新聞記者(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『新聞記者』とは2019年に公開された日本の社会派サスペンス映画である。中日新聞社の記者である望月衣塑子による同名の著書を原案とし、監督は藤井直人が務め、韓国の実力派女優であるシム・ウンギョンと松坂桃李がダブル主演として起用された。若手女性新聞記者とエリート官僚の二人が、官邸が絡んだ大学新設計画にひそむ謎に迫っていく姿を描く。2020年の第43回日本アカデミー賞では主な賞を総なめにした作品である。

『新聞記者』の概要

『新聞記者』とは中日新聞記者の望月衣塑子のベストセラー『新聞記者』を原案に、2019年6月28日に全国公開された社会派サスペンス映画である。
監督は2014年に『オーファーザー!』で長編映画デビューを果たし、その後も『青の帰り道』『デイアンドナイト』などを手掛けた藤井直人が担当した。藤井はその後も『やくざと家族 The Family』や『余命10年』など話題作を次々と手がけている。
主演は世界中で大ヒットした韓国映画『怪しい彼女』主演の人気実力派女優のシム・ウンギョンと日本の若手演技派俳優である松坂桃李がダブルで務めている。
その他、田中哲司、北村有起哉、高橋和也など名バイプレーヤーたちが脇を固めている。
音楽は映画『空母いぶき』『Fukusima50』など映画音楽を多数手がける作曲家の岩城太郎が担当し、主題歌は日本のアコースティックバンドOAUが「Where have you gone」を提供している。

物語の中心となるのは若手新聞記者である吉岡エリカ(よしおかえりか/演:シム・ウンギョン)と内閣情報調査室の若きエリート官僚の杉原拓海(すぎはらたくみ/演:松坂桃李)の2人である。この2人が政府が進める大学新設に潜んだ真相を、権力に抗いながら解き明かしていく過程をサスペンスフルに描いていく。
2016年に明らかになったいわゆるモリカケ問題や、2017年に会見が行われた伊藤詩織さんの事件などをあからさまに想起させる内容も評価が高い。

2020年の第43回日本アカデミー賞では最優秀作品賞、最優秀主演男優賞、最優秀主演女優賞の三冠を達成した作品である。

2022年1月には同じく藤井直人が監督、米倉涼子が主演した連続ドラマがNetflixで配信された。

『新聞記者』のあらすじ・ストーリー

元大学教育局長の不祥事

吉岡エリカ(演:シム・ウンギョン)は日本人の父と韓国人の母とのハーフで、大学卒業までアメリカで育っていた。同じくジャーナリストであった父が誤報を出したことでバッシングされ自殺したことをきっかけに、自身も日本で東都新聞の社会部記者として働いている。

ある日出社した吉岡は社会部に送られてきたFAXについて調べるよう、上司の陣野和正(じんのかずまさ/演:北村有起哉)から指示される。その資料には目を黒く塗りつぶされた羊の絵が描いてあった。
その内容は医療系の大学院大学を新潟特区に建設する予定があること、認可先は内閣府で運営は民間企業に委託することなどが書かれていた。

同じころ元大学教育局長であった白岩聡(しらいわさとし/演:金井良信)が女性野党議員と不適切な関係を持っていたという記事が、全国すべての新聞の一面、同じ位置に同じ文章の記事が掲載される。その不自然さに吉岡らは内閣情報調査室の関与を疑う。
白岩は大臣の息子を不正入学させたことを追及され、辞任させられていた。しかし不正入学は官邸の指示だったと発言しており、この記事は内情を暴露した白岩に対して「反逆者は殺せということ、しかもそれに新聞が加担している」と吉岡は怒りをあらわにする。

白岩が野党議員と酒を飲みながら談笑している写真をマスコミに送ったのは内閣情報調査室に勤務している杉原拓海(すぎはらたくみ/演:松坂桃李)だった。
杉原は元外務官僚であったが内閣情報調査室に異動になり、慣れない仕事に戸惑いながらも上司である多田智也(ただともや/演:田中哲司)の指示を遂行していた。

ジャーナリストによるレイプ事件

ある日、総理に近いと言われるジャーナリストがレイプ事件を起こす。しかしそのジャーナリストの逮捕は見送られることになり、それには官邸の指示で会ったというニュースが報じられる。
それを不服とし、被害者である後藤さゆり(ごとうさゆり/演:東加奈子)がレイプ事件としては異例の顔を出しての会見を行う。

内調では後藤さゆりは野党によるハニートラップだったというチャート図を作るように多田は杉原に指示を出す。
民間人にそこまでしていいのかと尋ねる杉原に「これも国を守る大事な仕事だ」と多田は言い放つ。

