僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academia

僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academia

『僕のヒーローアカデミア』とは、堀越耕平が『週刊少年ジャンプ』で連載している漫画、及びそれらを原作とするアニメ、ゲーム作品。舞台は多くの人が超常能力「個性」を持つことが当たり前の世界。そこでは個性を悪用する敵(ヴィラン)を取り締まる「ヒーロー」が憧れの存在となっていた。ヒーローを夢見る少年、緑谷出久は何の能力を持たない「無個性」だった。これは出久が「最高のヒーロー」になるまでの物語である。

僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academiaの関連記事

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)のネタバレ解説・考察まとめ

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)のネタバレ解説・考察まとめ

『僕のヒーローアカデミア』とは、堀越耕平が『週刊少年ジャンプ』で連載している漫画、及びそれらを原作とするアニメ、ゲーム作品。舞台は多くの人が超常能力「個性」を持つことが当たり前の世界。そこでは個性を悪用する敵(ヴィラン)を取り締まる「ヒーロー」が憧れの存在となっていた。ヒーローを夢見る少年、緑谷出久は何の能力を持たない「無個性」だった。これは出久が「最高のヒーロー」になるまでの物語である。

Read Article

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の必殺技まとめ

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の必殺技まとめ

『僕のヒーローアカデミア』とは、『週刊少年ジャンプ』で連載されている、堀越耕平による漫画作品。 世界総人口の約8割が何らかの特異体質、「個性」を持つ社会。No.1ヒーロー・オールマイトが笑顔で人々を助ける姿に憧れた主人公・緑谷出久は、ヒーロー養成の名門・雄英高校で「最高のヒーロー」を目指す。 主人公やクラスメイトだけではなく、同学年の他クラス、先輩、他校生、プロヒーロー、そして敵となるヴィランたちなど、多くのキャラクターが登場し、多彩な必殺技を披露する。

Read Article

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)のヴィランまとめ

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)のヴィランまとめ

『僕のヒーローアカデミア』とは、堀越耕平による漫画作品である。ジャンプの看板作品であり、アニメやゲームなど様々なメディアミックスが製作されている。 人類の8割が『個性』と呼ばれる特殊能力を持つ人間として生まれる『超人社会』で、緑谷出久はプロヒーローを目指していた。出久は個性を持っていなかったが、No.1ヒーローであるオールマイトに認められ、彼の個性を継承し、プロヒーローを目指す。 ヒーローと敵対し、平和を乱すものが「ヴィラン(敵)」である。本作では様々な個性的なヴィランが登場する。

Read Article

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の個性まとめ

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の個性まとめ

『僕のヒーローアカデミア(My Hero Academia)』は『週刊少年ジャンプ』で連載されている、堀越耕平による漫画作品。 世界総人口の約8割が超常能力「個性」を持つ世界において、主人公「緑谷出久」はそれを持たない「無個性」と呼ばれる存在だった。しかし憧れの「ヒーロー」を目指す彼はある時、No.1ヒーローである「オールマイト」からその個性を継承される。本作には様々な「個性」を持ったキャラクターが存在する。

Read Article

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)のコスチュームまとめ

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)のコスチュームまとめ

『僕のヒーローアカデミア』とは堀越耕平による漫画で、何度もアニメ化・映画化されている『週刊少年ジャンプ』を代表する人気作品。8割の人間がなんらかの特殊能力を持つ世界で、ヒーローが職業化した超人社会で「最高のヒーロー」を目指して奮闘する主人公を描く。 作中にはヒーローやヴィランが着用する様々なコスチュームが登場する。キャラクターの好みやイメージに合わせたデザインや、個性や環境に合わせた機能が採用されている。特に、大幅な進化を続ける主人公・緑谷出久はコスチュームのバージョンアップが多い。

Read Article

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)のヒーローまとめ

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)のヒーローまとめ

『僕のヒーローアカデミア』とは、週刊少年ジャンプ連載の堀越耕平による漫画作品。アニメやゲームなど様々なメディアミックスが製作されている。 人類の8割が「個性」と呼ばれる特殊能力を持って生まれる「超人社会」で、主人公である緑谷出久はヒーローを目指していた。緑谷は個性を持っていなかったが、No.1ヒーローであるオールマイトに認められ、彼の個性を継承し、最高のヒーローを目指す。本作では様々な個性的なヒーローが登場する。

Read Article

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『僕のヒーローアカデミア』は、日本の漫画家・堀越耕平によるヒーロー漫画。2014年から集英社の『週刊少年ジャンプ』で連載を開始し、連載初期から人気を博し、『週刊少年ジャンプ』の看板作品へと成長した。物語の舞台は”個性”と呼ばれる異能力が当たり前の世界。登場する数多くのキャラクターはさまざまな”個性”を持っており、文字通り個性豊かである。その中には公式がカップルと認定しているキャラクター達がいる他、読者達の間で恋愛関係にあるのではと囁かれているキャラクター達も多くいる。

Read Article

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

『僕のヒーローアカデミア』とは、堀越耕平による人気ヒーロー漫画である。アニメは2016年からボンズによって製作されており、このほかOVA化や劇場アニメ化も行われている。この記事では、『僕のヒーローアカデミア』のテレビアニメ・劇場版アニメで使用されたオープニング・エンディング主題歌、挿入歌を一挙に紹介していく。

Read Article

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)のワン・フォー・オール歴代継承者まとめ

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)のワン・フォー・オール歴代継承者まとめ

「ワン・フォー・オール」とは、堀越耕平の人気ヒーロー漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場する用語。登場人物達がそれぞれ持つ”個性”という特殊能力の1つである。略称は「OFA」。主人公の緑谷出久(みどりや いずく)が元No,1ヒーローであるオールマイトから受け継いだ”個性”。本来”個性”というものは他人に譲渡できるようなものではないが、この「ワン・フォー・オール」は初代の使い手・死柄木与一(しがらき よいち)の「力をストックし、別の人間に譲渡する」という”個性”によって代々受け継がれてきた。

Read Article

ジャンプの歴代ヒロインまとめ

ジャンプの歴代ヒロインまとめ

日本でもっとも発行部数の多い漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』は、人気でも知名度でも漫画という文化の頂点に位置する存在であり、幾多の傑作を生み出してきた。少年漫画であるだけにほとんどの作品の主人公は男性キャラクターだが、彼らを盛り立てるヒロインもまた魅力的な造形の人物ばかりである。 大人に子供、主人公に守られるだけの存在から共に戦う相棒、正規のヒロインを蹴散らして主人公と結ばれた者、“少年漫画”の常識を超えたヒロインかつ女性主人公というタイプ。ここでは、ジャンプ作品を彩ったヒロインたちを紹介する。

Read Article

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『僕のヒーローアカデミア』は、堀越耕平による漫画作品。 世界の約8割が「個性」と呼ばれる異能を持つようになった超人社会。「個性」を悪用する「敵(ヴィラン)」を取り締まる「ヒーロー」に憧れた「緑谷出久」はある日、トップヒーロー「オールマイト」と出会った。彼の「後継者」として緑谷は育てられ、ヒーローを目指す日々が始まる。「ヒーロー」という存在の本質や心意気に言及した熱い名言が数多い。

