インセプション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インセプション』( Inception)とは、2010年7月に公開されたクリストファー・ノーランが監督・脚本を務めるSFアクション映画である。他人の夢からアイデアを盗み出す企業スパイ・コブは、その才能から国際指名手配を受け、さらに妻の殺害容疑もかけられていた。そんなある日、サイトーと名乗る男が、彼に風変わりな依頼を持ちかける。サイトーのライバル会社を潰すため、息子に夢の中で会社を潰すアイディアを植え付ける(インセプション)依頼だった。夢の中ならではの壮絶なアクションが魅力の映画となっている。

『インセプション』の概要

『インセプション』(Inception)とは、2010年7月にアメリカで公開されたSFアクション映画である。日米同時公開のため日本でも同年7月に公開された。監督はクリストファー・ノーランで『テネット』も担当した監督である。レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、マリオン・コティヤール、エリオット・ペイジ、トム・ハーディらが出演する。 渡辺謙はノーラン監督の『ダークナイト・ライジング』にも出演しており、監督自ら渡辺にオファーを行い、即承諾したといわれる。
ノーランは幻想的な作風で知られるアルゼンチン作家、ホルス・ルイス・ボルヘスの短編集である『伝奇集』、『Las ruinas circulares』(円鎧の廃墟)、『Elmilagro secreto』(隠れた奇跡)より着想を得て脚本の執筆にあたった。その他影響を受けた映像作品として、『マトリックス』『ダークシティ』『13F』などを挙げている。

他人の夢の世界への侵入というSF要素を主軸とし、そこに産業スパイのクライム・サスペンスや男女・親子の愛情を絡めた物語である。多層構造の夢の世界における階層間移動のアイデアや、無重力空間でのアクションシーンの面白さも話題を呼んだ。
全世界で8億2,800万ドル以上の興行収入を記録し、2010年の興行収入ランキングで4位となった。第83回アカデミー賞では作品賞、脚本賞などの8部門にノミネートされ、撮影賞、視覚効果賞、音響編集賞、録音賞を受賞した。

冒頭、海岸で目覚めるドム・コブは、年老いたサイトーと食事をする。 その全く同じ部屋で現在のサイトーとコブは相棒のアーサーと食事をしながら、アイディアの寄生に関して話している。コブはアーサーと共に金庫から秘密が書かれた封書を盗み出そうとするが、サイトーに阻まれ、仕方なくコブはアーサーを射殺する。すると巨大な日本的な屋敷が徐々に崩壊しだす。これは実はアーサーの夢の中に入り込んで操作していたのであった。
場面は変わり、暴動が迫る古いアパートでアーサー、サイトーは目覚め、コブは浴槽に"キック"されて目覚める。コボル社に機密を教えるためにサイトーを銃で脅すが、サイトーにそこがまた夢であることがバレて失敗。
ナッシュの夢の中であり、現実では日本の新幹線「のぞみ」のグリーンシートで4人は寝ているのであった。
コボル社とは、南アフリカで力を持つ会社で、サイトーのライバル会社。コブの様なスパイを使って、情報を手に入れようとする闇の力も持っている。
コボル社から依頼を受けたコブは、「エクストラクト」という夢の中に入って情報を抜きとる産業スパイ。
しかし仕事に失敗したコブは新幹線を降り、アーサーともう一人の仲間ナッシュもサイトーと日本人協力者を残して去る。
コブは避難後、ホテルで子供たちと電話で話す。コブは指名手配されており、アメリカに帰れず子供たちと会えないのである。そこにアーサーが現れ一緒にヘリコプターで逃げようとするが、そのヘリコプターに乗っていたのは、サイトーであった。ナッシュを捕まえて口を割らせたのである。サイトーに促されてヘリコプターに乗せられたコブとアーサーに、サイトーは任務を依頼する。
依頼内容は「インセプション」というもの。「インセプション」とは、「エクストラクト」の様な抜き取り術とは逆に相手にアイディアを植え付けることである。アーサーは不可能だと答えるが、コブは否定せずヘリコプターを下りる。
サイトーからの詳しい依頼内容は、ライバル会社社長モーリス・フィッシャーが経営するエネルギー複合企業を破滅させるため、モーリスの息子にして後継者であるロバート・フィッシャーに父親の会社を解体させるのを納得させるアイディアを植え付けるというものだった。
サイトーは、報酬としてコブの犯罪容疑を取り消して、アメリカへ再入国してコブが娘と息子が待つ家に戻れるよう、影響力を行使すると言う。
ここから物語は一気に進んでいくのである。
コブの過去や、次々と訪れて来る問題をコブ率いるメンバーがどのように乗り越えていくのかが、見ているうちに引き込まれていく映画となっている。

