鬼滅の刃 柱稽古編のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 柱稽古編』とは、吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の128話から136話に渡って描かれた、鬼との最終決戦に備える鬼殺隊の様子を描いた物語である。『鬼滅の刃 刀鍛冶の里編』の最終回でアニメ化が発表された。
人食いの怪物である鬼たちの活動が減少し、鬼殺隊はこれを総攻撃の準備だと考える。決戦に備え、鬼殺隊最強の剣士である柱たちが稽古をつけることになり、主人公の竈門炭治郎もここに参加。特訓の中で炭治郎は戦友と久々の交流を果たし、同時に今まで知らなかった柱たちの過去と人柄を学んでいく。

『鬼滅の刃 柱稽古編』の概要

『鬼滅の刃 柱稽古編』(きめつのやいば はしらげいこへん)とは、吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』(きめつのやいば)の128話から136話に渡って描かれた、鬼との最終決戦に備える鬼殺隊(きさつたい)の様子を描いた物語である。
本作は2016年に連載が開始され、その秀逸なストーリーと魅力的なキャラクターたちによって好評を博す。2019年にはアニメ化を果たし、その劇場版作品かと見紛うほどのクオリティで社会現象とも呼べるほどの人気を獲得。コミックス売り上げは歴代最速で一億部を突破し、国内外で記録的なブームを巻き起こし、世界的名作としての座を不動のものとした。さらに本作の爆発的ヒットを受けて、“声優”という職業も改めて注目されることとなり、バラエティ番組などへの進出も増加。2020年公開の映画『鬼滅の刃 夢幻列車編』は400億円にも迫る邦画史上最高の興行収入を叩き出し、その怪物的な快進撃は留まるところを知らない状態である。
2023年放送の『鬼滅の刃 刀鍛冶の里編』(きめつのやいば かたなかじのさとへん)の最終回でアニメ第4期の製作が発表され、そのメインストーリーとして本エピソードが取り上げられる予定となっている。

人食いの怪物・鬼。これを狩るための組織・鬼殺隊。鬼にされてしまった妹・禰豆子(ねずこ)を人間に戻す術を探すため、竈門炭治郎(かまど たんじろう)は鬼殺隊に入隊。いくつもの熾烈な戦いを潜り抜けていく中、禰豆子が鬼にとって最大の弱点である日光を克服し、敵味方に衝撃を与える。
鬼の長である鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)は、これを自身が日光を克服するためのまたとない好機と捉え、鬼殺隊への総攻撃を画策。その準備のため鬼たちの活動が減少すると、鬼殺隊の側も「決戦近し」と見て総力をあげての準備に取り掛かる。普段は鬼の討伐に休む間もなく駆け回っている鬼殺隊最強の剣士たる“柱”たちに、一般の隊士への稽古をつけさせようというのだ。
炭治郎もここに参加し、我妻善逸(あがつま ぜんいつ)、嘴平伊之助(はしびら いのすけ)、栗花落カナヲ(つゆり カナヲ)、不死川玄弥(しなずがわ げんや)といった戦友たちとそれぞれに交流。同時に今まで知らなかった柱たちの過去と人柄を学び、彼らとも絆を深めていく。

『鬼滅の刃 柱稽古編』のあらすじ・ストーリー

竈門炭治郎という少年

大正時代。竈門炭治郎は、炭焼きの子として生まれた少年である。亡き父に代わり長男として家族を支え、一歩ずつ地を踏み締めるがごとく健全に日々を送っていた。しかしある時、炭を売りに町まで出掛けた炭治郎が家に戻ると、家族は何者かによって惨殺されていた。唯一生き残った妹の禰豆子(ねずこ)も様子がおかしく、目の前にいるのが実の兄であることも分からぬかの如く炭治郎に襲い掛かる。
程なくして、炭治郎は自分の家族に起きたことの仔細を知る。この世には鬼と呼ばれる人食いの怪物が存在し、母や弟たちはこれに襲われて命を落としたのである。あまつさえその鬼は、禰豆子を自身の同族へと変えて去っていったというのだ。

鬼を狩るために活動する組織・鬼殺隊の剣士からそう教えられた炭治郎は、自身も鬼殺隊へと入隊。家族の仇討ちのためではなく妹を守るため、鬼へと変えられた禰豆子を人間に戻す術を探すための決断だった。
厳しい修行に耐え、幾多の試練を乗り越え、熾烈な戦いを切り抜けて剣士として成長していく炭治郎。同期の剣士である我妻善逸(あがつま ぜんいつ)、嘴平伊之助(はしびら いのすけ)、栗花落カナヲ(つゆり カナヲ)、不死川玄弥(しなずがわ げんや)との間に強い絆を結びながら、時に幸運に救われ、時に偉大な先達を失いつつ、鬼としての力を徐々に御せるようになった禰豆子と共に、いつか平穏な日常へと帰ることを夢見て炭治郎は歩み続ける。

