セクシー田中さん(漫画・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『セクシー田中さん』とは、2023年10月に日本テレビ系で放送されたテレビドラマ。芦原妃名子の漫画作品が原作である。主演は木南晴夏で、生見愛瑠や安田顕などが出演する。派遣OLの倉橋朱里が、ある日立ち寄ったレストランでベリーダンスを鑑賞し、ベリーダンサーの女性に魅了される。そしてその女性が、同じ会社に勤める田中京子であることに気付く。そのことをきっかけに接点のなかった朱里と京子に交友関係が生まれ、2人に絆が芽生えていく。本作は単行本の累計部数が100万部を超える人気作で、実写ドラマが話題となった。

『セクシー田中さん』の概要

『セクシー田中さん』とは、2023年10月22日から12月24日まで、日本テレビ系の日曜ドラマ枠で放送されたラブコメディードラマ。2017年9月号から2024年1月号まで、『姉系プチコミック』で連載された芦原妃名子による漫画作品が原作である。脚本は『恋ノチカラ』や『ミステリと言う勿れ』などを担当する相沢友子と芦原妃名子が手掛ける。昼間は生真面目で変人扱いされている独身OLだが、夜はレストランでベリーダンスを華麗に踊っている女性の物語。地味で大人しく、友だちも彼氏もいなかった女性がベリーダンスを通して様々な人と出会い、変化していく姿を描く。個性的なキャラクターや、主人公が成長していく姿が見どころとなっている。本作は単行本の累計部数が100万部を突破した人気作で、実写ドラマは放送直後からXでトレンドランキング1位を獲得。第1話は動画配信サービスのTVerで100万回再生を突破し、大反響を呼んだ。

婚活に励む派遣OLの倉橋朱里(くらはしあかり)は、地味で陰気で変人扱いされている経理部の田中京子(たなかきょうこ)が、最近変化したことが気になっていた。そんな時、立ち寄ったレストランでベリーダンスを初めて鑑賞し、ベリーダンサーのSali(サリ)の踊りに魅了される。後日、朱里は妙に挙動不審な京子を不審に思い、尾行して彼女のことを観察する。そしてSaliと京子が、同一人物であることに気づいてしまった。朱里は興奮気味に京子に喋りかけるが、京子はダンサーをしていることを誰にも言わないでほしいと懇願した。それから、朱里と京子の交友関係が始まり、2人は互いを刺激し合いながら絆を深めていくのだった。

『セクシー田中さん』のあらすじ・ストーリー

ベリーダンサーSaliと出会う朱里

第1話、仕事をする京子

派遣OLの倉橋朱里(くらはしあかり)は、コミュニケーション能力が高く、若くて可愛い愛され系女子。婚活に励む朱里は、その日も学生時代からの友人たちと一緒に合コンに参加していた。合コンが盛り上がる中、商社マンの笙野浩介(しょうのこうすけ)は1人浮かない顔で朱里たちを見つめる。その後、朱里は浩介が同僚の小西一紀(こにしかずき)に、「あいつら全員絶対遊んでる」と自分たちをこき下ろしているのを見てモヤモヤしてしまった。

そんなある日、何気なく立ち寄ったSabalanというペルシャ料理のレストランで、朱里は初めてベリーダンスのショーを鑑賞する。そして朱里はSali(サリ)という名のベリーダンサーに魅了された。

実はその人物は、朱里と同じ会社に勤める経理部の田中京子(たなかきょうこ)だった。京子は真面目で勉強はできるが、大人しく地味で陰気な性格。友だちも彼氏もできたことがなく、会社では変人扱いされて孤立している。そんな京子は会社ではダンサーをしていることは秘密にしているため、朱里が店に来ていることを知り、激しく動揺した。幸い朱里はダンサーが京子であることに気づいていなかったが、京子は会社で彼女をあからさまに避けるようになる。その様子を不審に思った朱里は、京子を尾行して彼女のことを観察する。そして朱里は彼女がベリーダンサーのSaliであることに気づいてしまった。興奮気味に喋りかけてくる朱里に、京子は慌てて「誰にも言わないで」と懇願。朱里は京子の要求を受け入れたが、その日から彼女のファンとなり、店に通い詰めるようになった。

そんなある日、朱里は男友達との関係に悩み、京子のベリーダンスを見つめながら涙を流す。その帰り道、弱音を吐く朱里に対し、京子は過去の体験談を語り出す。京子は幼い頃から孤立していたため、ひたすら勉強に打ち込んできたが、気づけば背筋が曲がった老婆のような姿に変わってしまっていた。そんな時に始めたベリーダンスで、胸を張れるようになったのだと彼女は語った。それを聞いた朱里は、少し前向きな気持ちになり、笑顔を取り戻したのだった。

プライドの高い浩介を変える京子

第3話、自宅に浩介(右)を招き、料理を作る京子(左)

