silent(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『silent』とは、2022年10月から12月まで放送された、聴力を失ったかつての恋人との関係が主題のテレビドラマ。恋人同士だった青羽紬(あおばつむぎ)と佐倉想(さくらそう)だが、想が病気で耳が聞こえなくなってしまい、理由も言わずに別れを告げて姿を消してしまう。久々に想に再会した紬は、想への思いに戸惑いながらも現実に向き合っていくというストーリー。スピッツの楽曲がテーマになっているのが特徴。TVerのお気に入り登録が全番組で最多の246万人を突破し、若い女性を中心に大きな話題となった。

『silent』の概要

『silent(サイレント)』とは、2022年10月6日から12月22日までフジテレビ系にて放送された、聴力を失ったかつての恋人との関係性をテーマにしたテレビドラマ。主演は川口春奈。脚本は、数多くの作家を輩出してきた「フジテレビヤングシナリオ大賞」で大賞を受賞した生方美久によるオリジナル作品。
高校時代に付き合っていた青羽紬(あおばつむぎ)と佐倉想(さくらそう)。しかし進学のために上京した想は、卒業後まもなく紬に理由も言わずにLINEの文字だけで別れを告げて姿を消してしまう。同時に想は高校時代の友人らとも一方的に連絡を絶っていた。
その8年後に紬は上京し、高校の同級生の戸川湊斗(とがわみなと)と交際しながらCDショップで楽しく働いていた。そんなある日、偶然紬が想と久々の再会を果たすと、想は難病である若年発症型両側性感音難聴を患い、音のない世界で生きていた。紬は自分の中に残っていた想への思いや、湊斗との関係に戸惑いながらも、現実に向き合っていくというストーリー。
作品を通じてスピッツの楽曲やアルバムなどが登場することが特徴。
TVerのお気に入り登録が全番組で最多となる246万人を突破したほか、第4話のTVer見逃し配信が582万再生を記録して歴代民放ドラマの見逃し配信記録を更新するなど、若い女性を中心に大きな話題となった。

『silent』のあらすじ・ストーリー

想との再会

再会した紬(左)と想(右)。

高校時代、青羽紬(あおばつむぎ)は同じクラスの佐倉想(さくらそう)と交際していた。2人は大学進学を機に東京と群馬という別々の離れた土地で生活をすることになるが、その後間もなく紬は想から一方的に別れを告げられてしまう。何が理由なのかもわからないまま振られた紬。
それから8年が経ち、上京した紬はタワーレコードで大好きな音楽に囲まれながら働き、恋人の戸川湊斗(とがわみなと)と幸せな日々を過ごしていた。ところがある日、紬は偶然駅で想を見かけ、思わず声をかけたがその声は想には届かなかった。
紬から駅で想を見かけたことを聞いた湊斗は驚く。想は高校時代の友人たちとの連絡も絶っていたからである。そして想のことが気になり湊斗も想を探し始める。高校時代の恩師、古賀良彦(こがよしひこ)を訪ね、想の現状を尋ねるが知らないと言われる。だが、実は古賀は想の病気のことを知っており、今でも想と連絡を取り合っていたのであった。
湊斗は、群馬の想の実家を訪ねる。そこで想の妹の萌(もえ)から彼の連絡先を入手する。その際、病気で想の耳が聞こえなくなっている事実を萌から聞き、湊斗はショックを受けた。想と萌の母親である律子(りつこ)は湊斗が家に来たことを知り、想の耳のことを話してしまった萌を叱る。想が高校時代の友人たちにも病状をひた隠しにしてきたからだ。そして湊斗は紬にその事実を伝えることができないでいるのだった。
ある日、紬は偶然駅で想と会う。しかし、想は紬を見て逃げるようにその場を去ってしまった。必死に追いかける紬は、「今は何をしているの?」と問いかけるが、想には届かない。想は悲しい表情で涙を流しながら必死で手話で話をする。思いが通じ合わない2人。紬の手を振り切って去る想。紬は想が何を言っているのかわからず、その場で立ち尽くして泣いてしまうのであった。
想は高校卒業の頃に耳に違和感を抱くようになり、異変に気付いた律子が病院に連れて行くと、遺伝性の病気の可能性があると診断された。自分のせいかもしれないと責任を感じてなかなか状況を受け入れられない律子に対して想は申し訳なく思い、紬にも病気のことは隠して別れを告げ、そのまま上京することを決めた過去があった。
湊斗は以前交際していた紬と想が再会したことを不安に思っていたが、紬と想の両方を大切に想う優しい性格の湊斗は、紬に春尾正輝(はるおまさき)の手話教室を紹介する。そして想と話せるようになりたい紬は手話教室に通うことを決めた。
後日、改めて話がしたいと紬は想を誘い、覚えた手話で会話する。互いに想いがありながら、一方的に別れを告げられた紬。そしてその日カフェを出て歩いている2人の姿を偶然見てしまう湊斗。湊斗は紬と想のどちらも大切な存在だからこそ、自分の本当の気持ちを伝えることができなかった高校時代から8年が経ち、今は自分が紬の一番近くにいるという自負と、心の不安を抱えながら過ごしていた。そんな中、紬と想が一緒にいるところに遭遇してしまい、湊斗は気持ちの整理がつかない。
後日、想は湊斗に悪いので2人で会うのはよそうと紬に言う。しかし紬は、今好きなのは湊斗で想のことはなんとも思っていないと告げた。
ある日、思いがけず想と湊斗は紬の家で一緒になった。2人で部屋の中に居て気まずい空気が流れる。すると湊斗は涙を流し、耳が聞こえなくなったことを何も相談してくれなかったことを責め、外へ飛び出してしまうのであった。

