糸

『糸』とは、2020年に公開された日本の恋愛映画で、中島みゆきの楽曲『糸』にプロデューサーの平野隆が着想を得て制作された。監督は瀬々敬久。平成元年生まれの高橋漣(たかはしれん)と園田葵(そのだあおい)は、美瑛で出会い恋に落ちる。しかし大人たちの都合で引き裂かれ別々の人生を歩む。出会ってから18年経って平成という時代も終わりを迎えるとき、互いを忘れられなかった漣と葵は再び手を取り合うために動き出していた。この物語は、漣と葵、その周辺の人々の軌跡を「平成」という時代にのせて描く作品となっている。

糸の関連記事

糸(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

糸(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『糸』とは、2020年に公開された日本の恋愛映画で、中島みゆきの楽曲『糸』にプロデューサーの平野隆が着想を得て制作された。監督は瀬々敬久。平成元年生まれの高橋漣(たかはしれん)と園田葵(そのだあおい)は、美瑛で出会い恋に落ちる。しかし大人たちの都合で引き裂かれ別々の人生を歩む。出会ってから18年経って平成という時代も終わりを迎えるとき、互いを忘れられなかった漣と葵は再び手を取り合うために動き出していた。この物語は、漣と葵、その周辺の人々の軌跡を「平成」という時代にのせて描く作品となっている。

Read Article

韓国芸能界・K-POPで活躍する日本人まとめ

韓国芸能界・K-POPで活躍する日本人まとめ

日本でも幅広い世代から高い人気度を誇るK-POPや韓流ドラマ。2016年デビューのガールズグループ「TWICE」に日本人メンバーが3人選ばれたことで、K-POPアイドルを目指す日本人が急増した。韓国の芸能市場にとっても、日本人メンバーの存在は日本進出の大きな足掛かりとなるため重要視されている。またK-POPアイドルに限らず、韓国芸能界で活躍する日本人は多い。

Read Article

ゴールデンスランバー(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ゴールデンスランバー(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ゴールデンスランバー』とは、堺雅人主演のミステリー・ハードボイルド映画である。2010年1月に公開された映画で、日本の小説家の伊坂幸太郎の小説『ゴールデンスランバー』を映画化した作品。仙台運送で働く青柳雅春(あおやぎまさはる)が総理大臣を殺害した事件の犯人に仕立て上げられていくストーリー。映画のロケは全て仙台で行われた。映画のキャストは堺雅人の他に、竹内結子、浜田岳、香川照之、吉岡秀隆などが出演している。2018年2月にはカン・ドンウォン主演の韓国映画版『ゴールデンスランバー』が公開された。

Read Article

ラーゲリより愛を込めて(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ラーゲリより愛を込めて(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ラーゲリより愛を込めて』とは2022年12月9日に公開された日本の映画。主演は二宮和也。原作は辺見じゅんのノンフィクション小説『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』。 第二次世界大戦後のシベリアの強制収容所(ラーゲリ)で、日本人捕虜の1人である山本幡男(やまもと はたお)が過酷な環境の中でも生きる希望を捨てず、家族の元へ帰れると信じ、仲間らを励まし続ける姿を描く。 希望を捨てない幡男の姿、捕虜仲間が幡男の遺書を家族に届けるため必死になる姿は見所だ。

Read Article

NEW
翔んで埼玉(漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

翔んで埼玉(漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『翔んで埼玉』とは、魔夜峰央によるギャグ漫画作品、およびそれを原作としたコメディ映画作品である。。二階堂ふみやGACKTを始め、豪華なキャスト陣が本気でふざけた内容が大きな話題となる。埼玉県民が東京都民に虐げられてきた架空の世界が舞台となり、埼玉解放を求めて他の県を巻き込みながら全面戦争へと発展していく。

Read Article

キセキ -あの日のソビト-(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

キセキ -あの日のソビト-(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『キセキーあの日のソビトー』とは、大ヒット曲を数々生み出したGReeeeNの結成と「キセキ」という楽曲の誕生秘話を描いた映画である。 音楽に挫折した兄のジンは、歯科医師を目指す弟のヒデの音楽の才能に気づき、ヒデの音楽活動を支えることにした。 父親である誠一のような医者を目指していたヒデは、歯科大学の仲間と共に顔を出さない音楽グループGReeeeNを結成する。 そんな2人の主人公と音楽を認めない誠一との葛藤を実話を元にしたストーリー。

