ATARU(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ATARU』とは、2012年にTBSで日曜21時に放送された、櫻井武晴が脚本を手掛けたドラマ。主演は中居正広。その他、北村一輝や栗山千明などが出演している。サヴァン症候群で特殊な能力を持った謎の青年・アタルが、警察と一緒に難事件を解決していく推理ミステリードラマである。2013年に公開された映画では、アタルと同じサヴァン症候群の女性が現れ、アタルが彼女の起こした事件に巻き込まれていく。

『ATARU』の概要

『ATARU』とは、2012年4月15日から6月24日まで、毎週日曜日21時にTBS系の日常劇場枠で放送されたドラマ。主演は中居正広。その他、北村一輝や栗山千明、玉森裕太などが出演している。脚本は『相棒』や『科捜研の女』などのミステリー作品を中心に手掛ける櫻井武晴。初回視聴率は19.9%、平均視聴率は15.6%を記録し、2013年にはスペシャルドラマが放送され、映画も公開された。さらに「TVnavi ドラマ・オブ・ザ・イヤー2012」で栗山千明が最優秀助演女優賞を受賞するなど、大きな話題となった。本作はアタルの言葉のヒントから謎を解いていく面白さはもちろんのこと、ピュアなアタルと個性的な登場人物の掛け合いも魅力となっている。

ある日、化学工場で爆発事件が起こり、捜査一課は事故と判断する。しかし巡査部長の蛯名舞子(えびなまいこ)は事件性を疑い、辞職覚悟で独自に捜査を続けることを決意し、爆破現場を訪れる。そこでチョコザイと名乗る謎の男と出会う。彼は意味不明な単語を発した後、眠ってしまった。その後、舞子が彼の発した言葉の意味を調べると、事件の真相に繋がっていることが判明した。それをきっかけに、アタルは舞子の捜査に協力することになる。そして謎の多かったアタルの正体も、徐々に明らかになっていった。

『ATARU』のあらすじ・ストーリー

アタルと舞子の出会い

舞子(左)に事件のヒントを示そうとするアタル(右)

FBIのラリー井上(らりーいのうえ)に連れられ、アタルという名のサヴァン症候群の青年が日本にやってきた。しかしアタルは空港でラリーとはぐれてしまい、一人でどこかへ歩き出す。その日、化学工場で大規模な爆発が発生し、一人の従業員が死亡した。捜査一課は従業員の不注意による事故と判断したが、巡査部長の蛯名舞子(えびなまいこ)は、事件性を疑っており、捜査本部が立たないことに不満を抱えていた。舞子は上司の沢俊一(さわしゅんいち)や警部補の野崎蓮生(のざきはすお)に再捜査を要求したが、彼らは「事故で処理する」の一点張りだった。そこで舞子は退職届を提出し、一人で捜査を続ける決意をする。

その後、事件現場を訪れた彼女は、そこでアタルと遭遇する。アタルは自らを「チョコザイ」と名乗り、意味不明な言葉を呟いて眠ってしまった。その後、舞子が家に戻ると沢が来ており、彼は「退職届を取り下げて有給休暇ということにした」と伝え、「警察に戻れ」と彼女を説得する。舞子はその言葉を無視し、沢にアタルがつぶやいた意味不明な言葉について話す。そこで沢と舞子がアタルの言葉を調べてみると、見逃していた事件の真相に近づくことが判明した。そして再びアタルと接触した舞子は彼のヒントに導かれ、ついに真犯人に辿り着いた。それをきっかけに舞子はアタルの正体が分かるまで、彼をアパートに住まわせて面倒を見ることにした。

アタルが次々に事件を解決

事件の捜査をする舞子(左)と沢(右)

ある日、舞子がアパートに向かうと、アタルは「花がありません」と言いながら突然部屋を飛び出す。途中合流した沢と共に舞子がアタルを追いかけると、彼は花屋に入っていった。するとそこでバラの花束を買っていた早乙女という男が突然倒れてしまう。そして彼は「青いバラ」と言い残して、息を引き取った。検視の結果、病死と診断された。しかしアタルは早乙女の写真を指さして「これは違います」と言い、花屋で早乙女の吐しゃ物を示し「ガストリックベイルチ」とつぶやく。調べてみると、ガストリックベイルチは吐しゃ物の成分だと判明。さらに舞子はアタルが示した狐の手袋から、ジギタリスという毒の存在に行きつく。そして遺体を解剖すると眼球から、ジギタリスが検出された。その結果、早乙女の妻が彼の浮気が許せず殺したことが判明する。早乙女が最期に「青いバラ」とつぶやいたのは、妻のために購入しようとした赤いバラがジギタリスの視覚作用で青に見えたからであった。

