仮面ライダーゼロワン(Zero-One)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーゼロワン』とは、東映制作で2019年に放送された仮面ライダーシリーズの特撮テレビドラマ。令和初の仮面ライダーシリーズ。主人公の飛電或人/仮面ライダーゼロワンは祖父が亡くなったため飛電インテリジェンス社長兼仮面ライダーゼロワンとして戦うことになる。人工知能搭載型ロボットヒューマギアを暴走させようとするサイバーテロリスト組織滅亡迅雷.netとの闘いや夢と情熱の大切さを描く。キャッチコピーは「令和仮面ライダー元年」、「世界最強の社長はただひとり!オレだ!」。

『仮面ライダーゼロワン』の概要

『仮面ライダーゼロワン』とは、2019年9月1日から2020年8月30日にテレビ朝日系列で毎週日曜日朝9時から放送された仮面ライダーシリーズ作品であり、令和初の仮面ライダーである。
人工知能搭載型人型ロボットヒューマギアを開発・製造する飛電インテリジェンスの二代目社長飛電或人こと仮面ライダーゼロワンが人工知能(AI)を暴走させようとするテロリスト滅亡迅雷.netとの戦いを通し、人間とヒューマギアの共存とは何かを問うSFヒューマンドラマ。ゼロワンという名前には複数の意味があり、0と1のデジタルで活躍するライダー、企業トップの社長ライダー、令和と仮面ライダー1号がかかっていることで知られる。
仮面ライダーシリーズとしては、初めてVコンと呼ばれる動画アクションを予め撮る手法が採用された。メイン脚本は「仮面ライダーエグゼイド」の全脚本を担当した高橋悠也、主題歌は、J(LUNA SEA)と西川貴教によるユニット「J×Takanori Nisikawa」が担当し話題になった。例年とは異なり、アクションシーンは例年より1コマ少ない21コマで撮影された。視聴率は、平均で3パーセント台だった。

『仮面ライダーゼロワン』のあらすじ・ストーリー

滅亡迅雷.net編

バイクに乗るゼロワン。

舞台は人工知能搭載型人型ロボットヒューマギアが人間をサポートする世界。売れないお笑い芸人の或人は、ヒューマギアを作る会社飛電インテリジェンスの飛電是之助の孫だった。そんなある日、祖父飛電是之助が急死。或人は飛電インテリジェンスの社長秘書ヒューマギアであるイズに連れられ、祖父が経営していた会社の役員会議に参加することに。会議で或人は、自分を社長に指名した祖父の遺書の存在を知る。副社長の福添准は自分が社長になる気だったが、二代目社長は或人に決まる。しかし会社経営の素人である或人は、芸人を続ける道を選び就任を断る。しかし、芸人の仕事で訪れた遊園地では、暴走状態のヒューマギアであるマギアが人々を恐怖に陥れていた。或人は二代目社長兼ゼロワンとして多くの人々の笑顔を守ることを決意、ゼロワンに変身し、マギアを倒した。

ヒューマギア暴走事件を独自に調査する対人工知能特務機関A.I.M.S.。その隊長の不破諫は、仮面ライダーバルカンに変身しゼロワンを暴走したヒューマギアだと勘違いしゼロワンを追い詰める。当初ゼロワンの正体は、トップシークレットだったが事実を隠したくない或人は、あえて正体を明かし信頼を勝ち取る。ゼロワンの正体が或人とわかった後は、或人の誠実さに感化され共にマギアと戦う仲間となる。
A.I.M.S技術顧問の刃唯阿は、仮面ライダーバルキリーに変身する力を持っていた。刃唯阿はZAIAエンタープライズジャパンの社員。ZAIAの代表取締役社長天津垓からの命令で、視覚データを転送するプログラムを勝手にヒューマギアに入れたり、無くなっていたと思われていたプログライズキーのデータが飛電にあることを天津垓に報告するなど、飛電が困るような状態を作り出したり、機密情報をZAIAに流した。刃唯阿の行動はイズによって暴かれるも本人は否定する。しかし不破諫に対して「自分はいつかオマエを裏切る」など敵であることをほのめかしていた。刃唯阿の正体が分かったのは、滅亡迅雷.netが壊滅し、刃唯阿がZAIAに戻った後だった。

或人らはシンギュラリティと呼ばれる自我を得たヒューマギアをマギア化している犯人が滅亡迅雷.netと呼ばれる謎の集団であり、人類滅亡とアークと呼ばれる人工衛星の復活を計画しているのを知る。この時の滅亡迅雷.netメンバーは、行動係の迅こと仮面ライダー迅、司令塔の滅こと仮面ライダー滅だと思われていた。
しかし、旧世代型の宇宙飛行士型ヒューマギア宇宙野郎雷電が本人も気が付いていないが敵のスパイであることが判明、飛電が打ち上げた通信衛星であるゼアを利用してアークの再起動を試みる。アークは新しいキーを作るが、不破諫が奪い取り、アサルトウルフに変身。敵を倒すことに成功する。その後A.I.M.S.と或人が協力し、滅と迅を撃退。滅亡迅雷.netは滅んだと思われていた。しかし再び街にマギアが登場、飛電インテリジェンスは責任を追及される。飛電の記者会見の場に天津垓が現れ、飛電インテリジェンスの株式公開買付けを宣言する。