禰豆子の進化と鬼たちの蠢動

刀鍛冶の里での戦いの折り、炭治郎は禰豆子が鬼にとって最大の弱点である日光を克服する瞬間を目の当たりにする。鬼の長である鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)は、部下を通してこれを知り、「自身が日光を克服するためのまたとない好機」と捉えて鬼殺隊への総攻撃を画策。その準備のため、各地で独自に活動していた鬼たちを自身の下に集め、戦力の強化を図る。
鬼による被害の減少を受け、鬼殺隊の側も「決戦近し」と見て総力をあげての準備に取り掛かる。普段は鬼の討伐に休む間もなく駆け回っている鬼殺隊最強の剣士たる“柱”たちに、一般の隊士への稽古をつけさせようというのだ。無惨が禰豆子を狙ってくることを予測した炭治郎もこれに参加し、妹を守るため、無惨との決着のために鍛錬に励むこととなる。

戦友たちとの再会

「柱稽古」と名付けられたその特訓の中で、炭治郎はしばらく顔を合わせていなかった善逸、伊之助、カナヲや玄弥と再会。互いの無事を喜ぶ一方で、互いに自分の知らない技術や知識を教え合い、これを己のものとして身に着けていく。
玄弥は鬼殺隊の柱である不死川実弥(しなずがわ さねみ)の実弟で、兄との間に確執を抱えていた。彼らの母は無惨によって鬼化させられており、兄弟たちを次々と血祭りにあげていく彼女を実弥がやむなく殺害。母が殺される瞬間だけを見た玄弥は、思わず実弥を「人殺し」と罵ってしまう。“実母を手にかけた”ショックで傷心の極みにあった実弥は、唯一残った肉親である玄弥からの罵倒に耐え兼ねて失踪し、玄弥が真実を知った時には鬼殺隊の一員になっていた。

兄に謝りたい一心で鬼殺隊に入った玄弥にとって、柱と直接会える今回の稽古は謝罪の言葉を伝えるまたとない機会だった。しかし実弥は「俺に弟などいない」と言い切って玄弥を追い返し、なお食い下がろうとする彼に怪我を負わせようとまでする。炭治郎が慌ててここに割って入って玄弥を庇うと、実弥は困惑しながらも必死に謝る弟に向けて「お前は才能が無いからとっとと鬼殺隊をやめろ」と冷たく告げるのだった。
厳しい戦いを潜り抜けてそれぞれに大きく腕を上げた伊之助やカナヲが以前と変わらぬ様子で炭治郎に接する中、1人大きく雰囲気が変わったのが善逸だった。臆病で根性無しで女好きだった彼は、自身の師からのものだという手紙を受け取ってから別人のように修行と鍛錬に打ち込むようになり、仲間たちから「何があったのか」と心配されていた。炭治郎も彼を案じるが、「これは俺がやらなきゃダメなんだ」と言葉を返され、何かあれば必ず力になるとだけ伝えて様子を見守る。

柱たちの猛特訓

厳しい柱稽古に参加する炭治郎(左)。

柱たちの課す稽古の内容はいずれもが苛烈を極め、炭治郎を始めとする一般の隊士たちは誰もが息も絶え絶えになりながらそれについていった。
かつて炭治郎たとと共に強敵と戦い、その時の負傷が原因で引退した宇随天元(うずい てんげん)の指導する走り込み。
刀鍛冶の里で共に戦った時透無一郎(ときとう むいちろう)と甘露寺蜜璃(かんろじ みつり)による剣術の基礎鍛錬と柔軟。
妹であれ鬼を連れ歩く炭治郎を警戒する伊黒小芭内(いぐろ おばない)の戦術指導。
鬼殺隊最強の剣士である悲鳴嶼行冥(ひめじま ぎょうめい)が見守る中での体力作り。

そんな中、柱の一員にして炭治郎の兄弟子である冨岡義勇(とみおか ぎゆう)だけは「俺は柱ではない」と言い張って稽古にも指導にも参加せず、実弥から「真面目にやる気があるのか」と怒りを買う。高い実力と実績を持つ彼がなぜそうまで柱であることを否定するのか気になった炭治郎がなんとか聞き出そうとすると、そのしつこさに根負けして冨岡は己の過去について口を開く。
冨岡は鬼殺隊の隊士となるための最終選別にて早々に負傷し、以降は共に修行した親友に戦いを任せてずっと気を失っていた。この時親友は命を落とし、ただ「生き残った」というだけの理由で鬼殺隊の隊士となった冨岡は、「自分などより親友の方が強かったし、柱となるにふさわしかった」と考え、現在の己の立場を受け入れられないのだという。