湊斗との別れ

別れを切り出す湊斗。

ある日、湊斗は紬に別れて欲しいと告げる。「別れよう。もう無理しなくていいよ。俺がもう無理。このまま紬と一緒にいても、無理になって優しくできなくなる。紬にも想にも嫌われたくない。」と言う。そして想にも「紬、想の横にいるときが一番可愛いんだよね。」と伝え、想を見る紬を見ているのがしんどいのだと涙を流した。紬は簡単に気持ちの整理がつかないでいたが、湊斗の決意は変わらず、紬はお互いに別々の道を歩むことを受け入れた。そして想もまた、2人の関係がくずれたのは自分のせいではないかと悩み、高校時代の恩師、古賀に相談する。すると古賀は紬と湊斗の関係は、8年間見ていなかった想に分かるわけがないと思うと言われてしまう。想は、2人の別れに申し訳なさを感じながらもあらためて自分の紬への気持ちを再認識していた。
大学時代、徐々に耳が聞こえなくなり不安な毎日を過ごしていた想を支えたのは、同じく難聴の奈々(なな)であった。2人はろう者・難聴者を対象とした就活支援セミナー会場で初めて出会い、セミナー終了後に仲良くなった。想にとって、耳が聞こえなくなり始めてから唯一出来た友達が奈々なのだ。そして奈々は密かに想のことを想っていた。ある日、夜道を歩いていた奈々は想を見かける。すぐに想に「明日ひま?ご飯食べ行こうよ」とLINEを送るが、そこにちょうど想の待ち合わせ相手の紬がやって来て、奈々は思わず背を向けてしまう。後日、想は向き合って話をするために奈々と会う。しかし奈々は、「あの子は想が可哀想だから優しくしてくれるだけなのだ」と感情的に言葉をぶつけてしまい、険悪な空気になってしまうのであった。
思い立った奈々は、紬の通う手話教室へ足を運ぶ。そしてちょうど出てきた紬をつかまえカフェに入る。紬は春尾に教わった手話を使って思いを告げる。音信不通だった8年間、想を心配していたことや、奈々が想に寄り添っていてくれたことに感謝する。そして、想とは手話では通じないことが多いことも打ち明ける。すると奈々は、「好きな人と電話したり、手をつないで声で話すのが夢だった、そしてその夢は叶わない」と奈々は自分の気持ちを紬にぶつけた。飛び出して泣きながら歩いていた奈々に想から着信が入る。そして視線の先には想がいた。想は離れた先にいる奈々に気付き、電話をかけたのだ。駆け寄ってきた想の目の前で、鳴りっぱなしのスマホを泣きながら耳に当てる奈々。奈々を追いかけてきた紬は、その姿を複雑な想いで見ていた。翌日想に会った奈々は、紬がこの8年どれだけ想のことを心配していたのかを熱弁していたと話す。想と話をするために、紬が下手な手話で、手話教室の先生に訳してもらいながら一生懸命手話で話していたと伝えた。