その後、身元不明のアタルを生活安全課で保護するため、病院で検査を受けさせることになった。そこでアタルが発達障害であると判明。そんな中、港に広告代理店社長の弓削勝則(ゆげかつのり)の水死体が上がる。夜釣りの最中に崖から転落した事故死と処理されるが、舞子は腑に落ちず独自に捜査を開始。するとアタルが遺体の写真などを見て「Fracture(骨折)」「落ちたのどっち」とつぶやく。そこで遺体を解剖してみた結果、勝則は転落する前に重い鈍器で殴られた可能性があることがわかった。さらにアタルの言葉から勝則の浮気相手の存在が浮上する。沢が取り調べをすると、その浮気相手は勝則の息子とも付き合っていたことが判明。そして女絡みで勝則のことが憎くなった息子が、彼を殺してしまったことが明らかになった。その後、アタルは入院することになったが、直後にラリーが車で彼を連れ去る。そんな中、小型飛行機が樹木に衝突し、パイロットが亡くなる事件が発生。事故か自殺の可能性が高いと断定されるが、舞子は納得できなかった。一方、アタルは警察無線などを通じて事件を知り、「日本でのトレーニングは終了だ」と言うラリーの制止を無視して、舞子たちの捜査に加わる。そしてアタルの言葉を手掛かりに捜査するが、なかなか殺人を立証できない。するとアタルは舞子たちに別の飛行機が、小型飛行機に衝突したという真相を導く。そしてその飛行機を操縦していた女性が犯人であることが判明し、事件は解決した。

その後、舞子の弟である蛯名昇(えびなしょう)の通う帝都医科大学で、精神科の教授が転落死する。昇は教授が階段から転落する現場に居合わせ、不審な人影を目撃したが、同じく目撃者である精神科助手の浅尾は誰も見ていないと証言。そんな時、アタルが病院を抜け出して大学に現れ「BRAIN(脳)」「HALLUCINATION(幻覚)」とつぶやく。まるで昇が幻覚を見たとでも言うような言葉に、昇は見間違いだったのではないかと自信をなくす。しかしその後、被害者の名札から第三者の血痕が出る。その血痕を調べると、製薬会社の人間が犯人だったことが判明した。さらにアタルの言葉から、浅尾が過去に脳の手術を受けていたことが分かる。そのため浅尾は左の視界を失念する症状があり、犯人の姿を認識できず、「誰も見ていない」と証言したのだった。その後、アタルの身元引受人となった沢は、彼と同居を始める。そんな中、長岡という青年が自宅の浴室で手首を切って死亡する事件が発生する。一方、アタルと一緒にいた舞子は道端でうずくまった水瀬という女性を介抱する。水瀬は絶対音感を持ち、不協和音で体調を崩す体質だった。舞子は水瀬を家まで送り届けたが、そこは長岡が住んでいる部屋の隣の部屋だった。そして現場写真を見たアタルが「右、左」とつぶやいたことにより、長岡が死んだ当日、彼の家に水瀬が入室していたことが判明。しかし水瀬は「長岡の時計のアラーム音が不快だったため、アラームを止めに部屋に入っただけで殺していない」と主張する。その後、アタルのさらなるヒントにより、舞子たちは真犯人がアパートの大家であると突き止めた。

その後、コインランドリーを訪れた舞子と沢とアタルは二発の銃声を聞き、近くの交番に駆け付ける。するとそこで和田交番所長が死んでいた。沢は現場に来る直前、かつての上司である福留とすれ違ったことが気にかかる。アタルは「銃の先端が30cm以上離れている」とつぶやき、舞子たちは自殺ではないと確信するが、硝煙反応などから鑑識は自殺と判断。さらに銃に残った弾の数から一発しか撃たれていないことが分かったが、沢は「二発の銃声を聞いた」と係長の中津川洋治(なかつがわようじ)に主張する。しかし中津川は取り合わず、頑なに自殺として処理しようとしていた。その後、沢の調べにより、和田が課長からパワハラを受けていたことが発覚する。さらに自殺を考える和田の気持ちが痛いほど分かった福留が、彼を楽にするため「他殺に見せかけて自殺する方法」をメールで送っていたことも分かった。他殺であれば和田の妻に退職金や年金を残せると考えていた福留だが、和田がメールを消し忘れていたため、警察は自殺と判断したようだ。警察は和田がパワハラで自殺したことを隠すため、現場を偽装していたのだった。

アタルの過去が判明

両親が倒れたアタルのお見舞いに来る場面

アタルを検査に連れて行った舞子の前に、突然ラリーが現れ、彼女らをFBI駐在室へ連れて行く。そこでラリーは彼女に、アタルがFBI捜査官の候補生であること、SPB(サヴァン・プログラム・ブランチ)というサヴァン症候群の能力を捜査に生かすための訓練を受けていたことを説明する。ラリーはアタルに膨大なデータを覚えさせたが、それを引き出す能力がなく、なかなか捜査に生かすことができなかった。そこでアタルを日本に連れてきたところ、舞子のおかげで成果が出たため、ラリーはこのままアタルと捜査を続けてほしいと彼女に頼む。しかし彼女はもうすぐ警察を辞めるため、自分は適任ではないと断った。するとラリーは舞子に「アタルと一緒にSPBに来ないか」と提案した。一方、とあるアパートで火災が発生し、日村という男が亡くなる。その事件は自殺として処理されそうになり、沢は解剖を指示するが、他殺の可能性は低かった。事件を知った舞子は日村が母親に恋人を紹介しようとしていたと知り、そんな人が自殺するはずないと考える。そこで舞子はアタルのヒントにより、遺体の頭蓋骨の毛細血管を調べ、火災が発生する前に日村が首を絞められて気絶したことを突き止める。そしてさらなるアタルのヒントで、日村から金を借りていた男が犯人だったと分かった。