それから朱里は、京子が通っているベリーダンス教室「ミキオリエンタル」で、ダンスを習うことにした。しかしベリーダンスは思ったよりも難しく、朱里は苦戦してしまう。

その後、いつものように朱里がSabalanで京子のベリーダンスショーを鑑賞していると、以前合コンで会った浩介が店にやって来る。実は浩介は京子とスーパーで顔見知りになっていた。そのため、京子の勧めで店にやって来た浩介だが、ベリーダンサー姿の彼女を見て「おばさんが痛々しい」といきなり暴言を吐く。その言葉に朱里が激怒し、浩介は逃げるように立ち去って行った。京子は「私は気にしない」と話したが、朱里の怒りは収まらなかった。そこで朱里は浩介に、無意識に様々な男を惚れさせてしまう魔性の女友達を紹介して復讐しようとするが、失敗に終わってしまう。その後、朱里は合コン以来、アプローチをし続けてくる一紀を呼び出した際に浩介の恋愛のトラウマ話を聞く。実は浩介は以前会社で知り合った女性と交際していたが、彼女が突然他の男性と結婚退職したことにより、騙されていたことが判明した。それ以来、浩介は女性に対して強い偏見を抱くようになってしまったのだ。それを聞いても朱里は浩介に全く同情できなかったが、寛容な京子の態度を見て、彼を許すことにしたのだった。

一方、京子は浩介と偶然遭遇し、彼にこの間の言動を謝罪される。そして浩介になぜベリーダンスをやるのかと問われた京子は、「地に足をつけたかった」と理由を語った。その後、京子は朱里に誘われて彼女とお茶をする。そこで朱里は、京子が既婚者であるSabalanのマスター・三好圭人(みよしけいと)に恋をしていることを心配する。だが、京子は「彼とどうにかなろうと思ってないから大丈夫だ」と話した。そして2人は楽しく会話をして距離を縮めたのだった。

それから京子は浩介と再びスーパーで遭遇したことをきっかけに、自宅で彼と一緒にご飯を食べることになる。そして話が盛り上がり、互いにお酒を飲んで酔っ払った2人は、そのまま眠ってしまった。翌朝、浩介が目を覚ますと、なぜか裸で京子と同じベッドで眠っていた。浩介は驚きながら慌てて部屋を出ていき、京子も目を覚まして激しく後悔する。初体験をしたのではないかと不安になった京子はショックを受けてレッスンを休み、心配になった朱里は彼女の家に向かう。そして朱里に話を聞いてもらった京子は不安が解消し、気が楽になった。しかしそれと同時に、初めて男性のぬくもりを感じながら眠ったことにより、思いを寄せる三好に触れることができない寂しさを感じた。

その後、Sabalanにやって来た浩介に、京子は土下座する勢いで謝罪する。すると浩介は「あなたには1ミリも下心がないから安心して」と京子をなだめる。その瞬間、京子は三好に「目が綺麗だ」と言われたことや、彼が他の女性に「可愛い」と言っていたことを思い出す。そして彼女は、涙を流しながら「好きな人には綺麗だねって言われるより、可愛いねって頭を撫でられたい」とつぶやいた。それを聞いた浩介は彼女が自分に好意を持っていると勘違いし、自分の発言が失礼だったのではないかと悩んでしまった。

一方、京子は朱里と互いに相談に乗りあい、気持ちを切り替える決意をする。しかしその後、四十肩を患ってしまい、激痛でダンスを踊ることができなくなってしまった。落ち込んでしまう京子だったが、事情を知った浩介が謝罪の意味も込めて料理を届けるようになる。そんな浩介に対し、京子は「この人はびっくりするほど無神経だけど親切だ」と感じるようになり、男友達として好意を持つようになった。

それから京子は浩介に医師を紹介してもらったおかげで、四十肩が改善。喜ぶ朱里だったが、男友達の仲原進吾(なかはらしんご)に「田中さんに依存してる」と言われたことで闘争心に火がつき、ベリーダンスショーに出ることを決意する。そして猛特訓し、本番当日。下手なりに頑張って踊った朱里だが、進吾が見に来ていることに気づいてパニックになり、ショーを台無しにしてしまった。落ち込む朱里だったが、ダンス教室のメンバーたちや京子が慰めたのだった。

そんな中、京子は浩介を家に招き、手作り菓子をご馳走する。その際、浩介は京子に「好きな人って年上ですか?」と質問する。そして京子が「年上ですけど」と答えたことで、自分のことではないと確信。さらにうっかり三好が好きだと口を滑らせた京子に対し、浩介は「あんなチャラい男、関わったら不幸になる」と思わず三好を罵倒してしまった。京子は大切な存在の三好を罵倒されたことに激怒し、浩介を家から追い出した。その後、レッスンで朱里と会った京子は、浩介との出来事を打ち明ける。朱里は怒って浩介と会おうとするが、彼は拒否した。そんな中、京子を怒らせて落ち込む浩介は三好の元へ行き、ベリーダンスショーで演奏する楽器・ダラブッカを教えてほしいと頼んだ。そして浩介は朱里と共にSabalanを訪れた京子に謝罪し、「あなたが好きになった人に興味がある。だから三好さんのことをもっと知ろうと思う」と語った。こうして京子と浩介は和解。プライドが高い浩介を変えた京子に、朱里や一紀は感心するのだった。