後藤さゆりの記者会見が行われる。会見で後藤は担当の刑事が言ったという「上からの指示で逮捕状が取り消され、自身も担当を外された」ことを話した。
そして性被害が女性を一生傷つけ、苦しむ人生を強いるものだと強く語った。
会見後参加していた男性記者が「あんな胸元が開いた服を着て話しかけられたら『今晩いいですよ』て誘われてるって思っちゃうよな」と後藤を揶揄するような冗談を言う。同じく会見に参加していた吉岡は「それはセクハラだ」と彼らに抗議をする。

内調では杉原たちが「後藤さゆりは野党が仕掛けたハニートラップ」という書込みをツイッターやSNSで拡散させていく。
それに賛同するもの、批判的なもの、擁護するもの、攻撃的なもの、さまざまなツイートが拡散し入り乱れ、記事は混沌の中に埋没していく。

神崎の死

杉原は外務省時代の上司であった神崎俊尚(かんざきとしなお/演:高橋和也)から食事に誘われる。久しぶりの再会を喜び、昔を懐かしむ杉原は5年前に外務省で起きた文書改ざん事件の責任を神崎一人に背負わせたことを詫びる。神崎は「俺のようにはなるなよ」と独り言のようつぶやく。

吉岡はスキャンダルになった元大学教育局長の白岩を新設大学の件で取材していた。
白岩は文科省にも大学新設の話があったが断っていたこと、また大学新設の情報をリークしたのは認可先である内閣府に出向している人物ではないかと吉岡に伝える。吉岡は出向者のリストの中から新設大学の担当であった神崎に取材をしようと試みるが、療養中と断られてしまう。

杉原は外務省時代の先輩である都築亮一(つづきりょういち/演:高橋努)から神崎が新設大学の担当であったこと、そして内調からマークされたことで外されたことを聞く。不安になった杉原は神崎に何度も電話をするが、やっとつながった神崎は「俺たちはいったい何を守ってきたんだろうな、すまない」と言い残し、ビルから飛び降りる。
内調に戻った杉原に渡されたのは神崎の資料だった。そこには神崎が新設大学の資金を不正流用したことが発覚し、自殺したと書かれていた。
内調の杉原の同僚たちはその情報をまたネットに拡散させていく。

神崎の通夜

杉原は神崎の通夜に参列していた。
通夜が終わり、斎場を後にする神崎の妻伸子(のぶこ/演:西田尚美)と娘の千佳(ちか/演:宮野陽名)に記者たちが群がり「不正流用は本当にあったのか」「自殺の兆候はなかったのか」「何か気になることはなかったか」などぶしつけな質問をしていく。それをかばうように杉原は彼女たちに付き添い、記者たちをかき分けていた。
同じく通夜に参列していた吉岡は取材する記者たちには加わらずにいた。しかし記者たちの質問の対象が娘の千佳に移り、うつむいた千佳にシャッターが浴びせかけられるのを見て、自分の父が自殺したときのことを思い出す。吉岡も記者たちに同じようにもみくちゃにされたことを思い出し、思わず記者たちを制してしまう。その隙に杉原は伸子らをタクシーに乗せ見送る。
杉原は吉岡に「君はあっち側の人間だろう、どうしてあんなことを言った」と尋ねる。吉岡は自分が神崎が死んだ本当の理由を知りたいこと、そして杉原はどう思うのかを尋ねるが杉原は「君には関係のないことだ」と言い残し立ち去る。

そこへ杉原の携帯に妻、奈津美(なつみ/演:本田翼)の入院する病院から連絡が入る。奈津美は自宅で破水し、危険な状態であったため緊急の帝王切開手術が行われていた。
手術は成功し母子ともに命に別状はないという医師の言葉に杉原は胸をなでおろし、奈津美の寝顔にそばにいなかったことをただただ謝るのだった。

接触する2人

国会前では神崎のスキャンダルに怒った市民たちが、内閣の退陣を訴え抗議デモを行っていた。内調では多田がデモ隊の写真に写っている数人に印をつけ、公安に調べさせるよう指示を出す。「彼らはみな一般人ですよ?」と尋ねる杉原に「犯罪予備軍だ」と多田は答える。「それは個人的見解ではないですか」と言う杉原に「だとしたらなんなんだ」と開き直るように多田は言う。
内閣府から出た杉原はデモ隊の取材をしている吉岡を見つける。吉岡は新設大学の資料をリークしたのは神崎かもしれないと杉原に話し、協力を求める。

杉原は吉岡に接触することを決意する。
杉原は吉岡に神崎が不正流用をするとは信じられないし、そんなことで自殺するような人でもないと話す。吉岡は自分の父も誤報で自殺したことを話し、父の死で誤報の真相は分からなくなってしまったこと、だからこそ神崎が死んだ理由をどうしても知りたいと話す。

