オールドルーキー(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『オールドルーキー』とは、2022年6月から9月まで放送されたスポーツマネジメントをテーマにしたテレビドラマ。主演はサッカー選手の新町亮太郎を演じた綾野剛。サッカーしか取り柄のない元サッカー日本代表選手の新町亮太郎が引退後にスポーツマネジメントの世界に飛び込み、様々なアスリートの代理人としてマネジメントに奮闘していくストーリー。スポーツ選手のセカンドキャリアへの挑戦がテーマとなっている。Jリーグと公益財団法人日本サッカー協会が製作協力として関わっており、随所に実在のスポーツ選手が出演している。

『オールドルーキー』の概要

『オールドルーキー』は、2022年6月26日から9月4日までTBS系列にて放送された、スポーツマネジメントをテーマにしたテレビドラマ。主人公の新町亮太郎を演じたのは綾野剛。
J3のジェンマ八王子でプレーする新町であったが、突然チームが解散し、亮太郎は移籍先が見つからず引退を余儀なくされた。サッカー一本で生きてきた元日本代表プロサッカー選手の新町亮太郎がセカンドキャリアを模索していた中で、スポーツマネジメントという職業に出会う。37歳にして新たなスタートを切るべくスポーツマネジメントの世界に飛び込むが、選手引退という現実を受け入れられないジレンマを抱える。それでもマネジメント会社に入り、現役アスリートの代理人やマネジメントを行いつつ、引退したという事実を娘に自信をもって伝えるため、諦めずに自分の人生を切り開いて奮闘していく姿が描かれている。
Jリーグと公益財団法人日本サッカー協会が製作協力として関わっているため、元サッカー日本代表選手や実在の現役アスリート、元スポーツ選手が多く本人役で出演している。また、本作品のサッカー監修は元日本代表の大久保嘉人が務めている。

『オールドルーキー』のあらすじ・ストーリー

オールドルーキー誕生

高柳(右)に誘われた亮太郎(左)。

元サッカー日本代表の新町亮太郎(しんまちりょうたろう)は、J3ジェンマ八王子でプレーしていたが、突然チームが解散して移籍先が見つからず引退を余儀なくされた。亮太郎には妻の果奈子(かなこ)と2人の娘・泉実(いずみ)と明紗(めいさ)がいる。再就職先を求めてハローワークに通うが見つからない。そんな中、以前移籍先交渉で世話になったビクトリーの社長・高柳(たかやなぎ)と偶然再会する。交通整理のバイトをする亮太郎を見た高柳は、一緒にビクトリーで働かないかと声をかけた。
亮太郎はビクトリーの社員・塔子(とうこ)と組んでドイツで活躍するサッカー選手の矢崎の日本滞在中のサポートをすることになる。亮太郎は矢崎の高校の先輩だが、矢崎は塔子と亮太郎にギャラ5,000万円のCMの話を持ってくるよう無理難題を押し付けた。結局CM企業は見つからず、矢崎はビクトリーとの契約を断ってしまう。
亮太郎は矢崎のドイツでの試合を一晩で全て見て、矢崎のプレーでの不安を察知する。そして高柳にもう1度矢崎にプレゼンしたいと頭を下げ、亮太郎は矢崎に最適な練習相手とトレーナー、そしてイメージアップになる企業のCMを提案した。これが受け入れられて矢崎は、ビクトリーと契約を交わすことになった。
亮太郎は果奈子に支えられ、家族のために前向きにビクトリーの仕事を続けることを決意。こうして契約社員として、亮太郎のビクトリーでの第2の人生がスタートしたのであった。

スケートボード

天才スケートボード少女ひかり。

亮太郎は高柳に、塔子と一緒に9歳のスケートボード選手・ひかりの獲得を指示される。ひかりは全国大会で優勝しており、今のうちに獲得しておきたいというのが高柳の狙いであった。亮太郎と塔子は早速ひかりの父親でコーチの悠一に話をするが、悠一は全く興味を示さない。さらに世界最大手のスポーツマネージメント会社VPMも動き出しており、亮太郎たちは苦戦を強いられる。
亮太郎と塔子はスケートボードのショップで、ひかりが親に言われて頑張っているだけでボードと友達になれていないという現状を知る。
亮太郎は再びひかりに会い、「スケボーの楽しさは友達ができること」だと説明すると、契約に進もうとする。悠一が判を押そうとした瞬間、亮太郎はひかりの気持ちを話すよう促す。
本当はひかりはアメリカへ渡りプロのコーチに教えてもらいたい、学校にも通いたいと告白する。亮太郎は実はVPMに話を聞きに行っており、VPMならひかりの願いが叶えられると気付いたのであった。塔子は怒ったが、結局VPMと共同でひかりをマネージメントすることを思いついた。
こうして国内での活動はビクトリーがマネジメントをするという契約を成立させ、高柳に報告。プロになる保証はなく高柳は不満を持つが、ひかりと悠一は新たな道を踏み出した。その後ひかりはロサンゼルスの大会で優勝したのであった。

