ザ・トラベルナース(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ザ・トラベルナース』とは、テレビ朝日にて放送された、トラベルナースを主人公とした医療ドラマ。コロナウイルスによるパンデミックや高齢化社会における看護がテーマとなっている。
アメリカ帰りの那須田歩はさまざまな街を渡り歩き、医療現場を改革していくトラベルナースである。その相棒は伝説の看護師・九鬼静。2人は良きパートナーとして、勤務先である天乃総合メディカルセンターに変革を起こす。
テレビ朝日の大ヒットシリーズ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』の産みの親である中園ミホが脚本を担当している。

『ザ・トラベルナース』の概要

『ザ・トラベルナース』とは、2022年にテレビ朝日にて放送された、トラベルナースを主人公とした医療ドラマ。コロナウイルスによるパンデミックや、高齢化社会の中で常に激務である看護業界がテーマとなっている。主演は岡田将生。
アメリカ帰りの那須田歩(なすだあゆみ)はさまざまな街を渡り歩き、医療現場を改革していくトラベルナース。意識もプライドも高く、空気を読まない那須田歩は、手術で医師を補助し、医療行為を実施できる看護資格「ナース・プラクティショナー」を所持する優秀な看護師である。日本帰国後、天乃総合メディカルセンターで働くことになった歩は、そこで掃除ばかりしているミステリアスな伝説の看護師・九鬼静(くきしずか)と出会う。2人は良きパートナーとして、時にぶつかりあいながらも協力し、天乃総合メディカルセンターの医師や病院長、患者、そして周りの看護師を少しずつ変えていき、変革を起こしていく。空気を読まずいつも直球で情熱的な歩と、穏やかで静かだがここぞという時はハッキリとモノを言う静の2人が反発しつつ手を取り合い、患者のみならず医療従事者や自分自身をも救っていくというストーリー。
テレビ朝日の大ヒットシリーズ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』の産みの親である中園ミホが脚本を担当しており、今回は医師に代わってナースに焦点を当てている。
平均視聴率は12.1%、最高視聴率は最終回の12.9%を記録した。

『ザ・トラベルナース』のあらすじ・ストーリー

スーパーナースの登場

看護方針でぶつかる歩(左)と静(右)。

民間病院の天乃総合メディカルセンターでは看護師の退職が相次ぎ、人手不足に悩まされていた。看護部長の愛川塔子(あいかわとうこ)も毎日の激務に加えて、院長の天乃隆之介(あまのりゅうのずけ)やナースを見下す医師たちにうんざりしていた。そんな天乃総合メディカルセンターに、アメリカ帰りのトラベルナース那須田歩(なすだあゆみ)が赴任してきた。アメリカ帰りで意識もプライドも高い歩は初日から上下関係などおかまいなしで、空気を読まずに振る舞っている。
そんな中、議員の一ノ瀬勲(いちのせいさお)が天乃総合メディカルセンターへ転院してくることになり、「ゴッドハンド」と呼ばれる外科部長の神崎弘行(かんざきひろゆき)が執刀することになる。そして神崎は一ノ瀬のオペに入り、歩もオペ看として出術室へ入る。ところが歩は一ノ瀬の異変を察知し、オペを中止すべきと主張する。すると気分を害した神崎は、歩を手術室から追い出してしまう。追い出された歩の前に、院長お墨付きのベテラン看護師九鬼静(くきしずか)が現れる。スーパーナースの静は、歩を何度も「バカナース」と呼んでプライドを刺激するが、一方で「歩ちゃん」と呼んで2人は近づいていくのだった。
ある日天乃総合メディカルセンターに入院してきた二階堂日向子(にかいどうひなこ)の担当ナースになった歩と静。思うようにものを食べられない日向子に、静は少しずつ口から食べられるトレーニング提案するが、歩はまだ早すぎると猛反対。そんな歩に「やっぱりあなたは馬鹿ナース」と言い放ち、静は嚥下トレーニングの準備を始めてしまう。静が嚥下トレーニングにこだわったのは、グルメな日向子の「食べたい」という気持ちに寄り添っていたのである。そんな静の考えに気づいた歩は、少しずつ静に協力していくのであった。

