半間修二(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

半間修二(はんま しゅうじ)とは、和久井健原作の『東京卍リベンジャーズ』に登場する人物。左の手の甲に『罪』、右には『罰』という刺青を彫っている。腕っぷしが強く、かつては『歌舞伎町の死神』と呼ばれた。物語の序盤から登場し、常に稀咲鉄太と共に行動をしている。稀咲の野望を達成させるため、彼の指示に忠実に従い、様々な抗争で重要な役割を担っている。主人公である花垣武道が率いる二代目東京卍會と佐野万次郎が率いる関東卍會と最終決戦でも遊撃隊として参加している。

半間修二の概要

半間修二とは、漫画・アニメ『東京卍リベンジャーズ』に登場する人物で、物語の黒幕として描かれている稀咲鉄太(きさき てった)の野望を叶えるため、常に稀咲に従い、行動を共にしている。

喧嘩好きで腕っぷしも強く、歌舞伎町の”死神”と周囲から呼ばれ、と恐れられている。また、抗争の場でもすぐに居場所が分かるほど背が高く、喧嘩の強さも相まって抜群の存在感を感じさせる。大抵の敵を蹴り一発で倒す通称『無敵のマイキー』こと東京卍會(とうきょうまんじかい)総長の佐野万次郎(さの まんじろう)の蹴りを作中で初めて手で受け止めた人物で、マイキーの1番の腹心である東京卍會副総長の龍宮寺堅(りゅうぐうじ けん)とも互角に戦う実力もの持ち主である。

また、半間は常に稀咲の指示で動いていたため、稀咲とともに様々なチームを転々としてきた。稀咲と敵対するチームを率いていたこともあったが、それも稀咲の指示だったのだ。作中で初めて登場したときには、愛美愛主(メビウス)の”仮”総長であった。その次は、愛美愛主の過半数のメンバーと東京卍會の敵対勢力をまとめ上げて作った芭流覇羅(バルハラ)の副総長として登場した。この抗争で東京卍會に敗れた半間は稀咲の手引きで東京卍會の傘下へと下り、東京卍會の陸番隊(ろくばんたい)隊長へと就任した。しかし、主人公の花垣武道(はながき たけみち)を陥れようと稀咲と半間は行動するも失敗。二人は東京卍會を追放される。その後は、稀咲についていった先の横浜に拠点を置いている天竺(テンジク)に幹部として迎えられ、再び東京卍會と対立する。抗争終結間際に稀咲が交通事故で死亡し、警察から追われてチームから離れていた。武道が10年前にタイムリープした際には、マイキー率いる関東卍會(かんとうまんじかい)の遊撃隊に所属している。

他人に興味がない半間が、唯一気に入っているのが稀咲である。稀咲との出会いは、16歳の時に八代目愛美愛主(メビウス)総長の長内信高(おさない のぶたか)からの紹介がきっかけである。出会い頭に稀咲から「オレの駒になれ」と言われ、稀咲は他の人間とは違うと直感で感じて以来、稀咲の刀としてずっと行動を共にしている。稀咲がトラックに轢かれて死んだ時には、目から大粒の涙を流してその死を悼んだ。警察に追われて逃亡生活をしている中でも、稀咲の墓参りに訪れた。

半間修二のプロフィール・人物像

CV:江口拓也
通り名:歌舞伎町の”死神”
刺青の位置:左手の甲に”罪”、右手の甲に”罰”
身長:192㎝
体重:70㎏
年齢:16歳(2005年)/28歳(2017年)
誕生日:1989年10月27日
星座:さそり座
血液型:AB型
イメージカラー:紫

ゾクゾクすることが好きで、お気に入りの場所は乱闘中の場所というほどの戦闘狂。
動体視力がいいため、これまでマイキー以外からはクリーンヒットを受けたことがない。
「だりぃ」が口癖の面倒くさがり屋で、将来は奴隷を100人はべらせて起きてから寝るまでの面倒くさいことを全てやらせたいと考えている。
自分以外の人間のことは大体嫌っているものの、稀咲のことだけは気に入っている。
特技は人の歯を折ること。抗争時には隊員に「逃げたら追い込みかけて歯全部なくなるまでボコるかんな!?」と過激な発言もしており、他者を痛めつけることに対して何の感情も抱かない様子を見せる。

半間修二の強さ

東京卍會のトップにも引けを取らぬ実力者

半間は非常に好戦的で腕っぷしが強い人物である。筋肉質な肉体ではないが、10対1の戦いでも圧勝するほどの実力を持つ。
8・3抗争では東京卍會(とうきょうまんじかい)マイキーからの会話途中に繰り出された不意打ちともいえる蹴りを見事受け止めたうえ、抗争中マイキーをたった一人で相手し続けた。そして、大きな怪我を負うこともなく、最後には悠々と部下のバイクでその場を後にするなどの余裕も見せた。

