相棒 season20(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『相棒 season20』とは、警視庁特命係の刑事コンビが数々の事件を解決していく、テレビ朝日によるテレビドラマである。
「警視庁特命係」は、不祥事を起こした刑事や辞職してもらいたい刑事が上層部の意向で送り込まれる窓際部署。“人材の墓場”とも揶揄されるここには、しかし優秀過ぎて上層部が隠しておきたい秘密まで暴いてしまう刑事・杉下右京と、その杉下への好奇心からキャリア官僚の道を捨てて刑事となった冠城亘がいた。その推理力と、上司の叱責を物ともしない行動力で、2人は難事件に挑んでいく。

『相棒 season20』の概要

『相棒 season20』(あいぼうしーずんとぅえんてぃ)とは、警視庁特命係の刑事コンビが数々の事件を解決していく、テレビ朝日によるテレビドラマである。2000年から続く『相棒シリーズ』の20作目であり、主役の1人である杉下右京(すぎした うきょう)を初代から演じている水谷豊(みずたに ゆたか)を含め、レギュラー陣は全員が前シーズンから続投している。
2000年に放送された土曜ワイド劇場『相棒 警視庁ふたりだけの特命係』を皮切りに始まった『相棒シリーズ』は、秀逸なストーリーと個性的な刑事たちの活躍で人気を博し、日本屈指の長期ドラマ作品として定着。劇場版、小説、コミックスとメディアミックスを続けており、現在もファンを増やし続けている。

「警視庁特命係(けいしちょうとくめいかかり)」は、不祥事を起こした刑事や辞職してもらいたい刑事が上層部の意向で送り込まれる窓際部署。“人材の墓場”とも揶揄されるここには、しかし優秀過ぎて政府が隠しておきたい秘密まで暴いてしまう刑事・杉下右京(すぎした うきょう)と、その杉下への好奇心からキャリア官僚の道を捨てて刑事となった冠城亘(かぶらぎ わたる)が在籍していた。
白バイ警官狙撃事件に端を発する一連の謎を暴いていった特命係は、ついにその黒幕の1人がIT長者・加西周明(かさい しゅうめい)であることをほぼ突き止める。しかし杉下たちが決定的な証拠を掴む前に、加西は暗殺されてしまう。加西と癒着関係にあった内閣官房長官・鶴田翁助(つるた おうすけ)が、「加西が捕まれば自分につながる情報を吐きかねない」と判断し、愛人の柾庸子(まさき ようこ)に命じて暗殺者を送り込ませたのだ。その柾すら尻尾切りに使い、自らの悪事の証拠を隠滅した鶴田だったが、杉下は「あなたの悪事は必ず暴いてみせる」と宣言。鶴田の側も決して諦めようとしない特命係の2人を警戒し、これを叩き潰すために策略を巡らせていく。
その類稀な推理力と、上司の叱責や組織上層部の妨害を物ともしない行動力で、杉下と冠城は真実に肉薄していく。

renote.net

renote.net

『相棒 season20』のあらすじ・ストーリー

第1話「復活~口封じの死~」

鶴田のフェイク動画により窃盗犯に仕立てられた冠城に、杉下は「罪を認めて拘置所に向かえ」と命じる。

警視庁特命係の杉下右京と冠城亘が追い続けた白バイ隊員狙撃事件の黒幕・加西周明は、柾庸子の送り込んだ殺し屋によって毒殺される。柾は逮捕されるも、彼女に加西の抹殺を指示した内閣官房長官・鶴田翁助のことについては完全黙秘を貫き、捜査は暗礁に乗り上げていた。
そんな中、柾が留置場内で自殺。鶴田にとってあまりに都合のいいこの展開に、杉下はこれが彼の工作ではないかと考える。

加西と懇意にしていた弁護士事務所の中郷都々子もまた、友人でもある柾が自殺するはずがないと考え、これが鶴田の陰謀である可能性に思い至る。かつて加西が「鶴田への切り札だ」と語っていた鍵を無断で持ち出した中郷は、彼らなら真実に辿り着くと信じて特命係にこれを託す。
この話を知った鶴田は、「特命係の冠城が弁護士事務所から鍵を盗み出した」という形で訴えを起こす。杉下はこれを逆に利用して「留置場に行け」と冠城に指示。首尾よく留置場に潜り込んだ冠城は、柾の死亡した日に急患が出たことを突き止める。柾が“拘置所内で自殺”していたなら、病院に急患として運び込まれることはありえない。その時はまだ彼女は生きていたのだ。

鍵を回収した鶴田が、ボロが出る前に訴えを取り下げたことで冠城は釈放され、杉下は彼と共に改めて話を聞こうと中郷の部屋を訪れる。しかしなぜか扉は開錠されており、中郷は自室の中で死体となっていた。

第2話「復活~死者の反撃」

中郷の体内からはテトロドトキシンという毒物が発見され、自殺に見せかけて殺されたことが明らかとなる。そこまで工作しながらなぜ扉は施錠しなかったのかと、刑事たちは首を傾げる。
中郷から託された鍵を密かに持ち出した杉下は、これをサイバーセキュリティ対策本部の青木年男に頼んでどこのものなのか調べさせる。果たしてそれは加西が最初期に買い上げた物件のもので、内部には稼働中のパソコンと数台のヘッドマウントディスプレイが用意されていた。