すれ違う2人

高校時代のように戻る紬(下)と想(上)。

紬と想を見て、春尾のことを思い出した奈々は、春尾との再会を果たす。実は大学院生の頃、春尾は就活を有利に運ぶための授業サポートの会で奈々に出会った。そのまま気が合い、奈々は春尾に手話を教える仲になる。後日、春尾は手話サークルを作ろうとして、仲間たちに奈々を紹介すると、奈々は手話を遊び道具のようにされていると不快感をあらわにし出す。春尾は善意でやっていたが、奈々は偽善だと言い出し、仲違いした2人。それ以降、お互いを避ける関係になっていたのであった。再会した奈々と春尾は、紬と想の話題になる。奈々は「聞こえるとか、聞こえないとか関係ないと思いたいので、上手くいくと良いと思ってる」と答えるのであった。
久々に実家に帰った想は、空になったCDラックを見て過去を思い出す。大学にサッカー推薦で入ったが、耳が聞こえにくくなったことで部活を辞めてしまったこと、紬に別れを告げると決めた日のこと、母に病気のことを隠すようお願いしたこと、そして大好きな音楽から自分を遠ざけてきたことなどだ。想は律子に、「何故友だちを避けていたのだろう」と気持ちを訴える。すると律子はなんでも相談して欲しいと伝え、親子のわだかまりが解けていくのであった。そしてその2人の会話を見ていた萌や姉の華(はな)も加わり、久しぶりに親子に笑顔が戻るのであった。
ある日想は紬の家を訪れたが、どこかぎこちない2人。すると紬の手を想が突然掴み両手を握り抱きしめる。しかし2人の距離が近くなるほど、想は難聴の自分と一緒にいることが大変なのではないかと紬に気を遣うようになっていく。
一方、想の母親の律子は想のことが気になり、様子を見に東京へ行く。想の病気が遺伝性のものである可能性が高く、自分を責めていたのだ。想はサッカー推薦で入った大学の部活もやめてしまい、寮からも出てアパートで1人で暮らしていた。律子は想に難聴者向けのサッカー競技、デフサッカーを始めることをすすめるが、サッカー道具を全て捨ててしまっていた想からは拒絶されてしまう。想は耳が聞こえなくなったという事実を受け入れたくないのであった。想はひとり不安と戦っていた。
ある日、紬に会った想は、「駅で再会したとき、手話で何言ったか分からなかったでしょ?」と質問し、実はそれは手話で別れを告げた理由を話していたのだと伝える。想は「電話もできなくなるし、一緒に音楽も聞けなくなる。そう分かってて一緒にいるなんて辛かった。だから別れた」と告白した。そして「声が聞きたい。もう聞けないなら、また好きになんてならなきゃよかった」と涙を流す。まだ紬のことを想いながら、自分が重荷になるのではないかという葛藤から、お互いの気持ちがすれ違いはじめるのであった。

2人の決意

紬(左)に何かを囁く想(右)。

紬の家で、紬は目を背けている想に対して、付箋に書いて「それでも一緒にいたい」と伝える。想は涙を流して紬の家を出て行ってしまった。
後日、奈々に会った想は、ちゃんと今を見ようとしないとだめだとアドバイスされる。それを受けて紬と想はもう一度だけ会う約束をする。紬はかつての恩師である古賀に、想との待ち合わせ場所に学校を使わせてほしいと頼み、 2人の母校である高校の教室を待ち合わせ場所に決める。そして紬は親友の横井真子(よこいまこ)や母に励まされながら、想との待ち合わせ場所に向かう。
待ち合わせ場所の教室で待つ紬の元に想がやってきた。紬は手話で話しかけようとするが、すぐに黒板に字を書いて会話を始める2人。紬は「一緒にいるのがつらいならもう会わない」と別れを告げて帰ろうとする。「一緒にいると紬や周囲の人たちに迷惑がかかる」と書いて想いを打ち明ける想。しかし「それでも一緒にいたい」と紬は告白し、想に寄り添うのであった。
紬と想は高校からの帰り道、手をつないで歩く。帰りがけに荷物を取りに実家に寄った想。律子が表に出て紬を見かけると、手話で想と話す難しさをこぼす。うなずく紬。しかし律子は楽しそうな想を見られてよかったと安心した様子だった。想が取りに行ったのは、高校時代に使っていたiPodだった。紬の耳にイヤホンをあてて「壊れてないか確認して」と言う。そのiPodは壊れておらず、思い出の曲スピッツの「魔法のコトバ」が流れてきた。
後日、駅で会った紬と想はイルミネーションを見に行く。奈々は花屋で花束を買い、偶然会った湊斗におすそ分けと1本のかすみ草を渡すと、湊斗は奈々にもらったかすみ草を紬におすそ分けする。すると想も奈々からかすみ草をおすそ分けされており、待ち合わせた紬と想はお互いのかすみ草を交換するのであった。楽しそうに話す2人に穏やかな時間が戻って来る。イルミネーションの中を歩きながら「今何かいいたいことある?」と紬に聞かれて想は首を振るが、想は何かを思い出したように手をつないで紬の耳元で何かを囁く。笑い合う紬と想。その様子は、まるで出会った頃の高校時代の2人に戻ったかのようであった。