その後、アタルの両親が八王子にいることを知った舞子と沢は、そこへ向かう。そしてアタルの父親である猪口誠(いのぐちまこと)から、ラリーにアタルを任せた時のことなどを聞くが、ラリーは誠にアタルがFBIの訓練していることを隠していた。舞子はアタルをそのまま家族の元に残して帰ったが、彼はアパートに戻ってきてしまう。そして雑木林で幼児の遺体が見つかった事件の捜査に加わる。遺体には無数の痣や傷があり、幼児虐待で何度も通報されていたことが判明。母親が子供を虐待死させた疑惑が浮上する。そんな中、舞子は再びアタルを連れて八王子にいる彼の母親・猪口ゆり子(いのぐちゆりこ)の元へ行き、話を聞く。凄まじい記憶力を持つアタルの能力は周囲に理解されず、ゆり子も精神的にボロボロになった。そんな時、アタルをラリーに厄介払いしてしまったことで、ゆり子は罪悪感を抱えていた。しかしアタルは家族を表すユリを自分の住む家に飾り、大事にしていた。それを知ったゆり子は涙を流す。その後、アタルは沢と共に事件現場に戻ろうとするが、沢は彼のストレスにならないよう連れて行かなかった。しかしラリーはアタルを現場に連れ行く。そして沢の推理により、雑木林で死んだ子供は毒を持つ花を摘んだことによる不運な事故死だったと判明。しかし母親は虐待を認め、号泣する。その姿を見たアタルは突然絶叫して倒れてしまった。そのまま昏睡状態に陥ったと思われたアタルだが、実際は睡眠をとれず気絶して眠っただけだった。

そんな中、女性が運転中に電柱に衝突、炎上して車内で死亡する事件が発生。事故か自殺と思われたが、舞子はその女性の車が、かつて母の蛯名真理子(えびなまりこ)が事故死した車と同じ車種だったことから、気になって捜査を開始する。その間、アタルは眠り続けていたが、病室で舞子たちの会話を聞いて事件を知る。そしてしばらくして目を覚ましたアタルは、現場写真を見て舞子にヒントを与える。調べてみると、車のタイヤに細工がされていたことが判明し、車の中にガソリンが撒かれていたことも分かった。そして真犯人が判明すると同時に、15年前に自殺として処理された真理子の事件についての新事実も明らかになった。するとアタルは真理子の写真を見つめながら「捜査を始めます」とつぶやくのだった。

15年前の事件の真相とアタルとの別れ

別れ際にネズミの人形を舞子(右)に渡すアタル(左)

沢は新米刑事だった15年前、真理子の事故を担当していたことを舞子に打ち明ける。現場検証の結果、真理子は居眠り運転の可能性は低かったため、自殺として処理された。沢はカメラの映像を見る限り、真理子が自殺するような表情には見えなかったが、そのまま自殺として処理してしまったことに関して、舞子に負い目があったと語る。するとアタルが「目を開けていた。居眠り運転。ブレーキ踏まなかった」とつぶやき、捜査を始めようとする。沢たちは「捜査しなくていい」と止めるが、アタルは言うことを聞かなかった。その後、アタルは真理子のお墓にやってきて、突然遺骨を取り出し「中指がありません」と話す。その様子を舞子と昇と共に見ていた父の蛯名達夫(えびなたつお)は、突然「真理子は俺が殺した!」と叫び去っていく。舞子はショックを受け、事件を調べるのが怖くなったと涙を流す。するとアタルは「泣いたら前が見えないよ」と舞子を慰める。その後、舞子と沢は達夫が真理子の事故現場にいることを突き止め、そこへ向かう。達夫は真理子が事故に遭う前の晩に彼女と口論になったことを二人に話し、自分が彼女を自殺に追い込んで殺したと罪悪感を抱えていた。

その後、アタルが真理子の骨の写真を見て「骨血出てる」と指摘する。調べてみると、真理子は運転中に脳出血を起こした可能性が高いことが判明した。そのため、体が麻痺しブレーキを踏めなかった可能性が浮上する。舞子はアタルに「捜査に協力してほしい」と頼み、改めてカメラの映像を確かめる。しかしアタルはパニックを起こして倒れてしまった。それから沢たちは、真理子が運転中に脳出血を起こして全身麻痺の状態になったと推測。そして唯一動く右手で助けを求めようとして、車の窓を開け手を出したが、対向車に当たり中指とブレスレットを失ったのだろうと推理した。沢たち警察はその証拠をつかむために、総動員でブレスレットの捜索を行ったが、見つからなかった。しかしその後、真理子が事故に遭った日、注文していた指輪を取りに行こうとしていたことが判明。真理子は店員に「家族を再生したい」と語り、家族全員分のファミリーリングを購入していた。しかしその指輪を取りに行く際に、事故に遭ったのだった。それを知った達夫たちは真理子が自殺じゃなかったことを確信し、涙を流した。