内調に戻った杉原は多田に呼び出され、出産祝いを渡されながら吉岡に協力しないように圧力をかけられる。

ダグウェイ事件

吉岡は神崎の自宅を訪ねる。最初は妻の伸子に拒否されるが、インターホンのモニター越しに羊の絵を見せると、伸子はそれが神崎が書いたものだと認める。霊前に手を合わせる吉岡に伸子は神崎の書斎の机のカギを渡す。
吉岡は机の引き出し中から『DUGWEY SHEEP INCIDENT』(ダグウェイの羊事件)という本を見つける。それはアメリカの生物兵器の実験場で起きた羊の大量死の謎を追ったノンフィクションだった。
吉岡は杉原を呼び出し、新設大学は生物兵器の製造を可能にする設備を持つ大学なのではないかという疑惑を伝える。それを許せなかった神崎が書類を東都新聞にリークしたという可能性について語る。
しかし吉岡は大学の目的が軍事目的だという明確な証拠がないと記事としては書けないと続け、証拠を手に入れるため神崎に協力を頼む。神崎は「自分は国側の人間だ」とためらうが、吉岡に「本当にそれでいいのか」と説得され、協力することを約束する。

杉原は早朝に現在の大学新設の担当である都築のオフィスに行き、都築が出勤する前にこっそり資料を探す。
吉岡は出勤途中の都築に取材を申し込み、何とか足止めしようとする。そして杉原は資料を写真に収めることに成功する。

杉原の覚悟

吉岡と杉原はホテルの一室に陣野を呼び出す。2人は官邸は生物兵器になりうる病原菌を研究するために、大学と言う名前で研究施設を作ろうとしていると説明する。記事を書かせてくれと頼む吉岡に、陣野は新聞社に内調から圧力がかかっていることを話す。彼らは記事を出しても誤報になると言い、その証拠もそろっているというのだ。
誤報だと言われたときにこちらには跳ね返す手段がないと話す陣野に、その時は自分の実名を出してくれと杉原は頼む。家族のことを心配し吉岡は反対するが「君なら自分の父親にどちらを選択してほしい?」と言われ、杉原の覚悟を無駄にしないと誓う。

吉岡は記事を書き始める。杉原や陣野も協力し、修正を入れていく。そして翌朝の一面に「新大学で生化学兵器研究」の記事が掲載される。

エンディング

その朝、杉原は妻奈津美と娘の退院に付き添い帰宅していた。奈津美に不在中に新聞受けにたまった郵便物を指摘され、謝りながら回収した杉原はその中に神崎からの手紙が入っていることに気づく。
手紙の中で神崎は迷惑をかけることを詫びていた。そして新設大学の運営をする民間企業が首相の友人の会社であること、その会社に大量の税金が流れていること、そしてそこには自分の決済印が押されていることが書かれていた。そして5年前に続き、また国民を裏切るようなことには耐えられないと死を選ぶことが書かれていた。

東都新聞では陣野から吉岡の記事は捏造であり誤報だと週刊誌が報じるということが伝えられるが、同時に大手新聞各社は今回の報道を追いかける記事を書き始めているという良いニュースももたらされる。
勢いづいた吉岡は、杉原の実名を出した続報を出すことを決意する。

吉岡に会いに新聞社を出た吉岡に内調の多田から電話がかかってくる。多田は名乗らず「実によくかけた記事でした、お父様そっくりだ」と話す。そして吉岡の父が書いた記事は実は誤報ではなかったと伝える。動揺する吉岡は杉原に電話をかけ続けるが、杉原の応答はない。
杉原は多田のオフィスにいた。すべてを忘れることを条件に希望通り外務省に戻り、この事件が忘れられるまで外国に駐在することを勧められる。そして多田は「この国の民主主義は形だけでいいんだ」と告げる。

杉原は懊悩する、そして吉岡は内閣府の前の交差点で憔悴した姿の杉原を見つける。
杉原も吉岡に気づき、交差点越しに何かを言おうとして杉原の唇が動く。
驚いた表情で吉岡が息をのんだところで映画は終わる。

『新聞記者』の登場人物・キャラクター

主人公

吉岡エリカ (よしおかえりか/演:シム・ウンギョン)

