2015年に放送された冬アニメの情報まとめ!放送曜日ごとにわかりやすく紹介

本記事では2015の冬に放送されていたアニメ作品の情報を、まとめて紹介している。記事中では『黒子のバスケ』、『暗殺教室』、『冴えない彼女の育てかた』、『Go!プリンセスプリキュア』、『艦隊これくしょん -艦これ-』など多数の作品の情報を掲載した。分かりやすいよう放送曜日ごとにまとめているので是非チェックしてみてほしい。

出典: nekonotemo.net

放送情報
フジテレビ 2015年1月9日より毎週金曜25:20~(初回は26:00~)
関西テレビ 2015年1月15日より毎週木曜25:58~(初回は26:13~)
東海テレビ 2015年1月15日より毎週木曜27:10~(初回は27:25~)
BSフジ 2015年1月24日より毎週土曜10:00~
北海道文化放送 2015年1月18日より毎週日曜26:40~
岩手めんこいテレビ 2015年1月22日より毎週木曜25:50~
さくらんぼテレビ 2015年1月19日より毎週月曜25:05~
高知さんさんテレビ 2015年1月21日より毎週水曜25:40~
サガテレビ 2015年1月26日より毎週月曜25:10~
テレビ長崎 2015年1月より放送予定

主題歌
OP「青春サツバツ論」3年E組うた担(CV:渕上舞、洲崎綾、岡本信彦、逢坂良太、浅沼晋太郎)
ED moumoon「Hello, shooting-star」

スタッフ
原作:松井優征「暗殺教室」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:岸誠二
シリーズ構成:上江洲誠
キャラクターデザイン:森田和明
サブキャラクターデザイン・総作画監督:黒澤桂子
総作画監督:山形孝二
色彩設計:加口大朗
美術監督:宮越歩
撮影監督:三品雄介
CGディレクター:内山正文
メカ・プロップデザイン:廣瀬智仁
エフェクト作画監督:橋本敬史
音楽:佐藤直紀
音響監督:飯田里樹
音響制作:ダックスプロダクション
アニメーションプロデューサー:比嘉勇二
アニメーション制作:Lerche
制作:アニメ「暗殺教室」製作委員会

キャスト
殺せんせー:福山潤
烏間惟臣:杉田智和
イリーナ・イェラビッチ:伊藤静
(3-Eキャスト陣26名)
赤羽業:岡本信彦
磯貝悠馬:逢坂良太
岡島大河:内藤玲
岡野ひなた:田中美海
奥田愛美:矢作紗友里
片岡メグ:松浦チエ
茅野カエデ:洲崎綾
神崎有希子:佐藤聡美
木村正義:川辺俊介
倉橋陽菜乃:金元寿子
潮田渚:渕上舞
菅谷創介:宮下栄治
杉野友人:山谷祥生
竹林孝太郎:水島大宙
千葉龍之介:間島淳司
寺坂竜馬:木村昴
中村莉桜:沼倉愛美
狭間綺羅々:斎藤楓子
速水凛香:河原木志穂
原寿美鈴:日野未歩
不破優月:植田佳奈
前原陽斗:浅沼晋太郎
三村航輝:高橋伸也
村松拓也:はらさわ晃綺
矢田桃花:諏訪彩花
吉田大成:下妻由幸

ストーリー
号令と共に教室を満たす銃声! 椚ヶ丘中学校3年E組は生徒全員が先生の命を狙う暗殺教室。教師と生徒、標的と暗殺者の異常な日常が始まる――!!

声優リスト
http://matome.naver.jp/odai/2140958526706097901
PV動画
http://matome.naver.jp/odai/2141253433047441701

TOKYOMX他「ISUCA-イスカ-」

出典: thumbchannel.net

アニメ公式サイト
http://isuca.net/

アニメ公式ツイッター
https://twitter.com/isuca_official

ISUCA
http://ja.wikipedia.org/wiki/ISUCA

放送情報
TOKYO MX 1月23日(金)25:35~
AT-X 1月24日(土)20:00~※リピートあり
BS11 1月24日(土)27:00~
テレ玉 1月25日(日)24:00~
チバテレ 1月25日(日)24:00~
tvk 1月25日(日)24:00~
サンテレビ 1月25日(日)24:30~
TVQ九州放送 1月25日(日)26:30~
岐阜放送 1月27日(火)24:00~
三重テレビ放送 1月28日(水)25:20~

主題歌 アフィリア・サーガ
ED TWO-FORMULA

スタッフ
原作:高橋脩(KADOKAWA 角川書店刊/月刊ヤングエース連載 角川コミックエース刊)
監督:岩永彰
シリーズ構成:鈴木雅詞
キャラクターデザイン:秋山由樹子
総作画監督:一居一平 他
妖魔デザイン:久我嘉輝
プロップデザイン:宮川治雄
エフェクト・アクション監修:宇佐美皓一
美術監督:高橋麻穂(ちゅーりっぷ)
色彩設計:上谷秀夫
特殊効果:福田直征
編集:瀬山武司
音響監督:清水勝則
音響効果:西村睦弘
音響制作:ダックスプロダクション
主題歌アーティスト:アフィリア・サーガ
音楽製作:MAGES.アニメーション
制作:アームス
製作:ISUCA製作委員会

キャスト
島津朔邪:木戸衣吹
浅野真一郎:河本啓佑
島津須世璃:M・A・O
タマ子:佐土原かおり
相馬撫子:藏合紗恵子
相馬茉莉:小日向茜
文月:幸田夢波
奏絵:ブリドカット セーラ 恵美
イスカ:藤村歩

ストーリー
真実の名前「真名(まな)」を知られた者は、どんな命にも逆らえず、支配されてしまう――。貧乏学生・浅野真一郎(あさの しんいちろう)は、家政夫として働くことになった旧家の島津家で、朔邪(さくや)というガサツでワガママな美少女と出逢う。実は彼女、妖魔封じを生業とする島津流弓霊術の使い手で、名門島津家の37代目当主だった。朔邪に振り回されながら妖魔との戦いに巻き込まれていく真一郎だったが、どうやら彼女と出逢ったのは偶然ではなかったようで――!?