同じ頃、都内では不審者の遺体が発見されていた。鶴田の部下である内閣情報官・栗橋がこの遺体の面通しに呼ばれた、つまり関係者だという情報が警視庁総務部の社美彌子からもたらされ、杉下はこの捜査に乗り出す。
遺体で発見された人物こそは加西殺しの実行犯だったことが判明するも、鶴田は特命係が警察組織のルールを無視して動いている点を突き、彼らの捜査にストップをかける。青木や社からも背後から撃たれることとなり、特命係は最大の手掛かりだった鍵を鶴田に渡さざるを得なくなる。

しかし、その青木は例の物件に設置されていたパソコンにバックドアを仕掛けており、特命係を誘って一緒に中を調べてみようと言い出す。特命係を目の敵にする一方で好奇心を抑えられずに協力する、青木はそういう男だった。

第3話「復活~最終決戦」

加西が残した音声データを突きつけ、杉下と冠城は内閣官房長官の鶴田(中)を追い詰める。

加西殺しの実行犯との関係が浮上した栗橋は取り調べを受けるも、「柾は自分が指示して殺させた」と言い張る。尻尾切りに利用されているのは明白だったが、捜査は行き詰りつつあった。
鍵を手に入れた鶴田は、加西の切り札が隠されていると思われるパソコンのデータを破壊し、勝利を確信する。しかしこの頃には、杉下は事件の全貌をほぼ見抜いていた。

柾は自殺したのではなく、テトロドトキシンを致死量ギリギリで服用し、死を装って潜伏していたのである。留置場で起きた不自然な出来事は、仮死状態の柾を蘇生させて運び出すための工作なのだった。
友人の中郷にだけは自分の生存を伝えようとした柾だったが、その中郷は「特命係に協力し、鶴田にとって致命傷にもなりかねない行動を取った」ことを理由に鶴田の一存で始末されてしまう。これに激怒した柾は少しでも早く中郷の遺体が見つかるよう部屋の扉を開錠し、密かに実行犯に接触してこれを抹殺。特命係に居場所を突き止められると、減刑を条件に鶴田逮捕に協力することを約束する。

柾の口から全ての真実が明かされ、追い詰められる鶴田。さらに特命係が青木と共に加西のパソコンを調べた時に発見した、「光ファイバーを利用した全国民の盗聴」という悪事の証拠を改めて突きつけると、鶴田は観念して出頭する。特命係が加西を逮捕する直前まで至ったがため、彼と共に企てたこの悪事までもが露見することを恐れて口封じしたというのが、鶴田が一連の事件を起こした動機だった。
一方社は「特命係は鶴田の罪を絶対に暴く」と予測し、彼に早々に見切りをつけて国家公安委員長・鑓鞍兵衛という新たな後ろ盾を確保していた。そのしたたかな立ち回りに、杉下と冠城は舌を巻くのだった。

第4話「贈る言葉」

警視庁捜査一課の経理担当、陣川公平(じんかわ こうへい)は、ほんの一時期特命係にも所属していたことがある、思い込みの激しい熱血漢。事件をズバズバ解決する名刑事に憧れ、杉下を崇拝するも、たびたび先走っては厄介事を引き寄せるトラブルメーカー的な体質の持ち主である。
その陣川の友人である鴫野大輔が、殺人事件の容疑者となってしまう。鴫野はデッドウォーリアーという世界的人気ゲームの開発者で、その開発スタッフの1人が他殺体で発見され、彼とトラブルを起こしていた鴫野が犯人ではないかと疑われたのである。

鴫野の無罪を信じる陣川は、冠城と共に草の根の捜査でその証拠となるものを探し出す。一方杉下は、鴫野の婚約者の中村亜里沙に接触し、鴫野が今の会社を離れて独立を考えていたことを知る。しかしその会社の社長である江口稔が“口封じ”に鴫野を襲う事態となり、事件は混迷を深めていく。
結局のところ、事件の真犯人は鴫野のスピーチライターである宮森由佳という女性だった。宮森はゲームクリエイターとしての才能以外には特に秀でた能力のない鴫野を、世界的な有名人に育て上げたことに絶大な自負を抱いており、その彼が自分の下を離れて独立することを許せないと感じて江口を含む鴫野の周囲の人々を言葉巧みに誘導して一連の事件を起こさせたのだ。

こうして事件は解決するも、杉下にはもう1つ気になることがあった。鴫野の独立は既定路線ではあったが、彼はゲームクリエイターとしての自身の才能に限界を感じて引退を考えていたのではないかというのだ。果たしてこれは正解であり、ヒット作を作り続けることに疲れ果てたと鴫野は語る。そんな彼に陣川は無言で寄り添い、旧交を温めるのだった。