歩と静の名コンビ

三雲大悟(みくもだいご)というモンスターペイシェントが入院してきた。三雲は大部屋を嫌がり、ナースたちにもセクハラ三昧。歩はそんな三雲に度々キレつつも、静は冷静に対処していた。
その頃仕事がうまくいかず悩んでいた看護師の麻美は、三雲と入院患者の三上礼(みかみれい)の点滴を取り違えてしまう。三雲はこの事態に、歩の責任を追求して訴えることにする。三雲の妻も激怒し、麻美は責任を感じて退職願を出してしまう。静はずっと三雲にキレ続けている歩に、「プライドが高いだけの馬鹿ナース」と言い放つ。
後日静は、三雲を屋上に連れ出す。なんと静はこれまでの三雲のセクハラを録画していたのだ。それを見た妻は三雲に激怒し、訴えを取り下げることになったのであった。
実は録画していたのは礼であった。礼はいつも寄り添ってくれた麻美の存在に助けられていたのだ。こうして麻美は病院を辞めることなく、もう一度ナースとして頑張る決意をしたのであった。

天乃総合メディカルセンターに末期の大腸がん患者・四方田和子(よもだかずこ)が入院してきた。しかし、彼女のがんは根治手術ができないほど進行していた。
医師たちは和子を緩和ケア病院へ転院させるべきだと判断し、外科医の郡司真都(ぐんじ まこと)は、担当医師の古谷亘(ふるやわたる)から和子本人に伝えるよう命じられた。内心納得ができない真都は、悩んだ末に歩の同席のもと、和子に病院の意向を伝える。ところが、和子は涙ながらに手術を強く希望する。同席していた歩は、「手術の検討の余地がある」とキッパリ即答してしまう。歩は和子のオペプランを真都に提案するが、真都は「ナースのくせに外科医に意見しないで!」と声を荒らげて言うのであった。
治療を放棄する病院や真都に怒りを爆発させる歩。実は子供の頃に母が入院しており、家族にとって医者に諦められることが1番辛いことだと知っていたからであったのだ。
実は和子には10年音信不通の息子がおり、手術をすれば病院から啓介に連絡が入って会いに来てくれると考えたことが、手術を希望した本当の理由であった。
自分の不甲斐なさにため息をつく真都に静は、「自分の判断を貫かず、患者から逃げるのは馬鹿ドクターだ」と突き放す。その言葉に吹っ切れた真都は、上司に頭を下げて和子の手術の約束を取り付ける。和子の手術後、その目の前には息子の姿があった。しかしそれは歩が息子ふりをして和子に寄り添っていたのであった。
こうして歩と静は少しずつ病院を変えていくのであった。

金谷吉子の秘密

人気講談師・五反田宝山(ごたんだ ほうざん)が天乃総合メディカルセンターに検査入院し、歩が受け持ち看護師になった。ところが、看護師の金谷吉子(かなやきっこ)が五反田の担当にしてほしいと看護部長の愛川に直訴する。無理矢理担当になった吉子であったが、なぜか五反田には冷たい態度で接するのであった。
五反田は直腸がんを患っていた。手術をすれば問題のないがんだが、歩の告知の仕方のせいで自分の余命が半年だと誤解して動揺し、行方をくらましてしまう。一方の吉子は一人で飲みに出かけてしまう。そして吉子が向かった飲み屋には五反田の姿があった。「どうせ死ぬなら好きなものを食べて飲んで楽しく過ごしたい」と言う五反田の頬を、吉子は思いっきり引っ叩く。実は2人は元夫婦だったのだ。そして静はこれに気づいていた。
寮では歩が静に「ナースの本分がわかっていない」と厳しく言われてしまう。後日、手術を終えた五反田は無事に退院の日を迎え、吉子に再度プロポーズする。しかし答えはNOであった。「二度と病院に帰ってくるな」というメッセージが込められているのだという静の言葉に考えこむ歩。もう少しだけこの病院で頑張ることを決める歩なのであった。

