花島咲(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

花島咲(はなじま さき)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』の登場人物。主人公・本田透の友人である。表情に乏しく無口だが、友達想いで透を大事に思っている。「電波」と呼ばれる特殊な波長を読み取り、操る能力を持つ。透やもう1人の友人の魚谷ありさには寛容だが、その他の人物に対しては容赦ない毒舌を浴びせる他、お仕置きと称する「毒電波」を浴びせることもある。電波の力を操り切れなかった小学生時代、クラスメイトを殺しかけたと思い込み、贖罪として黒い服を着るようになった。

花島咲の概要

花島咲(はなじま さき)とは、高屋夏樹の漫画『フルーツバスケット』の登場人物で、主人公本田透(ほんだ とおる)の友人である。
黒く長い髪の毛を一本の三つ編みにまとめている。表情に乏しく、抑えた声で話す。友達想いで、透やもう1人の友人の魚谷ありさ(うおたに ありさ)には寛容だが、他者には容赦ない毒舌を浴びせることもある。透からは「花ちゃん」、ありさからは「花島」と呼ばれる。容姿は良い方らしく、ありさのバイト先の店長が「(透と咲と)どっちか俺に紹介する気ない?」とありさに尋ねる描写がある。
生まれついての精神感応能力者で、流れ込んでくる感情で気分が悪くなってしまう為、幼い頃から人の多い場所に出るのを嫌っていた。小学生時代は、無表情も相まって「魔女」と呼ばれるなどのいじめに遭う。
咲がいじめっ子に強い敵意を向けた途端、その児童が倒れてしまった。この一件が元で咲は自分を危険な存在と見るようになり、いじめっ子への贖罪として黒い服を着るようになった。物語開始時点では黒い服を着ているのが当たり前になっており、高校2年次の文化祭の演劇『シンデレラっぽいもの』でシンデレラ役に選ばれた時も純黒のドレスを希望していた。
透や咲との出会いによって救われてから能力をコントロールする術を身に着け、「電波」として操れるようになる。
高校2年次、クラスメイトである草摩夾(そうま きょう)の養父草摩藉真(そうま かずま)に一目惚れをした。

花島咲のプロフィール・人物像

CV:安原麗子(旧アニメ版)、佐藤聡美(新アニメ版)

一見するとクールな美人。黒い服や無表情、毒舌も相まって近寄りがたいが、心を許した相手には笑顔を見せる。自分を救ってくれた本田透(ほんだ とおる)に敵意を向ける者に「おしおき」と称して毒電波を浴びせ、幻覚を見せることはあっても遊び半分に力を悪用することはない。透からは「花ちゃん」、もう1人の友人の魚谷ありさ(うおたに ありさ)からは「花島」と呼ばれている。透に対し、時折過保護な母、或いは姉を思わせる言動をとる。
中学時代、自分に危害を加えてきた同級生を傷つけまいと誰も憎まないよう自身の痛みに集中。自分以外誰も傷つかずに済んだことを喜ぶなど、元来は優しい性格。
勉強熱心ではないようで、学校では赤点、追試の常習者。本人は「電波ではカバーできないほど私の頭が馬鹿」と言っていたが、追試の方が問題が簡単という理由でわざと赤点を取っている模様。尚、進路相談の際「卒業できるかしら」と呟いた。おとなし気な見た目に反し、大食い。

花島咲の能力

電波/精神感応能力

咲(左)による電波の制裁を受けるクラスメイト(右2人)。

咲は、生まれつき他者の心を読み取る精神感応能力者だった。本人が言うには霊感ではなく、脳に直接響く言葉が電波のようなので「電波」と呼ぶようになった。
幼い頃はコントロールする方法が分からず、流れ込んでくる感情で気分が悪くなることも多かった。小学生時代、いじめてきた男子児童に敵意を向け、倒れさせたことがある。この一件で人を殺しかけたと思い込んだ咲は、なるべく人と関わらず、他者を憎まないよう心掛けるようになる。
転入先の中学校のクラスメイト本田透(ほんだ とおる)、及び魚谷ありさ(うおたに ありさ)という2人の友人を得てからは心に余裕ができたのか、コツを覚えて電波の力を操れるようになった。おしおきと称して幻聴や幻覚で惑わすことはあっても、自身が苦しんだこの力を遊び半分に使うことはない。

