Fate/Zero(フェイト ゼロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/Zero』とはニトロプラスの虚淵玄の伝奇ライトノベル、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。
「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り、7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯戦争」を描いた物語で、アニメは2011年1月から第1期が全13話、2012年4月から第2期が全12話構成で放送された。

『Fate/Zero』の概要

クリエイタープロダクション・有限会社ノーツのゲームブランド「TYPE-MOON」が開発した大人気ゲーム「Fate/stay night」の前日譚とも言える作品で、同作と同じ舞台となる日本のとある地方都市・冬木市を舞台にした10年前の「聖杯戦争」を主な物語として描いている。

元は「Fate/stay night」の後日譚に相当する作品「Fate/hollow ataraxia」の中に収録されるサブシナリオとしてTYPE-MOONが虚淵玄に依頼したものだったが、虚淵玄から「10年前の聖杯戦争を書いてみたい」という提案を受けたことで、TYPE-MOONはスピンオフ作品としての売り出しを決断した。そして、2011年1月から星海社文庫の初回刊行作品として第1巻が発表され、全6巻までが発売されている。

その後、2011年1月にはテレビアニメ化が発表され、全部で2期に分けられており、第1期は同年10月から12月まで放送され、第2期は2012年4月から6月まで放送された。そして時期を同じくして真じろうによる漫画版がヤングエース2月号から2017年7月号まで連載され、全14巻まで単行本が発売されている。

『Fate/Zero』のあらすじ・ストーリー

第四次聖杯戦争へ集う者たち編

万能の願望機“聖杯”を求めて、表の世界には知られることなく60年周期で行われる“聖杯戦争”。その4度目の戦いが、日本の冬木市で行われようとしていた。
聖杯戦争は、聖杯によって“令呪”を授けられた7人の魔術師(マスター)と、そのマスターによって召喚された7名の英霊(サーヴァント)による戦いである。そして、この中の最後の生き残りが、聖杯を手にして願望を叶える権利を得るのだ。

マスターは令呪により、サーヴァントへの絶対的な命令権を得ている。その令呪は3度まで使用でき、全てを使い切った時、マスターの資格を失うのである。

戦争開始の8年前、雪が吹きすさぶ北国にあるアインツベルン家の城の中。
“魔術師殺し”の異名をもつ衛宮切嗣は、聖杯戦争に参加するマスターの一人として、妻と娘の顔を見つめながら聖杯戦争での勝利を誓っていた。

戦争開始の3年前。
聖堂教会の代行者・言峰綺礼の手の甲に令呪が浮かび上がる。そして、マスターの一人である魔術師・遠坂時臣に協力して聖杯を手に入れるよう、父である神父から命じられるのである。

戦争開始の1年前。
魔術を生業とする間桐家を毛嫌いする間桐雁夜は、時臣の妻である葵に密かに想いを寄せていた。そしてその娘・桜を救い出すために間桐家のマスターとなる決意をし、間桐家の養女となった桜の身代わりとして、命を賭して刻印虫をその身に宿すのであった。
寄生した刻印虫は宿主の体内に魔術回路を作り出し、強大な力を与える。しかしその対価として、宿主の生命力を喰らい尽くすのである。

1994年。世界は第四次聖杯戦争の年を迎えた。
イギリスでは、魔術の最高学府・時計塔の教授であるケイネスが、マスターとして令呪を宿す。しかしケイネスがサーヴァントを召喚するための聖遺物は、同じ時計塔の学徒・ウェイバーによって持ち去られてしまう。ウェイバーは聖杯からの令呪を宿し、己の魔術理論の正しさを証明するためにマスターとなるのである。

そのころ切嗣は、最強の騎士と名高いアーサー・ペンドラゴンを召喚していた。しかし騎士王アーサーは女性だったのである。このため切嗣は、計画の変更を余儀なくされることになる。

身体に刻印虫を宿した間桐雁夜も聖杯に令呪を与えられ、聖杯戦争への参加が認められた。
しかし刻印虫の侵食により左目が潰れ、白髪に変わった雁夜の命はもって1ヶ月。それでも桜を救うため、聖杯戦争へ挑む決意をするのだった。