第5話「光射す」

羽田空港で警備員をしている紅林啓一郎という人物が、施錠された自室の中で死体で発見される。状況から見て自殺と思われたが、他人のものによる怪我の痕跡が見つかったことから、事件性アリと見られて本格的な捜査が開始される。
ここに首を突っ込んだ特命係は、紅林の隣の部屋に住む三宅富士子という老女と、その息子で引きこもりの卓司という人物に注目する。紅林の部屋で事件があったとすれば、この2人が何か知っている可能性が高いと見たのだ。しかし富士子は何も知らないと言い張り、卓司に至っては面会にも応じてくれない状況が続く。

やがて事件は意外な展開を経て、紅林が水木沙也加という女性を監禁していたことが発覚。沙也加は水木洋輔という刑事の娘で、彼女を見つけようとして強引な捜査を進めた水木が辞職する原因ともなった存在だった。沙也加が監禁されていることに気付いた卓司がこれを富士子に相談し、彼女がそれを確かめようと紅林の部屋に潜入。慌てて帰ってきた紅林と揉み合いになり、ふとした拍子に押し倒して昏倒させ、この隙に沙也加を救出。捕まることを恐れた紅林が自殺したというのが真相だった。
長く監禁された沙也加は心的外傷を負っており、水木と富士子は彼女の未来のために事件について口を噤むことを選択。これがこの複雑怪奇な事件の真相だった。水木と富士子が捜査妨害の罪で連行される中、今まで部屋の中から出てこなかった卓司が彼女を追いかけて飛び出してくる。大切な人を守るために罪を犯してしまった2人が連れていかれる様を無言で見送る卓司に、杉下は慰めの言葉をかけるのだった。

第6話「マイルール」

人気ミステリー作家・福山光一郎が自宅で他殺体で発見される。彼が連載中だった「運命の来たる日」という小説の最終回原稿が無くなっていることに気付いた杉下は、これが事件の謎を解き明かす鍵になると考える。
特命係が捜査を進めていくと、福山は22年前に娘を殺されていることが判明。「運命の来たる日」は、福山が当時少年法に守られ実名を明かされることもなく軽い罰を受けるだけに終わった犯人を告発するべく、その事件の概要を取り込んだ内容になっていた。法務教官の三上彰の下にまで押しかけ、金と時間を潤沢に使って調査を進めた福山は、娘を殺したのが野間口健一という男であること、今は更生して料理人になっていることを突き止める。

その野間口は22年前の事件のことを心から悔いていたが、福山は彼の店を来訪して自身の正体を明かし、「絶対に許さない、ペンの力でお前を殺してやる」とまで言い切っていた。憔悴した野間口が犯行を認めたことで事件は一応の決着を見るも、杉下は状況から見て彼が福山を殺すのは不自然だと考える。
果たしてこれは当たっており、野間口は罪の意識から逃れるために偽りの自白をしただけで、福山を殺したのは三上だった。三上は「福山が野間口に関する情報を手に入れたのは、自分がヒントを口走ったからではないか」と考え、服務規程違反になることを恐れて彼を殺してしまったのだ。

しかし、三上は自らの犯行の証拠ともなる「運命の来たる日」の最終回原稿を廃棄してはいなかった。福山は野間口が心から罪を悔いて人生をやり直そうとしていることを知り、自身もまた彼への復讐を放棄しようとしていた。最後の最後に野間口を告発するはずだった「運命の来たる日」は、謎を残したまま希望を残して完結する内容になっていた。罪を償おうと足掻き続ける少年たちを見守り、自身も「運命の来たる日」のファンだった三上は、この傑作をどうしても捨てられなかったのだ。
これを知った杉下は、福山が22年をかけて娘を殺した野間口と娘を守れなかった自分自身を許し、安寧を得ることができたのだろうと語るのだった。

第7話「かわおとこ」

ある日杉下と冠城は、偶然から辻浦百花という少女と知り合う。百花の弟は川での水難事故で意識不明の状態にあり、彼女はそれを「妖怪の川男の仕業だ」と言い張っていた。オカルトに目が無い杉下は、冠城を巻き込んでこの件に首を突っ込む。
問題の川では、たびたび魚の大量死が発生し、上流にある笹沼硝子という会社の関与が囁かれていた。百花が見た“川男”とは、笹沼硝子の社員である荻野という人物が、社長である笹沼敏夫の意向に逆らって独自に極秘調査をしていたのを誤認したものであることが判明。荻野が笹沼によって殺された事実をつかんだ特命係は、彼を逮捕して笹沼硝子が川の水質を汚染させていた事実を隠蔽していたことを明らかにする。

念願の川男には会えなかったものの、意識不明だった弟も回復の兆しを見せ始め、百花は笑顔を取り戻すのだった。

第8話「操り人形」

50年前の殺人事件について尋ねるため、人形劇団を主宰する藤島(右)の下を訪れる特命係の2人。

都内の大学構内の工事現場で白骨死体が発見される。何者かによって殺害されてから埋められたと推測されるものの、状況などから実際の犯行は50年ほど前だと断定される。捜査一課の刑事たちが「時効が成立している」とやる気をなくす一方、オカルト趣味のある杉下は「被害者は成仏できていないのでは」とこの死体について調べ始める。
DNA鑑定により、死体は岡田茂雄という人物のものであることが判明。岡田は当時盛んだった学生運動の中心的人物の1人で、その人気から他のセクトに命を狙われる立場でもあった。一方で個人としては問題が多い人物で、女性問題でたびたび揉めていたという。

