瓦城千咒/明司千壽(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)とは『東京卍リベンジャーズ』の登場人物。本名は明司千壽(あかしせんじゅ)である。梵の首領で、小柄ながらも初代東京卍會・総長の佐野万次郎と並ぶほどの実力を持つ少女。戦闘中は強く、中性的な容姿も相まって近寄りがたい雰囲気だが、プライベートで本作主人公である花垣武道とともに出かけた際は、年相応の天真爛漫さを見せている。梵No.2である明司武臣、関東卍會副総長・三途春千夜は兄であり、3兄弟の末っ子。

瓦城千咒/明司千壽の概要

瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)とは『東京卍リベンジャーズ』の登場人物。本人曰く瓦城千咒は源氏名のようなもので、本名は明司千壽(あかしせんじゅ)である。梵のNo.2明司武臣(あかしたけおみ)や関東卍會・副総長の三途春千夜(さんずはるちよ)は兄であり、3兄弟の末っ子。
本作主人公であり、2代目東京卍會の総長・花垣武道(はながきたけみち)が関東卍會総長・佐野万次郎(さのまんじろう)を助けるべく、再度タイムリープした先で出会った少女で、作中では初のスケバンである。ただし、普段はパーカーにフードを被り、性別が分からないような格好をしているため、見た目ではスケバンのように感じられない。花垣にもはじめは男性だと思われており、プライベートで買い物に行った際、瓦城がセーラー服を着ていたため女性と判明し驚かれていた。
三天戦争の際、自分よりはるかに大きな寺野南(てらのさうす)を相手にしても引けを取らない実力の持ち主であり、無比の千咒とも呼ばれていた。だが最終決戦では鉄パイプを持った兄・三途と対峙し、自分自身の行いが元で口元に一生残る傷を作ってしまったことを後悔し、謝りつつ負けていった。

最後の世界線では、三途とともに美人兄妹YouTuberとして活躍しているが、その活躍の報酬は長兄である明司が湯水のように使っているという噂が流れていた。

瓦城千咒/明司千壽のプロフィール・人物像

生年月日:1991年9月10日
星座:おとめ座
性別:女性
血液型:A型
身長:154cm
体重:48kg
通称:無比の千咒
イメージカラー:さくら色
好きなもの:目立つこと
嫌いなもの:しゃしゃった時の武臣
特技:卍固め
所属:梵・首領→二代目東京卍會伍番隊・隊長
尊敬する人、憧れの先輩:アントニオ猪木
苦手な人、怖い人:いない
夢:☆スター☆
お気に入りの場所:仲良かった頃、武臣と春千夜と行った遊園地

ピンク色のふわっとした髪と長いまつげが特徴。小柄だが佐野万次郎(さのまんじろう)に匹敵する実力がある。
作中唯一のスケバンだが、服装はパーカーが多く長いスカートなどは着用していない。また、バイクにも乗らない。
幼少期は一人称が「オレ」であり、長兄である明司武臣(あかしたけおみ)が三途に「テメェがちゃんと見てねぇから、千壽の口が悪くなんじゃねぇのか!」としかる描写がある。兄が2人居り、父子家庭という事からも男勝りな性格だと推測される。成長し、梵のトップになった際、一人称は「ジブン」であるものの、自分よりはるかに大きな相手にも物おじせずに向かっていく描写があるため、性格はあまり変化がないと思われる。

まだ瓦城が幼い頃、三途と幼馴染であった佐野と、元・東京卍會壱番隊隊長であった場地圭介(ばじけいすけ)の3人は仲が良く、三途の妹である瓦城は彼らの後をついて回っていた。そんなある日、佐野が1か月の年月を費やし作成したプラモデルで遊んでいた瓦城は誤って壊してしまうが、佐野が「壊したンだれ」と問いかけると、彼女はとっさに「ハル兄が壊した」と嘘をついてしまう。その結果佐野が三途の両口元を裂き、成長してもなお彼の口元には傷跡が残っている。その傷の原因や佐野がおかしくなった原因を作ってしまったことを後悔しており、最終決戦では対決の最中に謝罪をした。
明司や三途ら兄と仲が良いかは詳細な描写がなく不明だが、年の近い三途に関しては最終決戦の際「ガキの頃から誰がテメェを育ててやった?」と発言していることから、三途が瓦城の面倒を見ていたことが推測できる。

最後の世界線では、美人兄妹YouTuberとして活躍しており、結婚式に参列した松野千冬(まつのちふゆ)に「めっちゃバズってた」と感心されていた。

瓦城千咒/明司千壽の能力・必殺技

戦闘スタイル

梵の首領として三天に君臨し、無比の千咒の名に恥じないレベルの実力を持っている。
三天戦争の際は自分よりはるかに大きな寺野南(てらのさうす)に対して本気を出す姿が描かれており、寺野は本気の瓦城の攻撃に1度倒れる事となった。
しかし、その実力について兄である明司が金に換えようと誤った方向に行った事がきっかけで、寺野戦以前は力をセーブしていた。