有給休暇を終えた舞子は改めて退職届を提出し、警察を辞めた。ラリーにSPBに誘われていたが、「日本でやりたいことがあるから」と断った。アタルは両親に「一緒に住もう」と誘われるが、彼は自立して生まれ変わるため、ラリーの元へ戻ることを選んだ。そのためアタルはラリーと共にアメリカへ帰ることになり、舞子と沢が見送りに行く。別れ際、涙を流す舞子に、アタルは自分が持っていたデグーのぬいぐるみを渡し、「もう絶対離れません」と告げるのだった。

『ATARU』の登場人物・キャラクター

主要人物

アタル/チョコザイ(演:中居正広)

本作の主人公。サヴァン症候群の青年。いつもベージュと白の服を着ている。本名は「アタル」だが、本人は幼い頃のあだ名である「チョコザイ」を名乗っている。卓越した記憶力を持っていることから、FBI捜査官の候補生として、ラリーが訓練し膨大な知識を記憶させていた。ラリーと一緒にアメリカから日本にやってきた際に、舞子と出会い、事件の捜査に加わるようになった。そして短い言葉で舞子に事件の謎を解くヒントを与えていた。発達障害のためコミュニケーションが苦手で会話は難しい。食べ物や行動など一度決めたことは頑なに変えないが、相手が3回繰り返して言い聞かせれば、「アップデートしました」と言って、行動を変えるようになる。最後はラリーと一緒にアメリカに戻った。

沢俊一(さわしゅんいち/演:北村一輝)

警視庁捜査一課の警部補。関西弁で話す。飄々としており、感情的になる舞子をフォローしていた。照会センターに所属する飲み友達の犬飼と共にアメリカ大使館の違法無線に気づき、捜査するが、圧力をかけられて中止に。独自に捜査していた犬飼が突然豹変したことから、ラリーの関与に気づき、彼に疑惑の目を向けた。また舞子の頼みでアタルの身元引受人となり、彼と一緒の部屋で寝泊まりしていた。アタルが手のひらに爪で傷をつけていることに気づき、捜査をさせることがストレスになると考え、彼を捜査から離れさせようとしていたが、ラリーと意見が分かれて対立した。

蛯名舞子(えびなまいこ/演:栗山千明)

choko6052
choko6052
@choko6052

Related Articles関連記事

ブラッディ・マンデイ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ブラッディ・マンデイ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブラッディ・マンデイ』とは龍門諒の漫画作品を原作とした三浦春馬主演の連続テレビドラマ。2008年に放送され、2010年にはシーズン2も始まり大きな話題となった。2020年に発表された「三浦春馬が最強にかっこよかった作品ランキング」では1位を取得するほどの人気作品である。 天才ハッカー高木藤丸(たかぎふじまる)が家族や友達、日本をウイルステロから救うために持ち前のハッキング技術を活かしてテロ組織に立ち向かう。豪華俳優陣が描くヒューマン・ビジネスサスペンスである。

Read Article

シン・ウルトラマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

シン・ウルトラマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シン・ウルトラマン』とは、脚本・庵野秀明、監督・樋口真嗣による、人類のために戦う異星人ウルトラマンと、その周囲の人々の活躍を描いた映画作品。日本を代表するクリエイターによる伝説的な特撮作品のリブートということで、公開前から大きな話題となった。 突如日本に出現し始めた巨大生物、禍威獣。その脅威に対抗するため結成された禍特隊の前に、銀色の巨人が現れる。ウルトラマンと名付けられたその巨人は禍威獣から人々を守るように振る舞い、禍特隊がその謎を追う一方、地球にはかつてない危機が迫っていた。

Read Article

のぼうの城(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

のぼうの城(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『のぼうの城』とは、和田竜の日本の歴史小説を元にして2012年に公開された映画である。犬童一心と樋口真嗣の共同監督で制作された。主人公の長親(ながちか)は忍城(おしじょう)城代の息子である。関白秀吉の家臣である三成によって、忍城は開城を迫られていた。しかし長親は世の理不尽に真っ向から対抗するため、三成に相対する。長親は周りの力を借り、ついには三成軍を退けることになった。この作品は時にはしんみりしつつも、長親という「でくのぼう」の奇策によって観た人を気分爽快にさせる歴史映画となっている。

Read Article

NEW
古畑任三郎(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

古畑任三郎(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『古畑任三郎』とは、1994年から2008年までフジテレビで放送されたドラマ。主演は田村正和、脚本は三谷幸喜。スペシャル版、スピンオフを含め42回のエピソードがある。ストーリー展開は、物語の出だしで犯人や犯行の様子を明かす倒叙ものと言われる形式である。見所としては、犯人とのスリリングなやり取りや、巧みな話術で自白に追い込む場面である。また、犯人や部下とのコミカルなやり取りも魅力となっている。どんな相手にも敬語で、落ち着いた言動を崩さない。黒のスーツに、ノーネクタイがトレードマーク。