Read Article

爆豪勝己(ヒロアカ)の命名したあだ名・ニックネームまとめ

爆豪勝己(ヒロアカ)の命名したあだ名・ニックネームまとめ

爆豪勝己(ばくごう かつき)は、堀越耕平が描く大人気ヒーロー漫画『僕のヒーローアカデミア』の登場人物。主人公の緑谷出久(みどりや いずく)のライバル的存在として、連載初期から活躍するキャラクターだ。優秀な”個性”を持っており、あらゆる才能に秀でているが、なんでもできてしまう故に自尊心も高く周囲を見下しているところがある。性格は粗暴で口も悪い。作中で他のキャラクターの名前をきちんと呼ぶことは少なく、自身がつけた酷いあだ名・ニックネームで呼ぶことが多い。

Read Article

荼毘/轟燈矢(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

荼毘/轟燈矢(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

荼毘/轟燈矢(だび/とどろき とうや)とは、『僕のヒーローアカデミア』に登場する敵役のヴィラン連合に所属する人物である。彼の個性は青い高火力の炎を出すことができる。ヒーロー殺しの異名を持つステインの思想を受け継ぐために、ヴィラン連合に途中加入した。そして、冷静で狡猾な性格を活かして、ヴィラン連合では主に単独行動を好む。敵対するヒーローはもちろん味方にさえも本名を明かしていなかった。しかし、超常解放戦線でその本名は「轟燈矢」だと判明した。これは、雄英高校1年A組の轟焦凍の兄であることを意味する。

Read Article

ショート/轟焦凍(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

ショート/轟焦凍(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

ショート/轟焦凍(とどろきしょうと)とは、『僕のヒーローアカデミア』に登場する雄英高校1年A組の生徒である。彼の個性は、「半冷半燃」。氷と炎を自在に操ることができる。A組の中でもトップクラスの実力の持ち主だ。彼の父親は、オールマイト引退後のナンバー1ヒーロー、エンデヴァーである。幼いころから、家族に対しての虐待や表では言えない教育が行われてきた。そのため、轟は父親のことを良く思っておらず、父親から遺伝した炎の個性を使おうとしなかった。しかし、周囲の影響を受け、徐々に父親との距離を縮めようとする。

Read Article

ホークス/鷹見啓悟(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

ホークス/鷹見啓悟(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

ホークス/鷹見啓悟(たかみけいご)とは『僕のヒーローアカデミア』に登場する、プロヒーロー。18歳でプロヒーローデビューを果たし、その年の下半期にはビルボードチャートトップ10入りした。実力と人気を兼ね備え、オールマイト引退後は順位を2位に上げた。飄々とし掴みどころがない性格でありながら、個性「剛翼」を駆使した素早い活動に市民からの信頼は厚い。ヒーロー公安委員会からの依頼により、敵連合の元で潜入捜査を行った。

Read Article

死柄木弔/志村転弧(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

死柄木弔/志村転弧(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

死柄木弔/志村転弧(しがらき とむら/しむら てんこ)とは、漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場する敵(ヴィラン)連合のリーダーだ。異能(個性)の解放を目的とする異能解放軍との抗争を経て、巨大組織「超常解放戦線」の最高指導者となる。七代目ワン・フォー・オール継承者の志村菜奈の孫だが、幼少期のある出来事からヒーローを憎んでいる。 個性は五指で触れたものを粉々にする「崩壊」。後に、直接触れていないものにも効果の範囲を広げた。さらに、ドクターの改造手術を経てオール・フォー・ワンの継承者となった。

Read Article

心操人使(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

心操人使(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

心操人使(しんそうひとし)とは、僕のヒーローアカデミアシリーズの登場人物で、物語の舞台となる雄英高校の普通科に通いつつ、ヒーローを目指す男子生徒。彼は「自分の個性を人助けに生かしたい」というヒーローへの純粋な憧れを抱いており、雄英高校のヒーロー科を受験したが結果は不合格。それでもその夢を諦めず、ヒーロー科への編入を目指している。紫色のオールアップの髪型と濃い隈が特徴的で、気怠げな雰囲気をしている。

Read Article

デク/緑谷出久(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

デク/緑谷出久(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

デク/緑谷出久(みどりや いずく)とは、「僕のヒーローアカデミア」に登場する主人公だ。人類の8割が何らかの超能力「個性」を持って生まれるこの社会で、彼は超能力を持たない「無個性」であった。無個性にも関わらず、ナンバー1ヒーロー、オールマイトに憧れる。周囲からはヒーローになれないと批判される。しかし、諦めない緑谷は、オールマイトとの出会いでヒーローへの道を進むこととなる。そして、ヒーロー育成の名門、雄英高校でのヒーロー活動生活が始まる。

Read Article

大・爆・殺・神ダイナマイト/爆豪勝己(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

大・爆・殺・神ダイナマイト/爆豪勝己(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

大・爆・殺・神ダイナマイト/爆豪勝己(ばくごう かつき)とは、雄英高校1年A組に所属する生徒である。彼の個性は、「爆破」。掌の汗腺からニトロ物質を出し、自在に爆破させることができる。幼いころから個性と身体能力は優れており、将来を有望視されていた。本人自身も、ナンバー1ヒーロー、オールマイトを超えるヒーローになると宣言している。しかし、その気持ちが強すぎる影響で、度重なる暴言や暴走を繰り返し、周りのクラスメイトや教師を困らせる問題児でもある。 主人公の緑谷出久とは幼馴染であり、ライバルである。

Read Article

トゥワイス/分倍河原仁(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

トゥワイス/分倍河原仁(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

トゥワイス/分倍河原仁(ぶばいがわら じん)とは、漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場する、何でも2倍にすることができる個性「2倍」を有する敵(ヴィラン)。過去に自分を2倍にし過ぎたトラウマで二重人格になってしまい、発言した後はすぐにそれと真逆のことを喋る支離滅裂な喋り方が特徴だ。自分に自信がない故に、自分を受け入れてくれた敵連合を大事にしており、仲間意識が大変強い。常にハイテンションなキャラクターで、特に気の合う仲間の渡我被身子(とが ひみこ)を「トガちゃん」と呼び、好意を示している。

Read Article

サンイーター/天喰環(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

サンイーター/天喰環(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

サンイーター/天喰環(あまじき たまき)とは、『僕のヒーローアカデミア』に登場する雄英高校3年生のヒーロー候補生で、個性は食べたものを体に再現する「再現」。雄英ビッグ3の1人として数えられ、その実力はプロヒーローのファットガムも認めるほど。しかし、極度の緊張しいであり緑谷たちのクラスに自己紹介をする時ですら、壁に向いて「帰りたい」とつぶやくほどであった。中学生の時は個性をろくに扱えなかったが、雄英での3年間とプロヒーローへのインターンを経てビッグ3と呼ばれるまでになった。