瓦城千咒/明司千壽の来歴・活躍

三天戦争前日まで

黒川イザナ(くろかわいざな)率いる横浜天竺(よこはまてんじく)と佐野万次郎(さのまんじろう)率いる東卍こと東京卍會(とうきょうまんじかい)との抗争・関東事変の結果、花垣武道(はながきたけみち)の彼女である橘日向(たちばなひなた)死亡の原因を作っていた稀咲鉄太(きさきてった)が死亡した。現代へ戻った花垣は東卍メンバーや彼女の日向とともに、林田の結婚式に参列していた。だが、そこには佐野の姿が見当たらず、花垣は龍宮寺や松野千冬(まつのちふゆ)に佐野について尋ねる。すると2人は佐野が海外で活躍していることを伝え、花垣はそれに対し「すげぇー」と表情を輝かせた。林田の結婚式から数日後、花垣は梵天(ぼんてん)という組織の抗争が一般人にまで被害を及ぼしているニュースを目にする。ニュース映像に映し出された白髪の男性にどこか引っ掛かりを感じながらも、花垣は河田ナホヤ(かわたなほや)、河田ソウヤ(かわたそうや)兄弟が営むラーメン店で日向と食事をしていた。そこで花垣は東卍解散記念の写真を見つけ、河田兄弟に佐野が元気かどうかを尋ねる。だが兄弟は佐野について知らず、「もう10年以上会ってねぇ」と答えた。その返答と、ふと目に入った日向のピアスがきっかけで、ニュース映像の男性に彫られていたタトゥーが天竺総長・黒川のピアスのデザインだと気づいた花垣は1人ラーメン屋を飛び出し、龍宮寺の元を訪ねた。先日、佐野が海外にいると嘘をついたことや、ニュース映像でみた白髪の男性の事を問いただすと、龍宮寺は「マイキーとは12年前に決別したんだ」と告げた。龍宮寺は花垣にまっとうに生きてほしかったから嘘をついたと言い、最後に会った佐野は「オレの知ってるマイキーじゃなかった」と少し不安そうに語った。その後、花垣は刑事の橘直人(たちばななおと)から梵天が日向死亡の未来に存在していた東卍と似た巨悪組織であることを聞き、映像の白髪の男性は佐野で間違いないと確信する。花垣は直人に握手を求め、過去へ戻ろうとするも日向生存の未来を実現するという花垣と直人の共通目的が達成された今、直人はトリガーとしての役目は果たせず過去へタイムリープできなかった。そんな花垣は、12年前に埋めたタイムカプセルを開けようと元・東卍弐番隊副隊長の柴八戒(しばはっかい)の声掛けにより、武蔵神社へ向かった。だがやはり佐野はそこに現れず、代わりに花垣のタイムカプセルの中には入れたはずのない1本のビデオテープが入っていた。ビデオテープには佐野が映っており、12年後の花垣に自分の内側にある黒い衝動があること、そしてそのストッパーが兄・佐野真一郎(さのしんいちろう)や、妹・佐野エマ(さのえま)、そして芭流覇羅(ばるはら)との抗争で命を落とした場地圭介(ばじけいすけ)であったことを打ち明けた。その上で、自ら皆と決別したことや、花垣に対し過去へ戻り自分を助けようとせず「幸せになれ!」笑顔を見せた。1度は佐野を救う事をあきらめた花垣だったが、かつて自分を支えてくれた佐野を救うべく、彼をトリガーとして再び過去へと戻った。
10年前、高校生時代にタイムリープした花垣は不良辞典の異名を持つ山岸一司(やまぎしかずし)に東卍解散後の現在、佐野と彼と同等の力を持つ2人が各々トップを務める3チームが台頭していることを教えられる。佐野を救うためまずはチームを作ろうとした花垣は、かつての東卍メンバーが皆自分の人生を歩んでいる姿を目にし、自分のわがままに巻き込めないと考える。そんな花垣の元にバブの修理が終わったと龍宮寺から連絡が入る。龍宮寺は花垣がタイムリーパーであることを知っており、佐野を救うため過去に来た花垣に「マイキーはもうどうにもなんねぇよ」と自ら悪の道へ進んだことや、今の佐野は躊躇うことなく花垣を殺すことを伝えた。だが、そんな2人の前に六破羅単代(ろくはらたんだい)総代・寺野南(てらのさうす)が現れ、龍宮寺をチームへスカウトする。龍宮寺が「引退した」と申し出を一蹴すると、寺野は一方的に龍宮寺を攻撃、膝をつかせた後花垣へとターゲットを変更した。自分よりはるかに大きく、実力のある相手に絶体絶命の花垣だったがそこへ梵(ブラフマン)のNo.2明司武臣(あかしたけおみ)を筆頭にメンバーらが集まり、六破羅単代と梵、三天のうち2チームがそろってしまう。明司は花垣を「スカウトしにきた」と告げるも、その言葉に対し六破羅単代の鶴蝶(かくちょう)が待ったをかけた。鶴蝶の登場を皮切りに、望月莞爾(もちづきかんじ)や斑目獅音(まだらめしおん)らかつて天竺に所属していた実力のある面々が登場。しかし、それに対して明司は余裕を見せ「なぁ、千咒」とつぶやく。すると寺野の元に傘が飛び込み、間髪入れず飛び込んできたフードを被った人物が寺野にかかと落としを決めた。小柄なその人物は梵首領・瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)であり、梵には他にも荒師慶三(あらしけいぞう)や今牛若狭(いまうしわかさ)ら生きる伝説コンビも所属していた。梵と六破羅単代が抗争を始めようとしたその時、遠くからパトカーのサイレンが聞こえてたため、その場は終息した。
パトカーの到着をきっかけに蜘蛛の子を散らすように各チームのメンバーはその場を後にした。花垣は龍宮寺のバイクの後ろに乗って逃げていた。その道すがら龍宮寺は花垣に「オレは今、梵のメンバーだ」と明かした。店に戻った花垣は、元・東卍壱番隊隊員の乾青宗(いぬいせいしゅう)に梵について「梵は暴走族よりもっと、ヤクザに近い大人の愚連隊」であることや「黒いもウワサつきまとう」ことを教えてもらう。だが、梵の目的は佐野を含めた関東卍會を潰すことであり、花垣の目的もまた佐野をぶっ飛ばすことだった。利害が一致した花垣は、梵に入ることを決意した。晴れて梵のメンバーとなった花垣だったが、首領である瓦城から「今日からオマエは荷物持ちだ」と宣言され、翌日3時に原宿にて待ち合わせを言い渡された。
当日、原宿に行くとセーラー服を着た瓦城が居り、花垣は梵のトップが少女であったことに驚く。しかし、そんなことは気にも留めず瓦城は明司から預かったカードでどんどんと買い物をし、花垣は文字通りの荷物持ちとして彼女についていくしかなかった。一通り買い物が終わり、別れ際に瓦城が持っていたアイスの棒を受け取った花垣は、瓦城が自分の前で血を流しながら倒れている映像を見た。不思議な体験と映像に疑問を抱きながらも龍宮寺の家へ向かった花垣は、エレベーターのボタンを押した際、次は自分の服に赤い液体が付着している映像を見た。龍宮寺の部屋で話を終えた花垣が帰ろうとすると、お店の女性とぶつかり服に女性が持っていたトマトジュースがついてしまう。それが先ほど見た映像と一致したことから、自分が未来を見られるようになった事を確信した。
花垣は未来視の力に困惑しつつも、梵の集会へと向かう。そして瓦城はそこで7月14日に六破羅単代と関東卍會、2つのチームを同時に潰す三天戦争を決行することを宣言した。