『インセプション』のあらすじ・ストーリー

夢の中

物語はドム・コブが海岸で気絶している場面から始まる。海岸で目を覚ましたドム・コブは老齢のサイトーという男と食事を共にする。
場面は同じ部屋の中で、若い時分のサイトーとドム・コブと仲間のアーサーと食事をしながらアイデアの価値や寄生について会話をしているところに移動する。コブはそこでアーサーと共に屋敷の金庫から秘密が書かれた文書が入った封筒を盗み出すが、突如としてそこに現れた妻、モル・コブとサイトーに行く手を阻まれる。コブはサイトーに抑えられていたアーサーを射殺する。すると屋敷は崩壊しはじめた。その隙に封筒の中身を見ることに成功するが、その文書の重要な箇所は黒く塗りつぶされていた。

この出来事は実際のところアーサーの夢の中での出来事であり、アーサーが夢の中で殺されたことにより、目が覚め、夢の世界が消滅するということなのであった。アーサーが目覚めたのは民衆が迫りくる古アパートの一室で、サイトーもそこで目覚める。コブはまだ夢の中で文書を解読しようと足掻いていたが、「キック」と呼ばれる無理やり夢から目覚めさせる方法(浴槽に放り込む)で目覚め、サイトーを銃で脅し、コボル社に機密を教えるために奮闘する。しかしそのアパートの場面も夢であることが部屋に敷かれていたカーペットにシミがないことから、サイトーにばれてしまい、失敗に終わる。この夢は実際はナッシュの夢であり、現実では日本の新幹線の中で寝ていたのである。
この、夢の中に潜入しサイトーのアイデアを盗む「エクストラクト」と呼ばれる仕事に失敗してしまったコブは京都で下車し、アーサーとナッシュもサイトーを新幹線に残してそこを去った。

依頼

作戦が失敗に終わり、依頼主のコボル社から命を狙われることになった。そのためコブとアーサーは、屋上にあるヘリで逃亡することにした。
ヘリの扉を開けると、そこにはサイトーが乗っていた。

驚くコブたちだったが、サイトーに促されヘリに乗り込んだ。そこでサイトーは、夢の中でアイデアを抜き取る「エクストラクト」ではなく、アイデアを植え付ける「インセプション」をして欲しいと依頼してきた。

サイトーはライバル会社のエネルギー複合企業を、壊滅させようとしていた。
社長のモーリス・フィッシャーの息子で後継者のロバート・フィッシャーに、父親の会社の解体を納得させるアイデアを植え付けようとしていた。

難易度の高い「インセプション」の依頼のためコブは断ろうとするが、子供に会えない状態を指摘され考え直した。
コブは妻を殺害した容疑とこれまでのスパイ行為で指名手配され、子ども達のいるアメリカに帰れずにいたのだった。

サイトーは「インセプション」を成功させれば、「アメリカでの犯罪歴を消す手伝いをする」と言った。
コブは保証を求めたが、サイトーは保証はせずメンバーを集めることを指示した。

準備

コブは義父の元を訪ね、夢の世界を構築し設計できる設計士の紹介を頼んだ。
「自分で設計しろ」と言う義父に、コブは自分で設計すると死んだはずのモルが邪魔をすると話した。そして今回の依頼が成功すれば、子ども達の元に帰ることができると協力を頼んだ。
義父はアリアドネという学生を紹介した。

コブはアリアドネの才能を確かめるため、迷路を作るよう紙を渡した。アリアドネはコブが解けない迷路を作り試験に合格した。
コブはアリアドネに夢の説明をした。
夢の中では思うがままに何でも作れるが、大胆に改変すると夢の主であるホストの潜在意識に敵対されてしまうのだった。

夢から脱出するには死ぬか、現実世界で衝撃を加えるキックをするか自然覚醒で目覚めるかの3つの方法があった。
夢の中では現実の5分が夢の1時間にあたり、階層を降りるごとに夢が不安定なり深層意識に深く繋がっていくのだった。
さらに階層を降りると永遠の時間が流れる虚無の世界になり、そこを抜け出すには死ぬしかないのだった。

夢か現実かを判断するには、「トーテム」と呼ばれるアイテムが有効だとコブは説明した。「トーテム」は他人に触れされてはならず、自分だけが知る重さや質量を伴う物質でなければならなかった。
「トーテム」の概念はモルが発案し、彼女が愛用していたコマをコブは使用していた。現実世界ではコマは勢いがなくなると止まり、夢では回り続けるのだった。