『silent』の登場人物・キャラクター

主要人物

青羽紬(あおばつむぎ/演:川口春奈)

本作の主人公。音楽が好きで、上京してタワーレコードでアルバイトとして働いている。やがて正社員としての登用に誘われた。高校時代に想と交際していたが、突然一方的に別れを告げられた。その後上京してから同窓会で戸川湊斗と再会し、交際を始めた。想の病気を知った後は、手話教室に通って手話を習得した。

佐倉想(さくらそう/演:目黒蓮)

高校時代に紬と交際していたが、卒業してから間もなく若年発症型両側性感音難聴を患い、耳が聞こえなくなる。紬にはLINEで別れを告げ、仲の良かった高校時代の友人たちとも連絡を一切取らずに消息を断った。大学でサッカーも辞め、手話を習得した。世田谷代田駅で偶然紬と再会する。

戸川湊斗(とがわみなと/演:鈴鹿央士)

nikopandaa0
nikopandaa0
@nikopandaa0

Related Articles関連記事

Official髭男dism(ヒゲダン)の徹底解説まとめ

Official髭男dism(ヒゲダン)の徹底解説まとめ

Official髭男dism(ヒゲダン)とは、2012年に結成された日本のピアノポップバンドである。髭の似合う年になっても、ワクワクするような音楽を届けたい、という思いからこのバンド名が名づけられた。国民的バンドになることを目標に掲げて活動し、2018年にメジャーデビューを果たす。ファースアルバムの『ノーダウト』ではオリコンチャート15位に入り、2019年には初の武道館公演を行う。以降、数々のドラマ、映画の主題歌に楽曲が起用され、まさに国民的バンドといえる。

Read Article

麒麟がくる(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

麒麟がくる(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『麒麟がくる』とはNHK大河ドラマの59作目として、2020年1月19日から2021年2月7日まで放送された作品である。裏切り者や悪人として描かれてきたことの多い明智十兵衛光秀(あけちじゅうべえみつひで)を主人公にしている。平和な世の中になると現れる「麒麟(きりん)」を呼べる人物を探しつつ足利義昭(あしかがよしあき)や織田信長(おだのぶなが)に仕え、戦のない大きな国を作ろうとする十兵衛の一生が描かれている。定説とは全く正反対の側面から描かれた十兵衛や、戦国武将たちの姿が見どころの1つである。

Read Article

SUNNY 強い気持ち・強い愛(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

SUNNY 強い気持ち・強い愛(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『SUNNY 強い気持ち・強い愛』とは、韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』を原作とした2018年公開の青春音楽映画。90年代、社会の中心にいた“コギャル”たち。コギャルとして青春を共に過ごした“SUNNY”の6人は、ある事件の後バラバラになってしまう。20年以上の時を経て、あるきっかけから一人、またひとりと再会していく。光と影、理想と現実をそれぞれ抱えて生きてきた6人の複雑な思いが、懐かしい90年代ヒットソングに乗せて、90年代と2018年の場面が交差しながら展開される愛と青春の音楽ストーリー。

Read Article

陸王(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

陸王(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『陸王』とは作家の池井戸潤が書いた小説『陸王』が原作のドラマで、脚本は八津弘幸、演出は福澤克雄と田中健太が担当。ドラマのストーリーは資金難に苦しむ老舗足袋屋の社長が、会社の未来を考え新規事業のランニングシューズ開発に乗り出し、たくさんの人の助けで苦難を乗り越え、マラソン足袋「陸王」を開発するまでの企業再生物語。ドラマの主人公である宮沢紘一を俳優の役所広司が演じ、たくさんのエキストラを使った駅伝シーンなどは臨場感のあるシーンに仕上がっている。大多数の人たちから感動したと大反響を呼んだ人気ドラマ。