三天戦争

三天戦争宣言後、花垣は瓦城に誘われ2人で遊園地を訪れた。そこで瓦城は明司が「梵を強くすることよりも、デカくすることが大事だと思っている」ことを打ち明け、それが実現すれば多くの人が不幸になってしまうと嘆いた。三天戦争の理由は「デカくなる前に三天時代に決着をつける」ためだった。そんな2人は短冊を見つけ、花垣は「マイキー君をぶっとばす」、瓦城は「花垣を守る」と書いた。瓦城は「こういうの初めてでさ…友だちって思ってもいいか?」と照れ臭そうに笑い、花垣はそれに「もちろん」と笑い返し握手をした。すると再び未来視が発動し、花垣は自分の前に横たわり「約束…守ったぞ…」とつぶやく瓦城の姿を見た。今回の未来視は以前より鮮明で、雨と遊園地という今の状況と「約束」という瓦城の言葉に花垣は、その未来視が今日起きる事であると確信した。瓦城がトイレへ立った際、彼女を1人にしないよう後を追う花垣の前に黒いマスクをした集団が現れ、銃を向けた。花垣は狙われているのが瓦城でなく、自分自身であり、それを守って瓦城が死ぬと悟った。しかし、1発目は花垣が瓦城を押し倒し回避、2発目を打ち込まれようとしたその瞬間、龍宮寺が2人の前に立ち、銃弾を受ける形で守った。2発目を打ち込んだ後、騒ぎになり始めたことに慌てた男らは慌ててその場を後にした。そして身を呈し花垣たちを守った龍宮寺は、救急車が到着するも間に合わず息を引き取った。
龍宮寺の死を受け、明司は六破羅単代を潰すと息巻いていた。するとそこへ寺野率いる六破羅単代、佐野率いる関東卍會も集まり、龍宮寺の弔い合戦を合わせた三天戦争が勃発してしまった。
梵、六破羅単代、関東卍會の3チームが入り乱れ戦う中、佐野と関東卍會・参謀の九井一(ここのいはじめ)はその様子を後ろから見ていた。梵の生きる伝説コンビこと荒師・今牛の2人が寺野に瞬殺された後、瓦城がその戦いを引き継いだ。一方後方で観戦していた佐野の元には鶴蝶がたどり着いた。
自分よりはるかに大きい寺野を相手にする瓦城に対し、明司は必死に止めようとする。しかし、瓦城は自分の力をセーブしていたため、実際は寺野とも互角レベルの実力があった。ただ、体格差もあってか瓦城は段々と押され始め、寺野に肩に触れられた花垣は彼が死亡する未来を見る。未来視の映像に驚く花垣の元へ鶴蝶が飛ばされてきた。鶴蝶を投げたのは、黒い衝動に支配された佐野だった。
佐野は寺野と対峙、圧倒的な実力差で寺野はボロボロになっていたが、花垣が割り込むまで寺野はそれに気づかなかった。寺野と佐野の間に割り込み、戦いを中断させた花垣だったが、佐野により手を折られ、再び佐野は寺野を攻撃、とうとう殴り殺してしまう。それを見た九井は焦り、関東卍會の勝利を宣言「立てねぇ奴には肩貸してやれ!」と解散を促した。だが依然黒い衝動に支配されている佐野は花垣に「どうやって死にてぇ?」と問いかけ、冷たいまなざしを注いだ。出会ったときのように「なーんてね」と笑い飛ばした佐野はもうそこにはおらず、花垣は一方的に佐野に殴られ続けてしまう。そんな三天戦争は瓦木が頭を下げ、梵の解散を宣言したことで2名の死者を出した三天戦争は終結した。