礼の死

入院中の三上礼。

ある日、静がかつて東都大学病院で看護部長をしていたと聞き、驚く看護師たち。そんな中、夜勤の人数が減らされることを聞きつけた看護師たちが愛川に詰め寄っていた。皆ここぞとばかりに今までの不満をぶつける。病院のためにと身も心も削って働いてきた愛川は落ち込んでしまい、静に相談すると、静はナイチンゲールの言葉を借りて「人をまとめることが出来る人は、人を愛することができる人」だと伝えた。何とか顔を上げた愛川だが、翌日患者が暴れているとクレームが入り、院長室に呼び出される。いつものように頭を下げる愛川だったが、思わず事務長が院長の愛人だとバラしてしまい、院長の逆鱗にふれて退職に追い込まれることになってしまった。
突然の看護部長の退職で、看護部長代理を任されることになった吉子。しかしあまりの激務に半日で音を上げ、愛川が必要な人であったと気づく。しかし、儲け第一主義の院長の気持ちは変わらない。すると静は院長と昔よく通っていた焼鳥屋で、「院長の代わりはいるが、愛川部長やナースたちの代わりはどこにもいない」と忠告するのであった。こうして静の働きかけで、愛川は復帰するのであった。
ある日、静は突然発作に襲われ廊下で苦しんでいた。筋トレで肋骨を痛めたと嘘をつく静。その一方で、入院患者の礼もまた手術もできない病魔にむしばまれていた。病院にやってきた礼の母親は延命治療ができる病院に転院することを決めてしまう。そして病室で仲間たちと映画作りの話を楽しそうにしている礼に転院を伝える。夢だった映画作りを諦める礼。そんな礼に、静は「映画作りの夢を実現しよう」と言い出す。
静は礼を散歩に連れ出し、自分自身も病を抱えていることを打ち明ける。そしてそれを、歩は偶然聞いてしまう。今まで笑顔を見せていた礼だったが、「まだ生きたい」と、やっと本心を打ち明ける。その言葉を聞いた歩は涙を拭いながら「礼の夢を叶えたい」と強く思い、「映画作りを一緒にやろう」と礼の背中を押すのであった。
医師に外出許可をもらった1日で映画を撮りきろうと作業を進めるが、ラスト1カットというところで礼の体調が悪化してしまう。気迫でラストシーンを撮り終えて倒れてしまう礼。抗がん剤治療専門の病院に転院し、治療を受けながら映画の編集作業に没頭する礼の表情は満足気であった。それからしばらくして、礼が旅立ったと天乃総合メディカルセンターに連絡が入ったのであった。

アメリカへの旅立ち

歩(左)にペンダントを渡す静(右)。

静は病院で胸を押さえて苦しんでいた。歩と真都の処置に救われたが、検査結果によって手術をしても治る見込みが少ない状態だと知った歩は愕然としてしまう。そんな状況でも、病室をこっそりと抜け出し患者のためにナースとして働く静。どうしても静を救いたい歩は、外科医の神崎が何度もマルファン症候群の手術を成功させていることを知り、「手術をして欲しい」と必死に頼みこむが、聞いてもらえない。愛川は、この病院で静の治療をして欲しいと院長に頼みこむが、「使えないナースはクビにしろ」という冷たい言葉が返ってきてしまう。
その直後、神崎が天乃総合メディカルセンターに姿を現した。実は静の手術を頼むために院長が呼び出していたのだ。しかし検査結果を見たとたん、「手術が出来る状況ではない」と去ってしまう。
歩はこれまで、静の患者に寄り添う姿勢を目の当たりにしてきた。知識も技術も申し分ない歩に、静が教えたかったのは患者の心に寄り添う気持ちであった。
静がまた倒れてしまい、夜通し看病をする歩。病気の進行で目に異常を感じた静は、「これ以上患者さんに寄り添うことは出来ない」と歩に告げた。静の気持ちにしっかりと寄り添おうとする歩に、「1人で死ぬのは怖いから歩に看取って欲しい」と話す静。
後日、静の見舞いにやってきたフローレンス財団の花岡から、静は歩をこれまで見守ってきたのだと聞かされる。アメリカにいる歩を天乃総合メディカルセンターに呼び寄せたのも、同じ時期に一緒に働き出したのも、実は歩を一人前の看護師にするための静の考えに基づいたものなのであった。
再び天乃総合メディカルセンターに現れた神崎は、静を救えるスーパードクターの手術をアメリカで受けるように言う。そしてそのスーパードクターの出した条件は、歩が静に同行することであった。早速、アメリカに向かう歩と静。自分に万が一のことがあったらいけないと、飛行機に乗る前に歩にペンダントを渡す静。そこには母親に寄り添う幼い歩の姿があった。死期が迫る母の手を優しく握り励ましてくれたナースの顔を思い出した歩は、そのナースが静であったことを思い出す。いつものように馬鹿な話をしながら搭乗口へと急ぐ2人は、アメリカへと旅立つのであった。

『ザ・トラベルナース』の登場人物・キャラクター

主要人物

那須田歩(なすだあゆみ/演:岡田将生、幼少期:佐藤遙灯)

医療行為の出来るNurse Practitioner(ナース・プラクティショナー)の資格をアメリカで取得しているフリーランスの看護師。帰国後は、天乃総合メディカルセンターで働くことになった。静に出会い、衝突しながら協力して周りの意識を変えていく。能力があり、非常にプライドも高く、キレると英語交じりになる。

九鬼静(くきしずか/演:中井貴一)

歩と同時期に天乃総合メディカルセンターに赴任した、謎多き伝説のナース。常に紳士的な振る舞いで、ナイチンゲールを尊敬している。治療方針などを巡って歩とたびたび衝突した。その正体は、医療従事者を支援するフローレンス財団の理事長であり、実家は代々医者を輩出した大富豪だが、家出してナースとなっている。