英霊たちの召喚編

サーヴァントを召喚する切嗣。

聖杯戦争を勝ち抜くため、マスターのもつ聖遺物から召喚された英霊(サーヴァント)たち。

英国騎士王アーサーとして名を馳せたアルトリア・ペンドラゴンは、“セイバー”として切嗣に召喚された。

筋骨たくましいマケドニアの征服王イスカンダルは“ライダー”として、ウェイバーによって召喚される。

英国魔術師ケイネスにより“ランサー”として召喚されたのは、フィオナ騎士団の二槍の使い手・美貌のディルムッド・オディナである。

冬木市の魔術師・遠坂時臣は、“アーチャー”としてバビロニアの英雄王・ギルガメッシュの召喚に成功し、聖杯戦争の勝利を確信する。アーチャーは全サーヴァントの中で唯一、己の意思での行動を許されていた。

時臣の協力者である言峰綺礼が“アサシン”として召喚したハサン・サッバーハは、暗器を内蔵した黒装束を身にまとい、分身能力を持っていた。

刻印虫を身に宿した間桐雁夜は、“バーサーカー”としてサー・ランスロットの召喚に成功。ランスロットはアーサーと深い因縁がある騎士であった。

召喚術師ジル・ド・レェは“キャスター”として、死体の転がる殺害現場にて召喚された。
マスターの名は雨生龍之介。人殺しを趣味と言ってはばからず、すでに40人以上の子供たちを殺害している殺人鬼なのである。そして自らを青髭と名乗るキャスターは、殺人鬼・龍之介の異常な精神に共鳴してしまうのだった。

7人のマスターとそれぞれのサーヴァントは、万能の願望機・聖杯を手に入れるため、最後の1人になるまで戦い続けることを運命づけられたのである。

夜の倉庫街での混戦編

夜の港湾の倉庫街、セイバーとアイリスフィールは、姿を見せないマスターを警戒しながらランサーと対峙していた。アイリスフィールは聖杯の器としてアインツベルン家が生み出したホムンクルスであり、切嗣が正式に妻とした女性である。
切嗣は、マスターたちの暗殺実行のために自身を闇に潜ませ、アイリスフィールをマスターに見せかけていたのだ。

切嗣は、激突するセイバーとランサーの戦いに紛れながらランサーのマスター・ケイネスの狙撃を企んでいた。しかし、物陰に潜んで戦いを観察するアサシンの存在に気づいて計画を中止するのだった。

セイバーとランサーの戦いは、他のマスターからも観察されていた。
ランサーの攻撃を受けてセイバーが危機に陥った時、己の美学に従ったライダーは戦いに乱入。そして己の真名・征服王イスカンダルを声高に名乗り、周りで観察しているはずのマスターたちに向かって大声で呼びかける。その声にひかれてアーチャーとバーサーカーもこの場に出現した。

夜の倉庫街は、セイバー、ランサー、ライダー、そしてアーチャー、バーサーカーの混戦状態に陥ったのである。

しかし、それぞれのマスターの思惑により、アーチャーとランサーはこの場から去っていく。

この場に残されたのはライダーとそのマスターのウェイバー、そしてセイバーとアイリスフィールである。セイバーはライダーを警戒するが、ライダーはランサーとの因縁を断ち切っておくようにとの警告を残し、この場を立ち去るのだった。

この戦いを水晶球を使って観察していたキャスターは、己が生涯をかけて求めていた聖処女の面影をセイバーに見つけ、彼女が本人だと思いこんでしまう。
この誤った思いが、第四次聖杯戦争を混沌へと導いていくことになるのである。

キャスター討伐指令編

セイバー(手前)とランサー(奥)の共闘。

倉庫街での混戦から数日後の夜、切嗣はケイネス暗殺を企み、彼の泊まっているホテルを全壊させる。ケイネスの死を確信してその場を立ち去る切嗣だったが、しかしケイネスは生き延びていた。

同じ頃、冬木市の山道をドライブしていたアイリスフィールとセイバーは、立ちふさがるキャスターによって行く手を遮られる。そして、セイバーを聖処女・ジャンヌであると疑わないキャスターは、激しく拒絶するセイバーに向かい「必ず迎えに来る」と告げて消え去るのだった。
しかしセイバーの拒否によってキャスターは狂気を加速させていた。そしてキャスターを信奉するマスター・龍之介に命じ、さらに多くの子供たちの誘拐を実行するのである。