最終決戦

悲惨な結果で終わった三天戦争からしばらくして、花垣は2代目東京卍會を結成し9月9日、旧湾岸貨物操車場で最終決戦を行う事になった。
2代目東京卍會には、初代東卍メンバーだけでなく瓦城が、一方の関東卍會には六破羅単代を吸収したことで鶴蝶や灰谷兄弟、そしてなぜか荒師、今牛の姿もあった。そんな2代目東京卍會は50人、対する関東卍會は500人、圧倒的戦力の差を目の前に誰1人怯むことなく2代目東京卍會は関東卍會へ挑んだ。
戦いで瓦城は三途と対峙した。瓦城は、かつて自分のせいで三途の口元に一生残る傷を作ってしまったことを悔い「ハル兄ぃ、…ホントにごめんね」と涙を浮かべながら謝罪した。しかし、それを受け三途は瓦城を鉄パイプで殴り「あの日、何があったかテメェは何もわかってねぇ」と一蹴した。
一進一退の攻防戦を繰り広げた2つのチームだったが、とうとう花垣と佐野のトップ同士の戦いとなった。元々実力差がある上に、佐野は自分自身の黒い衝動を解放したため、花垣は手も足も出なかった。それでも何度も立ち上がり、佐野に向かっていった。だが佐野が日本刀で花垣を刺したことで最終決戦は強制的に幕を閉じた。

最後の世界線

佐野の持っていた日本刀で刺された花垣は、絶命する寸前に更に過去へとタイムリープしていた。
目覚ましの音で目を覚ました花垣は、時計が表示する1998年の日付を見て、タイムリープしたのか、走馬灯なのか訳が分からないままに佐野に会うべく彼の家へ向かった。佐野家の前でインターフォンを鳴らそうとすると、後ろから場地が声をかけてきた。小学生の姿の場地が生きていることに感動した花垣だったが、喧嘩を売っているのかと殴られてしまい、そこへ佐野の妹・エマや兄・真一郎や三途も登場する。自分は全員の事を知っているが、相手は知らない状況に説明をどうしようかと悩む花垣の元に、佐野本人が登場し「マイキー君」「タケミっち?」とお互いの名を呼び合い、2人同時にタイムリープしたことが発覚した。
そんな佐野、花垣は東卍結成前にタイムリープしたため、日向死亡を回避するべく原因であった稀咲を東卍創設メンバーとしたり、兄・真一郎を殺してしまった羽宮一虎(はねみやかずとら)に対しては、真一郎を殺さないようにと先回りしたりと様々な要因を排除し、東卍が悪の道にそれないように防いだ。東卍は一大勢力へと成長したが、それと同時に花垣と佐野のリベンジも終わり、東卍は解散した。

そんなやり直しから11年後、待ちに待った花垣と日向の結婚式が行われた。東卍メンバーや真一郎、エマらが参加する結婚式では、皆それぞれ自分の人生を歩んでいた。瓦城は兄・三途と一緒にYouTuberとなり活躍しており、長兄である明司は2人が稼いだ金を湯水のように使っているという噂が立っていた。

瓦城千咒/明司千壽の関連人物・キャラクター

仲間

花垣武道(はながきたけみち)