実は炭治郎は、かつて修行中に冨岡の親友だった少年の霊に助けられたことがあり、「あの人はきっとあなたに前を向いてほしいと思っている」と熱弁。親友が霊と成り果ててまで自分や弟弟子のことを見守っていたくれたことを知った冨岡は意識を改め、柱として力を尽くすことを決意。
差し当たって険悪になってしまった実弥との関係を改善すべく、彼の好物であるオハギを調達しようと炭治郎と盛り上がるのだった。

産屋敷の覚悟と決戦の始まり

柱稽古によって炭治郎たち一般の隊士が大きく成長し、柱たちもじっくり鍛錬することで連携を強化する中、ついに鬼たちが動き出す。鬼殺隊の当主である産屋敷耀哉(うぶやしき かがや)の屋敷に、無惨が直接乗り込んできたのである。
産屋敷の館は厳重に秘匿されており、鬼たちには分からないよう何重にも情報統制を強いていた。無惨が率いる鬼たちの情報収集能力はそれを上回ったが、耀哉はむしろこの事態を予測して罠を張っていた。

「鬼殺隊の剣士が束になったところで自分の敵ではない」と考えていた無惨だったが、耀哉は家族と屋敷を巻き込んで自爆することで彼を驚愕させ、その一瞬の隙を利用して毒を打ち込む。これは無惨に恨みを持つ鬼の珠世(たまよ)が鬼殺隊と協力して作った特殊なもので、無惨といえども簡単には解毒できない代物だった。
産屋敷の屋敷で起きた爆発に気付いた鬼殺隊の剣士たちがここに駆け付け、無惨を仕留めようと襲い掛かる。しかし無惨は配下の鬼に命じて空間を歪め、屋敷の跡地と自身の居城である無限城を連結して鬼殺隊の剣士たちを己の領域に叩き込む。無限城の中へと落下しながら、炭治郎は「必ずお前を斬る」と無惨に宣戦布告の言葉を叩きつけるのだった。

『鬼滅の刃 柱稽古編』の登場人物・キャラクター

主要人物

竈門炭治郎(かまど たんじろう)

CV:花江夏樹

本作の主人公。柱稽古編での年齢は15歳。日輪刀の色は黒。趣味は掃除で、好物はタラの芽。
家族思いの心優しい少年で、亡き父の代わりに町に炭を売り家族を養っていた。両耳には日輪が描かれた花札風の耳飾りをつけている。
鬼に家族を惨殺され、禰豆子を鬼に変えられてしまう。禰豆子を人間に戻すことと家族の仇討ちの為に鬼殺隊に入隊する。
髪と瞳は赤みがかっており、火仕事をする家に生まれる”赫灼の子”といい縁起がいいらしい。
真面目すぎる性格だが、たまにそれが過ぎてズレた発言をすることがある。頑固・石頭という二つの意味で頭が固い。嗅覚が非常に優れており、割れた皿にかすかに残った猫の匂いを判別したり、人間と鬼との匂いを嗅ぎ分けたりする。それと同時に気配を読む力としても機能しており、訓練後は”隙の糸”を感知できるようになった。
隊服の上に市松模様の羽織を着用し、禰豆子を収納した木製の箱を背負いながら行動する(箱は鱗滝が作成したもの)。心優しい青年で、例え鬼であろうともその境遇を理解して憐れんでいる。

使う呼吸は「水の呼吸」と「ヒノカミ神楽」。当初は水の呼吸を使用していたが自身に合っておらず、幼少期より見ていた父の神様への祈りを込めた舞・ヒノカミ神楽を戦闘に使用するようになる。ヒノカミ神楽は水の呼吸に比べて破壊力、素早さが優っているが、体力の消耗が激しいというデメリットもある。なぜ自分の家に伝わるヒノカミ神楽が鬼殺隊の呼吸法と同様の効果を持っていたのかは本人も分からず、その謎を突き止めたいと考えている。

renote.net

竈門禰豆子(かまど ねずこ)

CV:鬼頭明里

炭治郎の妹。柱稽古編での年齢は14歳。趣味は裁縫で、好物は金平糖。
弟や妹の面倒を見る心優しい少女だったが、ある日鬼に襲われてしまう。その際、傷口から鬼の血が入り込んでしまい鬼に変貌してしまう。鬼としての習性から炭治郎に襲いかかるが、炭治郎の呼びかけに反応し涙を流すなど自我の片鱗を見せた。
鬼の能力のひとつとして、ある程度身体を自在に拡縮できる。鬼は陽の光にあたると消えてしまう為、普段は箱に入る大きさまで身体を縮めて炭治郎に背負ってもらっている。鬼となったことで身体能力も向上し、戦闘時はしばしば炭治郎に協力する。