キャスターの残虐行為を無視できなくなった聖堂教会は、他のマスターたちにキャスターの討伐を要請する。しかし切嗣はこの討伐要請を、他のマスター暗殺の絶好の機会ととらえていた。

暗く日の差さない森の中で、セイバーとアイリスフィールはキャスターと対峙していた。キャスターは連れてきた子供たちの殺害を開始してセイバーを挑発。子供たちの虐殺を止めるため、セイバーはキャスターとの戦いを開始するのだった。
ランサーの槍の呪いで左手が思うようにならないセイバーは、強大な魔力を駆使するキャスターに苦戦していた。そこへケイネスからキャスター討伐の命令を受けていたランサーが出現。セイバーとの共闘を開始する。
共闘が功を奏してキャスターの宝具である魔術書の破壊に成功し、キャスターの魔力供給を断つ。状況を不利と判断したキャスターは撤退するのだった。

森の中でキャスターがセイバーたちと戦っていたちょうどその頃、ライダーはウェイバーとともに、キャスターの根城へと突入していた。下水管の奥にある根城には、キャスターによって惨殺された何人もの子供たちの亡骸が横たわっていた。
激しい嫌悪感をあらわにするウェイバーとライダーは、突如出現したアサシンにより戦いを余儀なくされる。激しい戦いの末、アサシンはライダーによって撃退されたのだった。

古城での戦いと言峰綺礼の目覚め編

森の古城の中では、水銀の球体を使ってホテルの崩壊から生き延びていたケイネスと、彼の暗殺をもくろむ切嗣が戦っていた。ケイネスは水銀を操り切嗣を攻撃するも、切嗣の切り札“起源弾”によって全身の魔術回路を破壊されてしまう。身動きも取れないケイネスは切嗣によりとどめを刺される寸前だったが、駆けつけたランサーにより、からくもその場から脱出するのだった。

その後ランサーは、起源弾により魔術師の力を失ったケイネスから令呪を引き継いだソウラのサーヴァントとなる。

キャスターを撃退したあとに森の中を移動していたセイバーとアイリスフィールは、前方から近づいてくる言峰綺礼に気づく。切嗣のためにここで綺礼を食い止めようと決意して戦うセイバーとアイリスフィール。
しかし異常な力によってアイリスフィールに致命傷を負わせ、綺礼は森を立ち去っていく。
アイリスフィールは切嗣に持たされていた聖遺物の力によって、かろうじて命を救われるのだった。

その後、綺礼はアサシンにライダーを攻撃させる。しかしライダーの宝具・固有結界“王の軍勢”によってアサシンは壊滅し、言峰綺礼の令呪は消滅してしまうのである。令呪を失った綺礼は聖杯戦争から脱落した。
しかしアーチャーの言葉に惑わされて聖杯から再び令呪を得て、己の愉悦と野望に目覚めて再び参戦するのだった。

魔獣の召喚とキャスターの最期編

見上げるような巨大な体躯をもつ魔獣は、霧に包まれた川面から突然出現した。この世に狂乱の渦を巻き起こそうと、キャスターが己のすべてを賭けて召喚した魔獣である。人間を捕食し始める前に魔獣を滅ぼそうと、セイバーとランサー、そしてライダーがその場に駆けつけた。
しかし異常な再生能力をもつ魔獣は、彼らの攻撃にまったく動じない。そのあと出現したアーチャーからの攻撃も、ものともしないのだ。
しかもアーチャーは自衛隊機と融合したバーサーカーの攻撃を受けて対魔獣戦から離脱することになり、アーチャー対バーサーカーの激しい戦闘が開始されたのである。

アーチャーとバーサーカーが戦っている時、ビルの屋上ではそのマスターの時臣と雁夜も対峙していた。圧倒的な時臣の魔術力により、その身を焼かれながら地上へ落下する雁夜。その雁夜は綺礼によって、いずこかへと連れ去られたのだった。

一方、魔獣の暴れる様子を見て川岸で狂喜乱舞していた龍之介は、切嗣の狙撃によって絶命する。それを知ったキャスターは、さらに狂気を加速させた。しかし魔獣はライダーの固有結界に翻弄され、左手の呪いから開放されたセイバーが放った宝具・エクスカリバーの最大火力によって、キャスターとともに一片も残さず消滅したのである。