Read Article

14才の母(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

14才の母(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『14歳の母』とは、2006年10月に日本テレビで放送されたドラマで、脚本は井上由美子が手掛ける。主演は志田未来。その他、三浦春馬や田中美佐子などが出演する。中学2年生の一ノ瀬未希は、14歳にして子供を身ごもってしまう。両親や兄妹、友達など周りの人々から猛反対を受けるが、未希は産む決心をする。しかし、そんな彼女を様々な困難が待ち受けていた。どんなに苦しくても産むことを諦めない少女が、苦難を乗り越えて成長していく姿を描く。本作の視聴率は20%を超え、数々の賞を受賞した。

Read Article

余命10年(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

余命10年(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『余命10年』とは、小説を実写化し2022年に公開された映画だ。生と死、希望と絶望といった深いテーマを背景に、登場人物たちの内面の葛藤や変化がリアルに描かれている。坂口健太郎と小松菜奈がダブル主演を務めるということでも注目を集めた。物語は、難病を患った女性と生きる希望を失った男性が出会い、お互いに惹かれていく二人を中心に展開する。彼らは自身の過去や不安と向き合い、新たな未来への一歩を踏み出していく。

Read Article

賭ケグルイ(Kakegurui)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

賭ケグルイ(Kakegurui)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『賭ケグルイ』とは2014年に原作河本ほむら、作画尚村透によって出版社スクエアエニックス『月刊ガンガンJOKER』で連載が開始されたギャンブル漫画である。名門、私立百花王学園に転校してきた蛇喰夢子(じゃばみ ゆめこ)は大きなリスクを負うことに興奮を感じる通称『賭ケグルイ』だった。 人間の心の闇、執着、醜さと言ったリアルで生々しい表現は、日本国内のみならず世界中から評価されている。2017年7月にアニメ1期『賭ケグルイ』の公開。2019年1月にはアニメ2期『賭ケグルイxx』が公開された。

Read Article

アンナチュラル(Unnatural)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

アンナチュラル(Unnatural)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『アンナチュラル(Unnatural)』は女優の石原さとみ主演の、野木亜紀子の脚本によるオリジナルドラマである。主人公の三澄ミコトはUDIラボで働く法医解剖医。UDIラボメンバーの中堂、東海林、六郎たちと一緒に、日本全国から送られてくる不自然死した遺体を解剖する仕事をしている。1話ごとに事件解決する法医学ミステリーで、ドラマのキャッチコピーは「不自然な死は許さない」。スピード感や爽快感のある明るくスリリングな物語で、UDIラボメンバーの人間ドラマをメインに「死」の謎や事件を解明していく。

Read Article

ブラッディ・マンデイ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ブラッディ・マンデイ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ブラッディ・マンデイ』とは龍門諒の漫画作品を原作とした三浦春馬主演の連続テレビドラマ。2008年に放送され、2010年にはシーズン2も始まり大きな話題となった。2020年に発表された「三浦春馬が最強にかっこよかった作品ランキング」では1位を取得するほどの人気作品である。 天才ハッカー高木藤丸(たかぎふじまる)が家族や友達、日本をウイルステロから救うために持ち前のハッキング技術を活かしてテロ組織に立ち向かう。豪華俳優陣が描くヒューマン・ビジネスサスペンスである。

Read Article

花束みたいな恋をした(はな恋)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

花束みたいな恋をした(はな恋)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『花束みたいな恋をした』とは、2021年公開の日本のラブストーリー映画。主演は菅田将暉と有村架純。『東京ラブストーリー』『Mother』などで知られる坂元裕二によるオリジナル脚本で、終電に乗りそびれた二人が21歳で恋に落ちて、26歳で別れるまでの忘れられない恋愛を描く。坂元裕二はあくまで「普通の恋愛」を描くことを目指しており、等身大の恋愛に共感する視聴者が続出した。

Read Article

バクマン。(漫画・アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

バクマン。(漫画・アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『バクマン。』とは、大場つぐみと小畑健による漫画を原作とするアニメ作品。 2010年よりNHK教育テレビにて第1シリーズ~第3シリーズ、全75話が放送された。 高い画力を持つ『真城最高』と文才と発想に長けた秀才の『高木秋人』を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のりを描いた作品である。 多くの漫画関係の固有名詞が実名で使用されるなど、リアル志向な作品。