マラソン

塔子が担当するマラソン界のエース・秀島は、優勝を宣言したレースでまさかの惨敗をする。世間から厳しい声を浴びせられ、秀島は担当を塔子から亮太郎に変えてほしいと言い出した。亮太郎は高柳に、秀島のサポートができたら正社員にすると言われる。
塔子は入社からずっと秀島の担当をしており、ショックを受けるが、そんな時秀島はつい「金のために走って何が悪い」と発言してしまう。それがSNSに投稿され、炎上してしまった。亮太郎は仲間や果奈子がいたから現役中も頑張れたことを思い出し、秀島にとってそれは誰だろうと考え始める。
そして亮太郎は秀島には塔子が必要だと説得する。塔子は前回のレースを、調子が良すぎたからペースを上げすぎて負けてしまったと思っており、秀島の復活を信じていた。秀島も改めて塔子の存在を感じ、担当を塔子に戻してほしいと言う。しかし塔子は、「アスリートの気持ちはアスリートにしか分からない」と断ってしまった。その後塔子は、これまで秀島が勝ったレースは全て半年以上の準備があったことを熱弁し、秀島も塔子が自分をどれだけ思ってくれているかを再認識。塔子は再び秀島の担当になったのであった。

引退試合

亮太郎は、現役への未練が捨てられずランニングをする毎日。その頃同じビクトリーの社員の梅屋敷(うめやしき)は横浜DeNAベイスターズ2軍選手の北芝に、「もうすぐマネジメント契約を終了する」と告げる。北芝は今季限りでの戦力外通告が見込まれ、梅屋敷はあっさり契約終了を伝えた。しかし亮太郎は、北芝の最後のマネジメントをしたいと名乗り出た。
その頃果奈子は元アナウンサーとして雑誌の特集に掲載され、それを見た高柳は果奈子の大ファンなので、「会社に連れてきてほしい」と亮太郎に頼み込む。
そんな時、亮太郎の加入テストをしてくれるというサッカーチームが見つかる。亮太郎は高柳にテストを受けさせてほしいと頼み、果奈子や泉実(いずみ)にも状況を説明し加入テストに挑戦することにした。しかし結果は不合格。それを見た果奈子は、ビクトリーを訪れた際高柳たちにある頼みごとをする。それは亮太郎の引退試合だった。塔子たちも協力して亮太郎の引退試合をセッティングする。引退試合に臨むと、そこにはかつてのファンやビクトリーの社員たちもいた。「もうサッカーに未練はありません」とすっきりした亮太郎なのであった。

フェンシング

美人フェンシング選手の三咲。

城(じょう)は、無名のフェンシング選手・三咲にスター性を感じてビクトリーにスカウトした。しかし三咲は人見知りで、テレビ出演やグラビア撮影を拒否。城と亮太郎は、うまく三咲のマネジメントができずにいた。そんな時、ナチュラ化粧品が三咲をイメージキャラクターにしたいと提案してくる。高柳も同席し、三咲を説得しながら打ち合わせをしたが、三咲は、撮影を頑なに拒否し続けたのであった。高柳は三咲をマネジメントとできないと城に告げ、契約終了を三咲に伝えた。しかし亮太郎はビクトリーのやり方は理解できないと反発し、城と意見が衝突してしまった。
そんな中、亮太郎はサッカー選手の伊垣から相談を受ける。以前マネジメントしてもらった人に騙され、金銭も被害を受けたとのこと。伊垣は亮太郎にマネジメントを頼み、高柳も承諾。しかしサッカー選手の海外移籍に携わるには資格が必要で、亮太郎はその勉強もすることになった。
三咲は競技に集中したい気持ちと、メディアに出てフェンシングを知ってもらう必要性で葛藤していた。亮太郎は城と「アスリートをリスペクトする」という気持ちを確認し合い、もう一度三咲のマネジメントをすることになる。そして三咲に対して、フェンシング対決で1ポイントでも取ったらナチュラ化粧品の依頼を譲歩して受けてほしいと頼んだ。
しかし亮太郎は1ポイントも取れず、今度は城が「僕がやります」と宣言。見かねた三咲は「私の負けです」と折れ、ナチュラ化粧品の提案を受け入れた。こうして三咲はイメージキャラクターとなり、三咲は無事ビクトリーの所属となった。
こうして高柳は、亮太郎を正社員に昇格させたのであった。