マイキーの蹴りは『核弾頭』と比喩されるほど強烈で、大抵の不良はマイキーからの初発の蹴りで昏倒する。それゆえ、子どもの頃から含めて人生で一度も喧嘩で負けたことがなく『無敵のマイキー』と敵対する不良たちには恐れられ、仲間たちからは尊敬の念を集めていた。半間が”仮”総長となる前の愛美愛主の八代目総長である長内や、後の抗争で登場する十代目黒龍(ブラックドラゴン)の総長である柴大寿(しば たいじゅ)も、マイキーが最初に放った蹴り一発で昏倒している。そのため、半間と対峙した際、半間にその蹴りを完全に見切って受け止められた時には周囲もマイキー自身も驚きの表情を見せた。

半間修二の来歴・活躍

8・3抗争(ハチ・サンこうそう)

東京卍會の副総長の座を獲得しようと目論む稀咲の策略により、半間率いる愛美愛主と、稀咲にそそのかされた東京卍會の参番隊副隊長のペーやんこと林良平(はやし りょうへい)が、一人になったドラケンを襲撃する。なんとかドラケンの危機に武道やマイキーを含めた東京卍會メンバーは間に合うが、半間がその場にいる愛美愛主隊員全員を脅し奮い立たせたことで、東京卍會と愛美愛主との抗争が勃発する。稀咲からそそのかされた参番隊のキヨマサこと清水将貴(しみず まさたか)は、抗争に紛れてドラケンにナイフを突き立てた。重症を負ったドラケンへ駆け寄ろうとするマイキーを半間はすかさず邪魔する。ドラケンは、当時まだ東京卍會隊員でなかった武道に託される。
抗争終結の際、半間はその場を離れる直前に、マイキーへ向かってこれから芭流覇羅(バルハラ)という総勢300人のメンバーによって構成される関東最凶の暴走族連合ができることを宣言する。その時点における東京卍會の総隊員数は50人。戦力差は明らかであった。稀咲はそこにつけこみ、愛美愛主の中でも東京卍會と同世代である平成2年生まれのメンバーを引き連れ東京卍會に入り込むことに成功する。そして、8・3抗争後に開かれた集会で稀咲は参番隊隊長の座を手に入れた。

血のハロウィン

愛美主愛の構成員のうち、マイキー達と同世代の平成2年生まれの愛美愛主のメンバーは稀咲と共に東京卍會へ行き、その他平成1年生まれと昭和63年生まれの不良たちは半間にまとめられ、東京卍會に敵対する勢力と合流して芭流覇羅を作り上げた。そこへ、チーム内で問題を起こしていた東京卍會創設メンバーである壱番隊隊長の場地圭介(ばじ けいすけ)が芭流覇羅へ移籍すること宣言する。半間は場地が東京卍會のスパイではないかと疑い、踏み絵と称して場地の一番の腹心であった壱番隊副隊長の松野千冬(まつの ちふゆ)を徹底的に殴らせる。さらに証人喚問と称して、羽宮一虎(はねみやかずとら)に武道を連れてこさせると、場地が本当に東京卍會を裏切ったのかを証言をさせる。それにより、正式に場地は芭流覇羅への加入を認められ、芭流覇羅は東京卍會へ宣戦布告する。

一つ目は、一虎を利用して東京卍會での稀咲の地位を向上させること。卑怯な手を厭わない一虎にマイキーを徹底的に痛めつけさせ、そこへ稀咲自身が部下と共にマイキーの窮地を救うことで、チーム内での自身の信用性を絶対的なものにしようとしていた。二つ目は、場地を始末すること。稀咲の企みに気づき、自分の邪魔を目論んでいる場地を、一虎を操って抗争に紛れて始末させようとした。三つ目は、マイキーへ恩を売ること。一虎をそそのかしてマイキーの目の前で場地を殺させることで、マイキーの理性のタガを外し衝動のままに一虎を殺させ、マイキーの殺人の罪を自身が用意した替え玉に被せることでマイキーに恩を売ろうとした。

そのために、まず一虎がマイキーと集中して戦えるように、半間はドラケンに戦いを挑む。ドラケンは半間の相手で手一杯になり、マイキーのピンチに駆けつけることができない。そこへ稀咲が仲間を引き連れて、マイキーの窮地を救う。稀咲の思惑通り、ドラケンをはじめとした東京卍會のメンバーは、マイキーを救った稀咲へ大きな信頼を抱く。

そこへ場地が姿を現し稀咲へと牙をむいたことから、半間は稀咲の二つ目の目的である場地の排除のために行動を起こす。ドラケンの相手をいったん部下に任せ、やはり場地は裏切り者であったと携帯で一虎に連絡を入れて場地の殺害をほのめかしたのである。一虎は元々精神が不安定であったこともあり、半間に言われるままに場地を刺してしまう。