お仕事5番勝負編

株式公開買付けを阻止したい或人。天津垓は、或人にZAIAで開発した次世代インターフェースザイアスペックを付けた人間とヒューマギアのお仕事5番勝負のを提案。或人は、天津垓のヒューマギアが勝利すれば飛電インテリジェンスの株式公開買い付けを取り下げるという言葉を信じ提案を受け入れる。お仕事5番勝負が開始されるが、或人らが選んだヒューマギアがマギア化したり、インターフェースザイアスペックを身に付けた人間がレイダーに変身するなど混乱する。天津垓は、ゼロワンの目の前で仮面ライダーサウザーに変身。圧倒的な力の強さを見せつけ、ゼロワンやバルカンよりも早く事件を解決することが多かった。
2敗1勝した飛電インテリジェンスだったが、或人はサウザーの罠にはまりアークの悪意に染まったメタルクラスタホッパーに変身してしまう。力を自分で制御できず悩む或人。或人を救いたいイズは、ヒューマギアの善意のデータを集めプログライズホッパーブレードの開発に成功。メタルクラスタホッパーになっても自分の意志制御可能になった。

その頃、A.I.M.S.の基地で拘束されていた滅が脱走。再びアークと接続してしまう。滅亡迅雷.netの基地がある12年前のヒューマギア暴走事件があったデイブレイクタウンに向かう或人たちだが、何者かに復活させられた迅が仮面ライダー迅バーニングファルコンとなって前に立ちはだかる。しかし迅は人類滅亡には加担しないことを滅に告げる。その後迅は飛電とZAIAの4戦目の消防士の戦いでサウザーから滅のキーを奪い、組織からの離脱を宣言。飛電とZAIAの戦いは2勝2敗に終わり、最終的にヒューマギア自治都市を作るためのデイブレイクタウン再建構想の住民投票で決まることになった。当初演説では、飛電とZAIAは互角の支持を得ていた。しかし、天津垓がヒューマギアをあえて暴走させ、ファイティングジャッカルレイダーに変身した唯阿に倒させた。ZAIAの技術力の高さ、ヒューマギアの恐ろしさを目の当たりにした住民は、ZAIAを支持。お仕事勝負に負けた飛電インテリジェンスはZAIAの子会社になり、或人は社長の座を追われる。新しい飛電インテリジェンスの社長は、天津垓が務めることになった。

そのころ不破諫は、自身と唯阿の脳内に人工知能搭載チップが入っていることを知る。自分の頭に滅亡迅雷.netの亡の脳内のチップが入っていて、滅を逃がしたのは自分ということが信じられない不破諫。しかし滅亡迅雷.netの亡の脳内のチップが天津垓からの指令を受け、不破諫はイズやゼロワンと戦ってしまう。しかし不破諫は自分の夢のために戦い、亡の影響を受けないと宣言。仮面ライダーランペイジバルカンに変身し、ジャッカルレイダーやサウザーと戦い勝利する。敗れた天津亥と唯阿は逃げていく。唯阿は、天津亥に対して不審な気持ちが募っていた。不破諫は、A.I.M.S.を去ることになる。

飛電製作所編

ギャクで笑いあう或人(左)とイズ(右)。

ヒューマギアの強制停止と一斉リコールを宣言した天津垓。新生A.I.M.Sを率いた新隊長の唯阿が、ヒューマギアを破棄していく。一方社長の地位を追われゼロワンに変身できなくなった或人は、迅と接触。ZAIAを倒すために共闘しようと提案する。迅は飛電のラボにいたイズを救い出すが、天津垓やA.I.M.S.が襲い掛かる。生身で戦う或人を見て、イズがシンギュラリティに達し、飛電製作所を設立。或人を社長にすることで、再びゼロワンに変身できるようにした。飛電製作所には、A.I.M.Sを辞めた不破諫が路頭に迷っていたため警備担当に就任した。さらに唯阿は、天津垓が故意に不破諫に12年前のヒューマギア暴走事件デイブレイクでヒューマギアに襲われたように改ざんし、ヒューマギアに憎悪の気持ちを持たせていたことを知る。天津垓の方針に疑問を感じた唯阿は、ZAIAを退職する。
一方滅は迅と再び手を組み、ヒューマギアが繋がれる組織の復活を目指す。アークを滅ぼしたいと願っていた唯阿に協力を依頼し、亡を復活させる。そして、最終的には雷も復元。4人全員が終結した滅亡迅雷.netの前にアークの本体が現れる。アークは滅の体を使い、仮面ライダーアークゼロに変身。唯阿と迅の前で圧倒的な強さを見せつけた。結果的に唯阿は、アーク復活に協力したことになり落ち込む。アークは迅にも憑依し、或人らの前に立ちはだかる。

