未成年(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『未成年』とは、1995年10月からTBSで放送された青春ドラマである。脚本は野島伸司。主演はいしだ壱成で、香取慎吾や反町隆史などが出演する。高校3年生の戸川博人は、コンサート警備のアルバイト中に大学2年生の新村萌香に出会い、魅力を感じる。その後、路上で同級生の田辺順平と共に不良に絡まれた博人は、高校3年生の神谷勤をカツアゲしていたチンピラの坂詰五郎に助けられる。この出会いをきっかけに、博人を中心とした若者たちの青春群像劇が始まる。本作は平均視聴率が20%で、最高視聴率は23.2%を記録した。

『未成年』の概要

『未成年』とは、1995年10月13日から12月22日まで、TBS系列金曜ドラマ枠の22時から放送されていた青春ドラマである。脚本は『高校教師』や『ひとつ屋根の下』などを手掛ける野島伸司が担当した。主演はいしだ壱成で、香取慎吾や反町隆史などが出演している。同世代の若者5人を中心として、様々な青春の苦悩や葛藤を描いた作品である。本作は平均視聴率20%で、最高視聴率は23.2%を記録し、人気を博した。第7回ザテレビジョンドラマアカデミー賞では、最優秀作品賞を受賞した他、主演男優賞や脚本賞など様々な賞を受賞している。

東京開叡高校に通う高校3年生の戸川博人(とがわひろと)は、コンサート警備のアルバイト中に大学2年生の新村萌香(にいむらもか)と出会い、彼女の不思議な魅力に惹かれる。それから博人はゲームセンターで一緒に遊んだ知的障害者の室岡仁(むろおかじん)に懐かれ、彼と共に夜の街を歩く。しかしその途中、クラスメイトの田辺順平(たなべじゅんぺい)が不良に絡まれている場面に遭遇する。博人が彼を助けようとしたところ、有名進学校に通う神谷勤(かみやつとむ)をカツアゲしていたチンピラの坂詰五郎(さかづめごろう)が不良たちをボコボコにしてしまった。実は五郎は博人の中学時代の同級生だった。これをきっかけに、博人や若者たちの青春群像劇が始まるのだった。

『未成年』のあらすじ・ストーリー

5人の少年たちの出会い

東京開叡高校に通う高校3年生の戸川博人(とがわひろと)は、コンサート警備のアルバイト中に大学2年生の新村萌香(にいむらもか)と出会い、彼女の不思議な魅力に惹かれる。それから博人はゲームセンターで一緒に遊んだ知的障害者の室岡仁(むろおかじん)に懐かれ、彼と共に夜の街を歩く。しかしその途中、クラスメイトの田辺順平(たなべじゅんぺい)が不良に絡まれている場面に遭遇する。博人が彼を助けようとしたところ、有名進学校に通う神谷勤(かみやつとむ)をカツアゲしていたチンピラの坂詰五郎(さかづめごろう)が不良たちをボコボコにしてしまった。実は五郎は、博人の中学時代の同級生だった。

翌日、博人は兄の戸川辰巳(とがわたつみ)から、恋人として萌香を紹介されて驚く。そして彼女も含めた食事の席で、父から出来の良い辰巳と比較されて小言を言われた博人は、つい悪態をついて反抗的な態度を取ってしまう。次の日、学校に行く気がしなかった博人はすっかり懐いて付きまとうようになった仁と共に学校をサボり、彼のことをでくの坊に因んでデクと呼び始める。その後、博人は萌香に会いに行き、好意があることを伝える。萌香には受け流されたものの、博人は自分にもまだ脈はあると思い込んでいた。

萌香の病気が発覚

辰巳は博人が大学に行けるのかと心配になり、萌香を家庭教師としてつける。博人は彼女に会える口実ができたと喜ぶ。そんな時、博人とデクはバレエ教室の生徒たちに、覗きをしていた変態と間違われてしまう。実は覗きをしていた真犯人は、有名進学校に通う勤だった。彼はバレエ教室に通う田畑瞳(たばたひとみ)に好意を持ち、木陰でこっそり彼女の絵を描いていたのだ。それを知った博人は瞳と勤の橋渡し役をするため、デクや五郎、順平と共に彼女の部屋へと忍び込んで強引にデートの約束を取り付ける。どうせ瞳は来ないだろうと諦めていた勤だが、彼女はデートの待ち合わせ場所に現れ、2人は付き合うこととなった。この出来事をきっかけに、博人や勤たち5人は仲良くなった。

その後、五郎が所属する暴力団が、地上げをして放置していた雑居ビルの一室を、博人たち5人の隠れ家にする。そして、その場所へデリバリーヘルスを呼び五郎が相手しているところを、博人と順平とデクがロッカーに隠れて観察することになった。ところがそこへやってきたデリヘル嬢は、博人たちと同じクラスの安西加代子(あんざいかよこ)だった。驚いてロッカーから飛び出す博人と順平を見て、加代子は逃げていく。しかし後日、順平や博人が加代子を説得したおかげで、加代子はデリヘルを辞めることを決意する。そして加代子は博人に好意を持っていることを伝え、「抱いて」と要求する。博人は萌香が自分の思い通りにならないイラ立ちがこみ上げ、加代子を強く抱いた。しかしその直後、順平が加代子を好きだと知った博人は彼との友情を取り、彼女と距離を置くのだった。