4umiya1111little
4umiya1111little
@4umiya1111little

Related Articles関連記事

エンジェルフライト 国際霊柩送還士(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

エンジェルフライト 国際霊柩送還士(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『エンジェルフライト 国際霊柩送還士』とは2023年3月よりAmazon Prime Videoにて配信中の日本のドラマ。主演・米倉涼子、脚本・古沢亮太、原作は佐々涼子によるノンフィクション小説である。 海外で亡くなった人の遺体を、母国の家族のもとへ送り届ける「国際霊柩送還士」という実在する仕事に携わる主人公・伊沢那美と仲間たちの奮闘、また故人とその家族や周囲の人間のドラマを笑いと涙を交えて描く作品である。

Read Article

銀魂(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

銀魂(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「銀魂」(実写版)は、2017年7月に公開された福田雄一監督による日本映画。空知英秋作画の漫画「銀魂」の実写化作品で、原作の長編「紅桜編」がベースです。「紅桜編」は、妖刀紅桜を利用して国の転覆を目論む鬼兵隊と、それを阻止しようとする主人公坂田銀時と仲間たちの戦いを描いたもの。原作はSF時代劇コメディです。実写版はそれを忠実に再現し、ギャグ満載、時にほろりとさせる内容になっています。

Read Article

マスカレード・ホテル(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

マスカレード・ホテル(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『マスカレード・ホテル』とは、東野圭吾が書いた人気小説『マスカレード・ホテル』を原作とした大ヒット映画である。木村拓哉主演の映画で、長澤まさみや小日向文世、渡部篤郎など豪華キャストがそろっている。物語は予告連続殺人事件の捜査のために、警視庁の刑事たちがホテル・コルテシア東京に潜入捜査をする。エリート刑事の新田はフロントクラークとして同じホテルの仕事をする山岸と共に、次々とホテルに来る怪しい宿泊客の対応をしていく。誰が殺人事件を起こそうとしている犯人なのかを突き止めていくミステリー映画。

Read Article

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「銀魂2 掟は破るためにこそある」とは、2018年8月に公開された、空知英秋原作の漫画「銀魂」を実写化した日本映画です。2017年公開「銀魂」の続編で、前作に続き監督は福田雄一、主演は小栗旬が務めています。前作とほぼ同じメインキャストで臨んだ本作は、原作で人気の長編「真選組動乱編」と、ギャグ色の強い「将軍接待編」をドッキングさせた内容。「真選組動乱篇」は真選組の参謀伊東鴨太郎の謀反を中心にした物語、「将軍接待編」は、万事屋がバイトするキャバクラに徳川茂茂がやってきて起きる騒動を描いたものです。

Read Article

地獄の花園(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

地獄の花園(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『地獄の花園』とは、監督は関和亮、脚本はバカリズムが担当して2021年に公開された日本映画である。三富士株式会社に勤める田中直子は、同僚のOLと恋バナやコスメの話題で盛り上がるごく普通のOLである。しかし途中入社してきた北条蘭の登場によって直子はヤンキーOL同士の派閥争いに巻き込まれていき、さらには直子自身の秘密も暴かれていく。この物語は「普通のOLになりたい」と切実に願う直子が、ヤンキーOLたちの熱い闘いにより不本意ながらも本来の姿を取り戻していく、アクション・コメディ映画となっている。

Read Article

宇宙兄弟(アニメ・漫画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

宇宙兄弟(アニメ・漫画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『宇宙兄弟』とは2007年に講談社『モーニング』にて連載がスタートした、小山宙哉による漫画及び、原作を基にしたアニメ作品。大人気を博し、のちにアニメ及び実写で映画化されている。「兄弟二人で宇宙飛行士になる」という幼いころの約束。弟は夢をかなえて宇宙飛行士になっていた。いつしか夢をあきらめて別の道に進んだ兄六太(ムッタ)のもとへ、もう一度宇宙へのチャンスがやってくる。宇宙飛行士になるまでの過程や施設、訓練、ミッションの様子など、宇宙の魅力がふんだんに詰め込まれた作品である。

Read Article

HERO(2007年の映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

HERO(2007年の映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「HERO」とは2007年9月8日に公開された日本の映画作品。2001年にフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の映画版。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2007年の日本映画興行収入第1位 (81.5億円)を記録した。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が傷害致死事件を通して大物代議士の疑惑に関わることになる。

