本田今日子(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

本田今日子(ほんだ きょうこ)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』に登場する、主人公・本田透の母である。旧姓は勝沼。「赤い蝶」の異名を持つ伝説的なヤンキーだったが、結婚してからは落ち着き、子煩悩な母親になった。今日子自身は物語開始時点で故人だが、それでも度々透やその友人・魚谷ありさの話題に上るほどに慕われている。透が幼い頃、十二支の始まりの昔話をし、彼女に「十二支になれなかった猫」への愛着を持たせるきっかけになった。

本田今日子の概要

本田今日子(ほんだ きょうこ)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』の主人公本田透(ほんだ とおる)の母である。旧姓は勝沼(かつぬま)。ショートヘアが特徴のさっぱりとした印象の女性。
中学時代は家庭環境が元で荒んでおり、「赤い蝶」の異名で知られる伝説的なヤンキーだった。教育実習生だった本田勝也(ほんだ かつや)と出会い、自身を厄介な不良ではなく寂しい少女と見抜いた彼に惹かれ結婚に至った。
夫の死後、一時憔悴していた時期もあったが、残された娘の透に十分な愛情を注いだ。物語開始時点で故人だが、今日子の言葉や人生訓は透やその友人らの中に指針として生きている。
透が幼い頃「神様が動物たちを招いて宴をした」という十二支の始まりの昔話をし、彼女に「十二支の一員になれなかった猫」への憐憫と愛着を持たせるきっかけにもなった。

本田今日子のプロフィール・人物像

CV:安原麗子(旧アニメ版)、沢城みゆき(新アニメ版)

中学時代は攻撃的なヤンキーだったが、それは家庭関係の悪さから来るものであった。教育実習生の本田勝也(ほんだ かつや)から、荒れた原因が寂しさであると見抜かれる。両親から絶縁された直後、勝也と結婚。娘の本田透(ほんだ とおる)を出産する。
勝也の死後は世界が終わってしまったかのように憔悴していたが、透のことを思い出してからは回復。親馬鹿と称されるほどの子煩悩な女性となる。不良時代の険は抜けたが、それは肩の力を抜いたためであった。透曰く「いつだってパワフル」な人物。

本田今日子の能力

喧嘩の強さ

手の付けられない不良だった今日子は、喧嘩が強かった。不良をやめても尚、その伝説は「赤い蝶」の異名と共に語り継がれており、娘である透の世代にも知られている。

本田今日子の来歴・活躍

荒んだ少女と変わり者の教育実習生

荒れていた今日子は、教育実習生である勝也との出会いで更生していった。

勝沼今日子(かつぬま きょうこ)は、厳格な父と、そんな夫の顔色を見る母の間に育った。勝沼家での温もりは皆無で、今日子は悪い仲間とつるみ始める。喧嘩の強さから不良仲間に一目置かれるようになった今日子は、いつしか「赤い蝶」と呼ばれるようになった。夜間にバイクで走行した際、テールランプが赤い蝶のように見えることからその異名がついた。
久しぶりに訪れた学校で、今日子は教育実習生の本田勝也(ほんだ かつや)と出会う。勝也が他の教師のように自分を責めると思った今日子に対して、勝也は「寂しかったのでしょう?」と彼女の本心を見透かす言葉を口にした。その言葉により、自身の心と向き合った今日子は不良をやめようと考える。個人的に勉強も見てくれる勝也に対し、今日子は次第に惹かれていく。
中学校を卒業する頃、勝也とはもうお別れだと今日子は言った。そんな今日子を、勝也は「学校という狭い世界しか知らないガキ」と言う。通常の敬語ではなく、別人のように男性的で強い口調で、勝也は「俺を選べ」と口にした。
今日子の両親は厄介払いとばかりに娘を手放した。中学校卒業後、今日子は勝也と結婚し家庭に入る。

