草摩綾女(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩綾女(そうま あやめ)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』に登場する巳(蛇)の物の怪憑きで、主要人物の1人の草摩由希の兄である。女性と見まがうロングヘアと美貌、詩的かつ大仰な口調と振る舞いが特徴。学生時代、己の自由と引き換えに由希を無視していたことを後悔しており、関係改善に努める。同級生の草摩紫呉と草摩はとりとは「真のマブダチトリオ」を自称する。洋裁店を営んでおり、店員の倉前美音とは恋仲でもある。

ある日、綾女は土産の桃を持って紫呉の家に行く。誤って由希の服を破いた上、直した際好意で縫い付けた「兄命」との刺繍を嫌がられてしまい、相変わらず兄弟の仲は進展しないと思われた。しかし、意外にも由希が綾女の「店に来るといい」という誘いに賛同。少しでも兄のことを理解したいとの由希の歩み寄りだった。早速はとりに報告し、次の日曜店に来るよう言うと綾女は帰って行った。
日曜、由希は透と共に綾女の店にやってきた。美音の計らいで兄弟水入らずになった綾女は、由希の担任でもある繭子から三者面談を控えているとの情報を仕入れており、自分が行くと申し出る。それに対し、由希は両親を呼ぶと答えた。由希は、自分たちの利益のために自身を本家に売った両親には期待も希望も持っていない。ただ、三者面談などに呼べば、また息子を飼い馴らそうとすることは目に見えている。それが由希には億劫であった。
由希の言葉を聞き、綾女は過去に自分が弟を拒絶したことを思い出す。進路を決めてはいないが、逃げていても仕方がないから両親を呼ぶと言った由希に、綾女は自分が何故この仕事を始めたのかを話す。過剰なほどの自信家の綾女だが、自信を失ってしまうこともある。そんな折、何かを作ってみたくなった。それは、自分なしでは存在しえないものがあると知りたかったからかもしれない。そこまで語り、綾女は「大事なのは、君の気持ちだ。大丈夫だ。君は道具なんかじゃない」と由希を諭す。
手前勝手な自分でも、美音という傍にいてくれる人ができた。由希にもいずれそんな人が現れる。そんな思いを込め、綾女は「君は一人なんかじゃない」と言った。

由希の三者面談

後日、由希の三者面談が行われた。母を呼んだ由希だが、彼女は予想した通り、息子の意向を無視して一方的に話を進めようとする。綾女は少し遅れて三者面談の場に現れた。繭子に花束を渡し、「僕が来たからには、もう安心だ」と言うと綾女は腰かける。
動揺する母に、綾女は冷静に対処する。由希の進路を決める大事な話し合いを邪魔するなど愚の骨頂であった。母は、「今まで放ったらかしにしていたくせに、今更口を出すな」と綾女に抗議する。「あなたと一緒にいたら、由希までろくでもない人間になってしまうわ!」との母の言葉に、由希は「頼りになる人だよ。兄さんは。そりゃ、メチャクチャな所も多いけど…ろくでもなくなんかないよ」と言った。
母の目には、綾女と由希の仲がそれまでになく縮まって見えたようだった。綾女は「分からないのかい?由希はやり直すチャンスをくれたんだよ。あなたに対しても無だったものが有に転じはじめているんだ。あなたはまるで昔の僕みたいだ。どれほど大切なものを踏み荒らし生きてきたか、分からずにいる」と言う。
母は、親である自分に説教をするかのような綾女の物言いに怒り、部屋を後にする。由希は慌てて後を追った。部屋を去り際、由希は綾女に「来てくれてありがとう」と口にする。部屋に残された綾女は、由希に礼を言われたことの喜びなどをはとりへのメールにしたためる。同時に、共に残された繭子と会話をした。
母はあの通り、金や地位を好む人物であり、綾女とは反りが合わなかった。だからこそ、母の期待が次男の由希に行ってしまい、彼を苦しめることにもなったと綾女は言う。それでも頼りになると言われたことを繭子に指摘され、改めて綾女は微笑んだ。