コブは偽装師で、「インセプション」の経験者であるイームスを仲間に引き入れた。
アイデアを植え付けるには深層意識を誘導して、アイデアを自ら考えだしたと思わせなければならなかった。そのためにはターゲットの調査を念入りに行い、行動原理に沿った作戦を立てる必要があった。その役割はイームスが担った。

サイトーはコブに最低限の事しか明かさなかった。そのためコブは「インセプション」がとても難しい任務であることを伝え、隠し事がある状態では任務を遂行できないと話した。
サイトーは少し考えてから、全てを話し始めた。
フィッシャー社は、エネルギー関連の事業で業界の50%以上を独占していた。このままだと世界が混乱に陥ってしまうため、サイトーは跡取り息子のロバートを誘導して会社を解体しようとしていた。

話を聞いたコブたちは、「インセプション」でアイデアを植え付けて自然に会社を解体するために、ロバートと父の関係を利用することにした。
父のモーリスはロバートに厳しく、愛情を注いでいなかった。そこを上手く誘導すれば、アイデアを植え付けることができると考えた。

その後コブは強力な鎮静剤を調合できる、調合師のユスフをメンバーに誘った。コブは夢を3階層作ろうとしていた。ユスフは驚いたが仲間に加わった。

作戦

ロバートの父は死期が近く、死亡すれば必ず飛行機に乗って葬儀に出向くと思われた。そこが最大のチャンスだとコブたちは考えた。
サイトーは航空会社のエアラインごと買い取り作戦に備えた。

コブたちの作戦は、飛行機の中でロバートを眠らせ1階層の夢でロバートを誘拐する。そして父からの最後の贈り物を渡せと脅す。
2階層の夢で父からの贈り物が重要だと思わせるため、父の側近のピーター・ブラウニングが裏切っていたことをほのめかす。
3階層ではピーターが隠していた父の真実を、ロバートの意志で探しに行かせ父の金庫に辿り着かせる。その金庫を開けると父との思い出が出てきて、自分のことを想っていてくれたと思わせる。

遺言には「父の真似をするのではなく、自分の道を切り開いて欲しい」と書いておく。父との感動的な和解で、脳にアイデアを定着させるというものだった。

任務の持ち時間は飛行機が飛んでいる数時間で、夢では1階層目が1週間、2階層目が6ヵ月、3階層目が10年となっていた。
調合師のユスフは3階層まで行ける特別な鎮静剤を調合し、三半規管を揺らすキックで目を覚ますと話した。

アリアドネは基地で、コブが夢の中に入っているのを見た。それで自分もその夢に侵入し、むき出しのエレベーターに乗り下に降りた。
そこではコブとモルが話をしていた。モルがアリアドネの存在に気づき睨みつけると、コブが慌ててアリアドネを連れてエレベーターに乗った。

アリアドネはコブに「モルに何があったのか、なぜ死んだのか」と尋ねた。
彼女はエレベーターにBという地下へのボタンがあるのに気づき、地下に行けばコブが隠している真実があると考えた。

コブとアリアドネは、ある家でエレベーターを降りた。部屋の向こうに草原が広がっていて、子ども達がこちらに背を向けて楽しそうに遊んでいた。
コブは「子ども達の名前を呼べば振り向いてくれるはずなのに、呼ぼうとすると行ってしまう」と言った。子ども達の顔を見るためには、現実で会う必要があった。

悲しそうなコブの隙をついて、アリアドネは1人でエレベーターに乗り、Bのボタンを押して地下に向かった。

地下はホテルの一室に繋がっていた。荒らされた部屋にモルがいた。アリアドネが愛について語ると、モルは狂気の目で睨みつけ襲ってきた。
コブがアリアドネを助け出し、エレベーターに乗ったところで2人は目を覚ました。

「モルが作戦に支障をきたす危険がある。皆に伝えた方がいい」とアリアドネが言ったが、コブは誰にも話さず作戦の日を迎えた。

作戦開始

現会長のフィッシャーが死亡し、ロバートは葬儀に向かうため飛行機に乗った。
移動の10時間を使って作戦が決行された。
ロバートの水に睡眠薬を混ぜ、彼が眠ったのを確認してメンバーは夢の中へと潜入した。

夢の中で雨を降らせ、ロバートにタクシーを拾わせる。そのタクシーにコブが乗り込み、アジトにロバートを連行する。そこにはブラウニングも拉致されており、2人に「父親の金庫の暗証番号を教えろ」と脅すのがシナリオだった。
イームスが変装したブラウニングに、ロバートを会わせるところまでは成功した。