切嗣の覚悟と綺礼の策謀編

キャスター討伐に貢献した褒美として、聖堂教会の神父から新たな令呪を得たケイネス。しかし、まだ残っている令呪を他のマスターに分け与えられることを嫌ったケイネスは、神父を殺害するという暴挙を実行する。

同時刻、ケイネスの留守で一人きりになっていた婚約者のソウラが切嗣の部下のマイヤにより襲撃され、令呪のある右腕を切断された上に連れ去られていた。それを知ったケイネスはソウラを守れなかったことでランサーをなじる。そこへセイバーとアイリスフィールが現れて、騎士としての誇りをかけた戦いが始まるのだった。しかしこれこそが切嗣の狙いだったのである。

切嗣の策謀によりランサーは自決、ケイネスとソウラはだまし討ちのような形で最期を遂げる。ランサーは切嗣に呪いの言葉を投げかけながら消えていった。
目の前で起こった出来事を許容できないセイバーは、切嗣を外道と呼び糾弾し、お前が民衆を救済するなど信じられぬと詰め寄る。
しかし切嗣は、騎士こそ栄光や名誉をもてはやす殺人者と断定するのだった。

切嗣の願いは聖杯を手に入れて憎しみの連鎖を終わらせること。その願いが叶うなら、自分はどんな悪にでもなるとの覚悟と宣言し、その場を去っていくのである。

その後、バーサーカーが化けた偽ライダーによってアイリスフィールが拉致され、彼女を護衛していたマイヤは殺害される。間桐雁夜を協力者にした綺礼の策謀であった。
アイリスフィールがライダーに拉致されたと思い込まされたセイバーは本物のライダーを追撃し、激しい戦いとなる。セイバーのエクスカリバーによる攻撃でライダーの宝具・神威の車輪(ゴルディアス・ホイール)は粉砕されるが、それをきっかけに両者の誤解は解けることとなる。

綺礼の策謀はまだ続いていた。教会に呼び出した間桐雁夜に遠坂時臣殺害の濡れ衣を着せ、さらに時臣の妻・葵を殺害させたのだ。その後、拉致したアイリスフィールから切嗣の覚悟を聞いた綺礼は激怒し、怒りに任せて彼女を殺害、切嗣を敵と見定めたのである。

聖杯戦争の結末と願望の果て編

言峰(手前)と戦う切嗣(奥)。

酒を酌み交わした後、戦いを開始するライダーとアーチャー。
固有結界・王の軍勢(アイオニオン・ヘタイロイ)を発動させたライダーに対し、アーチャーは最強の宝具・エアで対抗、ライダーの固有結界を崩壊させた。
固有結界を破られたライダーは、「生き残って王の覇道を後世に語りつげ」とウェイバーに命じて己の臣下とした後、アーチャーに決戦を挑む。そしてライダーは、アチャーに破れ、オケアノスの海を思い描きながら粒子となって消えていったのである。

アーチャーからの問いかけに「自分は臣下であり、生きろと命じられている」と答えるウェイバー。そのウェイバーに「忠道大儀である」と語りかけ、アーチャーはその場を立ち去るのだった。

セイバーはバーサーカーと対峙していた。
己の深い業に加え、錯乱する間桐雁夜の魔力の影響を受けて凶暴な力を発揮しているバーサーカー。戦いの中、バーサーカーがかつての自分の部下・ランスロットであると気づくセイバーは、戦意を失い防戦一方となる。しかし、自分の在り方を心に描いたセイバーは、ついにランスロットを打ち倒すのである。

戦いの後、間桐雁夜は最後の力を振り絞って桜を迎えに行くが、そのまま力尽きて大量の蟲の中へと飲み込まれていくのだった。

衛宮切嗣は言峰綺礼と戦っていた。近接戦闘に持ち込まれ苦戦するも、綺礼に起源弾を打ち込み右手を破壊する切嗣。しかし戦いの最中、聖杯の器であるアイリスフィールの身体から漏れ出た大量のヘドロ状物質が2人の頭上に降り注いだのである。
意識を取り戻した切嗣は、自分が聖杯の中にいることを知った。そして、人を人とも思わぬ聖杯の正体に気づき、願望の成就を拒否したのである。