Read Article

ウラビティ/麗日お茶子(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

ウラビティ/麗日お茶子(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

ウラビティ/麗日お茶子とは、『僕のヒーローアカデミア』の登場人物で、主人公の緑谷出久が在籍する雄英高校ヒーロー科1年A組のクラスメイトである。彼女の個性は「ゼログラビティ」。手の平についている肉球を使い個性を発動させる。家族思いである彼女は将来家族を楽させてあげたい、という思いからヒーローを目指す。ヒーロー名は「ウラビティ」。裏表がなく、何でも言ってしまう天真爛漫な一面と、負けん気が強い面を併せ持ちクラスメイトでもムードメーカー的存在である。

Read Article

オールマイト/八木俊典(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

オールマイト/八木俊典(僕のヒーローアカデミア)の徹底解説・考察まとめ

オールマイト/八木俊典(やぎ としのり)とは、『僕のヒーローアカデミア』に登場するナンバー1ヒーローである。人類の約8割が何らかの個性を持って生まれてくるこの世の中で、個性を使った犯罪が増えていた。オールマイトは、その犯罪から人々を助けるべくヒーローになり、平和の象徴となった。そして、オールマイトの存在が犯罪の抑止力となっていた。彼の個性は「ワン・フォー・オール」と呼ばれる代々受け継がれてきた個性である。そして、その個性は、緑谷出久という少年に受け継がれることとなる。

Read Article

僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academiaのレビュー・評価・感想

僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academia
10

主人公がヒーローになる物語

幼なじみにいじめられていた主人公、無個性の緑谷出久がNO.1ヒーローであり、平和の象徴と呼ばれるオールマイトから個性を譲渡されることから物語が始まります。緑谷出久は雄英高校ヒーロー科に入学してからヒーロー科生徒達と共に切磋琢磨し、時にはライバルとしてお互いを高め合い、ヴィランと戦う物語です。
この緑谷出久の成長は努力の結晶とも言えます。様々な困難の中で生み出した工夫や、得意の観察眼によって他の生徒やヒーローの体の使い方などを見て学び、自分のものにしてきました。
オールマイトが力を失ってから、ヴィランの活動は活発化し、ヴィランは新たな力を手にヒーローと敵対します。そして、最終決戦を迎えることになるのですが、ここからが見ものだと思います。
最終決戦が始まってから、オールマイトから受け継いだ力を発揮するのです。今まで使えてなかった力が、土壇場で発揮され、ヴィランと互角に戦います。その戦いのシーンは、作品に見入ってしまうほどの力があり、鳥肌がたち、過去のシリーズを見ていれば、涙無しには見られません。今までの努力、今までの苦悩、そしてこれから先に起きることを考えると、胸が張り裂けそうになり、苦しくなることもありました。
その後、孤独を抱え1人でヴィランと戦うことを選びますが、その場面では「誰か緑谷を助けて」と心の底から叫びたくなります。クラスメイトが緑谷と共に戦うことを決めたとき、そして、いじめていた幼馴染が緑谷に対して謝ったシーンは、涙が止まりませんでした。
この作品は、青春とヒーローものと言うだけじゃありません。感動と勇気をもらえます。ぜひ、この作品を1度でもいいので1話から見て欲しいです。

僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academia
10

とても素敵なアニメ

このアニメは、個性と呼ばれる特殊能力を使えるのが当たり前の社会に、その個性を活かしてヒーロー活動している人に憧れた無個性の主人公がヒーローを目指す物語。その主人公のゼロから努力で這い上がっていく姿がとてもかっこよく、自分にも勇気を与えてくれる作品です。
また、主人公の周りのキャラクターもとてもユニークで、そういった全員が少しずつ物語が進むにつれて逞しく、成長していく姿がとても感動的。共感ができて、言葉では表せないくらい素敵なアニメだなぁと感じます。
また、敵として出てくるキャラクターもいるのですが、こういった敵キャラクターもただ悪事を働くわけではなく、過去に悪事を働くことになる原因やストーリがあり、ものすごく考えさせられる作品でもあるなと感じます。

ヒーロー物語なのでバトルシーン等もでてくるのですが、そういったシーンも大迫力で、個人的に熱が入る部分でもあります。また、こういったバトルシーンの中でもキャラクターの細かい心情とかが描写されていて、感動します。
出てくるキャラクターの言葉も刺さり、学べることもたくさんあるアニメだと思います。

僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academia
10

感動する名台詞に泣けるシーンが満載の作品です

世界は超常現象を受け、全ての人が何かしらの能力を持って生まれてきます。それを人々は「個性」と呼ぶようになりました。個性を持って生まれた人間はいつしかその力を悪用しようとしました。そしてそんな悪者を退治する為に「ヒーロー」という職業が誕生。選ばれた人しかなることの出来ないヒーローという職業に付くための条件は、何かの個性を持っているという事でした。
主人公の緑谷出久(みどりやいずく)も同様に子供の頃からヒーローに強い憧れを抱き、特にナンバーワンヒーロー「平和の象徴」と唄われたオールマイトのようになりたいと思っていました。しかし緑谷出久は極めて珍しい、個性を親から遺伝しない「無個性」だったのです。それでもヒーローになりたい緑谷出久は、倍率70%以上を誇るヒーロー校「雄英高校」を受験。無謀な挑戦だったはずの緑谷出久がある日まちで出逢ったのは「敵」と対峙している平和の象徴ナンバーワンヒーローのオールマイトでした。憧れの人と出逢った緑谷出久はオールマイトに無個性でもヒーローになれますかと問う。そんな時、町で「敵」が暴れだす。人質にとられていたのは緑谷出久の幼馴染の爆豪勝己。自分が無個性でひ弱なことなどお構いなしで「敵」に立ち向かう緑谷出久の姿を見たオールマイトは、心を強く打たれ自身が持っていた人に受け継げる個性「オール・フォー・ワン」を緑谷出久に託します。そして血も滲むような10ヵ月にものぼる訓練の末、緑谷出久は雄英高校に合格。そんな緑谷出久が平和の象徴であるヒーローを目指し強敵な「敵」と対峙して成長していく物語です。

僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academia
7

成長していくヒーローの戦いと葛藤の物語

『週刊少年ジャンプ』で連載されている、ヒーローを目指す少年の物語です。
人類の八割が「個性」といわれる特殊な能力を持つ世界で、その力を悪事に利用する人間を取り締まるためヒーローという職業が存在するのですが、主人公の緑谷出久(通称デク)は何の個性も持たない「無個性」と診断されてしまいます。幼少期より平和の象徴として存在するオールマイトに憧れていたデクは、それでもヒーローを諦めきれないまま中学3年生をになり、運命の出会いによってオールマイトの個性を譲り受けるのです。
そこから始まるデクのヒーローになる為の成長物語がこの『僕のヒーローアカデミア』。
進学した雄英高校で、様々な個性を持つクラスメイトと切磋琢磨しながら少しずつ強くなっていくのですが、このクラスメイト達が皆ちゃんとキャラクターが立っており、他のアニメや漫画で見られるような「名前のないモブ」というのが存在しません。そこが凄く魅力的なのです。それぞれの家庭事情が描かれていたり、そこまでの描写はなくともきちんと仲間として存在し、1人で抱え込むデクを全員が迎えに行くシーン等は観ているこちらも感情移入してしまいます。
幼馴染であり、デクを目の敵にするようにして馬鹿にし続けてきた爆豪勝己が初めてデクと向き合って本心をさらけ出すシーンなど、胸が熱くなる展開が沢山あるので、ただのバトルアニメではない大人もはまれる作品だと思います。

僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academia
10

熱い少年漫画が好きな人にオススメしたい『週刊少年ジャンプ』の看板作品

今回紹介する『僕のヒーローアカデミア』は、『週刊少年ジャンプ』が掲げるテーマの友情・努力・勝利を体現したような漫画である。

まず物語の舞台は世界総人口の8割が”個性”という特殊能力を持っており、敵(ヴィラン)と呼ばれる犯罪者とヒーローの戦いが日常的に起こっている社会である。
そして主人公は、その世界で”無個性”と呼ばれる、個性を持たずに生きてきた緑谷出久という少年である。
主人公は無個性ながら、とある出来事からNo.1ヒーローであるオールマイトに個性を譲渡される。そしてプロのヒーローを目指すものが憧れる学校「雄英高校」の試験に合格し入学するのだが、その個性は全力で使用すると自らの身体をも傷つけてしまう、超パワーというハイリスクな個性だったのである。

ここで『週刊少年ジャンプ』が掲げるテーマ、友情・努力・勝利と照らし合わせてみよう。
友情については作品の中で人と人との繋がりが深く描かれている。
努力については主人公含め雄英高校の生徒はプロヒーローを目指し常に上を目指す姿勢が描かれている。
そして友情を築いた結果、努力が実った結果として勝利が描かれている。

『僕のヒーローアカデミア』は単なる正義が悪を打ちのめす勧善懲悪ストーリーではなく、敵(ヴィラン)側のバックボーンと絆もしっかりと描いており、ただの悪者として見せないようにしているのも奥が深い。
まさに熱いという表現がピッタリの漫画である。

僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academia
9

いくつになってもヒーローものが好きな人におすすめです

このレビューにはストーリーの大切な部分に触れるので、まだ見ていない人はネタバレになるので注意してください。

『僕のヒーローアカデミア』は、特別な力「個性」を持ったヒーローたちが活躍する物語です。
主人公の緑谷出久(デク)は、最初は個性を持っていませんでしたが、トップヒーローのオールマイトに見込まれて、特別な力「ワン・フォー・オール」を受け継ぎます。

デクがヒーローとして成長していく過程で、多くの友達と強敵に出会います。
友達の中には、爆豪勝己や麗日お茶子がいます。爆豪はとても強くて競争心が強いけど、デクのことをライバルとして認めていて、お互いに刺激し合っています。麗日はデクを支える優しい友達です。

この物語の中で、デクたちは様々な試練に挑みます。
例えば「ヒーローインターン編」では、デクはナイトアイというヒーローの下でインターンを経験し、大きな戦いに挑みます。
以下ヒーローインターン編をざっくり説明します。

デクは、元ナンバーワンヒーローであるオールマイトの推薦で、ナイトアイ事務所のインターンとして働くことになります。
ナイトアイはオールマイトの元サイドキックで、とても厳しいですが、デクの成長には欠かせない存在です。ナイトアイは未来を見る能力を持っており、デクがヒーローとしての資質を持っているかを試します。

エリは、敵<ヴィラン>のリーダーであるオーバーホールの娘ですが、実際には彼女を使って非人道的な実験を行っていました。
エリは「リワインド」という個性を持っており、これを使って人間の体を時間を巻き戻すように治療することができます。デクはエリを守るため、そして彼女を悪用するオーバーホールから救出するために戦います。

オーバーホールは、敵<ヴィラン>組織「異端児集団ハッシャクサイ」のリーダーで、とても強力な個性を持っています。
彼の個性「オーバーホール」は、物質を触れるだけで分解し、再構築する能力です。オーバーホールはエリの能力を使って、個性を消去する薬を作り、ヒーロー社会を脅かします。

主な戦いと結末
デクとナイトアイ事務所の他のヒーローたちは、オーバーホールとその手下たちと激しい戦いを繰り広げます。
デクは自分の限界を超えて戦い、ついにエリをオーバーホールの手から救い出します。この過程でデクは、エリの個性を使って一時的に自身の個性を制御不能なレベルまで高めることができ、強敵オーバーホールを倒すことに成功します。

また、「エンデヴァー代行編」では、新たなナンバーワンヒーロー、エンデヴァーが真価を問われる場面も描かれます。彼は非常に強い力を持っているけれど、父親としての問題も抱えています。

『僕のヒーローアカデミア』は、ヒーローたちがそれぞれの困難を乗り越え、成長していく姿を描いています。それぞれのキャラクターが持つ個性や、彼らの背景がとても魅力的で、見ていてドキドキする漫画となっています。
ぜひアニメでも漫画でも楽しめるので見てください。

僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academia
9

最高のヒーローになるため

この作品は人口の約8割が「個性」という特殊能力を持って生まれてくる世界で、その個性を犯罪に使う「ヴィラン」と、個性を駆使してヴィランと戦う「ヒーロー」の物語です。

主人公はそんな個性が当たり前の世界で、「無個性」として生まれてしまった少年「緑谷出久」。ヒーローへの憧れを持ち、その中でもプロヒーローの「オールマイト」というヒーローに強い憧れを抱いています。
この世界はヒーローが順位付けされており、オールマイトはその中でもNo.1ヒーローなのです。
無個性でもいつかヒーローになることを夢見て、高校は偉大なヒーローを多数輩出している「雄英高校」のヒーロー科へ進学を目指します。

偏差値は79で、頭が良くてもヴィランと戦える能力がないと合格することができない超難関校に、無個性が合格できるはずがないと周囲から馬鹿にされます。
そのなかでも「爆破」という戦闘に長けた個性を持つ、緑谷出久の幼馴染「爆豪勝己」は、必要以上に緑谷出久をいじめます。
爆豪勝己も緑谷出久と同様にヒーローになることを夢見て、雄英高校ヒーロー科へ進学を目標にしています。

中学3年のある日、泥のヴィランに爆豪勝己が襲われ命の危険に晒されます。その場にいるヒーローは攻撃をしようとしますが、爆豪勝己に攻撃が当たってしまうのを恐れ手も足も出ない状態でした。
そこにいちはやく助けに入ったのが、無個性と馬鹿にされてきた緑谷出久です。

無個性ながら誰かが助けを求めていると反射的に助けようとしてしまう姿を、その場で目にしたオールマイトは「自分の個性を譲渡する」と言い出します。
本来「個性」とは他者に渡す事はできないが、オールマイトの個性「ワン・フォー・オール」は代々受け継がれてきた力なのです。
オールマイトの指導の下個性のトレーニングを行い高校入試に挑み見事合格します。
そこで出会う同じヒーロー科の仲間たちと共に成長し最高のヒーローになっていく物語です。