縮んでいく兄弟の距離と変わりゆく由希

高校の文化祭で、由希のクラスは演劇をすることになった。そのことを聞いた綾女は、美音共々高校に乗り出し全員分の衣装を手掛けると宣言。『シンデレラ』がモチーフの演劇で王子役の夾に、見事な衣装を用意した。
その年の正月、綾女たちは本家に戻る。卯年から辰年に代わる年であったため、該当する十二支のはとり、卯(兎)憑きの草摩紅葉(そうま もみじ)が舞を舞った。綾女ははとりの舞の素晴らしさを語り、辰年から巳年に変わる来年は自分も一緒に踊ると張り切り出す。
突如、由希と話していた慊人が怒り、彼を硬いもので殴りつけた。頭部から出血する由希を、綾女は抱える。「死んではいけない!」「気をしっかり持つのだ!」と弟の名を呼ぶ綾女だが、由希の傷自体は大したことがなかった。
はとりはそんな綾女を大袈裟と評するが、由希もはとりも綾女の心配する気持ちは分かっていた。慊人が怒ったのは、由希が「慊人を許す」と言った為だった。それは、自分の不幸を誰かのせいにするのをやめるとの意味であった。しかし、慊人は由希の言葉から彼が自分から離れていくと感じ、激昂したのだ。
綾女は、治療が終わるまでずっとはとりの診療室の外にいた。

呪いからの解放

新しい生活を送る由希たちの為に準備をする綾女(右)と美音(左)。

春になろうかという頃、突如呪いが解けた。巳の物の怪が去っていくのを感じた綾女は、美音を呼び止める。「僕は君を愛したくて生まれて来たんだ。やっとそう言える」そう言って、美音を抱きしめた。神と十二支の絆は、一見自由奔放に見える綾女のことも見張っていた。その枷が消えた今、ようやく綾女は愛する人を抱きしめることができるようになったのだ。
後日、十二支に取り憑かれていた者たちが本家に集められる。由希は、呪いが解けたら自分たちの関係がぎこちなくなるとの不安があったようだ。そんな由希に、綾女はぎこちなくなったりはしないと声を掛ける。
十二支の神でなくなった慊人がその場に現れた。それまで「神だから価値がある」と思い込んでいた慊人だが、透は一個人として彼女を受け入れた為、神をやめる決意ができたようだった。皆が本来の自分に戻れたからと、慊人は振り袖姿で現れる。神ではなくなっても、当主として皆を守るとの決意を述べた。
由希たちが高校を卒業し、皆それぞれの道を歩み始める。綾女は、夾と相思相愛になり彼と共に遠方に行く透の為に衣装を段ボールに詰めていた。子供の巣立ちは寂しいものだが、だからこそ大人は鬱陶しいほどの愛を込めて段ボールにカップ麺やメイド服などを入れるのだと綾女は語る。遠くの大学へ行く由希に送る為の衣装も、既に考えてあった。

草摩綾女の関連人物・キャラクター

綾女と由希の母

CV:大原さやか(新アニメ版)

綾女、由希という2人の物の怪憑きを産んだ。20代後半の息子がいるとは思えない若々しい外見をしている。綾女曰く地位や金を好む人物で、息子たちに親らしい愛情を見せたことはない。子憑きを産んだために一族でも破格の地位と財力を得、夫共々豪遊三昧の日々を送る。
自由奔放な綾女を「馬鹿」と称し、彼に対しては期待をしていない。というより苦手意識すら抱いており、由希の三者面談に綾女が現れた時は錯乱。親である自分に説教するかのような物言いをした綾女に怒り、その場を後にする。
夫共々綾女からは「あの者たち」と呼ばれており、彼からはある種見限られている。

草摩由希(そうま ゆき)

CV:久川綾(ドラマCD/旧アニメ版)、島﨑信長(新アニメ版)、島袋美由利(新アニメ版幼少期)

