場地圭介(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

場地圭介(ばじけいすけ)とは、和久井健によるタイムリープ×ヤンキー漫画『東京リベンジャーズ』の登場人物である。
不良集団である東京卍會の創設メンバーの一人で、壱番隊隊長を務める。総長であるマイキーからは幼馴染ということもあり、絶大な信頼を置かれている。
集会で主人公であるタケミチと初対面した際に、いきなり殴りかかるほどの喧嘩っ早い性格の反面、仲間思いという心優しい一面をもつ。
好きな食べ物はペヤング。

場地圭介の概要

場地圭介(ばじけいすけ)とは、和久井健によるタイムリープ×ヤンキー漫画『東京リベンジャーズ』の登場人物である。不良集団である東京卍會の創設メンバーの一人で、壱番隊隊長を務める。総長であるマイキーこと佐野万次郎(さのまんじろう)とは幼馴染であり、絶大な信頼を置かれている。気性が荒く、喧嘩っ早い性格の持ち主。眠いだけですれ違った人を殴ったり、空腹になると車にガソリンをまいて火をつけたりなど、過激なエピソードが多数ある。マイキーにこそ勝てはしないものの、喧嘩も強い。相手が何人束になってかかってこようが、たった一人で倒してしまう。仲間を思う気持ちは人一倍強く、「創立メンバーはオレの”宝”だ」という発言からも分かるように、東京卍會と創設メンバーのことを誰よりも大切にしている。

参番隊隊長・稀咲鉄太(きさきてった)が東京卍會の乗っ取りを企んでいることに気付き、仲間を守るべく単独行動を決意。集会で初対面の主人公・花垣武道(はながきたけみち)に殴りかかってチームを脱退を宣言。稀咲の動向を探るため、芭流覇羅(バルハラ)に加入した。東京卍會と芭流覇羅の抗争「血のハロウィン」にて、東京卍會創設メンバーで芭流覇羅のNo.3羽宮一虎(はねみやかずとら)に刺されて瀕死の重傷を負う。それでも仲間を救うべく稀咲の前に立ちはだかかり、マイキー、一虎両者の心を救うべく自ら命を経った。

場地圭介のプロフィール・人物像

CV:水中雅章
所属:東京卍會創設メンバー、元東京卍會壱番隊長、芭流覇羅
誕生日:1990年11月3日
身長:175センチメートル
体重:58キログラム
血液型:AB型
愛機:suzuki GSX250E (通称:ゴキ)
特技:口よりも先に手が出ること
好きなもの:火曜サスペンス
嫌いなもの:煮物
イメージカラー:青色

マイキーの幼馴染で東京卍會創設メンバーの1人。

一虎とは小学生の時に出会い、親友となる。佐野真一郎の経営するバイク屋強盗殺人事件にて殺人には関与していないが、強盗の罪で少年院に収容されていた。先に出所した場地は一虎が戻ってくるのを待っていた。しかし精神敵に不安定な一虎を操り、東京卍會を巨悪化しようする稀咲の企みに気付く。稀咲の動きを探るため、場地は東京卍會を裏切り芭流覇羅へ加入する。

武道のタイムリープ前は、血のハロウィンの際に一虎に刺殺される。それによってマイキーが暴走状態へと陥り、東京卍會は稀咲の手により巨悪化することになっていた。タイムリープによって、一虎にナイフで刺され重傷を負う。しかし、まだ意識が残っていた場地は、一虎に負い目を感じてほしくなかったため、刺された場所をもう一度自身で刺し死亡する。

黒髪長髪、凛々しい眉、黄色い瞳が特徴であり、勉強面では中学で留年してしまうほど非常に出来が悪い。肝心な時での頭の回転は速く、幼少期習っていた空手のおかげで喧嘩の腕が強く、東京卍會では非常に慕われていた。

場地圭介の強さ

東京卍會の中でも喧嘩が強い。それが分かるのが、「血のハロウィン」終盤の参番隊50人との戦いである。瀕死の重傷を負っているにも関わらず、50対1の不利な状況をもろともせず、全員を倒して稀咲までたどり着いてみせたのだ。腕っぷしの強さはもちろんだが、精神的な強さも並外れている。東京卍會を立ち上げたときに掲げた「一人一人がみんなを守れるチーム」を貫き通すために、最後は迷わず自決するシーンでは場地の精神力の強さが伺える。