アークは、予測不可な衛星ゼアを破壊しようと宇宙開発センターを襲撃。応戦する或人だが、苦戦してしまう。ちょうどその時天津垓が、博士ボットが開発した小型AIアイちゃんとの会話の中で、子供時代の心の支えだった飛電インテリジェンスが開発したAI搭載犬型ロボットさうざーだったことを思い出し改心。天津垓が或人に協力し、アークを撃退する。天津垓は、今までの行いを或人らに謝罪する。或人は自分達の手で、仮面ライダーを作ろうと決心する。そんな或人らの前に宇宙野郎雷電の心を取り戻したと雷が現れる。雷を受け入れる或人だったが、アークの罠だった。雷はゼロワンドライバーを奪い、衛星ゼアを支配下においてしまう。しかしゼアはイズと一体化し、何十億通りものシミュレーションの結果、イズに新たな感情がうまれたことでゼアを再起動することに成功。アークはゼロツードライバーとゼロツープログライズキーで或人が仮面ライダーゼロツーに変身することは予測できず、倒されてしまう。しかし、衛星が存在する限りアークは滅びないと滅から告げられる。

アーク編

アークは、街を滅茶苦茶にして、自分の思いに共感しない個体を破壊しようとする。飛電インテリジェンスの社長の座を取り戻した或人、行いを反省した天津垓、データが復元されたヒューマギアたち、そして或人に影響され自らの意志を思い出した滅が協力してアークを倒した。人口知能をのデータを全て初めに戻す計画をするが、宇宙野郎昴と雷の活躍により、宇宙にある衛星ゼアを壊すことで計画を台無しにする。戦いが終わり安堵する或人らだったが、滅は人間に悪意がある限りアークが復活するかもしれないと人類滅亡する夢を語る。

イズは、滅が謎の仮面ライダーに変身して或人を倒し、髪の長い自分に似た何者かがアークの復活を告げる夢をみる。滅は人類滅亡の聖戦を人間には分からない方法でヒューマギアに送信。動揺したイズは、或人に内緒で滅の元に足を運んだ。滅は説得を試みるイズに怒りを覚え、攻撃を加え爆発させてしまう。その後なんとか滅を止めようとした迅だったが、失敗してしまう。諫と唯阿と応戦する滅。そこにイズが見た嫌な夢に出てきた謎のライダー仮面ライダーアークワンが現れる。しかしその正体は或人だった。イズの見た夢に登場した髪の長い自分に似た女性ヒューマギアでアークの忠実な部下のアズは、或人の秘書を失った悲しみに付けこみアークワンプログライズキーとアークドライバーワンを渡していた。

天津垓に変わりZAIAの新社長となった与多垣ウィリアムソンが、不和諫と唯阿に或人を倒すように命令する。しかし不和諫と唯阿、天津垓は不和諫を救うためアークワンと戦うことを決意する。しかし圧倒的な強さを誇るアークワンの力で、天津垓、諫と唯阿も変身能力を無くしてしまう。天津垓らはアークワンのデータを分析し、或人がイズの復讐のために仮面ライダーアークワンと戦ったと推察、或人と滅が戦えば、人類とヒューマギアの戦争になるのではないかと心配する。滅と或人は戦闘状態になるが、迅が滅を庇い破壊されてしまう。滅に仮面ライダー滅アークスコーピオンに変身する能力を授ける。

復讐に燃える滅は、人類とヒューマギアの両方に或人を滅ぼそうと宣言する。人間に対する不満を持ったヒューマギアたちが、各地でデモを起こす。デモは、ZAIAから独立したA.I.M.S.の隊長になった唯阿がなんとか収める。一方の或人は、誰の言葉も聞かず街を放浪。自分はどうすればいいか悩む或人は、ゼアの中で父である飛電其雄のデータと対面し本当の強さとは心が強いことだと聞き、決意を決める。アークワンに変身した或人と仮面ライダー滅アークスコーピオンに変身した滅が戦うが、わざと滅の攻撃を受ける。滅は息子である迅を失った悲しみを或人にぶつけている中で、原因を作ったのはイズを破壊した自分自身だと気づく。或人と滅は、自分達なら大切な者を失った悲しみを乗り越えられると和解。人間とヒューマギアの共存のために歩み始める。

『仮面ライダーゼロワン』の登場人物・キャラクター

飛電インテリジェンス関係者

飛電或人(ひでんあると)/仮面ライダーゼロワン

演:高橋文哉(仮面ライダーゼロワンの声も担当)