現実世界に戻った切嗣は、聖杯をよこせと迫る綺礼にトドメを刺し、「お前が理解できない」とつぶやくのだった。

セイバーは、聖杯の器と化したアイリスフィールの前でアーチャーと対峙していた。第四次聖杯戦争で最後に残ったサーヴァント同士の戦いである。しかしそこへ現れた切嗣は、宝具による聖杯の破壊をセイバーに命じる。
令呪によって逆らえないセイバーのエクスカリバーによって破壊された聖杯は、夜空に開く巨大な穴となり、高熱のヘドロ状物質を冬木市に撒き散らし始めるのだった。

高温を発するヘドロ状物質に埋め尽くされた冬木市は、次第に炎に包まれて行く。炎に焼かれつづける街をさまよう切嗣は、瓦礫の中で生き残っている1人の少年を見つけ、涙を流すのであった。

戦いの終焉とそれぞれの行方編

崩れ落ちた冬木市の残骸に佇むアーチャーは、聖杯の力により受肉していた。その傍らには、アーチャーの受肉の影響で息を吹き返した綺礼が控えていたのである。

ウェイバーは散らかったままの部屋の中でライダーを思い出していた。そして、ウェイバーの正体を知った上で親切にしてくれる老夫婦の元で、世話になることを決めたのだった。

セイバーはランスロットの残した言葉を思い出し、自身の在り方を嘆き悲しみながら敗者の亡骸が折り重なる丘の頂に座していた。
そして切嗣は、聖杯を持ち帰れなかったためにアインツベルン家から見放され、娘のイリヤにも会えなくなったのである。彼はその後、崩壊した冬木市から助け出した少年を養子とすることになる。

5年の歳月が過ぎ去ったある日、病に伏す切嗣は、正義の味方に憧れていた昔の話を養子とした士郎に語っていた。士郎は切嗣の夢を引き継ぐという。安堵した切嗣は、少年時代を思い出しながら、静かに目を閉じるのだった。

naya78
naya78
@naya78

Related Articles関連記事

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

Fate/Grand Order(FGO)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/Grand Order(FGO)のネタバレ解説・考察まとめ

「Fate/Grand Order」とは2015年に配信を開始したスマートフォン用アプリゲーム。原作は2004年に発表されたゲーム「Fate/stay night」で、Fateシリーズのキャラクターや今作のオリジナルキャラなどを召喚して戦うRPG。2016年の年末に第一部のストーリーが完結し、大きな話題となった。その後も動きがあるたびに話題を呼ぶ大人気ゲーム。

Read Article

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

Read Article

Fate/EXTRA Last Encore(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/EXTRA Last Encore(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/EXTRA Last Encore』とは、マーベラスエンターテイメントから発売されたゲーム『Fate/EXTRA』を原作としたテレビアニメ作品である。2018年1月末に放送開始され、全13話が放映された。 月に存在するあらゆる願いを叶える力を持った霊子コンピューター「ムーンセル・オートマトン」内に作られた霊子虚構世界「SE.RA.PH」を舞台に”月の聖杯”をかけた魔術師と英霊による聖杯戦争を描いた物語。

Read Article

Fateシリーズのサーヴァントまとめ

Fateシリーズのサーヴァントまとめ

『Fateシリーズ』とは、TYPE-MOONによる『Fate/stay night』を始めとしたゲーム、アニメ、漫画などの作品の総称である。どんな願いでも叶うという「聖杯」を求める魔術師たちのバトルロワイヤル「聖杯戦争」やそれに関わる人々を描く。 サーヴァントは魔術師が聖杯戦争のために呼び出す使い魔であり、莫大な魔力によって構成される。本来、呼び出される英霊や幻霊などは使い魔として扱うには手に余るため、クラスという器に押し込めている。

Read Article

Fate/EXTRA(フェイト/エクストラ)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/EXTRA(フェイト/エクストラ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/EXTRA』(フェイト/エクストラ)とは、『Fate/stay night』を原作とした対戦型ダンジョンRPGである。2010年7月22日に発売され、2013年3月28日には続編である『Fate/EXTRA CCC』が発売された。ハードは共にPSPである。 無名の主人公が、己のサーヴァントと共に聖杯戦争を戦い抜く姿が描かれた。 シナリオは奈須きのこ、キャラクターデザインはワダアルコが務めている。 また、2020年7月22日にリメイク作品制作が発表された。

