怪獣8号(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『怪獣8号』とは、『少年ジャンプ+』で2020年より連載している松本直也による漫画作品。シン・ゴジラやパシフィック・リム等の怪獣を自然災害に暗喩した作品の系譜にある。怪獣の発生する世界で、怪獣から国を守る防衛隊に入る事が叶わずに怪獣の死体清掃の仕事を続ける主人公・カフカが、もう一度防衛隊を目指そうと決意するも、謎の小型怪獣に体内へ侵入され、人知を超えた怪獣の力を手にする。「怪獣8号」と呼ばれるようになってしまったカフカがその力と怪獣の知識を駆使して、怪獣に立ち向かっていくバトル漫画である。

『怪獣8号』の概要

『怪獣8号』とは、『少年ジャンプ+』で2020年より連載している、松本直也による漫画作品。松本直也の3作目の連載作品であり、本作が初のヒット作品となった。3週に一度休載しながら、毎週金曜日に更新される。休載日には「怪獣百景」と称した日常風景イラストが掲載されている。本作で登場する怪獣は「自然災害」として捉えられており、発生した順に台風のような番号で呼ばれ、その怪獣の強さを表す単位としてマグニチュードを模した「フォルティチュード」という単位が使われている。「大人が過去にワクワクしていたものを大人目線で楽しめるような作品にしたかった」と担当の編集者は発信しており、メインターゲットである若者に受け入れられるか危惧していた所もあったようだが、結果として大反響を呼び、少年ジャンプ+内ランキングでは1.2を争う人気を見せている。
単行本第一巻の発行部数は43万部を突破しており、2021年、日本で最も売れた単行本となった。二巻では累計発行部数が少年ジャンプ+での連載作品内最速で100万部を突破している。2021年には電子版を含め、累計発行部数が150万部を越えた。同年のマンガ大賞では、6位に入賞している。
怪獣が出没する世界で、怪獣の発生率が世界一である日本を舞台としている。子供の頃に住む町を破壊された主人公の日比野カフカは、幼馴染である亜白ミナと「二人で怪獣を全滅させよう」と、防衛隊となる事を約束する。しかし、防衛隊に合格し大活躍するミナに対して、試験で不合格となったカフカは夢破れ、怪獣の死体の清掃業者に就職し、鬱々と、だが真面目に仕事をこなしていた。ある日、アルバイトとして入社した市川レノから防衛隊の年齢制限が引き上げられることを教えられ、その直後怪獣に襲われた際に感じた無力さや助けたレノから感謝された事から、決意を新たに再度試験を受けることを決めたカフカ。だが、謎の小型怪獣に体内へ侵入され、身体が怪獣化してしまう。人知を超えた怪獣の力を手にすると同時に「怪獣8号」と呼ばれるようになってしまったカフカが、その力と清掃業で培った怪獣の知識を駆使して、怪獣に立ち向かっていく。

『怪獣8号』のあらすじ・ストーリー

怪獣8号誕生

防衛隊が倒した巨大な怪獣の清掃に向かう作業員達。

突如現れる怪獣によって人々の生活が脅かされる時代。日本は怪獣大国と称されるほど怪獣の出現率が高い国だった。主人公の日比野カフカ(ひびの かふか)は、日本防衛隊が倒した怪獣の死骸を解体・清掃する仕事をしていた。カフカは幼い頃、自分が住んでいた町を怪獣に焼かれた。その時幼馴染の亜白ミナ(あしろ みな)と共に「防衛隊に入って怪獣を倒す」という約束をしていた。ミナは見事に防衛隊に入り、第3部隊長の隊長を務めるまでになる。年下の、しかも女の子のミナは立派に成長し戦っているというのに、自分は夢を諦めて清掃業なんてことをしている現実に、カフカは日々悩んでいた。

そんなある日、カフカが務める清掃会社にアルバイトとして市川レノ(いちかわ レノ)という18歳の少年がやってくる。レノは防衛隊に入ることを目指していた。カフカはレノの面倒をみるように上司に言われ、レノと共に清掃業をする。しかしそこに突然怪獣が現れた。カフカはレノを逃し一人で立ち向かうが、逃げたはずのレノがすぐに戻ってくる。こんなところで逃げていては防衛隊なんて目指せないというレノとカフカは、巨大な怪獣相手に粘る。そこへ防衛隊が駆けつけた。カフカとレノは一命を取り留める。