はじめは恵まれない悲劇の主人公かと思ったのですが、自らの力で道を切り開いき自分が目標としているヒーローにどんどん近ずく姿にハラハラドキドキする作品です。
笑いあり涙ありでみんなに見てほしい作品です。

10段階評価中9なのは少し難しい単語が後半につれ出てきたり、話が難しくなったりするので、私は好きなのですが万人にお勧めできるというわけではないなと思い9にしました。

僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academia
9

心揺さぶる英雄の旅路: 『僕のヒーローアカデミア』レビュー

『僕のヒーローアカデミア』は、堀越耕平による青春と英雄譚が融合した作品です。超能力が常識の世界を舞台に、夢と友情を描いています。その熱いストーリーとキャラクターの成長が魅力です。

このアニメは”個性”と呼ばれる超能力を持たずに生まれた少年、緑谷出久(デク)が主人公。英雄になる夢を諦めきれずにいた彼の前に、世界最強のヒーロー、オールマイトが現れることで運命が動き出します。
オールマイトの力を受け継ぎ、雄英高校でのヒーローとしての訓練を経て、デクは仲間たちと成長していきます。
登場人物はデクをはじめ、個性豊かなクラスメイトたちや教師陣、そして様々な敵対者たち。物語は彼らの日々の学び、友情、そして様々な敵との戦いを通じて展開していきます。アニメの絵柄は明るく、表情や動きの細かな描写が特徴で、高い作画クオリティで物語を盛を盛り上げていきます。

『僕のヒーローアカデミア』は、ただのアクションアニメにとどまらない深いメッセージと魅力を持っています。時には心を打つシーンやキャラクターの成長が、見る者の心に強い印象を残します。一部のエピソードで展開が緩む場面もありますが、全体としては見ごたえのある作品です。英雄に憧れ、成長したいすべての人にお勧めします。夢に向かって努力する価値を、改めて感じさせてくれました。

僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academia
10

みんなのヒーロー

これは、1人の少年である緑谷出久が憧れのヒーローになることを目指して、ヒーローを多く排出する高校である雄英高校に入学し、また、ヒーローとして的である「ヴィラン」と闘い成長を遂げていく物語です。
舞台は、総人口の約8割が「個性」と呼ばれる超常能力を持つ世界。その中で緑谷出久、通称「デク」は残りの約2割にあたる、無個性として生まれます。が、ある日、NO.1ヒーローであるオールマイトの個性「ワンフォーオール」を引き継ぐことに。尚、オールマイトの見出した通り、ヒーローとしての精神、資質を持っていたデクは雄英高校の入学試験になんとか合格し、雄英高校生として過ごしていくことになります。そこには、爆豪勝己や轟焦凍、麗日お茶子を初め、ヒーローに憧れヒーローを志す高校生がたくさんいます。そんな仲間達と過ごしていく中で助け合い、競い合って絆を紡いでいくシーンや描写には、誰もが心を打たれるはず。
また、ヒーローとしてエンデヴァーやホークスをはじめとする多くのヒーローや、オールフォーワンや死柄木弔をはじめとする多くのヴィランと共に闘うシーンはかっこいいことはもちろん、様々な個性をもつキャラクターがそれぞれ違った過去を抱えていて、全く違う性格をしているので、敵味方問わずどのキャラクターにも好感が持てると思います。
また、デクが努力の末、ヴィランに打ち勝っていくストーリーは王道ではありますが、爽快感が溢れています。
笑いあり涙ありの信頼や友情と共に育まれている物語は、本当に見なきゃ損です。

僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academia
10

正義とは

ヒーローを題材とした漫画だが、スポットライトが主人公側であるヒーローだけではなく敵であるヴィランにも当たるため、読んでいて苦にならない作品だ。
個性と呼ばれる能力を使うのももちろんだが、何より主人公の緑谷出久が始めから強い人間じゃないことが魅力である。無個性だった頃、幼なじみにいじめられていたことや、個性を与えられてもすぐに使いこなせるわけではなく、肉体づくりをしたり、制御できずに体がボロボロになったりと人間らしい歩み方をしているなと感じた。
ヴィランにもそれぞれ歩んできた人生があるのも魅力的だ。虐待や異形ゆえの苦労など、見ているこちら側も辛くなるような過去が描かれているので、推しが増えること間違いなしだろう。
ヒーローにもヴィランに加担したり、子供を虐待したりと綺麗なものばかりじゃないと思えるのもいいところだ。
ヒーローを題材にしているが、綺麗事ばかりじゃなくて、それぞれの過去が辛く悲しいもので、ヒーローにもヴィランにも良い人と悪い人がいるのが人間らしくて読みやすいのではないかと感じた。
内通者が生徒から出ているのは怖いところだが、元無個性を内通者にするという主人公と対になる展開で益々面白くなっている。
今後の展開も楽しみだ。

僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academia
10

幅広い世代に人気の『僕のヒーローアカデミア』。その魅力を解説します!

2014年から『週刊少年ジャンプ』にて連載を開始した『僕のヒーローアカデミア』、その魅力をお伝えします!

魅力1:他にはない世界観
『僕のヒーローアカデミア』の世界は、世界人口の約8割がなんらかの特異体質である「個性」を持ち、そして個性を使った「ヒーロー」という職ができた世界です!そんな中生まれつき個性を持たずに生まれた主人公「緑谷出久」が、最高のヒーローを目指すという物語です!
「緑谷出久」の成長するまでの過程や成長した後のバトルシーンなど、ワクワクする点がいっぱいです!

魅力2:魅力的なキャラクター
前述したとおり『僕のヒーローアカデミア』作中では、「個性」という概念があるので、キャラクター1人1人に特徴があります。
例えば「半冷半熱」の個性を持った轟焦凍は、個性通りの性格で普段はクールなイケメンキャラですが、戦いなどでは時に熱くなります!
そんな彼も親がNo.2ヒーローのエンデヴァーであり、様々な苦悩を緑谷出久や他の仲間たちと乗り越えたりと、話を読めば読むほど感情移入して「頑張れ!」と思ってしまう内容がたくさんです!

このように『僕のヒーローアカデミア』内にはたくさんの魅力があります!
もちろん画力も高く、バトルシーンなどの繊細な描写はとても凄いので、漫画初心者の方でもスッと読むことが出来るかと思います!

まとめ:
『僕のヒーローアカデミア』内には、ここでは紹介し切れないほどの沢山の魅力が詰まっています!様々な年代の方にもおすすめできるのでぜひ1度手に取ってみてはいかがでしょうか!?

僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academia
10

ヴィラン連合のひとり、荼毘の本当の目的は?