倒れた場地を見ながら、稀咲は今度はマイキーへと一虎の始末を暗にそそのかす。マイキーは理性のタガが外れ、マイキーは一虎を殴り殺そうとする。本来の未来ではすべて稀咲の思惑通りにことが進むが、今回はタイムリープをした武道が、マイキーへの決死の説得を試みる。場地の東京卍會メンバーを想う強い気持ちを知り、マイキーが一虎の殺害を思い留まったことで、稀咲の三つ目の目論見は失敗した。しかし、稀咲は東京卍會内での自身の信用性の向上と、邪魔な場地の排除には成功をして、この抗争は幕を閉じた。

聖夜決戦(クリスマスけっせん)

血のハロウィンの抗争終結後に開かれた集会にて、芭流覇羅率いる半間もまた稀咲の手引きによって東京卍會へと加入した。そして、武道もまた血のハロウィンでの功績を認められて、場地亡き後の壱番隊隊長へと任命される。怒りで我を忘れたマイキーが一虎を殺してしまう最悪の事態を回避したこと、自身が壱番隊隊長に就任したことで未来が変えられたのではと期待し、武道は再び2017年へとタイムリープした。

その未来では、武道を含めたかつての東京卍會の隊長たちが未来の東京卍會の最高幹部として健在していた。しかし、その場には過去の東京卍會にはいなかった元黒龍(ブラックドラゴン)というチームのメンバーもまた最高幹部として君臨していた。その後、稀咲に武道と千冬は二人して呼び出され、目の前で千冬は稀咲によって射殺されてしまう。絶望する武道だったが、直後に室内照明が落ち未来の一虎に救出される。そして、一虎から現在の東京卍會についての情報を教わり、未来は全く好転していないことを知る。その後、一虎の手引きで武道は自身のタイムリープのトリガーである橘直人(たちばな なおと)と再会し、今度こそ未来の東京卍會を変えるために、東京卍會とマイキーを歪めている稀咲と黒龍メンバーを東京卍會から追い出すことを誓って再度タイムリープをして過去へ戻った。

過去へ戻った直後、武道は未来の東京卍會最高幹部の一人であった柴八戒(しば はっかい)と知り合う。その時の八戒はまだ黒龍ではなく、東京卍會の弐番隊副隊長であった。また、その折に、八戒の家では黒龍十代目総長である長男の柴太寿(しば たいじゅ)によるDVが横行していることを知る。だから、未来で八戒は太寿を殺して、黒龍を乗っ取り、未来の東京卍會の最高幹部となって君臨していたのだと悟る。そこで、武道は黒龍が東京卍會入りをしないようにするため、八戒が太寿を殺害しないように行動することを決意する。しかし、その矢先にたまたま武道と遭遇した太寿によって一方的に殴られてしまう。

すぐに東京卍會の隊長たちによる幹部会が開かれ、東京卍會壱番隊隊長である武道を痛めつけた行為は東京卍會への宣戦布告であると判断が下された。しかし、三ツ谷の機転によって太寿との話し合いの場が設けられ、八戒の黒龍への移籍を条件に東京卍會と黒龍の全面戦争はなくなる。しかし、それでは八戒が太寿を殺すという未来が変わることはないため、武道は東京卍會には黙って行動を起こすことを決意する。そして、そんな武道へ稀咲と半間が協力を申し出る。血のハロウィン以降、武道と行動を共にするようになった千冬は2人を怪しむが、武道が未来を変えるためならば敵であっても手を組むと千冬を説得し、4人は期間限定ではあるが手を組むこととなった。

ところが、稀咲が武道に協力を名乗り出た目的は、これまで数々の計画を邪魔してきた武道への嫌がらせと、八戒と同じく太寿からのDVに悩む太寿の妹である柴柚葉(しば ゆずは)に太寿の殺害をさせて弟の八戒に黒龍を引き継がせ、黒龍を東京卍會へ吸収することであった。そのため、武道には八戒が太寿を殺害するであろう場所をあえて特定して教え、武道が八戒の説得に武道が集中できるように、稀咲と半間と千冬の3人がかりで太寿を足止めするという計画を表面上提案した。一方で、柚葉には八戒を守るためには太寿を殺すしかないとナイフを渡して唆す。そして、武道の作戦決行当日、武道に八戒の説得を託した振りをして、稀咲は半間に千冬を柱へ縛り付けさせ、太寿の殺害が滞りなく決行されるように動いた。

この目論見は武道の奮闘と、なんとかその場へ駆けつけた千冬たち東京卍會のメンバーによって無事阻止される。そして、稀咲はこの件を後の集会で咎められ、東京卍會を弁解の余地なく追放されてしまう。半間はそんな稀咲に従って共に東京卍會を出た。