バスケットボール

新垣(右)を励ます亮太郎(左)。

亮太郎は正社員になってバスケットボール選手の新垣を担当することになった。新垣はベテランで、Bリーグの千葉ジェッツから琉球ゴールデンキングスへの移籍を希望中。妻は妊娠中で、移籍はほぼ確実と言われていたが、練習中に前十字靭帯断裂という大けがを負ってしまった。
新垣のキングスとの交渉がストップし、亮太郎はジェッツに戻ることを提案するが、同じビクトリーの社員の葛飾(かつしか)の担当する新人選手がジェッツに所属となり、新垣の戻るポジションは無くなった。亮太郎は新垣に何とかチームを見つけると約束するが、なかなか思うようにチームが見つからない。
新垣は焦りから、怪我が治っていないのに練習を再開するが、そんな新垣に亮太郎は自らの経験を語り出す。亮太郎には、怪我が治りきる前に試合に出て再び負傷をした過去があった。そしてその時、「マネジメントしてくれる人がいれば無理をしなかった」と後悔を明かす。それを聞いた新垣は、亮太郎を信じて怪我を治すことに専念した。
亮太郎は前十字靭帯断裂からカムバックしたアスリートをリストアップするが、うまく進められず塔子たち仲間に助けを求めた。こうして徹夜で資料を揃え、亮太郎はキングスと再び交渉すると、キングスは新垣と契約を交わし、まずは怪我を治すことに専念してほしいとまで言ってくれた。
その頃、果奈子のお弁当レシピ本が完成する。また亮太郎は伊垣に会い、海外移籍したいという希望に対して「その夢、一緒に叶えようぜ」と告げたのであった。

車椅子テニス

車いすテニス選手の吉木がビクトリーにやってくる。吉木はスポンサー探しを目的に、ビクトリーにマネジメントをしてほしいとのことだった。ビクトリーはパラアスリートをマネジメントした経験はないが、吉木の練習を見た亮太郎たちは吉木の迫力に圧倒される。梅屋敷は、パラアスリートと契約する意義について高柳に熱く語り、吉木と契約をしたが、なかなかスポンサーが見つからず苦戦する。
そんな時、吉木は競技用の車いすを無償提供しているOXエンジニアリングから、ツバメ技研の車椅子に乗り換えたいと言い出した。
実は梅屋敷がこれほど熱くなっていたのは理由があった。梅屋敷の姪の桜は車椅子生活を送っている。桜はそれまではテニスに打ち込んでいた。梅屋敷は桜を吉木の練習見学に誘うが、桜は「私には無理」と帰ってしまう。
なかなか吉木のスポンサーが見つからない亮太郎たちは、「パラアスリートという概念は捨てろ」という高柳の言葉を胸にスポンサー探しを続ける。すると、熱意の伝わった企業が支援をしてくれることになる。
吉木は車椅子を乗り換えたが、やはりOXエンジニアリングのものに戻したいと悩んでいた。亮太郎は吉木とともに、OXエンジニアリングに頭を下げると、吉木をずっと担当してきた矢部は、再び吉木のために車椅子を直してくれた。こうして吉木は日本オープンに出場し、見事準優勝。試合を見ていた桜は、梅屋敷に「つまらなかったから車椅子買って」と、車いすテニスを始めることになったのであった。

バレーボール

練習中の舞(左)と宮野(右)。

塔子が担当するバレーボール選手・舞に、イタリアの強豪チームのトリエステから声がかかった。舞は最初は喜んだものの、すぐに「移籍を断る」と言い出した。高柳は何としても舞を説得するよう塔子に伝え、秘書のかほりも担当につけて説得させることになる。
舞はコーチの宮野からも個人練を受けており、練習熱心だが「時間をください」と言うばかりで移籍を断る理由を言い出さない。
一方亮太郎は、水泳のオリンピック候補・麻生を担当することになる。麻生は「プロになりたい」と言い、早速亮太郎は麻生のスポンサーを探すことになった。
ある日高柳はなんと、トリエステのスカウト担当者をわざわざイタリアから呼び寄せた。いきなり舞の前に担当者が現れ、舞は動揺した。担当者は3日間の間に返事が欲しいと告げ、塔子は高柳が強引な手段を取ったことを謝罪した。
これを見た亮太郎は高柳に意見するが、「君はアスリートに寄り添いすぎている」と高柳に言われてしまった。亮太郎は「寄り添いすぎたらだめなんですか?」と反論すると、高柳はかほりに亮太郎を見張るよう指示した。
舞は「以前トルコリーグで実力が出せなかったため、移籍を迷っている」と塔子に打ち明けた。宮野はそんな舞に、「イタリアに行くべきだ」と告げた。すると舞は「失恋した」と涙を流す。舞は宮野に恋愛感情を持っていたのであった。
亮太郎は塔子に、もっとアスリートに踏み込むようアドバイスし、塔子は舞と宮野を2人きりにした。宮野はリーグ優勝したらイタリアに行くと言い、「ずっとお前を支えていきたい」と伝えた。
こうして舞は、トリエステへの移籍を決める。そんな時、亮太郎は麻生から「ドーピング検査で違反通知が来た」と連絡を受けた。