野球部の順平は補欠選手だったが、甲子園の地区予選でチームが決勝戦に進み、終盤に急遽守備を任される。しかし順平がエラーしてしまったせいでチームが負け、甲子園出場を逃してしまった。それをきっかけに、順平はチームメイトからいじめを受ける。その頃、進路のことで不安になった博人は萌香に八つ当たりをしてしまい落ち込んでいた。そんな2人を見かねた五郎の提案で、順平を励ますためにみんなで海を訪れることになった。その際に博人たちは、順平の体にアザがあることに気づき彼がいじめを受けたことを知る。順平は「エラーした自分のせいだから仕方ない」と言いながらも、毎日休まず練習したにもかかわらずエラーしてしまったことを悔やみ、涙を流す。そんな彼を仲間たちが励ました。しかし順平がいじめられたことが許せなかった五郎は、後日学校に出向いて、いじめの主犯に暴行を加え腕を骨折させてしまう。それにより五郎は警察に連行され、博人と順平は校長に事情を聞かれる。だが五郎と関係者と思われると退学になる可能性があるため、博人たちは「知り合いじゃない」と嘘をついた。博人は五郎を裏切ったことを激しく後悔し、萌香の前で泣き崩れる。そんな彼を、萌香が慰めた。

その後、博人は考古学を学ぶために白鳳大学に行くことを決意する。その直後に、辰巳から萌香と結婚することを聞かされてショックを受ける博人だが、素直に「おめでとう」と伝えた。そして博人は萌香を誘い、デクも含めて3人で遊園地に行く。そこで博人は萌香の結婚を祝福するが、彼女はアトラクションに乗っている最中に突然意識を失い、救急車で病院へと運ばれた。その病院で博人は医師から、萌香が先天性の心臓病を抱えており、病気の影響で性行為ができず子供が産めない体であることを聞かされる。博人は衝撃的な事実にショックを受けた。

一方、順平はひょんなことから加代子が博人を好きなことや2人が性行為したことを知る。自分が加代子を好きなことを知りながら、彼女と関係を持った博人を許せなかった順平は、五郎の彼女であるアリサにそのことを告げ口する。アリサから事情を聞いた五郎は、出所祝いで順平たちと共に集まった博人を、「たかが女のことでダチを裏切るやつは絶対許せねぇ」と殴り飛ばす。しかし順平は「俺が勝手に片思いしてただけで博人は悪くない」と庇い、嫉妬して告げ口したことを博人に謝罪する。それでも怒りが収まらない五郎に対し、順平は「お前なんかダチじゃない」と彼を罵った。傷ついた五郎は無言でその場を去っていき、所属する暴力団の兄貴分とつるみ始める。

そんな中、デクは小学生の集団からいじめに遭い、その場面に遭遇した博人と萌香は彼を救った。怯えて泣き出すデクを萌香が抱きしめ、慰める。そして萌香は博人に、「辰巳に1度だけ抱かれたいから、病気のことを彼に黙っていてほしい」と懇願する。萌香の体を心配する博人だが、彼女に死も覚悟していることを告げられ、何も言えなくなった。その後、萌香は辰巳に、勇気を出して胸の手術痕を見せて病気であることを明かす。しかし辰巳は萌香を拒絶し、婚約を解消してしまった。そのことを知った博人は辰巳に激怒する。そして萌香のことを思い、涙を流した。

その頃、慕っていた兄貴分に裏切られた五郎はショックを受け、暴力団から足を洗うことに決めて拳銃をデクに譲る。アリサから連絡を受けた博人と勤は、五郎の元へと駆けつけた。打ちひしがれていた五郎だが、彼らの登場で元気を取り戻す。さらに勤は瞳と結婚することを明かす。瞳は、勤と交際する前に家庭教師の男との子供を妊娠していた。それでも瞳は子供を産むことに決め、勤は彼女を支えていくことを決意したのだ。そんな勤に触発され、五郎はアリサにプロポーズする。そして博人も後からやって来た萌香に「愛してる」と告白し、彼女は「ありがとう」と答えた。

逃亡する博人たち

博人が萌香に告白してから数日後、博人が萌香の家に電話すると、彼女の兄である新村武郎(にいむらたけろう)から「もう萌香に関わらないでほしい」と告げられる。そこで博人が萌香の主治医である見城雅宏(けんじょうまさひろ)の元へ行くと、彼女が見城の自宅にいることが判明する。そして見城は「好きな人に拒絶された彼女は、もう誰も愛さないだろう」と語る。見城も数年前に妻を事故で亡くしてから、他人を愛することができなくなったが、母親がいない娘のために萌香と疑似夫婦として結婚することを決めたようだ。萌香は電話で「それで幸せなのか」と疑問を呈する博人に対し、「母親になれて幸せ」と語り、彼に別れを告げるのだった。

一方、五郎は新しい職場で真面目に働き始める。だが、そんな矢先に暴力団の刺客が送られ五郎は殺されそうになる。しかし、アリサが五郎を庇って刃物で刺され死んでしまった。五郎は給料を前借りして買ったウェディングドレスをアリサに着せ、泣きながら彼女を看取った。