また過去に鬼と戦闘した際、深層意識にて死した母親に出会ったことがきっかけになり、血が燃えて爆ぜる血鬼術”爆血”が開花する。
その血鬼術を応用して他の鬼の術の効果などを打ち消す技を使うようになり、眠りに落ちた炭治郎を目覚めさせたり、鬼の毒に冒され死に瀕した鬼殺隊の仲間を救っている。炭治郎の師である剣士から、”人間が自分の家族に見え、鬼を敵と認識する”暗示をかけられている。

『刀鍛冶の里編』の最後で日光を克服し、炭治郎たちを驚かせる。禰豆子が太陽を克服したことは鬼たちにとっても衝撃で、無惨は「禰豆子を取り込めば自分も太陽を克服できる」と狂喜し、双方の勢力が最後の戦いに向けての準備に取り掛かることとなる。

renote.net

YAMAKUZIRA
YAMAKUZIRA
@YAMAKUZIRA

Related Articles関連記事

鬼滅の刃(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品。2016年11号から2020年24号まで『週刊少年ジャンプ』にて連載され、2019年にはufotable制作でアニメ化された。舞台は大正時代。炭焼きの家の長男・竈門炭治郎は町へ炭を売りに行ったが、家に帰ると家族が何者かに惨殺されていた。そして1人生き残った妹の禰豆子は鬼になってしまう。炭治郎は妹を人間に戻す為、そして惨殺された家族の仇討ちの為、厳しい訓練の末に鬼狩り組織「鬼殺隊」に入隊する。鬼との過酷な死闘を描く和風ダークファンタジー。

Read Article

鬼滅の刃 刀鍛冶の里編のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃 刀鍛冶の里編のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 刀鍛冶の里編』とは、吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の98話から129話に渡って描かれた、刀鍛冶の里での鬼殺隊と鬼の攻防を描いた物語である。2023年のアニメ化が決定している。 人食いの怪物・鬼。これを狩るための組織・鬼殺隊。鬼にされてしまった妹・禰豆子を守るために鬼殺隊に入隊した少年竈門炭治郎(かまど たんじろう)は、戦闘で損壊した刀を新調するために刀鍛冶の里を訪れる。そこには彼以外にも複数の鬼殺隊の剣士たちが来訪していたが、里の壊滅を目論む鬼たちの魔の手も同時に迫っていた。

Read Article

過狩り狩り・鬼殺の流(鬼滅の刃の前身漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

過狩り狩り・鬼殺の流(鬼滅の刃の前身漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)による大ヒット漫画・アニメ作品『鬼滅の刃』。実はこの作品には、週刊少年ジャンプでの連載に至るまでの経緯で作られた、前身とも言える2つのプロトタイプ作品『過狩り狩り』『鬼殺の流』が存在する。この2作品の大まかな設定は鬼滅の刃とほぼ同じであるものの、主人公が異なるなどの違いがある。本記事では、その2作品についてをまとめていく。

Read Article

鬼滅の刃 煉󠄁獄零巻のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃 煉󠄁獄零巻のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 煉獄零巻』とは、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の入場者特典として作られた小冊子。450万部が発行され、全国の映画館で配布された。 内容は初任務に臨む煉獄杏寿郎の姿を描いた原作者吾峠呼世晴による特別読切、鬼殺隊報、アニメ版ストーリー紹介、出演声優へのインタビューなどで構成されている。原作でもファンブックでも明かされなかったとあるキャラクターの秘密も紹介され、初心者でもファンでも楽しめる内容になっている。非売品であり、公式サイトには転売を控えるよう希望する文章が書き添えられている。

Read Article

鬼滅の刃 遊郭編のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃 遊郭編のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 遊郭編』とは、吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』70話から97話に渡って描かれた、吉原を舞台とする物語である。2021年のアニメ化が決定している。 人食いの怪物・鬼。これを狩るための組織・鬼殺隊。鬼にされてしまった妹・禰豆子を守るために鬼殺隊に入隊した少年竈門炭治郎(かまど たんじろう)は、ある時鬼殺隊最高位の剣士“柱”の一員である宇随天元に同期の仲間ともども強引に吉原へ連れ出される。ここに潜む鬼を探すため、遊女に扮して遊郭に入り込む炭治郎たちの前に、かつてない強敵が姿を現す。