Read Article

おもひでぽろぽろ(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

おもひでぽろぽろ(ジブリ映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

1991年公開のスタジオジブリ作品。監督・脚本は高畑勲。制作プロデューサーとして宮崎駿も参加している。ひとり旅に出た27歳の私が“小学5年生のワタシ”と一緒に、それまでの歩みを振り返るストーリー。 声優として今井美樹や柳葉敏郎が参加していることも上映当時には話題となった。 キャッチコピーは「私はワタシと旅に出る」。

Read Article

民王(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

民王(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『民王』とは、2015年7月から9月まで、テレビ朝日で放送された政治を題材としたコメディドラマ。主演は遠藤憲一と菅田将暉。原作は池井戸潤の小説である。内閣総理大臣の武藤泰山と、息子で大学生の翔の人格がある日突然入れ替わってしまい、互いの仕事や生活を入れ替わった状態で悪戦苦闘するストーリー。2016年4月にスペシャルドラマ『民王スペシャル〜新たなる陰謀〜』と、貝原茂平が主役の『民王スピンオフ〜恋する総裁選〜』が放送されている。

Read Article

大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『大豆田とわ子と三人の元夫』とは、2021年にフジテレビ系火曜21時枠で放送された松たか子主演のドラマである。第76回文化庁芸術祭で優秀賞を受賞。大豆田とわ子は三度の離婚歴がある女性。周囲からは「バツ三なんだって」「人間的に問題があるのかね」という好奇の目で見られている。離婚した三人の元夫達にも振り回される日々。それでも「幸せになることを諦めていない」大豆田とわ子と元夫たちの奮闘を描く。本当の幸せを掴めるのか。これからの元夫達との関係は。新感覚のロマンティックコメディーである。

Read Article

HERO(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

HERO(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『HERO』とは、第1期が2001年に、第2期が2014年にフジテレビ系で放送された、検察をテーマにした日本のテレビドラマシリーズ。木村拓哉が主演を務め、自身の正義と価値観で捜査を行う型破りな検事・久利生公平と彼を支える検察事務官、同僚検事たちの活躍を描いている。その他、2006年にドラマ特別編が、2007年には劇場版がそれぞれ制作され、2015年には劇場版第2作が制作された。第28回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞を受賞した。

Read Article

君と世界が終わる日に(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

君と世界が終わる日に(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『君と世界が終わる日に』とは、2021年1月から3月まで日本テレビでドラマ放送された、竹内涼真主演のゾンビサバイバルドラマである。物語は主人公の間宮響が恋人の小笠原来美を探しながら、生存者たちと一緒にウイルスに感染した人間のゴーレムと戦い、ゴーレムのいない安全な場所を目指して旅するストーリーである。人間を襲うゴーレムを倒しながら、生存者たちの仲間の絆が深まっていき、みんなで助かろうと一生懸命に生きる姿を見られるドラマ。主人公の間宮響の諦めの悪い性格や襲ってくるゴーレムとの闘いも見どころのひとつ。

Read Article

やまとなでしこ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

やまとなでしこ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『やまとなでしこ』とは、2000年にフジテレビの月9枠で放送されていたドラマ。脚本は『ハケンの品格』や『花子とアン』を担当した中園ミホなどが手掛ける。主演は松嶋菜々子。その他、堤真一や矢田亜希子などが出演している。玉の輿に乗ることを夢見る客室乗務員の神野桜子と、小さな魚屋を営む中原欧介の恋愛模様を描く、ロマンスコメディである。本作は平均視聴率26.4%、最高視聴率は34.2%を記録。2000年以降に放送されたフジテレビのドラマでは、歴代2位の視聴率を獲得した。

Read Article

映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』とは、人気テレビアニメ『妖怪ウォッチ』の劇場版3作品目として作成された、2016年に公開のファンタジーアニメ映画。さくらニュータウンで妖怪たちと楽しく過ごしていたケータは、気が付くとアニメーションの世界から毛穴世界と名付けられた実写の世界に迷い込んでいることに気が付く。アニメーションと実写映像を組み合わせたシリーズ初のハイブリット映画。

Read Article

大奥(2023年のドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

大奥(2023年のドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『大奥』とはNHK総合の「ドラマ10」枠で放送された、よしながふみ原作のテレビドラマで、男女逆転した大奥を描く物語である。2023年1月10日から3月14日まで放送。2023年3月度のギャラクシー賞月間賞を受賞している。原作はよしながふみによる漫画『大奥』で、2004年から2021年まで白泉社『Melody』にて連載されていた。舞台は謎の疫病により男の数が激減した江戸時代の日本。世の権力が男から女へと移っていく様、女将軍と支える大奥の男たちの物語を描いている。