花島咲の来歴・活躍

人の心を読める少女

咲(中央)は、流れ込んでくる他者の声に苦しめられていた。

花島咲(はなじま さき)は、幼い頃から人の心を感じ取ってしまう力を持っていた。他者の感情はいやおうなしに流れ込んでくるため、咲は多くの思念が渦巻く人混みが苦手だった。咲の祖母と両親、弟の花島恵(はなじま めぐみ)はそんな彼女を理解し、深い愛情をもって接する。
小学校に上がると、どこから聞きつけたのかクラスメイトが咲を「魔女」と呼んでからかうようになった。ある時、男子児童の1人が「魔女はカエルやトカゲを食べる」と咲に無理矢理トカゲを食べさせようとした。咲が男子児童に強い敵意を向けた途端、彼は倒れてしまう。男子児童の命に別状はなかったが、咲は人を殺しかけたとの恐怖心にかられる。両親と祖母は、そんな咲の心に寄り添った。
男子児童が倒れたことと咲の力の因果関係は不明だが、咲は彼へのせめてもの贖罪として黒い服を着るようになった。元より表情に乏しいこともあっていじめられていた咲だが、先の事件のこともあって他者から避けられ始める。自分は人と関わってはいけないと咲は感じるが、恵はいずれ姉にも心を許せる誰かが現れることを願う。
人間関係に大きな進展がないまま、咲は中学校に進学した。ある時、小学生時代のことを聞きつけた女子生徒たちが咲の力が見たいと言い出す。人気のいない教室で、生徒たちは咲の腕をマッチで焼き始める。男子児童の時のようなことがあってはいけないと、咲は怒りではなく痛みに意識を集中。教師の介入もあって、誰も傷つくことなくその場は治まった。
傷を負った咲だが、加害生徒たちを憎みたくはなく、家族も彼女の意思を尊重する。しかし、このままでは咲が駄目になってしまうと、家族は彼女を別の学校へと転校させた。
新しい学校の制服は濃紺で、贖罪の証である黒い服が着られないからと咲は爪に黒いマニキュアを付ける。教師に注意されたが、「罪の証だから」と言い切った。

本田透と魚谷ありさ

咲に臆せず話しかけてきた本田透(左)と、魚谷ありさ(右)。

学校が変わったところで、咲は新たな人間関係に期待などしていなかった。ある日、給食当番の本田透(ほんだ とおる)が声を掛けてきた。自分に億さず話しかけてきた人物に驚きつつ、咲は席に戻ろうとする。そこに、魚谷ありさ(うおたに ありさ)という別のクラスメイトが話しかけてきた。1人で昼食をとるであろう咲を気遣って、というよりそれをうざったいと感じたらしく一緒に食べようと誘ってきたのだ。透とありさは友人らしく、同じ席に着く。
物おじしない2人の態度に少し困惑した咲だが、一緒に食事を取るつもりはないこと、自分と一緒にいても百害あって一利なしだと告げる。そんな先の言葉に対し、透は「私と付き合っても一理あるかどうか…」と落ち込み、ありさは「あたしなんか二百害あって一利なしだな」と笑い飛ばした。今までのクラスメイトとは違った2人を咲は変わり者だと言う。2人は「よく言われます」とそれを肯定した。この出会いがきっかけで、咲は透、ありさと行動を共にし始める。ありさが「魚ちゃん」と呼ばれているのに合わせてか、咲は透から「花ちゃん」と呼ばれるようになった。
透たちと少しずつ打ち解けた頃、クラスメイトが咲の過去について聞いてきた。尾ひれのついたその話を聞き、咲の表情が曇る。同時に、話しかけてきたクラスメイトが頭痛を感じた。またもクラスメイトにを傷つけかけたと、咲は教室を飛び出した。
追ってきた透に、咲は本当にクラスメイトを殺しかけた、黙っていて悪かったと告げる。もう自分に近づいてはいけないとも言った。透はそんな咲に歩み寄り、「大好きだから離れないでほしい」と言う。「お前はどうしたいんだ」とのありさの問いに、咲は2人と一緒にいたいと口にした。
透やありさという友人を得て心に余裕ができたのか、咲は力をコントロールできるようになった。以降、まるで電波のように脳に響くその力を「電波」と称するようになる。
やがて中学校を卒業した咲は、透やありさと共に海原高校(かいばらこうこう)に入学した。入学から間もない頃、透の母である本田今日子(ほんだ きょうこ)が交通事故でこの世を去る。咲はありさと共に今日子の墓前で透を守ると誓った。