Read Article

鬼滅の刃 浅草編のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃 浅草編のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 浅草編』とは、吾峠呼世晴原作『鬼滅の刃』のアニメ第1期シリーズの内容を編集した特別番組である。2021年9月25日にTV初放送となる『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』に先駆けて放送されることとなった。 鬼殺隊の新人剣士である竈門炭治郎は、鬼にされてしまった妹の禰豆子を人間に戻す術を求めて戦い続けていた。ある時浅草に赴いた炭治郎は、鬼の頭領・鬼舞辻無惨と、その無惨の打倒を目指す鬼・珠世と出会う。医学に通じた珠世に禰豆子のことを相談する一方、無惨の放った刺客が炭治郎たちに迫っていた。

Read Article

炭治郎の近況報告書(鬼殺隊見聞録・弐)のネタバレ解説・考察まとめ

炭治郎の近況報告書(鬼殺隊見聞録・弐)のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品。2016年11号から2020年24号まで週刊少年ジャンプにて連載され、2019年にはufotable制作でアニメ化された。 家族を鬼によって惨殺された竈門炭治郎。一人生き残るも鬼にされてしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族の仇を討つため、鬼との過酷な死闘に身を投じていく。本記事では、戦いに勝利をおさめ、平和に暮らす炭治郎たちのその後を描いた『炭治郎の近況報告書』についてまとめていく。

Read Article

鬼滅の刃 無限列車編のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃 無限列車編のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 無限列車編』とは、吾峠呼世晴の漫画作品『鬼滅の刃』の54話から66話に渡って描かれた物語である。ufotableによって劇場版アニメが制作され、400億円を超える脅威的な興行収入を記録した。 大正時代。人食いの怪物・鬼に家族を殺された少年竈門炭治郎は、鬼を狩る組織「鬼殺隊」の一員となる。幾多の戦いを経て成長した炭治郎は、新たな任務を与えられ、同期の戦友の我妻善逸、嘴平伊之助、さらに鬼殺隊最強の剣士の1人である煉獄杏寿郎と共に、鬼が潜むと噂される列車へと乗り込む。

Read Article

鬼滅の刃 鼓屋敷編のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃 鼓屋敷編のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 鼓屋敷編』とは、吾峠呼世晴原作『鬼滅の刃』のアニメ第1期シリーズの内容を編集した特別番組である。2021年9月25日にTV初放送となる『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』に先駆けて放送されることとなった。 鬼殺隊の新人剣士・竈門炭治郎と我妻善逸は、鬼に拉致された子供を追って不可思議な屋敷へと踏み込む。屋敷内を徘徊する鬼を倒し、子供の救出に成功するも、先んじて屋敷に乗り込んでいた同輩・嘴平伊之助とのトラブルもあり、三人はそれぞれに負傷。その治療のため、しばしの共同生活を送ることとなる。

Read Article

鬼滅の刃 柱合会議・蝶屋敷編のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃 柱合会議・蝶屋敷編のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 柱合会議・蝶屋敷編』とは、吾峠呼世晴原作『鬼滅の刃』のアニメ第1期シリーズの内容を編集した特別番組である。2021年9月25日にTV初放送となる『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』に先駆けて放送されることとなった。 鬼殺隊の新人剣士竈門炭治郎は、鬼にされてしまった妹の禰豆子を人間に戻すために戦い続けていた。しかしその禰豆子の存在が問題視され、鬼殺隊最高位の剣士“柱”が集う場へと連行される。鬼なら例外なく殺すべきと迫る柱の剣士たちに炭治郎が抗う中、彼に予想外の救いの手が差し伸べられる。

Read Article

鬼滅の刃 那田蜘蛛山編のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃 那田蜘蛛山編のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 那田蜘蛛山編』とは、吾峠呼世晴原作『鬼滅の刃』のアニメ第1期シリーズの内容を編集した特別番組である。2021年9月25日にTV初放送となる『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』に先駆けて放送されることとなった。 鬼殺隊の新人剣士である竈門炭治郎は、同輩である我妻善逸、嘴平伊之助と共に、那田蜘蛛山に潜む鬼の討伐に向かう。そこには今まで以上に強大な鬼が待ち構えており、先遣隊はすでに壊滅。炭治郎たちも個々に窮地に追い込まれる。万策尽きた刹那、炭治郎は父の教えを思い出し、かつてない力を発揮する。