関東事変

太寿殺害を阻止し、稀咲と半間が揃って東京卍會を追放されたことで未来を変えられたと期待した武道は再び未来へと帰る。しかし武道が戻ったのは、三ツ谷の葬儀の日であった。直人によれば、東京卍會の主要メンバーがマイキーの手によって殺されているという。そんなことは到底信じられない武道だったが、自宅の机にフィリピンから届いたマイキーからのハガキに気づき、マイキーの元へと向かう。フィリピンにて無事再会を果たし喜び合う二人だったが、マイキーは東京卍會の幹部たちを殺したのは自分だと告白をする。そして、そんな自分を殺せと武道に告げた。泣きながら自分を説得する武道に痺れを切らし、マイキーは武道に銃口を突きつけた。そこへ直人が現れて発砲し、マイキーは絶命した。こんな未来など変えてやると強い意志を持って、武道は再度タイムリープをして過去へと戻る。

すると、戻った先で武道たち東京卍會は天竺(テンジク)というチームから強襲を受ける。それを率いていたのは天竺の総参謀となった稀咲と、幹部となった半間だった。東京卍會を追放された稀咲は、自分にとっての新たな東京卍會を作り上げるために、横浜に拠点を置く天竺に加入していたのったのだ。天竺は勝つためには手段を選ばないチームで、東京卍會の弐番隊長である三ツ谷と肆番隊隊長であるスマイリーを武器を使って不意打ちで病院送りにした。東京卍會の総長であるマイキーと副総長のドラケンの戦力も削るためにに、マイキーの妹であり、ドラケンの想い人でもあった一般人の佐野エマ(さの えま)さえも稀咲自身の手によって殴り殺した。

その結果、東京卍會は天竺との抗争直前に戦力面において大打撃を受け、抗争には武道以外の隊長格が欠けた状態望まなくてはならなくなってしまった。それでも、武道の声掛けによって東京卍會のメンバーは心を奮い立たせ、主力を欠こうとも東京卍會としての誇りを貫くために天竺との戦いに向かう。当然、天竺との抗争は苦戦を強いられた。しかし、肆番隊副隊長であるアングリーこと河田ソウヤ(かわたそうや)が真の力を発揮したことと、武道の脅威の粘りでなんとか持ちこたえる。それでも天竺の勢いは止まらず、東京卍會の敗戦の色が濃くなってきたところ、何とか心を持ち直したマイキーとドラケンが抗争の場に姿を現した。総長同士の激しい戦いの末、マイキーが勝利をおさめると、敗北に絶望した天竺の総長である黒川イザナ(くろかわ いざな)がマイキーへ拳銃を構える。イザナの腹心である鶴蝶(かくちょう)が諫めようとする一方、計画が再び頓挫した稀咲は焦りと怒りから、次の傀儡相手であるイザナを正気に戻そうとする鶴蝶へ発砲する。しかし、イザナが鶴蝶を庇って被弾してしまいイザナはそのまま死んでしまう。

稀咲は絶体絶命のピンチに陥る。すると、そこへ半間がバイクで颯爽と稀咲を搔っ攫い、その場から離脱する。それにすかさずドラケンが反応し、自身が運転するバイクに武道も乗せて2人を追いかけた。すぐにその距離は詰められ、焦った稀咲によって半間のバイクはバランスを崩して転倒。それでも半間は稀咲を逃がすためドラケンと対峙する。バイクから転倒したため頭から血を流しており万全のコンディションでなかったが、半間は武器を片手にドラケン相手に稀咲が逃げ切るまでの時間をなんとか稼ぐべく尽力した。しかし、半間の想いも虚しく稀咲は逃走中にトラックに撥ねられ死んでしまう。稀咲の死体を目にした半間は、ボロボロと大粒の涙を流しその死を悼んだ。関東事変は、首謀者の稀咲の死によって幕を閉じた。

その後、抗争によって死亡したエマとイザナは、稀咲が主犯、半間が共犯で殺害したものとして警察に処理される。稀咲の死後、目深にフードを被り、サイレンの音が聞こえればすかさずその場から離れるといった逃亡生活を強いられることになった。