Read Article

新選組!(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

新選組!(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『新選組!』とは2004年1月から12月まで放送されたNHKの大河ドラマである。幕末を舞台に若者たちが命を懸けて己を貫く姿を中心に、青春群像劇として高い評価を得た。多摩の百姓であった近藤勇が真の侍になるため京に上り、仲間たちと新選組を結成し誠の忠義を貫くために戦い、生きていく姿が描かれている。香取慎吾をはじめ若手俳優たちが生き生きと演じたこと、また人気脚本家三谷幸喜の脚本も見どころの一つとされている。

Read Article

鎌倉殿の13人(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

鎌倉殿の13人(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『鎌倉殿の13人』とは2022年にNHKで放送された、平安時代〜鎌倉時代初期を舞台とした大河ドラマである。主演は小栗旬が務めた。 伊豆の地方豪族の次男坊であった北条義時(ほうじょうよしとき)は源頼朝(みなもとのよりとも)に仕え、源平の戦乱の中に巻き込まれていく。そして鎌倉幕府成立後は有力御家人たちとの権力闘争を勝ち抜き、次第に非情な権力者になっていく姿が描かれている。 脚本は今作が大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛けた。 同作品は2023年のエランドール賞特別賞を受賞している。

Read Article

あさが来た(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

あさが来た(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『あさが来た』とは、幕末から明治にかけて活躍した実業家・教育者の広岡浅子をモデルとしたNHKの連続テレビ小説。2015年9月から2016年4月にかけて放送された。平均視聴率は23.5%で、朝ドラとしては2016年当時の最高記録となって話題に上った。 女性の社会進出が難しかった幕末から大正の時代に、女性起業家のパイオニアとして奔走した主人公・白岡あさの物語。銀行、生命保険会社、女子大学の設立という一大事業に邁進するあさと、彼女を支える家族、変化していく社会が描かれる。

Read Article

ステキな金縛り(三谷幸喜)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ステキな金縛り(三谷幸喜)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ステキな金縛り』とは三谷幸喜が監督したコメディ映画。三谷幸喜が生誕50周年に作られたエンターテイメント作品である。ストーリーはドジっ子弁護士の宝生エミが殺人事件を担当。被告人のアリバイを証明できるのは落ち武者の幽霊だけ。弁護士と落ち武者の幽霊が協力して、被告人の無罪を証明するために奮闘する映画になっている。主人公の宝生エミ役を演じた深津絵里は、第35回日本アカデミー賞で主演女優賞にノミネートされ、その他の豪華キャストに落ち武者の幽霊・更科六兵衛役を西田敏行、速水弁護士役を阿部寛が演じている。

Read Article

ラスト・シンデレラ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ラスト・シンデレラ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ラスト・シンデレラ』とは2013年4月に22時からフジテレビで放送されたドラマ。脚本を中谷まゆみ、主演を篠原涼子が務めている。彼氏いない歴10年の39歳独身・遠山桜は自分のことに無頓着なおやじ女子だった。そんな彼女の人生は、佐伯広斗との出会いをきっかけに変化し、恋に落ちていく。不器用な桜と肉食系男子の広斗の恋愛や、彼女を取り巻く人々の人間関係を明るく描いており、気軽にみられる大人なラブコメディーである。

Read Article

Night Doctor(ナイト・ドクター)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

Night Doctor(ナイト・ドクター)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『Night Doctor(ナイト・ドクター)』とは、2021年6月から9月にフジテレビ系”月9”枠で放送された、若き医師達の葛藤と成長を描いた医療系テレビドラマである。主演は本作が月9初出演・初主演の波瑠が務めた。医師の働き方改革に伴い、柏桜会あさひ海浜病院では試験的に夜間勤務専門の救急医”ナイト・ドクター”制度を始めた。ナイト・ドクターとしてそこに集まったのは年齢も性格も価値観も異なる5人の医師だった。夜は医師として命に、昼はそれぞれの人生に向き合う医師達を描いた青春群像医療ドラマ。

Read Article

忍者に結婚は難しい(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

忍者に結婚は難しい(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『忍者に結婚は難しい』とは横関大による小説、およびそれを原作としたテレビドラマである。小説は2022年に講談社から刊行、ドラマは2023年1月から3月までフジテレビ系で全11話が放送された。主人公である草刈蛍と草刈悟郎は、忍者である秘密をお互いに隠して結婚している夫婦である。任務をこなしていくうちにお互いに違和感を覚えていき、2人の間には不穏な空気が流れる。忍者として生きるのか、ただの人間として生きるのかを迫られていく、ヒューマンラブコメディーである。