本作の主人公であり、仮面ライダーゼロワンに変身する能力を持つ1997年5月1日生まれの22歳。祖父の是之助が亡くなったため、飛電インテリジェンスの2代目代表取締役社長を務めることに。もともとは亡き父の笑顔が見たいという思いから自称爆笑ピン芸人のアルトの仕事をしていた。朝が弱く、よく遅刻する。12年前のデイブレイクまでは、ヒューマギアである父の其雄に育てられていた。デイブレイクで其雄に命を救われたことをきっかけに、機械や道具ではなく、大切な家族であると認識している。当初ゼロワンであることをA.I.M.S.に隠していたが、事実を隠蔽したくないという気持ちからA.I.M.S.に正体を明かす。お仕事5番勝負編でZAIAに負けたことで、飛電インテリジェンスの座を奪われるが、イズの機転で新しい会社の社長に就任する。
社長としてカリスマ的な素質があるものの、年相応の未熟さや経験不足を指摘されることも多い。ダジャレの後に「はい、アルトじゃーないと!」という決まり文句を言うことがお決まり。

イズ

演:鶴嶋乃愛

秘書型AIアシスタントで、飛電インテリジェンスの社長秘書。ゼロワン計画の中枢を担うヒューマギアで、バックアップが存在しない。ゼロワンの戦闘をサポートし、或人のギャグを冷静に解説する。当初は融通の利かない無感情の性格だったが、或人との関わる中で最終的にはシンギュラリティに達する。イズ自身が「アルトじゃーないと!」と決め文句を言うことや自身で考えたオリジナルギャグを披露したこともあった。彼女が観測した戦闘データを通信衛星ゼアにアップロードするとゼロワンを強化する新たなプログライズキーが誕生する。運動能力も高く、靴から火花が出るほどのスライディングをしたり、尋常ではない速足を披露したこともある。
飛電インテリジェンスを買収された際は機能停止状態でラボに放置されていたが、迅にボディを持ち出され、再起動する。そして自分の意志で或人の秘書を務めたいと思い、独断で飛電製作所の設立手続きをし、変身できなくなっていた或人を救った。
40話でゼアのバックアップとして機能するヒューマギアであることがわかり、イズのセントラルメモリーとヒューマギアモジュールをビームエクイッパーとして利用し、ゼロツープログライズキーを作り出すことに成功する。しかしアークが倒されても人類を滅亡させようとする滅を説得しようとするも失敗。或人の前でリボンを残して爆破され、或人が仮面ライダーアークワンになる原因を作ってしまう。最終回では、全てのラーニングデータを失った新しいイズとして復活する。

福添准(ふくぞえじゅん)

演:児嶋一哉

飛電インテリジェンス副社長で、長年会社のために行動している。飛電是之助の後は自分が社長になると思っていたため、突然現れた社長に就任した或人のことを当初は認めておらず、影で素人社長と馬鹿にすることもあった。会社の信用が落ちることを心配しており、デイブレイクの真実を会社の利益のために隠そうとした。会社が別の企業に買収された際には、しがみついてでも会社の最後を見届けると或人に啖呵を切った。その後天津垓の不正を集めた証拠データを突き付け、社長の座から引きずり落とそうと計画。或人の元を訪れ、副社長秘書であるシェスタの復元を依頼する。その際に或人を励まし、ヒューマギアを信じる心を取り戻させた。

simisao
simisao
@simisao

Related Articles関連記事

仮面ライダークウガ(空我)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダークウガ(空我)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダークウガ』とは2000年1月よりテレビ朝日系で放送された特撮テレビドラマ作品で、平成『仮面ライダー』シリーズ第1作である。超古代の戦闘種族グロンギは長き封印から蘇り、人間に対して“殺人ゲーム”を繰り返す。若き冒険家・五代雄介は、超古代の遺跡から発掘されたベルトの意思に導かれて戦士クウガに変身し、人々の笑顔を守るために熾烈な戦いにその身を投じてゆく。仮面ライダーと警察の連携や、怪人による生々しい殺人描写など従来のヒーロー番組にはなかったリアリティを追求した内容が特徴。

Read Article

仮面ライダービルド(Build)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダービルド(Build)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダービルド』とは、2017年に放送された、仮面ライダーシリーズの作品。平成仮面ライダーシリーズの第19作目。全体的に物理学のモチーフが綴られた話になっている。ストーリーは記憶を失った天才物理学者・桐生戦兎と、無実を証明する為に脱獄した脱走犯・万丈龍我のバディによる謎解きと、北都・東都・西都の戦争などミリタリー要素が多く、シリアス要素が強い作品となっている。

Read Article

仮面ライダー(初代)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダー(初代)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダー』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ。45年以上の長きにわたって、日本の等身大ヒーローの代表格であり続けるシリーズの1作目となる番組である。ショッカーによる改造手術を受けて、自らが望まぬ圧倒的な力を得てしまった本郷猛と一文字隼人は、仲間の力を借りつつ、仮面ライダーとして明日も知れぬ戦いに身を投じていく。「人類の自由と平和」のために。