Read Article

ダウンタウンのごっつええ感じのネタバレ解説・考察まとめ

ダウンタウンのごっつええ感じのネタバレ解説・考察まとめ

『ダウンタウンのごっつええ感じ』とは、フジテレビ系列で放送されていた伝説のお笑い番組である。通称は『ごっつ』。ダウンタウン、今田耕司、130R、東野幸治、YOU、篠原涼子、西端弥生などが出演していた。1991年から1997年まで放送されていて、「ゴレンジャイ」、「兄貴」、「オカンとマー君」、「MR. BATER」といった数多くのコントを生み出した。また、セクハラや暴力が頻繁にあり、いじめや差別につながるかも知れない企画などが多いため、クレームが殺到していたことも有名である。

Read Article

映像研には手を出すな!(大童澄瞳)のネタバレ解説・考察まとめ

映像研には手を出すな!(大童澄瞳)のネタバレ解説・考察まとめ

『映像研には手を出すな!』とは、大童澄瞳による日本の漫画及び、それを原作としたアニメ、ドラマ、映画作品。アニメ好きの女子高生3人が、部活動で様々なアニメ制作を手掛けていくというストーリー。アニメ制作を通じての3人の成長が見られ、映像制作の場面はアニメファンの心をくすぐるような話になっている。また、映像も空想と現実が入り混じり、独特の世界観を醸し出している。本編では、女子高生と戦車の戦い、ロボットと怪獣の戦い、異星人と地球人との交流がアニメ作品として描かれており、独特なタッチの映像となっている。

Read Article

MIU404(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

MIU404(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『MIU404』とは、性格が全く違う二人の刑事が日本の社会問題に立ち向かいながら事件解決を目指す、警視庁機動捜査隊を舞台としたテレビドラマである。臨時部隊として新設された第4機捜に召集された刑事が志摩一未と伊吹藍だ。二人は相反する性格ながら、様々な事件に相棒として立ち向かうことになる。斬新なストーリーと共に、二人の刑事がバディとして絆を深めていく姿も目が離せない作品だ。

Read Article

アンフェア(ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

アンフェア(ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アンフェア』とは、2006年にフジテレビ系列で放送が開始された、女性が主人公のハードボイルド系の刑事ドラマ。硬派なストーリー展開が特徴である。主人公の女性刑事・雪平夏見(ゆきひらなつみ)が、刑事だった父が殺害された事件の真相を追いつつ、数々の難事件を解決していく姿を描いた。テレビドラマ放送終了後も幅広い層から高い人気を集め、スピンオフも含めてスペシャルドラマ4作品と映画3作品が公開された。原作は奏建日子の『推理小説』。主人公の雪平夏見役を篠原涼子が演じた。

Read Article

ダウンタウンのごっつええ感じ(ごっつ)のネタバレ解説・考察まとめ

ダウンタウンのごっつええ感じ(ごっつ)のネタバレ解説・考察まとめ

「ダウンタウンの伝説の番組」といえば「ごっつええ感じ」を抜きには語れない。1991年12月~1997年11月まで放送されたこのバラエティー番組は、見ないと学校で月曜日の話題に取り残されたものだった。この番組の人気は、ダウンタウンだけではなく、メインキャストの名を一気に全国区に押し上げていくこととなる。90年代に少年時代を過ごした人達にとっては、忘れられない衝撃だった。

Read Article

極主夫道(漫画・ドラマ・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

極主夫道(漫画・ドラマ・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『極主夫道』(ごくしゅふどう)とは、おおのこうすけによる日本の漫画。実写ドラマ化とアニメ化もされている。「不死身の龍」と呼ばれた元・最凶ヤクザの、主夫業の日常を描いたハートウォーミングコメディ。強面のヤクザが全力で主夫業に邁進するギャップ、および高い画力とシュールな展開が特徴。大筋は主人公の龍がその強面から繰り出す熟練の家事スキルギャップが軸になるが、登場人物たち半数近くがその筋の関係者で彼らも彼らでどこかしらズレており、そのズレの連鎖から笑いの渦を生んでくるパターンも多い。