本作の主人公で、恋人・日向を救うべく過去と未来を行き来していたが、日向が生存している現代にたどり着いた後は、自分を支え守ってくれた佐野を助けるべく、タイムリープする。
作中では最弱として描かれているが、実力差のある相手に対しても立ち向かう姿が、様々なキャラクターに影響を与えている。瓦城と出会った後、彼女に「荷物持ち」にされている。

renote.net

龍宮寺堅(りゅうぐうじけん)

yuta_12276
yuta_12276
@yuta_12276

Related Articles関連記事

東京卍リベンジャーズ(東卍・東リベ)のネタバレ解説・考察まとめ

東京卍リベンジャーズ(東卍・東リベ)のネタバレ解説・考察まとめ

『東京卍リベンジャーズ』とは、和久井健によるSF・アクションを織り交ぜた異色のヤンキー漫画。主人公の花垣武道がかつての恋人を死から救うべく、暴走族「東京卍會」の総長を目指して2017年と2005年の二つの世界をタイムリープする。東京卍會の魅力的なキャラクターたちの熱い熱い友情や、敵対するチーム相手に繰り広げるバトルシーンが見どころである。連載から徐々に人気を集め、アニメ化・実写映画化もされた。「東卍」や「東リベ」の愛称で親しまれている。

Read Article

東京卍リベンジャーズ(東卍・東リベ)の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

東京卍リベンジャーズ(東卍・東リベ)の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『東京卍リベンジャーズ』とは、和久井健によるSF・アクションを織り交ぜた異色のヤンキー漫画。主人公の花垣武道がかつての恋人・橘日向を死から救うべく、暴走族「東京卍會」の総長を目指して2017年と2005年の2つの世界をタイムリープする。東京卍會の魅力的なキャラクターたちの熱い熱い友情や、敵対するチーム相手に繰り広げるバトルシーンが見どころ。ここでは武道や日向をはじめ、作中に登場するキャラクターたちの恋愛模様についてまとめた。

Read Article

東京卍リベンジャーズの回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

東京卍リベンジャーズの回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

『東京卍リベンジャーズ』とは、和久井健によるSF・アクションを織り交ぜた異色のヤンキー漫画。アニメ化・実写映画化もされ、連載は人気絶頂の内に終了した。魅力的なキャラクターたちの熱い友情や、敵対するチーム相手に繰り広げるバトルシーンが見どころ。サスペンス要素も含まれており、ファンの間では伏線考察も大いに盛り上がった。しかし、中には回収されていない伏線もいくつかあり、謎が残ったままになっている。ここでは回収済みの伏線と、未だに謎のままの未回収になっている伏線について解説する。

Read Article

東京卍リベンジャーズ(東卍・東リベ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

東京卍リベンジャーズ(東卍・東リベ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『東京卍リベンジャーズ』とは、和久井健によるSF・アクションを織り交ぜた異色のヤンキー漫画。主人公の花垣武道がかつての恋人を死から救うべく、暴走族「東京卍會」の総長を目指して2017年と2005年の2つの世界をタイムリープする。東京卍會の魅力的なキャラクターたちの熱い熱い友情や、敵対するチーム相手に繰り広げるバトルシーンが見どころ。また、心を揺さぶる熱い名言も多いと話題になった。ここでは作中に登場した印象的なセリフやシーンを紹介していく。

Read Article

九井一(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

九井一(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

九井一(ここのいはじめ)/ココとは、和久井健による漫画『東京卍リベンジャーズ』の登場する人物。元々は黒龍の十代目親衛隊長だったが、その後東京卍會に加入し、更に天竺へ移り幹部として、力を誇示している。 『東京卍リベンジャーズ』とは、主人公の花垣武道がタイムリープの能力に目覚め、かつての彼女が殺される未来を変えるために、元凶である不良グループ”東京卍會/東卍”で成り上がる物語を描いた漫画。2021年にアニメ化、実写映画化されている。

Read Article

鶴蝶(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

鶴蝶(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

鶴蝶(かくちょう)とは、和久井健が『週刊少年マガジン』(講談社)で連載している漫画『東京卍リベンジャーズ(とうきょうリベンジャーズ)』の登場人物で、暴走族「天竺(てんじく)」の四天王筆頭であり、「喧嘩屋(けんかや)」の通り名を持っている。 鶴蝶は、主人公「花垣武道(はながきたけみち)」と幼馴染である。武道が所属する暴走族「東京卍會(とうきょうまんじかい)」と鶴蝶が所属する暴走族「天竺(てんじく)」が抗争することとなり二人は再会する。

Read Article

花垣武道(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

花垣武道(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

花垣武道(はながきたけみち)とは、和久井健によるタイムリープ×ヤンキー漫画『東京卍リベンジャーズ』の主人公である。大人になってどん底の人生を歩んでいたある日、中学生時代の彼女である橘ヒナタが東京卍會に殺されたことをテレビのニュースで知る。そんな彼女を救うため、またダメダメな自分の人生を変えるため、12年前の中学生時代に何度もタイムリープし、未来を変えようと奮起する。武道は、喧嘩は強くないがピンチの時ほど自分や仲間を奮起させ何度もピンチを乗り越えたくさんの勇気を読者に与えてくれる主人公だ。

Read Article

龍宮寺堅/ドラケン(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

龍宮寺堅/ドラケン(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

龍宮寺堅(りゅうぐうじけん)/ドラケンとは、和久井健による漫画『東京卍リベンジャーズ』の登場する、東京卍會/東卍の創設時メンバーの一人で、副総長。金の辮髪と左のこめかみに彫られた、龍の入れ墨が特徴。 『東京卍リベンジャーズ』とは、主人公の花垣武道がタイムリープの能力に目覚め、かつての彼女が殺される未来を変えるために、元凶である不良グループ”東京卍會/東卍”で成り上がる物語を描いた漫画。2021年にアニメ化、実写映画化されている。