場地圭介の来歴・活躍

東京卍會結成

東京卍會創設当時の写真。上段左から一虎、場地、三ツ谷。下段左からからドラケン、マイキー、ぱーちん。

マイキーの兄・真一郎が立ち上げたチームで、初代で全国統一を果たした伝説の暴走族の9代目である黒龍(ブラックドラゴン)相手に、小学生ながら一人で喧嘩していた一虎。そのことを知った場地は、仲間であるマイキー、ドラケンこと龍宮寺堅(りゅうぐうじけん)、三ツ谷隆(みつやたかし)、パーちんこと林田春樹(はやしだはるき)の4人に相談する。相談を受けたマイキーは、一虎を9代目黒龍から守るための大義名分が必要だと話す。そこで場地が「オレに案がある」と話を切り出し、新しく自分たちで暴走族(チーム)を作ることを提案。その場にいる全員が賛成したため、のちに「東京卍會」となる暴走族が結成されることとなった。

当時の役割は、総長をマイキー、副総長をドラケン、親衛隊長を三ツ谷、旗持ちをぱーちん、特攻隊を場地と一虎と決めた。マイキーはチーム名を「東京万次郎會」としたかったがメンバー全員が反対。しかしこの名前が「東京卍會」につながることとなる。

強盗殺害事件を犯す

マイキーの誕生日プレゼントにバイクをプレゼントしようと考えた一虎に誘われ、バイク屋から盗もうと誘われた場地。2003日8月13日深夜にバイク屋のS・Sモーターズという店に侵入した。場地は一虎を止めようとするが流されてしまいそのまま一緒に店に入ってしまう。そのS・Sモーターズの店主はマイキーの実の兄・佐野真一郎(さのしんいちろう)が経営しており、物音に気付いた真一郎に一虎と場地が見つかってしまう。マイキーと幼馴染であったため真一郎を知っていた場地は、一虎を止めようと声をかけた。だが間に合わず、一虎は真一郎を背後からチェーンカッターで殴り、殺害してしまう。

犯行を犯した一虎は、殺した相手がマイキーの兄だと場地から聞かされ、パニック状態に陥ってしまう。そして自分がマイキーのためにしたことだからマイキーが悪いのだ、と自らの責任をマイキーに擦り付けることで自身を納得させてしまう。また、一虎にとって、罪を犯すことになった原因であるマイキーを敵と認識し、殺さなければならない存在であるとも考えた。実行犯の一虎は逮捕されて少年院送りになり、場地は一虎の出所を待ち続けた。

東京卍會からの脱退

東京卍會を使って日本一の不良になるという稀咲の野望を阻止するため、武道は東京卍會の総長になることを目指して過去にタイムリープする。戻った先で行われていたのは、稀咲を東京卍會の参番隊隊長に任命する集会だった。東京卍會創設メンバーで壱番隊隊長の場地は、いきなり初対面の武道に殴り掛かかると、ライバルチームである芭流覇羅加入を宣言。「壱番隊隊長 場地圭介は 本日をもって 東卍の敵だ!!」そう言い放って、東京卍會から脱退した。しかしこの行動には理由があり、東京卍會を乗っ取ろうとする稀咲の企みに気が付き、それを阻止しようとして起こしたものだった。マイキーから頼まれて自分の前に現れた武道にも真相を明かさず、自分一人の力だけで、大切なチームと仲間を守ろうと行動を始める。

血のハロウィン編

血のハロウィンとは、2005年10月31日に起こった一虎の所属する芭流覇羅とマイキー率いる東京卍會の抗争のことを指す。東京卍會を乗っ取ろうと考えた稀咲が、一虎のマイキーに対する私怨を利用して引き起こした。抗争中盤、東京卍會側が人数的に不利であり苦戦中だったが、武道の奮戦とドラケンの圧倒的なパワーでチーム全体の士気が上がる。その最中、一虎はマイキーに追われるが逃げるのみであった。一虎は廃車が積み上げられている足場の悪い場所にマイキーを誘導し、芭流覇羅幹部・チョンボと同じく幹部・チョメと共にマイキーを倒そうとする。この幹部二人は一虎がいた少年院で喧嘩が一番強く、少年院を出た際に芭流覇羅へと誘ったとみられる。3対1であり、鉄パイプを使う一虎が優勢であった。幹部2人がマイキーの手足を取り押さえて一虎が武器で何度も殴りつける。一見芭流覇羅側の勝利だと思われた。だが「敵を殺すという理由で兄貴を殺されたのか」と激高したマイキーは幹部を払いのけて反撃する。そんな中、一虎に応戦しようと場地は廃車の山へ行こうとする。東京卍會の武道や松野は、場地を動きを止め、東京卍會に戻るよう説得するため動く。武道が場地にしがみついてとめようとするなか、マイキーとの喧嘩をすり抜け、一虎は場地を背後からナイフで刺した。一虎は抗争中に芭流覇羅の総長代理を務める半間修二(はんましゅうじ)に電話で場地が裏切り者であったことを一虎に告げたからである。しかし場地は平然と立ち上がる。一見軽傷に見えたが、しばらくするとまた倒れてしまう。場地の倒れた姿を見てしまったマイキーを、稀咲は平然と煽る。そして自分の兄だけではなく、幼馴染までも奪ってしまうのかと一虎に殴りかかる。