声優リスト
http://matome.naver.jp/odai/2140958526706097901

日本テレビ「デス・パレード」

出典: akiba-souken.com

放送情報
日本テレビ 1月9日(金)25:58~
サンテレビ 1月13日(火)24:00~
AT-X 1月22日(木)22:30~※リピートあり
ニコニコ生放送 1月10日(土)23:30~

主題歌
OP Flyers「BRADIO」
ED NoisyCell「Last Theater」

スタッフ
原作:立川譲/マッドハウス
監督・シリーズ構成:立川譲
キャラクターデザイン・総作画監督:栗田新一
美術監督:平栁悟
撮影監督:川下裕樹
色彩設計:堀川佳典
CG監督:廣住茂徳
編集:河西直樹
音楽:林ゆうき
音響監督:本山哲
制作:マッドハウス

キャスト
デキム:前野智昭
黒髪の女:瀬戸麻沙美
ノーナ:大久保瑠美
ギンティ:細谷佳正
クラヴィス:内山昂輝
クイーン:白石涼子
カストラ:柚木涼香
オクルス:玄田哲章

ストーリー
「いらっしゃいませ クイーンデキムへようこそ」
何も知らない二人の客を迎えたのは、不思議なBAR『クイーンデキム』と白髪のバーテンダー『デキム』。
「お二人にはこれより、命を懸けてゲームをしていただきます」
彼の口から語られるデスゲームへの誘い。やがて剥き出しになる客達の本性。
ゲームの果てに自らを『裁定者』と明かすデキム。
裁定者デキムが二人の客へ下す裁定とは…。

声優リスト
http://matome.naver.jp/odai/2140958526706097901
PV動画
http://matome.naver.jp/odai/2141253433047441701

TBS他 「蒼穹のファフナー EXODUS」

出典: news.mynavi.jp

放送情報
MBS 1月8日(木)26時19分~
TBS 1月9日(金)26時25分~
CBC 1月9日(金)27時12分~
BS-TBS 1月10日(土)24時30分~
AT-X 1月22日(木) 21時30分~ ※リピートあり

主題歌
OP angela 「イグジスト(アニメ盤)」
ED angela 「暗夜航路(アニメ盤)」

スタッフ
原作:XEBEC
脚本:冲方丁
プロデュサー:中西豪(KING RECORDS)
キャラクターデザイン:平井久司
メカニックデザイン:鷲尾直広
3DCGディレクター:井野元英二
美術監督:小濱俊裕
美術設定:青木薫
色彩設計:関本美津子
撮影監督:青木隆
音響監督:三間雅文
音楽:斉藤恒芳
主題歌:angela
監督:羽原信義
総監督:能戸隆
制作スタジオ:XEBECzwei
制作:XEBEC
製作:蒼穹のファフナー製作委員会

キャスト
真壁一騎:石井真
皆城総士:喜安浩平
遠見真矢:松本まりか
要 咲良:新井里美
近藤剣司:白石稔
真壁史彦:田中正彦
水鏡美三香:石川由依
御門零央:島﨑信長
鏑木彗:小野賢章
ジョナサン・ミツヒロ・バートランド:岡本信彦
ナレイン・ワイズマン・ボース:大友龍三郎
エメリー・アーモンド:佐々木りお
ウォルター・バーゲスト:置鮎龍太郎
ダスティン・モーガン:中村悠一
キース・ウォーター:宇乃音亜季
アイシュワリア・フェイン:潘めぐみ
ビリー・モーガン:森田成一
陣内貢:鈴木達央
将陵佐喜:浅倉杏美
堂馬舞:世戸さお

ストーリー
HEAVEN AND EARTHから二年半後の西暦2151年―
交戦規定アルファ それは人類禁忌の指令
二代目乙姫 その名は皆城織姫
新たな章が幕を開ける

声優リスト
http://matome.naver.jp/odai/2140958526706097901
PV動画
http://matome.naver.jp/odai/2141253433047441701

【土曜日】

TOKYO MX他 「探偵歌劇ミルキィホームズTD」

出典: sifblog.net

放送情報
TOKYO MX 1月3日(土) 22:00~
サンテレビ 1月3日(土) 22:00~
tvk 1月3日(土) 27:00~ ※通常は24:00~
北陸放送 1月10日(土) 26:23~ ※初回のみ2話放送
テレビ愛知 1月4日(日) 26:05~ ※通常は25:05~
BS日テレ 1月4日(日) 24:00~
AT-X 1月6日(火) 22:30~ ※リピートあり
※ニコニコ動画、バンダイチャンネル、Gyaoほかにて配信決定!