吉岡エリカ。

東都新聞の記者。社会部記者。日本人の父親と韓国人の母親とのハーフ。成人するまではアメリカで暮らしていた。
同じく記者をしていた父親が誤報を出したことでバッシングされ、自殺したことがきっかけで自身も日本で記者をしている。
実名のツイッターアカウントを持ち、さまざまな事件について自分の意見をツイートしている。
新聞社に送られてきた、羊が書かれたFAXについて調べるようにデスクの陣野から指示される。調べていくうちに内閣府が計画していた、生化学兵器の研究施設の建設にかかわる疑惑にたどり着く。

s4k
s4k
@s4k

Related Articles関連記事

キングダム2 遥かなる大地へ(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

キングダム2 遥かなる大地へ(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングダム2 遥かなる大地へ』とは、古代中国で“天下の大将軍”となることを目指す少年の活躍を描いた、原泰久の同盟漫画作品の実写映画シリーズ第2弾である。公開翌年となる2023年には、同シリーズ第3弾となる『キングダム3』の公開が決定している。 500年もの間戦乱の中にある古代中国。魏国の軍勢の侵攻を受けた秦国は、これを迎撃するための軍を編成する。ひょんなことから秦国王宮内の人々と知り合った奴隷の少年信は、天下の大将軍になるという夢を叶えるためここに参戦。本物の戦場の中で剣を振るう。

Read Article

恋なんて、本気でやってどうするの?(恋マジ)のネタバレ解説・考察まとめ

恋なんて、本気でやってどうするの?(恋マジ)のネタバレ解説・考察まとめ

『恋なんて、本気でやってどうするの?』とは2022年春にフジテレビ系の月曜日に放送されていたテレビドラマ。主演は広瀬アリスである。食器ブランドのデザイナーでチーフの桜沢純(さくらざわじゅん)。職場の人にはとても信頼されている。27歳で順調な人生にみえるが、恋愛経験は一切なく興味もない。そんな純と出会うイケメンの長峰柊磨(ながみねしゅうま)と本気で恋をするという楽しさや苦しさやもどかしさなどを経験していき、同世代の2人の親友と共に繰り広げるそれぞれの恋愛の物語である。

Read Article

余命10年(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

余命10年(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『余命10年』とは、小説を実写化し2022年に公開された映画だ。生と死、希望と絶望といった深いテーマを背景に、登場人物たちの内面の葛藤や変化がリアルに描かれている。坂口健太郎と小松菜奈がダブル主演を務めるということでも注目を集めた。物語は、難病を患った女性と生きる希望を失った男性が出会い、お互いに惹かれていく二人を中心に展開する。彼らは自身の過去や不安と向き合い、新たな未来への一歩を踏み出していく。

Read Article

あなたの番です(あな番)のネタバレ解説・考察まとめ

あなたの番です(あな番)のネタバレ解説・考察まとめ

『あなたの番です』とは、日本テレビ系にて2019年4月から9月まで放送された全20話のミステリードラマである。キウンクエ蔵前というマンションに引っ越してきた新婚夫婦が「交換殺人ゲーム」に巻き込まれる姿を描いたミステリードラマで、企画・原案は秋元康。第1章、第2章で構成された2クール半年間に渡って放送され、テレビ放送と連動して、『扉の向こう』というスピンオフがHuluにて独占配信されている。

Read Article

ブラッディ・マンデイ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ブラッディ・マンデイ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブラッディ・マンデイ』とは龍門諒の漫画作品を原作とした三浦春馬主演の連続テレビドラマ。2008年に放送され、2010年にはシーズン2も始まり大きな話題となった。2020年に発表された「三浦春馬が最強にかっこよかった作品ランキング」では1位を取得するほどの人気作品である。 天才ハッカー高木藤丸(たかぎふじまる)が家族や友達、日本をウイルステロから救うために持ち前のハッキング技術を活かしてテロ組織に立ち向かう。豪華俳優陣が描くヒューマン・ビジネスサスペンスである。

Read Article

白夜行(東野圭吾)のネタバレ解説・考察まとめ

白夜行(東野圭吾)のネタバレ解説・考察まとめ

『白夜行』とは、1999年に刊行された東野圭吾の推理長篇である。発行部数は2010年12月時点で200万部を超えている。1973年、大阪で起きた殺人。犯人は小学5年生の被害者の息子・桐原亮司と、容疑者の娘・西本雪穂。未解決のまま時は流れていく。そして成長した2人は犯罪行為で互いに助け合うようになり、周囲で不可解な事件が次々と起きる。 疑念を抱く刑事が2人の関与に気づき、証言や調査で真相に迫っていくというストーリー。2006年にはテレビドラマ化、2011年には映画化されている。

Read Article

今夜、ロマンス劇場で(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

今夜、ロマンス劇場で(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『今夜、ロマンス劇場で』とは2018年に公開された、主演綾瀬はるかと坂口健太郎によるラブストーリー映画である。映画監督を目指す健司が通い詰めていた「ロマンス劇場」で、モノクロ映画に出演している映画のヒロインである美雪に出会う。ある日、美雪が現実世界に現れ、健司は美雪に色のある現実世界を案内していくうちに、健司と美雪は惹かれ合っていく。しかし、美雪にはある秘密があった。切なくもあり、昭和中期を舞台とした切なくもあり温かい気持ちになるラブストーリー映画となっている。