Read Article

柴八戒(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

柴八戒(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

柴八戒(しばはっかい)とは、和久井健が『週刊少年マガジン』(講談社)で連載している漫画『東京卍リベンジャーズ(とうきょうリベンジャーズ)』の登場人物で、暴走族「東京卍會」の弐番隊副隊長である。弐番隊隊長の三ツ谷は幼馴染であり、兄のように慕っている。背が高く整った容姿をしているが、女の子に話しかけられただけで思考が止まる程の奥手な男である。実兄の柴大寿が暴走族「黒龍」の総長を務めており、この兄弟の関係が大きな抗争の火種となる。

Read Article

佐野万次郎/マイキー(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

佐野万次郎/マイキー(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

佐野万次郎(さの まんじろう)/マイキーとは、和久井健による漫画『東京卍リベンジャーズ』の登場人物で、東京卍會/東卍の創設メンバーの一人にして総長。愛称はマイキーで、喧嘩の腕前は、強者揃いの東卍の中でもトップ。高いカリスマ性を放ち”無敵のマイキー”の異名を持つ。 『東京卍リベンジャーズ』とは、主人公の花垣武道がタイムリープの能力に目覚め、かつての彼女が殺される未来を変えるために、元凶である不良グループ”東京卍會/東卍”で成り上がる物語を描いた漫画。2021年にアニメ化、実写映画化されている。

Read Article

黒川イザナ(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

黒川イザナ(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

黒川イザナ(くろかわイザナ)とは、和久井健が『週刊少年マガジン』(講談社)で連載している漫画『東京卍リベンジャーズ(とうきょうリベンジャーズ)』の登場人物で、元「黒龍(ブラックドラゴン)」八代目総長である。 主人公「花垣武道(はながきたけみち)」が所属する暴走族「東京卍會(とうきょうまんじかい)」の総長「佐野万次郎(さのまんじろう)」の兄弟として登場する。「東京卍會(とうきょうまんじかい)」を潰そうと敵対する「天竺(てんじく)」の総長でもある。

Read Article

半間修二(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

半間修二(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

半間修二(はんま しゅうじ)とは、和久井健原作の『東京卍リベンジャーズ』に登場する人物。左の手の甲に『罪』、右には『罰』という刺青を彫っている。腕っぷしが強く、かつては『歌舞伎町の死神』と呼ばれた。物語の序盤から登場し、常に稀咲鉄太と共に行動をしている。稀咲の野望を達成させるため、彼の指示に忠実に従い、様々な抗争で重要な役割を担っている。主人公である花垣武道が率いる二代目東京卍會と佐野万次郎が率いる関東卍會と最終決戦でも遊撃隊として参加している。

Read Article

三途春千夜(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

三途春千夜(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

三途春千夜(さんず はるちよ)とは、和久井健原作の『東京卍リベンジャーズ』に登場する人物である。東京卍會に所属し、総長のマイキーこと佐野万次郎を唯一絶対の“王”として心酔している。マイキーが東京卍會を解散させ、新しく関東卍會を創設した時には副総長として付き従い、マイキーが犯罪組織梵天の首領となっている未来でも組織のNo.2として支え続ける。マイキーの未来を左右する重要な人物の一人であり、彼のためならば躊躇せずに他人を痛めつけ、命を奪う狂気じみた一面を持つ。

Read Article

河田ソウヤ/アングリー(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

河田ソウヤ/アングリー(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

河田ソウヤ(かわたそうや)/アングリーとは、和久井健による漫画『東京卍リベンジャーズ』の登場する、東京卍會/東卍の肆番隊の副総長。隊長の河田ナホヤ(かわたなほや)/スマイリーとは双子で、肆番隊を盛り立てる。泣くとリミッターが外れ、鬼となる一面を持っている。 『東京卍リベンジャーズ』とは、主人公の花垣武道がタイムリープの能力に目覚め、かつての彼女が殺される未来を変えるために、元凶である不良グループ”東京卍會/東卍”で成り上がる物語を描いた漫画。2021年にアニメ化、実写映画化されている。

Read Article

佐野エマ(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

佐野エマ(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

佐野エマ(さのえま)とは、和久井健が『週刊少年マガジン』(講談社)で連載している漫画『東京卍リベンジャーズ』の登場人物で、暴走族「東京卍會」総長・マイキーこと佐野万次郎の妹である。副総長の龍宮寺堅に想いを寄せている。主人公の花垣武道と橘日向の恋愛を応援しているが、自分の恋愛には臆病で不器用な女の子。幼少期に親に捨てられたが、兄たちのおかげで明るく元気な性格へと育った。友達や仲間想いで、物語でも重要な役割をしている。