関東卍會VS二代目東京卍會

武道の恋人であるヒナこと橘日向(たちばな ひなた)を殺し続けてきた張本人である稀咲が死んだことにより、未来を変えることができたと希望を抱いて武道は未来へと帰った。そこには、最愛の恋人ヒナと笑顔の東京卍會のメンバーの姿という、武道が望み続けた光景があった。しかし、その場にマイキーだけいなかった。マイキーは梵天という新たな犯罪組織のトップへとなっており、東京卍會のメンバーとも12年前から袂を分かっていたのだ。その後、一虎の協力によって、なんとか未来のマイキーと再会するものの、マイキーはすっかりやせ細り、目の下には濃い隈をつけ、髪は白髪となっており、表情もなく、まるで別人のようになっていた。そして、マイキーは武道と対面した瞬間、武道へ向けて発砲した。それでも武道はマイキーは1人で苦しみ続けていることを悟り、マイキーに声をかけ続けるが、マイキーはその声を無視して全てを終わらせようと自らの足で屋上から飛び降りる。しかし、地面へと落ちる前に武道が窓から手を伸ばしマイキーの腕を掴んで、2人は再び言葉を交わす。すべてを諦めた様子のマイキーに対して、重傷を負いつつも懸命にマイキーの腕をつかみ続ける武道。撃たれても自分を救うことを諦めない武道の姿は、マイキーの心を揺さぶった。しかし、武道は重傷を負っている上片手で掴み続けているため、段々と手が滑って行ってしまう。掴んでいる先が腕から手の平になった瞬間、ようやくマイキーも力強く武道の手を握り返して武道へ涙ながらに助けを求めた。すると、武道の意識が再び過去へと飛び、武道は10年前へとタイムリープする。

これまでのタイムリープとは違い、10年前にタイムリープした武道。それはマイキーが東京卍會を去った過去だった。マイキーは東京卍會のメンバーと袂を分かち、新たに関東卍會(カントウマンジカイ)というチームを作り、同じく関東の支配を目論む梵(ブラフマン)と六破羅単代(ロクハラタンダイ)に並ぶトップスリーのチームへとのし上がっていた。未来でマイキーの本心を聞いた武道は、過去のマイキーの行動も彼の本意ではないと判断し、マイキーを救うべく奔走する。不良の世界から足を洗った仲間たちに声を掛け、マイキー率いる関東卍會を倒すために二代目東京卍會を創設し、直接対決に挑む。また、その抗争の場には、関東卍會のメンバーの一人としてエマとイザナ殺害の共犯そして警察に追われているはずの半間も所属し、遊撃隊として参加している。

mahya_ou4
mahya_ou4
@mahya_ou4

Related Articles関連記事

NEW
東京卍リベンジャーズ(東卍・東リベ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

東京卍リベンジャーズ(東卍・東リベ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『東京卍リベンジャーズ』とは、和久井健によるSF・アクションを織り交ぜた異色のヤンキー漫画。主人公の花垣武道がかつての恋人を死から救うべく、暴走族「東京卍會」の総長を目指して2017年と2005年の二つの世界をタイムリープする。東京卍會の魅力的なキャラクターたちの熱い熱い友情や、敵対するチーム相手に繰り広げるバトルシーンが見どころである。連載から徐々に人気を集め、アニメ化・実写映画化もされた。「東卍」や「東リベ」の愛称で親しまれている。

Read Article

東京卍リベンジャーズ(東卍・東リベ)の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

東京卍リベンジャーズ(東卍・東リベ)の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『東京卍リベンジャーズ』とは、和久井健によるSF・アクションを織り交ぜた異色のヤンキー漫画。主人公の花垣武道がかつての恋人・橘日向を死から救うべく、暴走族「東京卍會」の総長を目指して2017年と2005年の2つの世界をタイムリープする。東京卍會の魅力的なキャラクターたちの熱い熱い友情や、敵対するチーム相手に繰り広げるバトルシーンが見どころ。ここでは武道や日向をはじめ、作中に登場するキャラクターたちの恋愛模様についてまとめた。

Read Article

東京卍リベンジャーズの回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

東京卍リベンジャーズの回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

『東京卍リベンジャーズ』とは、和久井健によるSF・アクションを織り交ぜた異色のヤンキー漫画。アニメ化・実写映画化もされ、連載は人気絶頂の内に終了した。魅力的なキャラクターたちの熱い友情や、敵対するチーム相手に繰り広げるバトルシーンが見どころ。サスペンス要素も含まれており、ファンの間では伏線考察も大いに盛り上がった。しかし、中には回収されていない伏線もいくつかあり、謎が残ったままになっている。ここでは回収済みの伏線と、未だに謎のままの未回収になっている伏線について解説する。

Read Article

東京卍リベンジャーズ(東卍・東リベ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

東京卍リベンジャーズ(東卍・東リベ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『東京卍リベンジャーズ』とは、和久井健によるSF・アクションを織り交ぜた異色のヤンキー漫画。主人公の花垣武道がかつての恋人を死から救うべく、暴走族「東京卍會」の総長を目指して2017年と2005年の2つの世界をタイムリープする。東京卍會の魅力的なキャラクターたちの熱い熱い友情や、敵対するチーム相手に繰り広げるバトルシーンが見どころ。また、心を揺さぶる熱い名言も多いと話題になった。ここでは作中に登場した印象的なセリフやシーンを紹介していく。