勝也の死・透との再出発

勝也は教員にはならず、研究所で働き始めた。やがて今日子は妊娠する。自分に人間を産み、育てることなどできるだろうかと不安になる今日子に、勝也は共に乗り越えようと言った。やがて、今日子は本田透(ほんだ とおる)という娘を出産する。穏やかな日が続くが、勝也は出張先からの電話を最後に、風邪をこじらせて亡くなってしまう。理解者であった夫の死の衝撃の後、今日子は大きな喪失感に見舞われ憔悴する。父は「この世には必要な人間と、そうでない人間がいる」と言ったが、今日子はその言葉を嘘だと感じる。誰が死んでも、世界は何も困らない。今日子は勝也のいない世界で、そう感じた。
落ち込んでいた今日子だが、透を長らく放置していたことに気付く。外出先でそのことに思い至り、慌てて自宅に帰ると、透は自身の父親のように敬語で話すようになっていた。「勝也に会いに行きたい」と呟いた母の言葉を聞いた透が、彼女を引き留めようと幼い頭で考えた結果だった。
今日子は寂しい思いをさせたと透に詫び、娘を抱きしめた。

「ジャリガキ」との出会い

ある時、今日子は空き地でぶらぶらしている少年を見かける。透と同年代と思しきその少年は、珍しいオレンジ色の髪をしていた。少年は名を草摩夾(そうま きょう)といったが、今日子に名乗ることはしなかった。彼女も無理には聞かず、夾を「ジャリ」と呼んだ。夾は幼いながら母を失っており、父とは不仲なようだった。今日子の職場付近にある空き地が学校の帰り道らしく、しばしば出くわすようになった夾との交流が始まる。今日子は、自身の過去、夫勝也との出会いと別離、透という宝物のことを話した。
ある朝、透が行方不明になる事態が発生。いつになく錯乱する今日子に、夾は「俺が探しに行くから、お前は家で待ってろ」と言い、「男の約束」だと言って駆け出した。
その後、透が家の前に現れる。話を聞くと、帽子をかぶった見知らぬ少年に案内されたらしい。透の頭には、その少年にかぶせられた帽子があった。一安心した今日子は、夾を見つけ探してくれたことの礼を言い、透が見つかったことを報告。しかし、夾は今日子の手に握られた帽子を見て表情を変えた。
夾はその帽子の主を知っており、「自分よりも恵まれている」その相手を憎んでいるようだった。夾は透を見つけてくれた少年を「嫌な奴」だと繰り返す。そんな夾の心情を、「嫌な奴を作らないと自分を保てない」と今日子は指摘。
敵、味方、そんなものにこだわって生きていたらもったいない。夾はせっかくいい子なのに、そんな感情に振り回されることはないと今日子は言った。夾にはその言葉は受け入れられなかったらしく、今日子を突き飛ばし、「裏切り者!」と叫んで駆けていった。
その背中に向かって、今日子は「約束、ツケね!」と笑って声を掛けた。その後、夾と会うことはなく年月が過ぎていった。

魚谷ありさとの出会い

不良仲間にリンチされたありさを救い、彼女を背負って帰る今日子。

ある日、仕事帰りの今日子は、学校から帰ってきた透を見つける。そのそばには、かつての今日子のような出で立ちのその少女がいた。少女は透のクラスメイトで、名を魚谷ありさ(うおたに ありさ)といった。今日子はありさを自宅に招き入れる。今日子は「魚谷」という苗字なので「魚ちゃん」と呼び、一緒に夕食を取ろうと誘うが、ありさは憧れの赤い蝶の現状にがっかりしたと帰ろうとする。「何でそんな風になってしまったのか」と尋ねるありさに、今日子は「肩の荷を下ろしただけだよ」と返した。
後日、別の不良グループに追われていたありさを透が助け、一緒に本田家のアパートに逃げ込んだ。それからありさと本田親子の交流が始まった。今日子は常にありさを笑って歓迎し、彼女の話にも耳を傾ける。ありさは次第にその環境に居心地の良さを覚えて言ったようだった。
ある日、今日子はありさと同じグループに属する少女に声を掛けられる。ありさが族抜けを希望しているというのだ。不良グループを抜けるには、他の面々からの制裁を受けなくてはならない。自身もそうした環境にいた今日子は、それで死ぬ思いをした者を何人も見てきた。
少女から聞いた場所に向かうと、まさにありさが制裁を受けている最中であった。その場に飛び込み、不良少女たちを蹴散らした今日子は、ありさを背負って逃げ去る。今日子の背中で目を覚ましたありさは、ここまで傷を受けなくては何も分からない自分に憤り、涙を流す。今日子は傷を負い、どん底に落ちなくては分からない気持ちがあること、その痛みを無駄にしないとあがき、人に優しくすればどんな経験も無駄にはならないことを話した。ありさは透の親友になりたいと言う。その後も度々不良グループからの嫌がらせはあったが、本田親子はありさを守り抜いた。
中学2年になると、花島咲(はなじま さき)という少女が転入してくる。電波という特殊な力を持つようだが、今日子は透たちが「花ちゃん」と呼ぶ彼女のことも歓迎。
自身が中卒であったため、娘の透には女子高生の生活を楽しんでほしいと言った今日子の願い通り、透はありさ、咲と共に海原高校に合格。入学が決まった際、4人は本田家のアパートでお祝いをした。