杉下と冠城は、岡田と当時付き合いのあった藤島健司、梶原太一、田中美鈴という人形劇団の関係者に話を聞いていく。しかしそんな中、梶原が何者かに殺され死体で発見される。犯人は美鈴の息子である健太という人物で、岡田が彼女をレイプした際にできた子供だった。岡田の死も、これを咎めた梶原と揉み合いになった結果として起きた事故だったのである。
健太は若い頃から暴力や犯罪と縁の切れない生活を送っており、何度も逮捕された末に梶原の会社に拾われていた。しかし岡田の死体が見つかったことで情緒不安定になった梶原に「あの男と同じ顔をしている、耐えられない」と解雇にされそうになり、思わず殺してしまったのだった。あたかも岡田が見えない糸で人々を操り、自分を死なせた者たちを破滅させたような筋書きに、杉下と冠城はなんとも言えない後味の悪さを感じるのだった。

YAMAKUZIRA
YAMAKUZIRA
@YAMAKUZIRA

Related Articles関連記事

相棒シリーズ(ドラマ・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

相棒シリーズ(ドラマ・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『相棒』は、テレビ朝日・東映制作の刑事ドラマシリーズ。 水谷豊演じる主人公『杉下右京』は、人材の墓場と呼ばれた「警視庁特命係」に属する警部である。 その右京が自身の下についた「相棒」と共に超人的な推理力・洞察力を駆使して活躍していく。 亀山薫(演:寺脇康文)、神戸尊(演:及川光博)、甲斐享(演:成宮寛貴)、冠城亘(演:反町隆史)と相棒は代替わりしている。

Read Article

相棒 season21(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

相棒 season21(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『相棒 season21』とは、警視庁特命係の刑事コンビが数々の事件を解決していく、テレビ朝日によるテレビドラマである。 「警視庁特命係」は、不祥事を起こした刑事や辞職してもらいたい刑事が上層部の意向で送り込まれる窓際部署。“人材の墓場”とも揶揄されるここには、優秀過ぎて上層部が隠しておきたい秘密まで暴いてしまう刑事・杉下右京が籍を置いていた。ある時東南アジアの小国サルウィンに関する国際テロが発生し、杉下はかつてこの国へと旅立っていった元特命係の亀山薫と共に捜査に乗り出していく。

Read Article

相棒 season22(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

相棒 season22(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『相棒 season22』とは、警視庁特命係の刑事コンビが数々の事件を解決していく、テレビ朝日によるテレビドラマである。 「警視庁特命係」は、不祥事を起こした刑事や辞職してもらいたい刑事が上層部の意向で送り込まれる窓際部署。“人材の墓場”とも揶揄されるここには、優秀過ぎて上層部が隠しておきたい秘密まで暴いてしまう刑事・杉下右京が籍を置いていた。十数年の時を経て特命係に出戻った亀山薫とのコンビを復活させた杉下は、次々に起こる難事件の調査に乗り出していく。

Read Article

甲斐享(相棒)とは【徹底解説まとめ】

甲斐享(相棒)とは【徹底解説まとめ】

甲斐享(かい とおる)とは、刑事ドラマ『相棒』の登場人物で、3代目相棒として活躍した青年刑事。 警視庁の次長である甲斐峯秋の息子だが、父親とは折り合いが悪く、彼に頼ることも権力者の子だと思われることも嫌う。一方でその物腰には品の良さがあり、育ちの良さを隠し切れていない。杉下右京自らの要望で特命係に入ることとなり、彼の下で刑事として成長していく。しかしその若さと、杉下という怪物的刑事を間近に見続けたことが原因で、凶悪犯への私刑を繰り返して逮捕されるという衝撃的な形で物語から退場した。

Read Article

冠城亘(相棒)とは【徹底解説まとめ】

冠城亘(相棒)とは【徹底解説まとめ】

冠城亘(かぶらぎ わたる)とは、刑事ドラマ『相棒』の登場人物で、4代目相棒として活躍した刑事。 元法務省のキャリア官僚という異色の経歴の持ち主。人事交流という名目で警視庁に派遣された際、厄介払いに近い形で特命係に押し込まれ、ここで杉下右京と出会う。特命係で過ごす内に刑事という仕事に魅せられ、キャリアを捨てて自らの意志で転職。これまでの歴代相棒と異なり、杉下に対しては「自分の相棒も逮捕したミスターデンジャラス」と敬意よりも好奇心を強く抱いて接しており、若干煙たがられている。

Read Article

神戸尊(相棒)とは【徹底解説まとめ】

神戸尊(相棒)とは【徹底解説まとめ】

神戸尊(かんべ たける)とは、刑事ドラマ『相棒』の登場人物で、2代目相棒として活躍した刑事。 言動にも風貌にも洒落た雰囲気の漂う、理知的な性格の青年。死体を見ると吐き気を催すなど、刑事としては線の細いところがある。クールを気取る一方で内面は優しく、被害者はもちろん事情によっては犯人にさえ同情し、狙撃班から守るために身を盾にしたこともある。上層部の意向で特命係に送り込まれるも、彼らの思惑で多くの人が運命を狂わされたことを知って嫌気が差し、元の職場ではなく特命係で1人の刑事として歩む道を選んだ。