Read Article

シン・ウルトラマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

シン・ウルトラマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シン・ウルトラマン』とは、脚本・庵野秀明、監督・樋口真嗣による、人類のために戦う異星人ウルトラマンと、その周囲の人々の活躍を描いた映画作品。日本を代表するクリエイターによる伝説的な特撮作品のリブートということで、公開前から大きな話題となった。 突如日本に出現し始めた巨大生物、禍威獣。その脅威に対抗するため結成された禍特隊の前に、銀色の巨人が現れる。ウルトラマンと名付けられたその巨人は禍威獣から人々を守るように振る舞い、禍特隊がその謎を追う一方、地球にはかつてない危機が迫っていた。

Read Article

歩いても 歩いても(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

歩いても 歩いても(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

兄の命日に久々に実家に集まった横山家。しかし次男の良多は父と折り合いが悪く、気が重い。食卓には母の作った手料理が並び、思い出話に花が咲く。そんな何気ない会話の中に、家族それぞれが抱えた事情が見え隠れする。どこにでもある家族の夏の一日を静かに繊細に描いた、是枝裕和監督の思いが詰まったホームドラマ。

Read Article

湯を沸かすほどの熱い愛(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

湯を沸かすほどの熱い愛(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『湯を沸かすほどの熱い愛』とは、2016年に公開された日本映画。「幸の湯」という銭湯を営む幸野家。しかし1年前に父が家を出て行ってしまい銭湯は休業状態。母の双葉はパートをしながら懸命に娘を育てていたが、ある日余命宣告を受ける。双葉はその日から、「絶対にやっておくべきこと」を決め実行して行くが、それは家族の秘密を取り払うことでもあった。関わるすべての人の心を突き動かす強さと優しさを持つ主人公・双葉を宮沢りえが演じ、失踪した夫・一浩をオダギリジョーが演じる。第40回日本アカデミー賞受賞作品である。

Read Article

LIFE!〜人生に捧げるコント〜(テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

LIFE!〜人生に捧げるコント〜(テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

LIFE!~人生に捧げるコント~とは、NHKが制作しているコントを中心としたバラエティ番組。『人生』をテーマにしており、ウッチャンナンチャンの内村光良が中心となっている。内村にとってはNHKでの初のレギュラー番組。一度見たら忘れられない個性的すぎるキャラクターたちや、多分野に渡る豪華ゲストが特徴。

Read Article

ラーゲリより愛を込めて(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ラーゲリより愛を込めて(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラーゲリより愛を込めて』とは2022年12月9日に公開された日本の映画。主演は二宮和也。原作は辺見じゅんのノンフィクション小説『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』。 第二次世界大戦後のシベリアの強制収容所(ラーゲリ)で、日本人捕虜の1人である山本幡男(やまもと はたお)が過酷な環境の中でも生きる希望を捨てず、家族の元へ帰れると信じ、仲間らを励まし続ける姿を描く。 希望を捨てない幡男の姿、捕虜仲間が幡男の遺書を家族に届けるため必死になる姿は見所だ。

Read Article

新選組!(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

新選組!(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『新選組!』とは2004年1月から12月まで放送されたNHKの大河ドラマである。幕末を舞台に若者たちが命を懸けて己を貫く姿を中心に、青春群像劇として高い評価を得た。多摩の百姓であった近藤勇が真の侍になるため京に上り、仲間たちと新選組を結成し誠の忠義を貫くために戦い、生きていく姿が描かれている。香取慎吾をはじめ若手俳優たちが生き生きと演じたこと、また人気脚本家三谷幸喜の脚本も見どころの一つとされている。

Read Article

夜のピクニック(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

夜のピクニック(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『夜のピクニック』とは、恩田陸の青春長編小説『夜のピクニック』を原作としたヒューマンドラマである。「みんなで夜歩く。ただそれだけなのに、どうしてこんなに特別なんだろう」をキャッチコピーにして、2006年9月30日に公開された。主人公の甲田貴子は、北高に通う高校3年生である。北高には、一昼夜かけて80㎞を歩く「歩行祭」という伝統行事があった。貴子は、高校生活最後の歩行祭で「同じクラスの西脇融と話をする」という1人だけの秘密の賭けをしていた。青春時代の輝きや、友人の大切さなどを感じる青春映画である。

Read Article

クローズZERO II(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

クローズZERO II(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『クローズZERO II』とは、漫画家の高橋ヒロシの作品『クローズ』を原作とした映画。前作『クローズZERO』で鈴蘭高校の覇権争いを制した滝谷源治たちと、ライバル校・鳳仙学園との間で抗争が発生。鈴蘭をまとめるために苦心する源治、彼に敗れて以降沈黙を貫く芹沢、2年前の仇を討つため虎視眈々と鈴蘭を狙う鳳仙の頭・鳴海の3人を軸にストーリーが展開される。葛藤を抱えながら喧嘩に臨む高校生達を描く。小栗旬や山田孝之、桐谷健太など人気俳優が多数出演したことでも話題となった。監督は三池嵩史。