Read Article

大病院占拠(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

大病院占拠(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『大病院占拠』とは、日本テレビで放送された嵐の櫻井翔主演のサスペンスドラマである。心の病で刑事を休職している武蔵三郎が、界星堂病院を占拠した鬼のテロリストから人質を救出しようとするストーリーとなっている。櫻井翔の他に、比嘉愛未、白洲迅、渡部篤郎など豪華キャストがドラマ出演している。ドラマの脚本は福田哲平、音楽はベイリー芦屋が担当する。鬼のテロリストによって次々と犯罪者の罪が暴かれていくシーンや犯行に及んだ理由も、ドラマの見どころのひとつである。

Read Article

NEW
カムカムエヴリバディ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

カムカムエヴリバディ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『カムカムエヴリバディ』とは、NHK連続テレビ小説の第105作目となるテレビドラマ。2021年11月1日から2022年4月8日まで放送された。 連続テレビ小説史上初となる3人のヒロイン、安子(やすこ)、娘のるい、孫のひなたの親子3世代にわたる家族の物語である。安子の生まれた1925年(大正14年)から物語はスタートし、ひなたがアメリカでキャスティングディレクターとして活躍する2025年までの100年を描いている。

Read Article

小さな巨人(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

小さな巨人(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『小さな巨人』とは、警察組織と戦いながら事件解決をしていく、エンターテインメントドラマである。優秀な刑事・香坂真一郎(こうさかしんいちろう)が所轄に異動になり、警察の上層部と戦いながら、所轄の刑事と共に事件解決をしていくストーリー。主演の長谷川博己の他に、岡田将生、安田顕、芳根京子、香川照之らがドラマ出演している。プロデューサーは伊與田英徳たち、脚本は丑尾健太郎たちが担当した。キャッチコピーは「敵は味方のフリをする」であり、警視庁と所轄の確執や警察内部の裏切者など、警察同士の戦いが描かれている。

Read Article

青天を衝け(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

青天を衝け(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『青天を衝け』とは2021年にNHKで放送された大河ドラマ。幕末〜昭和初期を舞台に、実業家として日本の礎を築いた渋沢栄一を主人公としている。主演は吉沢亮が務めた。武蔵国の農民であった渋沢栄一は後に将軍となる一橋慶喜に仕えることで、幕末の動乱に巻き込まれていく。明治に入った後は官僚として新政府を支え、下野した後は実業界に入り数々の企業の経営に携わった。ドラマでは常に前を向き未来を切り開いていく栄一の姿が描かれている。第110回ザテレビジョンドラマアカデミー賞を受賞している。

Read Article

TOKYO MER(走る緊急救命室)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

TOKYO MER(走る緊急救命室)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『TOKYO MER(走る緊急救命室)』とは、2021年7月から9月まで放送された本格救命医療ドラマ。都知事の号令で東京海浜病院内に設置された、試験運用中の救命救急プロフェッショナルチームTOKYO MER。最新の医療機器とオペ室を搭載したERカーで、危険な重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、負傷者に救命処置を施すチームの活躍を描く。一人も死者を出さないことが、彼らに課されたミッションである。コロナ禍で新型コロナウイルスとの闘いを続ける医療従事者に感謝の意を込めたドラマとして放送された。

Read Article

御手洗家、炎上する(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

御手洗家、炎上する(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『御手洗家、炎上する』とは、Netflixで配信されているサスペンスドラマで、原作は藤沢もやしによる漫画作品。主演は永野芽郁。その他、鈴木京香、中川大志などが出演している。 村田杏子は代々病院を経営する御手洗家の長女だったが、火事で家が全焼するという事件が起こり、両親が離婚してしまう。だが、杏子は後妻の御手洗真希子が火事を起こしたのではないかと疑っていた。そのため、杏子は御手洗家に家政婦として潜入し、火事の真相を暴く決意をする。杏子が家庭を壊した真希子に復讐する、復讐劇が繰り広げられる。

Read Article

記憶にございません!(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

記憶にございません!(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『記憶にございません!』とは、2019年に公開された日本映画。舞台演出を経て、日本を代表するコメディ映画監督となった三谷幸喜の長編映画第8作目。史上最低の支持率を記録する、身勝手で横暴な総理大臣・黒田啓介は市民の投石が頭に命中し、記憶を失くしてしまう。首相の記憶喪失で引き起こされる、周囲の官僚、家族、そして日本国全体を巻き込んだドタバタ喜劇となっている。中井貴一や石田ゆり子など、実力派俳優陣のコミカルな演技に注目。

