ザ・ファブル(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ザ・ファブル』は日本の青年漫画。作者は南勝久。講談社の『週刊ヤングマガジン』で2014年49号から2019年51号まで第1部が連載された。伝説の殺し屋「ファブル」は組織の命令によって佐藤明という偽名を付けられ、誰も殺さない一般人として生活する。移住先の大阪で、明はパートナー洋子とともに周囲の優しさに触れる。しかし、明たちはトラブルに相次いで巻き込まれていく。2019年、岡田准一が主演を務めて実写映画化され、2021年に第2作が公開される。

『ザ・ファブル』の概要

伝説の殺し屋ファブル。多くの謎に包まれている。

『ザ・ファブル』は日本の青年漫画。作者は南勝久。講談社の『週刊ヤングマガジン』で2014年49号から2019年51号まで第1部が連載された。2017年に第41回講談社漫画賞一般部門受賞し、2020年11月、発行部数800万部を突破するなど人気を集めている。
物語は、伝説の殺し屋「ファブル」が、組織の命令によって佐藤明という偽名を付けられ、一般人として生活する様子を描く。「ファブル」とは寓話という意味を持ち、圧倒的な強さと明かされぬ存在から裏社会の人間から付けられている呼称。殺しを業として行う組織に所属していた明は、組織の長であるボスの指導を受け、殺しの技術を磨いてきた。その腕前は組織における暗殺の最高傑作と言われるほどだった。しかし、時代の変遷とともに殺しは合わないと考えていたボスは、明を一般人として暮らせるかを試すため、殺しを禁じて大阪で1年間暮らすように命じる。明は、組織のパートナーの洋子とともに大阪に移住し、組織とつながりがある暴力団「真黒組」の世話を受けながら一般人として生活を始めるのだった。しかし、移り住んだ先で相次ぐトラブルに巻き込まれる明たち。決して人を殺さない伝説の殺し屋。非情にも人の命を奪っていた明は、周囲の優しさに触れながら心を通わせていく。
2019年6月21日に実写映画化された。岡田准一が主演を務める。映画の見どころは、岡田演じる伝説の殺し屋「ファブル」のアクションシーン。大勢の敵を岡田が次々と倒していくというダイナミックな格闘シーンは迫力満点である。漫画の格闘シーンを再現するために、特殊部隊での訓練を受けたフランス人アクション振付師が振り付けを担当している。一部の振り付けは岡田が実際に行っている。映画版は、出所した暴力団の小島によるデリヘル運営を巡るストーリーを中心に実写化されている。洋子役を木村文乃、組織のボスを佐藤浩市、ミサキに山本美月が演じるほか、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理ら豪華キャストが演じている。脚本は『20世紀少年』『GANTZ』の渡辺雄介、監督は江口カン。映画版は第2作も制作されている。2021年2月5日に公開される予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期され、2021年6月18日に公開される。
また、明のオフショットを描いた漫画『ざ・ふぁぶる』も2020年6月に発売されている。明のほか、洋子や交友のある暴力団員の何気ない日常を描く短編作品。