Read Article

亀山薫(相棒)とは【徹底解説まとめ】

亀山薫(相棒)とは【徹底解説まとめ】

亀山薫(かめやま かおる)とは、刑事ドラマ『相棒』の登場人物で、初代相棒として活躍した熱血刑事。 指名手配犯を捕まえようとして大失敗したことを機に、“警視庁の人材墓場”と称される「特命係」に異動させられる。そこで抜群の推理力を持つ杉下右京と出会い、彼と共に様々な難事件を解決していく。切れ者過ぎて人の心の機微に疎い右京とは裏腹に人情家で、その優しさが事件解決の突破口となったことも少なくない。亡き友の想いを継いで外国へと旅立つが、『season21』で復帰することとなる。

Read Article

杉下右京(相棒)とは【徹底解説まとめ】

杉下右京(相棒)とは【徹底解説まとめ】

杉下右京(すぎした うきょう)とは、刑事ドラマ『相棒』の登場人物で、警視庁特命係に所属するベテラン刑事。 英国風のスタイルを好み、チェスと紅茶をたしなむ紳士的な人物だが、並外れた推理力と強硬な正義感を併せ持つ切れ者である。これまでに解決できなかった事件はほぼ皆無だが、真相を暴くことへの躊躇がまったく無く、たびたび“組織にとって不都合な事実”まで突き止める。このため警察上層部からは警戒されているが、本人はまったく気にしていない。一方で他人の心の機微には疎く、それが原因で離婚した過去を持つ。

Read Article

ブラッディ・マンデイ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ブラッディ・マンデイ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ブラッディ・マンデイ』とは龍門諒の漫画作品を原作とした三浦春馬主演の連続テレビドラマ。2008年に放送され、2010年にはシーズン2も始まり大きな話題となった。2020年に発表された「三浦春馬が最強にかっこよかった作品ランキング」では1位を取得するほどの人気作品である。 天才ハッカー高木藤丸(たかぎふじまる)が家族や友達、日本をウイルステロから救うために持ち前のハッキング技術を活かしてテロ組織に立ち向かう。豪華俳優陣が描くヒューマン・ビジネスサスペンスである。

Read Article

半沢直樹(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

半沢直樹(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『半沢直樹(Hanzawa Naoki)』とは俳優・堺雅人主演、池井戸潤の原作小説を元にしたドラマである。2013年にシーズン1、2020年に続編としてシーズン2が放送された。メガバンクで中間管理職の立場にいる銀行員・半沢直樹が組織のなかで生まれる不正を真っ向から暴いていく姿を描く。主人公・半沢の決め台詞「やられたらやり返す。倍返しだ!」の台詞は、ドラマの大ヒットとともに2013年流行語大賞に選ばれた。幅広い年代の視聴者に支持され、平成の歴代1位の視聴率を記録した国民的人気ドラマである。

Read Article

グランメゾン東京(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

グランメゾン東京(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『グランメゾン東京』とは、2019年に放送された、天才シェフが東京で三ツ星レストランを目指すテレビドラマ。尾花夏樹は経営するパリの店で事件を起こして全てを失ってしまう。そんな中、女性シェフ早見倫子に出会い、共に「グランメゾン東京」を開店させ、三つ星獲得を目指すストーリー。『グラグラメゾン♥東京 〜平古祥平の揺れる思い〜』というスピンオフドラマも放送された。

Read Article

オレンジデイズ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

オレンジデイズ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『オレンジデイズ』とは、2004年にTBS系列で放送されていた日本のテレビドラマ。妻夫木聡演じる大学4年生の結城櫂(ゆうきかい)と、柴咲コウ演じる病気で聴覚を失った萩尾沙絵(はぎおさえ)のラブストーリーを軸にした若者たちの青春ドラマである。病気で心を閉ざしてしまった沙絵が、櫂の優しさに心を開いていくストーリーが感動を呼んだ。数々のヒット作を生み出してきた北川悦吏子が脚本を手掛けている。

Read Article

のぼうの城(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

のぼうの城(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『のぼうの城』とは、和田竜の日本の歴史小説を元にして2012年に公開された映画である。犬童一心と樋口真嗣の共同監督で制作された。主人公の長親(ながちか)は忍城(おしじょう)城代の息子である。関白秀吉の家臣である三成によって、忍城は開城を迫られていた。しかし長親は世の理不尽に真っ向から対抗するため、三成に相対する。長親は周りの力を借り、ついには三成軍を退けることになった。この作品は時にはしんみりしつつも、長親という「でくのぼう」の奇策によって観た人を気分爽快にさせる歴史映画となっている。