一虎は、マイキーに殴られている際、自分がバイク屋で殺人を犯してパニックに陥っていた時に場地が「この先どんな地獄が待っててもオレは最後まで一緒だから‼」と言ったことを思いだす。そして一虎はそんな大切な存在をなくしてしまったとようやく自覚する。誰もマイキーの勢いを止めることができないまま、武道がこれではタイムリープ前と変わらないと嘆いているとき、場地は自ら腹を刺して自決する。自らで自決することで、また人を殺してしまったと一虎が苦しまずにすむように、マイキーが自分が死ぬせいで一虎を殺さないようにしたのだ。場地は稀咲が裏切り者であることを松野と武道に告げ、最期に創設メンバーが宝だということを伝えて息を引き取った。

それでも暴走するマイキーだったが、必死に止めようとする武道のポケットから落ちた場地のお守りを目にしたことで、仲間を守りたいという場地の思いが伝わる。マイキーによる一虎殺害は回避された。一虎は自らの罪を認め、場地の亡骸から離れず、警察に自首する。その他のメンバーたちは警察のサイレン音を聞き逃げて終わりとなった。

抗争後、芭流覇羅は東京卍會に下り、合併阻止という武道のミッションは失敗。しかし武道は壱番隊隊長に任命され、武道の東京卍會のトップに立つという目標には一歩近づき、なんとか未来への望みを繋げた。

場地圭介の関連人物・キャラクター

松野千冬(まつのちふゆ)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

東京卍リベンジャーズ(東卍・東リベ)のネタバレ解説・考察まとめ

東京卍リベンジャーズ(東卍・東リベ)のネタバレ解説・考察まとめ

『東京卍リベンジャーズ』とは、和久井健によるSF・アクションを織り交ぜた異色のヤンキー漫画。主人公の花垣武道がかつての恋人を死から救うべく、暴走族「東京卍會」の総長を目指して2017年と2005年の二つの世界をタイムリープする。東京卍會の魅力的なキャラクターたちの熱い熱い友情や、敵対するチーム相手に繰り広げるバトルシーンが見どころである。連載から徐々に人気を集め、アニメ化・実写映画化もされた。「東卍」や「東リベ」の愛称で親しまれている。

Read Article

花垣武道(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

花垣武道(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

花垣武道(はながきたけみち)とは、和久井健によるタイムリープ×ヤンキー漫画『東京卍リベンジャーズ』の主人公である。大人になってどん底の人生を歩んでいたある日、中学生時代の彼女である橘ヒナタが東京卍會に殺されたことをテレビのニュースで知る。そんな彼女を救うため、またダメダメな自分の人生を変えるため、12年前の中学生時代に何度もタイムリープし、未来を変えようと奮起する。武道は、喧嘩は強くないがピンチの時ほど自分や仲間を奮起させ何度もピンチを乗り越えたくさんの勇気を読者に与えてくれる主人公だ。

Read Article

龍宮寺堅/ドラケン(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

龍宮寺堅/ドラケン(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

龍宮寺堅(りゅうぐうじけん)/ドラケンとは、和久井健による漫画『東京卍リベンジャーズ』の登場する、東京卍會/東卍の創設時メンバーの一人で、副総長。金の辮髪と左のこめかみに彫られた、龍の入れ墨が特徴。 『東京卍リベンジャーズ』とは、主人公の花垣武道がタイムリープの能力に目覚め、かつての彼女が殺される未来を変えるために、元凶である不良グループ”東京卍會/東卍”で成り上がる物語を描いた漫画。2021年にアニメ化、実写映画化されている。

Read Article

九井一(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

九井一(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

九井一(ここのいはじめ)/ココとは、和久井健による漫画『東京卍リベンジャーズ』の登場する人物。元々は黒龍の十代目親衛隊長だったが、その後東京卍會に加入し、更に天竺へ移り幹部として、力を誇示している。 『東京卍リベンジャーズ』とは、主人公の花垣武道がタイムリープの能力に目覚め、かつての彼女が殺される未来を変えるために、元凶である不良グループ”東京卍會/東卍”で成り上がる物語を描いた漫画。2021年にアニメ化、実写映画化されている。