Read Article

鬼滅の刃 兄妹の絆のネタバレ解説・考察まとめ

鬼滅の刃 兄妹の絆のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃 兄妹の絆』とは、吾峠呼世晴原作『鬼滅の刃』のアニメ第1期シリーズの内容を編集した特別番組である。2021年9月25日にTV初放送となる『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』に先駆けて放送されることとなった。 炭焼きの家に生まれた少年・竈門炭治郎。彼の不在中に一家は人食いの怪物・鬼に襲われ、妹の禰豆子を残して全滅。その禰豆子もむりやり鬼に変えられてしまっていた。妹を守るため、彼女を人間に戻す術を探すため、鬼を狩る組織・鬼殺隊への入隊を目指して炭治郎の修行の日々が始まる。

Read Article

鬼滅の刃の呼吸法と必殺技まとめ

鬼滅の刃の呼吸法と必殺技まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎が炭を売って家へ戻ると家族は惨殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する『鬼殺隊』へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして諸悪の根源である『鬼舞辻無惨』を倒すための戦いを始める。 鬼殺隊士が、人間とはかけ離れた身体能力と『血鬼術』と呼ばれる特殊能力を持つ鬼と戦うために使用する操身術が『呼吸』である。鬼殺隊士それぞれに適した呼吸があり、作中では様々な呼吸法と必殺技が登場する。

Read Article

鬼滅の刃の十二鬼月と血鬼術まとめ

鬼滅の刃の十二鬼月と血鬼術まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎は鬼舞辻無惨により家族を惨殺され、唯一生き残った妹・禰豆子を鬼へと変えられた。炭治郎は鬼を退治する組織『鬼殺隊』に入り、禰豆子を人間に戻し、無惨を討つ旅に出る。 『十二鬼月』とは、無惨直属の配下であり、圧倒的な力を持つ鬼である。それぞれが持つ力と複雑な過去は、敵でありながらも魅力的であり、ファンからも人気が高い。

Read Article

鬼滅の刃の大正コソコソ噂話・小ネタ・エピソードまとめ

鬼滅の刃の大正コソコソ噂話・小ネタ・エピソードまとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 炭焼きの家に生まれた少年・竈門炭治郎が炭を売って家へ戻ると、家族が惨殺されており、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する「鬼殺隊」へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして諸悪の根源である「鬼舞辻無惨」を倒すための戦いに身を投じる。 『鬼滅の刃』では、本編では語られなかった裏話や細かい設定が「大正コソコソ噂話」として紹介されている。本記事ではそれらの情報をまとめていく。

Read Article

鬼滅の刃の表紙・カバー下イラスト・扉絵・挿絵まとめ

鬼滅の刃の表紙・カバー下イラスト・扉絵・挿絵まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 炭焼きの家の少年・竈門炭治郎は家族を殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する「鬼殺隊」へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして鬼の始祖「鬼舞辻無惨」を倒すための戦いに身を投じる。 『鬼滅の刃』の原作コミックスには、表紙のイラストの他、カバー裏や扉絵、話の合間など多くのイラスト・挿絵が描かれている。この記事ではそれらの絵をまとめていく。

Read Article

鬼滅の刃の柱まとめ

鬼滅の刃の柱まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。 町に炭を売りに行った炭治郎が家に戻ると、家族が惨殺されていた。唯一息があった妹の禰󠄀豆子を連れて炭治郎が山を下っていると、禰󠄀豆子が突然暴れ出す。禰󠄀豆子は人を喰う鬼になっていた。炭治郎は禰󠄀豆子を鬼にした鬼舞辻無惨を倒すべく刀を取る。 鬼殺隊の中で最高位の剣士が『柱』である。変人が多いが、過酷な過去を背負いつつも他人を守ろうとする柱は非常に人気が高い。

Read Article

【最終回】鬼滅の刃の子孫・転生者まとめ【現代・未来】

【最終回】鬼滅の刃の子孫・転生者まとめ【現代・未来】

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 炭焼きの家の少年・竈門炭治郎は家族を殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する「鬼殺隊」へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして鬼の始祖「鬼舞辻無惨」を倒すための戦いに身を投じる。 鬼滅の刃の原作最終回では平和になった現代の様子が描かれているが、そこでは登場人物たちの子孫や生まれ変わりと思われる人物が多数登場している。本記事では、それらのキャラクターについてをまとめていく。

Read Article

鬼滅の刃の日輪刀まとめ

鬼滅の刃の日輪刀まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 炭焼きの家の少年・竈門炭治郎は鬼に家族を殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する「鬼殺隊」へ入隊し、妹を人間に戻すため、鬼の始祖「鬼舞辻無惨」を倒すための戦いに身を投じる。 鬼と戦う剣士たちは、特殊な刀「日輪刀」を用いて戦うが、この日輪刀には持ち主の才能によって違う色に変わるなどの特徴がある。本記事では、その日輪刀についてまとめていく。