今日子の死

透が高校に入学して間もない頃、今日子はまだ起きない彼女を置いて仕事へと向かう。交差点で道路を渡っていた今日子の下に、暴走した車が突っ込んできた。車に惹かれた今日子はゆっくりと跳ね上がり、地面に激突。
痛みや出血から、今日子は自分がもう死んでしまうことを意識する。その中で、今日子は透を愛せていたか、これから誰があの子を守るのかとの思いに駆られる。体が動かせず、痛みもあまりなくなってきたころ、野次馬の中に成長した夾の姿を見つけた。
「お願い。私の代わりにあの子を守って。約束のツケ、払ってくれなきゃ許さないから」と願い、今日子は夾に呼び掛ける。夾は逃げるように走り去った。意識が遠のき、透のことは夾に託すしかなくなる。
気が付くと、海のような場所にいた。目の前には勝也がおり、「頑張ったね」と声を掛ける。今日子は、勝也と出会った中学時代の姿に戻っていた。勝也の言葉を聞き、今日子は「頑張ったね」と言われるに値した自らの人生に幕を閉じる。

夾と透

今日子の死は長らく透の中で大きなしこりになっていた。透は、「人生の中で一番大事なのはお母さん」と今日子以上に大切な人は作らないと決める。勝也の父の家で暮らし始めた透だが、改築の間に住んでいたテントを失い、夾の親類である草摩紫呉(そうま しぐれ)の家で夾と、夾が憎む草摩由希(そうま ゆき)と生活しはじめる。
その生活は透にとって概ね楽しいものだったが、数百年草摩家に暗い影を落とす十二支の呪いに端を発する多くの試練もあった。その中で夾と透は惹かれ合うが、夾は今日子を見殺しにしたとの負い目が、透は今日子よりも夾を大事に思ってしまうことへの動揺があり、互いの思いを封じてしまう。今日子の願いは夾には伝わっておらず、「許さないから」の部分だけが聞こえていた。
それらを乗り越え、夾と透は自分たちの気持ちを確認。交際を始める。夾から事故の日のことを聞いていた透は、「お母さんは、夾君を恨んではいない」と母の真意を見抜き、口にする。
今日子の墓前で新たな人生を踏み出すと決めた夾は、遅くなったけどようやく今日子との約束を果たすと誓うのだった。

本田今日子の関連人物・キャラクター

えどまち
えどまち
@edono78

Related Articles関連記事

フルーツバスケット(フルバ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

フルーツバスケット(フルバ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『フルーツバスケット』とは高屋奈月による漫画作品。白泉社の『花とゆめ』で、1998年16号から2006年24号まで連載。2001年にアニメ化され、2019年には全編が再アニメ化された。同級生の草摩由希が住む草摩家の分家宅へ居候することになった、主人公の本田透。そこから物の怪憑きの体質を持つ草摩家の人々と関わっていくことになる。略称は『フルバ』・『フルバス』。2009年には劇団スタジオライフにより舞台化された。