Read Article

超高速!参勤交代(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

超高速!参勤交代(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『超高速!参勤交代』とは、土橋章宏が脚本を手がけ、2014年に映画化された時代劇映画である。監督は本木克英。湯長谷藩(ゆながやはん)藩主の内藤政醇(まさあつ)は、長い参勤交代を終えて国元に帰ってきていた。しかしすぐにまた参勤するようにと江戸から知らせが届く。湯長谷藩の面々は老中松平信祝(のぶとき)の無理難題を攻略するため、何度も窮地に陥りながらも知恵をめぐらせ江戸に向かう。この物語は個性豊かなキャラクターが織りなすコミカルな様子の中に、男たちの熱い思いを垣間見ることが出来る作品となっている。

Read Article

引っ越し大名!(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

引っ越し大名!(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『引っ越し大名!』とは、土橋章宏原作小説の『引っ越し大名三千里』をもとにした、2019年に公開された時代劇映画である。監督は犬童一心。姫路藩の書庫番・片桐春之介は、藩の国替えに伴い「引っ越し奉行」に任命されてしまう。しかし春之介には国替えの経験が全く、幼馴染の鷹村源右衛門や前引っ越し奉行の娘・於蘭の力を借りて引っ越しの成功へ向けて奔走する。この作品は、引っ込み思案な春之介が国替えという一大事に直面し、成長していく姿がコメディ調に描かれている。

Read Article

14才の母(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

14才の母(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『14歳の母』とは、2006年10月に日本テレビで放送されたドラマで、脚本は井上由美子が手掛ける。主演は志田未来。その他、三浦春馬や田中美佐子などが出演する。中学2年生の一ノ瀬未希は、14歳にして子供を身ごもってしまう。両親や兄妹、友達など周りの人々から猛反対を受けるが、未希は産む決心をする。しかし、そんな彼女を様々な困難が待ち受けていた。どんなに苦しくても産むことを諦めない少女が、苦難を乗り越えて成長していく姿を描く。本作の視聴率は20%を超え、数々の賞を受賞した。

Read Article

花咲舞が黙ってない(ドラマ・漫画・小説)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

花咲舞が黙ってない(ドラマ・漫画・小説)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『花咲舞が黙ってない』とは、池井戸潤の小説『不祥事』、『銀行総務特命』を原作とするドラマ作品である。臨店先へ出向き、業務改善・指導する臨店班に所属する花咲舞と相馬健が、全国の支店で起こる数々の問題の解決に奮闘する痛快ストーリー。2014年にテレビドラマ第1シリーズの放送と講談社『Kiss』での漫画版が掲載。2015年に第2シリーズが放送された。銀行を舞台とし、女性銀行員が次々と行内の不正を暴いていくというストーリーであることから、女版『半沢直樹』と注目された。

Read Article

超高速!参勤交代 リターンズ(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

超高速!参勤交代 リターンズ(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『超高速!参勤交代 リターンズ』とは、土橋章宏が脚本を手がけ、2016年に公開された時代劇映画である。監督は本木克英。湯長谷藩(ゆながやはん)藩主の内藤政醇(まさあつ)をはじめとする一行は、元遊女のお咲を側室に迎え湯長谷への帰途についていた。しかし再び老中松平信祝(のぶとき)の陰謀にまきこまれ、城を乗っ取られてしまう。民を傷つけられた政醇は信祝に対抗することを決める。この物語は個性豊かなキャラクターが見せるコミカルな様子の中に、理不尽に強く立ち向かう男たちの姿を見ることが出来る作品となっている。

Read Article

オールドルーキー(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

オールドルーキー(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『オールドルーキー』とは、2022年6月から9月まで放送されたスポーツマネジメントをテーマにしたテレビドラマ。主演はサッカー選手の新町亮太郎を演じた綾野剛。サッカーしか取り柄のない元サッカー日本代表選手の新町亮太郎が引退後にスポーツマネジメントの世界に飛び込み、様々なアスリートの代理人としてマネジメントに奮闘していくストーリー。スポーツ選手のセカンドキャリアへの挑戦がテーマとなっている。Jリーグと公益財団法人日本サッカー協会が製作協力として関わっており、随所に実在のスポーツ選手が出演している。

Read Article

最愛(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

最愛(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『最愛』とは、2021年10月15日から12月17日まで放送された恋愛サスペンスドラマで、主演は吉高由里子。 2017年4月期に、同枠のTBSテレビ系「金曜ドラマ」枠で放送された『リバース』の制作陣が再集結して制作された。 連続殺人事件の重要参考人となった実業家の女性、彼女を取り調べる男性刑事、彼女を守ろうとする男性弁護士の3人を中心とした物語が展開し、謎が複雑に絡み合ったサスペンスドラマである。 数々のドラマ賞を受賞し、メディアなどでも高評価やランキング上位を獲得した。

Read Article

御手洗家、炎上する(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

御手洗家、炎上する(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『御手洗家、炎上する』とは、Netflixで配信されているサスペンスドラマで、原作は藤沢もやしによる漫画作品。主演は永野芽郁。その他、鈴木京香、中川大志などが出演している。 村田杏子は代々病院を経営する御手洗家の長女だったが、火事で家が全焼するという事件が起こり、両親が離婚してしまう。だが、杏子は後妻の御手洗真希子が火事を起こしたのではないかと疑っていた。そのため、杏子は御手洗家に家政婦として潜入し、火事の真相を暴く決意をする。杏子が家庭を壊した真希子に復讐する、復讐劇が繰り広げられる。