Read Article

余命10年(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

余命10年(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『余命10年』とは、小説を実写化し2022年に公開された映画だ。生と死、希望と絶望といった深いテーマを背景に、登場人物たちの内面の葛藤や変化がリアルに描かれている。坂口健太郎と小松菜奈がダブル主演を務めるということでも注目を集めた。物語は、難病を患った女性と生きる希望を失った男性が出会い、お互いに惹かれていく二人を中心に展開する。彼らは自身の過去や不安と向き合い、新たな未来への一歩を踏み出していく。

Read Article

シン・ウルトラマンの禍威獣まとめ

シン・ウルトラマンの禍威獣まとめ

禍威獣(かいじゅう)とは、『シン・ウルトラマン』に登場する敵性大型生物。ある時を境に日本各地に出現するようになり、多大な被害を生み出した。その姿は爬虫類のようなものから鳥に似たもの、巨大な植物まで多種多様。既存の生態系から完全に独立した生物であり、放射性物質を食べたり破壊光線を発したりと個々が地球の常識では考えられない能力を秘めている。 その正体は、外星人こと地球外の知的生命体が、人類発祥以前に後に日本となる土地に不法投棄していった生物兵器。日本にしか出現しないのもこれが理由である。

Read Article

バトル・ロワイアル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バトル・ロワイアル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バトル・ロワイアル』は高見広春原作の小説を映画化作品で、アジア某国で施行の「BR法」により選ばれた中学生達のサバイバルゲームを描き、2000年に劇場公開。監督は映画『仁義なき戦い』シリーズ等の巨匠・深作欣二監督。また、藤原竜也や柴咲コウといった俳優が作品を彩り、演技を競う。この作品のキャスト・スタッフは「第24回日本アカデミー賞」「第43回ブルーリボン賞」等を受賞した。2001年には、『バトル・ロワイアル【特別篇】』が、2010年には3D映画版『バトル・ロワイアル3D』が劇場公開された。

Read Article

あなたの番です(あな番)のネタバレ解説・考察まとめ

あなたの番です(あな番)のネタバレ解説・考察まとめ

『あなたの番です』とは、日本テレビ系にて2019年4月から9月まで放送された全20話のミステリードラマである。キウンクエ蔵前というマンションに引っ越してきた新婚夫婦が「交換殺人ゲーム」に巻き込まれる姿を描いたミステリードラマで、企画・原案は秋元康。第1章、第2章で構成された2クール半年間に渡って放送され、テレビ放送と連動して、『扉の向こう』というスピンオフがHuluにて独占配信されている。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説・考察まとめ

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説・考察まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

嘘喰い(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

嘘喰い(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『嘘喰い』とは、2006年から2018年までに迫稔雄が『週刊ヤングジャンプ』にて連載していた漫画及びそれを題材としたアニメ、映画作品である。相手のイカサマ(嘘)を利用し勝利する様から「噓喰い」の2つ名を冠する天才ギャンブラー・斑目貘が、智力と暴力の入り乱れる命懸けのギャンブルに挑む姿を描く。ギャンブルシーンの高度な駆け引きと読み合いの最中に行われるキャラクター同士の激しい格闘も人気を博しており、ギャンブル漫画としてもアクション漫画としても読み応えのある非常に重厚な内容の漫画である。

Read Article

ハゲタカ(Hagetaka)のネタバレ解説・考察まとめ

ハゲタカ(Hagetaka)のネタバレ解説・考察まとめ

ハゲタカとは、日本人作家・真山仁の経済小説を原作にしたテレビドラマ・映画。2007年にNHKで全6話が放送されている。日本企業買収の使命を帯びて、米国投資ファンドの敏腕マネージャーの鷲津が帰国し、企業の社長や銀行とのマネーゲームが繰り広げられる。鷲津は企業を救うために模索するが、その気持ちとは裏腹に金が悲劇を巻き起こす。ドラマが国内外で高い支持を受けたことで、映画化もされた。

Read Article

怒り(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

怒り(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2010年に国内の映画賞を総ナメにした大ヒット作「悪人」の原作者吉田修一と監督李相日が6年振りにタッグを組み、音楽に坂本龍一を加え、実力派のオールスターキャストで挑んだ感動のヒューマンミステリー。八王子の平静な住宅街で残忍な夫婦殺人事件が起こる。一年後のある日、千葉と東京と沖縄に素性の知れない3人の男が現れ、それぞれに重厚な人間ドラマが展開する。愛した人は、殺人犯なのか?2016年9月全国公開。

Read Article

リバース(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

リバース(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『リバース』とは、2017年4月から6月まで放送された湊かなえのミステリー小説が原作のテレビドラマである。主人公の深瀬和久は、10年前に大学時代の友人たちと卒業旅行に行った際、親友・広沢由樹が失踪し、遺体となって発見された。10年前の事件について深瀬たちに何者かが告発文を送りつけられ、その犯人を突き止めていくミステリー。現在と過去を交互に描いていくストーリーが、人気を博した。