スタッフ
製作総指揮・原案:木谷高明
原作:ブシロード・クロノギアクリエイティヴ
監督:錦織博
助監督:花井宏和
脚本:小室天河・雑破業・ヤスカワショウゴ・伊神貴世・白根秀樹・横水兵一
キャラクター原案:たにはらなつき・うさはらゆめ
キャラクターデザイン:藤田まり子
音楽プロデューサー:菊田大介(Elements Garden)・上松範康(Elements Garden)
音楽:Elements Garden(菊田大介・Evan Call・母里治樹・喜多智弘)
音響監督:濱野高年
アニメーション制作:J.C.STAFF/ノーマッド

主題歌
ED ミルキィホームズ(三森すずこ・徳井青空・佐々木未来・橘田いずみ)「ミルキィ A GO GO(ミルキィ盤)」/歌:
OP 新田恵海 「探求Dreaming」

キャスト
シャーロック・シェリンフォード:三森すずこ
譲崎ネロ:徳井青空
エルキュール・バートン:佐々木未来
コーデリア・グラウカ:橘田いずみ
天城茉莉音:新田恵海
明智小衣:南條愛乃
常盤カズミ:愛美
明神川アリス:伊藤彩沙

ストーリー
偵都ヨコハマではアイドルたちの歌が奪われるという事件が頻発していた。その災厄はスーパーアイドル・天城茉莉音(あまぎまりね、CV:新田恵海)の身にも降りかかり、彼女の大ヒット曲『奇跡の歌』もまた奪われてしまう。
そこで立ち上がったのがミルキィホームズ。茉莉音から『奇跡の歌』の奪還を依頼された4人は、茉莉音のため、事件解決のために芸能界を奔走する!
一体誰が、何のために、アイドルから歌を奪ったのか?!そして、奪われた歌を取り戻す方法とは?!ミルキィホームズの4人の新たなる戦いが、いま始まる!!

声優リスト
http://matome.naver.jp/odai/2140958526706097901
PV動画
http://matome.naver.jp/odai/2141253433047441701

TOKYOMX他「デュラララ!!×2承」

放送情報
TOKYO MX 1月10日(土)23:30~
群馬テレビ 1月10日(土)23:30~
とちぎテレビ 1月10日(土)23:30~
BS11 1月10日(土)23:30~
MBS 1月10日(土)26:28~
CBC 1月14日(水)27:28~
ニコニコ生放送 1月15日より毎週木曜22:30配信
※dアニメストア、auアニメパスでも配信
※放送開始に先駆けて、「音」「談」の豪華”×2”仕様で特別番組が放送!各局12月27日(土)ほか放送
特番
第1弾『放送直前SP「デュラララ!!×2 音(ON)』
TOKYO MX、群馬テレビ、とちぎテレビ:12月27日(土)23:30~
MBS:12月27日(土)放送予定
BS11:1月2日(金)24:30~
第2弾『放送直前SP「デュラララ!!×2 談(DAN)』
TOKYO MX、群馬テレビ、とちぎテレビ、BS11:1月3日(土)23:30~
MBS:12月27日(土)放送予定
CBC:1月7日(水)放送予定

主題歌
OP - OKAMOTO’S「HEADHUNT」
ED - THREE LIGHTS DOWN KINGS「NEVER SAY NEVER」

スタッフ
原作:成田良悟「デュラララ!!」(電撃文庫刊)
原作イラスト:ヤスダスズヒト
監督:大森貴弘
シリーズ構成:高木登
キャラクターデザイン:岸田隆宏
総作画監督:髙田晃
アクション作監:山田起生
美術:伊藤聖
美術設定:藤瀬智康
プロップデザイン:山﨑絵里
色彩設計:宮脇裕美
CGプロデューサー:神林憲和
編集:関一彦
撮影:田村仁
音楽:吉森信
アニメーション制作:朱夏
製作:池袋ダラーズ

キャスト
セルティ・ストゥルルソン:沢城みゆき
竜ヶ峰帝人:豊永利行
紀田正臣:宮野真守
園原杏里:花澤香菜
折原臨也:神谷浩史
平和島静雄:小野大輔
岸谷新羅:福山 潤
門田京平:中村悠一
遊馬崎ウォーカー:梶 裕貴
狩沢絵理華:高垣彩陽
渡草三郎:寺島拓篤
黒沼青葉:下野 紘
ヴァローナ:M・A・O
六条千景:小野友樹
赤林海月:山口勝平
折原九瑠璃:金元寿子
折原舞流:喜多村英梨
平和島 幽:岸尾だいすけ
聖辺ルリ:藤田 咲
岸谷森厳:大塚明夫
矢霧誠二:堀江一眞
矢霧波江:小林沙苗
張間美香:伊瀬茉莉也
三ヶ島沙樹:福圓美里
田中トム :小西克幸
四木春也:大塚芳忠
葛原金之助:藤原啓治
サイモン・ブレジネフ:黒田崇矢
マックス・サンドシェルト:小野坂昌也
粟楠 茜: 久野美咲
粟楠幹彌: 加瀬康之
粟楠道元: 飯塚昭三
エゴール: 森川智之
スローン: 三上 哲
エミリア: 種﨑敦美
青崎 柊: 梁田清之