Read Article

GODZILLA 怪獣惑星(アニゴジ)のネタバレ解説・考察まとめ

GODZILLA 怪獣惑星(アニゴジ)のネタバレ解説・考察まとめ

『GODZILLA 怪獣惑星』とは1954年から続く怪獣映画「ゴジラ」を原作としたアニメ映画作品。脚本は虚淵玄、監督は静野孔文、瀬下寛之。 人類は環境変化が原因で地球上に出現した巨大生物「怪獣」の脅威に晒されるようになった。その中でも圧倒的な力を持ったゴジラによって半世紀に渡り敗走を重ねた人類は、種全体の存続のため宇宙への脱出を余儀なくされる。22年後、再び地球を人類の手に取り戻すため、主人公ハルオを筆頭にゴジラと戦う様を描く。

Read Article

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](UBW)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](UBW)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』とは、ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」のアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦う物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつである遠坂凛がヒロインにしたルートを脚本としている。 2014年10月から12月にかけて第1期、2015年4月から6月にかけて第2期がそれぞれ13話ずつで放映された。

Read Article

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(FGOバビロニア)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(FGOバビロニア)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』とは、スマホアプリゲーム『Fate/Grand Order』から派生したアニメ作品である。魔術王ソロモンによって奪われた人間の歴史を取り戻すため、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を探し求めて時代を渡り歩く魔術師の少年・藤丸立香が、紀元前2700年の古代メソポタミアの世界に降り立って、人類の滅亡を目論む「三女神同盟」に立ち向かう姿を描いた物語となっている。

Read Article

Fate/Apocrypha(フェイト アポクリファ)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/Apocrypha(フェイト アポクリファ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/Apocrypha』とは、ビジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』の外伝作品、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り二つの陣営に分かれた14人の魔術師(マスター)と14騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯大戦」を描く。アニメは2017年7月から12月まで全25話構成で放送された。

Read Article

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』とは、月刊コンプエースで連載されていた漫画、及びそれを原作として2013年に全10話が放送されたテレビアニメ作品である。普通の小学五年生のイリヤスフィール・フォン・アインツベルン(愛称はイリヤ)が「魔術礼装:カレイドステッキ」であるマジカルルビーの力により魔法少女にし転身し、同じ魔法少女である、美遊・エーデルフェルト(愛称は美遊)と協力し、町に散らばるクラスカードを回収する任務をこなしていく。

Read Article

PSYCHO-PASS(サイコパス)のネタバレ解説・考察まとめ

PSYCHO-PASS(サイコパス)のネタバレ解説・考察まとめ

舞台は人工知能・シビュラシステムが絶対的な法とされる近未来の日本。凶悪犯罪を取り締まる刑事たちの姿を描いた本作は、本広克行×虚淵玄×天野明×Production I.Gの豪華タッグによって制作され、2012年から放送開始となったTVアニメ、劇場版アニメ。監視社会のシステムをかいくぐり、凶悪事件の裏で暗躍し続ける謎の男「マキシマ」を追う刑事・狡噛慎也は、捜査の過程で自らも犯罪者となっていく。

Read Article

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス(映画第1作)のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス(映画第1作)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス(映画第1作)』とは、TVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』の続編として作られた作品。劇場版は3部作構成となっており、それぞれ個々の視点で話が進み最後にすべて繋がっていく群像劇だ。アニメよりグロテスクなシーンは控えめだが、戦闘シーンは生々しく描写されているためR15。逃走犯の狡噛信也(こうがみしんや)を見つけた常守朱(つねもりあかね)は単独で異国の地へ向かう。そこで朱が目にしたのはシビュラシステムの悪用だった。

Read Article

NEW
REVENGER(リベンジャー)のネタバレ解説・考察まとめ

REVENGER(リベンジャー)のネタバレ解説・考察まとめ

『REVENGER』(リベンジャー)とは、江戸末期の長崎を舞台に、依頼を受けて暗殺稼業を行う「利便事屋(りべんじや)」の活躍を描いた2013年のオリジナルアニメ作品。ゲームメーカーのニトロプラスと、時代劇で有名な映画会社松竹が製作している。 上司の策謀で婚約者の父親を斬ってしまった薩摩藩士の繰馬雷蔵は、長崎で碓水幽烟という蒔絵師の男と出会う。碓水は叢上徹破、鳰、惣二といった仲間たちと共に金をもらって暗殺を営む利便事屋を営んでおり、行き場を失った雷蔵もここに参加することとなる。