Read Article

【相棒】歴代相棒まとめ

【相棒】歴代相棒まとめ

『相棒』とは、2000年からテレビ朝日・東映によって制作・放送されている刑事ドラマシリーズである。 警視庁特命係は、警視庁内部の左遷先として扱われている“人材の墓場”である。そこに所属する刑事杉下右京は、どのような難事件も解決する切れ者だが、事件と見ればそれが権力の闇に隠されていようと暴き立て、捜査のためなら強引な手法も辞さない厄介な人物としても知られていた。様々な事情からそこに異動させられる刑事たちは、時に右京に反発し、時に彼の推理力に圧倒されながら、次第に息の合った“相棒”となっていく。

Read Article

【相棒】ファンが選ぶ人気・名作回ランキングをまとめてみた!【公式サイト投票】

【相棒】ファンが選ぶ人気・名作回ランキングをまとめてみた!【公式サイト投票】

『土曜ワイド劇場』の特別ドラマとして放送されたpre seasonも含めれば、2000年から続く人気ドラマである『相棒』シリーズ。偏屈な性格の名刑事・杉下右京と歴代の“相棒”たちが数々の難事件を追い、これを解決していく刑事ドラマで、推理物としての高いクオリティと事件の中で描かれる複雑な人間模様で好評を博している。 2013年、ファンの投票による『相棒』シリーズの人気・名作回が公式サイトで発表された。ここではそれを紹介しつつ、そのあらすじについても解説していく。

Read Article

【相棒】前にも見た?違う役で複数回出演した俳優・女優をまとめてみた!

【相棒】前にも見た?違う役で複数回出演した俳優・女優をまとめてみた!

2000年に放送されたスペシャルドラマを皮切りに、20年以上続く人気シリーズとなった刑事ドラマ『相棒』。レギュラーメンバーだけでも数多くの俳優が登場するが、毎回の犯人や被害者、事件の関係者などとしてさらに膨大な数の俳優が参加しており、中には“別の役”として複数回登場した者もいる。 ファンなら「あの事件の犯人だった人だ!?」などと驚くこと請け合いの、『相棒』複数回登場俳優を紹介する。

Read Article

相棒season13最終回ネタバレまとめ!甲斐亨がまさかの逮捕?酷すぎる結末に非難殺到!?

相棒season13最終回ネタバレまとめ!甲斐亨がまさかの逮捕?酷すぎる結末に非難殺到!?

2014年3月18日、人気刑事ドラマ『相棒 season13』が最終回を迎えた。今まで主役の1人として物語を盛り上げてきた成宮寛貴演じる青年刑事・甲斐亨が、不当に罪の軽い犯罪者相手に連続暴行を重ねていた犯人として逮捕されるという衝撃的な内容に、ファンからは「こんな終わり方は見たくなかった」との声が次々と上がった。 賛否両論を巻き起こした『相棒 season13』最終回「ダークナイト」の内容と、当時の反応を紹介する。

Read Article

【杉下右京】相棒の警察関係者を階級順に紹介!【冠城亘】

【杉下右京】相棒の警察関係者を階級順に紹介!【冠城亘】

『相棒』とは、偏屈な性格の名刑事・杉下右京とその歴代の“相棒”が活躍する推理ドラマで、2000年から続く人気シリーズである。 作中には捜査一課や鑑識課など、様々な課に所属する刑事が登場する。杉下たちとの関係は友好だったり敵対的だったりとそれぞれに異なり、物語を盛り上げている。そんな『相棒』シリーズの警察関係者を階級順に紹介していく。

Read Article

【相棒】絶対見るべき傑作・神回!ベストオブ『相棒』をまとめてみた

【相棒】絶対見るべき傑作・神回!ベストオブ『相棒』をまとめてみた

偏屈だが抜群の推理力を持つ名刑事・杉下右京と、その"相棒"となる様々な刑事がタッグを組んで、難事件を解決していく刑事ドラマ『相棒』シリーズ。2000年に放送されたスペシャルドラマを最初の作品として、20年以上続く人気作品である。膨大なシリーズの中から、「絶対に見るべき」とファンが太鼓判を押す70作品を紹介する。

Read Article

3代目“相棒”甲斐亨はダークナイトだった!急転直下の引退劇には賛否両論

3代目“相棒”甲斐亨はダークナイトだった!急転直下の引退劇には賛否両論

2015年3月18日、人気刑事ドラマ『相棒』の『season13』が最終回を迎えた。以前から発表されていた通り、このエピソードをもって3代目“相棒”甲斐亨が物語から卒業することとなるも、「これまで密かに繰り返していた連続傷害事件の犯人として逮捕される」という衝撃的な内容にファンの多くが戸惑いの声を上げた。 「唐突過ぎる」、「そんな伏線は一切なかった」、「こんなお別れなんて悲し過ぎる」といった意見も少なからず存在し、翻って甲斐亨の人気を裏付けることとなった。当時の反応を紹介する。

Read Article

【相棒】杉下右京の“グッ”とくる名言・名セリフまとめ!

【相棒】杉下右京の“グッ”とくる名言・名セリフまとめ!