Read Article

どうする家康(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

どうする家康(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『どうする家康』とは、2023年に放送されたNHK大河ドラマ第62作。脚本家の古沢良太が新たな視点で主人公の徳川家康の生涯を描く。室町時代後期から江戸時代の日本が舞台。両親と離れ離れになり、駿河国大名・今川義元の人質として孤独な人生を送るものだと思っていた少年はやがて弱小国の主となる。様々な選択をしながら戦いのない世界を目指し、乱世に飛び込んでいく物語である

Read Article

アイネクライネナハトムジーク(小説・漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

アイネクライネナハトムジーク(小説・漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『アイネクライネナハトムジーク』とは、2014年に発刊された伊坂幸太郎の連作短編集を原作とした、2019年に公開された日本映画である。監督は今泉力哉。会社員の佐藤(さとう)は、恋愛したいと思いつつも「出会いがないから」と理由をつけて恋愛に積極的になれずにいた。それを友人の織田一真(おだかずま)や妻の由美(ゆみ)らが見守る中、佐藤と本間紗季(ほんまさき)は劇的な出会いを果たす。この作品は、佐藤と紗季やその周りを取り巻く人々が10年にわたって織りなす物語を穏やかに描き出す作品である。

Read Article

ゴールデンカムイ(実写映画版金カム)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ゴールデンカムイ(実写映画版金カム)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

実写版『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルの同名漫画を原作とする2024年公開の映画作品。山﨑賢人、山田杏奈、玉木宏、舘ひろしといった豪華俳優陣が出演し、監督は久保茂昭が務めた。キャッチコピーは「猛き者達よ、奪い合え」、「果たすべき、使命はあるか」。 明治末期の北海道。戦争帰りの兵士杉元佐一は、「アイヌがどこかに隠した莫大な金塊」の噂を耳にする。金塊を巡る陰謀の中で父を失ったアイヌの少女アシリパと出会った杉元は、彼女と組んで金塊探しに挑み、その情報を持つ脱獄囚たちや陸軍との争奪戦を繰り広げる。

Read Article

リバーサルオーケストラ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

リバーサルオーケストラ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『リバーサルオーケストラ』とは、2023年1月期の日本テレビ系「水曜ドラマ」枠で放送されたテレビドラマである。主演は門脇麦、他主要人物として田中圭、生瀬勝久らが出演。元天才バイオリニストの谷岡初音は表舞台から去り、今は市の職員としてひっそりと暮らしていた。ある日、マエストロとして活躍中の市長の息子・常葉朝陽によって、地元のポンコツ楽団・児玉交響楽団のメンバーにさせられる。楽団を立て直すため奔走する初音と朝陽、また2人を取り巻く個性豊かな楽団メンバーが織りなす音楽エンターテインメントである。

Read Article

君が心をくれたから(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

君が心をくれたから(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『君が心をくれたから』とは、2024年1月からフジテレビ「月9枠」で放送されたファンタジー恋愛ドラマである。根暗な主人公、逢原雨(あいはら あめ)が高校時代に唯一友達だった、朝野太陽(あさの たいよう)と再会する。その後、太陽は交通事故で命の危機にさらされる。そこで雨が「奇跡」を受け入れることで、自分の五感を3か月間で全て失うことを条件に、太陽の命を助けたのであった。話が進んでいくにつれて、次々に五感を失っていく雨と、太陽の悲しい恋の行方が描かれている。

Read Article

宇宙兄弟の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

宇宙兄弟の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『宇宙兄弟』とは2008年より小山宙哉が『モーニング』に連載している、宇宙・宇宙飛行士に焦点をあてて描いている漫画作品、およびそれらを原作としたアニメ・映画作品だ。作中では主人公南波六太(ムッタ)と同期の伊東せりかや、ムッタの弟日々人(ヒビト)とロシアのバレリーナであるオリガなどのほのかな恋愛模様も描かれている。また「家族の絆」にスポットを当てたエピソードが多数登場しており、既婚者も多い。当記事では『宇宙兄弟』の恋愛関係やカップリング・夫婦などを紹介した。

Read Article

宇宙兄弟の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

宇宙兄弟の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『宇宙兄弟』とは小山宙哉によって執筆された、夢を諦めた兄が宇宙飛行士の弟と「兄弟で月に立つ」という夢をもう一度実現するべく宇宙飛行士目指して奮闘する、宇宙を題材にした漫画作品である。夢を叶えた弟に劣等感を抱く兄六太(ムッタ)や、ともに宇宙を目指す仲間達、弟の日々人(ヒビト)などが発した名言・名セリフの数々は「もう一度立ち上がろう」という小さなきっかけをくれる原動力を、多くの人々に与えている。『宇宙兄弟』の心にしみる名言・名セリフ、印象深いシーンなどをご紹介する。

Read Article

目次 - Contents