Read Article

大奥(2023年のドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

大奥(2023年のドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『大奥』とはNHK総合の「ドラマ10」枠で放送された、よしながふみ原作のテレビドラマで、男女逆転した大奥を描く物語である。2023年1月10日から3月14日まで放送。2023年3月度のギャラクシー賞月間賞を受賞している。原作はよしながふみによる漫画『大奥』で、2004年から2021年まで白泉社『Melody』にて連載されていた。舞台は謎の疫病により男の数が激減した江戸時代の日本。世の権力が男から女へと移っていく様、女将軍と支える大奥の男たちの物語を描いている。

Read Article

箱入り息子の恋(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

箱入り息子の恋(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『箱入り息子の恋』とは、2013年公開の日本の恋愛映画。この物語の主人公、天雫(あまのしずく)健太郎、35歳は市役所勤務で性格は内気。そして、彼女いない歴=年齢という持ち主。結婚願望がない健太郎を見て、心配した両親は代理見合いに出席する。代理見合いをきっかけに健太郎は奈穂子と出会うが、奈穂子は目が見えなかった。健太郎との恋愛を反対する奈穂子の父と、立ちはだかる障害という壁。もどかしい恋と2人の純粋な気持ちに胸を打たれた人が続出。日本映画監督協会新人賞を受賞した市井昌秀が送る感動のラブストーリー。

Read Article

おっさんずラブ(ドラマ・映画・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

おっさんずラブ(ドラマ・映画・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『おっさんずラブ』とは、2018年にシーズン1、2019年にシーズン2が放送された、男同士の恋愛を描いたテレビドラマシリーズである。ダメ男である春田創一に、上司で既婚者である黒澤武蔵をはじめとする男性たちが想いを寄せていくというピュアなラブストーリーとなっている。敬遠されがちな男性同士の恋愛というテーマであるが、2018年の「新語・流行語大賞」ベスト10選出をはじめ大きな反響を起こし、ボーイズラブ作品がメジャー化してゆくきっかけとなった。

Read Article

ラスト・シンデレラ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ラスト・シンデレラ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラスト・シンデレラ』とは2013年4月に22時からフジテレビで放送されたドラマ。脚本を中谷まゆみ、主演を篠原涼子が務めている。彼氏いない歴10年の39歳独身・遠山桜は自分のことに無頓着なおやじ女子だった。そんな彼女の人生は、佐伯広斗との出会いをきっかけに変化し、恋に落ちていく。不器用な桜と肉食系男子の広斗の恋愛や、彼女を取り巻く人々の人間関係を明るく描いており、気軽にみられる大人なラブコメディーである。

Read Article

カムカムエヴリバディ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

カムカムエヴリバディ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『カムカムエヴリバディ』とは、NHK連続テレビ小説の第105作目となるテレビドラマ。2021年11月1日から2022年4月8日まで放送された。 連続テレビ小説史上初となる3人のヒロイン、安子(やすこ)、娘のるい、孫のひなたの親子3世代にわたる家族の物語である。安子の生まれた1925年(大正14年)から物語はスタートし、ひなたがアメリカでキャスティングディレクターとして活躍する2025年までの100年を描いている。

Read Article

CHEAT チート 〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

CHEAT チート 〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『CHEAT チート 〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』とは、日本テレビ系列で放送された"詐欺師たちを騙し返す"集団を描いたエンターテインメントドラマである。原作が無いオリジナルドラマとして読売テレビにより制作され、2019年10月から放送された。人の心を見抜き人を騙すことに天才的な才能をもつ主人公・沙希が、詐欺師を騙すスペシャリスト集団チートのメンバーとなり詐欺師達を懲らしめてゆく。主人公を本田翼が、チートを束ねるリーダー的存在の刑事を風間俊介が演じ話題となった。

Read Article

青天を衝け(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

青天を衝け(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『青天を衝け』とは2021年にNHKで放送された大河ドラマ。幕末〜昭和初期を舞台に、実業家として日本の礎を築いた渋沢栄一を主人公としている。主演は吉沢亮が務めた。武蔵国の農民であった渋沢栄一は後に将軍となる一橋慶喜に仕えることで、幕末の動乱に巻き込まれていく。明治に入った後は官僚として新政府を支え、下野した後は実業界に入り数々の企業の経営に携わった。ドラマでは常に前を向き未来を切り開いていく栄一の姿が描かれている。第110回ザテレビジョンドラマアカデミー賞を受賞している。