ストーリー
舞台は、東京・池袋。都会の非日常に憧れる少年・竜ヶ峰帝人は、幼馴染の紀田正臣に誘われて、来良学園に入学するために上京する。帝人は上京した初日に、都会で都市伝説と噂される「首なしライダー」を目撃する。帝人は、そこで思いもしない数々の非日常に巻き込まれてゆくと同時に、「首なしライダー」を含む様々な人物が事件に関わっていくことになる。

声優リスト
http://matome.naver.jp/odai/2140958526706097901
PV動画
http://matome.naver.jp/odai/2141253433047441701

TOKYOMX他 「アルドノア・ゼロ 第2クール」

出典: okmusic.jp

アニメ公式サイト
http://www.aldnoahzero.com/

アニメ公式ツイッター
https://twitter.com/aldnoahzero

アルドノア・ゼロ
http://ja.wikipedia.org/wiki/ALDNOAH.ZERO

放送情報
TOKYO MX・BS11・niconico・とちぎテレビ・群馬テレビ 1月10日(土)24:00~
ABC 朝日放送 1月14日(水)26:14~
AT-X 1月15日(木)23:00~※リピートあり
※放送開始前週に第2クールの放送に先駆けて1時間特番が放送!

主題歌
OP SawanoHiroyuki[nZk]:mizuki「&Z」
ED 藍井エイル「GENESIS(アニメ盤)」

スタッフ
原作:Olympus Knights
監督:あおきえい
ストーリー原案:虚淵玄(ニトロプラス)
シリーズ構成:高山カツヒコ
キャラクター原案:志村貴子
キャラクターデザイン:松本昌子
メカニックデザイン:I-Ⅳ、寺岡賢司
音楽:澤野弘之
制作:A-1 Pictures+TROYCA

キャスト
界塚伊奈帆:花江夏樹
スレイン・トロイヤード:小野賢章
アセイラム・ヴァース・アリューシア:雨宮天
ライエ・アリアーシュ:三澤紗千香
網文韻子:小松未可子
カーム・クラフトマン:村田太志
ニーナ・クライン:加隈亜衣
箕国起助:山谷祥生
界塚ユキ:大原さやか
鞠戸孝一郎:中井和哉
耶賀瀬蒼真:鳥海浩輔
ダルザナ・マグバレッジ:茅野愛衣
不見咲カオル:嶋村侑
エデルリッゾ:水瀬いのり
クールテオ:速水奨
ザーツバルム:大川透

声優リスト
http://matome.naver.jp/odai/2140958526706097901
PV動画
http://matome.naver.jp/odai/2141253433047441701

TOKYOMX他「DOGDAYS´´ 第3期」

出典: www.dogdays.tv

アニメ公式サイト
http://www.dogdays.tv/

アニメ公式ツイッター
https://twitter.com/dogdays_anime

DOGDAYS´´
http://ja.wikipedia.org/wiki/DOG_DAYS

放送情報
TOKYO MX 1月10日(土)24:30~
とちぎテレビ 1月10日(土)24:30~
群馬テレビ 1月10日(土)24:30~
KBS京都 1月10日(土)24:30~
テレビ愛知 1月10日(土)25:50~
サンテレビ 1月11日(日)26:00~
AT-X 1月13日(火)20:00~
BS11 1月17日(土)24:30~
GYAO、バンダイチャンネル、dアニメストア 1月12日(月)12:00~毎週月曜更新

OP 水樹奈々「No Limit」
ED 堀江由衣

スタッフ
原作・脚本:都築真紀
監督:西村純二
助監督:菊池勝也
キャラクターデザイン:坂田理
サブデザイン:太田恵子
武器デザイン:大塚あきら
クリーチャーデザイン:小田裕康
プロップデザイン:益田賢治
色彩設計:篠原愛子
美術監督: 海津利子
撮影監督:北岡正
編集: 関一彦
音楽: I've sound
音響監督:亀山俊樹
音響効果:山谷尚人
録音エンジニア: 小原吉男
アニメーション制作:セブン・アークス

キャスト
シンク・イズミ:宮野真守
ミルヒオーレ・F・ビスコッティ:堀江由衣
ナナミ・タカツキ: 水樹奈々
レオンミシェリ・ガレット・デ・ロワ:小清水亜美
レベッカ・アンダーソン:高橋美佳子
クーベル・E・パスティヤージュ:悠木碧
ガルウ・ガレット・デ・ロワ:柿原徹也
エクレール・マルティノッジ:竹達彩奈
リコッタ・エルマール:水樹奈々
ブリオッシュ・ダルキアン:日笠陽子
ユキカゼ・パネトーネ:阿澄佳奈
ノワール・ヴィノカカオ:花澤香菜
ジョーヌ・クラフティ: 永田依子
ベール・ファーブルトン: 寿美菜子
ロラン・マルティノッジ:子安武人
ゴドウィン将軍:若本規夫
バナード将軍:小野大輔
フランボワーズ・シャルレー:櫻井孝宏
ビオレ:丹下桜
アメリタ・トランベ:瀬戸麻沙美
ルージュ:寺本夾可
シャル:上坂すみれ

ストーリー
楽しかった夏―あれから一つの季節が過ぎて、3人の勇者が、またまたフロニャルドへ帰ってくる!
今度の舞台は秋。敵か味方か、謎の少女・シャルも新たに加わって、ますますにぎやかな大騒ぎが…!?愛と勇気と耳としっぽの物語、みたび開幕!