Read Article

検察側の罪人(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

検察側の罪人(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『検察側の罪人』とは、雫井脩介によって書かれた日本の小説が基になっている日本のサスペンス映画である。木村拓哉と嵐のメンバーである二宮和也がダブル主演で魅せるサスペンスストーリー。老夫婦殺人事件と時効を迎えた事件がきっかけとなり自分の正義に固執する最上と事件の真相に対する正義を追い求める沖野の対立が描かれた本作。脇には吉高由里子、大倉孝二、八嶋智人などが固める。映画のキャッチコピーは「一線を超える」。

Read Article

君たちはどう生きるか(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

君たちはどう生きるか(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『君たちはどう生きるか』とは、義母を救うために不可思議な世界を旅する少年の姿を描いた、宮崎駿によるアニメ映画。宮崎が「これで本当に最後」と明言して制作した作品で、宣伝も無く、公式HPも無く、一切情報を隠したまま公開されるという独特の手法で話題となった。 太平洋戦争が激化する最中、牧眞人は父と共に郊外へ引っ越し、そこで叔母で新たに自身の義母となるナツコと再会。どう接すればいいのか互いに戸惑う中、ナツコはいずこかへと姿を消し、眞人は彼女を連れ戻すために謎のアオサギに導かれて異界へと旅立っていく。

Read Article

娚の一生(漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

娚の一生(漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『娚の一生』とは、西炯子による日本の漫画作品。小学館「月刊フラワーズ」にて連載された。 「このマンガを読め!2010」で第5位になった。単行本は全4巻。累計発行部数150万部を記録する。2015年、豊川悦司・榮倉奈々のダブル主演で映画化された。 大手企業に勤める30代女性・つぐみと50代の大学教授・海江田とのビタースゥイートでもどかしい関係を描いた漫画作品。

Read Article

愛がなんだ(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

愛がなんだ(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『愛がなんだ』とは、角田光代による恋愛小説、およびそれを原作とした今泉力哉監督による実写映画作品。 映画作品では、岸井ゆきのが主役のアラサーOL・テルコを、成田凌がテルコの片思い相手であるマモルを演じ、独立系の低予算作品としてはあまり例を見ないロングランヒットを記録した。テルコはマモルに一目惚れをしてからマモル一筋の毎日を送るが、マモルはテルコのことを都合のいい女と思っている。テルコとマモルのどうしても埋まらない距離感がリアルに描かれている。

Read Article

コンフィデンスマンJP -ロマンス編-(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

コンフィデンスマンJP -ロマンス編-(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』とは2019年に公開された、詐欺師をテーマにした映画作品。東京ドラマアウォードなどの賞を受賞した、総合視聴率15.1%の人気テレビドラマを映画化した1作目。大ヒットした痛快エンターテインメント映画で、ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人のコンフィデンスマン(信用詐欺師)が、悪い奴から詐欺で大金を巻き上げるストーリー。今回のおさかな(ターゲット)はラン・リウ。恋愛詐欺師のジェシーと日本のゴットファザーの赤星も加わり、香港を舞台にコンゲームを繰り広げる。

Read Article

銀魂(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

銀魂(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「銀魂」(実写版)は、2017年7月に公開された福田雄一監督による日本映画。空知英秋作画の漫画「銀魂」の実写化作品で、原作の長編「紅桜編」がベースです。「紅桜編」は、妖刀紅桜を利用して国の転覆を目論む鬼兵隊と、それを阻止しようとする主人公坂田銀時と仲間たちの戦いを描いたもの。原作はSF時代劇コメディです。実写版はそれを忠実に再現し、ギャグ満載、時にほろりとさせる内容になっています。

Read Article

貞子 vs 伽椰子(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

貞子 vs 伽椰子(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『貞子 vs 伽耶子』とは2016年に公開された日本のホラー映画。共に一世を風靡したジャパニーズホラー映画『リング』シリーズの「山村貞子」と『呪怨』シリーズの「佐伯伽耶子」の最恐二大ヒロインが共演を果たした。監督は白石晃士。女子大生の倉橋有里の親友・夏美は偶然手に入れた「呪いのビデオ」を見てしまう。一刻も早く「見たら二日後に死ぬ」呪いを解かなければならない。一方「呪いの家」が気になって仕方ない女子高生・高木鈴花。蔓延してゆく強力な呪いを解くためにはバケモンとバケモンをぶつけるしかないのだった。