ヴィラン連合に加入している荼毘。今回は彼の真の目的についてまとめます。個性は「蒼炎」。普段から怪しい行動をしている荼毘ですが、全身火傷の跡があります。これは、幼い時に山火事で負ったものです。実は、荼毘はヒーローのエンデヴァーの長男、息子なのです。つまり、轟焦凍の兄。本名、轟燈矢。しかし、荼毘は山火事で亡くなったと家族は思っていました。幼い頃、彼は炎で父、エンデヴァーと特訓をしていました。ある時、山でひとり特訓をしていたら自分で炎を操れなくなり、火事になってしまいます。火傷はこの時のものです。ヴィランになったきっかけは、父エンデヴァーに復讐するため。その理由は、幼い時に荼毘は特訓していた時から体に火傷を負っていたため、父に個性を使わないように言われていました。しかし、荼毘は密かに特訓をしていました。エンデヴァーにヒーロー以外の道を選べと言われ、暴走し始めていたのです。そして山火事の事件が発生。それから数年が経過し、家に様子を見に行った際、エンデヴァーが焦凍に特訓をしている様子を見ます。何も変わっていないことを知った時、荼毘は自分が失敗作ということを再認識。ここから、荼毘の復讐が始まるのです。荼毘は目的を果たすのでしょうか、それともエンデヴァーたちに心を許すのでしょうか。

僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academia
10

雄英高校の根津校長の正体とは?

雄英高校の校長を務める根津校長は初期から登場しているキャラクターです。彼の個性は、「ハイスペック」。’’人間以上の頭脳’’を持つヒト型のネズミです。雄英高校の校長にどういう経緯でなったのかは不明のまま。そして、右目には大きな傷があり、この傷もいつどのようにしてできたものか明かされていません。過去にヒーローとして活動していた時に、負った傷ではないかという可能性もあります。しかし、穏やかな話し方で正しい判断ができる人物なため、周りからの信頼は厚いのがアニメを見ていてわかります。一方で雄英高校にヴィランが侵入してきた時、職員会議が開かれ、根津校長が内通者なのではと疑われましたが、これは否定していました。内通者であればヴィランを校内に潜入させることも可能です。また、過去に人間から酷いことをされていたため、ヴィラン側になってもおかしくありません。根津校長は、不明点が多いキャラクターであり、内通者と疑われる存在なのかもしれません。キャラクターとしては、根津校長はオールマイトを雄英高校に招き入れ教師にした人物でもあります。基本的に話が長く、これは欠点と指摘されています。今回は、ヒロアカの根津校長の正体についてまとめました。ひとりひとりのキャラクターに目をつけて、アニメを見て黒幕が誰なのか考えるのも楽しいかもしれませんね。ぜひ、見てみてください。

僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academia
10

今更ですがまだ見たことない人に紹介します!

タイトルにもある通り、大人気のジャンプ漫画「僕のヒーローアカデミア」について紹介させてください!

今や知ってる人の方が多いと思いますがまだ読んだことない人沢山いると思います。そんな方々に向けてどんな漫画か、どんなところが面白いかを紹介します。

・あらすじ
「個性」という超常現象(物を浮かせたり飛べたりする能力)が当たり前の時代に、個性を持たないで生まれた緑谷出久があることをきっかけに個性を授かり、ヒーローになるために雄英高校に入学する物語。

・おすすめポイント
1. 高校が舞台ということで学校生活の中で友達やほかのヒーローたちとの絆!
なんのために戦うのかと聞かれるとみんなのためという緑谷出久くん。そんな友情や信頼が交わる中でのヴィラン(敵)の存在があり心の底からみんなのことを応援したくなります!

2. 個性豊か!様々な登場人物たち
個性がメインのヒロアカ。色んな個性のキャラクターがいてきっと推しが見つかります!見た目もかっこいい、かわいいキャラばかりです!

3. 憎めないヴィランの存在
ヒーローがいればヴィランもいます。敵なので本当は憎まなきゃいけない存在ですがそんなヴィランにもバックストーリーがあります。個性が独特すぎて仲間はずれにされてきた子が多く、そのストーリーもしっかりしているので見れば見るほどヴィラン側にも感情移入してしまいます。現にファンの中ではヴィランが好きという方も多いです。

4. アニメだけではなく漫画も!画力が素晴らしい!
アニメも漫画も絵が本当に凄いです!原作を描いている堀越耕平先生は漫画界の中でも屈指の画力。読んでいるといい意味で鳥肌が立つような細かい描写が多いです。バトル漫画ならではの迫力をぜひ見て頂きたいです!

このような魅力がある僕のヒーローアカデミア。拙い文章なので本当に少しでも興味が出たらとにかく読んで欲しいです!
1人でもヒロアカファンが増えますように!みなさんで一緒にヒロアカを応援しましょう!

僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academia
10

王道ヒーロー漫画でありながら、個性的な魅力があるヒロアカとは?

全世界の8割の人間が「個性」という特異体質を持つ世界で、無個性である主人公「緑谷 出久」(みどりや いずく)は、スーパーヒーローに憧れて、いつか自分も、ヒーローになる日を夢見ています。

そんな彼が一番憧れているのは、平和の象徴と称される「オールマイト」。彼のようになりたいと、努力する姿、幼馴染と切削琢磨し、成長していく姿は、王道ヒーロー漫画でありながらも、「よくある漫画ですよね?」では、語り尽くせない魅力がございます。

まずは、数多くの個性。爆破、氷、電気等、十人十色の個性が特徴的で面白く、その個性を使った戦闘シーンは、臨場感があり、目が離せなくなります。
この戦闘シーンも、擬音が多く使われており、「BOOOM」などの英語表記が多く、アメコミ感があって、新鮮で楽しいです。

また、ヒーロー漫画では欠かせないのが、圧倒的な強さを持つ敵(ヴィラン)です。敵ではありますが、こちらも魅力的な個性とキャラクター達が多く、彼等の過去や、「何故ヴィランになったのか?」まで描かれている事もあり、完全に嫌いにれなないという方も多いでしょう。

この漫画は、圧倒的に強いヒーローを描くのではなく、ヒーローになりたい学生が、大きな壁や強敵とぶつかる事で、立派なヒーローになっていくという作品です。
主人公である無個性の「緑谷 出久」だけでは無く、素晴らしい魅力を持ったキャラクター達の成長も楽しめる作品となっております。

僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academia
9

デクが見る世界とは

主人公は、個性を持たない無個性のデクである。無個性であるデクは大きな夢を持っていた。それは、ヒーローになることだった。様々な人の個性をノートに書くほど熱心だが、無個性であるデクは、憧れのヒーローから無個性だとヒーローになれないと断言されてしまう。しかし無個性ながらも悪党に捕まった爆轟を救いに行ったデクの姿を見たオールマイトは、デクに、ワン・フォー・オールを与えたのである。ついに、デクに個性が宿り、個性持ちのデクの人生が始まるのであった。
そして世界の平和のために仲間と協力して色んな悪党と戦いにいく。