子(鼠)憑きの物の怪憑きで、綾女の弟。兄と同じく秀麗な容姿を持ち、文武に優れることもあって学校では「王子様」と呼ばれており、ファンクラブまである。性格は兄と真逆で真面目な常識人。「羨ましい」と評される容姿も女顔だからとコンプレックスに感じており、自信は皆無。幼い頃神である慊人に虐待されており、夾や他の物の怪憑きから拒絶の言葉を浴びせられたことも人格形成の一因となっている。
綾女のことは、彼の登場時より「こいつ」呼ばわりするほど苦手に感じていた。紫呉や綾女自身が語る兄の過去を聞いても、尊敬の念を抱けない破天荒なエピソードばかりで、溝は深まる一方だった。
それでも透のとりなしもあり、兄の店に赴くなど距離を縮めようとし始める。三者面談の際、母への苦手意識から自身の希望する進路の中々言えなかった。そこに現れた綾女により、由希は母に自分の望む道について口にすることができた。この時、「兄さんは馬鹿じゃない」「頼れる人」と言った。

renote.net

草摩紫呉(そうま しぐれ)

CV:置鮎龍太郎(旧アニメ版)、中村悠一(新アニメ版)、日野まり(新アニメ版幼少期)

戌(犬)の物の怪憑き。通称は「ぐれさん」、「しーちゃん」など。爽やかな美男子で飄々とした振る舞いが多いが腹黒く、慊人を自分だけのものにする為の謀を巡らせる。綾女、はとりとは同い年で「真のマブダチトリオ」を自称する。複数のペンネームを使い分ける小説家で、作家らしく含蓄のある言葉で若者たちを導くこともある。
綾女と仲が良く、互いに「ぐれさん」、「あーや」と呼び合う。綾女のテンションについていける数少ない人物で、彼と会う度他者が立ち入りがたいい会話をし、お互い親指を上げて「よしっ」と言い合っている。

renote.net

草摩はとり(そうま はとり)

CV:井上和彦(旧アニメ版)、興津和幸(新アニメ版)、長谷川育美(新アニメ版幼少期)

辰(龍)の物の怪憑き。「真のマブダチトリオ」の1人だが、そのことを自称したことはない。綾女からは「とりさん」と呼ばれる。はとり自身はクールで落ち着いた性格をしている。一族の人間しか診ない草摩家の主治医で、半分は病弱な慊人の世話。十二支の秘密を知った者に記憶の隠蔽を施すこともあり、自身の婚約者だった佳菜から大切な思い出を消す羽目にもなった。
他者に対し冷たいとも取れる言動をとることもあるが、根は優しく思いやりを持つ。さりげない気配りもでき、綾女は自分にはない特性を持つはとりを尊敬し、「やっぱりとりさんには敵わない」と口にしている。綾女を制御できる唯一の人物。綾女からの「報告」を一応聞いてやる描写がある。
綾女は佳菜が他の男性と結婚したことに関し、はとりだけが全てを背負わされていると感じ、「彼女より2000倍も幸せになってもらわないと困る」と口にした。

renote.net

えどまち
えどまち
@edono78

Related Articles関連記事

フルーツバスケット(フルバ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

フルーツバスケット(フルバ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『フルーツバスケット』とは高屋奈月による漫画作品。白泉社の『花とゆめ』で、1998年16号から2006年24号まで連載。2001年にアニメ化され、2019年には全編が再アニメ化された。同級生の草摩由希が住む草摩家の分家宅へ居候することになった、主人公の本田透。そこから物の怪憑きの体質を持つ草摩家の人々と関わっていくことになる。略称は『フルバ』・『フルバス』。2009年には劇団スタジオライフにより舞台化された。