そんな折、交友関係に問題のある生徒を推薦できないという教師の判断で、博人は大学の推薦を取り消されてしまう。その結果、白鳳大学の試験に落ちてしまい、博人は落ち込む。

一方、デクの実家の工場が銀行から借金返済を迫られ、倒産寸前に追い込まれる。借金に苦しむ両親に心を痛めたデクは、銀行に出向いて窓口で「お金」と要求する。そんな彼を警備員が連れて行こうとすると、彼のリュックから五郎にもらった拳銃が落ちてしまった。強盗に間違えられ暴れ出すデクを、一緒にいた博人と順平が抑えようとする。しかしデクは、工場に取り立てに来ていた銀行員に銃を向けており、警備員と揉み合いになった末、発砲してしまった。銃弾は銀行員に直撃し、博人と順平はデクを連れて慌てて逃げ出す。警察に追われることとなった彼らは隠れ家に逃げ込み、五郎や勤も合流する。五郎たちは警察に自首するべきだと言うが、博人はデクが逮捕されると病院に入れられて出て来れなくなる可能性があるため、一緒に逃げると言い出す。それを聞いた五郎は彼らと一緒に逃げることを決め、勤も結婚に反対して瞳の子供を殺そうとまでした母親に絶望したことから、瞳を連れて逃亡を決意する。逃亡を決行する数時間前、夜の学校に忍び込み調査書を確認した博人は、大学の推薦を取り消したのが親身になってくれていた担任教師だったことを知ってしまう。これに絶望した博人は萌香に電話で「もう誰も信じられない」と吐露し、学校の窓ガラスを割って暴れていた。博人に必要とされていると感じた萌香は彼のそばにいることを決意し、博人たちと一緒に夜中に貨物列車に乗り込んだ。

博人の叫び

デクが正当な裁判を受けられるよう屋上から世の中に訴えるシーン

逃亡中、山奥の廃校に潜伏することにした一同は、楽しく伸び伸びと生活を送る。そんな中、予定より早く瞳の陣痛がきてしまった。そのため萌香が大学の友人である千野沙織(ちのさおり)に頼んで、医療道具などを持って来てもらう。そして萌香は点滴を瞳に施すが陣痛は収まらず、危険な状態であることから、彼女を病院に連れていくことを勧める。そんな矢先、なぜか勤の社会に対する不満が爆発し錯乱状態となり、博人らに拳銃を突きつけた。そして「瞳はここで出産する」や「戦う準備をするまで見つかるわけにはいかない」、「ゆがんだ社会を作った国家と戦う」などと言い出す。五郎は隙を見て彼から銃を奪おうとするが、足を撃たれてしまう。そんな中、マスコミ志望でテレビ局のバイト中である沙織は、テレビ局の内定をもらうために密かに録音テープを回す。その後、潜伏先を離れた沙織がテレビ局に戻り、録音されたテープの内容がテレビで放送されることとなる。

同じ頃、博人は五郎と協力して勤から銃を取り上げ、彼を縛り上げる。萌香は瞳を病院に連れて行こうとするが、瞳は勤の側にいることを選び、ここで産もうと決意する。さらに、沙織が自分たちの音声を録音しテレビで流したことを知った博人たちは憤る。しかし沙織はプロデューサーの梅原幹雄(うめはらみきお)に命じられ、何食わぬ顔で再び潜伏先の廃校へと戻って来る。博人たちは怒って沙織を縛り、彼女の携帯から梅原に電話をかけ、梅原はその電話をテレビで放送する。そして博人は「罰を受けるのは自分で良いから、デクを病院に入れるのはやめてほしい」と要求する。さらに彼は仲間たちのことを思いながら、「俺たちを誰かと比べたり、価値観を押し付けるのはやめてほしい」などと語った。それから瞳は廃校内で無事に出産する。勤は生まれたばかりの赤ん坊を抱いて号泣し、落ち着きを取り戻した。

次の日、博人は父から電話で「辰巳と比べて悪かった」と謝罪を受け、「自首してほしい」と説得される。さらに父から、身障者の協会やボランティアがデクを支援してくれると聞いた博人は安心し、明日デクと一緒に自首することを考える。ところが、博人から潜伏先を聞きだした父は、警察に彼らの居場所を伝えてしまった。翌日博人が目を覚ますと、廃校は機動隊に包囲されていた。そして梅原から電話で、デクについての要求を受け入れられないと告げられた博人は人質の沙織を撃ったように見せかけて銃を発砲し、警察に自分の要求をのむよう命じた。

これにより機動隊が博人たちを警戒して動けなくなる一方で、博人たちはクリスマスパーティーを行い、楽しい夜を過ごす。しかし一同が寝静まった頃、博人は「自分がみんなを巻き込んだせいでとんでもないことになった」と実感し、恐怖に震える。そんな彼の元に萌香がやってきて、「世界中が敵になっても私が守ってあげる」と優しい言葉をかける。そして萌香は「ヒロ愛してるわ」と伝え、博人も「初めからずっとあなたを愛してる」と返し、泣きながら彼女を抱きしめた。それから2人はキスを交わし、体を重ねた。