それから京子は、三好に地元でのショーイベントの出演を頼まれる。四十肩の影響で練習不足だった京子は自信がなかったが、彼の頼みを断ることができなかった。イベント当日、調子が万全ではなくすっかり自信を失っていた京子だったが、両親が応援に駆け付けたことで無事にショーをこなすことができた。それから両親の誘いで、朱里と浩介と一紀は田中家にお泊りした。両親は京子が初めて友人を家に連れてきたことにとても喜び、彼らは互いに仲を深めたのだった。

周囲にベリーダンスをしていることがバレる京子

その後、三好や京子たちダンス教室のメンバーは、ミキオリエンタルの講師であるMiki先生のショーを見に行く。そこにはベテランのベリーダンサーである愛子(あいこ)もショーを見に来ており、三好に会うなり、Sabalanでショーをさせてほしいと言い出した。実は愛子は三好と知り合いで、彼をベリーダンスの虜にさせた人物だった。愛子と三好は昔付き合っていたという噂もあり、魅力的な彼女を見て、京子は自信を失ってしまう。そんな京子を朱里が励ました。

後日、京子は朱里や浩介とSabalanで店の手伝いをしながら、愛子のショーを見る。ところが、一緒に踊りたいと愛子に急遽誘われた京子は普段着ですっぴんのまま、強引にステージに上げられてしまう。京子は戸惑ったが、踊らなければ愛子に一生追いつけなくなると感じ、全力で楽しくダンスを踊った。しかし翌日、その動画がネットで拡散されて話題になり、会社で京子がベリーダンスを踊っていることがバレてしまう。朱里は心配したが、京子は気丈に振舞った。だが次の日、京子は会社に向かおうとしたものの、ストレスで腹を下したため会社を休んでしまう。そんな中、会社では社員たちがダンサー姿の京子を見て嘲笑する。怒った朱里は、彼らに「田中さんは最高のベリーダンサーだ」と京子の良さを力説した。

一方、浩介は京子を元気づけようと、彼女の家に映画のDVDを届ける。会社で馬鹿にされていることを落ち込む京子に、浩介は「それは自分を宣伝しなかった田中さんの怠慢だ」「もっとあなたの魅力をアピールすべきだ」とアドバイスする。その言葉に勇気づけられた京子は、翌日会社で初めて自ら同僚に挨拶し、自分をアピールした。しかしその後、突然同僚が京子を見にSabalanにやって来る。冷やかしだと思った京子は激しく動揺し、プレッシャーからお腹を下してトイレから出られなくなってしまった。そんな時、Sabalanに来ていた浩介が、京子が出てくるまでの繋ぎとしてダラブッカを演奏し始める。練習を始めたばかりの拙い演奏だったため客は困惑してざわついていたが、三好も一緒に演奏をして場を盛り上げ、何とかショーを終えた。その後、会社の同僚たちが冷やかしではなく、京子のカッコいいダンスを生で見るために来ていたことが判明。それを知った京子は同僚たちに、「ご招待するのでまた来てください」と伝えたのだった。

一方、朱里は一紀と良い雰囲気になる中、2人でいる時に男友達の進吾と遭遇してしまう。一触即発かと思いきや一紀と進吾は意気投合し、2人で飲みに行くことになった。それが嫌だった朱里は、一紀に「人が嫌なことをするのはDVと同じだ」ときついことを言ってしまう。朱里は言い過ぎたと反省し、後日一紀に謝罪。一紀は進吾からの伝言として彼女に、「朱里のダンスはへっぽこだけど人を変える力がある」と伝えた。その言葉で、朱里は少し自信を持って踊ることができるようになった。

そんな中、京子は浩介に食事に行こうと誘われる。京子は朱里も誘おうとしたが、彼女に2人でデートしてきたらどうかと勧められる。実は以前愛子が京子に対し、「手の届かない男もキープしつつ、身近に転がってる男も味見してみれば?」と話していた。そのため朱里は、手の届かない三好のことは一旦置いておいて、男友達で気が合う浩介に向き合ってみたらどうかと京子に提案したのだ。だが、京子は初めてのデートで戸惑い、メイクを頑張り過ぎて酷い顔になってしまう。健気な京子の姿に、さすがの浩介もダメ出しすることができなかったが、2人で食事を楽しんだ。その後、浩介は飲み過ぎて酔いつぶれてしまい、京子は彼を介抱してタクシーに乗ろうとする。その際、京子の顔を見て暴言を吐いた男に浩介が激怒。男と揉み合いになった浩介は突き飛ばされて足を強打し、靭帯損傷してしまった。そのため京子は浩介の家に行き、家事を手伝うようになる。そんな時、浩介の母である笙野悦子(しょうのえつこ)がやってきて、京子と鉢合わせする。京子と悦子はすぐに仲良くなり、2人で出かけることになった。その当日、京子は朱里にメイクやコーディネートをしてもらい、悦子と映画などを楽しむ。そして悦子は彼女に好印象を抱いた。

京子の心境に変化

第9話、三好(右)にキスを迫られる京子(左)