Read Article

白夜行(東野圭吾)のネタバレ解説・考察まとめ

白夜行(東野圭吾)のネタバレ解説・考察まとめ

『白夜行』とは、1999年に刊行された東野圭吾の推理長篇である。発行部数は2010年12月時点で200万部を超えている。1973年、大阪で起きた殺人。犯人は小学5年生の被害者の息子・桐原亮司と、容疑者の娘・西本雪穂。未解決のまま時は流れていく。そして成長した2人は犯罪行為で互いに助け合うようになり、周囲で不可解な事件が次々と起きる。 疑念を抱く刑事が2人の関与に気づき、証言や調査で真相に迫っていくというストーリー。2006年にはテレビドラマ化、2011年には映画化されている。

Read Article

電車男(Train Man)のネタバレ解説・考察まとめ

電車男(Train Man)のネタバレ解説・考察まとめ

『電車男』とは2005年7月から木曜22時にフジテレビで放送されたドラマで、インターネットの電子掲示板から生まれた物語。オタクの山田剛司は電車で酔っ払いに絡まれている青山沙織を目撃し、彼女を助ける。そのことを山田が掲示板に書き込んだ後、沙織からお礼の品が贈られてきた。それをきっかけに2人の交流が始まった。山田がネットの住民に励まされながら様々な試練を乗り越えて成長し、沙織と恋愛関係を築いていく姿が見どころとなっている。本作は多くの人々の感動を呼び、社会現象となった。

Read Article

今夜、ロマンス劇場で(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

今夜、ロマンス劇場で(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『今夜、ロマンス劇場で』とは2018年に公開された、主演綾瀬はるかと坂口健太郎によるラブストーリー映画である。映画監督を目指す健司が通い詰めていた「ロマンス劇場」で、モノクロ映画に出演している映画のヒロインである美雪に出会う。ある日、美雪が現実世界に現れ、健司は美雪に色のある現実世界を案内していくうちに、健司と美雪は惹かれ合っていく。しかし、美雪にはある秘密があった。切なくもあり、昭和中期を舞台とした切なくもあり温かい気持ちになるラブストーリー映画となっている。

Read Article

グランメゾン東京(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

グランメゾン東京(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『グランメゾン東京』とは、2019年に放送された、天才シェフが東京で三ツ星レストランを目指すテレビドラマ。尾花夏樹は経営するパリの店で事件を起こして全てを失ってしまう。そんな中、女性シェフ早見倫子に出会い、共に「グランメゾン東京」を開店させ、三つ星獲得を目指すストーリー。『グラグラメゾン♥東京 〜平古祥平の揺れる思い〜』というスピンオフドラマも放送された。

Read Article

シグナル 長期未解決事件捜査班(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

シグナル 長期未解決事件捜査班(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『シグナル 長期未解決事件捜査班』とは、過去と現在が無線機による通信で繋がり、その無線機を使ってそれぞれの時代の刑事が事件を解決していくという刑事ドラマである。2018年にフジテレビ系で放送された連続ドラマで、韓国で数々の賞を受賞したドラマ『シグナル』の日本版リメイクとなっている。過去と現在が同時進行で描かれ、未解決事件を解決する現在の長期未解決事件捜査班と、その事件が実際に起こっている過去が繋がり、事件解決だけでなく謎や秘密が明らかになっていく。

Read Article

六番目の小夜子(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

六番目の小夜子(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『六番目の小夜子』とは恩田陸の小説と、それを原作としたNHKで放送されたTVドラマ、および舞台作品である。恩田陸のデビュー作であり、新潮社の第3回日本ファンタジーノベル大賞にて最終選考まで残った作品だ。とある高校(ドラマでは中学校)に伝わる「サヨコ」という言い伝えを軸に、少年少女たちの瑞々しい青春とファンタジーホラーの一面も持つ。2000年にNHK教育『ドラマ愛の詩』でドラマ化された。また2022年1月、乃木坂46の鈴木絢音の主演で舞台化もされている。

Read Article

昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』とは、2014年にフジテレビの木曜22時枠で放送されたドラマ。脚本は井上由美子が手掛ける。主演は上戸彩。その他、吉瀬美智子や斎藤工、北村一輝などが出演している。2017年に公開された映画版では、ドラマの3年後が描かれている。主婦の笹本紗和は夫と平凡に暮らしていたが、彼女が勤めるスーパーの駐車場で車上荒らしが発生したことをきっかけに、高校生教師の北野裕一郎と出会う。そして紗和は葛藤しながらも彼と不倫関係に陥り、やがて本気の恋愛へと発展していった。

Read Article

め組の大吾(FIRE BOYS)のネタバレ解説・考察まとめ

め組の大吾(FIRE BOYS)のネタバレ解説・考察まとめ

『め組の大吾』は1995年から1999年までの約4年間、曽田正人が週刊少年サンデーで連載していた消防士の物語である。マンガの他、2004年にフジテレビでドラマ化された。主な内容は、不良に近かった朝比奈大吾が、消防士になり同僚や上司、先生や助けた人などに刺激を受けてレスキュー隊員へと破天荒ながら活躍の場を広げていく様子が描かれている。元不良らしい考え方と行動力の大吾とともに、優等生である甘粕のコンビが魅力を後押ししている。また、火災や事故現場の臨場感などが読み手を引き付ける。