Read Article

フルーツバスケット(フルバ)の草摩家・草摩一族まとめ

フルーツバスケット(フルバ)の草摩家・草摩一族まとめ

『フルーツバスケット』とは、高屋奈月による漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。母と家を失いテント暮らしをしていた女子高生の本田透は、十二支の呪いに取り憑かれた一族・草摩家と関わりを持つようになる。学校で王子と慕われる由希、幼い頃から由希をライバル視する夾を始め、十二支と猫の物の怪に取り憑かれた者たちやその関係者、彼らが関わる人々の心の傷や救済を描く。本項では、草摩家とその一族についてまとめる。

Read Article

フルーツバスケットの恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

フルーツバスケットの恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『フルーツバスケット』とは、恋愛要素が強いロー・ファンタジー漫画。作者は高屋奈月である。公式略称は「フルバ」、「フルバス」など。1998年に白泉社の『花とゆめ』にて連載がスタート。2006年に完結した。2001年にTVアニメ化され、2019年にキャストなどを一新して再びTVアニメ化された。主人公に女子高生・本田透(ほんだ とおる)を始めとする魅力溢れるキャラクターが多数登場。キャラクター同士の時に甘く、時に苦い恋愛模様が描かれている。

Read Article

フルーツバスケット(フルバ)のネタバレあらすじ・ストーリーまとめ

フルーツバスケット(フルバ)のネタバレあらすじ・ストーリーまとめ

『フルーツバスケット』は日本の漫画家・高屋奈月による少女漫画。通称は「フルバ」。1998年に白泉社の『花とゆめ』で連載を開始し、2006年に完結した。単行本は全23巻。 主人公の本田透は高校に入学して間もなく母親を交通事故で亡くしてしまった。ひょんなことから透は同じ高校に通う草摩由希が暮らしている家に厄介になる。草摩家は代々続く名家。そんな名家には十二支にまつわる重大な秘密があった。透は草摩家の人間と関わるようになっていき、その母性あふれる優しさで心の傷を癒やしていくのだった。

Read Article

草摩夾(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩夾(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩夾(そうま きょう)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』に登場する、十二支の仲間になれなかった猫の物の怪憑きの少年である。仲間外れの存在として、幼い頃より一族中から疎外されてきた。神と同じく尊ばれる子憑きの草摩由希に勝つことを望み、彼との仲は良くないが本心では互いを羨んでいる。ぶっきらぼうで喧嘩っ早いが、根は優しく由希以外の人物に意味なく喧嘩を売ることはしない。ヒロイン本田透を気遣い、彼女と惹かれ合うようになる。

Read Article

本田透(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

本田透(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

本田透(ほんだ とおる)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』の主人公である。両親を失いながらも、前向きに生きる少女。他人を思いやり、相手をあるがままに受け入れる慈悲深さを持つ。天然ボケの気があり、ずれた言動も多いが本人が言う所の頑固さも持ち合わせている。十二支の呪いに苛まれる草摩(そうま)家と関わりを持つ中、十二支と猫の物の怪に取り憑かれた「物の怪憑き」を救いたいと願うようになる。

Read Article

草摩潑春(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩潑春(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩潑春(そうま はつはる)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』に登場する、十二支の丑(牛)の物の怪に取り憑かれた人物である。普段はつかみどころのない印象ながら優しく、他者を気遣うことが多い。しかし、キレると好戦的な「ブラック春」と呼ばれる状態になる。特徴的な白髪は地毛。幼い頃、自分のコンプレックスを拭ってくれた子(鼠)憑きの草摩由希を特別視し、彼を心配している。午(馬)の物の怪憑きである草摩依鈴とは相思相愛だが、互いを想い合うが故の障壁もある。

Read Article

草摩はとり(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩はとり(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩はとり(そうま はとり)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』に登場する十二支の辰(龍)の物の怪に取り憑かれた人物で、草摩家の主治医である。当主の草摩慊人や父の命令に従い、十二支の呪いを知った人物に「記憶の隠蔽」と呼ばれる催眠術を施してきた。クールな見た目と物言いが特徴的だが性格は優しい。主人公の本田透が草摩家に深入りすることで元恋人の草摩佳菜のように傷つかぬよう、これ以上関わるなと忠告した。数百年続く神と十二支の絆を「呪い」と表現した、作中最初の人物。