それから浩介は、悦子から紹介された女性と見合いをすることになる。浩介は結婚前提で彼女とデートを重ねるようになるが、徐々に京子が自分の心の中にいることに気づく。一方、京子は三好と距離を縮めていく。そしてある日、2人になった際に三好の方からキスを迫ってきた。だがその瞬間、京子の頭の中に浩介の姿が浮かび、混乱した彼女は三好を突き飛ばしてしまった。それから自分の気持ちが分からなくなった京子は、クリスマスイベントが近づいているにも関わらず、ダンスに身が入らなくなってしまう。そんな京子を見かねたMiki先生はレッスン禁止を言い渡し、「鏡に映った今の自分をしっかり見つめる」「自分を正しく知るのは表現の基本だよ」と彼女を優しく諭した。

そんな中で、朱里は京子を励まそうとデートに誘う。色々なところに出かけて楽しんだ京子は、久しぶりに笑顔になる。そんな彼女に朱里は「田中さんが誰を選んでも選ばなくても、どんな人生を歩んでも、私は一生田中さんの味方です」と伝える。京子も涙ぐみながら「私も倉橋さんの味方です」と返した。

その後、完全復活した京子はレッスンに復帰。そしてクリスマスイベント当日、浩介は見合い相手に別れを告げて、京子の踊りに合わせてダラブッカを演奏した。こうして京子のダンスに合わせて、ダラブッカを演奏するという浩介の夢は達成されたのだった。

それから京子は浩介に何も告げず、ダンス留学のために愛子の紹介で海外へと渡った。一方、朱里は交際していた一紀に指輪を渡され、結婚を真剣に考えていると伝えられる。朱里は笑顔で「ありがとう」と返した。

その2年後、朱里の親友の結婚式で、ベリーダンス教室のメンバーがダンスを踊った。そこには海外から急遽戻ってきた京子も飛び入り参加し、彼女と朱里は笑顔で顔を見合わせたのだった。

『セクシー田中さん』の登場人物・キャラクター

主要人物

田中京子(たなかきょうこ/演:木南晴夏)

株式会社ニチハフーズの経理部に勤めるOL。頭が良く、税理士の資格を持っているが、幼い頃から大人しく引っ込み思案な性格。そのため友達も彼氏ができたこともなく、会社でも浮いた存在で、同僚には変人扱いされている。そんな自分を変えるためにベリーダンスを始め、夜はベリーダンサーのSaliとして踊っていた。同じ会社の朱里にそのことがバレたことがきっかけで交流するようになり、彼女が初めての友人となった。そのおかげで笑顔が増え、同僚とも自分から関わるようになるなど、朱里が彼女に大きな影響を与えた。最終的にダンスを学ぶために、海外へと旅立っていった。

倉橋朱里(くらはしあかり/演:生見愛瑠)

画像左側が倉橋朱里

派遣OL。愛嬌がある、明るい愛され系女子。空気が読めてコミュニケーション能力が高いので、上司にも好かれている。何気なく立ち寄った店で、ベリーダンスを見てSaliのダンスに魅了され、彼女の熱烈なファンとなった。Saliが京子だと気付いてからは、彼女と積極的に関わるようになる。そして自分の意思を持つ、芯の通った京子を尊敬していた。京子に憧れて彼女と同じベリーダンス教室に通い始めたが、リズム感がないので、ダンスは下手。合コンで出会った一紀に猛烈にアプローチされ、彼と交際するようになり、真剣に結婚を考えている。また京子に似合うメイクを勉強したことで、メイクに興味を持つようになり、メイクアシスタントの仕事を始めた。

笙野浩介(しょうのこうすけ/演:毎熊克哉)

shiori_8881
shiori_8881
@shiori_8881

Related Articles関連記事

LE SSERAFIM(ルセラフィム)とは【徹底解説まとめ】

LE SSERAFIM(ルセラフィム)とは【徹底解説まとめ】

LE SSERAFIM(ルセラフィム)とは、サクラ(宮脇咲良)、キム・チェウォン、ホ・ユンジン、カズハ、キム・ガラム、ホン・ウンチェの6人で構成されるガールズグループである。大人気グループBTS(防弾少年団)が所属するHYBEエンターテインメント初のガールズグループで、2022年5月2日にミニアルバム『FEARLESS』をリリースしてデビューした。グループ名は「IM FEARLESS」の文字を入れ替えたもの。デビュー経験者やサバイバルオーディション番組出演者が集い、デビュー前から注目を集めた。

Read Article

川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)とは【徹底解説まとめ】

川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)とは【徹底解説まとめ】

川村壱馬(かわむら かずま)とは、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEに所属する日本人歌手、ダンサー、俳優である。2014年にLDH JAPANが開催した「VOCAL BATTLE AUDITION 4」にてボーカルの候補メンバーとして選出された。ボーカルのみならず、2018年にはEXILE HIROがプロデュースした映画、『PRINCE OF LEGEND』で俳優業を始めた。また、美意識の高さから化粧品の広告業に携わることも多い。

Read Article

生駒里奈(乃木坂46)の名言・迷言・発言まとめ

生駒里奈(乃木坂46)の名言・迷言・発言まとめ

生駒里奈は日本のアイドルグループ「乃木坂46」の第1期メンバーであり、初代センターの重責を担ったメンバー。デビューシングル『ぐるぐるカーテン』から5枚目のシングル『君の名は希望』まで5作連続でセンターを務めた、初代「乃木坂46の顔」的な存在だった。2018年5月6日に乃木坂46を卒業。本記事ではそんな生駒里奈のテレビや雑誌のインタビューでの発言を集めている。