『ザ・ファブル』のあらすじ・ストーリー

伝説の殺し屋 休業へ

一般人として大阪に移住することになった佐藤明(右)と洋子(左)。

裏社会で暗躍する殺し屋「ファブル」は殺しのプロだ。6年間で70人余りを殺害してきた。ヤクザや政治家、有名人などさまざまな者からの依頼を受けて殺しを行っているが、どこかの組織に所属していること以外、ファブルの正体は謎に包まれている。
ある日、ファブルのボスの男が新たな命令を出す。「殺しの数が増えている」という理由で、ファブルに「一般人として1年間暮らさせる」というものだった。
ファブルは佐藤明という偽名を名乗り、仕事のパートナーの女も「明の妹の洋子」として一緒に生活することになる。佐藤明として暮らす間は決して誰も殺してはいけない。ボスから生活資金の5000万円を受け取り、明と洋子は大阪に向かった。ボスから紹介された暴力団「真黒組」に家などを世話してもらう。しかし真黒組若頭の海老原は謎が多い2人のことを信用しておらず、部下に監視するよう指示する。
明は海老原たちに監視されていることには気付いており、うまく一般人を装って生活を始めた。海老原は明がファブルであることを確認するため、「この街で平穏に暮らしたいならこいつを殺せ」と言って明に男を殺させようとする。明はしかたなく男を倒す。明にとって相手を倒すのに必要な時間は「6秒」だ。海老原は明の技術に感心するが、明は男を殺さない。明は「自分は快楽殺人者ではない、ここで平穏に暮らしたい」と言って海老原に頭を下げる。海老原は明を受け入れて協力者になった。
明はアルバイトを始めようとするが、普通の仕事をしたことがないため、面接にことごとく落ちてしまう。そんな中、明は町で知り合ったミサキという女性が勤務している小さなデザイン会社「オクトパス」で働くことになる。伝説の殺し屋の時給は800円だった。

伝説の殺し屋 殺さず人助け

子どもっぽいイラストを描く明。

15年間服役していた真黒組の男、小島が出所した。同時期に海老原が心筋梗塞で入院した。小島は海老原の不在を好機とみて、同じ組の幹部の砂川が担当する管轄でデリバリーヘルスの経営に手を出す。小島は砂川が面倒を見ていた経営者を殺した上で出店の計画を進める。小島は店の看板風俗嬢として、ミサキに目をつける。さらに、ミサキがグラビアアイドルをしていた過去を知った同僚の貝沼も彼女をゆすろうとしていた。
明は子どもの落書きのようなデザインが何故か認められ、時給が900円にアップした。平凡な暮らしの中で、自分を支えてくれる誰かを助けたいという気持ちが芽生え始めていた。
ミサキの周辺では小島による嫌がらせがエスカレートしていた。貝沼はミサキの家に盗聴器を仕掛けてそのことを知っていたが、誰にも言わずにいた。明は貝沼の隠しごとに気付き、ミサキを助けるべく動き始める。ミサキは小島の脅しに耐えきれず、デリヘル嬢の契約を結ばされてしまう。
洋子は真黒組の組員を通して小島の動きを監視し始めた。明はモデルガンを改造して殺傷能力の低い銃を作る。「誰も殺さない」というボスの命令は守らなければならない。そして海老原から「小島を連れてきてほしい」と頼まれたため、小島を生きたまま確保する必要があった。
ミサキはデリヘルの勤務の前日に明に電話を掛けた。明が仕事を紹介してくれたミサキに礼を言うと、ミサキも明の絵が好きだと答える。
翌日、小島と砂川は工場で落ち合っていた。近くには砂川が小島を殺すために雇った殺し屋2人が潜んでいる。そこに連れてこられたミサキは砂川の部下を相手するように命令される。泣き叫ぶミサキに男が乱暴しようとすると、そこに覆面を被った明が音もなく近づき男を気絶させた。殺しで磨かれた格闘術だった。何が起こっているのか分からないミサキ。明はミサキを逃がすため、近くにいる砂川や小島の仲間の様子を見に行く。
明は砂川の雇った殺し屋の存在に気付き、用意したおもちゃの銃で小島の殺害を阻止する。殺し屋のひとりが「敵はファブルだ!」と叫ぶがまったく歯が立たない。明は難なく小島とミサキを救出してその場を後にした。
海老原は組織のルールをいくつも破った小島を射殺し、砂川に小島の死体の写真を見せてこの件を収めた。砂川は明の強さが気になっており、正体を知りたがるが海老原はしらを切った。