入院した病院でカフカはレノに、また防衛隊を目指すと誓いを立てる。そこで謎の生命体がカフカの前に現れた。カフカに向かって「見つけた」と呟いたその生命体は、カフカの口から体内へと侵入する。それによってカフカの姿が怪獣へと変わった。驚くレノはとりあえず逃げようとカフカと共に病院を飛び出す。カフカは大きさこそ人と同じだが、見た目は完全に怪獣であり強大なパワーを持っていた。遭遇した怪獣を拳一つで粉々に吹き飛ばせるほどの力だ。怪獣の危険度を表すフォルティチュードは8.0を超えると「大怪獣」と呼ばれるクラスに分類される。怪獣の危険度を表すフォルティチュードは8.0を超えると「大怪獣」と呼ばれるクラスに分類される。カフカの力はその大怪獣に匹敵し、「怪獣8号」と名付けられ防衛隊から追われることになる。それでもカフカは再び防衛隊を目指すという決意を変えなかった。

防衛隊入隊試験

カフカとレノは防衛隊の入隊試験一次試験を突破。二次試験に臨む。そこで防衛隊長官・四ノ宮功(しのみや いさむ)の娘で、カリフォルニア討伐大学を飛び級で最年少首席卒業した天才児・四ノ宮キコル(しのみや キコル)と出会う。一部の体力試験で散々な結果だったカフカは、二部の試験で取り返そうとやる気を出す。二部の試験内容は怪獣討伐という内容だった。キコルが圧倒的な力を出した結果、試験は早々に終了する。

しかし試験終了後、突如人型の怪獣がキコルの前に現れた。人型怪獣はキコルに攻撃を仕掛け、入隊試験受験者達が倒した怪獣を次々に復活させると姿を消す。その後怪獣の攻撃でキコルはさらなる重症を負い、絶体絶命のピンチに陥った。そこへカフカが駆けつけ、キコルを助けるために怪獣8号の姿に変身する。そしてキコルを襲う巨大な怪獣をパンチ一発で消し飛ばした。

後日試験の合否通知がカフカとレノのもとに届く。カフカは成績こそ基準に達していなかったが、第3部隊副隊長の保科宗四郎(ほしな そうしろう)の推薦で候補生として防衛隊に入ることができたのだった。

相模原掃討作戦

相模原の現場に向かう第3部隊のメンバー。

夜中にサイレンが鳴り響き、怪獣が現れたことを告げる。相模原に巨大な怪獣が現れたのだ。カフカの所属する第3部隊は現場に急行する。カフカ達新人は本丸の怪獣・本獣(ほんじゅう)の発生が原因で現れた余獣(よじゅう)と呼ばれる怪獣を駆逐することだった。落ちこぼれ隊員のカフカは武器を持っての戦いでは役に立たなかったが、清掃業で培った技術と知識で余獣の弱点を突き止め保科に報告する。その傍らで、ミナが巨大な本獣の討伐に成功する。それを見てカフカはミナとの実力差を実感した。

カフカとは別の場所でレノは余獣の討伐を遂行していた。そこで清掃業者の制服を着た謎の男に遭遇する。その男は先日試験会場に現れた人型怪獣が人間の姿に擬態したものだった。レノは一緒にいた古橋伊春(ふるはし いはる)と共に人型怪獣に立ち向かうが、万策尽きて命の瀬戸際に立たされる。そこへ怪獣8号に変身したカフカが現れる。レノと伊春を傷つけられたカフカの怒りの炎が燃え上がる。余裕を見せていた人型怪獣は、今度はカフカによって追い詰められていった。怪獣の心臓と言える核がむき出しなるまでカフカは攻撃を加える。しかしそこに防衛隊が現れて、怪獣姿のカフカを敵と認識してしまった。それに気を取られたカフカの一瞬の隙をついて、人型怪獣は逃亡する。カフカもその場を離脱した。

しかし離脱した路地裏で待っていたのは保科だった。中型・小型怪獣との戦闘能力が高い保科の剣術にカフカは苦戦を強いられ、核の一部が露出する。保科はその核目掛けて渾身の一撃を食らわせた。しかし核を狙ってくるだろうと予測したカフカはそれをなんとか防ぎ、保科の武器を破壊。逃亡に成功する。

カフカと戦った怪獣は「怪獣9号」と名付けられ、防衛隊はその捜索を開始するのだった。

立川基地襲撃

上空から立川基地へ向かう複数の怪獣達。

カフカは相模原掃討作戦で、怪獣の弱点などを発見した功績が認められ、候補生から正隊員になることができた。保科からの推薦もあったと聞き、ますます今後の訓練に励もうとカフカは誓う。

そんなある日、カフカ達のいる立川基地に上空から多数の怪獣が降ってきた。その怪獣をまとめているのは、相模原で現れたのとは別の人型怪獣だった。立川基地を襲った、後に「怪獣10号」と呼ばれるその人型怪獣の強さは「大怪獣」クラスだった。第3部隊の隊長であるミナが不在のため、保科が怪獣10号の相手をする。