Read Article

沙耶の唄(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

沙耶の唄(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『沙耶の唄』とは2003年12月にゲーム会社ニトロプラスにより発売されたPC専用アダルトゲームである。主人公・匂坂郁紀はある時事故にあったことから生死の境をさまよい、奇跡的に助かったものの郁紀は五感のすべてが事故前とは大きく変わってしまった。景色は豚の内臓をぶちまけた様なものになり、人間は奇妙な肉塊に見えてしまい発狂しそうな生活の中で、唯一人間の姿をしている美少女・沙耶に出会ったことで郁紀は沙耶に惹かれて共に生活を送ることになった。 脚本を『魔法少女まどか☆マギカ』の虚淵玄が務める。

Read Article

監視官 常守朱(PSYCHO-PASS サイコパス)のネタバレ解説・考察まとめ

監視官 常守朱(PSYCHO-PASS サイコパス)のネタバレ解説・考察まとめ

『PSYCHO-PASS サイコパス』は、Production I.G制作による日本のアニメ。「監視官 常守朱」はフジテレビ「ノイタミナ」にて、2012年10月から2013年3月まで放送されたテレビアニメ第1期のコミック化。人間のあらゆる感情が数値化される「シビュラシステム」で計られた数値によってストレスの少ない社会となった日本の公安局の人々の活躍・苦悩を描く。

Read Article

アルドノア・ゼロ(ALDNOAH.ZERO)のネタバレ解説・考察まとめ

アルドノア・ゼロ(ALDNOAH.ZERO)のネタバレ解説・考察まとめ

『アルドノア・ゼロ』とは、A-1 Pictures・TROYCAによって共同制作されたオリジナルロボットアニメーションである。分割2クールで、第1クールは2014年7月から9月まで、第2クールは2015年1月から3月まで放映された。 地球人と火星人の戦争を描いている。地球人である界塚伊奈帆と地球人でありながら火星人に仕えるスレイン・トロイヤード、この2人の主人公と火星の皇女が戦争の行方を大きく変えていく。

Read Article

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀(サンファン)のネタバレ解説・考察まとめ

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀(サンファン)のネタバレ解説・考察まとめ

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』とは、日台合同企画の武侠ファンタジー人形劇。『魔法少女まどか☆マギカ』などでおなじみの虚淵玄が原案と脚本、総監修を担当し、台湾の民間芸能である人形劇「布袋劇」をベースに、新しい形の人形劇を作り上げた日台合同映像企画である。実際に人間が人形を動かすアナログな手法とCGなどを使った演出を融合させた新しい「布袋劇」となっている。無双の力を発揮するといわれている武器群・神海魔械(しんかいまかい)をめぐって繰り広げられる武侠ファンタジー人形劇だ。

Read Article

鬼哭街 -The Cyber Slayer-(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

鬼哭街 -The Cyber Slayer-(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼哭街 -The Cyber Slayer-』とは2002年3月29日にニトロプラスから発売された武侠小説を下地にした18禁ノベルアドベンチャーゲームである。脚本を『Fate/Zero』を手掛けた虚淵玄が務める。2011年にはレーティングを15歳以上推奨に下げたリメイクバージョンが発売される。主人公・孔濤羅が最愛の妹である孔瑞麗が惨殺された挙句に意識を5分割されてガイノイドに移植されてしまったことから殺した者たちへの復讐と妹の意識の統合をするために奔走する物語になっている。

Read Article

仮面ライダー鎧武(ガイム)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダー鎧武(ガイム)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダー鎧武(仮面ライダーガイム)とは、2013年10月6日から2014年9月28日まで放送された、平成仮面ライダー第15作目の特撮番組。作中で主人公が変身するヒーローの名称でもある。 アルバイトで家計を助ける少年葛葉紘汰は、ある時不思議な森に迷い込み、そこで装着者を超人へと変身させる謎のベルトを手に入れる。同じタイミングで街の若者たちが同様のベルトを入手し、己の野望を叶えるためにこれを悪用。紘汰は時に彼らと戦い、時に協力しながら、不思議な森が招く世界の危機に立ち向かっていく。

Read Article

Fate/stay night[UBW] に隠された「アーチャー=衛宮士郎」の共通点と伏線に迫る!