Read Article

キングダム 運命の炎(キングダム3)のネタバレ解説・考察まとめ

キングダム 運命の炎(キングダム3)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングダム 運命の炎』とは、原泰久の漫画『キングダム』を原作とする2023年公開の実写映画作品。同シリーズでは3作目にあたるため『キングダム3』とも呼ばれる。キャッチコピーは「大いなる夢を、新しい時代を、その手で掴め―」。監督は佐藤信介が務め、主役の山﨑賢人や吉沢亮など主要人物の役者は全員が前々作から続投している。 趙の大軍に攻められた秦は、六大将軍の王騎を総大将にしてこれを迎撃する。将軍を志す剣士にして秦の若き王嬴政の友でもある信も従軍し、師である王騎から重要な作戦を託される。

Read Article

真夏の方程式(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

真夏の方程式(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『真夏の方程式』とは、2010年から連載されていた東野圭吾の『ガリレオ』シリーズが原作の、2013年公開の日本映画である。監督は西谷弘。夏休みを玻璃ヶ浦の川畑(かわはた)家で過ごすことになった柄崎恭平(つかさききょうへい)は、仕事で来ていた湯川学(ゆかわまなぶ)と出会う。しかし同じ時期に玻璃ヶ浦に来ていた元警視庁の刑事が遺体で見つかったことにより、川畑家が抱える秘密が次第に明るみになっていく。この物語は海を臨む美しい町で湯川が少年とともに事件解決に進む様子と、血を超えた家族の愛が描かれている。

Read Article

天気の子(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

天気の子(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『天気の子』とは、新海誠による日本のアニメーション映画。2019年7月19日に公開され、興行収入は140億円を突破し、日本映画史に残る大ヒットを収めた。 家出して東京にやってきた少年・森嶋帆高は、親元を離れて弟と2人暮らしをしている天野陽菜という少女と出会う。似たような身の上の若者同士で次第に親しくなっていく中、帆高は陽菜が「どんな大雨も晴れに変える」という不思議な力を持つことを知る。これを使って商売を始める帆高たちだったが、やがて陽菜の力に隠されていた大きな代償を突き付けられる。

Read Article

ATARU(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ATARU(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ATARU』とは、2012年にTBSで日曜21時に放送された、櫻井武晴が脚本を手掛けたドラマ。主演は中居正広。その他、北村一輝や栗山千明などが出演している。サヴァン症候群で特殊な能力を持った謎の青年・アタルが、警察と一緒に難事件を解決していく推理ミステリードラマである。2013年に公開された映画では、アタルと同じサヴァン症候群の女性が現れ、アタルが彼女の起こした事件に巻き込まれていく。

Read Article

陽だまりの彼女(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

陽だまりの彼女(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『陽だまりの彼女』とは、越谷オサムによる日本の恋愛小説を原作として2013年に映画化された恋愛映画である。交通広告代理店の営業マンである奥田浩介(おくだこうすけ)が中学時代の同級生の渡来真緒(わたらいまお)に再会することからはじまり、ふたりは恋愛し結婚する。幸せな毎日を過ごしていたふたりだが、真緒に異変が現れる。そして浩介は真緒の驚くべき秘密を知るのだ。恋愛ストーリーの中にファンタジー要素が加わり、可愛らしく心温まる映画となっている。

Read Article

離婚しようよ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

離婚しようよ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『離婚しようよ』とは、TBS制作によるNetflixシリーズのドラマ。2023年6月22日から配信を開始。脚本は宮藤官九郎と大石静、主演は松坂桃李が務める。タイトルは吉田拓郎から許可を取り、楽曲「結婚しようよ」から着想を得た。結婚5年目にして夫婦仲が冷め切っていながらも、おしどり夫婦を演じている三世議員の東海林大志と、その妻で女優の黒澤ゆいが、周囲から反対されながらも離婚という目標に向かって共闘する姿を描くホームコメディ。

Read Article

カムカムエヴリバディ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

カムカムエヴリバディ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『カムカムエヴリバディ』とは、NHK連続テレビ小説の第105作目となるテレビドラマ。2021年11月1日から2022年4月8日まで放送された。 連続テレビ小説史上初となる3人のヒロイン、安子(やすこ)、娘のるい、孫のひなたの親子3世代にわたる家族の物語である。安子の生まれた1925年(大正14年)から物語はスタートし、ひなたがアメリカでキャスティングディレクターとして活躍する2025年までの100年を描いている。