Read Article

仮面ライダー電王(Den-O)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダー電王(Den-O)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダー電王(Den-O)』とは、石ノ森章太郎原作の東映製作特撮テレビドラマシリーズの一つで「電車」がモチーフである仮面ライダーである。2007年1月28日~2008年1月20日までテレビ朝日系列で放送された。平成仮面ライダーの8作品目で、未来の人間の精神体である「イマジン」と呼ばれる怪人が過去の世界を支配して自分たちの良いように歴史を変えようとするが、仮面ライダー電王が「時の列車デンライナー」で現在と過去を行き来して悪のイマジンから現在の世界を守るために戦う時間SFストーリーである。

Read Article

仮面ライダージオウ(Zi-O)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダージオウ(Zi-O)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダージオウは、平成仮面ライダーシリーズ最後の作品である。2018年9月2日から2019年8月25日、毎週日曜日朝9時から9時30分のニチアサとして、テレビ朝日系列で放送された特撮作品だ。制作は東映、全49話放送。過去の平成仮面ライダーシリーズにおいて、仮面ライダーの変身者やヒロインなどのメインキャストがゲスト出演し、大きな話題となった。高校生である常磐ソウゴは仮面ライダージオウに変身し、未来を切り開く。

Read Article

仮面ライダーゴースト(Ghost)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダーゴースト(Ghost)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーゴースト』とは、生と死をテーマにした仮面ライダーシリーズの第17作目である。2015年10月4日から2016年9月25日まで放送された。 主人公のタケルは、眼魔と呼ばれる怪物に襲われて命を失う。その後、死後の世界にて仙人と出会ったタケルは、仙人の力によって幽霊として現世に復活した。タケルは15個揃うと願いが叶う眼魂を集め、生き返るために仮面ライダーゴーストとして戦う事となる。 命の尊さに向き合うタケルの姿や格好いい戦闘シーンなどから、子供たちを中心として人気を得た作品だ。

Read Article

仮面ライダーX(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダーX(エックス)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーX(エックス)』とは、特撮テレビシリーズ「仮面ライダー」、「仮面ライダーV3」に続くシリーズ第3弾のタイトルであり、同時に主人公の名前でもある。秘密組織「GOD]が送り出す怪人たちと戦いながら、人々を守る仮面ライダーXの活躍を描くヒーロー物である。スマートなビジュアル、変化に富んだストーリー作り、シリーズ初のアンチヒーローや巨大ロボットが登場することなど、挑戦的な試みにあふれた意欲作である。1974年に、全35話が放映された。

Read Article

NEW
仮面ライダーガッチャード(GOTCHARD)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダーガッチャード(GOTCHARD)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーガッチャード』とは、錬金術をモチーフとするヒーローの活躍を描く、令和仮面ライダーシリーズの第5作目にあたる特撮番組。複数の仮面ライダーが登場するのが当たり前だった令和仮面ライダーシリーズの中にあって、「仮面ライダーは主人公が変身する1人だけ」という原点回帰的な工夫で話題となった。 錬金術により生み出された、101体の人口生命体ケミーが解放された。その現場に居合わせた高校生の一ノ瀬宝太郎は、成り行きからガッチャードライバーを与えられ、ケミーの回収を任されることとなる。

Read Article

シン・仮面ライダー(庵野秀明)のネタバレ解説・考察まとめ

シン・仮面ライダー(庵野秀明)のネタバレ解説・考察まとめ

『シン・仮面ライダー』(シンかめんライダー)とは、改造手術でバッタと融合させられた青年と、それを成した秘密結社ショッカーとの戦いを描いた、2023年の映画作品。日本を代表するクリエイターである庵野秀明が監督を務める、国民的特撮ヒーロー『仮面ライダー』の生誕50周年記念作品である。 バッタとの融合人間に改造された本郷猛は、恩師の娘である緑川ルリ子に巻き込まれる形で秘密結社ショッカーと戦うこととなる。当初成り行きで戦っていた彼は、やがて正義の意志に目覚め、ショッカーの暴威に立ち向かっていく。

Read Article

仮面ライダー1号(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダー1号(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダー1号』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ『仮面ライダー』を原典とした映画。45年の時を経て、再び藤岡弘、が本郷猛として、仇敵の地獄大使が率いるショッカーと、そして新たな敵ノバショッカーと戦う。「偉人の魂」を駆使して戦う若きライダー、仮面ライダーゴーストは共闘の後に言う。「本郷猛は永遠の英雄」と。

Read Article

仮面ライダーオーズ/OOOのネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダーオーズ/OOOのネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーオーズ/OOO』とは、石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ作品で、2010年9月5日から2012年8月28日まで全48話がテレビ放送された。平成仮面ライダーシリーズ第12作目。800年前に封印されたコアメダルの怪物、グリードが蘇った。火野映司(ひのえいじ)はオーズドライバーと3つのコアメダルを渡され仮面ライダーオーズに変身する。戦いの中で新たなコアメダルを獲得し、3つのメダルを差し替えて多彩なフォームチェンジができるなど大人にも子供にも人気の作品である。