デクの能力と身体はとても相性が悪い。なぜなら、ワン・フォー・オールの力はとても大きくてデクの体では扱いにくい上、その力を使った場合、敵には大きなダメージを与えられるが、その反動によって手や足が折れたりしてしまうのである。無理にその力を使い続けたら、体が壊れてしまい、2度と治ることはないと言われるくらいである。デクは、試行錯誤しながら、その力を少しずつ扱うようにヒーロー学校で鍛えている。
デクたちは、次々と襲い来る強敵に立ち向かって、仲間たちの絆を深め世界の平和を守る。

僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academia
10

魅力溢れるバトルと感動の成長物語

まず、作品の魅力の一つは、熱いバトルシーンです。ヒーローたちが個性を駆使し、巧妙な戦略や特殊な技を駆使して戦う様子は見応えがあります。それぞれのキャラクターの個性と能力を最大限に引き出し、鮮やかなアクションが展開されます。さらに、バトルの舞台や状況によって戦闘スタイルやチームワークも変化し、戦闘シーンが多様で魅力的です。

また、作品はキャラクターの成長と絆を重要な要素として描いています。主人公の緑谷出久(デク)をはじめとするキャラクターたちは、困難な状況や過去のトラウマに直面しながら、自身の個性や能力を向上させて成長していきます。彼らが努力や奮闘を通じて自身の限界を超え、自己成長を遂げる姿勢は感動的です。また、個々のキャラクター同士の絆や友情も描かれ、彼らの信頼や連携が物語をさらに深めています。

さらに、「僕のヒーローアカデミア」は、社会的なテーマを探求しています。作品の世界では、個性を持つ人々がヒーローやヴィランとして活動していますが、その中で個性の違いや社会の価値観に対する問いも提起されます。個性の持つ強さや弱さ、個人の意思や選択の重要性などが描かれ、視聴者は自己を見つめ直すきっかけを与えられることでしょう。

さらに、作品はキャラクターたちの背後にあるストーリーや過去の謎にも焦点を当てています。個々のキャラクターのバックストーリーや関係性が徐々に明らかになり、物語の謎解きや展開が楽しめます。これによって、キャラクターたちの人間性や深層心理に触れることができ、彼らの行動や思考に共感や感銘を受けるでしょう。

「僕のヒーローアカデミア」は、バトルシーンの迫力やキャラクターの成長、社会的なテーマの探求など、多くの魅力を持つ作品です。作品全体を通じて、アクションのスリルや感動的な瞬間、キャラクターたちの成長や人間ドラマを体験することができます。ぜひ作品を通じて、主人公たちの奮闘や彼らが直面する困難を共有し、彼らの勇気や信念に感動してみてください。

僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academia
10

131話「一縷の希望たち」の感想

ベストジーニストがギガントマキアとヴィラン連合を拘束し、ベストジーニストが他に集中を削がなくてもいいように大・爆・殺・神ダイナマイト、インゲニウム、ネジレチャン、ルミリオンでハイエンドに応戦します。その一方で荼毘vsショートの因縁の兄弟戦闘も繰り広げられます。

緑谷出久「お前はエンデヴァーじゃない!何がエンデヴァーの炎だ、お前の個性じゃないか!」
このセリフは荼毘が今まで人々を焼き殺してきた炎はエンデヴァーのものであり、エンデヴァーのエゴによって生まれた失敗作が自分だと主張する荼毘に対して緑谷出久(デク)が放った一言です。これは雄英体育祭で父を恨み、母の個性しか使わないショートに対してデクが言った、「君の!力じゃないか」というセリフを思い出させる感慨深いシーンになっています。
130話~131話にかけては轟家を中心に描かれていますが、その他のヒーローも活躍します。

爆豪克己「あんたに聞かせようと思ってた!今日から俺はぁ……大・爆・殺・神ダイナマイトだ!」
通形ミリオ「俺に試してみてくれないか!?”巻き戻し”を!」
かっちゃんがベストジーニストにヒーロー名を報告する、ルミリオンがエリちゃんの力で個性を取り戻すなど131話は感慨深いシーンが多く高評価の回となっています。

僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academia
8

130話「ダビダンス」の感想

死柄木を目指して移動してきたギガントマキアが、敵連合(ヴィラン)を乗せて戦場に到着します。ギガントマキアの背中から姿を現した荼毘がエンデヴァーとショート、世間にむけて衝撃的な事実を告げました。

「さァ一緒に堕ちよう轟炎司!地獄(こっち)で息子(おれ)と踊ろうぜ!なぁ、お父さん!」

ヴィラン連合・荼毘が轟家の長男・轟燈矢であることが明かされる回で、ヒロアカ史上最も衝撃的といっても過言ではないドメスティックな告発です。また焼け死んでしまったと思っていた燈矢が生きていたという事実と、燈矢がヴィラン連合の連続殺人犯・荼毘と同一人物だという事実を受け止めきれずに打ちひしがれるエンデヴァー。そこに畳み掛けるようにエンデヴァーと同じ技、赫灼熱拳(かくしゃくねっけん)・プロミネンスバーンで荼毘がエンデヴァーとショートを殺そうとするところにベストジーニストが乱入し、荼毘の攻撃は不発に終わるというシーンで130話「ダビダンス」は終了します。
この荼毘の告発からベストジーニストが登場するまでのシーンはダビ“ダンス”というタイトルにぴったりのテンポ感であっという間に30分が終わってしまいます。ヒロアカは途中から見始めたとしても、後々「1話から見たい!」と思える作品です。特にこの回は是非轟家の過去を知ってからみて頂くことをおすすめします。轟家については2期20話「全てを持って生まれた男の子」、第2期24話「轟焦凍:オリジン」、第26話「轟vs爆豪」、第5期105話「地獄の轟くん家」で描かれています。

僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academia
9

ヒロアカとは?

この作品は集英社の『週刊少年ジャンプ』で連載中の堀越耕平による学園ものヒーローファンタジーです。2014年32号より連載開始されました。
あらすじとしては、世界総人口の約8割が超常能力である「個性」を持つ超人社会で「無個性」で生まれてしまった少年「緑谷出久」が、最高のヒーローを目指して成長していくヒーロー漫画です。
この作品の見どころは皆が当たり前に「個性」を持つ中「無個性」として同級生らに馬鹿にされ、時にはいじめを受けることもあるけれど、それでも諦めることなく最高のヒーローを目指すところです。

たとえ生まれが恵まれていなくても諦めず立ち向かう力強さが、われわれ読者の心をグッと掴みます。
少年漫画として連載されていますが、この作品は特に我々大人にグッとくる場面が多く描かれています。大人になることで夢をあきらめてしまった人、今もまだ夢を叶えるために日々戦っている人。これらの方にはぜひとも見ていただきたいです。
主人公である「緑谷出久」の成長や心情を見ることで、我々自身も「諦めない」ことや「挑戦」といったものを、日々の生活で実践できるきっかけになるかもしれません。
各サブスクサイト等で配信もしていますので、ぜひこの機会に視聴してみてください。

僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academia
10

無個性の無力な少年が最高のヒーローになるまでの物語 僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミアは、漫画家・堀越耕平によって描かれた無力な少年が最高のヒーローを目指す物語です。10段階評価で10点という、まさに名作と呼ぶにふさわしい作品です。この記事を通して、僕のヒーローアカデミアの魅力をご紹介します。そうすればあなたもこの魅力的な世界観に引き込まれることでしょう。