Read Article

CHEAT チート 〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

CHEAT チート 〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『CHEAT チート 〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』とは、日本テレビ系列で放送された"詐欺師たちを騙し返す"集団を描いたエンターテインメントドラマである。原作が無いオリジナルドラマとして読売テレビにより制作され、2019年10月から放送された。人の心を見抜き人を騙すことに天才的な才能をもつ主人公・沙希が、詐欺師を騙すスペシャリスト集団チートのメンバーとなり詐欺師達を懲らしめてゆく。主人公を本田翼が、チートを束ねるリーダー的存在の刑事を風間俊介が演じ話題となった。

Read Article

キセキ -あの日のソビト-(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

キセキ -あの日のソビト-(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『キセキーあの日のソビトー』とは、大ヒット曲を数々生み出したGReeeeNの結成と「キセキ」という楽曲の誕生秘話を描いた映画である。 音楽に挫折した兄のジンは、歯科医師を目指す弟のヒデの音楽の才能に気づき、ヒデの音楽活動を支えることにした。 父親である誠一のような医者を目指していたヒデは、歯科大学の仲間と共に顔を出さない音楽グループGReeeeNを結成する。 そんな2人の主人公と音楽を認めない誠一との葛藤を実話を元にしたストーリー。

Read Article

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子(猟奇犯罪捜査班)のネタバレ解説・考察まとめ

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子(猟奇犯罪捜査班)のネタバレ解説・考察まとめ

『ON異常犯罪捜査官・藤堂比奈子(猟奇犯罪捜査班)』とは、内藤了が執筆したミステリー小説『猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』シリーズを原作に制作したフジテレビ系列のドラマで、2016年に火曜夜10時ドラマ枠で放送された。新米刑事の藤堂比奈子は異常犯罪者にとても興味をもっていた。どんな気持ちで殺人をしどこでそのスイッチが入るのか興味深いと捜査するが、そこには自分の生い立ちなど関わっており、物語が進むにつれて比奈子の過去や現在の謎にも迫っていくストーリーになっている。

Read Article

呪怨2(ビデオ版)のネタバレ解説・考察まとめ

呪怨2(ビデオ版)のネタバレ解説・考察まとめ

『呪怨2』(ビデオ版)とは2000年に発売されたホラービデオ作品であり、『呪怨』(ビデオ版)の続編にあたる。監督・脚本は清水崇。前作では佐伯家の殺人事件を中心に映像化されているが、今作では事故物件を扱った不動産屋の鈴木達也を中心に起こった悲劇が映像化されている。佐伯伽椰子の殺害現場だけでなく、小林真奈美の殺害現場にまで関与してしまった末に鈴木家の人間が恐ろしい心霊現象に襲われ死に絶えていく。最後まで生き延びていた鈴木信之は多数の伽椰子に襲われるという末路が描かれている。

Read Article

100万回 言えばよかった(100よか)のネタバレ解説・考察まとめ

100万回 言えばよかった(100よか)のネタバレ解説・考察まとめ

『100万回言えばよかった』とは、で2023年1月からTBS系で放送されたテレビドラマ。平均視聴率は7.7%だった。運命の相手・鳥野直木を突然失ったことを受け入れられない主人公の相馬悠依と、現世に思い残しがあり幽霊となった直木が最後のお別れを言うために奇跡を起こそうとするファンタジーラブストーリー。伝えたい想いは今伝えるべきで、失ってからでは伝える事が出来ないというメッセージにもなっている。主人公を演じるのは女優の井上真央、相手役は俳優の佐藤健である。

Read Article

VIVANT(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

VIVANT(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『VIVANT』とは、は2023年7月から同年9月までにTBS系「日曜劇場」枠で放送されたアドベンチャードラマ作品。サラリーマンの乃木憂助は、自身にかけられた誤送金の疑いを晴らすためバルカ共和国に向かう。バルカの地で乃木を巻き込んだ自爆テロ事件は、やがて暗躍する国際テロ組織、そして乃木の正体へと繋がっていく。国内外から集結した豪華俳優陣やモンゴルで撮影された大スケールの映像、そして、予想を超える展開が連続するストーリーが見どころとなっている。

Read Article

最愛(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

最愛(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『最愛』とは、2021年10月15日から12月17日まで放送された恋愛サスペンスドラマで、主演は吉高由里子。 2017年4月期に、同枠のTBSテレビ系「金曜ドラマ」枠で放送された『リバース』の制作陣が再集結して制作された。 連続殺人事件の重要参考人となった実業家の女性、彼女を取り調べる男性刑事、彼女を守ろうとする男性弁護士の3人を中心とした物語が展開し、謎が複雑に絡み合ったサスペンスドラマである。 数々のドラマ賞を受賞し、メディアなどでも高評価やランキング上位を獲得した。