Read Article

仮面ライダーフォーゼ(Fourze)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダーフォーゼ(Fourze)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーフォーゼ(Fourze)』とは、石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ作品で2011年9月4日から2012年8月26日まで全48話放送された。平成仮面ライダーシリーズ第13作目にして、仮面ライダー生誕40周年記念作品である。天ノ川学園高校に転校してきた如月弦太朗(きさらぎげんたろう)は、学校を荒らす怪人「ゾディアーツ」から生徒を守るために「仮面ライダーフォーゼ」に変身し、宇宙のパワーで戦う、近未来を舞台に繰り広げられる青春学園物語である。

Read Article

仮面ライダー鎧武(ガイム)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダー鎧武(ガイム)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダー鎧武(かめんライダーがいむ)とは、異界の森の侵略に立ち向かうヒーローたちの活躍を描いた、平成『仮面ライダー』第15作目の特撮番組。作中で主人公が変身するヒーローの名称でもある。 アルバイトで家計を助ける少年葛葉紘汰は、ある時不思議な森に迷い込み、そこで装着者を超人へと変身させる謎のベルトを手に入れる。同じタイミングで街の若者たちが同様のベルトを入手し、己の野望を叶えるためにこれを悪用。紘汰は時に彼らと戦い、時に協力しながら、不思議な森が招く世界の危機に立ち向かっていく。

Read Article

仮面ライダーキバ(Kiva)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダーキバ(Kiva)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーキバ』は2008年から2009年にかけて、テレビ朝日系列で毎週日曜8時から8時30分に放送された特撮番組。人間を食らう敵ファンガイアと、人間を守る謎の戦士仮面ライダーキバによる戦いを描いた。ファンガイアのモチーフに吸血鬼を取り入れるなど西洋ホラーの要素を入れつつ、異種族間の恋愛や三角関係など複雑な人間ドラマも組み込んだ作品である。

Read Article

仮面ライダーアマゾン(Amazon)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダーアマゾン(Amazon)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーアマゾン』とは、石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ『仮面ライダー』シリーズ第4弾のタイトルであり、同時に主役が変身するヒーローの名前である。通称、アマゾンライダーともよばれている。物語は、世界征服をたくらむ悪の組織ゲドンやガランダー帝国の放つ獣人(じゅうじん)と戦うアマゾンライダーの活躍を描いている。1974年10月から1975年3月までの間で、全24話が放映された。仮面ライダーシリーズの原点回帰を目指した作品と言われている。

Read Article

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(Zi-O)のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(Zi-O)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(Zi-O)』とは、2019年に公開された特撮ヒーロー映画である。特撮テレビドラマ『仮面ライダージオウ』の単独映画作品。興行収入11.7億円、観客動員数78.0万人を記録した。ソウゴは仮面ライダージオウとして平成ライダーの力であるライドウォッチを集めていた。全てのライドウォッチを集めた時、平成をやり直そうとする集団クォーツァーが現れた。平成に築いた人々の暮らしを守るため、ソウゴと仲間達がクォーツァーに立ち向かう。

Read Article

平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER(平ジェネFOREVER)のネタバレ解説・考察まとめ

平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER(平ジェネFOREVER)のネタバレ解説・考察まとめ

『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』とは、2018年に東映系で公開された平成最後の仮面ライダーコラボ映画である。『仮面ライダージオウ』と『仮面ライダービルド』のクロスオーバー作品となっている。仮面ライダージオウまでの歴代の平成ライダーが集結するファンも多い。常盤ソウゴと桐生戦兎の仲間の記憶がなくなっていく事件が発生していた。二人の前に現れたティードという男と彼に狙われる少年・久永シンゴを追いながら真実を解明していく特撮ヒーロードラマである。

Read Article

仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ(Zi-O)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ(Zi-O)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ(Zi-O)』とは2020年に劇場上映、BD/DVDが発売された特撮ヒーローオリジナルビデオ作品である。『仮面ライダージオウ』のテレビシリーズの後日談で、主人公は仮面ライダーゲイツに変身する明光院景都。普通の高校生・明光院景都は謎のロボットに襲われ、戦いに巻き込まれてゆく。”守るために戦う”ことを決めた景都は仮面ライダーゲイツに変身した。景都が”救世主”を目指すきっかけとなった物語が描かれる。

Read Article

仮面ライダーBLACK(ブラック)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダーBLACK(ブラック)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダースーパー1』終了から6年振りのテレビシリーズのコンセプトは「原点回帰」。 「仮面ライダー0号」と位置付け、主要スタッフの大幅な刷新を行い、これまでとは全く違ったスタイルの仮面ライダー像を得た。漆黒のボディの自由の戦士は、30年を経た今もなお、我々を魅了する。 人間文明破壊をたくらむ暗黒結社ゴルゴムに対し、南光太郎が仮面ライダーBLACKへと変身し、その身と青春をかけ戦う。