Read Article

佐野万次郎/マイキー(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

佐野万次郎/マイキー(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

佐野万次郎(さの まんじろう)/マイキーとは、和久井健による漫画『東京卍リベンジャーズ』の登場人物で、東京卍會/東卍の創設メンバーの一人にして総長。愛称はマイキーで、喧嘩の腕前は、強者揃いの東卍の中でもトップ。高いカリスマ性を放ち”無敵のマイキー”の異名を持つ。 『東京卍リベンジャーズ』とは、主人公の花垣武道がタイムリープの能力に目覚め、かつての彼女が殺される未来を変えるために、元凶である不良グループ”東京卍會/東卍”で成り上がる物語を描いた漫画。2021年にアニメ化、実写映画化されている。

Read Article

河田ソウヤ/アングリー(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

河田ソウヤ/アングリー(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

河田ソウヤ(かわたそうや)/アングリーとは、和久井健による漫画『東京卍リベンジャーズ』の登場する、東京卍會/東卍の肆番隊の副総長。隊長の河田ナホヤ(かわたなほや)/スマイリーとは双子で、肆番隊を盛り立てる。泣くとリミッターが外れ、鬼となる一面を持っている。 『東京卍リベンジャーズ』とは、主人公の花垣武道がタイムリープの能力に目覚め、かつての彼女が殺される未来を変えるために、元凶である不良グループ”東京卍會/東卍”で成り上がる物語を描いた漫画。2021年にアニメ化、実写映画化されている。

Read Article

黒川イザナ(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

黒川イザナ(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

黒川イザナ(くろかわイザナ)とは、和久井健が『週刊少年マガジン』(講談社)で連載している漫画『東京卍リベンジャーズ(とうきょうリベンジャーズ)』の登場人物で、元「黒龍(ブラックドラゴン)」八代目総長である。 主人公「花垣武道(はながきたけみち)」が所属する暴走族「東京卍會(とうきょうまんじかい)」の総長「佐野万次郎(さのまんじろう)」の兄弟として登場する。「東京卍會(とうきょうまんじかい)」を潰そうと敵対する「天竺(てんじく)」の総長でもある。

Read Article

鶴蝶(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

鶴蝶(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

鶴蝶(かくちょう)とは、和久井健が『週刊少年マガジン』(講談社)で連載している漫画『東京卍リベンジャーズ(とうきょうリベンジャーズ)』の登場人物で、暴走族「天竺(てんじく)」の四天王筆頭であり、「喧嘩屋(けんかや)」の通り名を持っている。 鶴蝶は、主人公「花垣武道(はながきたけみち)」と幼馴染である。武道が所属する暴走族「東京卍會(とうきょうまんじかい)」と鶴蝶が所属する暴走族「天竺(てんじく)」が抗争することとなり二人は再会する。

Read Article

三ツ谷隆(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

三ツ谷隆(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

三ツ谷隆(みつやたかし)とは、主人公の花垣武道(はながきたけみち)が東京卍會(とうきょうまんんじかい)の抗争に巻き込まれ亡くなる元彼女の橘日向(たちばなひなた)を救うためにタイムリープする物語、『週刊少年マガジン』の人気漫画『東京卍リベンジャーズ』(作・和久井健)の登場人物で、弐番隊隊長を務める東京卍會創設メンバー。2人の妹の面倒を幼い時から見ているため、メンバーに対しても面倒見がよく、チームのまとめ役のような存在。また、手先が器用な一面もあり、ファッションデザイナーになっている未来もある。

Read Article

半間修二(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

半間修二(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

半間修二(はんま しゅうじ)とは、和久井健原作の『東京卍リベンジャーズ』に登場する人物。左の手の甲に『罪』、右には『罰』という刺青を彫っている。腕っぷしが強く、かつては『歌舞伎町の死神』と呼ばれた。物語の序盤から登場し、常に稀咲鉄太と共に行動をしている。稀咲の野望を達成させるため、彼の指示に忠実に従い、様々な抗争で重要な役割を担っている。主人公である花垣武道が率いる二代目東京卍會と佐野万次郎が率いる関東卍會と最終決戦でも遊撃隊として参加している。

Read Article

河田ナホヤ/スマイリー(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

河田ナホヤ/スマイリー(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

「河田ナホヤ(かわたなおや)」とは、和久井健が『週刊少年マガジン』(講談社)で連載している漫画『東京卍リベンジャーズ(とうきょうリベンジャーズ)』の登場人物で、暴走族「東京卍會」の肆番隊隊長である。 河田ナホヤは、常に笑顔でいるので「スマイリー」と呼ばれているが、実は冷徹な性格でその本性を知るメンバーからは「鬼」と称されている。 東京卍會で創設メンバーではないが、数少ない隊長を任せられた実力者。