Read Article

新聞記者(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

新聞記者(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『新聞記者』とは2019年に公開された日本の社会派サスペンス映画である。中日新聞社の記者である望月衣塑子による同名の著書を原案とし、監督は藤井直人が務め、韓国の実力派女優であるシム・ウンギョンと松坂桃李がダブル主演として起用された。若手女性新聞記者とエリート官僚の二人が、官邸が絡んだ大学新設計画にひそむ謎に迫っていく姿を描く。2020年の第43回日本アカデミー賞では主な賞を総なめにした作品である。

Read Article

新選組!(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

新選組!(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『新選組!』とは2004年1月から12月まで放送されたNHKの大河ドラマである。幕末を舞台に若者たちが命を懸けて己を貫く姿を中心に、青春群像劇として高い評価を得た。多摩の百姓であった近藤勇が真の侍になるため京に上り、仲間たちと新選組を結成し誠の忠義を貫くために戦い、生きていく姿が描かれている。香取慎吾をはじめ若手俳優たちが生き生きと演じたこと、また人気脚本家三谷幸喜の脚本も見どころの一つとされている。

Read Article

この恋あたためますか(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

この恋あたためますか(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『この恋あたためますか』は、コンビニスイーツ開発を通し恋愛に発展していく甘い恋模様を描いた恋愛ドラマだ。コンビニチェーンの新社長である浅羽拓実と、夢に破れたコンビニアルバイト井上樹木が、スイーツ開発をしていくというストーリーになっている。井上樹木はコンビニスイーツが大好きで、あらゆるコンビニスイーツを食べSNSに評価を投稿していた。その的確な評価を浅羽社長が認め、スイーツ開発メンバーとして選んだのだ。はじめは意見が合わず対立するが、徐々に相手を必要とし恋へと発展していく。

Read Article

真夏の方程式(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

真夏の方程式(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『真夏の方程式』とは、2010年から連載されていた東野圭吾の『ガリレオ』シリーズが原作の、2013年公開の日本映画である。監督は西谷弘。夏休みを玻璃ヶ浦の川畑(かわはた)家で過ごすことになった柄崎恭平(つかさききょうへい)は、仕事で来ていた湯川学(ゆかわまなぶ)と出会う。しかし同じ時期に玻璃ヶ浦に来ていた元警視庁の刑事が遺体で見つかったことにより、川畑家が抱える秘密が次第に明るみになっていく。この物語は海を臨む美しい町で湯川が少年とともに事件解決に進む様子と、血を超えた家族の愛が描かれている。

Read Article

祈りのカルテ(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

祈りのカルテ(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『祈りのカルテ』とは、 2018年に刊行された知念実希人の医療ミステリ小説原作で、2022年に放送されたドラマ作品である。研修医の諏訪野良太(すわのりょうた)は医者としてはひよっこだが、顔色を伺うことが抜群にうまい。問題を抱えた患者達に向き合い、心の謎を解き明かしていく。医者として成長していく姿や、カルテを見て患者の問題を暴いていくミステリー要素、コミカルな演技などがみどころの一つとなっている。

Read Article

呪怨(ビデオ版)のネタバレ解説・考察まとめ

呪怨(ビデオ版)のネタバレ解説・考察まとめ

『呪怨』(ビデオ版)とは、2000年に発売されたホラービデオ作品である。監督・脚本は清水崇。後に日本を代表するホラー映画となる『呪怨』シリーズの原点とも言える作品である。『呪怨』シリーズの全ての発端である佐伯家の殺人事件を中心に、複数の登場人物の視点を通して語られるオムニバス方式となっている。伽椰子は何故夫の剛雄に殺されたのか、伽椰子と俊雄の霊が多くの人達を呪い殺していく様が恐ろしい心霊現象として映像化されている。その呪いは事故物件に入居した人間にとどまらず、その関係者にまで次々と伝播していく。

Read Article

ガリレオ(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ガリレオ(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ガリレオ』とは、ガリレオと称される物理学者・湯川学を主人公とした東野圭吾の連作推理小説。小説を原作にフジテレビ系の月9シリーズにて連続ドラマとして映像化された。主演は福山雅治。 湯川の大学の同級生である警視庁の刑事草薙から、湯川が事件の相談を受けるところから物語は始まる。事件捜査には興味がない湯川だが、人の頭部だけ燃える、見えるはずのないものが見えたなど、一見すると超常現象とも取れる不可解な事件に対し科学者として興味を持った時にこれらの謎の解明に挑む。

Read Article

忍者に結婚は難しい(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

忍者に結婚は難しい(小説・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『忍者に結婚は難しい』とは横関大による小説、およびそれを原作としたテレビドラマである。小説は2022年に講談社から刊行、ドラマは2023年1月から3月までフジテレビ系で全11話が放送された。主人公である草刈蛍と草刈悟郎は、忍者である秘密をお互いに隠して結婚している夫婦である。任務をこなしていくうちにお互いに違和感を覚えていき、2人の間には不穏な空気が流れる。忍者として生きるのか、ただの人間として生きるのかを迫られていく、ヒューマンラブコメディーである。