ところがそこに襲撃部隊が現れた。
ロバートは企業スパイに備えて、潜在意識に異物が入らないよう防御訓練を受けていたのだった。

襲撃部隊によって、サイトーが胸に被弾した。普段であれば殺されれば夢から覚めるだけだったが、強い鎮静剤を使っているため目が覚めなかった。
薬が切れるまでサイトーを生かしておかないと、彼が虚無の世界に落ちる可能性が高かった。1階層で1週間も滞在すると、コブたちも襲撃部隊によって命を落とす確率が高いため、もっと下の階層へ降りる必要があった。

コブたちは下の階層を目指した。ユスフは1階層に残り、キックで車ごと橋から落下し始めた。

2階層にユスフ以外のメンバーが潜入した。
チャールズという名でロバートと接触したコブは、夢の中にいると信じさせ彼を誘った。コブはロバートに質問する形で、暗証番号を思い出させようとした。そうやって誘導しながら、ブラウニングを疑うように仕向けた。

そこにブラウニングが現れたので、「彼の潜在意識に潜り込もう」とコブはロバートに言った。これはロバートの夢の3階層に入る作戦だった。

2階層にはアーサーが残った。
予定より早く、1階層で車が橋に突っ込み始めたので無重力状態になってしまった。キックで衝撃を与えられないため作戦を変更し、眠った皆の身体を縛りエレベータに乗り込んで、爆破の衝撃でキックを起こそうとした。

3階層にユスフとコブたちが潜入した。
3階層は辺り一面雪景色で、雪山の奥に要塞があった。メンバーは防衛部隊が占拠する要塞へ突入した。

コブはロバートに、要塞の奥に「父親が死に際に残した言葉がある」と示唆した。要塞に入った一行は金庫に向かった。すると背後にモルが現れロバートを銃撃した。彼は死亡し虚無の世界に落ちた。
サイトーも瀕死で、虚無の世界に落ちるのは時間の問題だった。

コブはアリアドネの提案で、4階層に潜りロバートを救う決意をした。
イームスに3階層とロバートの遺体の見張りをさせ、4階層に潜入した。

4階層は海辺の世界だった。アリアドネは、そこがコブの夢に潜って見た景色だと気づいた。コブが50年モルと過ごして、作り出した世界だった。

モルのところへ行ったコブは、ロバートを引き渡すよう命じた。モルは「コブが残るなら、引き渡す」と言ったがコブは断った。
家のポーチにロバートがいると聞いたアリアドネが、彼を回収した。
アリアドネが一緒に戻ろうとするが、コブは死亡して落ちてくるサイトーを救出するため残ることにした。

4階層から3階層に戻ったロバートは金庫に入った。
奥には病床のモーリスがいた。モーリスは「失望したのは、自分を真似るからだ」とロバートに言い、枕元にある金庫を指さした。
金庫の中には、ロバートが作った折り紙の風車が入っていた。ロバートは父の愛情を感じ、手を握った。

作戦は成功したのだった。

4階層のコブは「充分夢の中で歳を重ねただろう」とモルに言い、サイトーを探しに行った。サイトーは年老いて座っていた。
コブがサイトーに「若い姿でまた会おう」と言うと、サイトーは彼を信じ拳銃でこめかみを撃った。

起きたコブたちは、何事もなかったように機内で過ごした。
サイトーは電話をかけ、コブの犯罪歴を消した。空港には義父が迎えに来ていた。

我が家に帰ったコブは、これが現実世界かどうか確かめるためコマを回した。
しかし結果が出る前に子ども達に呼びかけ、庭へ出て行ってしまった。
コマが止まるか止まらないかは、分からなかった。

『インセプション』の登場人物・キャラクター

主人公

ドム・コブ(演:レオナルド・ディカプリオ)

吹き替え:内田夕夜
本作の主人公で、みんなから「コブ」と呼ばれている。他人の夢へと潜入してアイデアを盗むという高度な技術を持つスパイ。その類稀な才能から企業スパイとして引っ張りだこであるコブは、ついには国際指名手配犯となり、さらには亡くなった妻のモル・コブの容疑者として追われる身となってしまう。モルの自殺によって殺人容疑をかけられたドム・コブは子供たちの顔を見ることなく家を出たことが大きな後悔になっており、どうにかして自宅に帰ろうと考えている。
そこへサイトーから他人にアイデアを植え付ける依頼を受けることにより、物語は進んで行く。

主人公の家族

モル・コブ(演:マリオン・コティヤール)