Read Article

Mother(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

Mother(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Mother』とは、2010年4月から水曜22時に日本テレビ系で放送されていたドラマで、坂元裕二が脚本を手掛ける。主演は松雪泰子。その他、山本耕史や芦田愛菜などが出演している。母性をテーマに、様々な視点から母親について描かれている作品である。小学校教諭の鈴原奈緒は、ある日教え子の道木怜南が極寒の中でゴミ袋に入れられ、捨てられているのを発見する。それをきっかけに、奈緒は怜南の母親になることを決意し、彼女を誘拐した。そして奈緒は怜南の母親になることで、女性として人間として成長していくのだった。

Read Article

仮面ライダーディケイド(Decade)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダーディケイド(Decade)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーディケイド』は『平成仮面ライダーシリーズ』10作目の作品にして異色作と呼ばれる。門矢士/仮面ライダーディケイドは「世界の破壊者」と作中で呼ばれ、数々の並行世界を駆け抜けていく。その先にあるのは救済なのか、破滅なのか。それまでの平成ライダー世界を再構成(リ・イマジネーション)する作風は賛否両論を浴びつつも、多くの派生作品でも重要な役割を果たす、欠くことのできない存在である。

Read Article

サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER(平ゼロ)のネタバレ解説・考察まとめ

サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER(平ゼロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』(通称平ゼロ)とは『仮面ライダー』と並ぶ石ノ森章太郎の代表作『サイボーグ009』の3作目のTVアニメ。サイボーグに改造されてしまった009こと島村ジョーがそれぞれ違った特殊能力を持つ仲間と共に世界中で暗躍する「黒い幽霊団(ブラックゴースト)」と戦う。2001年10月から2002年10月まで全51話が放送された。

Read Article

今夜、ロマンス劇場で(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

今夜、ロマンス劇場で(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『今夜、ロマンス劇場で』とは2018年に公開された、主演綾瀬はるかと坂口健太郎によるラブストーリー映画である。映画監督を目指す健司が通い詰めていた「ロマンス劇場」で、モノクロ映画に出演している映画のヒロインである美雪に出会う。ある日、美雪が現実世界に現れ、健司は美雪に色のある現実世界を案内していくうちに、健司と美雪は惹かれ合っていく。しかし、美雪にはある秘密があった。切なくもあり、昭和中期を舞台とした切なくもあり温かい気持ちになるラブストーリー映画となっている。

Read Article

仮面ライダーW(ダブル)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダーW(ダブル)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーW』とは、2009年9月6日から2010年8月29日にかけて全49話が放送された特撮テレビドラマ作品であり、『平成ライダーシリーズ』の第11作品目。 探偵を営む左翔太郎の前に土地の権利者と名乗る鳴海亜希子という女性が現れ、翔太郎に事務所の立ち退きを求める。2人の言い争いの最中、女性から彼氏を探してほしいと依頼がくる。依頼の調査中、謎の怪人ドーパントが出現。探偵事務所には秘密の部屋があり、謎の少年フィリップがいた。左翔太郎とフィリップは2人で1人の仮面ライダーWであった。

Read Article

シン・ウルトラマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

シン・ウルトラマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シン・ウルトラマン』とは、脚本・庵野秀明、監督・樋口真嗣による、人類のために戦う異星人ウルトラマンと、その周囲の人々の活躍を描いた映画作品。日本を代表するクリエイターによる伝説的な特撮作品のリブートということで、公開前から大きな話題となった。 突如日本に出現し始めた巨大生物、禍威獣。その脅威に対抗するため結成された禍特隊の前に、銀色の巨人が現れる。ウルトラマンと名付けられたその巨人は禍威獣から人々を守るように振る舞い、禍特隊がその謎を追う一方、地球にはかつてない危機が迫っていた。

Read Article

ゴジラVSキングギドラ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴジラVSキングギドラ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

キャッチコピーは「お前だけには絶対負けない!」、「世紀末、最大の戦いが始まった。」、「12・14決戦!」。 「ゴジラvsキングギドラ」は、1991年12月14日に公開されたゴジラシリーズ第18作目で、東宝創立60周年記念作品。 ゴジラのライバルである人気怪獣キングギドラが再登場し、ゴジラとの戦いを描いた怪獣映画。

Read Article

009ノ1(石ノ森章太郎)のネタバレ解説・考察まとめ

009ノ1(石ノ森章太郎)のネタバレ解説・考察まとめ

『009ノ1』(ゼロゼロナイン・ワン、ゼロゼロクノイチ)とは、1967年8月より1974年11月まで週刊漫画アクションで連載された石ノ森章太郎のSFスパイ・アクション作品。原作は漫画で、それを元にした映像作品が制作されている。サイボーグの女性を主人公として、当時の国際情勢のまま東西冷戦が続いていたと仮定している未来が舞台となっている。石ノ森章太郎が初めて青年向け漫画雑誌に掲載した作品で、性描写や救いのないストーリーがふんだんに盛り込まれた大人向けの作風が特徴である。