Fate/stay night[UBW] に隠された「アーチャー=衛宮士郎」の共通点と伏線に迫る!

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]における最大の秘密と言っても過言ではない「アーチャー=衛宮士郎」のキーワード。それ故に、本編ではこれを示唆する伏線・共通点が巧妙に描かれています。物語途中で気づいちゃった人もそうでない人も、とりあえず踏まえておいて損はないであろうシーンを振り返っていきましょう。

Read Article

『PSYCHO-PASS(サイコパス)新編集版』追加シーンまとめ

『PSYCHO-PASS(サイコパス)新編集版』追加シーンまとめ

【新編集版を見逃した方必見!!】サイコパス1期に無かったシーンが「新編集版」に追加されているのをご存知ですか?本編の補足を兼ねた追加シーンでは、分かりづらかったキャラクターの心理が細かく描かれています。狡噛と対峙する直前の槙島は何を考えていたのか?狡噛はどんな思いで事件捜査にあたっていたのか?などなど…。見れば見るだけ、本編の面白さが濃密に感じられる新規カットについて迫ります!

Read Article

聖杯戦争で勝てる最強のサーヴァントランキング【Fateシリーズ】

聖杯戦争で勝てる最強のサーヴァントランキング【Fateシリーズ】

『Fateシリーズ』ではあらゆる願いを叶えるとされる万能の願望機・聖杯を巡る聖杯戦争の模様が描かれる。聖杯戦争に参加する魔術師たちは、サーヴァントという英霊を使い魔として従える。ここではサーヴァントの性格や所有する宝具、強さなどから、召喚すると聖杯戦争を勝ち抜くことができそうなサーヴァントをランキング形式でまとめた。

Read Article

Fateシリーズの登場人物・キャラクターまとめ【Fate/stay night・Fate/Zero】

Fateシリーズの登場人物・キャラクターまとめ【Fate/stay night・Fate/Zero】

『Fateシリーズ』はどんな願いも叶う万能の願望機「聖杯」を賭け、魔術師たちがサーヴァントを呼び出して戦う聖杯戦争の模様を描く作品。『Fate/stay night』では半人前の魔術師、衛宮士郎がセイバーと共に第五次聖杯戦争を戦い、『Fate/Zero』では士郎の養父衛宮切嗣が第四次聖杯戦争を戦っている。 ここでは『Fate/stay night』『Fate/Zero』に登場するキャラクターをまとめた。

Read Article

Fateシリーズの名言・名セリフまとめ【Fate/stay night・Fate/Zero・Fate/hollow ataraxia】

Fateシリーズの名言・名セリフまとめ【Fate/stay night・Fate/Zero・Fate/hollow ataraxia】

『Fate/stay night』は元々成人向けゲームとして発売されたが、「燃えゲー」と称されるほど熱い展開ばかりで、その人気から全年齢向けにリメイクされた作品である。その流れを汲んで『Fateシリーズ』ではプレイヤー・視聴者の胸を熱くさせる展開が多く、その中で数多くの名言・名セリフが生まれている。

Read Article

Fateシリーズのサーヴァントまとめ【真名も公開!】

Fateシリーズのサーヴァントまとめ【真名も公開!】

サーヴァントとは『Fateシリーズ』に登場する使い魔のことで、その正体は英霊という、生前は英雄と呼ばれた者たちのことである。聖杯戦争で召喚される際にはセイバーやアーチャー、ランサーといったクラスに割り振られる。召喚者であるマスターとの関係は様々で、良好な関係を築いている者もいれば、マスターと殺し合いをしたサーヴァントも存在する。

Read Article

遠坂凛ルート(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ【Unlimited Blade Works】

遠坂凛ルート(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ【Unlimited Blade Works】

『Fate/stay night』では選択肢によって3つのルートに分岐する。その1つが「Unlimited Blade Works」、遠坂凛ルートである。聖杯戦争を戦う中でヒロインである遠坂凛と主人公の衛宮士郎の関係が親密になっていく。 一方で衛宮士郎が抱える”歪み”にも焦点が当てられることから、衛宮士郎のルートでもあるとされる。

Read Article

目次 - Contents