Read Article

韓国芸能界・K-POPで活躍する日本人まとめ

韓国芸能界・K-POPで活躍する日本人まとめ

日本でも幅広い世代から高い人気度を誇るK-POPや韓流ドラマ。2016年デビューのガールズグループ「TWICE」に日本人メンバーが3人選ばれたことで、K-POPアイドルを目指す日本人が急増した。韓国の芸能市場にとっても、日本人メンバーの存在は日本進出の大きな足掛かりとなるため重要視されている。またK-POPアイドルに限らず、韓国芸能界で活躍する日本人は多い。

Read Article

20世紀少年(漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

20世紀少年(漫画・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

砂時計(漫画・テレビ・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

砂時計(漫画・テレビ・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『砂時計』は、漫画家・芦原妃名子による少女漫画、およびそれを原作としたドラマ、映画である。単行本全10巻、文庫全5巻からなる。主に本編は8巻までで、9・10巻はオムニバス集になっている。 両親の離婚により、島根に引っ越してきた主人公・杏と、島根で育った大悟の切ない14年間の大恋愛を描いた少女漫画。舞台は主に島根と東京で、遠距離恋愛を経て、再度2人は再会し結ばれることになる。 ドラマ化・小説・映画化され、様々な形で作品に触れることができる。島根の方言が印象的で、方言ブームに火をつけた。

Read Article

Piece(彼女の記憶)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

Piece(彼女の記憶)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『Piece』とは、芦原妃名子により『ベツコミ』(小学館)にて2008年から2013年まで連載された漫画作品。単行本は全10巻で、連載当初は『Piece~彼女の記憶~』というタイトルだった。テーマは「考えるな、感じろ!」である。2013年に第58回小学館漫画賞少女向け部門を受賞した。大学生活を送っていた須賀水帆は、かつての同級生・折口はるかの訃報を受け、彼女の過去を辿ることになる。その過程で水帆自身の思い出とも向き合いながら、人間として成長していく様子を描いている。

Read Article

銭ゲバ(Zeni Geba)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

銭ゲバ(Zeni Geba)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「銭ゲバ」とは、ジョージ秋山の漫画を原作したテレビドラマ。幼い頃、母親の桃子と貧しい生活を送っていた風太郎。父親の健蔵は働きもしないで女と酒に溺れ、桃子に暴力を振るうようになる。優しい母だけが風太郎にとって心の支えだった。しかし貧乏生活ゆえ、桃子は身体を壊してしまい、薬を買うお金さえなかったため帰らぬ人となってしまう。お金がなかったから母は死んだと子供ながら理解した風太郎は金に取りつかれていく。

Read Article

銀魂(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

銀魂(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「銀魂」(実写版)は、2017年7月に公開された福田雄一監督による日本映画。空知英秋作画の漫画「銀魂」の実写化作品で、原作の長編「紅桜編」がベースです。「紅桜編」は、妖刀紅桜を利用して国の転覆を目論む鬼兵隊と、それを阻止しようとする主人公坂田銀時と仲間たちの戦いを描いたもの。原作はSF時代劇コメディです。実写版はそれを忠実に再現し、ギャグ満載、時にほろりとさせる内容になっています。

Read Article

キム・チェウォン(IZ*ONE・LE SSERAFIM)とは【徹底解説まとめ】

キム・チェウォン(IZ*ONE・LE SSERAFIM)とは【徹底解説まとめ】

キム・チェウォン(IZ*ONE・LE SSERAFIM)とは、韓国の芸能事務所SOURCE MUSICに所属する歌手である。日韓合同サバイバルオーディション番組『PRODUCE 48』に出演し、アイドルグループIZ*ONE(アイズワン)のメンバーとしてデビュー。IZ*ONEでの活動終了後、2022年5月2日にLE SSERAFIM(ル・セラフィム)のリーダーとして再びデビューした。幼いころから歌うことが好きで、安定した歌唱力でグループのボーカル面を支える。

Read Article

大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

大豆田とわ子と三人の元夫(まめ夫)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『大豆田とわ子と三人の元夫』とは、2021年にフジテレビ系火曜21時枠で放送された松たか子主演のドラマである。第76回文化庁芸術祭で優秀賞を受賞。大豆田とわ子は三度の離婚歴がある女性。周囲からは「バツ三なんだって」「人間的に問題があるのかね」という好奇の目で見られている。離婚した三人の元夫達にも振り回される日々。それでも「幸せになることを諦めていない」大豆田とわ子と元夫たちの奮闘を描く。本当の幸せを掴めるのか。これからの元夫達との関係は。新感覚のロマンティックコメディーである。

Read Article

水曜どうでしょう(水どう)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

水曜どうでしょう(水どう)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『水曜どうでしょう(水どう)』とは、1996年より北海道テレビで放送されたテレビ番組。 大泉洋、鈴井貴之、藤村忠寿、嬉野雅道の4人が、企画に挑戦するバラエティ番組である。 バラエティ番組でありながら、主に移動中の車内の様子を放送するといった独特な手法により人気番組となった。 家庭用ビデオカメラを用いるなど、低予算番組ならではの撮影方法が取られている。