吹き替え:五十嵐麗
本作の主人公であるドム・コブの妻。コブの建築の師であるマイルス教授の娘。コブからは「モル」と呼ばれている。過去にはコブと夢の世界で50年生活していた。モルは現実に戻ることを拒否していたが、コブが今いる世界は現実ではないという考えを埋め込んだことにより、現実世界に戻る。しかし現実世界でも「この世界は現実ではない」という考えに支配されてしまい、2人の記念日にコブの目の前で飛び降り自殺をする。
このことは今でも、コブのトラウマとなっている。モルが使っていたトーテムのコマをコブは引き継いで使っている。

マイルス教授(演:マイケル・ケイン)

keychan7878
keychan7878
@keychan7878

Related Articles関連記事

ダークナイト ライジング(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ダークナイト ライジング(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2012年に公開された、アメリカ・イギリス共同制作の実写アクション映画。監督はクリストファー・ノーラン。 ゴッサム・シティに平和が訪れ、ブルース・ウェインもバットマンを引退していた。しかしベインと名乗るテロリストが現れ、ゴッサムは再び壊滅の危機にさらされる。 バットマンとして復活したブルースが、窮地に陥りながらも、ゴッサムのために命を懸けて戦う姿が描かれる。

Read Article

ダークナイト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ダークナイト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダークナイト』とは2008年に公開された、アメリカ・イギリス共作の実写アクション映画。監督はクリストファー・ノーラン。主演をクリスチャン・ベール、ヴィランをヒース・レジャーが演じた。バットマンとして世の犯罪者と戦ってきたブルース・ウェインが、新たに現れた敵・ジョーカーに翻弄されながら、ゴッサム・シティに必要なヒーローとは何かを模索する姿を描いた作品。

Read Article

インターステラー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

インターステラー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インターステラー』とは鬼才クリストファー・ノーラン監督が世に放った壮大なSF映画である。最新技術と物理学者の協力によって映像化された、物理法則に忠実で当時最も本当の姿に近いといわれたブラックホール、ワームホールが話題となった。何年も雨が降らず、深刻な食糧問題を抱えた、人類滅亡の危機に瀕する近未来。元宇宙飛行士のジョセフ・クーパーは、居住可能な星を探す計画、「ラザロ計画」にスカウトされることになる。クーパーは娘に必ず戻ると約束し、広大な宇宙へと旅立った。果たして彼は人類を救うことができるのか。

Read Article

TENET テネット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

TENET テネット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『TENET テネット』とはイギリスで公開されたスパイ映画で、時間を逆行する物語。文字通り逆再生で時間が進んでいく。リアルに作り上げていくべく、スタッフや俳優に伝える能力も過去に時系列トリックを駆使した作品を作ってきたノーラン監督ならではの作品。 主人公はCIAの名もなき男。ウクライナのオペラハウスで発生したテロ事件に突入する。任務を終えた後そこで"TENET"というワードを耳にする。テネットというのは謎の組織の名前で主人公は組織の目的を知るために女性科学者のところへ向かうことになる。

Read Article

池袋ウエストゲートパーク(IWGP)のネタバレ解説・考察まとめ

池袋ウエストゲートパーク(IWGP)のネタバレ解説・考察まとめ

『池袋ウエストゲートパーク(IWGP)』とは2000年4月から6月までTBS系で放送された日本の若者の日常をワイルドに描いたテレビドラマ。主演は長瀬智也、脚本は宮藤官九郎。その他渡辺謙や妻夫木聡など、多くの豪華俳優が出演している。池袋を舞台に、主人公マコトが池袋を舞台に友人やギャングたちとケンカや友情に明け暮れるストーリー。原作は石田衣良の小説『池袋ウエストゲートパーク』で、ドラマ以外にも、コミック、ミュージカル、舞台、アニメなど幅広いメディアミックスがなされた。

Read Article

マッドマックス 怒りのデス・ロード(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

マッドマックス 怒りのデス・ロード(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

前作『マッドマックス/サンダードーム』以来、27年ぶりに製作された『マッドマックス』シリーズの第4作。2015年公開のオーストラリア映画。第88回アカデミー賞では10部門にノミネート、最多の6部門を受賞した。石油も水も尽きかけた世界。資源を独占し、暴力で民衆を支配する軍団に捕われた元・警官マックスは、自由への逃走を開始。凄まじい追跡、炸裂するバトル。絶体絶命のピンチを迎えた時、決死の反撃が始まる。

Read Article

(500)日のサマー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

(500)日のサマー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『(500)日のサマー』とは、運命の恋を信じる男トムと信じない女サマーが繰り広げる、出会いから別れ、立ち直りまでの500日をリアルに描いた恋愛コメディー映画。ミュージックビデオを多く手掛けてきたマーク・ウェブの長編デビュー作である。本作は、脚本のスコット・ノイスタッターのロンドン・スクール・オブ・エコノミクスでの実際のロマンスに基づいて作られている。