aprico3plum78
aprico3plum78
@aprico3plum78

Related Articles関連記事

King Gnu(キングヌー)とは【徹底解説まとめ】

King Gnu(キングヌー)とは【徹底解説まとめ】

King Gnuとは、東京藝術大学出身で独自の活動を展開するクリエイター常田大希(Gt.Vo)を中心に結成された日本の4人組ミクスチャーロックバンドである。2015年に前身バンドであるSrv.vinci(サーバ・ヴィンチ)というバンドで活動を開始する。その後、バンド名をKing Gnuと改名する。メンバーそれぞれが様々な音楽から影響を受けており、そこから新しい音楽を作り上げているため、自らの音楽を「トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル」と称している。

Read Article

生田絵梨花(乃木坂46)の名言・迷言・発言まとめ

生田絵梨花(乃木坂46)の名言・迷言・発言まとめ

生田絵梨花は日本のアイドルグループ「乃木坂46」の第1期メンバー。結成当初から選抜メンバーに選ばれており、学業の都合で9枚目のシングル『夏のFree&Easy』では活動を休業するが、次のシングル『何度目の青空か?』で復帰、いきなりセンターに選ばれている。以降、卒業するまで選抜落ちを経験していない。本記事ではそんな生田絵梨花のテレビや雑誌のインタビューでの発言を集めている。

Read Article

賭ケグルイ(Kakegurui)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

賭ケグルイ(Kakegurui)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『賭ケグルイ』とは2014年に原作河本ほむら、作画尚村透によって出版社スクエアエニックス『月刊ガンガンJOKER』で連載が開始されたギャンブル漫画である。名門、私立百花王学園に転校してきた蛇喰夢子(じゃばみ ゆめこ)は大きなリスクを負うことに興奮を感じる通称『賭ケグルイ』だった。 人間の心の闇、執着、醜さと言ったリアルで生々しい表現は、日本国内のみならず世界中から評価されている。2017年7月にアニメ1期『賭ケグルイ』の公開。2019年1月にはアニメ2期『賭ケグルイxx』が公開された。

Read Article

20世紀少年(漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

20世紀少年(漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

新宿スワン(漫画・ドラマ・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

新宿スワン(漫画・ドラマ・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『新宿スワン』はアンダーグラウンド系の日本の漫画である。作者は和久井健。講談社『週刊ヤングマガジン』で、2005年20号から2013年45号まで連載された。スカウトマンをテーマにした物語で、和久井にとって連載のデビュー作品となった。主人公は19歳の白鳥龍彦、通称タツヒコ。ライバルの死や暴力団がからむ違法薬物の取引、そして信頼していた仲間の裏切り、そして、タツヒコの知らないところで大きな復讐の計画が動き出していた。数々のトラブルに見舞われながらも逃げずに立ち向かうタツヒコの成長する姿を描く。

Read Article

Mother(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

Mother(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『Mother』とは、2010年4月から水曜22時に日本テレビ系で放送されていたドラマで、坂元裕二が脚本を手掛ける。主演は松雪泰子。その他、山本耕史や芦田愛菜などが出演している。母性をテーマに、様々な視点から母親について描かれている作品である。小学校教諭の鈴原奈緒は、ある日教え子の道木怜南が極寒の中でゴミ袋に入れられ、捨てられているのを発見する。それをきっかけに、奈緒は怜南の母親になることを決意し、彼女を誘拐した。そして奈緒は怜南の母親になることで、女性として人間として成長していくのだった。

Read Article

HERO(2007年の映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

HERO(2007年の映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「HERO」とは2007年9月8日に公開された日本の映画作品。2001年にフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の映画版。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2007年の日本映画興行収入第1位 (81.5億円)を記録した。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が傷害致死事件を通して大物代議士の疑惑に関わることになる。