Read Article

九井一(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

九井一(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

九井一(ここのいはじめ)/ココとは、和久井健による漫画『東京卍リベンジャーズ』の登場する人物。元々は黒龍の十代目親衛隊長だったが、その後東京卍會に加入し、更に天竺へ移り幹部として、力を誇示している。 『東京卍リベンジャーズ』とは、主人公の花垣武道がタイムリープの能力に目覚め、かつての彼女が殺される未来を変えるために、元凶である不良グループ”東京卍會/東卍”で成り上がる物語を描いた漫画。2021年にアニメ化、実写映画化されている。

Read Article

鶴蝶(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

鶴蝶(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

鶴蝶(かくちょう)とは、和久井健が『週刊少年マガジン』(講談社)で連載している漫画『東京卍リベンジャーズ(とうきょうリベンジャーズ)』の登場人物で、暴走族「天竺(てんじく)」の四天王筆頭であり、「喧嘩屋(けんかや)」の通り名を持っている。 鶴蝶は、主人公「花垣武道(はながきたけみち)」と幼馴染である。武道が所属する暴走族「東京卍會(とうきょうまんじかい)」と鶴蝶が所属する暴走族「天竺(てんじく)」が抗争することとなり二人は再会する。

Read Article

花垣武道(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

花垣武道(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

花垣武道(はながきたけみち)とは、和久井健によるタイムリープ×ヤンキー漫画『東京卍リベンジャーズ』の主人公である。大人になってどん底の人生を歩んでいたある日、中学生時代の彼女である橘ヒナタが東京卍會に殺されたことをテレビのニュースで知る。そんな彼女を救うため、またダメダメな自分の人生を変えるため、12年前の中学生時代に何度もタイムリープし、未来を変えようと奮起する。武道は、喧嘩は強くないがピンチの時ほど自分や仲間を奮起させ何度もピンチを乗り越えたくさんの勇気を読者に与えてくれる主人公だ。

Read Article

龍宮寺堅/ドラケン(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

龍宮寺堅/ドラケン(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

龍宮寺堅(りゅうぐうじけん)/ドラケンとは、和久井健による漫画『東京卍リベンジャーズ』の登場する、東京卍會/東卍の創設時メンバーの一人で、副総長。金の辮髪と左のこめかみに彫られた、龍の入れ墨が特徴。 『東京卍リベンジャーズ』とは、主人公の花垣武道がタイムリープの能力に目覚め、かつての彼女が殺される未来を変えるために、元凶である不良グループ”東京卍會/東卍”で成り上がる物語を描いた漫画。2021年にアニメ化、実写映画化されている。

Read Article

柴八戒(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

柴八戒(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

柴八戒(しばはっかい)とは、和久井健が『週刊少年マガジン』(講談社)で連載している漫画『東京卍リベンジャーズ(とうきょうリベンジャーズ)』の登場人物で、暴走族「東京卍會」の弐番隊副隊長である。弐番隊隊長の三ツ谷は幼馴染であり、兄のように慕っている。背が高く整った容姿をしているが、女の子に話しかけられただけで思考が止まる程の奥手な男である。実兄の柴大寿が暴走族「黒龍」の総長を務めており、この兄弟の関係が大きな抗争の火種となる。

Read Article

佐野万次郎/マイキー(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

佐野万次郎/マイキー(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

佐野万次郎(さの まんじろう)/マイキーとは、和久井健による漫画『東京卍リベンジャーズ』の登場人物で、東京卍會/東卍の創設メンバーの一人にして総長。愛称はマイキーで、喧嘩の腕前は、強者揃いの東卍の中でもトップ。高いカリスマ性を放ち”無敵のマイキー”の異名を持つ。 『東京卍リベンジャーズ』とは、主人公の花垣武道がタイムリープの能力に目覚め、かつての彼女が殺される未来を変えるために、元凶である不良グループ”東京卍會/東卍”で成り上がる物語を描いた漫画。2021年にアニメ化、実写映画化されている。

Read Article

黒川イザナ(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

黒川イザナ(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

黒川イザナ(くろかわイザナ)とは、和久井健が『週刊少年マガジン』(講談社)で連載している漫画『東京卍リベンジャーズ(とうきょうリベンジャーズ)』の登場人物で、元「黒龍(ブラックドラゴン)」八代目総長である。 主人公「花垣武道(はながきたけみち)」が所属する暴走族「東京卍會(とうきょうまんじかい)」の総長「佐野万次郎(さのまんじろう)」の兄弟として登場する。「東京卍會(とうきょうまんじかい)」を潰そうと敵対する「天竺(てんじく)」の総長でもある。