Read Article

君の花になる(きみ花)のネタバレ解説・考察まとめ

君の花になる(きみ花)のネタバレ解説・考察まとめ

『君の花になる』(きみ花)とは、売れない男性アイドルグループと、彼らの寮母となった主人公の奮闘を描くドラマである。主人公である元高校教師で挫折した経験のある寮母と、「デビューしたい」という夢を追い求めて生きる男性グループ(8LOOM)が、今の現状で満足していいのか、諦めるのかを悩みながらも夢を叶えようと奮闘していく。主人公が挫折した事のある経験から8LOOMへ後悔のないように今を精一杯生きて欲しいと願い、夢を叶えきる事や自分と向き合うことの大切さが描かれている。最終回の視聴率は5.4%である。

Read Article

青の帰り道(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

青の帰り道(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『青の帰り道』とは藤井道人が監督、おかもとまりが原案を務め、2018年に公開された青春群像映画。 歌手を夢見て上京するカナ。東京の大学へ進学しカナと暮らすキリ。浪人生活を送るタツオ。地元でアルバイトをするリョウ。できちゃった婚をするマリコとコウタ。東京で大学デビューを果たすユウキ。群馬県前橋市で高校卒業した仲良し7人グループの、2008年から2018年の10年間が描かれており、実際に起こった政権交代、東日本大震災などの、日本社会の大きな出来事と共に進んでいくリアルなストーリーが魅力。

Read Article

侍戦隊シンケンジャー(Samurai Sentai Shinkenger)のネタバレ解説・考察まとめ

侍戦隊シンケンジャー(Samurai Sentai Shinkenger)のネタバレ解説・考察まとめ

『侍戦隊シンケンジャー』とは、東映が製作したスーパー戦隊シリーズ第33作品目の特撮ドラマ。戦隊シリーズ初となる侍をモチーフにしており、変身方法や戦闘スタイルがチャンバラであること、「レッドは殿で、それ以外は家臣」といったメンバーの上下関係など、和を取り入れた作風になっている。主演は今作が俳優デビューとなった松坂桃李や、ドラマで活躍する高梨臨などが出演している。

Read Article

地味にスゴイ!校閲ガール(地味スゴ)のネタバレ解説・考察まとめ

地味にスゴイ!校閲ガール(地味スゴ)のネタバレ解説・考察まとめ

『地味にスゴイ!校閲ガール』とは宮木あや子の小説『校閲ガール』を基にした、2016年10月から12月まで日本テレビ系列にて放送されていたテレビドラマである。憧れのファッション誌の編集者を夢見る主人公・河野悦子。校閲の仕事に不満を漏らしながらも、仕事を通して校閲者として成長していく。スーパーポジティブな性格の悦子が仕事をしながら周りを巻き込み、共に切磋琢磨していくストーリー。ファッションや出版について深く掘り下げられており、大きな若い女性の支持を受けた。

Read Article

彼女(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

彼女(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『彼女』とは、中村珍が描く漫画『羣青』を実写化した2人の女性の逃避行を描くロードムービーである。裕福な家庭に生まれ育った自由奔放なお嬢様である永澤レイは、壮絶なDVに苦しむ篠田七恵のために彼女の夫を殺害する。居場所を失くした2人はそれぞれの罪に苦しみながらも大切な人との時間を守るために逃避行に出る。監督は廣木隆一が務め、ダブル主演である水原希子が永澤レイを、さとうほなみが篠田七恵を演じた。水原とさとうの身も心も曝け出した演技が魅力の作品である。

Read Article

かそけきサンカヨウ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

かそけきサンカヨウ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『かそけきサンカヨウ』とは、家族との関係性や淡い恋心を描いた2021年公開の日本映画。人気作家・窪美澄の短編集『水やりはいつも深夜だけど』に収録されている物語を、今泉力哉監督が映画化した。幼い頃に母親が家を出たきり父親と2人で生活してきた国木田陽は、家事を全て任されてきた。陽が高校生になる頃に父親の再婚が決まり、新しい母親と4歳の連れ子との4人での生活が始まる。陽は新しい暮らしに戸惑い、実の母親への想いも強くなる。同じく家族のことなどで悩みを抱えている同級生の清原陸との淡い恋模様も描かれた。

Read Article

ブラッシュアップライフ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ブラッシュアップライフ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブラッシュアップライフ』とは、2023年1月に日本テレビで放送されたタイムリープ系ヒューマンコメディドラマである。脚本はバカリズム。主演は安藤サクラで、夏帆や木南晴夏などが出演する。市役所に勤務する近藤麻美は、ある時交通事故に遭って、33歳で亡くなってしまう。しかし死後の世界の受付で、来世でオオアリクイへの転生を告げられた麻美は徳を積んで再び人間に生まれ変わるために、赤ん坊から人生をやり直すこととなる。本作はザテレビジョンドラマアカデミー賞などで、多数の賞を受賞し高く評価された。

Read Article

目次 - Contents