黒執事 / Black Butler

『黒執事』とは、2006年10月号から『月刊Gファンタジー』(スクウェア・エニックス)で連載を開始した、枢やなによるダーク・ファンタジー漫画である。本作は19世紀末のイギリスを舞台にしたミステリーやオカルト、アクションの要素が強く、作者は「いわゆるパラレルワールド的な世界」と語った。コミックスは32巻刊行され、2021年時点で累計発行部数は3,000万部を超えた。
物語は英国裏社会の秩序を守る「女王の番犬」として任務にあたる12歳のシエル・ファントムハイヴが、悪魔で執事のセバスチャン・ミカエリスと契約し、汚れ仕事をしながら自らの復讐を果たそうとする姿を描いている。
本作は「第54回小学館漫画賞」の少年漫画部門にノミネートされた。また2010年に「ジャパン・エキスポ・アワード」で最優秀少年漫画部門、2011年にはドイツの「Animagic」でBest International Manga賞を受賞。
2007年と2008年にドラマCDが発売され、テレビアニメは2008年に第1期、2010年に第2期、2014年に第3期が放送された。実写映画も制作され、2014年1月18日に公開された。映画は作者の承認のもとオリジナルストーリーになっており、セバスチャン・ミカエリス役を水嶋ヒロ、シエル・ファントムハイヴ役を剛力彩芽が演じた。