草摩家との出会い

入学した海原高校で、咲たち3人は草摩由希(そうま ゆき)という少年と同じクラスになった。気品のある美貌と文武に優れる才気を持った由希は、たちまち女子生徒の人気を集め、「プリンス・ユキ(略称"プリ・ユキ")」と呼ばれるファンクラブまでできた。皆から好かれる半面、由希にはどこか近寄りがたい印象があった。咲は由希から常人とは違う電波を感じるが、具体的なことまでは分からない。
しばらくすると、由希のいとこだという草摩夾(そうま きょう)が転入してきた。オレンジ色の髪を持ち、武術が得意だという。由希とは異なるタイプの美少年だった。それでも、咲は由希と夾の電波が同じだと感じる。2人の電波は、他者とは異質のものだった。
数日後、咲とありさは透から由希たちと一緒に暮らしていると聞く。今日子の死後祖父の家に引き取られた透だが、家の改築に伴いテントで生活をしていた。テントが崖崩れで埋まってしまった為、由希の親類である草摩紫呉(そうま しぐれ)の家に厄介になっているというのだ。由希、夾もまた紫呉の家で同居している。
次の休日、咲とありさは透を預けるにふさわしいかどうかを見極めるべく、紫呉の家を訪れる。妙な電波こそ感じたが、紫呉たちと共に暮らす透が明るく笑っていた為、咲たちは彼女を草摩家に託すことにした。
咲たちが2年に進級すると、新たに草摩潑春(そうま はつはる)、草摩紅葉(そうま もみじ)という男子の新入生が海原高校に入ってきた。入学式の日、咲たちは透の提案で草摩家の面々とバドミントンをして遊ぶ。

由希の電波と夾の電波

今日子の一周忌が来た。墓参りには由希も来るという。ありさと咲は、今日子は夾を猫かわいがりしそうだと語る。彼らの前に、紅葉が現れる。高校生だが幼い外見の紅葉は、愛らしい性格と容姿も相まって他の生徒から人気があった。紅葉と透のやり取りを見た咲は、透が今日子の死を乗り越え、笑えるようになるまでたくさん自分を叱ってきたのだろうと語る。
今日子の命日には、夾も墓参りに来た。ありさは、伝説的なヤンキーだった今日子からもらった特攻服を着ていた。透の祖父が既に来たらしく、墓前には今日子の好物が供えられていた。
一通り挨拶を終えると、夾が咲に「霊は見えるのか」と話しかけてきた。咲は「見えない」と答える。彼女からすれば、電波と霊感は別のものだった。咲は、電波を「直接脳に響く思念のようなもの」と解説し、生きている人間の方が強く、死者の電波は恐らくとても弱くて、生きている者の思念にかき消されてしまうのだろうと続けた。
咲は、夾の電波が強く響くと指摘する。夾はとても悔いた気持ちで墓前に立っていた。そこに、透が現れる。今日子の墓標の前でブルーシートと弁当が広げられており、これからちょっとした宴が始まるところだった。
墓参りを終え、透たちと別れた咲はありさと共に帰路に就く。由希はもちろん、ぶっきらぼうな夾も何だかんだで透を気遣っている。どちらかが透と交際するかもしれないとありさは言った。咲は、由希と夾の電波は暗い影が落ちており、恋愛どころではないだろうと返す。それでも気が付けば恋に落ちる可能性もあり、そうなったら泣いてしまうと咲は言った。

咲の弱点

ある時、プリ・ユキメンバーの美緒(みお)と木之下南(きのした みなみ)、会長の皆川素子(みながわ もとこ)が咲の家に行きたいと言ってきた。良からぬことを企んでいることは明白だったが、「売られた電波は買う」と咲は彼女らを自宅に案内する。
咲が茶を淹れている間、プリ・ユキの面々は偶然から恵と接触。「本名さえ分かれば、誰でも呪うことができる」と恵は言う。話の流れで、素子たちの目的が咲の弱点を探ることだと分かる。プリ・ユキメンバーは透が草摩家に居候していることは知らないが、彼女が由希たちと親しいことに腹を立てていた。透を排除するには電波を操る咲が邪魔であり、家に来れば弱点が分かると踏んだのだ。
咲は、透や由希が誰と親しくしようが、それは彼らの自由だと言う。素子たちの行動は、嫉妬から来る醜いものにしか見えなかった。その場は恵が素子たちを呪う条件が整った旨を仄めかすことで、一応収まった。
咲は、素子たちが透に嫉妬していたように、自分もまた草摩家の面々に似た感情を抱いていたと恵に語る。透が由希たちと仲良くしていて、それで寂しい思いをしたとしても我が儘を言ってはいけない。図らずも、素子たちは咲にとって反面教師となった。
そこに、咲がと素子たちのことを聞いていた透とありさが現れる。2人とも花島姉弟を心配していた。誰かを想うことは辛い時もあって、寂しくなったりして、それでも嬉しくしてくれるものだと咲は感じる。咲の弱点は透だといえた。