Read Article

乾青宗(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

乾青宗(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

乾青宗(いぬい せいしゅう)とは、和久井健原作の『東京卍リベンジャーズ』に登場する人物。黒龍に強く執着しており、初登場時は十代目黒龍に所属して主人公たちとは敵対関係にあった。総長を倒されチームが瓦解してからは東京卍會に所属して、黒龍の時にも行動を共にしていた九井一と共に十一代目黒龍を継承し、花垣武道の部下となった。関東事変後には九井と別々の道を歩み、東京卍會が解散した後はカタギになっていたが、関東卍會と戦うことを意気込む武道に新チームに誘われて最終決戦に参加した。

Read Article

東京卍リベンジャーズ~場地圭介からの手紙〜のネタバレ解説・考察まとめ

東京卍リベンジャーズ~場地圭介からの手紙〜のネタバレ解説・考察まとめ

『東京卍リベンジャーズ~場地圭介からの手紙〜』とは2022年より『マガジンポケット』で連載が開始された『東京卍リベンジャーズ』の公式スピンオフ作品である。原作『東京卍リベンジャーズ』の作者・和久井健全面監修のもと、夏川口幸範が漫画を担当。中学へ進学した松野千冬は不良たちに襲撃されるが、その際、場地圭介に助けられた。その日から、場地についていくと決める。しかし、場地は佐野万次郎をトップとした東京卍會と芭流覇羅の抗争で命を落としてしまう。場地と松野の出会いから別れまでを描いた作品である。

Read Article

三ツ谷隆(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

三ツ谷隆(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

三ツ谷隆(みつやたかし)とは、主人公の花垣武道(はながきたけみち)が東京卍會(とうきょうまんんじかい)の抗争に巻き込まれ亡くなる元彼女の橘日向(たちばなひなた)を救うためにタイムリープする物語、『週刊少年マガジン』の人気漫画『東京卍リベンジャーズ』(作・和久井健)の登場人物で、弐番隊隊長を務める東京卍會創設メンバー。2人の妹の面倒を幼い時から見ているため、メンバーに対しても面倒見がよく、チームのまとめ役のような存在。また、手先が器用な一面もあり、ファッションデザイナーになっている未来もある。

Read Article

河田ナホヤ/スマイリー(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

河田ナホヤ/スマイリー(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

「河田ナホヤ(かわたなおや)」とは、和久井健が『週刊少年マガジン』(講談社)で連載している漫画『東京卍リベンジャーズ(とうきょうリベンジャーズ)』の登場人物で、暴走族「東京卍會」の肆番隊隊長である。 河田ナホヤは、常に笑顔でいるので「スマイリー」と呼ばれているが、実は冷徹な性格でその本性を知るメンバーからは「鬼」と称されている。 東京卍會で創設メンバーではないが、数少ない隊長を任せられた実力者。

Read Article

橘日向(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

橘日向(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

橘日向(たちばな ひなた)とは、和久井健原作の『東京卍リベンジャーズ』に登場する人物である。本作のヒロインで、主人公である花垣武道の中学生時代の恋人。東京卍會に命を奪われた日向を救うため、武道はタイムリープを続ける。正義感が強く、常に武道の味方に立ち、数々の困難を前に挫けそうになるのを何度も立て直して救ってきた。武道が関東卍會との最終決戦に挑む際にも、戦いへの意気込みを語る武道の強がりを見抜き、あえて弱音を吐き出させてその心を整えた。

Read Article

羽宮一虎(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

羽宮一虎(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

羽宮一虎は、和久井健による漫画、『東京卍リベンジャーズ』の登場人物。「無敵のマイキー」と呼ばれるカリスマ総長・佐野万次郎と副総長・龍宮寺堅の下5つの部隊からなる東京卍會の創設メンバーの一人であったが、のちに敵対する暴走族・芭流覇羅の幹部となる。 容姿は整っており、黒に金色のメッシュが入った髪形が特徴である。人の爪を剥ぐことが好きという一面を持つなど、登場人物内でも群を抜く残虐性の持ち主。

Read Article

松野千冬(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

松野千冬(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

松野千冬(まつの ちふゆ)とは、『東京卍リベンジャーズ』の登場人物で、不良チーム「東京卍會」壱番隊副隊長。仲間想いで真っ直ぐな性格をしており、忠誠心も強い。壱番隊隊長・場地圭介を尊敬しており、後輩として付いて行くと心に決めていた。主人公・花垣武道とは相棒になり、それぞれの目的のために協力し合う。場地の死後は彼の遺志を継ぎ、武道を壱番隊隊長に指名した。武道からタイムリーパーであると打ち明けられた後も、武道を信じて共闘する。

Read Article

佐野真一郎(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

佐野真一郎(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

佐野真一郎(さのしんいちろう)とは、和久井健が『週刊少年マガジン』(講談社)で連載していた漫画『東京卍リベンジャーズ』の登場人物で、暴走族「東京卍會」総長・マイキーこと佐野万次郎の兄である。伝説の暴走族「黒龍(ブラックドラゴン)」の初代総長。喧嘩が弱くて女にもモテないが、男からは好かれる人物。仲間思いであり、兄弟も大切にしている。マイキーを取り巻く事件に関係していることが多く、闇落ちの原因ともいえる。バイクが好きでバイク屋を営んでいる。