Read Article

草摩紅葉(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩紅葉(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩紅葉(そうま もみじ)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』に登場する、十二支の卯(兎)の物の怪に取り憑かれた人物である。ドイツ人とのハーフで、金髪と愛らしい外見が特徴。明るい性格も相まって人に好かれやすい。「神と十二支の絆」という呪いが元で母から拒絶され、その記憶からも消えてしまう。それでも、両親の心中を思いやる優しい心を持つ。主人公の本田透に想いを寄せるが、猫憑きの草摩夾と両想いなので告白はしなかった。作中において呪いが解け、改めて自分の人生を進む。

Read Article

草摩紫呉(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩紫呉(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩紫呉(そうま しぐれ)とは、高屋奈月による漫画作品『フルーツバスケット』に登場する、戌(犬)の物の怪に取り憑かれた人物である。一見すると爽やかな美形で性格も飄々としている。その一方で自身を「最低」と評するように、十二支の神である草摩慊人を自分のものにするという己の野望の為に他者を利用する。といっても完全な悪人ではなく、物の怪憑きを受け入れる本田透を巻き込むことへの罪悪感も口にした。職業は小説家で、時たま迷い、悩む若者たちに道を示すこともある。

Read Article

NEW
草摩依鈴(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩依鈴(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩依鈴(そうま いすず)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』に登場する、午(馬)の物の怪に取り憑かれた人物である。他者に手厳しい態度を取るが、その実は恋人の草摩潑春を呪いから解放し、主人公本田透を傷つけまいとする優しい性格。1人ですべてをしょい込む傾向にある。その一方、軽率で詰めの甘い一面もある。当初はロングヘアだったが、十二支の神に当たる草摩慊人に髪を切られてからはショートヘアになった。

Read Article

草摩由希(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩由希(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩由希(そうま ゆき)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』に登場する、十二支の子(鼠)の物の怪に取り憑かれた人物である。容姿端麗で文武に優れ、学校では「王子様」と称されファンクラブまで存在する。しかし、神である草摩慊人の虐待や、兄を始めとする他の物の怪憑きの拒絶もあって本人の自己肯定感は低い。それでも、ヒロイン本田透との生活の中で徐々に変わろうと努力する。猫憑きの草摩夾との仲は険悪だが、一方で誰とでも仲良くなれる夾に憧れを抱いていた。

Read Article

花島咲(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

花島咲(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

花島咲(はなじま さき)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』の登場人物。主人公・本田透の友人である。表情に乏しく無口だが、友達想いで透を大事に思っている。「電波」と呼ばれる特殊な波長を読み取り、操る能力を持つ。透やもう1人の友人の魚谷ありさには寛容だが、その他の人物に対しては容赦ない毒舌を浴びせる他、お仕置きと称する「毒電波」を浴びせることもある。電波の力を操り切れなかった小学生時代、クラスメイトを殺しかけたと思い込み、贖罪として黒い服を着るようになった。

Read Article

草摩綾女(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩綾女(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩綾女(そうま あやめ)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』に登場する巳(蛇)の物の怪憑きで、主要人物の1人の草摩由希の兄である。女性と見まがうロングヘアと美貌、詩的かつ大仰な口調と振る舞いが特徴。学生時代、己の自由と引き換えに由希を無視していたことを後悔しており、関係改善に努める。同級生の草摩紫呉と草摩はとりとは「真のマブダチトリオ」を自称する。洋裁店を営んでおり、店員の倉前美音とは恋仲でもある。

Read Article

草摩藉真(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩藉真(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩藉真(そうま かずま)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』の主要人物の1人・草摩夾の養父であり、武術の師匠である。幼い頃、十二支に入れなかった猫の物の怪に取り憑かれた祖父を残酷な言葉で拒絶。祖父の死後、新たに生まれた猫憑きの草摩夾を見て、その環境の理不尽さを思い知る。母を失い、父からも拒絶された夾を引き取ったのは贖罪の為だったが、次第に父性が芽生えていった。祖父のように幽閉される未来から夾を救おうとした。