因縁の相手との対決

鈴木(左)を一瞬で倒す洋子(右)。

明が暮らす町で、宇津帆という男が興信所を運営していた。裏で詐欺や殺人を行う悪党で、元真黒組の井崎ツトム、殺し屋の鈴木、車椅子の女性・佐羽ヒナコと共に数々の悪事を働いていた。
ヒナコと明には接点があった。明が依頼を受けて宇津帆の仲間の男を殺した際、同じ車の助手席にヒナコが乗っていた。明はヒナコの顔を覚えていたが、ヒナコは明が覆面マスクをかぶっていたため顔は知らなかった。明が男を殺したあと、車が立体駐車場の3階から転落し、ヒナコは歩けなくなってしまった。
宇津帆の次のターゲットにされたのは、明の同僚の貝沼だった。貝沼はミサキの盗撮などのストーカー行為をエスカレートさせていた。宇津帆は貝沼の悪事をたてに金を脅し取ろうとしていた。
宇津帆は興信所の人間としてミサキに近づく。ミサキの自宅に仕掛けられた盗撮機器を見つけて録画データだけを持ち去り、貝沼をはめるためにトイレや脱衣所などにも機器を仕掛けた。宇津帆は貝沼と母親を興信所に呼び出し、盗撮を公にしない代わりに貝沼の母親に6000万円を支払うよう要求した。貝沼は「すべてミサキのせいだ」と逆恨みし、職場でミサキの背後から切りかかろうとするが、明が音もなく貝沼を気絶させてミサキを守った。
目を覚ました貝沼は事務所から逃げ出すが、宇津帆の仲間の殺し屋・鈴木に拉致される。鈴木の顔を見た明は同業者であることを察知する。貝沼は、宇津帆の仲間の井崎によって山中に連れていかれるが、井崎が用を足している隙に車から逃げ出した。そして崖から落ちて死んでしまう。
自宅に一人でいた洋子のもとに鈴木が現れ、銃をチラつかせて明の正体を明かすように迫る。しかし洋子はあっという間に鈴木を倒してしまった。そこに帰ってきた明が貝沼を生きて返すように言ったが、貝沼は既に死亡していた。
鈴木は興信所に戻り、宇津帆に明が伝説の殺し屋ファブルだと伝える。そして、宇津帆たちは伝説の殺し屋を殺したい一心で、明の殺害を計画する。

トナカイの仮装をした明(上)。下のコマの右からミサキと社長の田高田、爆笑している洋子。

宇津帆は明に電話をかけ、ヒナコのことを伝えて人質にしていると言う。明は指定された興信所に向かい、仕掛けられていた罠を難なく突破する。その様子を見ていた鈴木は山にいる宇津帆のもとに車を走らせた。
宇津帆と鈴木、ヒナコは暗い山中で明を待ち受けた。宇津帆はヒナコに、「両親を殺したのはファブルだ」と教えて銃を握らせる。しかし実際に殺したのは宇津帆だった。世間に公表されていない両親の死の様子を宇津帆が口にしたことでヒナコはそのことに気が付く。車椅子から立ち上がって宇津帆に銃を向けるヒナコだったが、明を殺すために埋められた地雷を踏んでしまう。足を離すと爆発してしまう状況で、ヒナコは立っていられずに倒れそうになるが、物陰から飛び出してきた明が支える。そして手製の銃で宇津帆と鈴木を一瞬で制圧し、ヒナコを助け出した。鈴木が宇津帆と井崎を殺害した。
その後、ヒナコから明のもとに感謝の手紙が届いた。
オクトパスでは、明が書く子供のようなイラストが次々と採用される。明は時給が1000円にアップした。明とミサキがいい雰囲気になっているところを見た社長の田高田は、2人をくっつけようとクリスマスパーティーを企画する。明と洋子は、一般人らしい交流を経験するのであった。