Read Article

三途春千夜(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

三途春千夜(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

三途春千夜(さんず はるちよ)とは、和久井健原作の『東京卍リベンジャーズ』に登場する人物である。東京卍會に所属し、総長のマイキーこと佐野万次郎を唯一絶対の"王"として心酔している。マイキーが東京卍會を解散させ、新しく関東卍會を創設した時には副総長として付き従い、マイキーが犯罪組織梵天の首領となっている未来でも組織のNo.2として支え続ける。マイキーの未来を左右する重要な人物の一人であり、彼のためならば躊躇せずに他人を痛めつけ、命を奪う狂気じみた一面を持つ。

Read Article

佐野エマ(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

佐野エマ(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

佐野エマ(さのえま)とは、和久井健が『週刊少年マガジン』(講談社)で連載している漫画『東京卍リベンジャーズ』の登場人物で、暴走族「東京卍會」総長・マイキーこと佐野万次郎の妹である。副総長の龍宮寺堅に想いを寄せている。主人公の花垣武道と橘日向の恋愛を応援しているが、自分の恋愛には臆病で不器用な女の子。幼少期に親に捨てられたが、兄たちのおかげで明るく元気な性格へと育った。友達や仲間想いで、物語でも重要な役割をしている。

Read Article

橘直人(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

橘直人(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

橘直人(たちばななおと)とは、和久井健が『週刊少年マガジン』(講談社)で連載している漫画『東京卍リベンジャーズ(とうきょうリベンジャーズ)』の登場人物で、ヒロインの「橘日向(たちばなひなた)」の弟である。 直人は、警察として登場し、主人公「花垣武道(はながきたけみち)」が過去へタイムリープするトリガーとしての役割を担っている。過去では、武道にタイムリープしていることを打ち明けられ、それを信じたことから物語がはじまる。

Read Article

柴八戒(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

柴八戒(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

柴八戒(しばはっかい)とは、和久井健が『週刊少年マガジン』(講談社)で連載している漫画『東京卍リベンジャーズ(とうきょうリベンジャーズ)』の登場人物で、暴走族「東京卍會」の弐番隊副隊長である。弐番隊隊長の三ツ谷は幼馴染であり、兄のように慕っている。背が高く整った容姿をしているが、女の子に話しかけられただけで思考が止まる程の奥手な男である。実兄の柴大寿が暴走族「黒龍」の総長を務めており、この兄弟の関係が大きな抗争の火種となる。

Read Article

羽宮一虎(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

羽宮一虎(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

羽宮一虎は、和久井健による漫画、『東京卍リベンジャーズ』の登場人物。「無敵のマイキー」と呼ばれるカリスマ総長・佐野万次郎と副総長・龍宮寺堅の下5つの部隊からなる東京卍會の創設メンバーの一人であったが、のちに敵対する暴走族・芭流覇羅の幹部となる。 容姿は整っており、黒に金色のメッシュが入った髪形が特徴である。人の爪を剥ぐことが好きという一面を持つなど、登場人物内でも群を抜く残虐性の持ち主。

Read Article

橘日向(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

橘日向(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

橘日向(たちばな ひなた)とは、和久井健原作の『東京卍リベンジャーズ』に登場する人物である。本作のヒロインで、主人公である花垣武道の中学生時代の恋人。東京卍會に命を奪われた日向を救うため、武道はタイムリープを続ける。正義感が強く、常に武道の味方に立ち、数々の困難を前に挫けそうになるのを何度も立て直して救ってきた。武道が関東卍會との最終決戦に挑む際にも、戦いへの意気込みを語る武道の強がりを見抜き、あえて弱音を吐き出させてその心を整えた。

Read Article

乾青宗(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

乾青宗(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

乾青宗(いぬい せいしゅう)とは、和久井健原作の『東京卍リベンジャーズ』に登場する人物。黒龍に強く執着しており、初登場時は十代目黒龍に所属して主人公たちとは敵対関係にあった。総長を倒されチームが瓦解してからは東京卍會に所属して、黒龍の時にも行動を共にしていた九井一と共に十一代目黒龍を継承し、花垣武道の部下となった。関東事変後には九井と別々の道を歩み、東京卍會が解散した後はカタギになっていたが、関東卍會と戦うことを意気込む武道に新チームに誘われて最終決戦に参加した。

Read Article

目次 - Contents