Read Article

NEW
草摩杞紗(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩杞紗(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩杞紗(そうま きさ)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』に登場する、十二支の寅(虎)の物の怪に取り憑かれた人物である。登場時は特徴的な髪や目の色が原因で中学でいじめに遭い、失語症を患い不登校状態にあった。主人公の本田透によって心を救われ、再び学校に通い出す。その後は透を「お姉ちゃん」と呼び慕う。未(羊)憑きの草摩燈路と仲が良かったために当主の草摩慊人に暴行を受け、燈路との仲が気まずくなっていたが、後に和解し、恋仲となった。

Read Article

草摩紅野(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩紅野(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩紅野(そうま くれの)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』に登場する、十二支の酉(鳥)の物の怪に取り憑かれた人物である。実はとうの昔に「十二支と神の絆」という呪いから解放されているが、当主にして神の草摩慊人を見捨てられず取り憑かれたフリをしている。慊人が望まなくなるまで傍にいると決めていたが、コンビニ店員の魚谷ありさに心惹かれる。他の物の怪憑きに訪れる変化を後押しし、慊人にも変わる現実を受け入れさせようとした。

Read Article

NEW
草摩燈路(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩燈路(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩燈路(そうま ひろ)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』に登場する、未(羊)の物の怪に取り憑かれた人物である。物の怪憑きとしては最年少。次々と嫌味を繰り出す毒舌家で、年齢も相まって生意気な印象を与える。その一方、幼さ故の浅慮や無力さから、大好きな草摩杞紗を守れない自分へのいら立ちも感じている。杞紗と仲が良い主人公の本田透に嫉妬するが、透からの励ましもあり毒舌攻撃はしなくなる。失敗と成長を繰り返す中、妹の日向が誕生し、杞紗との仲も前以上に良くなっていった。

Read Article

魚谷ありさ(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

魚谷ありさ(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

魚谷ありさ(うおたに ありさ)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』の主人公・本田透(ほんだ とおる)の友人である。透からは「魚ちゃん」と呼ばれる。昔ながらのヤンキーといった風体だが、不良行為はとうに卒業した。友達想いの情に厚い性格で、もう1人の友人・花島咲(はなじま さき)と共に透を見守る。透の母・本田今日子(ほんだ きょうこ)に憧れと恩義を感じ、彼女の死後も慕っている。バイト先で草摩紅野(そうま くれの)という人物に出会い互いに惹かれるが、事情があって会えずにいた。

Read Article

愛おしくて涙溢れる物語『フルーツバスケット』十二支、神まとめ

愛おしくて涙溢れる物語『フルーツバスケット』十二支、神まとめ

『フルーツバスケット』とは高屋奈月による漫画及びそれを原作とするアニメ作品です。母を失くして一人テント暮らしをする女子高生、本田透。透はひょんなことから十二支の物の怪に取り憑かれた一族、草摩家と関わることになります。可愛い絵柄とタイトルに惹かれて買ってみたら結構ドロドロ?しかし救済もあれば爽やかな部分もある。色々と人生について考えさせてくれる名作です。この作品のキモである「神」と「十二支」についてまとめました。

Read Article

【フルーツバスケット】まだ終わってなかった!続編がある面白い少女漫画まとめ【ママレード・ボーイ】

【フルーツバスケット】まだ終わってなかった!続編がある面白い少女漫画まとめ【ママレード・ボーイ】

『フルーツバスケット』や『ママレード・ボーイ』など、世の中の女性たちがみんな夢中になった少女漫画の数々。連載が終わってしまった時には、なんだか自分の半身が失われてしまったほどの寂しさを感じた方も多いのではないでしょうか。そんなあなたに朗報!なんと、かつての人気少女漫画に続編が登場しているのです。あの頃子どもだった主人公たちも立派に成長して、なんだか感慨深いですね。

Read Article

目次 - Contents