Read Article

民王(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

民王(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『民王』とは、2015年7月から9月まで、テレビ朝日で放送された政治を題材としたコメディドラマ。主演は遠藤憲一と菅田将暉。原作は池井戸潤の小説である。内閣総理大臣の武藤泰山と、息子で大学生の翔の人格がある日突然入れ替わってしまい、互いの仕事や生活を入れ替わった状態で悪戦苦闘するストーリー。2016年4月にスペシャルドラマ『民王スペシャル〜新たなる陰謀〜』と、貝原茂平が主役の『民王スピンオフ〜恋する総裁選〜』が放送されている。

Read Article

仮面ライダーW(ダブル)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

仮面ライダーW(ダブル)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『仮面ライダーW』とは、2009年9月6日から2010年8月29日にかけて全49話が放送された特撮テレビドラマ作品であり、『平成ライダーシリーズ』の第11作品目。 探偵を営む左翔太郎の前に土地の権利者と名乗る鳴海亜希子という女性が現れ、翔太郎に事務所の立ち退きを求める。2人の言い争いの最中、女性から彼氏を探してほしいと依頼がくる。依頼の調査中、謎の怪人ドーパントが出現。探偵事務所には秘密の部屋があり、謎の少年フィリップがいた。左翔太郎とフィリップは2人で1人の仮面ライダーWであった。

Read Article

シン・ウルトラマン(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

シン・ウルトラマン(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『シン・ウルトラマン』とは、脚本・庵野秀明、監督・樋口真嗣による、人類のために戦う異星人ウルトラマンと、その周囲の人々の活躍を描いた映画作品。日本を代表するクリエイターによる伝説的な特撮作品のリブートということで、公開前から大きな話題となった。 突如日本に出現し始めた巨大生物、禍威獣。その脅威に対抗するため結成された禍特隊の前に、銀色の巨人が現れる。ウルトラマンと名付けられたその巨人は禍威獣から人々を守るように振る舞い、禍特隊がその謎を追う一方、地球にはかつてない危機が迫っていた。

Read Article

糸のレビュー・評価・感想

New Review
9

人と繋がることをあきらめないと、お互いに温めあいながら誰かのことも温めうる

・主題となっている「糸」の歌詞やメロディーから受け取れるぬくもりが、ひとりひとりの人生を通して描かれている。
平成という時代の流れとそれぞれの人生の山あり谷ありをこれでもかと盛り込まれた激しいストーリー展開のなか、
シーンごとに強く印象付けられる登場人物の心情に触れて、人生観を養える映画となっている。

・主演の菅田将暉さん小松菜奈さんは、本当の夫婦になり、この映画がまた一つの通過点かと思うとますます感慨深い。
脇を固める豪華なキャスト陣の演技は流石といいたい。子役の漣と香の娘ゆいちゃんも素晴らしかった。
『泣いている人がいたら抱きしめてあげる』というワードが後半、幾度か出てくるが、このシーンからストレートに、
人と人が出会い、紡いだ糸が布になってまただれかを温めるということが連想できた。

・中島みゆきさんの歌が、登場人物の心にも観客の心にも染み入る。
劇中、カラオケダイニングバーで香役の榮倉奈々さん、のちに竹原役の成田凌さんも歌唱する「ファイト!」は力強くてそれぞれのキャラクターの想いがこもっていたし、心に響いた。
昭和を代表する応援歌であり、人生のさまざまな苦難を乗り越える時に聴くとパワーをもらえる。