物語は、超人的能力「個性」が当たり前にある世界を舞台に繰り広げられます。主人公・緑谷出久は、なんの個性も持たない無個性の少年です。
超人社会では、個性を使った犯罪などが発生し、それを取り締まる存在としてヒーローが誕生しました。
ヒーローはみんなの憧れの存在であり、人気の職業です。多くの者が個性を使い闘う正義のヒーローを目指します。
主人公、緑谷出久も憧れていましたが、無個性の彼にとってヒーローになるのは難しいことでした。
しかし彼は、個性がなくとも敵に立ち向かう正義感の強さを買われ、No.1ヒーロー・オールマイトの個性を受け継ぎます。
オールマイトの母校であり、ヒーロー育成の最高峰・雄英高校への入学を果たした彼が、プロのヒーローを目指し仲間達と共に様々な試練に立ち向かっていくストーリーです。
引き継いだ能力「ワン・フォー・オール」は、決して逃れられぬ因縁、運命を抱えた力で、物語の鍵でもあります。

僕のヒーローアカデミアは、個性豊かなキャラクターたちが織りなすドラマが魅力です。彼らはそれぞれの過去や葛藤を抱えながら、成長し、互いに支え合います。物語の中で、キャラクターたちはさまざまな試練に立ち向かい、己が想像する最高のヒーローになっていくのです。それぞれのキャラクターが持つ個性も、ストーリー展開や戦闘シーンに彩りを添え、作品をより魅力的にしています。

また、僕のヒーローアカデミアは、その美麗なアートワークも見どころの一つです。堀越耕平の緻密な画力と、独特なタッチが生み出す世界は、読者を圧倒します。特に、壮大なバトルシーンや感動的な場面では、その迫力ある描写に息を呑むことでしょう。

このように、僕のヒーローアカデミアは、独創的な世界観、魅力的なキャラクター、美麗なアートワークといった要素が融合した素晴らしい作品です。ヒーローを目指す少年少女の物語は、読者に夢や希望を与えるだけでなく、その緻密なストーリー展開と共に、読者の心を捉えて離しません。

さらに、僕のヒーローアカデミアは、その人気によりアニメや映画、舞台などにもなっており、様々なメディアで楽しめるという点も魅力の一つです。特にアニメ版は、漫画の持つ迫力あるバトルシーンや感動的な瞬間を、音楽や声優陣の力演と共が見事に表現しており、ファンならずとも必見です。

僕のヒーローアカデミアは、無個性の少年が最高のヒーローになる物語です。緑谷出久や彼を取り巻く個性あふれるキャラクターたちと共に、感動と興奮に満ちた物語を体験できることでしょう。今すぐ、僕のヒーローアカデミアの世界へ飛び込んでみてください。

僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academia
10

ヒーローたちの成長と友情が描き出す感動の物語!『僕のヒーローアカデミア』の魅力

「僕のヒーローアカデミア」は、個性と呼ばれる超常能力を持つ人間の存在が当たり前の世界を舞台に、主人公・緑谷出久が、自分には個性がないという現実を受け入れ、ヒーローになるための成長を描いた作品です。この作品は、ストーリー展開やキャラクターの魅力が高く評価されており、アニメ化されていることでも話題になっています。

主人公・緑谷出久は、小さいころからオールマイトという伝説的なヒーローに憧れを抱いており、ヒーローになるために努力しています。しかし個性がなく、夢を諦めかけていた彼が、偶然オールマイトと出会い、その強さを認められ、ヒーロー養成学校への入学を勧められます。そこで彼は、個性がなくても、努力や友情、そして自分を信じることが大切であることを学びます。

特に、主人公・緑谷出久をはじめとするキャラクターたちの成長や友情、そしてそれぞれの個性が描かれている点が人気の秘密の一つです。緑谷出久は、個性を持つ仲間たちとともに、ヒーローとしての成長を遂げていきます。彼らが直面する様々な困難や敵とのバトルシーンは、緊張感があり、見応えがあります。

また、「僕のヒーローアカデミア」はアニメ化されており、そのクオリティの高さも話題となっています。アニメでは原作のストーリーを忠実に再現しつつ、映像と音楽の力で物語の世界観を一層引き立たせています。特にバトルシーンはアニメならではの迫力で描かれており、感動的なシーンも多く存在します。

「僕のヒーローアカデミア」はヒーロー物語の王道を進んでいる作品でありながら、新たな視点や展開を見せてくれる点が魅力的です。個性的なキャラクターたちの成長や友情、そしてそれらを支える緊張感あふれるストーリー展開は一度見たら忘れられない魅力があります。アニメファンやヒーロー物語ファンはもちろん幅広い層におすすめできる作品です。

僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academia
10

最高の少年漫画

ストーリーは個性と言われる何かしらの特殊能力を誰しもが持っている世界で、数少ない個性を持たずして生まれた主人公がヒーローと呼ばれる国家資格を有する民間警察のようなものを目指す話です。資格取得のための高校生活でたくさんのキャラクターが登場します。高校生らしい楽しげな雰囲気で送られる魅力的なキャラクターたちの学園生活も本作の良さだと思うのですが、私は個性があることによって引き起こる現世にも通じる人間模様が好きです。個性は様々で何の役にも立たないものから、他人やもしくは自身にさえ危険が生じてしまうものまで生まれながらにランダムに授かります。動物寄りであったり見た目が人の形から大きく離れた個性の人間は異形と呼ばれ、外見による迫害であったり差別であったり現世の差別と同じように問題を抱えています。または危険な個性を持った人間は恐れられ、ヒーローに対してヴィランと呼ばれる犯罪者のようだと敬遠される風潮があります。こういった自ら望んで得たものでない個性に翻弄され、善人となる人も悪人になる人もそれぞれ異なったコンプレックスと戦い悩む姿に何かしらの共感と思うことがあるはずです。少年漫画らしく努力や仲間の助けでコンプレックスを克服しようともがくキャラクターたちはヒーロー側もヴィラン側も魅力的で自分に勇気を与えてくれる作品です。

僕のヒーローアカデミア / ヒロアカ / My Hero Academia
10

魅力的な脇役

世界人口の約8割が「個性」という特異体質を持って生まれてくる社会で、職業としてのヒーローが脚光を浴びています。主人公の緑谷出久は、無個性ながらも「笑顔で人々を救うヒーロー」に憧れています。そんななか、出久をいじめているクラスメイトの爆豪勝己がヴィランに襲われ、出久は無謀にも立ち向かいます。その姿を見ていた、出久が最も憧れているヒーローであるオールマイトは、出久に「自分の個性は脈々と受け継がれてきたものだ」ということを明かします。そして、次の継承者に出久を選びました。この物語は、緑谷出久、そして志を同じくする生徒たちが最高のヒーローになるまでの物語です。

親タグ

子タグ

兄弟タグ