他の怪獣をキコルやレノ達が討伐する傍ら、保科と怪獣10号の戦いは続いていた。保科は自身の技を繰り出し圧倒するが、そこで怪獣10号が進化を遂げる。保科がピンチに陥ったその時、不在だったミナが現着。保科、キコルのサポートを得て怪獣10号を撃破した。かに見えた。怪獣10号は空中に超巨大な余獣爆弾を発生させ、立川基地全て破壊しようとする。そこで走り出たのがカフカだ。

カフカは大勢の防衛隊が見ている中で怪獣8号に変身。爆弾を押し返し、被害を防いだ。しかし当然ながら防衛隊に正体がバレてしまう。カフカはその場でミナによって拘束された。

捕らわれた怪獣8号

囚われたカフカは拘束され、第3部隊から本部に移送される。自身の正体を隠していたことにカフカは後ろめたさを感じていたが、第3部隊の面々はカフカが戻ってきてくれると信じていた。カフカは涙しながら、また防衛隊員としてミナの隣を目指すことを改めて誓う。

拘束されたカフカの前に日本防衛隊長官でキコルの父親でもある四宮功(しのみや いさお)が現れた。カフカは功に話を聞いてもらおうとするが、功は無慈悲に怪獣8号の処理を宣言する。四宮長官は防衛隊史上最強の男と謳われており、大怪獣をベースに作られた武器・識別怪獣兵器(ナンバーズ)を使用して戦う。その力はカフカを圧倒した。

功の渾身の一撃が入ったところでカフカは怪獣8号に変身。しかし以前のように体をコントロールできなくなっていた。自我を失ってまるで本物の怪獣のように功を叩きのめす。このまま功を殺してしまうのではないかと思われたその時、自我を取り戻したカフカは行動を停止した。それを見た功が下した決断は、「怪獣8号は兵器化せずに戦力とする」ということだった。カフカは防衛隊員として戦うことを許されたのだ。

カフカは鳴海弦(なるみ げん)率いる第1部隊に異動になった。同じ頃、キコルも第1部隊に仮配属され、鳴海のもとでさらなる実力をつけようとしていたのだった。

品川区襲撃

怪獣9号に渾身の一撃を放つ四之宮功(右下)。

品川区に大量の怪獣が発生し、鳴海率いる第1部隊が出動する。カフカとキコルも現場に出た。しかしいざカフカが怪獣8号に変身しようとした時、カフカは何故か変身できなかった。カフカは功との戦いで、自分の怪獣の力がいつか大事な仲間を殺してしまうのではないかという恐怖を抱いた。その恐怖心が変身の妨げになっていたのだ。しかしそこへタイミング悪く、怪獣9号と怪獣9号の分身が現れる。狙いはカフカの持つ怪獣の力だった。

キコルの励ましで怪獣に変身することができるようになったカフカは、キコルと鳴海と共に怪獣9号を追い詰めて討伐する。しかしそれは怪獣9号の罠だった。怪獣9号は本部基地に侵入。本当の狙いは功の持つ怪獣2号の力だったのだ。功は怪獣9号と激突。自身の命をかけて戦った。しかし力及ばず功は死に、その体は怪獣9号に乗っ取られてしまう。「次に私が動く時 怪獣の時代が始まる」おぞましい捨てセリフを吐き捨て怪獣9号は去っていった。

若手の台頭

品川での怪獣9号戦で四ノ宮功長官を失った防衛隊は師団会議を行う。以前討伐した怪獣10号から自身の怪獣兵器化を条件に9号の情報の提供を受けた保科は、9号が大怪獣クラスの怪獣を生産する能力を持ち、将来的に量産できるほどの能力を持てば壊滅的な脅威となる旨を報告。それを受けた防衛隊本部は新たな人材の育成を急務とし、組織の立て直しを図る。

適合者不在のために封印されていた怪獣6号ベースの識別怪獣兵器「ナンバーズ6」と同調の兆しを見せたレノ。緒方ジュウゴ(おがたじゅうご)隊長のもと、松本基地で適合訓練を受けることになる。訓練は困難を極め、現状ではナンバーズ6の使用を許可できないと言われてしまう。そんな時、日本各地で怪獣が大量発生。市川は同期の伊春と共に出動する。実戦でも苦戦して心が折れかけた市川だったが、伊春のサポートを受けて持ち直す、遂にナンバーズ6の制御に成功するのだった。

一方、保科は怪獣10号をベースとした識別怪獣兵器「ナンバーズ10」と同調して怪獣の討伐に挑む。ただただ暴れたい怪獣10号と複数の怪獣相手に戦略を練って挑もうとする保科。動きが全く合わない二人は解放戦力が瞬く間に低下し、ピンチを迎える。試行錯誤の末、保科は自分のポリシーを捨てて10号に合わせることを選択。瞬く間に怪獣を討伐ししてみせた。

『怪獣8号』の登場人物・キャラクター

主人公

日比野 カフカ(ひびの かふか)

asanto4
asanto4
@asanto4

目次 - Contents