Read Article

マイ☆ボス マイ☆ヒーロー(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

マイ☆ボス マイ☆ヒーロー(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』とは、2006年7月から日本テレビで放送されていたコメディドラマ。韓国映画『マイ・ボス マイ・ヒーロー』のリメイク。脚本は大森美香。主演は長瀬智也で、共演は新垣結衣や手越祐也など。ヤクザの若頭である榊真喜男は、まともに学校に通ったことがなく、勉強が全くできなかった。そのため、ボスである父に組を継ぐために、高校を卒業するよう命じられる。初めは嫌々学校に通っていた真喜男だが、徐々に青春の楽しさを感じていく。本作は平均視聴率が19.1%と高視聴率を記録した。

Read Article

舞祭組(ブサイク)の徹底解説まとめ

舞祭組(ブサイク)の徹底解説まとめ

舞祭組(ブサイク)とは、Kis-My-Ft2のメンバーのうち横尾渉、宮田俊哉、二階堂高嗣、千賀健永の4人で結成した派生ユニット。中居正広がプロデューサーをし、グループ名を決定。その後ジャニー喜多川が漢字を当て、「舞祭組」となった。結成当時は、Kis-MyFt2の中で「後列4人」という目立たないポジションのメンバーであったが、舞祭組としてシングルやアルバム、ライブツアーなどを行い徐々に人気を集めることとなり、キスマイ内での格差がなくなるきっかけとなったグループ。

Read Article

青天を衝け(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

青天を衝け(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『青天を衝け』とは2021年にNHKで放送された大河ドラマ。幕末〜昭和初期を舞台に、実業家として日本の礎を築いた渋沢栄一を主人公としている。主演は吉沢亮が務めた。武蔵国の農民であった渋沢栄一は後に将軍となる一橋慶喜に仕えることで、幕末の動乱に巻き込まれていく。明治に入った後は官僚として新政府を支え、下野した後は実業界に入り数々の企業の経営に携わった。ドラマでは常に前を向き未来を切り開いていく栄一の姿が描かれている。第110回ザテレビジョンドラマアカデミー賞を受賞している。

Read Article

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子(猟奇犯罪捜査班)のネタバレ解説・考察まとめ

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子(猟奇犯罪捜査班)のネタバレ解説・考察まとめ

『ON異常犯罪捜査官・藤堂比奈子(猟奇犯罪捜査班)』とは、内藤了が執筆したミステリー小説『猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』シリーズを原作に制作したフジテレビ系列のドラマで、2016年に火曜夜10時ドラマ枠で放送された。新米刑事の藤堂比奈子は異常犯罪者にとても興味をもっていた。どんな気持ちで殺人をしどこでそのスイッチが入るのか興味深いと捜査するが、そこには自分の生い立ちなど関わっており、物語が進むにつれて比奈子の過去や現在の謎にも迫っていくストーリーになっている。

Read Article

14才の母(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

14才の母(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『14歳の母』とは、2006年10月に日本テレビで放送されたドラマで、脚本は井上由美子が手掛ける。主演は志田未来。その他、三浦春馬や田中美佐子などが出演する。中学2年生の一ノ瀬未希は、14歳にして子供を身ごもってしまう。両親や兄妹、友達など周りの人々から猛反対を受けるが、未希は産む決心をする。しかし、そんな彼女を様々な困難が待ち受けていた。どんなに苦しくても産むことを諦めない少女が、苦難を乗り越えて成長していく姿を描く。本作の視聴率は20%を超え、数々の賞を受賞した。

Read Article

呪怨2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

呪怨2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『呪怨2』(映画)とは2003年に公開されたホラー映画作品で『劇場版 呪怨』の続編にあたる。監督・脚本清水崇。心霊特番のロケで幽霊屋敷に行った一行が次々に不審死を遂げたり、行方不明になっていく様が恐怖の心霊現象として映像化されている。女優の原瀬京子は俊雄に何度もお腹を触られるという心霊現象を体験した末に、この世に再び伽椰子を産み落とすこととなる。分娩室の床で産声をあげる血塗れの紙袋の恐ろしさは圧巻。キャッチコピーは「身の毛もよだつ絶頂」。

Read Article

め組の大吾 救国のオレンジ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

め組の大吾 救国のオレンジ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『め組の大吾 救国のオレンジ』とは、“オレンジ”こと特別救助隊員の奮闘と成長を描く曽田正人、冨山玖呂両名による漫画作品。1999年に完結した曽田正人の少年漫画『め組の大吾』の続編であり、世界観と一部登場人物を共有している。2023年にアニメ化された。 斧田駿は、特別救助隊員として活躍することを夢見る新人消防隊員。常に自分の先を行く十朱大吾、高校時代から片思いしていた中村雪らと共に特別救助隊員となるための訓練に参加する中、斧田は十朱が10年前の大規模なホテル火災の生き残りであることを知る。

Read Article

目次 - Contents