杉下右京は、刑事ドラマ『相棒』シリーズの主役を務める刑事で、並外れた推理力を持つ偏屈な老紳士。英国風のスタイルを好み、趣味はチェスと紅茶をたしなむこと。隣人としてはあまりに理屈っぽく、それが原因となって離婚しているが、強い正義感の持ち主で犯人に対しては毅然とした態度を取る。そんな杉下が作中で発した、数々の名言・名セリフを紹介する。

Read Article

【相棒】社美彌子とは何者なのか?これまでの活躍をまとめてみた!【仲間由紀恵】

【相棒】社美彌子とは何者なのか?これまでの活躍をまとめてみた!【仲間由紀恵】

20年以上作られ続けている人気刑事ドラマ『相棒』シリーズ。仲間由紀恵演じる社美彌子(やしろ みやこ)は、その『season13』から登場する、内閣情報調査室の幹部である。主人公たる特命係の刑事たちを個人としては評価しつつ、巧妙に利用して自分の目的を果たそうとする食わせ者。時に味方、時には障害としてしたたかに立ち回るバイプレーヤーである。そんな社の情報をまとめてみた。

Read Article

【相棒】やはり現場での確執が原因だった!?寺脇康文の降板劇【亀山薫】

【相棒】やはり現場での確執が原因だった!?寺脇康文の降板劇【亀山薫】

人気ドラマ『相棒』シリーズの初代“相棒”にして、season7にて突如物語から退場することとなった寺脇康文演じる亀山薫。いったいなぜそんなことになったのか、ファンの間でも様々な形で物議をかもし、その理由について議論されることとなった。 ここでは週刊誌などの情報をまとめ、その真相を簡単に説明し、人気ドラマの裏事情を紹介する。

Read Article

【相棒】見てないとファン失格?相棒のとんでもネタ回をまとめてみた!【夢オチ】

【相棒】見てないとファン失格?相棒のとんでもネタ回をまとめてみた!【夢オチ】

2000年のスペシャルドラマが好評を博したことからシリーズ化し、20年以上続く人気作となった刑事ドラマ『相棒』。実力派俳優陣によるハイレベルな演技と、社会の闇に深く切り込んだ秀逸なシナリオが好評を得ている本作だが、長寿シリーズであるだけに、中には「なんだこれ?」と首を傾げたくなるエピソードも存在する。 凶器が冷凍のイカだったり、事件全体が夢オチだったり、プリキュアの放送年で写真が撮られた時期を特定したり、ファン必見のネタ回を紹介する。

Read Article

相棒13最終回で甲斐亨逮捕の衝撃!歴代パートナーで初の事態に!【カイトくんとの別れ】

相棒13最終回で甲斐亨逮捕の衝撃!歴代パートナーで初の事態に!【カイトくんとの別れ】

人気刑事ドラマ『相棒 season13』が2015年3月に最終回を迎え、「今まで主人公の1人として活躍してきた“カイトくん”こと甲斐亨が犯罪者となり、シリーズ全体の主人公である杉下右京によって逮捕される」というその衝撃的な内容が話題となった。 この展開には賛否両論様々な声が上がり、未だにファンの間で議論が続いている。当時の反応と、歴代の“相棒”たちの来歴を合わせて紹介する。

Read Article

相棒の名シーン・名場面のロケ地は?撮影場所を紹介!

相棒の名シーン・名場面のロケ地は?撮影場所を紹介!

2000年に放送された単発ドラマが好評を博したことから、これを皮切りにシリーズを重ねてきた刑事ドラマ『相棒』シリーズ。ファンが「名作・神回」と絶賛するエピソードも多く、それが撮影されたロケ地はいわゆる"聖地巡礼"の対象ともなっている。 ここでは、ファンが思わず場所を調べたくなってしまうシリーズお馴染みの撮影場所について紹介する。

Read Article

【相棒】第3の相棒?青木年男についてまとめてみた!【浅利陽介】

【相棒】第3の相棒?青木年男についてまとめてみた!【浅利陽介】

浅利陽介演じる青木年男は、人気刑事ドラマ『相棒』シリーズに登場するキャラクター。『season14』にてゲストキャラクターとして登場した後、『season15』からは警視庁サイバーセキュリティ対策本部の捜査官としてまさかのレギュラーキャラクターとなり、視聴者を驚かせた。 ここでは、その青木が「そもそもどういう人物なのか」や「どういう形で特命係に接するのか」についてまとめて紹介する。

Read Article

NEW
「相棒13」10話~19話のあらすじ&ネタバレまとめ【相棒 season13】

「相棒13」10話~19話のあらすじ&ネタバレまとめ【相棒 season13】

人気刑事ドラマ『相棒 season13』の10話から19話(最終話)のあらすじをネタバレつきでまとめてみた。 血気盛んな青年刑事・甲斐亨役で物語を沸かせた成宮寛貴が、このseason13で引退することが事前に明かされており、ファンはどのような形で特命係を去ることになるのか注目されていた。やがて放送された最終回では、その甲斐が事件の犯人という衝撃的な展開が描かれ、ファンの間で物議をかもすこととなった。

Read Article

目次 - Contents