Read Article

コウノドリ(漫画・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

コウノドリ(漫画・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『コウノドリ』とは、2012年より鈴ノ木ユウが「モーニング」(講談社)で連載を開始した産科医療漫画である。産婦人科医でありながら、正体を明かしていないピアニストでもある、主人公鴻鳥サクラ。サクラが勤務する聖ペルソナ総合医療センターで、妊婦とその家族を中心に物語が繰り広げられる。7年間の掲載を経て、2020年10月23日最終巻が発売され完結している。コミックの累計発行部は800万部を超えている大人気コミックである。

Read Article

怒り(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

怒り(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

2010年に国内の映画賞を総ナメにした大ヒット作「悪人」の原作者吉田修一と監督李相日が6年振りにタッグを組み、音楽に坂本龍一を加え、実力派のオールスターキャストで挑んだ感動のヒューマンミステリー。八王子の平静な住宅街で残忍な夫婦殺人事件が起こる。一年後のある日、千葉と東京と沖縄に素性の知れない3人の男が現れ、それぞれに重厚な人間ドラマが展開する。愛した人は、殺人犯なのか?2016年9月全国公開。

Read Article

家政婦のミタ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

家政婦のミタ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『家政婦のミタ』とは、2011年10月から12月まで日本テレビ系で放送された、訳ありな過去を持つ完璧な家政婦を題材としたテレビドラマ。タイトルの由来は市原悦子主演で有名な『家政婦は見た!』のパロディ。頼まれたことは何でもやるが、常に無表情でミステリアスな家政婦・三田 灯が、一家離散の危機にある阿須田家に派遣される。命令されれば犯罪行為でもやってしまう三田だが、その行動によって家族は絆を取り戻していくというストーリー。最終回は40.0%を記録した。

Read Article

娚の一生(漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

娚の一生(漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『娚の一生』とは、西炯子による日本の漫画作品。小学館「月刊フラワーズ」にて連載された。 「このマンガを読め!2010」で第5位になった。単行本は全4巻。累計発行部数150万部を記録する。2015年、豊川悦司・榮倉奈々のダブル主演で映画化された。 大手企業に勤める30代女性・つぐみと50代の大学教授・海江田とのビタースゥイートでもどかしい関係を描いた漫画作品。

Read Article

心が叫びたがってるんだ。(ここさけ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

心が叫びたがってるんだ。(ここさけ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『心が叫びたがってるんだ。』とは、2015年公開のアニメ映画。社会的ヒット作『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』のスタッフにより作成され、様々なメディアに展開していった青春群青劇。幼い頃のトラウマでしゃべれなくなった高校生・順。地域交流会でミュージカルを披露することとなり、「歌なら言いたいことが言えるかも」とやる気になった彼女は、仲間たちとの様々な交流の中で成長していく。青春の爽快感と切なさが詰まった物語と、ミュージカルとして生まれ変わる懐かしいメロディーの数々を楽しめる映画作品である。

Read Article

四月は君の噓(君噓)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

四月は君の噓(君噓)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『四月は君の嘘』とは『月刊少年マガジン』(講談社)で2011年から2015年まで連載されていた、新川直司原作の音楽をテーマにした漫画、およびそれを基にしたアニメ作品である。数々のピアノコンクールで優勝したが、ピアノの音が聞こえなくなった有馬公生は、同い年の女の子でヴァイオリニストの宮園かをりと知り合った。現代の日本で、中学生のピアニストとヴァイオリニストが互いの才能に共鳴し合い成長する姿を描いている。

Read Article

相棒 season20(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

相棒 season20(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『相棒 season20』とは、警視庁特命係の刑事コンビが数々の事件を解決していく、テレビ朝日によるテレビドラマである。 「警視庁特命係」は、不祥事を起こした刑事や辞職してもらいたい刑事が上層部の意向で送り込まれる窓際部署。“人材の墓場”とも揶揄されるここには、しかし優秀過ぎて上層部が隠しておきたい秘密まで暴いてしまう刑事・杉下右京と、その杉下への好奇心からキャリア官僚の道を捨てて刑事となった冠城亘がいた。その推理力と、上司の叱責を物ともしない行動力で、2人は難事件に挑んでいく。

Read Article

相棒シリーズ(ドラマ・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

相棒シリーズ(ドラマ・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『相棒』は、テレビ朝日・東映制作の刑事ドラマシリーズ。 水谷豊演じる主人公『杉下右京』は、人材の墓場と呼ばれた「警視庁特命係」に属する警部である。 その右京が自身の下についた「相棒」と共に超人的な推理力・洞察力を駆使して活躍していく。 亀山薫(演:寺脇康文)、神戸尊(演:及川光博)、甲斐享(演:成宮寛貴)、冠城亘(演:反町隆史)と相棒は代替わりしている。

