20世紀少年 本格科学冒険漫画 / 20th Century Boys / 21世紀少年 本格科学冒険漫画 / 21st Century Boys

『20世紀少年 本格科学冒険漫画』とは、1999年から2006年まで『ビックコミックスピリッツ』(小学館)で連載された、浦沢直樹による青年漫画である。この作品の完結編は、2007年1月から7月まで同雑誌で連載された。タイトルはロックバンドT・レックスの『20センチュリー・ボーイ』に因んでいる。コミックスは全22巻、完結編全2巻が刊行され、累計発行部数は3,600万部を超えた。
物語は2000年前後の日本で、「ともだち」と呼ばれる謎の人物が画策する世界滅亡に、主人公の遠藤建児(えんどうけんじ)やその姪遠藤カンナ(えんどうかんな)が、仲間と共に果敢に挑む姿を描いている。
2001年に「第25回講談社漫画賞」の一般部門、2002年には「第48回小学館漫画賞」の青年一般部門、「第6回文化庁メディア芸術祭」のマンガ部門で優秀賞を受賞した。さらに2008年には「日本漫画家協会賞」で大賞、「第39回星雲賞」のコミック部門を受賞した。
海外では2003年に「アングレーム国際漫画祭」の最優秀長編賞を受賞した。実写映画は2008年から2009年にかけ、監督堤幸彦で3部作が公開された。遠藤健児を唐沢寿明、遠藤カンナを平愛梨が演じた。

親タグ

兄弟タグ