新たなトラブル

砂川は組長の浜田と共に海老原の暗殺を計画していた。一方で、明たちが所属する組織のボスのもとには殺し屋の山岡という男が現れ、砂川の計画に関心を持っていた。砂川は、山岡を通じて二郎という殺し屋を雇う。二郎は、浜田と海老原のどちらかを殺害することを引き受け、2人の行動パターンを探るために街に潜入する。
洋子は街中で山岡を見かけて、明に「組織の人間がいた」と報告する。洋子が組織に引き取られた際、その場にいたのが山岡だったという。
山岡は砂川が企てる殺害計画に合わせて趣味で誰かを殺そうと考えていた。山岡は、明や洋子なども殺害する可能性を含めて劇的な展開を求めていた。山岡の存在に洋子は恐怖を覚える。
二郎は足のつかない方法で浜田を殺害する。組長の突然の死を怪しむ明と洋子。突如として街に現れた山岡が関係しているのではないかと疑っていた。海老原は病死か事故死と考えていたが、明は「俺の勘では組長は殺された」と告げる。
山岡は浜田の殺害計画をより劇的にするために、新たな構成を組み立てる。山岡は自分の弟子のユーカリという男を中国から呼び寄せた。そして砂川の反対派閥の暴力団幹部の水野を襲う。ユーカリは、水野の手下らをあっという間に倒してしまう。そして山岡は水野に、「殺さない代わりに砂川の下につけ」と命令する。そしてもうひとりの殺し屋、アザミを呼び寄せる。

洋子は子供の頃、何者かに両親を殺害されていた。復讐心を抱く洋子は、確証はないものの山岡が関係しているのではないかと漠然と考えていた。洋子は真実を確かめるため、山岡に接触する。
翌日、家に来た山岡を奇襲する洋子だったが、殺しの技術は山岡のほうが上だった。洋子は山岡に「両親を殺したのはアナタね」と聞いた。山岡からは「そうだ」という言葉が返ってきた。明が所属する組織は、記憶力の秀でた洋子の能力に目を付けていたという。洋子を組織に入れるため、山岡は洋子の家に火をつけて両親を殺害した。山岡は「俺を殺りたいならいつでも来ていい。おまえにはその権利があるが、チャンスは一回だと思え」と言い、洋子の家をあとにした。
洋子は、武器を用意して復讐する準備を進める。そんな中、山岡の仲間のマツから洋子に電話がかかってきた。マツは殺人を楽しむ山岡を恐れ、洋子に協力を求めた。洋子に銃を渡す代わりに明にも協力してもらい、山岡を倒してほしいという提案だった。
山岡は組織のボスから明と洋子には手を出さないように言われていたが、彼が描くストーリーには明と対峙することも含まれていた。まだ明の顔を知らなかった山岡は、ミサキを人質にして明を呼び寄せることを考える。そして部下にミサキを拉致するように命令する。
明はミサキの拉致現場に偶然を装って現れ、弱い人間を演じてミサキと共に拉致された。山岡はアジトで明と顔を合わせるが、ファブルであるとは気付かない。
洋子とマツは山岡のもとに乗り込むが、山岡はマツの行動を予測して銃から弾を抜いていたため、発砲できずに捕まってしまった。山岡はミサキの携帯で明に電話をかけると、アジトの中に着信音が響く。山岡はようやく明の潜入に気が付いた。
明は手製の銃で山岡を撃つ。ユーカリが攻撃を仕掛けるもあっという間に倒されてしまう。次に立ちふさがったアザミは、明に唇の動きだけで「ボスの命令で山岡を拘束するように言われている」と伝える。明とアザミは協力して山岡を拘束しようとしたが、山岡は車で逃走する。
アジトに戻った明とアザミは、洋子やユーカリたちと共に山岡を捕まえるための対策を話し合った。山岡を放置していれば全員の命が狙われる。洋子はユーカリと行動することになり、オクトパスの社長やミサキを守るためにアザミが新入社員として潜入することになった。
ミサキは無事だったが、目の前で明が戦うところを見てしまい、明の正体がプロの殺し屋だと知って動揺を隠し切れない。