主題歌も挿入歌も、映画を通して中島みゆきさんの歌がいつの時代にも聴き続けられる理由がわかった。

10

糸の良さ

私が初めて映像を見て涙したのがこの映画でした。糸は菅田将暉さん演じるれんと小松奈々さん演じるあおいがすれ違いながらも最終的に結ばれるお話です。お互い中学生の頃に出会い、子供ながらに惹かれあい、よく二人でいましたが、実はあおいの家庭環境はとても悪かったのです。母の愛人に暴力を振るわれていて、それを助けるためにれんはあおいと逃げるのですが、見つかってしまいそこから離れ離れになってしまいます。そして友人の結婚式で二人は再開します。あおいには彼氏がいました。一方れんも職場の先輩と付き合い始めます。しかし、あおいとれんは二人で行方の分からなくなったあおいの母を探しに行きます。わかったのは母が亡くなったということでした。あおいは一度でいいから抱きしめてほしかったと言って泣きます。それをみてれんが優しくあおいを抱きしめます。ここはとても感動します。その後二人は自分たちの恋人のもとに帰ります。れんは結婚し子供が生まれます。しかし、妻の乳がんが発覚し、亡くなってしまいます。亡くなる前に妻がれんにいった言葉は涙なしでは見られません。一方あおいも彼氏と別れることになります。お互い仕事がうまくいかなかったり失敗が続いたりしながらも、周りの人たちに背中を押され、再び二人は出会います。最後に出会うときの二人の歩んできた回想シーンは忘れられません。一番感動しました。是非いろいろな世代の方に見ていただきたいです。

9

中島さんの世界観が

中島みゆきさんの糸をテーマにした話です。
人と人が出会って、それぞれに影響を与えてってところが、すごく歌のイメージに近いなと思いました。ずっと同じ人を想っていると言っても、彼、彼女に固執するのではなく、それぞれはそれぞれで大切な人を作ってるところがリアルでいいです。そんなもんだと思います。
榮倉奈々さんが子どもを残して亡くなる役で、そのところは全て泣けます。最初、主人公と出会った時は気のいい先輩という感じだったのに、主人公と結婚するというのも運命だし、短命だったのも運命だったのか。でも、子どもと一緒にいたかっただろうと思うと涙が止まりません。そのときの主人公は、ほんとに奥さんのことを想っていたと思います。そこがいいです。不倫純愛ものとかとはぜんぜん違います。ほんと、人と人の出会いは不思議なもので、結局は2人が付き合うのだとしても、他の人と付き合ったことにも、意味があったのだというのがわかりました。
それに、やっぱり主題歌の糸がいいです。ほんといい曲で、この歌が流れ出すと、グッときます。歌発信の映画ってたまにありますが、そのなかでも最高級にいいはなしだったのではないでしょうか。ただの恋愛ではない、人と人とのつながりを感じられました。

9

※ネタバレあり ラストにいくまでに何度も泣いてしまう作品

中島みゆきさんの名曲の糸を豪華俳優陣で映画化した糸は予告を見た時からとても気になる作品でした。予告でストーリーはなんとなく予想できていたので、豪華俳優陣を見たいがために鑑賞し始めました。そこで美瑛の素朴ですが雄大な美しさにまず圧倒されました。

そこから少年時代の2人の出会いから始まり、心を通わせあっているのに幼いが故になにも出来ない歯がゆさ。そこに中島みゆきさんの歌が流れると鳥肌が立つと同時に涙がこぼれるという、これが感動するということかと思わされる体験をしました。
そこから時は経ち、美瑛で葵を待ち続ける漣。対照的に世界を飛び回る生活をする葵。そしてそれぞれに恋の相手が現れて、お互いの気持ちに区切りをつけた2人。しかし漣の結婚した香はガンで幼い子供を残して亡くなってしまう。ここは幼い子供を持つ方なら大号泣必至ではないでしょうか。

そこから葵も裏切りや別れを繰り返して美瑛に帰ってきます。昔お世話になっていたおばあちゃん食堂に行くのですが、そこでのおばあちゃんと葵のやり取りが演技とは思えない自然で温かくて本当に引き込まれる演技でした。何度もすれ違いを重ねた2人ですが、最終的には運命的な再会をして映画は終わりを迎えました。

正直この終わり方だけスッキリしなかったです。これだけ再び出会い幸せな2人を見たいところを焦らされてこの終わり方か…と思いましたがまだ続きがありました。エンドロールで2人の結婚式の映像が流れました。こじんまりとしているけど温かさで溢れた式の映像に枯れたと思っていた涙がまた…。糸の歌詞を聞きながらそのシーンを見ていると、仕合わせとはこのような関係のことをいうのかなぁ…と余韻を引く映画でした。

エンディングだけ少し思うところがありましたが、全体的にはとても素晴らしい映画でした。人間の本当の幸せはなにか、今までの人生で自分はどのような糸(人間関係)を仕合わせてきたのか。とても心地よく幸せなことを考えるきっかけをくれたこの映画にお礼を言いたいです。