Read Article

ダンケルク(Dunkirk)のネタバレ解説・考察まとめ

ダンケルク(Dunkirk)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダンケルク』とはクリストファー・ノーラン監督・脚本・製作による2017年の戦争映画。第二次世界大戦の「ダンケルクの戦い」における史上最大の救出作戦、通称「ダイナモ作戦」を題材に描かれている。ポーランドを侵攻しそこから北フランスまで勢力を広げたドイツ軍は、英仏連合軍をフランス北部のダンケルクへと追い詰めていく。絶望的な状況の中、若き兵士トミーと仲間たちの命がけの撤退を描いた物語。ノーラン監督にとって初の史実を基にした映画である。

Read Article

怒り(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

怒り(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2010年に国内の映画賞を総ナメにした大ヒット作「悪人」の原作者吉田修一と監督李相日が6年振りにタッグを組み、音楽に坂本龍一を加え、実力派のオールスターキャストで挑んだ感動のヒューマンミステリー。八王子の平静な住宅街で残忍な夫婦殺人事件が起こる。一年後のある日、千葉と東京と沖縄に素性の知れない3人の男が現れ、それぞれに重厚な人間ドラマが展開する。愛した人は、殺人犯なのか?2016年9月全国公開。

Read Article

タイタニック(Titanic)のネタバレ解説・考察まとめ

タイタニック(Titanic)のネタバレ解説・考察まとめ

『タイタニック』とは、ジェームズ・キャメロン監督・脚本、主演はレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットによる1997年のアメリカ映画。1912年に起きたタイタニック号沈没事故を下地にして、船の中で出会った貧しい画家志望の青年と上流階級の娘の悲恋を描いている。1998年のアカデミー賞にて、11部門で受賞し、日本でも一年以上のロングラン上映し席巻した。

Read Article

キングスマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

キングスマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

マーク・ミラー原作のコミックを「キック・アス」に続きマシュー・ボーンが監督した、常識破りの超過激ノンストップ・スパイアクション。亡き父の後を継いでスパイ組織「キングスマン」の一員としてスパイとなる道を選んだ青年が、ブリティッシュスーツを華麗に着こなし、最強の敵相手に奮闘する姿を描く。「英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したコリン・ファースが激しいアクションに挑戦。2015年公開のイギリス映画。

Read Article

ギルバート・グレイプ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ギルバート・グレイプ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ギルバート・グレイプ』とは、原題は『What’s Eating Gilbert Grape』で、同名小説の映画化。ジョニー・デップと、レオナルド・ディカプリオが共演している、1993年のアメリカ映画である。 知的障害を抱えた弟アーニー(レオナルド・ディカプリオ)と、夫を亡くした事で過食症となり、病的な肥満になってしまった母親。 退屈な田舎町で家族を支えるギルバート(ジョニー・デップ)が、ある日ベッキーという女性と出会うことで自分自身を見つめ直し、心の揺れ動きと成長を描いた物語。

Read Article

ヴェノム(Venom)のネタバレ解説・考察まとめ

ヴェノム(Venom)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヴェノム(Venom)』とは、2018年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。日本での公開は2018年11月2日。ソニー・ピクチャーズの保有するマーベル・コミックのキャラクターを実写映画化した『ソニー・ユニバース』シリーズの第1作品目。 地球外生命体シンビオートに寄生され、ヴェノムに変身する特殊能力を手に入れたジャーナリストエディ・ブロックの闘いを描く。

Read Article

シャッター アイランド(Shutter Island)のネタバレ解説・考察まとめ

シャッター アイランド(Shutter Island)のネタバレ解説・考察まとめ

『シャッター アイランド』とは、2010年公開のサスペンス映画である。監督はマーティン・スコセッシ、主演はレオナルド・ディカプリオ。 連邦保安官のテディ・ダニエルズは、同僚のチャック・オールとともに、シャッター アイランドという孤島にある精神病院に、女性患者の失踪事件を捜査しに船で向かう。その精神病院には多くの犯罪者が収容され、失踪した女性患者も、自らの子供たちを殺害した犯罪者だった。事件を捜査していくうちに意外な事実が浮かび上がってくる。

Read Article

コンテイジョン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

コンテイジョン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『コンテイジョン』とは、2011年にアメリカで公開されたスリラー映画。危険な未知のウイルスが、次々と人間の命を奪い、恐怖というパニックにも感染していく世界を描いている。世界各地で同時多発的に謎の病が発生する。それは咳・発熱を発症後、急激に症状が悪化し、亡くなってしまうという新種のウイルスだ。世界中で感染が広がるこの病に医師たちは敢然と立ち向かう。しかし人々は翻弄され、国家は瞬く間に崩壊していくのだった。ウイルス感染の恐怖を様々な視点から捉えた、リアル感溢れるパニック・スリラー・ムービーだ。