最終決戦へ

プロポーズのあとミサキ(右)にキスをする明(左)。

アザミから海老原に、浜田元組長の死の真相が明かされた。海老原は組の裏切り者だと分かった砂川と水野の行方を捜し始める。
山岡は砂川が管理するラブホテルで身を隠し、明に負わされた傷を癒していた。砂川は海老原たちから追われていることに気づく。自身が危険にさらされているのは山岡のせいだと考え、持っていた銃を引き抜くが、その瞬間、山岡に首を撃たれて死亡する。その直後、山岡は海老原に電話をかけて、砂川を殺したことを伝える。さらに、明やアザミ宛に「守ってみろよ」という伝言を残す。山岡のゲームは続いていた。
山岡は砂川を殺害したあと、砂川の手下として動いてる水野の車で移動を始める。そして気まぐれで水野も射殺した。
明たちは砂川と水野の遺体を山に埋めることになったが、それが山岡の罠であることには全員感づいていた。洋子とユーカリが作業に同行することになった。
山の中で作業していると、案の定山岡が現れた。するとユーカリが洋子の頸動脈をしめて気絶させた。
ユーカリは山岡の殺しの技術の高さを考えて、洋子と2人では山岡を捕らえられないと考えていた。洋子やマツを守るために山岡に寝返ったかのように演じていたのだ。そして、洋子が気絶する前、ユーカリは明に「山岡と一緒に行動する」「携帯のGPSを追跡しろ」と説明していた。ユーカリと山岡は現場から立ち去る。
明はボスに連絡をとった。ボスから「プロとしておまえが山岡を殺せ」と命じられる。しかし、その命令をすぐそばで聞いていたアザミは、ユーカリに山岡への殺害命令がくだったことをひそかに伝える。アザミとユーカリにとって山岡は師であり家族のような存在であったため、なんとか助けたいという気持ちがあった。そんな2人の気持ちに反して、山岡の考えは短絡的なもので、暗殺の最高傑作と言われている明の記憶に残りたいという一心で殺しを楽しんでいた。そして山岡とアザミ、ユーカリは明と戦うためアジトに現れる。
明は真正面から3人の前に姿を見せる。ついに明と山岡との直接対決が始まった。プロの殺し屋3人を1人で相手にしなければならない明にとっては圧倒的に不利な状況だった。
明は山岡に向かっていき拳を交える。左側からユーカリが攻めるが、明は山岡とユーカリの攻撃をことごとくさばいていく。アザミは明に銃口を向けた。しかし、明はそれすらも把握し、態勢を崩して銃弾をかわす。そしてユーカリから銃を奪い、山岡の両足を撃ち抜き、ユーカリを気絶させる。アザミもまったく歯が立たなかった。膝をつく山岡に銃を突き付けた明の脳裏に、ミサキやオクトパスの社長のことがふとよぎった。
明は「山岡を殺せ」というボスの命令に従わず、銃をおろした。
様子を見ていた海老原が山岡を撃ち殺した。明は「配達があるから」と職場に戻っていった。
マツと洋子は浜田元組長を殺害した二郎を探していたが、抵抗されて殺害してしまった。
騒動が終わった後、ボスを交えて今後の話し合いが行われた。山岡に寝返ったアザミとユーカリは、明の要望でおとがめなしになった。「山岡についた俺たちに怒りがあるだろう」と言うアザミに、明は「友達とケンカした。ふつうよくあることじゃないのか」と返した。
明と洋子はボスの命令で組織を抜けることになり、アザミとユーカリはオクトパスで働きながら普通の暮らしをすることになった。
明は職場へ行き、辞めることを伝えた。ミサキはショックを隠し切れない。明はミサキに、山岡を殺さなかったときのことを話し、「もう誰も殺したくないと思った」と語る。明は「自分のスキルを活かして人助けがしたい」と告げ、ミサキに指輪を見せてプロポーズする。ミサキは喜んで受け入れた。
明と洋子はボスからもらったキャンピングカーで人助けの旅に出るのだった。

『ザ・ファブル』の登場人物・キャラクター

組織関係者

佐藤明(さとう あきら)

go-11631
go-11631
@go-11631

目次 - Contents