シンデレラっぽいもの

シンデレラ役の咲(左)と、王子役の夾(右)。

えどまち
えどまち
@edono78

Related Articles関連記事

フルーツバスケット(フルバ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

フルーツバスケット(フルバ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『フルーツバスケット』とは高屋奈月による漫画作品。白泉社の『花とゆめ』で、1998年16号から2006年24号まで連載。2001年にアニメ化され、2019年には全編が再アニメ化された。同級生の草摩由希が住む草摩家の分家宅へ居候することになった、主人公の本田透。そこから物の怪憑きの体質を持つ草摩家の人々と関わっていくことになる。略称は『フルバ』・『フルバス』。2009年には劇団スタジオライフにより舞台化された。

Read Article

フルーツバスケット(フルバ)の草摩家・草摩一族まとめ

フルーツバスケット(フルバ)の草摩家・草摩一族まとめ

『フルーツバスケット』とは、高屋奈月による漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。母と家を失いテント暮らしをしていた女子高生の本田透は、十二支の呪いに取り憑かれた一族・草摩家と関わりを持つようになる。学校で王子と慕われる由希、幼い頃から由希をライバル視する夾を始め、十二支と猫の物の怪に取り憑かれた者たちやその関係者、彼らが関わる人々の心の傷や救済を描く。本項では、草摩家とその一族についてまとめる。

Read Article

フルーツバスケットの恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

フルーツバスケットの恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『フルーツバスケット』とは、恋愛要素が強いロー・ファンタジー漫画。作者は高屋奈月である。公式略称は「フルバ」、「フルバス」など。1998年に白泉社の『花とゆめ』にて連載がスタート。2006年に完結した。2001年にTVアニメ化され、2019年にキャストなどを一新して再びTVアニメ化された。主人公に女子高生・本田透(ほんだ とおる)を始めとする魅力溢れるキャラクターが多数登場。キャラクター同士の時に甘く、時に苦い恋愛模様が描かれている。

Read Article

フルーツバスケット(フルバ)のネタバレあらすじ・ストーリーまとめ

フルーツバスケット(フルバ)のネタバレあらすじ・ストーリーまとめ

『フルーツバスケット』は日本の漫画家・高屋奈月による少女漫画。通称は「フルバ」。1998年に白泉社の『花とゆめ』で連載を開始し、2006年に完結した。単行本は全23巻。 主人公の本田透は高校に入学して間もなく母親を交通事故で亡くしてしまった。ひょんなことから透は同じ高校に通う草摩由希が暮らしている家に厄介になる。草摩家は代々続く名家。そんな名家には十二支にまつわる重大な秘密があった。透は草摩家の人間と関わるようになっていき、その母性あふれる優しさで心の傷を癒やしていくのだった。

Read Article

草摩夾(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩夾(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩夾(そうま きょう)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』に登場する、十二支の仲間になれなかった猫の物の怪憑きの少年である。仲間外れの存在として、幼い頃より一族中から疎外されてきた。神と同じく尊ばれる子憑きの草摩由希に勝つことを望み、彼との仲は良くないが本心では互いを羨んでいる。ぶっきらぼうで喧嘩っ早いが、根は優しく由希以外の人物に意味なく喧嘩を売ることはしない。ヒロイン本田透を気遣い、彼女と惹かれ合うようになる。

Read Article

本田透(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

本田透(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

本田透(ほんだ とおる)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』の主人公である。両親を失いながらも、前向きに生きる少女。他人を思いやり、相手をあるがままに受け入れる慈悲深さを持つ。天然ボケの気があり、ずれた言動も多いが本人が言う所の頑固さも持ち合わせている。十二支の呪いに苛まれる草摩(そうま)家と関わりを持つ中、十二支と猫の物の怪に取り憑かれた「物の怪憑き」を救いたいと願うようになる。