Read Article

メメント(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

メメント(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

映画『メメント』は2001年に公開されたアメリカのサスペンス映画である。クリストファー・ノーラン監督が名を知らしめた代表作になっている。主人公レナード・シェルビーは強盗に襲われ、妻を殺害される。その際に頭を負傷し、10分しか記憶が持たない病気になってしまう。復讐のため、写真や自分の体にメモに記憶を刻みながら犯人をさがす。時間を遡りながら物語が進む難解な映画となっている。

Read Article

グランド・イリュージョン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

グランド・イリュージョン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『グランド・イリュージョン』とは2013年10月に日本公開されたクライム映画。ジェシー・アイゼンバーグが主演を、ルイ・ルテリエが監督を務める。大金を狙うマジシャンのアトラス、マッキニー、ワイルダー、リーブスの4人が「フォー・ホースメン」というグループを組み、マジックショーを行い鮮やかなトリックで復讐を果たすストーリー。彼らの逮捕に乗り出す捜査官との攻防、巧妙に張り巡らされた伏線、マジックの華麗な種明かしが見所。日本での興行収入4億8千万円を記録した大ヒット作品。

Read Article

マン・オブ・スティール(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

マン・オブ・スティール(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『マン・オブ・スティール』とは、2013年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。「DCコミックス」の人気アメリカン・コミック『スーパーマン』の実写映画作品である。『スーパーマン』シリーズを含めると、本作は通算第6作目の作品だ。科学や文明が発達して人工生育が常識である、地球から遠く離れた惑星「クリプトン」で、数百年ぶりに自然出産で「カル=エル」という子供が生まれた。のちに「スーパーマン」と呼ばれる彼は、子供のいなかった夫妻に育てられたのち、自分の出自を知るための旅にでる。

Read Article

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(モンスターバース)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(モンスターバース)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』とは、2019年に公開されたアメリカの怪獣映画。監督はマイケル・ドハティで、主演はカイル・チャンドラー。2014年公開の『GODZILLA ゴジラ』の続編でキャッチコピーは「王の覚醒」。アメリカ版怪獣映画シリーズ『モンスターバース』の3作目の作品であり、日本の人気怪獣が多数登場する内容で話題となった。 テロリストの手で強大な怪獣キングギドラが復活し、呼応して世界中に怪獣が出現。地球環境を守るため、怪獣王ゴジラは人類を蹴散らしつつこれに立ち向かう。

Read Article

GODZILLA ゴジラ(モンスターバース)のネタバレ解説・考察まとめ

GODZILLA ゴジラ(モンスターバース)のネタバレ解説・考察まとめ

『GODZILLA ゴジラ』とは、2014年に公開されたアメリカの怪獣映画。日本を代表する特撮である『ゴジラシリーズ』に、ハリウッドが本気で取り組んだ意欲作である。監督はギャレス・エドワーズで、キャッチコピーは「世界が終わる、ゴジラが目覚める。」。興行収入5億ドルを超える大ヒットを記録し、アメリカ版怪獣映画シリーズ『モンスターバース』の最初の作品ともなった。略称は「ギャレゴジ」。 日本で巨大生物ムートーが復活。これを追うように怪獣たちの王ゴジラも活動を開始し、両者の戦いに人類は翻弄される。

Read Article

硫黄島からの手紙(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

硫黄島からの手紙(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『硫黄島からの手紙』とは、アメリカ合衆国で製作された戦争映画。太平洋戦争末期の日本軍司令官、栗林忠道が家族に送った『「玉砕総指揮官」の絵手紙』に基づいており、クリント・イーストウッドが監督を、アイリス・ヤマシタが脚本を務めた。前作のアメリカ側からみた硫黄島での戦闘を描く、『父親たちの星条旗』と対をなす『硫黄島2部作』の日本側作品。2006年に発見された兵士たちの手紙から始まり、1944年当時の硫黄島守備隊の玉砕までの日々を陸軍一等兵西郷や守備隊指揮官栗林中将の目線から描いている。

Read Article

ジャンゴ 繋がれざる者(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ジャンゴ 繋がれざる者(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジャンゴ 繋がれざる者』とは、2012年のアメリカのリビジョニスト西部劇。ドイツ人賞金稼ぎキング・シュルツに助けられた黒人奴隷ジャンゴ・フリーマンが生き別れた妻ブルーム・ヒルダをを取り戻す物語。監督・脚本はクエンティン・タランティーノ、出演はジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオ、サミュエル・L・ジャクソン。アカデミー賞では5部門ノミネートされ、脚本賞と助演男優賞を受賞。興行成績も、タランティーノは前作の『イングロリアス・バスターズ』を超えて大ヒットを記録した。