翌朝、デクはみんなが寝ている間に1人で機動隊の前に出ていき、自首しようとする。それに気づいた五郎は慌てて外に飛び出し、デクを守ろうと機動隊に銃で立ち向かっていくが、警官に撃たれてしまった。これをきっかけにデクや博人、勤が機動隊に取り押さえられ、人質と思われていた萌香と瞳と沙織は保護される。ところが彼らが警察車両で護送される最中に、車が運転操作を誤って脇道の斜面に落下してしまう。そして勤に「五郎の敵を取れ」と促された博人は、壊れた車から1人で逃げ出す。萌香に電話を掛けた博人は隠れ家で彼女と落ち合い、沙織の家にかくまってもらう。そんな中で加代子の伝達により、デクが警察病院の精神病棟に入れられていることを知った博人は、彼を助け出すためにそこへ向かおうとする。しかしそこへ萌香の兄で刑事でもある武郎が現れる。実は加代子は武郎と繋がっており、彼に博人の居場所を教えていた。逃げようとする博人に銃を突きつける武郎だが、萌香が立ちふさがり、博人を逃がした。そして警察病院に向かい、非常ボタンを鳴らし、騒ぎに乗じてデクを逃がそうとする博人だが、デクはそれを拒否する。「お前が一生こんなところにいるなんて嫌だ」と泣き出す博人だが、デクは彼の頭を撫でて笑顔で「ダチ」と伝えた。博人はデクに「いつか必ずここから出してやる」と約束し、彼の元を去っていった。

しかしその後、萌香の体調が悪化し、彼女が亡くなってしまう。実は萌香は薬が切れていたが、博人のそばを離れたくなかったため、無理をしていた。博人は加代子からそのことを聞き、号泣した。翌朝、博人は開叡高校の屋上を訪れる。そして博人は生徒たちの前で他人と比べてしまう世の中への不満や、デクや萌香への思いなどを語り、「頭の出来や体の出来で図ろうとする社会を拒絶しろ」と訴えた。そんな彼の演説に生徒たちは歓声を上げる。博人は警官たちに取り押さえられながら、「デクを病院から出してやってくれ。あいつは俺たちと同じように普通の裁判を受けたいんだ」と叫んだ。

その後、瞳や加代子はデクに裁判を受けさせるために署名活動を始める。そして博人の思いが通じて、デクは裁判を受けられることとなった。さらに五郎もペンダントが銃弾を防いでくれたおかげで、一命をとりとめて体が回復した。それから博人とデクと五郎と順平と勤は裁判所で再会し、喜びを分かち合う。そして5人は裁判中に並んで笑顔でお尻を出し、その様子を幽霊の萌香がカメラに収めるのだった。

『未成年』の登場人物・キャラクター

主要人物

戸川博人(とがわひろと/演:いしだ壱成)

本作の主人公で、東京開叡高校に通う3年生である。長年父から出来の良い兄の戸川辰巳(とがわたつみ)と比べられてきたことから、辰巳にコンプレックスを抱いており、世の中を冷めた目で見ている。友達思いで喜怒哀楽がハッキリしており、感情のまま行動するときがある。デクこと室岡仁(むろおかじん)が強盗傷害事件を起こした際は、彼を連れて仲間と共に逃亡を図り、廃校に潜伏した。1度捕まった警察から再び逃げ出した後も何とかデクを救おうと抗い続けた結果、彼に裁判を受けさせ、精神病棟から出すことに成功した。コンサート警備のバイトをしていた時に新村萌香(にいむらもか)と出会い、初対面で彼女に惹かれる。萌香が辰巳と交際していることを知っても、一途に思い続けていた。最終的に思いが届いて逃亡中に萌香と結ばれることになるが、萌香は体調が悪化し帰らぬ人となってしまった。

室岡仁(むろおかじん/演:香取慎吾)

幼い頃に頭に傷を負った知的障害者。「でくの坊」という言葉から博人がデクと名付けた。動物好きで明るく無邪気な心優しい青年である。年齢は18歳だが、学校は行っておらず、小学生レベルの知能である。言葉は単語しか喋れないが、人の気持ちを理解することはできる。博人とはゲームセンターで出会い、一緒にゲームで遊んだことから彼に懐いて、どこにでもついていくようになった。小学生の子供たちに遊びで爆竹を取り付けられていた小亀を助けたところ、子供たちからいじめを受けるようになるが、萌香と博人に救われる。借金に苦しむ両親を助けるために銀行に向かったが、強盗傷害事件を起こしてしまい、博人たちと共に逃げて廃校に潜伏する。しかし仲間を守るため自分だけが罪を被ろうと機動隊の前に出ていき、捕まった後は精神病棟に入ることになった。それでも博人たちのおかげで、精神病棟を出て彼らと共に裁判を受けられることとなった。

坂詰五郎(さかづめごろう/演:反町隆史)