Read Article

三途春千夜(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

三途春千夜(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

三途春千夜(さんず はるちよ)とは、和久井健原作の『東京卍リベンジャーズ』に登場する人物である。東京卍會に所属し、総長のマイキーこと佐野万次郎を唯一絶対の"王"として心酔している。マイキーが東京卍會を解散させ、新しく関東卍會を創設した時には副総長として付き従い、マイキーが犯罪組織梵天の首領となっている未来でも組織のNo.2として支え続ける。マイキーの未来を左右する重要な人物の一人であり、彼のためならば躊躇せずに他人を痛めつけ、命を奪う狂気じみた一面を持つ。

Read Article

河田ソウヤ/アングリー(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

河田ソウヤ/アングリー(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

河田ソウヤ(かわたそうや)/アングリーとは、和久井健による漫画『東京卍リベンジャーズ』の登場する、東京卍會/東卍の肆番隊の副総長。隊長の河田ナホヤ(かわたなほや)/スマイリーとは双子で、肆番隊を盛り立てる。泣くとリミッターが外れ、鬼となる一面を持っている。 『東京卍リベンジャーズ』とは、主人公の花垣武道がタイムリープの能力に目覚め、かつての彼女が殺される未来を変えるために、元凶である不良グループ”東京卍會/東卍”で成り上がる物語を描いた漫画。2021年にアニメ化、実写映画化されている。

Read Article

佐野エマ(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

佐野エマ(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

佐野エマ(さのえま)とは、和久井健が『週刊少年マガジン』(講談社)で連載している漫画『東京卍リベンジャーズ』の登場人物で、暴走族「東京卍會」総長・マイキーこと佐野万次郎の妹である。副総長の龍宮寺堅に想いを寄せている。主人公の花垣武道と橘日向の恋愛を応援しているが、自分の恋愛には臆病で不器用な女の子。幼少期に親に捨てられたが、兄たちのおかげで明るく元気な性格へと育った。友達や仲間想いで、物語でも重要な役割をしている。

Read Article

乾青宗(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

乾青宗(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

乾青宗(いぬい せいしゅう)とは、和久井健原作の『東京卍リベンジャーズ』に登場する人物。黒龍に強く執着しており、初登場時は十代目黒龍に所属して主人公たちとは敵対関係にあった。総長を倒されチームが瓦解してからは東京卍會に所属して、黒龍の時にも行動を共にしていた九井一と共に十一代目黒龍を継承し、花垣武道の部下となった。関東事変後には九井と別々の道を歩み、東京卍會が解散した後はカタギになっていたが、関東卍會と戦うことを意気込む武道に新チームに誘われて最終決戦に参加した。

Read Article

三ツ谷隆(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

三ツ谷隆(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

三ツ谷隆(みつやたかし)とは、主人公の花垣武道(はながきたけみち)が東京卍會(とうきょうまんんじかい)の抗争に巻き込まれ亡くなる元彼女の橘日向(たちばなひなた)を救うためにタイムリープする物語、『週刊少年マガジン』の人気漫画『東京卍リベンジャーズ』(作・和久井健)の登場人物で、弐番隊隊長を務める東京卍會創設メンバー。2人の妹の面倒を幼い時から見ているため、メンバーに対しても面倒見がよく、チームのまとめ役のような存在。また、手先が器用な一面もあり、ファッションデザイナーになっている未来もある。

Read Article

東京卍リベンジャーズ~場地圭介からの手紙〜とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

東京卍リベンジャーズ~場地圭介からの手紙〜とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『東京卍リベンジャーズ~場地圭介からの手紙〜』とは2022年より『マガジンポケット』で連載が開始された『東京卍リベンジャーズ』の公式スピンオフ作品である。原作『東京卍リベンジャーズ』の作者・和久井健全面監修のもと、夏川口幸範が漫画を担当。中学へ進学した松野千冬は不良たちに襲撃されるが、その際、場地圭介に助けられた。その日から、場地についていくと決める。しかし、場地は佐野万次郎をトップとした東京卍會と芭流覇羅の抗争で命を落としてしまう。場地と松野の出会いから別れまでを描いた作品である。

Read Article

河田ナホヤ/スマイリー(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

河田ナホヤ/スマイリー(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

「河田ナホヤ(かわたなおや)」とは、和久井健が『週刊少年マガジン』(講談社)で連載している漫画『東京卍リベンジャーズ(とうきょうリベンジャーズ)』の登場人物で、暴走族「東京卍會」の肆番隊隊長である。 河田ナホヤは、常に笑顔でいるので「スマイリー」と呼ばれているが、実は冷徹な性格でその本性を知るメンバーからは「鬼」と称されている。 東京卍會で創設メンバーではないが、数少ない隊長を任せられた実力者。