Read Article

場地圭介(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

場地圭介(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

場地圭介(ばじけいすけ)とは、和久井健によるタイムリープ×ヤンキー漫画『東京リベンジャーズ』の登場人物である。 不良集団である東京卍會の創設メンバーの一人で、壱番隊隊長を務める。総長であるマイキーからは幼馴染ということもあり、絶大な信頼を置かれている。 集会で主人公であるタケミチと初対面した際に、いきなり殴りかかるほどの喧嘩っ早い性格の反面、仲間思いという心優しい一面をもつ。 好きな食べ物はペヤング。

Read Article

橘直人(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

橘直人(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

橘直人(たちばななおと)とは、和久井健が『週刊少年マガジン』(講談社)で連載している漫画『東京卍リベンジャーズ(とうきょうリベンジャーズ)』の登場人物で、ヒロインの「橘日向(たちばなひなた)」の弟である。 直人は、警察として登場し、主人公「花垣武道(はながきたけみち)」が過去へタイムリープするトリガーとしての役割を担っている。過去では、武道にタイムリープしていることを打ち明けられ、それを信じたことから物語がはじまる。

Read Article

灰谷蘭(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

灰谷蘭(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

灰谷蘭(はいたにらん)とは『東京卍リベンジャーズ』の登場人物である。長身で線の細い体格と平行眉毛が特徴。六本木のカリスマと呼ばれており、チームには所属しない不良だった。灰狂戦争と呼ばれる抗争で傷害致死罪になり、少年院に。その後、そこで出会った黒川イザナが総長を務める天竺に所属した。また、少年院では昭和62年生まれかつ、凶悪なメンバーが居た。蘭含め彼らはS62世代・極悪の世代と呼ばれている。

Read Article

NEW
柴大寿(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

柴大寿(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

柴大寿(しばたいじゅ)とは、和久井健が『週刊少年マガジン』(講談社)で連載している漫画『東京卍リベンジャーズ』の登場人物である。佐野万次郎の兄・佐野真一郎が創設した黒龍の10代目の総長であり、絶対君主としての振る舞いは歴代最狂最悪とうたわれている。青と薄い水色のツートンカラーの髪と筋骨隆々とした体形が特徴。柴家の長女である柴柚葉と東京卍會の弐番隊副隊長・柴八戒の兄であるが、父子家庭だったため彼女たちの父親代わりとして躾をしていた。

Read Article

灰谷竜胆(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

灰谷竜胆(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

灰谷竜胆(はいたにりんどう)とは『東京卍リベンジャーズ』の登場人物である。兄・灰谷蘭とは対照的な、つり上がった眉としっかりした体型が特徴。蘭と一緒に不良の道を歩み、六本木のカリスマとして名を馳せていた。また、灰谷兄弟と六本木狂極というチームとの抗争灰狂戦争後は、少年院に入所した。そこで出会った黒川イザナが総長を務めるチーム・天竺に兄とともに所属。作中では、兄と抜群のコンビネーションを見せ、対戦相手を倒す姿が描かれている。

Read Article

林田春樹/パーちん(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

林田春樹/パーちん(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

林田春樹(はやしだはるき)とは『東京卍リベンジャーズ』の登場人物。通称はパーちんで、金髪のモヒカンとがっちりとした体形が特徴。東京卍會創設メンバーの1人で、参番隊長を務めている。8・3抗争のきっかけとなった長内を刺したことにより、少年院へとはいることになる。副隊長である林良平とは幼馴染であり親友で、2人とも佐野の事を尊敬している。

Read Article

林良平/ぺーやん(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

林良平/ぺーやん(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

林良平(はやしりょうへい)とは『東京卍リベンジャーズ』の登場人物で通称はぺーやん。金色の短髪と白目が多い瞳が特徴。また、漫画本編では1人だけセリフのフォントを変えてだみ声を表現している。東京卍會・参番隊副隊長を務めており、隊長である林田春樹とは幼馴染であり、親友。その絆は現代でも変わることなく、右腕として林田を支えている。喧嘩の実力は確かなものであり、関東事変の際は元黒龍総長・斑目獅音を一撃で倒していた。

Read Article

柴柚葉(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

柴柚葉(東京卍リベンジャーズ)の徹底解説・考察まとめ

柴柚葉(しばゆずは)とは『東京卍リベンジャーズ』の登場人物である。センター分けの明るいロングヘアで、短めのスカートにルーズソックスというギャル風な外見をしている。男勝りで強気な性格をしており、作中で攻撃シーンのある女性キャラの1人である。兄は黒龍の総長・柴大寿、弟は東京卍會の弐番隊副隊長・柴八戒。また、八戒と同じ隊の隊長である三ツ谷隆は幼馴染で兄弟のような存在と語っている。若干ブラコン気味な性格であり、携帯の待ち受けは八戒である。

Read Article

目次 - Contents