Read Article

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「銀魂2 掟は破るためにこそある」とは、2018年8月に公開された、空知英秋原作の漫画「銀魂」を実写化した日本映画です。2017年公開「銀魂」の続編で、前作に続き監督は福田雄一、主演は小栗旬が務めています。前作とほぼ同じメインキャストで臨んだ本作は、原作で人気の長編「真選組動乱編」と、ギャグ色の強い「将軍接待編」をドッキングさせた内容。「真選組動乱篇」は真選組の参謀伊東鴨太郎の謀反を中心にした物語、「将軍接待編」は、万事屋がバイトするキャバクラに徳川茂茂がやってきて起きる騒動を描いたものです。

Read Article

サンクチュアリ -聖域-(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

サンクチュアリ -聖域-(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『サンクチュアリ -聖域-』は、2023年5月にNetflixで配信が開始されたオリジナルドラマである。大相撲を題材にした作品で、主演は一ノ瀬ワタル。脇を固める役者は染谷将太、小雪、ピエール瀧と、豪華な顔ぶれが揃う。相撲のセンスはあるが品性や礼儀は欠片もない不良少年・小瀬清が、相撲に真剣に取り組み、やがては各界を揺るがし始めるというストーリー。相撲の裏側をリアルに映し、相撲にかける力士たちの厳しい稽古と、熱すぎるまでの情熱が描かれ、世界で大ヒットを記録した。

Read Article

君と世界が終わる日に(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

君と世界が終わる日に(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『君と世界が終わる日に』とは、2021年1月から3月まで日本テレビでドラマ放送された、竹内涼真主演のゾンビサバイバルドラマである。物語は主人公の間宮響が恋人の小笠原来美を探しながら、生存者たちと一緒にウイルスに感染した人間のゴーレムと戦い、ゴーレムのいない安全な場所を目指して旅するストーリーである。人間を襲うゴーレムを倒しながら、生存者たちの仲間の絆が深まっていき、みんなで助かろうと一生懸命に生きる姿を見られるドラマ。主人公の間宮響の諦めの悪い性格や襲ってくるゴーレムとの闘いも見どころのひとつ。

Read Article

やまとなでしこ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

やまとなでしこ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『やまとなでしこ』とは、2000年にフジテレビの月9枠で放送されていたドラマ。脚本は『ハケンの品格』や『花子とアン』を担当した中園ミホなどが手掛ける。主演は松嶋菜々子。その他、堤真一や矢田亜希子などが出演している。玉の輿に乗ることを夢見る客室乗務員の神野桜子と、小さな魚屋を営む中原欧介の恋愛模様を描く、ロマンスコメディである。本作は平均視聴率26.4%、最高視聴率は34.2%を記録。2000年以降に放送されたフジテレビのドラマでは、歴代2位の視聴率を獲得した。

Read Article

ラーゲリより愛を込めて(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ラーゲリより愛を込めて(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ラーゲリより愛を込めて』とは2022年12月9日に公開された日本の映画。主演は二宮和也。原作は辺見じゅんのノンフィクション小説『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』。 第二次世界大戦後のシベリアの強制収容所(ラーゲリ)で、日本人捕虜の1人である山本幡男(やまもと はたお)が過酷な環境の中でも生きる希望を捨てず、家族の元へ帰れると信じ、仲間らを励まし続ける姿を描く。 希望を捨てない幡男の姿、捕虜仲間が幡男の遺書を家族に届けるため必死になる姿は見所だ。

Read Article

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(いつ恋)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(いつ恋)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(いつ恋)とは、東京という街で必死に生きる若者たちの恋愛を描いた日本のテレビドラマである。フジテレビ系列で2016年1月から3月まで放送された。坂元裕二によるオリジナル脚本作品。主演を有村架純と高良健吾がつとめた。東日本大震災が発生する2011年前後と、5年後の2016年からの2部構成で描かれている。第3回コンフィデンスアワード・ドラマ賞作品賞・脚本賞などを受賞した。

Read Article

宮脇咲良(HKT48・IZ*ONE・LE SSERAFIM)とは【徹底解説まとめ】

宮脇咲良(HKT48・IZ*ONE・LE SSERAFIM)とは【徹底解説まとめ】

宮脇咲良(HKT48・IZ*ONE・LE SSERAFIM)とは、韓国の芸能事務所SOURCE MUSICに所属する日本出身の歌手・モデルである。2011年に日本のアイドルグループHKT48のメンバーとしてデビュー。2018年に日韓合同サバイバルオーディション番組『PRODUCE 48』に出演し、IZ*ONE(アイズワン)のメンバーになる。IZ*ONEの活動終了後はHKT48を卒業し、2022年5月2日にLE SSERAFIM(ル・セラフィム)として3度目のデビューを果たした。