Read Article

HERO(2015)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

HERO(2015)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「HERO」とは2015年7月18日に公開された日本の映画作品。2001年に第1期、2014年に第2期としてフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の劇場版2作目。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2015年の日本映画興行収入第3位 (実写映画では第1位) を記録 (46.7億円)。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が不審な交通事故を通して大使館の疑惑に関わることになる。

Read Article

HERO(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

HERO(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『HERO』とは、第1期が2001年に、第2期が2014年にフジテレビ系で放送された、検察をテーマにした日本のテレビドラマシリーズ。木村拓哉が主演を務め、自身の正義と価値観で捜査を行う型破りな検事・久利生公平と彼を支える検察事務官、同僚検事たちの活躍を描いている。その他、2006年にドラマ特別編が、2007年には劇場版がそれぞれ制作され、2015年には劇場版第2作が制作された。第28回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞を受賞した。

Read Article

相棒 season21(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

相棒 season21(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『相棒 season21』とは、警視庁特命係の刑事コンビが数々の事件を解決していく、テレビ朝日によるテレビドラマである。 「警視庁特命係」は、不祥事を起こした刑事や辞職してもらいたい刑事が上層部の意向で送り込まれる窓際部署。“人材の墓場”とも揶揄されるここには、優秀過ぎて上層部が隠しておきたい秘密まで暴いてしまう刑事・杉下右京が籍を置いていた。ある時東南アジアの小国サルウィンに関する国際テロが発生し、杉下はかつてこの国へと旅立っていった元特命係の亀山薫と共に捜査に乗り出していく。

Read Article

夜行観覧車(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

夜行観覧車(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『夜行観覧車』とは、2010年6月に単行本が発行された原作者・湊かなえによる小説で、2013年にテレビドラマ化されている。主演は平凡な主婦・遠藤真弓を演じた鈴木京香。憧れの高級住宅街であるひばりヶ丘に一軒家を建てて引っ越してきた遠藤一家と、向かいに住む高橋一家。家族ぐるみで親しくなっていく内に起こった事件をきっかけに崩壊していく家族の様子を描いた主婦の愛憎劇。読み終わったあとにイヤな気分になるミステリー「イヤミス」の女王と称される湊かなえの代表作の一つである。

Read Article

MIU404(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

MIU404(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『MIU404』とは、性格が全く違う二人の刑事が日本の社会問題に立ち向かいながら事件解決を目指す、警視庁機動捜査隊を舞台としたテレビドラマである。臨時部隊として新設された第4機捜に召集された刑事が志摩一未と伊吹藍だ。二人は相反する性格ながら、様々な事件に相棒として立ち向かうことになる。斬新なストーリーと共に、二人の刑事がバディとして絆を深めていく姿も目が離せない作品だ。

Read Article

君と世界が終わる日に(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

君と世界が終わる日に(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『君と世界が終わる日に』とは、2021年1月から3月まで日本テレビでドラマ放送された、竹内涼真主演のゾンビサバイバルドラマである。物語は主人公の間宮響が恋人の小笠原来美を探しながら、生存者たちと一緒にウイルスに感染した人間のゴーレムと戦い、ゴーレムのいない安全な場所を目指して旅するストーリーである。人間を襲うゴーレムを倒しながら、生存者たちの仲間の絆が深まっていき、みんなで助かろうと一生懸命に生きる姿を見られるドラマ。主人公の間宮響の諦めの悪い性格や襲ってくるゴーレムとの闘いも見どころのひとつ。

Read Article

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(いつ恋)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(いつ恋)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(いつ恋)とは、東京という街で必死に生きる若者たちの恋愛を描いた日本のテレビドラマである。フジテレビ系列で2016年1月から3月まで放送された。坂元裕二によるオリジナル脚本作品。主演を有村架純と高良健吾がつとめた。東日本大震災が発生する2011年前後と、5年後の2016年からの2部構成で描かれている。第3回コンフィデンスアワード・ドラマ賞作品賞・脚本賞などを受賞した。

Read Article

99.9-刑事専門弁護士-(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

99.9-刑事専門弁護士-(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『99.9-刑事専門弁護士-』とは嵐の松本潤が主演のTBSのテレビドラマである。『SEASON I』に引き続き、続編として『SEASON II』が放送された。物語は「99.9%有罪でも0.1%に真実が隠れているかもしれない」という考えを持つ弁護士の深山大翔が、事件の検証や調査をして真実を追求する。松本潤の他に香川照之、榮倉奈々、木村文乃などの俳優がドラマ出演している。IとIIの放送が終わった後にSPドラマの制作や映画化もされている。