声優リスト
http://matome.naver.jp/odai/2140958526706097901
PV動画
http://matome.naver.jp/odai/2141253433047441701

TOKYOMX他「少年ハリウッド -HOLLY STAGE FOR 50-」

go-1099450417251216022686
go-1099450417251216022686
@go-1099450417251216022686

Related Articles関連記事

黒子のバスケ(黒バス)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

黒子のバスケ(黒バス)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『黒子のバスケ』とは、藤巻忠俊によるバスケットボール漫画、およびそれを原作とした小説・アニメ・ゲーム・舞台などのメディアミックス作品。かつてバスケの名門校「帝光中学校」の「幻の6人目(シックスマン)」と呼ばれていた黒子テツヤが、バスケ部新設校の誠凛高校に進学する。そこでバスケにおいて天賦の才能を持つ火神大我という「光」に出会い、黒子は火神の「影」として「バスケで日本一になる」ことを目指す。

Read Article

Go!プリンセスプリキュア(ゴープリ・Goプリ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

Go!プリンセスプリキュア(ゴープリ・Goプリ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「Go!プリンセスプリキュア」とは東堂いづみ原作、東映アニメーション製作で、プリキュアシリーズ第12作目の作品。プリンセスになる事を夢見る主人公「春野はるか」は全寮制の学校ノーブル学園に入学する。そこで妖精のパフとアロマに出会い「キュアフローラ」に変身し、闇の勢力「ディスダーク」から皆の夢を守るため戦い始めるのだった。

Read Article

アイドルマスター シンデレラガールズ(デレマス)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

アイドルマスター シンデレラガールズ(デレマス)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『アイドルマスター シンデレラガールズ』とは、同名の人気ソーシャルゲームを題材にしたテレビアニメ。2015年にTOKYO MXなどで2シーズン放送された。アイドル事務所「346(美城)プロダクション」を舞台に、まだ売れないアイドルたちがユニットの結成、初ライブなどを経験しながら成長していく。また、後半にはプロジェクトが解体され交流のなかった別プロジェクトのアイドルたちと交流を経て、自身のアイドルとしての在り方について考え始める。

Read Article

冴えない彼女の育てかた(冴えカノ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

冴えない彼女の育てかた(冴えカノ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『冴えない彼女の育てかた』とは丸戸史明によるライトノベル、およびそこから派生する漫画、アニメ、ゲーム作品。 物語の主人公とあるオタク高校生が、とある少女をメインヒロインとした同人ゲームを作るためにサークルを立ち上げる。好きなことには熱中するその性格で、メンバー内のもめごとや納期、ライバル同人サークルとの対立など、様々な困難を乗り越えながら奮闘する物語。

Read Article

NEW
暗殺教室(アニメ・漫画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

暗殺教室(アニメ・漫画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『暗殺教室』とは、漫画家松井優征による漫画作品。「週刊少年ジャンプ」にて2012年から2016年まで連載され、2015年にはTVアニメも放映されている。「来年3月までに私を暗殺できなければ地球を破壊する」と宣言する超生物「殺せんせー」と、おちこぼれの中学生クラス「3年E組」が繰り広げるギャグテイスト学園漫画である。

Read Article

艦隊これくしょん -艦これ-(メディアミックス)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

艦隊これくしょん -艦これ-(メディアミックス)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『艦隊これくしょん -艦これ-』とは、女性に擬人化された艦艇(軍艦)を使用したDMM.comの育成シミュレーションゲーム、およびそれを原作としたアニメ・漫画・小説などのメディアミックス作品。 ブラウザゲームと同日に配信開始した「吹雪、がんばります!」を皮切りに、設定を明確にせず、解釈の幅を広く容認することで様々なメディアミックス作品が送り出された。初期は戦記路線が中心であったが、現在は洋酒や音楽など戦い以外を扱う作品も展開されている。

Read Article

艦隊これくしょん -艦これ-(ゲーム)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

艦隊これくしょん -艦これ-(ゲーム)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

角川ゲームス開発のブラウザゲーム、およびメディアミックス作品群。 2013年正式サービス開始。 2015年にはTVアニメ化も行われ、同アニメの続編が2016年に映画化された。 正体不明の敵「深海棲艦」によってシーレーンが破壊された世界で、在りし日の艦艇の魂を宿す「艦娘」が深海棲艦と戦う姿を描く。

Read Article

暗殺教室の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

暗殺教室の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『暗殺教室』は松井優征による漫画で、『週刊少年ジャンプ』で2012年から連載された。名門私立中学校の中で「おちこぼれ」と迫害されているクラスの生徒たちが、1年かけて自分たちの担任を殺すことがメインストーリーで、その斬新な設定で人気を呼んだ。2015年にテレビアニメの第1期が放送され、ゲームや実写ドラマ、スピンオフ作品『殺せんせーQ!』などメディアミックス化されている。中学生たちの青春を描いており恋愛的要素も多いが、中には同じ目的を持つ同志のようなカップルもある。

Read Article

暗殺教室の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

暗殺教室の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「暗殺教室」は「週刊少年ジャンプ」に連載された松井優征による漫画作品。 椚ヶ丘中学校の底辺クラス3年E組の担任として謎の人外生物がやってくる。月の7割を破壊してきた上に「来年3月には地球を破壊する」と宣言するその超生物を殺してくれ、とE組は防衛省から依頼された。暗殺対象の先生と、暗殺者たる生徒達が織りなす、殺しと学びの物語。暗殺という非日常的側面がありながら、学校らしい教育的な名言が多い。