Read Article

鬼滅の刃の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

鬼滅の刃の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『鬼滅の刃』(きめつのやいば)とは、 吾峠呼世晴原作の少年漫画及びアニメである。日本の大正時代を舞台に、竈門炭治郎(かまどたんじろう)が鬼になってしまった妹の禰豆子(ねずこ)を人間に戻すため、鬼たちとの戦いを繰り広げる和風の剣戟奇譚である。登場人物・キャラクターのほとんどが若いため、厳しい環境の中でも生まれた淡い恋心や青春が詰まったカップリングが多い。最終話では現代編が描かれ、夫婦になったカップルや命を落としてしまったけれど生まれ変わって結ばれたカップルなどが分かる。

Read Article

鬼滅の刃の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

鬼滅の刃の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

『鬼滅の刃』とは吾峠呼世晴による和風バトル漫画とそれを原作にしたアニメ・映画・ゲームなどのメディアミックス作品。アニメはufotable制作で2019年4月から放送開始され、社会現象となるほどのブームを巻き起こした。主題歌も大きな注目を集め、大ヒット曲を数多く生み出した。この記事では『鬼滅の刃』のアニメと劇場版で使用されたオープニング・エンディング主題歌、挿入歌を紹介する。

Read Article

鬼滅の刃の料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

鬼滅の刃の料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

2016年に『週刊少年ジャンプ』で連載がスタートした、吾峠呼世晴の『鬼滅の刃』。作中には非常にリアルで美味しそうな食事やお菓子が多数登場している。さらにアニメや映画の作画が非常に良かったため、ファンの間では「飯テロアニメ」として話題となった。本記事では『鬼滅の刃』に登場した料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物をまとめて紹介している。

Read Article

鬼滅の刃の「双六大好き善逸の今日の一振り!」まとめ

鬼滅の刃の「双六大好き善逸の今日の一振り!」まとめ

「双六大好き善逸の今日の一振り!」とは、テレビアニメ『鬼滅の刃 刀鍛冶の里編』の本編開始前に流れるオリジナルアバン作品。 『鬼滅の刃』のキャラクターの中でも特に人気の高い我妻善逸が、双六を進めていきながら止まったマス目に書いてあるお題についてあれこれと夢想するというもの。1話15秒で、本編とは無関係に話が進む。「刀鍛冶の里編」では出番の無い善逸にむりやり出番を作るための演出であり、フジテレビ系列の放送局でのみ公開されている。

Read Article

鬼滅の刃キャラクターの誕生日・年齢まとめ

鬼滅の刃キャラクターの誕生日・年齢まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画。人を食う鬼と、鬼を狩ることを役目とする鬼殺隊の壮絶な戦いの中で、鬼にされてしまった妹を救うために命を賭して剣を振るう少年の活躍を描いている。 物語の舞台は大正時代の日本で、主要なキャラクターは個別のプロフィールがかなりしっかり設定されている。物語の中では第1話から最終決戦までで2〜3年が経過しており、それと同じ分キャラクターも加齢している。ここでは、『鬼滅の刃』に登場する主要キャラクターの誕生日と年齢を紹介する。

Read Article

鬼滅の刃の鬼は伝染病・疫病が由来!?【ネタバレ解説・考察まとめ】

鬼滅の刃の鬼は伝染病・疫病が由来!?【ネタバレ解説・考察まとめ】

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による和風アクション漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。大正時代を舞台に、主人公竈門炭治郎及びその妹禰豆子と、人食い鬼達との戦いを描く。作中には様々な鬼が登場し、圧倒的な力で炭治郎と彼の所属する鬼殺隊を追い詰める。その中でも特に強力とされるのが、鬼の首魁鬼舞辻無惨直属の「十二鬼月」である。「十二鬼月」でも別格の強さを誇る「上弦」について、その名前の由来が大正時代に流行した疫病・伝染病であるという説がある。

Read Article

鬼滅の刃の回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

鬼滅の刃の回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による和風アクション漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。連載は人気絶頂の内に終了したが、中には回収されていない伏線もあり、多くの謎が残ったままである。現段階で明らかになっている伏線と、いまだに謎のままの伏線、また、一応の解説がされているものの謎の多い描写について解説する。

Read Article

鬼滅の刃の名前の由来まとめ【登場人物・キャラクター】

鬼滅の刃の名前の由来まとめ【登場人物・キャラクター】

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による和風アクション漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。時は大正時代、竈門炭治郎は家族を鬼に惨殺され、唯一生き残った禰豆子も鬼と化してしまう。炭治郎は家族の仇を討ち、禰豆子を人間に戻すため、「鬼殺隊」に入隊して鬼との戦いを繰り広げていく。アニメ化・映画化し社会現象にまでなった本作のキャラクターの由来について様々な観点から解説していく。