Read Article

映画『インセプション』撮影裏画像まとめ!思わず見入ってしまうショットが満載【クリストファー・ノーラン監督作品】

映画『インセプション』撮影裏画像まとめ!思わず見入ってしまうショットが満載【クリストファー・ノーラン監督作品】

クリストファー・ノーラン監督作品『インセプション』の撮影裏画像を集めました。レオナルド・ディカプリオやジョゼフ・ゴードン、エレン・ペイジといった豪華キャストの姿はもちろん、映画の不思議な世界観を思い出させるセットを使った撮影シーンなどを掲載。映画ファン必見の画像を紹介しています。

Read Article

実はこの人も!?左翼・左派と噂されている芸能人・著名人まとめ【太田光、土田晃之ほか】

実はこの人も!?左翼・左派と噂されている芸能人・著名人まとめ【太田光、土田晃之ほか】

革新的な考え方をしていたり、日本に対して批判的な姿勢を見せる人を一般的に「左翼・左派」と言うが、芸能人の中でも「左翼・左派ではないか」と噂されている人物がいる。真相は不明であるが、報道番組などでコメントを求められた際の発言がもとになり、ネット上などで噂が巻き起こるのだ。本記事では「左翼・左派」だと噂されている芸能人・著名人の情報をまとめて紹介する。

Read Article

【ベッカム】築地やデパ地下で目撃情報あり!お忍び来日した海外セレブの画像まとめ【レオナルド・ディカプリオ】

【ベッカム】築地やデパ地下で目撃情報あり!お忍び来日した海外セレブの画像まとめ【レオナルド・ディカプリオ】

世界に名だたるスポーツ選手や俳優たち。彼ら/彼女らの中には、お忍びで来日している人もいるそうです。築地や銀座での目撃情報もあれば、デパ地下という意外な場所で見たとの声も。この記事では、来日した海外セレブたちの画像についてまとめました。こんなイケメンや美女が急に街中に現われたらビックリですよね。

Read Article

観客席にいるかも?サッカーを愛するセレブまとめ【レオナルド・ディカプリオ、他】

観客席にいるかも?サッカーを愛するセレブまとめ【レオナルド・ディカプリオ、他】

日本だけでなく世界中で熱狂を巻き起こすサッカーは、芸能界にも多くのファンがいる。ここでは熱狂的なサッカーファンを公言している海外セレブたちをまとめた。ハリウッド1のスポーツ女子であるジェシカ・ビールや、サッカー界に友人の多いレオナルド・ディカプリオなどを紹介している。

Read Article

映画『ロミオ+ジュリエット』撮影裏画像まとめ!見てるだけでときめくショットが満載

映画『ロミオ+ジュリエット』撮影裏画像まとめ!見てるだけでときめくショットが満載

レオナルド・ディカプリオ&クレア・デインズが出演した映画『ロミオ+ジュリエット』の撮影裏画像を集めました。ロマンチックな雰囲気の中での撮影風景や、若かりし頃のディカプリオの美男子っぷりに見惚れるショットが満載。見ているだけでときめく画像をたっぷり紹介していきます。

Read Article

【マドンナ】海外スターの幼少期の写真まとめ【レオナルド・ディカプリオ】

【マドンナ】海外スターの幼少期の写真まとめ【レオナルド・ディカプリオ】

ここでは海外のミュージシャン、ハリウッド俳優、その他有名人の子供のころの写真をまとめました。ビヨンセ、ジョン・レノン、カート・コバーン、マライア・キャリー、アーノルド・シュワルツェネッガー、ブラッド・ピット、はたまたプーチン大統領まで。中にはガラリと雰囲気が変わってしまった人も。是非お楽しみください。

Read Article

神がかっているほどカッコイイ理想の男性が登場する映画まとめ!『ロミオ+ジュリエット』など

神がかっているほどカッコイイ理想の男性が登場する映画まとめ!『ロミオ+ジュリエット』など

カッコいい男性が登場する映画をまとめました。レオナルド・ディカプリオのイケメンっぷりに見惚れる『ロミオ+ジュリエット』や、ブラッド・ピットの美しさに息を呑む『ジョー・ブラックをよろしく』などを掲載。各作品のあらすじ・ストーリーや、登場人物・キャラクターのカッコよさに対するみんなのつぶやきを紹介していきます。

Read Article

目次 - Contents