Read Article

大恋愛〜僕を忘れる君と(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

大恋愛〜僕を忘れる君と(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『大恋愛〜僕を忘れる君と(ドラマ)』とは、TBS「金曜ドラマ」で2018年10月から12月までの間で毎週金曜夜10時から放送されたテレビドラマである。若年性アルツハイマーにおかされた女医と自分を忘れていく恋人を明るくけなげに支えていく元・小説家の10年にわたる愛の軌跡を描いた王道ラブストーリー。圧巻の演技力を誇る国民的大女優の戸田恵梨香が主人公を演じ、さらにドラマや舞台などで大活躍中の個性派俳優ムロツヨシが恋人役として出演している。実力を兼ね備えた二人の演技が話題となった作品である。

Read Article

勇者ヨシヒコと魔王の城(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

勇者ヨシヒコと魔王の城(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『勇者ヨシヒコと魔王の城(ドラマ)』とは、テレビ東京系で放送されたコメディドラマである。シュールでコミカルなストーリーで、個性的なキャラクターが話題を呼んだ。毎話登場する豪華ゲストも話題である。ある村の青年ヨシヒコがひょんなことから勇者として薬草を探す旅に行くことになり、その旅の途中で仲間を増やしていく物語である。ゲーム『ドラゴンクエスト』をもじった作品でもあり効果音やアイテム等も登場しファンを沸かせた。その人気から後に続編も公開された。

Read Article

勇者ヨシヒコと導かれし七人(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

勇者ヨシヒコと導かれし七人(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『勇者ヨシヒコと導かれし七人』とは、2016年10月8日から12月24日までテレビ東京系「ドラマ24」で放送された、山田孝之主演の福田雄一監督作品である。勇者ヨシヒコ一行は、この世界を闇に葬ろうとしている魔王は7つの弱点があり、その魔王の弱点を突く7人を探し出し魔王を倒すべく長い旅を始める。RPGゲーム『ドラゴンクエスト』をモチーフにした冒険活劇で3シリーズの3作品目である。ヨシヒコ演じる山田孝之の他、豪華俳優陣のシュールな演技でファンの多い大人気作品である。

Read Article

さんかく窓の外側は夜(漫画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

さんかく窓の外側は夜(漫画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『さんかく窓の外側は夜』とは、ヤマシタトモコによる、日本の漫画作品。霊が見えるという能力を持つ書店員、三角康介(みかどこうすけ)が、除霊師の冷川理人(ひやかわりひと)と共に除霊をし、殺人事件の謎を解くミステリー・ホラー漫画。除霊師として優秀だが生活能力や人間関係における常識が欠けている冷川と、生真面目で誠実な性格の三角という凸凹コンビが活躍する謎解きミステリーをコミカルなやりとりを交えながら繰り広げつつ、三角や冷川の生い立ちや暗い過去など陰のあるドラマも展開する。

Read Article

勇者ヨシヒコと悪霊の鍵(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

勇者ヨシヒコと悪霊の鍵(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』とは、2012年10月12日から12月21日までテレビ東京系「ドラマ24」で放送された山田孝之主演の福田雄一監督作品である。勇者ヨシヒコに魔王が倒されて100年後、何者かによって魔王の封印が解かれ、再び魔物がはびこる時代となった。民はかつて魔王を倒した勇者ヨシヒコに助けを求め、復活を遂げかつて旅を共にした仲間と共に再び魔王を倒すべく旅に出た。ヨシヒコ演じる山田孝之の他、豪華俳優陣のシュールな演技でファンの多い大人気作品である。

Read Article

小さな巨人(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

小さな巨人(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『小さな巨人』とは、警察組織と戦いながら事件解決をしていく、エンターテインメントドラマである。優秀な刑事・香坂真一郎(こうさかしんいちろう)が所轄に異動になり、警察の上層部と戦いながら、所轄の刑事と共に事件解決をしていくストーリー。主演の長谷川博己の他に、岡田将生、安田顕、芳根京子、香川照之らがドラマ出演している。プロデューサーは伊與田英徳たち、脚本は丑尾健太郎たちが担当した。キャッチコピーは「敵は味方のフリをする」であり、警視庁と所轄の確執や警察内部の裏切者など、警察同士の戦いが描かれている。

Read Article

るろうに剣心 伝説の最期編(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

るろうに剣心 伝説の最期編(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『るろうに剣心 伝説の最期編』(るろうにけんしん でんせつのさいごへん)とは、和月伸宏の人気漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を原作とする実写映画。国家転覆を目論む武装組織との戦いを描いた「京都編」の後半を、オリジナルの展開を交えて映画化したもの。前作と合わせて100億近い興行収入を達成する大ヒットとなった。 明治政府打倒を目論む志々雄真実を倒すため、奥義を修得する緋村剣心。その志々雄は明治政府を脅し、剣心を処刑させることを画策。剣心は否応なく人斬りとして犯してきた罪との対峙を迫られる。

Read Article

君の花になる(きみ花)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

君の花になる(きみ花)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『君の花になる』(きみ花)とは、売れない男性アイドルグループと、彼らの寮母となった主人公の奮闘を描くドラマである。主人公である元高校教師で挫折した経験のある寮母と、「デビューしたい」という夢を追い求めて生きる男性グループ(8LOOM)が、今の現状で満足していいのか、諦めるのかを悩みながらも夢を叶えようと奮闘していく。主人公が挫折した事のある経験から8LOOMへ後悔のないように今を精一杯生きて欲しいと願い、夢を叶えきる事や自分と向き合うことの大切さが描かれている。最終回の視聴率は5.4%である。