Read Article

アットホーム・ダッド(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

アットホーム・ダッド(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『アットホーム・ダッド』とは、2004年にフジテレビの火曜22時枠で放送されたドラマ。脚本は旺季志ずかと尾崎将也が手掛ける。主演は阿部寛。その他、篠原涼子や宮迫博之などが出演している。大手広告会社に勤める山村和之は、念願のマイホームを手に入れ、妻と娘と幸せに暮らしていたが、突然リストラされ、失業してしまう。和之は仕事が見つかるまで、専業主夫として家事をすることになった。家事は女の仕事だと馬鹿にしていた和之だが、妻の大変さを思い知り、家族について考え直すのだった。

Read Article

六本木クラス(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

六本木クラス(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『六本木クラス』とは2022年に日韓共同プロジェクトによって製作された日本のドラマ。2020年に韓国で放送された『梨泰院クラス』のリメイク作品で、主演を竹内涼真が務めた。主人公の宮部新は交通事故によって父親を亡くす。しかし事故は大手外食チェーンの長屋ホールディングスの息子・長屋龍河が起こしたもので、その不祥事が明るみに出ないよう、父・長屋茂によって真実は隠蔽された。新は復讐を誓い、長屋ホールディングスを潰してのし上がる計画を立てる。数年後、飲食店の経営者となった新は下剋上に挑む。

Read Article

今日も嫌がらせ弁当(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

今日も嫌がらせ弁当(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『今日も嫌がらせ弁当』とは、シングルマザーの母親と反抗期の娘がお弁当を通じて交流する実話に基づくヒューマンストーリー。原作は人気ブロガーKaori(ttkk)の2015年に出版されたエッセイ『今日も嫌がらせ弁当』である。監督・脚本を塚本連平が担当し、篠原涼子主演で2019年6月に映画化された。舞台は東京・八丈島。シングルマザーの持丸かおり(演:篠原涼子)が、反抗期の娘である持丸双葉(演:芳根京子)に対抗して始まった嫌がらせ弁当によって、気持ちが通じ合っていく心温まる物語。

Read Article

どうする家康(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

どうする家康(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『どうする家康』とは、2023年に放送されたNHK大河ドラマ第62作。脚本家の古沢良太が新たな視点で主人公の徳川家康の生涯を描く。室町時代後期から江戸時代の日本が舞台。両親と離れ離れになり、駿河国大名・今川義元の人質として孤独な人生を送るものだと思っていた少年はやがて弱小国の主となる。様々な選択をしながら戦いのない世界を目指し、乱世に飛び込んでいく物語である

Read Article

かそけきサンカヨウ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

かそけきサンカヨウ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『かそけきサンカヨウ』とは、家族との関係性や淡い恋心を描いた2021年公開の日本映画。人気作家・窪美澄の短編集『水やりはいつも深夜だけど』に収録されている物語を、今泉力哉監督が映画化した。幼い頃に母親が家を出たきり父親と2人で生活してきた国木田陽は、家事を全て任されてきた。陽が高校生になる頃に父親の再婚が決まり、新しい母親と4歳の連れ子との4人での生活が始まる。陽は新しい暮らしに戸惑い、実の母親への想いも強くなる。同じく家族のことなどで悩みを抱えている同級生の清原陸との淡い恋模様も描かれた。

Read Article

ブラッシュアップライフ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ブラッシュアップライフ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブラッシュアップライフ』とは、2023年1月に日本テレビで放送されたタイムリープ系ヒューマンコメディドラマである。脚本はバカリズム。主演は安藤サクラで、夏帆や木南晴夏などが出演する。市役所に勤務する近藤麻美は、ある時交通事故に遭って、33歳で亡くなってしまう。しかし死後の世界の受付で、来世でオオアリクイへの転生を告げられた麻美は徳を積んで再び人間に生まれ変わるために、赤ん坊から人生をやり直すこととなる。本作はザテレビジョンドラマアカデミー賞などで、多数の賞を受賞し高く評価された。