Read Article

本田今日子(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

本田今日子(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

本田今日子(ほんだ きょうこ)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』に登場する、主人公・本田透の母である。旧姓は勝沼。「赤い蝶」の異名を持つ伝説的なヤンキーだったが、結婚してからは落ち着き、子煩悩な母親になった。今日子自身は物語開始時点で故人だが、それでも度々透やその友人・魚谷ありさの話題に上るほどに慕われている。透が幼い頃、十二支の始まりの昔話をし、彼女に「十二支になれなかった猫」への愛着を持たせるきっかけになった。

Read Article

草摩潑春(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩潑春(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩潑春(そうま はつはる)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』に登場する、十二支の丑(牛)の物の怪に取り憑かれた人物である。普段はつかみどころのない印象ながら優しく、他者を気遣うことが多い。しかし、キレると好戦的な「ブラック春」と呼ばれる状態になる。特徴的な白髪は地毛。幼い頃、自分のコンプレックスを拭ってくれた子(鼠)憑きの草摩由希を特別視し、彼を心配している。午(馬)の物の怪憑きである草摩依鈴とは相思相愛だが、互いを想い合うが故の障壁もある。

Read Article

草摩はとり(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩はとり(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩はとり(そうま はとり)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』に登場する十二支の辰(龍)の物の怪に取り憑かれた人物で、草摩家の主治医である。当主の草摩慊人や父の命令に従い、十二支の呪いを知った人物に「記憶の隠蔽」と呼ばれる催眠術を施してきた。クールな見た目と物言いが特徴的だが性格は優しい。主人公の本田透が草摩家に深入りすることで元恋人の草摩佳菜のように傷つかぬよう、これ以上関わるなと忠告した。数百年続く神と十二支の絆を「呪い」と表現した、作中最初の人物。

Read Article

草摩紅葉(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩紅葉(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩紅葉(そうま もみじ)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』に登場する、十二支の卯(兎)の物の怪に取り憑かれた人物である。ドイツ人とのハーフで、金髪と愛らしい外見が特徴。明るい性格も相まって人に好かれやすい。「神と十二支の絆」という呪いが元で母から拒絶され、その記憶からも消えてしまう。それでも、両親の心中を思いやる優しい心を持つ。主人公の本田透に想いを寄せるが、猫憑きの草摩夾と両想いなので告白はしなかった。作中において呪いが解け、改めて自分の人生を進む。

Read Article

草摩紫呉(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩紫呉(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩紫呉(そうま しぐれ)とは、高屋奈月による漫画作品『フルーツバスケット』に登場する、戌(犬)の物の怪に取り憑かれた人物である。一見すると爽やかな美形で性格も飄々としている。その一方で自身を「最低」と評するように、十二支の神である草摩慊人を自分のものにするという己の野望の為に他者を利用する。といっても完全な悪人ではなく、物の怪憑きを受け入れる本田透を巻き込むことへの罪悪感も口にした。職業は小説家で、時たま迷い、悩む若者たちに道を示すこともある。

Read Article

草摩依鈴(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩依鈴(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩依鈴(そうま いすず)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』に登場する、午(馬)の物の怪に取り憑かれた人物である。他者に手厳しい態度を取るが、その実は恋人の草摩潑春を呪いから解放し、主人公本田透を傷つけまいとする優しい性格。1人ですべてをしょい込む傾向にある。その一方、軽率で詰めの甘い一面もある。当初はロングヘアだったが、十二支の神に当たる草摩慊人に髪を切られてからはショートヘアになった。

Read Article

草摩由希(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩由希(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩由希(そうま ゆき)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』に登場する、十二支の子(鼠)の物の怪に取り憑かれた人物である。容姿端麗で文武に優れ、学校では「王子様」と称されファンクラブまで存在する。しかし、神である草摩慊人の虐待や、兄を始めとする他の物の怪憑きの拒絶もあって本人の自己肯定感は低い。それでも、ヒロイン本田透との生活の中で徐々に変わろうと努力する。猫憑きの草摩夾との仲は険悪だが、一方で誰とでも仲良くなれる夾に憧れを抱いていた。