Read Article

フルーツバスケット(フルバ)の草摩家・草摩一族まとめ

フルーツバスケット(フルバ)の草摩家・草摩一族まとめ

『フルーツバスケット』とは、高屋奈月による漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。母と家を失いテント暮らしをしていた女子高生の本田透は、十二支の呪いに取り憑かれた一族・草摩家と関わりを持つようになる。学校で王子と慕われる由希、幼い頃から由希をライバル視する夾を始め、十二支と猫の物の怪に取り憑かれた者たちやその関係者、彼らが関わる人々の心の傷や救済を描く。本項では、草摩家とその一族についてまとめる。

Read Article

フルーツバスケットの恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

フルーツバスケットの恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『フルーツバスケット』とは、恋愛要素が強いロー・ファンタジー漫画。作者は高屋奈月である。公式略称は「フルバ」、「フルバス」など。1998年に白泉社の『花とゆめ』にて連載がスタート。2006年に完結した。2001年にTVアニメ化され、2019年にキャストなどを一新して再びTVアニメ化された。主人公に女子高生・本田透(ほんだ とおる)を始めとする魅力溢れるキャラクターが多数登場。キャラクター同士の時に甘く、時に苦い恋愛模様が描かれている。

Read Article

フルーツバスケット(フルバ)のネタバレあらすじ・ストーリーまとめ

フルーツバスケット(フルバ)のネタバレあらすじ・ストーリーまとめ

『フルーツバスケット』は日本の漫画家・高屋奈月による少女漫画。通称は「フルバ」。1998年に白泉社の『花とゆめ』で連載を開始し、2006年に完結した。単行本は全23巻。 主人公の本田透は高校に入学して間もなく母親を交通事故で亡くしてしまった。ひょんなことから透は同じ高校に通う草摩由希が暮らしている家に厄介になる。草摩家は代々続く名家。そんな名家には十二支にまつわる重大な秘密があった。透は草摩家の人間と関わるようになっていき、その母性あふれる優しさで心の傷を癒やしていくのだった。

Read Article

草摩夾(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩夾(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩夾(そうま きょう)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』に登場する、十二支の仲間になれなかった猫の物の怪憑きの少年である。仲間外れの存在として、幼い頃より一族中から疎外されてきた。神と同じく尊ばれる子憑きの草摩由希に勝つことを望み、彼との仲は良くないが本心では互いを羨んでいる。ぶっきらぼうで喧嘩っ早いが、根は優しく由希以外の人物に意味なく喧嘩を売ることはしない。ヒロイン本田透を気遣い、彼女と惹かれ合うようになる。

Read Article

本田透(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

本田透(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

本田透(ほんだ とおる)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』の主人公である。両親を失いながらも、前向きに生きる少女。他人を思いやり、相手をあるがままに受け入れる慈悲深さを持つ。天然ボケの気があり、ずれた言動も多いが本人が言う所の頑固さも持ち合わせている。十二支の呪いに苛まれる草摩(そうま)家と関わりを持つ中、十二支と猫の物の怪に取り憑かれた「物の怪憑き」を救いたいと願うようになる。

Read Article

本田今日子(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

本田今日子(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

本田今日子(ほんだ きょうこ)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』に登場する、主人公・本田透の母である。旧姓は勝沼。「赤い蝶」の異名を持つ伝説的なヤンキーだったが、結婚してからは落ち着き、子煩悩な母親になった。今日子自身は物語開始時点で故人だが、それでも度々透やその友人・魚谷ありさの話題に上るほどに慕われている。透が幼い頃、十二支の始まりの昔話をし、彼女に「十二支になれなかった猫」への愛着を持たせるきっかけになった。

Read Article

草摩潑春(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩潑春(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩潑春(そうま はつはる)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』に登場する、十二支の丑(牛)の物の怪に取り憑かれた人物である。普段はつかみどころのない印象ながら優しく、他者を気遣うことが多い。しかし、キレると好戦的な「ブラック春」と呼ばれる状態になる。特徴的な白髪は地毛。幼い頃、自分のコンプレックスを拭ってくれた子(鼠)憑きの草摩由希を特別視し、彼を心配している。午(馬)の物の怪憑きである草摩依鈴とは相思相愛だが、互いを想い合うが故の障壁もある。