博人と中学時代の同級生で、暴力団の構成員である。曲がったことや嘘が大嫌いで、怒り出すとすぐに手が出るが、義理人情に厚く何より友情を大切にする。ヤクザ時代は髪型をリーゼントにしていたが、暴力団から足を洗ってからは髪を下ろして、真面目な風貌に変化した。中学時代に学校で濡れ衣を着せられた際に博人に庇ってもらったことで、彼に恩を感じている。後に暴力団から足を洗って堅気になり、花の配送センターで真面目に働き始めた。ソープ嬢のアリサと同棲しており、堅気になった後にプロポーズして結婚間近だったが、暴力団の刺客に狙われた彼を庇って死んでしまった。その後、博人たちと共に逃亡したが、警察に自首しようとしたデクを守ろうとして銃で撃たれる。しかし後にアリサの写真が入ったペンダントに守られて軽傷だったことが発覚した。

神谷勤(かみやつとむ/演:河相我聞)

4ulily
4ulily
@4ulily

Related Articles関連記事

浜崎あゆみ(Ayumi Hamasaki)の徹底解説まとめ

浜崎あゆみ(Ayumi Hamasaki)の徹底解説まとめ

浜崎あゆみとは、キッズモデル・アイドル時代を経て1998年に歌手デビューした福岡県出身のミュージシャン。自らが作詞を手掛ける事が多く、そのストレートな表現で若者たちの心を魅了した。後に総売上枚数が5000万枚を突破し、ソロアーティスト及び女性アーティストとして史上初の快挙を成し遂げた。また、楽曲のみならず彼女のファッションやメイクをお手本にする若者たちが急増し、女子高生のカリスマ的存在に。ファッションリーダーとして、ネイルアート、大きなサングラス、豹柄などを流行させ社会現象となった。

Read Article

↑THE HIGH-LOWS↓(ザ・ハイロウズ)の徹底解説まとめ

↑THE HIGH-LOWS↓(ザ・ハイロウズ)の徹底解説まとめ

「↑THE HIGH-LOWS↓」(ザ・ハイロウズ)とは、1995年に結成された日本のロックバンドである。メンバーのVo. 甲本ヒロトとGt. 真島昌利は、元「THE BLUE HEARTS」(ザ・ブルーハーツ)のメンバー。ブルーハーツが解散したわずか半年後にハイロウズが結成された。2005年に活動休止を発表するまでの約10年間で、「日曜日よりの使者」、「青春」など数々の名曲を残した。

Read Article

新選組!(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

新選組!(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『新選組!』とは2004年1月から12月まで放送されたNHKの大河ドラマである。幕末を舞台に若者たちが命を懸けて己を貫く姿を中心に、青春群像劇として高い評価を得た。多摩の百姓であった近藤勇が真の侍になるため京に上り、仲間たちと新選組を結成し誠の忠義を貫くために戦い、生きていく姿が描かれている。香取慎吾をはじめ若手俳優たちが生き生きと演じたこと、また人気脚本家三谷幸喜の脚本も見どころの一つとされている。

Read Article

高校教師(1993年のドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

高校教師(1993年のドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『高校教師』とは、1993年1月からTBSで放送されたテレビドラマである。脚本は野島伸司で、主演は真田広之と桜井幸子。その他、赤井英和や京本政樹などが出演する。日向女子高校に赴任してきた教師の羽村隆夫に、女子生徒の二宮繭が好意を持つ。羽村も繭と過ごしていくうちに彼女に惹かれていき、2人は禁断の恋に落ちていく。生徒と教師の恋愛や近親相姦、同性愛、強姦など社会的タブーを取り扱った作品である。登場人物の背景や最終回の結末などサスペンス要素を含んだことも反響を呼び、最終回では視聴率33%を記録した。

Read Article

20世紀少年(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

20世紀少年(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

ワンダーエッグ・プライオリティ(ワンエグ)のネタバレ解説・考察まとめ

ワンダーエッグ・プライオリティ(ワンエグ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ワンダーエッグ・プライオリティ』とは、脚本・野島伸司、制作・CloverWorksによるオリジナルアニメ作品。 中学生の大戸アイは、学校でイジメを受け、その際に庇ってくれた転校生の長瀬小糸と友人となる。しかし小糸もまた自身の悩みに追い詰められ、校舎から身を投げて死亡する。この一件でアイは不登校児となるが、ある時不思議な声に導かれ、謎の卵を手に入れる。卵の中で怪物を倒すことで、小糸を生き返らせる可能性を見出したアイは、同じく大切な人を蘇らせんとする少女たちと共に危険な戦いに臨んでいく。

Read Article

マスカレード・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

マスカレード・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『マスカレード・ホテル』とは、東野圭吾が書いた人気小説『マスカレード・ホテル』を原作とした大ヒット映画である。木村拓哉主演の映画で、長澤まさみや小日向文世、渡部篤郎など豪華キャストがそろっている。物語は予告連続殺人事件の捜査のために、警視庁の刑事たちがホテル・コルテシア東京に潜入捜査をする。エリート刑事の新田はフロントクラークとして同じホテルの仕事をする山岸と共に、次々とホテルに来る怪しい宿泊客の対応をしていく。誰が殺人事件を起こそうとしている犯人なのかを突き止めていくミステリー映画。