Read Article

橘日向(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

橘日向(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

橘日向(たちばな ひなた)とは、和久井健原作の『東京卍リベンジャーズ』に登場する人物である。本作のヒロインで、主人公である花垣武道の中学生時代の恋人。東京卍會に命を奪われた日向を救うため、武道はタイムリープを続ける。正義感が強く、常に武道の味方に立ち、数々の困難を前に挫けそうになるのを何度も立て直して救ってきた。武道が関東卍會との最終決戦に挑む際にも、戦いへの意気込みを語る武道の強がりを見抜き、あえて弱音を吐き出させてその心を整えた。

Read Article

羽宮一虎(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

羽宮一虎(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

羽宮一虎は、和久井健による漫画、『東京卍リベンジャーズ』の登場人物。「無敵のマイキー」と呼ばれるカリスマ総長・佐野万次郎と副総長・龍宮寺堅の下5つの部隊からなる東京卍會の創設メンバーの一人であったが、のちに敵対する暴走族・芭流覇羅の幹部となる。 容姿は整っており、黒に金色のメッシュが入った髪形が特徴である。人の爪を剥ぐことが好きという一面を持つなど、登場人物内でも群を抜く残虐性の持ち主。

Read Article

佐野真一郎(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

佐野真一郎(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

佐野真一郎(さのしんいちろう)とは、和久井健が『週刊少年マガジン』(講談社)で連載していた漫画『東京卍リベンジャーズ』の登場人物で、暴走族「東京卍會」総長・マイキーこと佐野万次郎の兄である。伝説の暴走族「黒龍(ブラックドラゴン)」の初代総長。喧嘩が弱くて女にもモテないが、男からは好かれる人物。仲間思いであり、兄弟も大切にしている。マイキーを取り巻く事件に関係していることが多く、闇落ちの原因ともいえる。バイクが好きでバイク屋を営んでいる。

Read Article

NEW
松野千冬(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

松野千冬(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

松野千冬(まつの ちふゆ)とは、『東京卍リベンジャーズ』の登場人物で、不良チーム「東京卍會」壱番隊副隊長。仲間想いで真っ直ぐな性格をしており、忠誠心も強い。壱番隊隊長・場地圭介を尊敬しており、後輩として付いて行くと心に決めていた。主人公・花垣武道とは相棒になり、それぞれの目的のために協力し合う。場地の死後は彼の遺志を継ぎ、武道を壱番隊隊長に指名した。武道からタイムリーパーであると打ち明けられた後も、武道を信じて共闘する。

Read Article

場地圭介(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

場地圭介(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

場地圭介(ばじけいすけ)とは、和久井健によるタイムリープ×ヤンキー漫画『東京リベンジャーズ』の登場人物である。 不良集団である東京卍會の創設メンバーの一人で、壱番隊隊長を務める。総長であるマイキーからは幼馴染ということもあり、絶大な信頼を置かれている。 集会で主人公であるタケミチと初対面した際に、いきなり殴りかかるほどの喧嘩っ早い性格の反面、仲間思いという心優しい一面をもつ。 好きな食べ物はペヤング。

Read Article

橘直人(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

橘直人(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

橘直人(たちばななおと)とは、和久井健が『週刊少年マガジン』(講談社)で連載している漫画『東京卍リベンジャーズ(とうきょうリベンジャーズ)』の登場人物で、ヒロインの「橘日向(たちばなひなた)」の弟である。 直人は、警察として登場し、主人公「花垣武道(はながきたけみち)」が過去へタイムリープするトリガーとしての役割を担っている。過去では、武道にタイムリープしていることを打ち明けられ、それを信じたことから物語がはじまる。

Read Article

灰谷蘭(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

灰谷蘭(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

灰谷蘭(はいたにらん)とは『東京卍リベンジャーズ』の登場人物である。長身で線の細い体格と平行眉毛が特徴。六本木のカリスマと呼ばれており、チームには所属しない不良だった。灰狂戦争と呼ばれる抗争で傷害致死罪になり、少年院に。その後、そこで出会った黒川イザナが総長を務める天竺に所属した。また、少年院では昭和62年生まれかつ、凶悪なメンバーが居た。蘭含め彼らはS62世代・極悪の世代と呼ばれている。

Read Article

灰谷竜胆(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

灰谷竜胆(東京卍リベンジャーズ)とは【徹底解説・考察まとめ】

灰谷竜胆(はいたにりんどう)とは『東京卍リベンジャーズ』の登場人物である。兄・灰谷蘭とは対照的な、つり上がった眉としっかりした体型が特徴。蘭と一緒に不良の道を歩み、六本木のカリスマとして名を馳せていた。また、灰谷兄弟と六本木狂極というチームとの抗争灰狂戦争後は、少年院に入所した。そこで出会った黒川イザナが総長を務めるチーム・天竺に兄とともに所属。作中では、兄と抜群のコンビネーションを見せ、対戦相手を倒す姿が描かれている。

Read Article

目次 - Contents