Read Article

草摩はとり(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩はとり(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩はとり(そうま はとり)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』に登場する十二支の辰(龍)の物の怪に取り憑かれた人物で、草摩家の主治医である。当主の草摩慊人や父の命令に従い、十二支の呪いを知った人物に「記憶の隠蔽」と呼ばれる催眠術を施してきた。クールな見た目と物言いが特徴的だが性格は優しい。主人公の本田透が草摩家に深入りすることで元恋人の草摩佳菜のように傷つかぬよう、これ以上関わるなと忠告した。数百年続く神と十二支の絆を「呪い」と表現した、作中最初の人物。

Read Article

草摩紅葉(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩紅葉(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩紅葉(そうま もみじ)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』に登場する、十二支の卯(兎)の物の怪に取り憑かれた人物である。ドイツ人とのハーフで、金髪と愛らしい外見が特徴。明るい性格も相まって人に好かれやすい。「神と十二支の絆」という呪いが元で母から拒絶され、その記憶からも消えてしまう。それでも、両親の心中を思いやる優しい心を持つ。主人公の本田透に想いを寄せるが、猫憑きの草摩夾と両想いなので告白はしなかった。作中において呪いが解け、改めて自分の人生を進む。

Read Article

草摩紫呉(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩紫呉(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩紫呉(そうま しぐれ)とは、高屋奈月による漫画作品『フルーツバスケット』に登場する、戌(犬)の物の怪に取り憑かれた人物である。一見すると爽やかな美形で性格も飄々としている。その一方で自身を「最低」と評するように、十二支の神である草摩慊人を自分のものにするという己の野望の為に他者を利用する。といっても完全な悪人ではなく、物の怪憑きを受け入れる本田透を巻き込むことへの罪悪感も口にした。職業は小説家で、時たま迷い、悩む若者たちに道を示すこともある。

Read Article

NEW
草摩依鈴(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩依鈴(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩依鈴(そうま いすず)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』に登場する、午(馬)の物の怪に取り憑かれた人物である。他者に手厳しい態度を取るが、その実は恋人の草摩潑春を呪いから解放し、主人公本田透を傷つけまいとする優しい性格。1人ですべてをしょい込む傾向にある。その一方、軽率で詰めの甘い一面もある。当初はロングヘアだったが、十二支の神に当たる草摩慊人に髪を切られてからはショートヘアになった。

Read Article

草摩由希(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩由希(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩由希(そうま ゆき)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』に登場する、十二支の子(鼠)の物の怪に取り憑かれた人物である。容姿端麗で文武に優れ、学校では「王子様」と称されファンクラブまで存在する。しかし、神である草摩慊人の虐待や、兄を始めとする他の物の怪憑きの拒絶もあって本人の自己肯定感は低い。それでも、ヒロイン本田透との生活の中で徐々に変わろうと努力する。猫憑きの草摩夾との仲は険悪だが、一方で誰とでも仲良くなれる夾に憧れを抱いていた。

Read Article

花島咲(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

花島咲(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

花島咲(はなじま さき)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』の登場人物。主人公・本田透の友人である。表情に乏しく無口だが、友達想いで透を大事に思っている。「電波」と呼ばれる特殊な波長を読み取り、操る能力を持つ。透やもう1人の友人の魚谷ありさには寛容だが、その他の人物に対しては容赦ない毒舌を浴びせる他、お仕置きと称する「毒電波」を浴びせることもある。電波の力を操り切れなかった小学生時代、クラスメイトを殺しかけたと思い込み、贖罪として黒い服を着るようになった。

Read Article

草摩藉真(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩藉真(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩藉真(そうま かずま)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』の主要人物の1人・草摩夾の養父であり、武術の師匠である。幼い頃、十二支に入れなかった猫の物の怪に取り憑かれた祖父を残酷な言葉で拒絶。祖父の死後、新たに生まれた猫憑きの草摩夾を見て、その環境の理不尽さを思い知る。母を失い、父からも拒絶された夾を引き取ったのは贖罪の為だったが、次第に父性が芽生えていった。祖父のように幽閉される未来から夾を救おうとした。

