話題になった。

Read Article

NEW
こどもからプロまで!NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』のファンイラストまとめ【あま絵】

こどもからプロまで!NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』のファンイラストまとめ【あま絵】

ここではSNSなどに投稿された、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』のイラストをまとめている。老若男女幅広い世代に支持された『あまちゃん』は、子どもからプロの漫画家まで、様々な人がファンイラストを描いて発表していた。Twitterでは「#あま絵」というハッシュタグまで作られている。

Read Article

あまちゃんのユニット「潮騒のメモリーズ」が天野春子&鈴鹿ひろ美と一緒にNHK紅白歌合戦に出場!

あまちゃんのユニット「潮騒のメモリーズ」が天野春子&鈴鹿ひろ美と一緒にNHK紅白歌合戦に出場!

ドラマ『あまちゃん』の挿入歌として制作された「潮騒のメモリー」という楽曲をご存知でしょうか。これを歌っているのは、小泉今日子演じる天野春子です。ドラマ、楽曲ともに2013年に大ヒットしたこともあり、同年の『NHK紅白歌合戦』では企画として『あまちゃん』のコーナーが設けられることに!これに小泉今日子と薬師丸ひろ子、そして能年玲奈と橋本愛による「潮騒のメモリーズ」という作中のユニットが出演し、大きな話題になりました。この記事で内容をまとめています。

Read Article

永山瑛太・乃木坂46・欅坂46・小沢健二…カルテットにハマる芸能人が多い理由まとめ

永山瑛太・乃木坂46・欅坂46・小沢健二…カルテットにハマる芸能人が多い理由まとめ

2017年のテレビドラマ『カルテット』。ラブストーリーの中にサスペンスやコメディ要素が入ったこのドラマは、一般人だけではなく芸能人の中にもハマる人が続出したようです。永山瑛太、乃木坂46、欅坂46、小沢健二、その他、いろんな人がSNSでドラマの感想などをツイートしていたので、この記事でまとめました。『カルテット』がなぜこれほど芸能界の人たちにウケたのか、それは記事を読み進めてもらえればわかるかと。

Read Article

『あまちゃん』の挿入歌「潮騒のメモリー」に問い合わせ殺到!小泉今日子の14年ぶりシングルとして緊急発売!

『あまちゃん』の挿入歌「潮騒のメモリー」に問い合わせ殺到!小泉今日子の14年ぶりシングルとして緊急発売!

2013年に大ヒットしたNHKの朝の連続テレビ小説『あまちゃん』。社会現象を起こすほどとなった作品のヒットとあわせて『あまちゃん』の挿入歌「潮騒のメモリー」も話題を集めた。「潮騒のメモリー」は、能年玲奈が演じる主人公・天野アキの母親役である小泉今日子作中で披露した楽曲だ。「潮騒のメモリー」は『あまちゃん』のサウンドトラックにも収録をされていなかったが、楽曲発売・配信を希望する声が殺到。ストーリーでの役割は明らかになった後、天野春子名義で小泉今日子の14年ぶりシングルとして発売になった。

Read Article

TVドラマがヒットするための5つの法則!『あまちゃん』と『半沢直樹』の共通点とは?

TVドラマがヒットするための5つの法則!『あまちゃん』と『半沢直樹』の共通点とは?

2013年に社会現象を引き起こすほどの人気を博したNHKの連続テレビ小説『あまちゃん』と、池井戸潤の小説「半沢直樹シリーズ」を原作としたTVドラマ『半沢直樹』。作品の雰囲気も方向性も全く違うこの2つの作品だが、その人気の秘密をじっくり考察すると共通点が見えてくる。この記事では『あまちゃん』と『半沢直樹』に共通するヒットの法則をまとめてみた。

Read Article

仮面ライダーとコラボ!?あまちゃんに出てくる小ネタまとめ

仮面ライダーとコラボ!?あまちゃんに出てくる小ネタまとめ

海女さんにスポットを当てて製作されたNHK連続テレビ小説『あまちゃん』。作中には思わず笑ってしまうような、ちょっとした面白いネタがあらゆるところにちりばめられているのだ。何気ない日常風景や小物などに注目してみてみると、また新たな発見があって楽しめるのではないだろうか。本記事では『あまちゃん』の中に隠された、ちょっとした小ネタをまとめて紹介する。

Read Article

大人のドラマ「カルテット」第1幕まとめ!なぜ登場人物たちが嘘をつく必要があったのかを考察

大人のドラマ「カルテット」第1幕まとめ!なぜ登場人物たちが嘘をつく必要があったのかを考察

2017年のTBSドラマ『カルテット』は、登場人物・キャラクターたちの「嘘」がストーリーを読み解く鍵になります。この記事では、ドラマ第1幕について、なぜ彼ら/彼女らが嘘をつく必要があったのかに関する視聴者の考察をまとめました。ちょっとほろ苦い大人のラブストーリー、ここに開幕!

Read Article

目次 - Contents