Read Article

黒子のバスケ(黒バス)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

黒子のバスケ(黒バス)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『黒子のバスケ』とは、週刊少年ジャンプで連載されていた藤巻忠俊の作品である。高校のバスケットボール部を題材とした漫画で、主人公の黒子が所属する誠凛高校が高校バスケットボールの大会である『ウィンターカップ』の優勝を目指す物語。友情や努力を感じさせるアツい台詞の数々は読者の心に深く刻み込まれている。

Read Article

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とは、黒子のバスケ原作者・藤巻忠俊が、その続編を描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化したものである。 また、映像化するにあたり、原作者自らが新エピソードを書き下ろした。 高校2年生になった黒子テツヤやキセキの世代のメンバーたちは、アメリカのチーム「Jabberwock」に挑むため、高校の垣根を超えたドリームチームを結成する。

Read Article

赤司征十郎(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

赤司征十郎(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

赤司征十郎(あかしせいじゅうろう)とは、『黒子のバスケ』の登場人物で「開闢の帝王」洛山高校を率いる1年生キャプテン。帝光中学時代も「キセキの世代」を率いて1年時からキャプテンを務めて全中3連覇に導いた。「天帝の眼(エンペラーアイ)」を使ってオフェンスでは相手の足を崩す「アンクルブレイク」、ディフェンスではスティールに長けており、攻守で誰よりも抜きん出ている。中学時代に紫原敦との1 on 1に敗れかけた際に別人格の赤司が現れ、穏やかだった性格がより圧倒的で好戦的になった。

Read Article

テツヤ2号(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

テツヤ2号(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

テツヤ2号(てつやにごう)とは、『黒子のバスケ』に登場する子犬のキャラクターで主人公黒子テツヤ(くろこてつや)が所属する誠凛バスケ部で飼われている。試合の帰りに黒子に拾われた。監督兼マネージャーの相田リコ(あいだりこ)から一目で気に入られ、目が黒子に似ている事から「テツヤ2号」と2年生の小金井慎二(こがねいしんじ)に名付けられた。普段は黒子と区別する為に「2号」と呼ばれている。留守番が多いが、部員と一緒に試合や練習を観る事もあり、バスケを理解している様子も見られる。

Read Article

青峰大輝(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

青峰大輝(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

青峰大輝(あおみねだいき)とは、『黒子のバスケ』に登場するキャラクターで、桐皇学園高校1年生である。背番号は5番でポジションはパワーフォワード。帝校中学校出身で、「キセキの世代」のエースであった。ストリートバスケを彷彿をさせる型にはまらないバスケを得意としている。また、どんな体勢からでもシュートを決めることができる「フォームレスシュート」も得意としている事から「DF不可能の点取り屋(アンストッパブルスコアラー)」と呼ばれている。部の練習には一切出ず、試合も遅刻して来るなど素行が悪い。

Read Article

伊月俊(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

伊月俊(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

伊月俊(いづきしゅん)とは、『黒子のバスケ』の登場人物で誠凛高校2年生のポイントガード。チームを操る司令塔として冷静に試合の流れやチームメイトの様子を見極める。「鷲の目(イーグルアイ)」の使い手で試合の状況や敵味方の動きを俯瞰的に捉える事に長けており、それを活かして得点や劣勢打破に繋げる。また、小2のミニバスから始めた為、経験値がありバスケIQが高い。一方でダジャレを言うお茶目な一面もあり、チームメイトには呆れられている。ダジャレのネタ帳は100冊を越えており、事あるごとにメモをしている。

Read Article

日向順平(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

日向順平(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

日向順平(ひゅうがじゅんぺい)とは、『黒子のバスケ』に登場するキャラクターであり、誠凛高校2年生バスケ部キャプテンである。3Pシューターであり、いつも大量得点を獲って誠凛の勝利に貢献している。キレると言葉遣いが悪くなり、この時の事を部員は「クラッチタイム」と呼んでいる。メガネに黒い短髪姿が印象的だが、高校1年生の時にはバスケを諦めグレた事で金色の長髪にしていた。口癖は「ダァホ」。趣味は戦国武将フィギュア集め。キャプテンとして創部2年目の誠凛バスケ部をウインターカップ優勝に導いた。

Read Article

木吉鉄平(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

木吉鉄平(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

木吉鉄平(きよしてっぺい)とは『黒子のバスケ』に登場する誠凛高校2年生のC(センター)。誠凛高校バスケ部の創設者であり、主人公黒子テツヤのチームメイトでもある。『無冠の五将(むかんのごしょう)』と呼ばれる優秀な選手の1人で『鉄心(てっしん)』の異名を持つ。1年生時、インターハイ予選トーナメント決勝にて膝を故障してしまう。その後はリハビリに努め、翌年のインターハイ予選敗退後にチームに復帰した。仲間思いでおおらかな性格をしており、チームメイトが傷つけられそうになったときには怒りを露わにした。

Read Article

黄瀬涼太(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

黄瀬涼太(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

黄瀬涼太(きせりょうた)とは、『黒子のバスケ』の登場人物で「青の精鋭」海常高校の1年生エース。帝光中学時代は「キセキの世代」の1人として全中3連覇を達成する。他の「キセキの世代」よりもキャリアが浅いが、類まれなバスケセンスで異常な速度で成長していく。相手の技をコピーする能力を持っており、ウィンターカップでは「キセキの世代」のメンバー全員の技をコピーする「完全無欠の模倣(パーフェクトコピー)」まで能力を昇華させている。