Read Article

人にやさしく(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

人にやさしく(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『人にやさしく』とは、2002年にフジテレビ系で放送されていたドラマ。主演は香取慎吾。その他、松岡充や加藤浩次などが出演している。脚本は鈴木おさむといずみ吉絋。原宿のボロい一軒家に住む男三人が、ひょんなことから小学生の男の子の面倒を見ることになるという物語。男たちが子供に大切なことを教えながら、自分を見つめ直す青春ヒューマンドラマである。

Read Article

ゴジラ×メガギラス G消滅作戦(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴジラ×メガギラス G消滅作戦(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』とは、2000年公開の日本の怪獣映画である。ゴジラシリーズ第24作品目となる。 物語は、ゴジラ打倒に執念を燃やすGグラスパーの隊長で主人公の辻森桐子が、マイクロマシンの天才エンジニア工藤元の協力を得てゴジラを倒す話である。辻森は、完成した武器「ディメンション・タイド」を使って命を懸けてゴジラに挑む。そんな中、メガギラスがゴジラの前に現れ、大規模な戦いを繰り広げる。 見所は、メカギラスとゴジラの白熱した戦いと、命を懸けてゴジラに突っ込んでいく辻森の勇姿である。

Read Article

仮面ライダーオーズ/OOOのネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダーオーズ/OOOのネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーオーズ/OOO』とは、石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ作品で、2010年9月5日から2012年8月28日まで全48話がテレビ放送された。平成仮面ライダーシリーズ第12作目。800年前に封印されたコアメダルの怪物、グリードが蘇った。火野映司(ひのえいじ)はオーズドライバーと3つのコアメダルを渡され仮面ライダーオーズに変身する。戦いの中で新たなコアメダルを獲得し、3つのメダルを差し替えて多彩なフォームチェンジができるなど大人にも子供にも人気の作品である。

Read Article

僕の生きる道(僕生き)のネタバレ解説・考察まとめ

僕の生きる道(僕生き)のネタバレ解説・考察まとめ

『僕の生きる道』とは、2003年にフジテレビ系列で放送されていたドラマ。僕シリーズ3部作の1作目で、死をテーマにした作品。僕生きの愛称で親しまれている。余命宣告された高校教師・中村秀雄の1年間の生き様が描かれている。主人公は草彅剛。その他、矢田亜希子や大杉連などが出演している。脚本は数々のヒットドラマを生み出した橋部敦子が手掛ける。主題歌である『世界に一つだけの花』がドラマの人気と共に大ヒット曲となった。

Read Article

何曜日に生まれたの(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

何曜日に生まれたの(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『何曜日に生まれたの』とは野島伸司の脚本のオリジナルドラマである。2023年8月から10月まで放送された。主人公のすいは、学生時代にバイク事故に遭い人生が大きく変わってしまう事になる。その後部屋に閉じこもってしまう、こもりびととして10年間過ごし、父親の仕事がきっかけで、第2の人生を歩みだす。高校時代の仲間や恋愛模様が描かれたヒューマン物語で、すいがこもりびとを卒業できるきっかけになる。またバイク事件の真相や、こもりびとになった経緯などが徐々に明かされる為、早く続きが見たくなると話題になった。

Read Article

NEW
古畑任三郎(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

古畑任三郎(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『古畑任三郎』とは、1994年から2008年までフジテレビで放送されたドラマ。主演は田村正和、脚本は三谷幸喜。スペシャル版、スピンオフを含め42回のエピソードがある。ストーリー展開は、物語の出だしで犯人や犯行の様子を明かす倒叙ものと言われる形式である。見所としては、犯人とのスリリングなやり取りや、巧みな話術で自白に追い込む場面である。また、犯人や部下とのコミカルなやり取りも魅力となっている。どんな相手にも敬語で、落ち着いた言動を崩さない。黒のスーツに、ノーネクタイがトレードマーク。

Read Article

麒麟がくる(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

麒麟がくる(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『麒麟がくる』とはNHK大河ドラマの59作目として、2020年1月19日から2021年2月7日まで放送された作品である。裏切り者や悪人として描かれてきたことの多い明智十兵衛光秀(あけちじゅうべえみつひで)を主人公にしている。平和な世の中になると現れる「麒麟(きりん)」を呼べる人物を探しつつ足利義昭(あしかがよしあき)や織田信長(おだのぶなが)に仕え、戦のない大きな国を作ろうとする十兵衛の一生が描かれている。定説とは全く正反対の側面から描かれた十兵衛や、戦国武将たちの姿が見どころの1つである。

Read Article

キングダム(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

キングダム(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングダム』とは、原泰久の同名漫画を原作とする2019年公開の実写映画作品。映画としての『キングダム』シリーズの最初の作品である。キャッチコピーは「すべて、奪還する」。監督は佐藤信介が務め、主役の山﨑賢人や吉沢亮などの主要な役者は以降の作品でも続投した。 奴隷の少年信は、「天下の大将軍になる」という夢を共有した親友の漂を殺され、その仇を追う中で秦国の若き王嬴政と出会う。嬴政は政敵に狙われており、漂が彼の身代わりとなって散ったことを知った信は、親友の想いを継いで秦国の闇に立ち向かう。