Read Article

NEW
草摩杞紗(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩杞紗(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩杞紗(そうま きさ)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』に登場する、十二支の寅(虎)の物の怪に取り憑かれた人物である。登場時は特徴的な髪や目の色が原因で中学でいじめに遭い、失語症を患い不登校状態にあった。主人公の本田透によって心を救われ、再び学校に通い出す。その後は透を「お姉ちゃん」と呼び慕う。未(羊)憑きの草摩燈路と仲が良かったために当主の草摩慊人に暴行を受け、燈路との仲が気まずくなっていたが、後に和解し、恋仲となった。

Read Article

草摩紅野(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩紅野(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩紅野(そうま くれの)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』に登場する、十二支の酉(鳥)の物の怪に取り憑かれた人物である。実はとうの昔に「十二支と神の絆」という呪いから解放されているが、当主にして神の草摩慊人を見捨てられず取り憑かれたフリをしている。慊人が望まなくなるまで傍にいると決めていたが、コンビニ店員の魚谷ありさに心惹かれる。他の物の怪憑きに訪れる変化を後押しし、慊人にも変わる現実を受け入れさせようとした。

Read Article

NEW
草摩燈路(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩燈路(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩燈路(そうま ひろ)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』に登場する、未(羊)の物の怪に取り憑かれた人物である。物の怪憑きとしては最年少。次々と嫌味を繰り出す毒舌家で、年齢も相まって生意気な印象を与える。その一方、幼さ故の浅慮や無力さから、大好きな草摩杞紗を守れない自分へのいら立ちも感じている。杞紗と仲が良い主人公の本田透に嫉妬するが、透からの励ましもあり毒舌攻撃はしなくなる。失敗と成長を繰り返す中、妹の日向が誕生し、杞紗との仲も前以上に良くなっていった。

Read Article

魚谷ありさ(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

魚谷ありさ(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

魚谷ありさ(うおたに ありさ)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』の主人公・本田透(ほんだ とおる)の友人である。透からは「魚ちゃん」と呼ばれる。昔ながらのヤンキーといった風体だが、不良行為はとうに卒業した。友達想いの情に厚い性格で、もう1人の友人・花島咲(はなじま さき)と共に透を見守る。透の母・本田今日子(ほんだ きょうこ)に憧れと恩義を感じ、彼女の死後も慕っている。バイト先で草摩紅野(そうま くれの)という人物に出会い互いに惹かれるが、事情があって会えずにいた。

Read Article

愛おしくて涙溢れる物語『フルーツバスケット』十二支、神まとめ

愛おしくて涙溢れる物語『フルーツバスケット』十二支、神まとめ

『フルーツバスケット』とは高屋奈月による漫画及びそれを原作とするアニメ作品です。母を失くして一人テント暮らしをする女子高生、本田透。透はひょんなことから十二支の物の怪に取り憑かれた一族、草摩家と関わることになります。可愛い絵柄とタイトルに惹かれて買ってみたら結構ドロドロ?しかし救済もあれば爽やかな部分もある。色々と人生について考えさせてくれる名作です。この作品のキモである「神」と「十二支」についてまとめました。

Read Article

【フルーツバスケット】まだ終わってなかった!続編がある面白い少女漫画まとめ【ママレード・ボーイ】

【フルーツバスケット】まだ終わってなかった!続編がある面白い少女漫画まとめ【ママレード・ボーイ】

『フルーツバスケット』や『ママレード・ボーイ』など、世の中の女性たちがみんな夢中になった少女漫画の数々。連載が終わってしまった時には、なんだか自分の半身が失われてしまったほどの寂しさを感じた方も多いのではないでしょうか。そんなあなたに朗報!なんと、かつての人気少女漫画に続編が登場しているのです。あの頃子どもだった主人公たちも立派に成長して、なんだか感慨深いですね。

Read Article

目次 - Contents