Read Article

火神大我(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

火神大我(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

火神大我(かがみたいが)は、藤巻忠俊のバスケットボール漫画・『黒子のバスケ』に登場するキャラクターだ。 主人公・黒子テツヤの相棒で、もうひとりの主人公として描かれている。1年生で誠凛高校バスケ部のエースを務めており、背番号は10番、ポジションはパワーフォワードとして活躍している。キセキの世代と同格の選手である。力強いダンクシュートなどのダイナミックなプレーが得意だ。打倒キセキの世代と目標を掲げ黒子たちと共に戦うのである。

Read Article

緑間真太郎(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

緑間真太郎(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

緑間真太郎(みどりましんたろう)とは、漫画『黒子のバスケ』の登場人物で「キセキの世代」のメンバーの1人。この漫画の主人公の火神大我や黒子テツヤのいる誠凛高校とバスケの試合で度々当たることとなる秀徳高校の1年生だ。ポジションは、シューティングガード。「キセキの世代」の随一のシューターで、必殺技は、「超長距離(スーパーロングレンジ)3Pシュート」で、自分側のゴール下から、相手のゴールにシュートを決めるというものである。

Read Article

虹村修造(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

虹村修造(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

虹村修造(にじむらしゅうぞう)は『黒子のバスケ』に登場するキャラクターで帝光中学バスケットボール部の元主将である。黒髪に切れ長の鋭い瞳とアヒル口が特徴で帝光男子バスケ部の全員ををまとめあげたカリスマ性を持っている。中学生とは思えない実力で、帝光中のエースとしてドリブルの突破力やパスセンスにも定評があった。過去はかなりヤンチャだったようで、盗んだバイクで走り出したこともあるという。 中学卒業後は父親の治療のためにアメリカへ行っているので高校時代編には回想でしか登場していない。

Read Article

黒子テツヤ(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

黒子テツヤ(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

黒子テツヤ(くろこてつや)とは、漫画『黒子のバスケ』の火神大我と並ぶ主人公の1人で、新設校の私立誠凛高校の1年生だ。中学時代は、3連覇を成し遂げた強豪の帝光中学校男子バスケットボール部の出身である。既存のポジション名がなく、初期はパスに特化した立ち位置であった。後半からは、自身での得点能力もついている。影の薄さを利用した独特なプレイスタイルから「幻の6人目(シックスマン)」と呼ばれていて、「キセキの世代」の5人の元チームメイトからも注目されている。

Read Article

紫原敦(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

紫原敦(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

紫原敦(むらさきばらあつし)とは『黒子のバスケ』に登場する人物で、陽泉高校1年生である。キセキの世代の1人であり、その中で最も恵まれた体格を持つ。性格はかなりマイペースで、先輩にも歯に衣着せぬ物言いをすることもある。長い紫色の髪の毛に高い身長、気怠げな態度が特徴的。また、お菓子が好きで作中でもよく食べている。ディフェンスを主に行っているが、本来は好戦的なタイプでオフェンスの方が得意としている。その攻撃力は「怪物」と評されるほどだ。木吉鉄平とは中学時代に対戦しており因縁の関係となっていた。

Read Article

相田リコ(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

相田リコ(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

相田リコ(あいだりこ)とは『黒子のバスケ』に登場する誠凛高校の3年生で、バスケットボール部の監督兼マネージャーである。頭脳明晰でありながらさっぱりとした姉御肌な性格で気が強い。選手からの信頼も厚く、誠凛バスケットボール部を引っ張っている存在だ。相手の体を見るだけで身体能力が明確な数値でわかるという能力を持っており、1人1人にあうメニューや作戦を立てている。その反面、料理が壊滅的に下手である。日向や伊月とは中学が同じで、木吉とは一時期付き合っていたことがある。

Read Article

森山由孝(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

森山由孝(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

森山由孝(もりやま よしたか)とは『黒子のバスケ』に登場する人物で、海常高校バスケ部のレギュラーである。「残念なイケメン」と言われており、これは見た目はいいものの、試合会場でも女の子を探すほど惚れっぽく、モテようとする言動を隠していないことから付いたあだ名である。ポジションはSG(シューティングガード)で変則的なフォームで打つブロックされづらい無回転3Pシュートを得意としている。

Read Article

高尾和成(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

高尾和成(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

高尾和成(たかおかずなり)とは、『黒子のバスケ』の登場人物で秀徳高校1年生のポイントガード。普段はお調子者だが試合になるとチームの司令塔として高い判断力と巧みなゲーム運びで「歴戦の王者」である強豪・秀徳高校でスタメンとして活躍する。「鷹の目(ホークアイ)」の使い手で広い視野を持っており、誠凛高校の1年生で「ミスディレクション」を使う黒子テツヤの天敵でもある。チームメイトの緑間真太郎とは中学時代に対戦し敗北しているが、高校では共に秀徳の主力となってチームを支える。

Read Article

実渕玲央(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

実渕玲央(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

実渕玲央(みぶちれお)とは『黒子のバスケ』に登場する人物で、洛山高校バスケ部の副主将である。「無冠の五将」の1人で「夜叉」との呼び名をもつ。長めの黒髪に長いまつ毛の端正な顔立ちで女性のような話し方が特徴。周りをよく見て気遣う優しい面と、キレている時でも自分を見失わない冷静な面を持ちあわせている。なめらかでキレのあるシュートフォームで「天」「地」「虚空」という3つのシュートを必殺技としている。誠凛の日向順平からは中学時代にシュートフォームの見本にされていた。