Read Article

PICU 小児集中治療室(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

PICU 小児集中治療室(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『PICU 小児集中治療室』とは、フジテレビの「月9」枠で放送された、北海道の小児医療をテーマにしたテレビドラマ。丘珠病院に勤務する小児科医の志子田武四郎は、集中治療を必要とする小児患者に治療を行う PICUへの異動を命じられる。広大な北海道ならではの小児医療の難しさを乗り越えて、武四郎が医師として成長していく。第1話で美瑛町から女児の患者を大学病院に運ぶシーンが放送されたが、医療体制の誤解を招くとして美瑛町がフジテレビに抗議するという騒動があった。

Read Article

NEW
どうする家康(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

どうする家康(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『どうする家康』とは、2023年に放送されたNHK大河ドラマ第62作。脚本家の古沢良太が新たな視点で主人公の徳川家康の生涯を描く。室町時代後期から江戸時代の日本が舞台。両親と離れ離れになり、駿河国大名・今川義元の人質として孤独な人生を送るものだと思っていた少年はやがて弱小国の主となる。様々な選択をしながら戦いのない世界を目指し、乱世に飛び込んでいく物語である

Read Article

スマホを落としただけなのに(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

スマホを落としただけなのに(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『スマホを落としただけなのに』とは、志駕晃(しがあきら)のミステリー小説および、中田秀夫が監督を務めたミステリー映画である。原作は第15回『このミステリーがすごい!』大賞で最終候補に残った人気シリーズだ。賞には落選したが、編集部推薦の「隠し玉」としてシリーズ化され、全3巻が刊行された。 主人公の麻美の彼氏である富田がスマホを落とした日から、麻美の周囲で不可解な出来事が起こり始める。やがて事態はネットに留まらず連続殺人事件、そして麻美の秘密をも暴いていくことになる。

Read Article

マイファミリー(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

マイファミリー(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『マイファミリー』とは2022年にTBSの日曜劇場で放送されたドラマである。二宮和也と多部未華子が演じる夫婦の子どもが誘拐されるところから物語は始まる。誘拐の方法が過去に隠蔽された誘拐事件と似ていたことから、当時かかわっていた警察関係者も動き出す。家族、警察、犯人の思いが交錯したストーリーから目が離せないと、最終回まで話題となったノンストップファミリーエンターテイメントである。

Read Article

るろうに剣心 京都大火編(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

るろうに剣心 京都大火編(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『るろうに剣心 京都大火編』(るろうにけんしん きょうとたいかへん)とは、和月伸宏の人気漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を原作とする実写映画。国家転覆を目論む武装組織との戦いを描いた長編エピソード「京都編」の前半を映画化したもの。人気悪役の志々雄真実を実力派の藤原竜也が演じることで話題となった。 伝説の人斬り緋村剣心が新たな道を踏み出した頃、京都では凄腕の剣客にして野心家の志々雄真実が明治政府打倒のために活動を開始していた。剣心と仲間たちは、志々雄の打倒を目指してそれぞれに動き出す。

Read Article

カズハ(LE SSERAFIM)とは【徹底解説まとめ】

カズハ(LE SSERAFIM)とは【徹底解説まとめ】

カズハとは、韓国のガールズグループ「LE SSERAFIM(ルセラフィム)」の日本人メンバーである。本名は中村一葉(なかむら かずは)。高知県生まれ大阪府育ち。3歳のときから約15年をバレエにつぎ込んできたが、バレエ留学先のオランダから受けたオーディションをきっかけにスカウトされ、K-POPアイドルに転身したという異例の経歴を持つ。練習生期間は4か月と短いが、正統派韓国美人系のビジュアルとバレエで鍛えた豊かな表現力が人気。

Read Article

ドクターホワイト(小説・漫画・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ドクターホワイト(小説・漫画・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ドクターホワイト』とは2015年に刊行された樹林伸の同名小説を原作とした医療マンガ、および2022年のドラマ作品である。主人公の雪村白夜(ゆきむらびゃくや)は記憶喪失の女の子だが、まるで医者だったかのように様々な病気の原因を当てたり、他の医者の診断を「それ、誤診です」と指摘する。記憶を取り戻そうとしていくが、何故白夜がその様な知識を持っているのか探る所も見どころの一つとなっている。

Read Article

三千円の使いかた(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

三千円の使いかた(小説・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『三千円の使いかた』は、「ありそうでなかった!ホーム“マネー”ドラマ」として2023年1月に放映されたテレビドラマ。葵わかな主演により、家族3代、4人の女性が節約や貯蓄を通して自身の人生を見つめ直す姿が描かれた。原作は小説家・脚本家の原田ひ香により、2018年に刊行された同名小説。「知識が深まり、絶対『元』もとれちゃう『節約』家族小説!」と謳われており、「読めばお金が貯まる!」として80万部を超えるベストセラーとなっている。

Read Article

目次 - Contents