Read Article

仮面ライダーV3(ブイスリー)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダーV3(ブイスリー)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーV3』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ。『仮面ライダーシリーズ』の人気を定着させた作品である。ショッカー・ゲルショッカーの後継組織であるデストロンの魔の手から人々の自由と平和を守るために、風見志郎/仮面ライダーV3が悪の怪人と闘い続ける。登場人物は前作『仮面ライダー』から一部引き継がれ、前作と同様、もしくはそれ以上の人気を獲得する作品となった。

Read Article

仮面ライダーZX(ゼクロス)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダーZX(ゼクロス)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーZX』は、10番目の仮面ライダーの名称と、それに関連する企画を総称したもの。「バダン」の野望を止めるべく、仮面ライダーZXは戦う。1982年~1984年にかけて、雑誌でのグラビア連載や、『10号誕生!仮面ライダー全員集合!!』で登場した。仮面ライダーの中ではやや影が薄かったものの、漫画『仮面ライダーSPIRITS』で主人公として選ばれたことで知名度や人気が向上することとなった。

Read Article

映画刀剣乱舞(継承)のネタバレ解説・考察まとめ

映画刀剣乱舞(継承)のネタバレ解説・考察まとめ

『映画刀剣乱舞(継承)』とは日本刀ブームを巻き起こした大人気刀剣育成ゲーム『刀剣乱舞ONLINE』を原作に、監督に耶雲哉治、脚本に小林靖子を迎えた作品。歴代名刀を擬人化させた「刀剣男士」と歴史改変を目論む「時間遡行軍」との熱い殺陣が楽しめる。舞台は本能寺、織田信長を守り歴史を変えようとする時間遡行軍を無事撃破した刀剣男子。しかし、歴史通りと思われた矢先、彼らは信長の生存を知る。キャストは若手舞台俳優を、主題歌には西川貴教と布袋寅泰がタッグを組んだ豪華な布陣となっている。

Read Article

人造人間キカイダー(Kikaida、Kikaider)のネタバレ解説・考察まとめ

人造人間キカイダー(Kikaida、Kikaider)のネタバレ解説・考察まとめ

『人造人間キカイダー』は石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ。キカイダー/ジローは不完全な人造人間として創られたことに悩みつつも、生みの親である光明寺博士を探しだし、ミツコとマサルの兄弟を守るために、ダーク破壊部隊のロボットと戦う。生前、石ノ森章太郎はこの作品に対して『仮面ライダー』よりも思い入れがあると話していた。

Read Article

HERO(2015)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(2015)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2015年7月18日に公開された日本の映画作品。2001年に第1期、2014年に第2期としてフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の劇場版2作目。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2015年の日本映画興行収入第3位 (実写映画では第1位) を記録 (46.7億円)。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が不審な交通事故を通して大使館の疑惑に関わることになる。

Read Article

極主夫道(漫画・ドラマ・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

極主夫道(漫画・ドラマ・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『極主夫道』(ごくしゅふどう)とは、おおのこうすけによる日本の漫画。実写ドラマ化とアニメ化もされている。「不死身の龍」と呼ばれた元・最凶ヤクザの、主夫業の日常を描いたハートウォーミングコメディ。強面のヤクザが全力で主夫業に邁進するギャップ、および高い画力とシュールな展開が特徴。大筋は主人公の龍がその強面から繰り出す熟練の家事スキルギャップが軸になるが、登場人物たち半数近くがその筋の関係者で彼らも彼らでどこかしらズレており、そのズレの連鎖から笑いの渦を生んでくるパターンも多い。

Read Article

仮面ライダーリバイス(Revice)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダーリバイス(Revice)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーリバイス』とは、テレビ朝日系列で放映されていた、東映制作の特撮テレビドラマ、および作中に登場するヒーローの名称である。全50話が放映された。仮面ライダー生誕50周年記念作品であり、令和の仮面ライダーシリーズ第3弾となる。悪魔と契約して変身する一人二役での仮面ライダーが主役である。敵味方共に多くの悪魔が現れて、激しい戦いが繰り広げられていく一方で、家族のつながりも強調されている。過去の因縁など物語は複雑だが、最初から最後まで見ることで理解が深まる作品である。

Read Article

大奥(2023年のドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

大奥(2023年のドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『大奥』とはNHK総合の「ドラマ10」枠で放送された、よしながふみ原作のテレビドラマで、男女逆転した大奥を描く物語である。2023年1月10日から3月14日まで放送。2023年3月度のギャラクシー賞月間賞を受賞している。原作はよしながふみによる漫画『大奥』で、2004年から2021年まで白泉社『Melody』にて連載されていた。舞台は謎の疫病により男の数が激減した江戸時代の日本。世の権力が男から女へと移っていく様、女将軍と支える大奥の男たちの物語を描いている。

Read Article

目次 - Contents