Read Article

草摩綾女(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩綾女(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩綾女(そうま あやめ)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』に登場する巳(蛇)の物の怪憑きで、主要人物の1人の草摩由希の兄である。女性と見まがうロングヘアと美貌、詩的かつ大仰な口調と振る舞いが特徴。学生時代、己の自由と引き換えに由希を無視していたことを後悔しており、関係改善に努める。同級生の草摩紫呉と草摩はとりとは「真のマブダチトリオ」を自称する。洋裁店を営んでおり、店員の倉前美音とは恋仲でもある。

Read Article

草摩藉真(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩藉真(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩藉真(そうま かずま)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』の主要人物の1人・草摩夾の養父であり、武術の師匠である。幼い頃、十二支に入れなかった猫の物の怪に取り憑かれた祖父を残酷な言葉で拒絶。祖父の死後、新たに生まれた猫憑きの草摩夾を見て、その環境の理不尽さを思い知る。母を失い、父からも拒絶された夾を引き取ったのは贖罪の為だったが、次第に父性が芽生えていった。祖父のように幽閉される未来から夾を救おうとした。

Read Article

草摩杞紗(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩杞紗(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩杞紗(そうま きさ)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』に登場する、十二支の寅(虎)の物の怪に取り憑かれた人物である。登場時は特徴的な髪や目の色が原因で中学でいじめに遭い、失語症を患い不登校状態にあった。主人公の本田透によって心を救われ、再び学校に通い出す。その後は透を「お姉ちゃん」と呼び慕う。未(羊)憑きの草摩燈路と仲が良かったために当主の草摩慊人に暴行を受け、燈路との仲が気まずくなっていたが、後に和解し、恋仲となった。

Read Article

草摩紅野(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩紅野(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

草摩紅野(そうま くれの)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』に登場する、十二支の酉(鳥)の物の怪に取り憑かれた人物である。実はとうの昔に「十二支と神の絆」という呪いから解放されているが、当主にして神の草摩慊人を見捨てられず取り憑かれたフリをしている。慊人が望まなくなるまで傍にいると決めていたが、コンビニ店員の魚谷ありさに心惹かれる。他の物の怪憑きに訪れる変化を後押しし、慊人にも変わる現実を受け入れさせようとした。

Read Article

魚谷ありさ(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

魚谷ありさ(フルーツバスケット)とは【徹底解説・考察まとめ】

魚谷ありさ(うおたに ありさ)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』の主人公・本田透(ほんだ とおる)の友人である。透からは「魚ちゃん」と呼ばれる。昔ながらのヤンキーといった風体だが、不良行為はとうに卒業した。友達想いの情に厚い性格で、もう1人の友人・花島咲(はなじま さき)と共に透を見守る。透の母・本田今日子(ほんだ きょうこ)に憧れと恩義を感じ、彼女の死後も慕っている。バイト先で草摩紅野(そうま くれの)という人物に出会い互いに惹かれるが、事情があって会えずにいた。

Read Article

愛おしくて涙溢れる物語『フルーツバスケット』十二支、神まとめ

愛おしくて涙溢れる物語『フルーツバスケット』十二支、神まとめ

『フルーツバスケット』とは高屋奈月による漫画及びそれを原作とするアニメ作品です。母を失くして一人テント暮らしをする女子高生、本田透。透はひょんなことから十二支の物の怪に取り憑かれた一族、草摩家と関わることになります。可愛い絵柄とタイトルに惹かれて買ってみたら結構ドロドロ?しかし救済もあれば爽やかな部分もある。色々と人生について考えさせてくれる名作です。この作品のキモである「神」と「十二支」についてまとめました。

Read Article

【フルーツバスケット】まだ終わってなかった!続編がある面白い少女漫画まとめ【ママレード・ボーイ】

【フルーツバスケット】まだ終わってなかった!続編がある面白い少女漫画まとめ【ママレード・ボーイ】

『フルーツバスケット』や『ママレード・ボーイ』など、世の中の女性たちがみんな夢中になった少女漫画の数々。連載が終わってしまった時には、なんだか自分の半身が失われてしまったほどの寂しさを感じた方も多いのではないでしょうか。そんなあなたに朗報!なんと、かつての人気少女漫画に続編が登場しているのです。あの頃子どもだった主人公たちも立派に成長して、なんだか感慨深いですね。

Read Article

目次 - Contents