Read Article

アレクサンドラ=ガルシア(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

アレクサンドラ=ガルシア(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

アレクサンドラ=ガルシアとは『黒子のバスケ』に登場する人物で、火神大我と氷室辰也の師匠である。通称「アレックス」。誠凛高校の男子バスケ部がミーティングしている時に下着姿で登場したり、火神大我の家にいる時は全裸だったりする。もともとはWMBAの選手だったが、病気で視力が悪化したことが原因で引退した。そのあとに火神大我と氷室辰也に出会い、2人の師匠となったという経緯がある。愛弟子である火神大我と氷室辰也の試合を見るために来日し、火神大我の家に滞在していた。

Read Article

宮地清志(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

宮地清志(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

宮地清志とは(みやじ きよし)とは『黒子のバスケ』の登場人物で、秀徳高校3年生である。 ポジションはスモールフォワード(SF)で背番号は8番、主人公の所属する誠凛高校とはライバルとなるチームに所属している。性格は真面目で自分にも他人にも厳しいため、キャプテンの大坪や同期の木村からの信頼は厚いが、後輩達からは怖い先輩という印象を持たれている。 そんな宮地清志だが、趣味はアイドルオタクで、特技がオタ芸という意外な一面もある。

Read Article

今吉翔一(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

今吉翔一(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

今吉翔一(いまよししょういち)とは『黒子のバスケ』に登場する人物で、桐皇学園高校バスケ部主将である。人懐っこく話しかけてくるので一見柔和な雰囲気に感じるが、実は打算的でかなり腹黒い。相手の考えを読む能力に長けており、頭脳を使ったプレーが得意である。バスケの実力も高く、ダブルクラッチを得意としていたり、適当に放った風に見せかけてブザービーターを決めたりするほどのテクニックを持っている。青峰が桐皇にくるきっかけを作った人物であり、普段からフォローもしているため、青峰は今吉には比較的従順である。

Read Article

桃井さつき(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

桃井さつき(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

桃井さつき(ももいさつき)とは、『黒子のバスケ』に登場するキャラクターの1人である。主人公の黒子テツヤに好意を寄せている。キセキの世代のエースである青峰大輝(あおみねだいき)の幼なじみであり、中学と高校は同じ学校に通っている。帝光中学時代と桐皇学園高校では、マネージャーとしてバスケ部に所属していた。性格はフレンドリーで人懐っこく、キセキの世代の面々や火神大我(かがみたいが)に対しては、独特なセンスのあだ名をつけている。キセキの世代と同様に、髪色と名前がリンクしているキャラクターである。

Read Article

NEW
大坪泰介(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

大坪泰介(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

大坪泰介(おおつぼ たいすけ)とは『黒子のバスケ』に登場するキャラクターで秀徳(しゅうとく)高校バスケ部のキャプテン。198cm、98kgの大型センターとして知られており、その実力は東京屈指とされている。後輩の高尾和成(たかお かずなり)からは厳しい先輩と言われており、緑間真太郎(みどりま しんたろう)の我儘に時々キレる事もあるが、後輩達や同じ3年生の宮地清志(みやじ きよし)や木村信介(きむら しんすけ)の努力を認め、信頼を置いている。

Read Article

桜井良(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

桜井良(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

桜井良(さくらいりょう)とは『黒子のバスケ』に登場する人物で、桐皇学園高校バスケ部のスタメンである。口癖は「スイマセン!」で、常に謝っている。早撃ち(クイックリリース)シュートが得意で「特攻隊」とも呼ばれている。実は負けず嫌いで、相手が強く対抗心が沸くほどシュートの精度が増すという能力を持っている。『黒子のバスケ』に登場するキャラクターの中では一番料理が上手く、自分でキャラ弁を作って学校に持ってきている。青峰大輝とは同じクラスで、いつもいびられて半泣きにさせられている。

Read Article

黛千尋(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

黛千尋(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

黛千尋(まゆずみ ちひろ)とは『黒子のバスケ』に登場する洛山高校スターティングメンバー唯一の3年生であり、ポジションはパワーフォワード。3年生に進級した時点で自身の才能の限界を理由に退部を決意し、平凡な学生生活を送ろうとしていた。その矢先、1年生ながら主将になった赤司征十郎(あかし せいじゅうろう)に見初められレギュラー入りを果たす。ウィンターカップ決勝戦では、「新型の幻の6人目」として黒子テツヤと対峙。黛が登場したことで誠凛メンバーを動揺させ、火神と黒子の連携を封じることに成功した。

Read Article

降旗光樹(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

降旗光樹(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

降旗光樹(ふりはた こうき)とは、『黒子のバスケ』に登場するキャラクターの1人である。主人公である黒子テツヤ(くろこ てつや)と同じ誠凛高校バスケ部に所属している。学年は1年生で、ポジションはPG(ポイントガード)。誠凛で2番手のPGであり、スターターの伊月俊(いづき しゅん)とは違って、スローペースなバスケットが得意。試合に出場することはほとんどないが、ベンチから声を張り上げチームを鼓舞役割を担う。ウインターカップの海常高校との試合で、全国大会デビューを果たした。

Read Article

目次 - Contents