Read Article

監獄のお姫さま(プリプリ)のネタバレ解説・考察まとめ

監獄のお姫さま(プリプリ)のネタバレ解説・考察まとめ

『監獄のお姫さま』とは、2017年10月~12月までTBS系火曜ドラマ枠で放送されたテレビドラマである。通称「プリプリ」。主演を小泉今日子が演じ、脚本は宮藤官九郎が担当した。女子刑務所の中で出会った5人の女と1人の刑務官が仲間の冤罪を晴らすために、罪を着せた男への復讐に燃える物語。罪を犯してしまった女たちの苦悩や悲しみを、宮藤作品らしいコミカルな表現で描く。キャッチコピーは「おばさん犯罪エンターテインメント」。

Read Article

蜜蜂と遠雷(小説・漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

蜜蜂と遠雷(小説・漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『蜜蜂と遠雷』とは、恩田陸による青春群像劇をテーマとした長編小説であり、またそれを原作とした皇なつきを作画とするコミカライズ作品、そして石川慶監督による実写映画作品である。劇場公開は2019年。 映画作品では、松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィン、鈴鹿央士が才能のあるピアニストをそれぞれ演じ、ピアノの天才達が集う芳ヶ江国際ピアノコンクールに挑む。一次予選、二次予選を突破し、本選に出場しようと努力するコンテスタントたちの戦いが描かれている。彼らの音楽に対する想いや苦悩、葛藤が演奏を通して見えてくる。

Read Article

極主夫道の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

極主夫道の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『極主夫道』とはおおのこうすけによる任侠コメディ漫画である。2018年2月からwebコミックサイト『くらげバンチ』にて連載開始。2020年10月に実写ドラマ化が、2021年4月にNetflixでアニメが配信開始されるなど人気を博している。物語は、元伝説のヤクザ・龍の専業主夫としての一面の中に混じる任侠としての面で、周囲を振り回していくものとなっている。コメディ漫画であるため、インパクトのある台詞や愛妻家の龍ならではの妻を想う名言が読者から評価されている。

Read Article

Snow Man(スノーマン)の徹底解説まとめ

Snow Man(スノーマン)の徹底解説まとめ

Snow Man(スノーマン)とは、2021年1月22日にデビューした、ジャニーズアイドルグループである。 ジャニーズ事務所の社長・滝沢秀明がグループ名を命名し、グループ名の発表をライブ内でサプライズ発表したことで話題になった。その後新メンバー3名を追加し2019年1月22日にデビュー。 ダンスとアクロバットに定評のある彼らのデビューシングル「D.D.」はわずか3日で109.4万枚を売り上げ、その後発売されるCDも次々とヒットした。

Read Article

【巨乳】男のロマン!おっぱいが大きい芸能人をまとめてみた!【91人】

【巨乳】男のロマン!おっぱいが大きい芸能人をまとめてみた!【91人】

日々テレビで活躍する、選りすぐりの美女ばかりの芸能人たち。顔立ちの美しさだけではなく、スタイルの良さも男性から見た時の魅力の一部である。特に胸の大きさに注目する男は少なくなく、「巨乳好き」という1種のフェチズムのジャンルにもなっている。 ここでは、芸能界でも「巨乳」あるいは「隠れ巨乳」といわれる女性芸能人やモデル、アイドル、アナウンサーなどについて紹介する。

Read Article

【隠れ巨乳】夏帆の胸の膨らみが堪能できる画像集

【隠れ巨乳】夏帆の胸の膨らみが堪能できる画像集

夏帆は、日本の女優、タレント、ファッションモデル。東京都出身。スターダストプロモーション所属。左利き。スタイル良好だが服を着ると目立たない、いわゆる“隠れ巨乳”として知られる。このためそれを知らずにファンとなった者が、後になってからスタイルの良さに驚くことも少なくない。 ここでは、そんな夏帆の隠れ巨乳っぷりが分かる画像を紹介する。

Read Article

【あつ森】あいみょん/King Gnu/菅田将暉/Official髭男dismを再現した島メロがすごい!

【あつ森】あいみょん/King Gnu/菅田将暉/Official髭男dismを再現した島メロがすごい!

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、オリジナルのメロディーを作れる「島メロ」という機能があり、人気を博している。有名な曲を再現した島メロは特に人気だ。島メロはごく短いメロディなので、誰でも簡単に設定できる。ここではあいみょん/King Gnu/菅田将暉/Official髭男dismを再現した島メロを紹介する。

Read Article

目次 - Contents