Read Article

糸(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

糸(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『糸』とは、2020年に公開された日本の恋愛映画で、中島みゆきの楽曲『糸』にプロデューサーの平野隆が着想を得て制作された。監督は瀬々敬久。平成元年生まれの高橋漣(たかはしれん)と園田葵(そのだあおい)は、美瑛で出会い恋に落ちる。しかし大人たちの都合で引き裂かれ別々の人生を歩む。出会ってから18年経って平成という時代も終わりを迎えるとき、互いを忘れられなかった漣と葵は再び手を取り合うために動き出していた。この物語は、漣と葵、その周辺の人々の軌跡を「平成」という時代にのせて描く作品となっている。

Read Article

鎌倉殿の13人(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

鎌倉殿の13人(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『鎌倉殿の13人』とは2022年にNHKで放送された、平安時代〜鎌倉時代初期を舞台とした大河ドラマである。主演は小栗旬が務めた。 伊豆の地方豪族の次男坊であった北条義時(ほうじょうよしとき)は源頼朝(みなもとのよりとも)に仕え、源平の戦乱の中に巻き込まれていく。そして鎌倉幕府成立後は有力御家人たちとの権力闘争を勝ち抜き、次第に非情な権力者になっていく姿が描かれている。 脚本は今作が大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛けた。 同作品は2023年のエランドール賞特別賞を受賞している。

Read Article

真夏の方程式(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

真夏の方程式(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『真夏の方程式』とは、2010年から連載されていた東野圭吾の『ガリレオ』シリーズが原作の、2013年公開の日本映画である。監督は西谷弘。夏休みを玻璃ヶ浦の川畑(かわはた)家で過ごすことになった柄崎恭平(つかさききょうへい)は、仕事で来ていた湯川学(ゆかわまなぶ)と出会う。しかし同じ時期に玻璃ヶ浦に来ていた元警視庁の刑事が遺体で見つかったことにより、川畑家が抱える秘密が次第に明るみになっていく。この物語は海を臨む美しい町で湯川が少年とともに事件解決に進む様子と、血を超えた家族の愛が描かれている。

Read Article

クローズZERO II(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

クローズZERO II(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『クローズZERO II』とは、漫画家の高橋ヒロシの作品『クローズ』を原作とした映画。前作『クローズZERO』で鈴蘭高校の覇権争いを制した滝谷源治たちと、ライバル校・鳳仙学園との間で抗争が発生。鈴蘭をまとめるために苦心する源治、彼に敗れて以降沈黙を貫く芹沢、2年前の仇を討つため虎視眈々と鈴蘭を狙う鳳仙の頭・鳴海の3人を軸にストーリーが展開される。葛藤を抱えながら喧嘩に臨む高校生達を描く。小栗旬や山田孝之、桐谷健太など人気俳優が多数出演したことでも話題となった。監督は三池嵩史。

Read Article

のぼうの城(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

のぼうの城(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『のぼうの城』とは、和田竜の日本の歴史小説を元にして2012年に公開された映画である。犬童一心と樋口真嗣の共同監督で制作された。主人公の長親(ながちか)は忍城(おしじょう)城代の息子である。関白秀吉の家臣である三成によって、忍城は開城を迫られていた。しかし長親は世の理不尽に真っ向から対抗するため、三成に相対する。長親は周りの力を借り、ついには三成軍を退けることになった。この作品は時にはしんみりしつつも、長親という「でくのぼう」の奇策によって観た人を気分爽快にさせる歴史映画となっている。

Read Article

相棒 season22(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

相棒 season22(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『相棒 season22』とは、警視庁特命係の刑事コンビが数々の事件を解決していく、テレビ朝日によるテレビドラマである。 「警視庁特命係」は、不祥事を起こした刑事や辞職してもらいたい刑事が上層部の意向で送り込まれる窓際部署。“人材の墓場”とも揶揄されるここには、優秀過ぎて上層部が隠しておきたい秘密まで暴いてしまう刑事・杉下右京が籍を置いていた。十数年の時を経て特命係に出戻った亀山薫とのコンビを復活させた杉下は、次々に起こる難事件の調査に乗り出していく。