Read Article

鬼滅の刃の鬼殺隊は十二支が由来!?【ネタバレ解説・考察まとめ】

鬼滅の刃の鬼殺隊は十二支が由来!?【ネタバレ解説・考察まとめ】

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による和風アクション漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。時は大正時代、竈門炭治郎は家族を鬼に惨殺され、唯一生き残った禰豆子も鬼と化してしまう。炭治郎は家族の仇を討ち、禰豆子を人間に戻すため、「鬼殺隊」に入隊して鬼との戦いを繰り広げていく。最高位である「柱」を始めとした鬼殺隊に所属する剣士について、そのモチーフが十二支ではないかという説が広まっている。

Read Article

ジャンプの歴代ヒロインまとめ

ジャンプの歴代ヒロインまとめ

日本でもっとも発行部数の多い漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』は、人気でも知名度でも漫画という文化の頂点に位置する存在であり、幾多の傑作を生み出してきた。少年漫画であるだけにほとんどの作品の主人公は男性キャラクターだが、彼らを盛り立てるヒロインもまた魅力的な造形の人物ばかりである。 大人に子供、主人公に守られるだけの存在から共に戦う相棒、正規のヒロインを蹴散らして主人公と結ばれた者、“少年漫画”の常識を超えたヒロインかつ女性主人公というタイプ。ここでは、ジャンプ作品を彩ったヒロインたちを紹介する。

Read Article

鬼滅の刃の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

鬼滅の刃の壮絶な過去を持つキャラクターまとめ

人食いの怪物「鬼」と、それを狩る「鬼殺隊」の壮絶極まる死闘を描いた『鬼滅の刃』には、“命を懸ける戦い”に赴く理由として十分過ぎる凄惨な過去を持つキャラクターが多く登場する。 鬼に家族を殺された竈門炭治郎。鬼とは無関係に辛酸を味わわされてきた栗花落カナヲ。自業自得気味に苦難を背負ってきた我妻善逸。一方、周囲の悪意によって追い詰められた妓夫太郎、望まずして鬼となった猗窩座など、もともとは人間である鬼たちも多様な過去を持つ。ここでは、特に壮絶な過去を持つ『鬼滅の刃』のキャラクターたちを紹介する。

Read Article

鬼滅の刃のあらすじ・ストーリーまとめ

鬼滅の刃のあらすじ・ストーリーまとめ

『鬼滅の刃』とは、2016年から2020年まで吾峠呼世晴が『週刊少年ジャンプ』で連載していた漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。舞台は鬼と鬼狩りの剣士が存在する大正時代の日本。鬼に家族を惨殺された炭焼きの少年・竈門炭治郎が、鬼に変えられた妹の禰豆子を人に戻すため、鬼を滅する組織「鬼殺隊」の隊士となり、仲間たちと共に鬼の脅威から人々を守る戦いを描く。

Read Article

鬼滅の刃の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

鬼滅の刃の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化され、その高いクオリティから世界的に人気となり、一大ブームを巻き起こした。 炭治郎は鬼舞辻無惨という鬼によって、家族を惨殺された上に妹の禰󠄀豆子を鬼にされた。禰󠄀豆子は強靭な精神力で人間を襲おうとしなかった。炭治郎は『鬼殺隊』という鬼を滅する組織へ入り、禰󠄀豆子を人間にする方法を探す。 この作品の特徴は、人間だけではなく敵である鬼も悲しみを抱えている所である。愛憎渦巻く名言が多数存在している。

Read Article

上弦の陸・妓夫太郎と堕姫(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

上弦の陸・妓夫太郎と堕姫(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

妓夫太郎・堕姫とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。 鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、上弦の陸に位している。 兄の妓夫太郎、妹の堕姫の二人で一体の鬼であり、妓夫太郎と堕姫の頸を同時に落とさなければ倒すことができない。遊郭に巣喰い、多数の人間を喰らっていた。

Read Article

鬼舞辻無惨(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

鬼舞辻無惨(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)とは、『鬼滅の刃』における最大の敵である。 人間を鬼に変えることができる唯一の鬼であり、鬼たちの首魁である無惨を倒す事こそが『鬼殺隊』の宿願となっている。禰󠄀豆子を鬼にし、炭治郎の家族を殺害したのも無惨である。 残虐非道で自己中心的な考えを持ち、自身の願いの為に人間を鬼にして回っている。自分の意に背く者であれば、鬼であっても容赦なく殺害する。 自身が鬼となった原因である『青い彼岸花』と、太陽を克服する方法を探している。

Read Article

目次 - Contents