Read Article

NEW
花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜(2007年のドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜(2007年のドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~』とは、2007年7月から放送されたフジテレビのドラマである。中条比紗也の漫画作品『花ざかりの君たちへ』が原作で、脚本は武藤将吾。主演は堀北真希で、小栗旬や生田斗真などが出演する。帰国子女の芦屋瑞稀は、中学時代に高跳びの選手である佐野泉に一目ぼれするが、彼はある事件をきっかけに跳ぶことをやめていた。瑞稀は佐野をもう1度跳ばせるために男子生徒に成りすまし、彼の通う全寮制男子校に編入することを決意する。本作は最高視聴率21%を記録し、大ヒットした。

Read Article

SMAP(スマップ)の徹底解説まとめ

SMAP(スマップ)の徹底解説まとめ

SMAPとは、1988年に結成され、2016年まで活躍してきた国民的アイドルグループ。中居、木村、香取、稲垣、草彅、森の六人で当初は結成され、スマスマなどのバラエティなどで人気を獲得してきた。シングルは56作、オリジナルアルバムは21作品にまで及ぶ。また、ユニバーサルスタジオジャパンの大使や東日本大震災による災害復興などの慈善活動も積極的に行ったことでも知られている。そして、ラジオやテレビなどのすべてのメディアを含めると現メンバーが全員レギュラーを務めているというのも特徴的なグループである。

Read Article

新しい地図(新地図)の徹底解説まとめ

新しい地図(新地図)の徹底解説まとめ

新しい地図とは、SMAPの元メンバーで結成されたアーテイスト。SMAP時代とは違ったSNSを駆使したSNSバラエティ「7.2~新しい別の窓~」をAbemaTVで放送するなどよりファンと近い距離で活動していることで注目を集めている。また、3人が共演する『クソ野郎と美しき世界』を始めとして映画界への進出も盛んになった。今後もますますの活躍が注目されているグループの一つである。

Read Article

ドラマ「未成年」出演者の当時とその後の姿を画像で紹介!

ドラマ「未成年」出演者の当時とその後の姿を画像で紹介!

野島伸司が脚本を手がけた、平均視聴率20.05%の大人気ドラマ『未成年』。そのタイトルの通り、未成年の少年少女の複雑で純粋な人間模様を描いた傑作である。 ここでは、いしだ壱成 、香取慎吾、 反町隆史、遠野凪子、浜崎あゆみなど、当時このドラマに出演していた俳優たちの今昔の姿を紹介する。

Read Article

タトゥー・刺青を公言している女性芸能人まとめ

タトゥー・刺青を公言している女性芸能人まとめ

かつて日本では極道関係者や罪人が「刺青」を入れていたことから、「刺青」は忌避すべきものという風習が根強く存在してきた。しかし海外文化の流入が盛んになり、ファッションの一部として「タトゥー」「刺青」を入れる芸能人や著名人が増えてきている。本記事では「タトゥー」「刺青」を公言している女性芸能人をまとめて紹介する。

Read Article

SMAP解散騒動で深く絶望した香取慎吾!木村拓哉との確執で引退・自殺まで匂わす

SMAP解散騒動で深く絶望した香取慎吾!木村拓哉との確執で引退・自殺まで匂わす

SMAPの解散騒動で最も心身ともに傷ついたのは香取慎吾だと言われている。香取は木村拓哉との絆を大事にしていた。だが育ての親であるマネージャーとジャニーズ事務所の対立が表面化した時、木村はマネージャーとともに独立する道ではなく、事務所残留を決めた。これを香取は許せなかったという。

Read Article

【劣化】浜崎あゆみが激太り!?“あまりにもふくよかな腹”を徹底検証!【二重アゴ】

【劣化】浜崎あゆみが激太り!?“あまりにもふくよかな腹”を徹底検証!【二重アゴ】

歌手の浜崎あゆみが“激太り”していると話題になっている。その証拠だとされる画像や動画は数多く存在し、一部のファンの間では「劣化した」、「外国のおばあさんみたい」と悪い意味での話題と化している。 実際に浜崎あゆみは太ったのかどうか、画像や動画と共に検証していく。

Read Article

SMAP・木村拓哉と香取慎吾の不仲や確執の噂を検証!本当の解散理由を考察!

SMAP・木村拓哉と香取慎吾の不仲や確執の噂を検証!本当の解散理由を考察!

デビュー以来25年間、ジャニーズグループを引っ張り続けてきたSMAPが解散を発表した際には、ファンのみならず日本中に大きな衝撃が走った。以前からメンバー・事務所間で話し合いが行われてきたが、活動休止を申し出たメンバーの一方で「休止より解散したい」というメンバー間の溝が埋まらず、解散に至ったという。その深い溝の当事者と噂されているのが木村拓哉と香取慎吾だ。真相はどうなのか。本記事ではSMAP解散の裏で囁かれた、木村・香取の不仲の噂について検証する。

Read Article

【純粋無垢】徹底紹介!浜崎あゆみが長瀬智也に書いた詞!【切なさ炸裂】

【純粋無垢】徹底紹介!浜崎あゆみが長瀬智也に書いた詞!【切なさ炸裂】

「平成の歌姫」として知られる浜崎あゆみが、同い年のジャニーズタレントの長瀬智也と交際していたことは、ファンの間では有名な話である。 結局2人の関係はうまくいかずに別れることとなったが、浜崎の発表した曲の中には長瀬との関係をうかがわせるようなものも少なからず存在している。ここでは、独断と偏見で浜崎の想いの詰まった詞を紹介する。