Read Article

坂道のアポロン(漫画・アニメ・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

坂道のアポロン(漫画・アニメ・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『坂道のアポロン』とは、2007年から2012年まで小玉ユキが『月刊フラワーズ』(小学館)にて連載していたジャズと青春をテーマにした少女漫画、およびそれを原作としたアニメ、実写映画である。舞台は1966年の長崎県。主人公の薫が、横須賀から長崎の高校へ転入したところから始まる。父の仕事の都合で転校ばかりしていた薫にとって、学校は息苦しくストレスばかりの場所であった。しかし、そこで不良の千太郎と心優しい律子、そしてジャズに出会い薫の生活は一変する。美しい友情と交錯する恋心が魅力的に描かれている。

Read Article

Night Doctor(ナイト・ドクター)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

Night Doctor(ナイト・ドクター)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『Night Doctor(ナイト・ドクター)』とは、2021年6月から9月にフジテレビ系”月9”枠で放送された、若き医師達の葛藤と成長を描いた医療系テレビドラマである。主演は本作が月9初出演・初主演の波瑠が務めた。医師の働き方改革に伴い、柏桜会あさひ海浜病院では試験的に夜間勤務専門の救急医”ナイト・ドクター”制度を始めた。ナイト・ドクターとしてそこに集まったのは年齢も性格も価値観も異なる5人の医師だった。夜は医師として命に、昼はそれぞれの人生に向き合う医師達を描いた青春群像医療ドラマ。

Read Article

新しい靴を買わなくちゃ(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

新しい靴を買わなくちゃ(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『新しい靴を買わなくちゃ』とは、北川悦吏子が原作・脚本・監督すべてを担当した日本の恋愛映画である。世界的な音楽家である坂本龍一が音楽監督、映像作家の岩井俊二がプロデュースを手がけたことで話題となった。妹のパリ旅行に付き添ってきたカメラマンのセンと、パリ在住の日本人アオイが一足の靴をきっかけに出会う3日間のラブストーリーを描いた作品。ロマンチックな物語展開はもちろん、舞台となったパリの美しい風景と繊細な音楽、瀟洒な台詞もこの作品の魅力である。

Read Article

小さな巨人(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

小さな巨人(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『小さな巨人』とは、警察組織と戦いながら事件解決をしていく、エンターテインメントドラマである。優秀な刑事・香坂真一郎(こうさかしんいちろう)が所轄に異動になり、警察の上層部と戦いながら、所轄の刑事と共に事件解決をしていくストーリー。主演の長谷川博己の他に、岡田将生、安田顕、芳根京子、香川照之らがドラマ出演している。プロデューサーは伊與田英徳たち、脚本は丑尾健太郎たちが担当した。キャッチコピーは「敵は味方のフリをする」であり、警視庁と所轄の確執や警察内部の裏切者など、警察同士の戦いが描かれている。

Read Article

陰陽師(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

陰陽師(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『陰陽師』とは、陰陽師安倍晴明の活躍を描いた野村萬斎主演の映画。平安時代の日本を舞台に、善と悪の対立や人間と妖怪の関係を描く。清明と彼の仲間たちがさまざまな困難に立ち向かう様子を描いている。 ゴールデングロス賞銀賞と第56回毎日映画コンクール録音賞を受賞。滝田洋二郎監督は優秀監督賞を受賞。野村萬斎はブルーリボン賞主演男優賞、日本アカデミー賞と新人俳優賞、優秀主演男優賞を受賞している。小泉今日子も優秀助演女優賞を受賞している。

Read Article

愛のむきだし(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

愛のむきだし(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『愛のむきだし』とは園子温監督の23作目の作品として製作されたヒューマンドラマ映画である。実話を元にした作品であり、盗撮、レズビアン、女装、自慰行為、新興宗教団体による洗脳等、アブノーマルな題材を軸に、物語が進行していく。237分の大長編映画で、国内外からの評価は高く、2009年のベルリン映画祭での「カリガリ賞」「国際批評家連盟賞」を始めとして、数々の権威ある賞を受賞している。過激なシーンが多いため、Rー15指定。

Read Article

14才の母(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

14才の母(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『14歳の母』とは、2006年10月に日本テレビで放送されたドラマで、脚本は井上由美子が手掛ける。主演は志田未来。その他、三浦春馬や田中美佐子などが出演する。中学2年生の一ノ瀬未希は、14歳にして子供を身ごもってしまう。両親や兄妹、友達など周りの人々から猛反対を受けるが、未希は産む決心をする。しかし、そんな彼女を様々な困難が待ち受けていた。どんなに苦しくても産むことを諦めない少女が、苦難を乗り越えて成長していく姿を描く。本作の視聴率は20%を超え、数々の賞を受賞した。

Read Article

目次 - Contents