8

泣きたい時に観たい恋愛映画

この映画は、主人公の『高橋漣』と『園田葵』がすれ違って離れ離れになり、それぞれ別の人生を歩み、そして再会する愛のストーリー。漣と葵は互いに北海道に生まれる。二人の出会いは、13歳の夏。花火大会の日だった。漣は、親友の『直樹』と終了時間が迫った花火大会の会場に猛スピードで自転車を飛ばしていく。しかし花火大会は既に終わってしまっていた。疲れ切ってしまった漣は自転車ごと倒れて、怪我をしてしまう。その時、会場にいた女の子が怪我をしている漣に絆創膏を渡してくれる。漣はその子に一目惚れをした。その女の子が葵だった。そして互いに惹かれ合い、二人の初恋が始まる。しかし葵は突然姿を消す。養父からの虐待を受けていたのだ。そして31歳になって二人は再会する。劇中に流れる中島みゆきの名曲が切なさを引き立てる。この映画は主人公の菅田将暉、小松菜奈の他にも成田凌、榮倉奈々、二階堂ふみなどキャストがかなり豪華。そしてエンドロールでは、ミュージシャンとしても活躍する菅田将暉、石崎ひゅーいが歌っている糸が流れるのでそこも注目の一つだ。この映画は、思いっきり泣きたい、優しい気持ちになりたい人にお勧めだ。

9

中島みゆき作曲の【糸】に絡ませた映画

4人の幼なじみが平成、令和の時代を駆け抜け、その半生を懸命にかける物語。リーマンショック、東日本大震災、令和の幕開けとともに主人公たちの人生を時系列で描写。日本人なら誰でも知っている災害や人災に想いをめぐらせ、主人公の人生を観ているつもりが気がつけば自分の人生を振り返り、なぞらえて物語を観ていた。自分ではどうしようもない災害、震災、経済ショック…ただ普通に生きたい、穏やかに生きたいだけなのに、そんなに多くを望んでいないのに、それさえも叶わず翻弄され流される人生。
映画の中で使われる中島みゆきさんの作曲【糸】と【ファイト】。映画のストーリーにすごくマッチしており、曲が流れるたびに観ている人の心を揺さぶる。琴線にふれて涙があふれだす。
コロナ禍のなか、色んな事を我慢している人が多いように思う。私もいつからかちゃんと泣いておらず、映画の感動もあり久しぶりにちゃんと泣いた。泣くって大切な事なんだなと改めて思った。
【糸】の歌詞にあるように、なぜ人が巡り会うのか、なぜ人が出会うのかきっと誰も知らない。それでも糸のように人生の中には運命の出会いがいくつもあり、ほつれたり切れそうになりながらも必死に生きていく。そんな主人公の姿に心を揺さぶられ、大切な事を思い出した。

8

ツインレイの物語

よくある一般的な恋愛に関するストーリーというよりも、少し複雑な心境を綴った物語です。
主役の二人が惹かれ合っているにも関わらず、世間や常識などに邪魔をされながら思うように結ばれない。お互いにそれぞれの幸せを持ってはいるものの、繋がっている心の奥底では相手を求めずにはいられなくなっていく。
「ツインレイ」と呼ばれる二人としての物語であり、「無償の愛情」を常にテーマとして挙げているように感じます。
主題歌である「糸」になぞらえて「ミサンガ」を使用したり、どのような形でもお互いに繋がっている事を何度も確認しながら、それでもお互いの道を歩んで、様々な事を学びに変えていく。
信用し、裏切られ、人間の醜い部分を沢山見てきても尚、人を信じてしまう主役の二人が一番幸せである「一緒に居る事」を望んで、最終的には「阻まれていた世間からの後押しも相まって、幸せな結婚」へと歩みを進める。
決まった仕事を飛び出して挑戦し続けていく事の大切さ。
「努力」が必ず功を奏すという大切な価値観。
認められる事の大切さ。
幼い子供の意見をきちんと聞く素直さ。
その気持ちが大切であり、持ち続ける事で、「血縁」「様々な契約」などを飛び越え、自分のみならず周囲を幸せ空間なっていく。
とても色々と考えさせられました。

親タグ

兄弟タグ