Read Article

タトゥーを入れている芸能人・歌手まとめ!安室奈美恵やワンオクなど

タトゥーを入れている芸能人・歌手まとめ!安室奈美恵やワンオクなど

海外アーティストはもとより、日本の芸能人・歌手でもタトゥーを入れていることを公言する人が多くなっています。あまり目立たないワンポイントものや自分の星座のモチーフ、恋人とお揃いのものまで、その種類は様々です。本記事では海外アーティストも含め、タトゥーを入れている芸能人・歌手の情報をまとめて紹介します!

Read Article

してる?してない?浜崎あゆみの整形疑惑を徹底検証!

してる?してない?浜崎あゆみの整形疑惑を徹底検証!

「平成の歌姫」とも呼ばれる、絶大な人気を誇るアーティスト浜崎あゆみ。そんな彼女に昔から取り沙汰されているのが、「整形しているのではないか」という指摘である。 以前の写真と顔が違うという者もいれば、成長に従い顔立ちが変わることなど珍しくないという者もいる。ここでは、そんな賛否両論の浜崎あゆみ整形疑惑について紹介する。

Read Article

【整形・豊胸?】Mステ登場の浜崎あゆみにネットざわつく【ミュージックステーション】

【整形・豊胸?】Mステ登場の浜崎あゆみにネットざわつく【ミュージックステーション】

2017年の『ミュージックステーション』3時間スペシャルに登場した浜崎あゆみの姿に、ネットが大きくざわついた。浜崎あゆみの鼻に違和感を覚えた視聴者が多かったようで、「整形なのでは」という声が噴出。また胸を大きく露出させた衣装に「豊胸か?」という声も相次いだ。

Read Article

【元AAA】浜崎あゆみと浦田直也の交際報道まとめ!発覚のきっかけは誤爆ツイート

【元AAA】浜崎あゆみと浦田直也の交際報道まとめ!発覚のきっかけは誤爆ツイート

平成の歌姫として君臨してきた浜崎あゆみ。そんな彼女と、AAAの元メンバー・浦田直也とはもともと仲が良く、互いのことを「姉」「弟」と呼び合っていたようです。それだけならまだしも、ツイートでは「付き合っているのでは?」と匂わせるような発言が多く、ついには浦田直也があゆへの想いを誤爆ツイートしたことで熱愛が発覚しました。これに対し、ファンからは厳しい声が挙がっています。まぁ、そりゃそうなりますわな。

Read Article

浜崎あゆみが不調…CD売り上げ数とライブ動員数低迷で大変そうな件

浜崎あゆみが不調…CD売り上げ数とライブ動員数低迷で大変そうな件

1998年に19歳で歌手としてデビューを果たした浜崎あゆみ。独特の歌声やファッションセンスなどが話題を呼び、当時はメディアに引っ張りだこ!その圧倒的カリスマ性で特に若い世代を中心に絶大な支持を得てきました。そんな彼女、いつの頃からかCD売り上げ数やライブの観客動員数が低迷し、かなり大変な状況にあるようです。この記事では、その内容やネット民の反応についてまとめました。

Read Article

まるで魔法!フォトショ詐欺な芸能人の比較画像まとめ【浜崎あゆみ・前田敦子など】

まるで魔法!フォトショ詐欺な芸能人の比較画像まとめ【浜崎あゆみ・前田敦子など】

写真の補正や修正・加工が簡単に行えるフォトショップ。肌の質感をよくしたり脚を長く見せたり胸を大きくしたりと、自然に顔や体を整形できてしまう魔法のアイテムですよね。雑誌などではお人形のようにキレイな芸能人も、実はフォトショの効果が大きいだけかもしれません。ここでは詐欺レベルな修正をしている芸能人の比較画像をまとめました。

Read Article

人気芸能人が過去に受けたイジメ体験まとめ【木村拓哉、嵐など】

人気芸能人が過去に受けたイジメ体験まとめ【木村拓哉、嵐など】

人気芸能人たちが過去に受けたイジメ体験をまとめました。ジャニーズの木村拓哉や櫻井翔たちが人気者すぎるが故に受けたイジメや、人気絶頂だった浜崎あゆみと倖田來未のエイベックスの覇権争い、そして子役として大ブレイクしていた安達祐実が受けた壮絶なイジメなどを紹介していきます。

Read Article

成功か失敗か?ライザップでダイエットに挑んだ芸能人のその後まとめ【香取慎吾など】

成功か失敗か?ライザップでダイエットに挑んだ芸能人のその後まとめ【香取慎吾など】

芸能人の衝撃的なダイエットビフォー&アフターのCMが印象的な個人ジム・ライザップ。ライザップでダイエットに挑んだ芸能人のその後をまとめました。TKO木本武宏のように引き締まったボディを維持している芸能人もいれば、香取慎吾のようにリバウンドしてしまった人も。彼らの姿を画像付きで紹介していきます。

Read Article

目次 - Contents